分離派建築博物館--逓信省の建築--

岩元 禄 -1-
岩元禄は大正7年に逓信省に入省するがすぐ志願兵として入営。本格的な設計は翌大正8年5月に復職するが結核に倒
れ1922(大正11年)12月に29歳の若さで逝去するまでの短い期間に集中する。建築の実施にあたっては、後輩の山田守
や山口文象(岡村蚊象)らが助力している。
作風は、都度自らの感覚を信じ旧来の様式観によらない新しい構成を試みたように思われる。分離派からの誘いも
受けた岩元だが、さまざまな前衛芸術分野からなる「尖塔社」において総合的芸術的な視点から新しい建築デザイン
の開拓をめざした。

西陣電話局

設計:岩元 禄.....................................場所:京都市上京区................................................建築年代:1921(大正10)年................................現存


岩元禄の作として現存する唯一の建物である。数年前にNTTによって保存のための補修がなされた。      
「建築家・岩元禄(向井覚著)」によれば、岩元自らの建築の作法について「ガイスト・スピーレン(知的
遊戯)」という、理屈付けを排した主観性を重んじるデザインを目指した。
西陣電話局の至る所に飾られている女体像もそうした考え方から生み出された造形であろう。意図的に
デフォルメされた裸婦を配置するなど自由な感覚で立面が構成されている。

正面は、大きな放物線状の壁面いっぱいに女体をモチーフとしたセメントレリーフのパネルが繰返し配置さ
れている。また1階円柱の上部には同様の女体像が載る。
側面には2層通しの円柱の半柱が列をなし、3階ペントハウス部分のバルコニーにはドリス式の円柱が並ぶ。

彫像などディテールに目を奪われがちだが、遠目で見る建物全体の立体的構成にも配慮が行き届き美しい。