分離派建築博物館・・・展示室・・・

逓信省の建築

  戦前、郵便・電信・電話の各事業を管轄していた逓信省において局舎等の施設を設計した逓信省営繕課は官僚の
技師集団でありながら時代をリードする個性溢れる建築家を多く擁していた。  逓信省営繕課は分離派の山田守
と共に歩んだことや彼の先輩格の岩元禄らが在籍していたことまたそれに纏わる逸話なども含めて1920年代の建
築史の中でよく知られる事柄となった。
また逓信省は質の高い標準設計を生み出したことも忘れてはならないだろう。
 ここでは、設計担当者名の判明している建築をはじめ、担当者不詳のいわば設計組織としての建築物も取り上
げることによって1920年代の逓信省建築の一端を概観する。
 尚、有名な建築家の陰で多くの優秀な設計者が作品を残した事実が知られているが、ここではその中で特に再
発見された森泰治の資料を特にクローズアップして取り上げた。これは主に小原誠氏の研究を参考にさせて頂い
ている。


逓信省(設計担当者不祥)
-1- 下関電話局(現 下関市役所第一別館)現存
-1a- 下関電話局 『局舎新築記念』写真帳
-1b- 下関市立近代先人顕彰館 「田中絹代ぶんか館」として再生
-2- 福岡郵便局電話分室現存しない
兵庫電話分局現存しない
大阪西電話分局現存しない
名古屋金山分局現存しない

山田 守
(山田守展示室へ)

森 泰治
-1-大阪中央電話局難波分局現存しない
横浜中央電話局現存しない
-2-大阪中央電話局現存しない
神戸中央電信局現存しない
小樽郵便局電話分室現存しない
卒業計画/宮内省転籍後紀念水交社設計図
日立目白クラブ(旧・学習院昭和寮)現存する
宮内省にて担当皋水記念図書館(旧・水沢市立図書館)現存する

渡辺 仁
-1-高輪電話局現存しない
日本橋電話局現存しない
東京中央電話局 (当HP独自推定 渡辺仁設計) 現存しない

岩元 禄
-1-西陣電話分局現存
-2-青山電話分局現存しない(原イメージ再現案作成)

吉田 鉄郎
-1- 検見川無線送信所現存
-1a- 検見川無線送信所再現CG作成の試み
-2-京都中央電話局(現・新風館)現存
-3-京都中央電話局新上分局(現・カーニバルタイムス)現存
-4-東京中央郵便局現存
大阪中央郵便局現存