分離派建築博物館--逓信省の建築--

森 泰治 -1-
小原誠氏の逓信省建築の研究によって、それまで忘れられていた逓信省技師森泰治が再発見され、彼が設計した建築の記
録を目にすることが出来るようになった。ここでは小原氏の研究に沿った内容で作例を紹介する。
森泰治は、大正9年に東京帝国大学を卒業し逓信省営繕課に入省する。山田守と同じ経歴を歩む同期生ということになる
が、いくつかの局舎を設計した後大正15年に逓信省を去りは宮内省へ移る。宮内省時代の経歴はあまり明らかにされて
いない。昭和26年に逝去した。
分離派を旗揚げした山田守の作風と異なり、森泰治の場合ゼツェッシオン的な歴史主義の範囲で設計をまとめる手腕に秀
でていたようである。

大阪中央電話局難波分局

設計:森 泰治..................................................場所:大阪府............................................................建築年代:1922(大正11)年.......................................現存しない

図面押印欄に森の押印がされていることから森泰治の作例として確認されている。(一方で同じ建物の図面が山
田守によって東海大学に所蔵されていると聞く。)
この建物の開局は大正13年、竣工年代は大正11年とされるところから設計時期はさらに遡るので森泰治にとって
初のまとまった作品とみなすことが出来よう。
ペントハウスの大型の連続半円窓、パラボラアーチ形の階段室塔など、作者不詳の建築(下関,兵庫,福岡)と
同じのデザイン要素が取り入れられている。但し立面は逓信省従来型と同様の様式に基づく分節がなされている。
写真では分りにくいが、各柱上部には大型の人面形レリーフなど装飾的要素も多い。

                                        (2006年 記述更新)

外観 発見された図面(立面図)


・外観,図面共「電電建築」1982.2 (「旧神戸中央電信局の設計者森泰治と大正期の電話局舎」-小原誠より)

横浜中央電話局

設計:森 泰治..................................................場所:神奈川県横浜市....................................................建築年代:1923(大正12)年.......................................現存しない

難波分局と似た外観に加えてさらに円柱やアールヌーボー的な半円窓などが並び森泰治にとっての力作とおぼし
き建物だが、惜しくも完成間際に関東大震災に遭遇し損傷を受け、その後改修も企てられたが結局取壊されてし
まったという悲運の建築である。その後、中山広吉の新たな設計で建て直されこちらは現存している。
小原氏の調査によれば、この中山氏の証言などからも被災したこの建物は森泰治の設計であったことが確認され
ている。また小原氏は発見された図面から伺える上部ふたつのレリーフが神戸中央電信局や作者不詳の兵庫局の
レリーフと類似している点に着目し作者不詳建築の設計者を特定する手掛かりとしている。
竣工直前に被災した外観 発見された改修用立面図


私の見たところ、正面立面の緩くカーブした正面ペディメントや円柱付柱などに岩元禄の青山電話局から影響を
感じる。
                                                                        (以上.2006年 記述更新)
同、被災した外観
・被災した外観−(「建築雑誌」1926(大正15)年487号)
・図面−「電電建築」(1982.2 「旧神戸中央電信局の設計者森泰治と大正期の電話局舎」-小原誠より)