分離派建築博物館--逓信省の建築--

吉田 鉄郎 -1-
  吉田鉄郎は、大正8年逓信省に入省、その直後に病気療養を余儀なくされるが大正10年に復職して、東京や大阪の中央郵
便局の設計を行なったことで知られる。
  作風は、初期は伝統的レンガ建築を表現素材として扱った北ドイツ表現主義の影響を受け、とりわけフリッツ・シュー
マッハーやエストベリィのストックホルム市庁舎などを手本として造形的追求をしたと伝えられる。昭和に入ると、その
頃から日本にも流入した当時のモダニズムに対して、古典的プロポーションへの繊細な感性を基本とした独自の作風を開
拓した異才の持ち主であった。

検見川無線送信所

設計:吉田 鉄郎.......................................場所:千葉県千葉市...................................................建築年代:1926(大正15)年.............................現存(1992年撮影)


現状正面(1992撮影)
山田守設計の「岩槻受信所」と対をなす送信所として設計された。そのせいかほとんどすべての出隅を
アールとし、放物線状の窓を採り入れるなど分離派風にまとめられている。しかし正面性の強い塔状の
造形や縦長窓の配置は後の東京中央郵便局や大阪中央郵便局に通ずる吉田鉄郎の個性を窺わせる。
側面

長らく放置されたまま廃虚となっている。相当傷んでいるが当初の姿に復元されればさぞかし素晴らし
かろう。
裏側
昨年末(2000年11月)、検見川送信所を舞台としたイベント、アートプロジェクト  検見川送信所2000
が催された。
古い廃虚を相手に若いアーティストがやボランティアの手によって、物と人の心をつなぐ様々な
試みがなされ、また地域住民の人々が多数参加したこともあってそれまでは馴染みの薄い存在で
あった単なる送信施設跡に対して地域の誇るべき文化遺産としての認識が芽生え始めた。

                                   縁がアール処理された放物線状窓が連続する。

                            左--吉田らしい規則正しい縦長窓の縁にもアールが施されている。
                            右--大型の放物線状窓(頂部が平らになってしまっている)


                               付属する給水塔--ほとんどの角がアール曲面になっている。

                                              (以上、2001.3月 記)

●検見川無線送信所再現CG作成の試みへ(2008.1)●