分離派建築博物館・・・展示室・・・
堀口 捨己
ほりぐち すてみ(1895〜1984)
1920年に帝大を卒業し大学院に籍を置きつつ平和記念東京博の技術委員としてパビリオンの設計を行うなど、分離派結成間もない頃
の堀口は比較的大きな建物で表現主義色の強い計画案を残し、さらに1923年渡欧してバウハウスやオランダのアムステルダム派の建
築に直接触れ大きな刺激を受けた。帰国するとアムステルダム派と数奇屋建築を融合したようないくつかの小住宅を実現することを
手始めに得意とする数寄屋建築をベースに西欧のモダニズムの流れと向き合い、(当時としては数少ない)フリーな立場で自らの作
品を介しながらその思索を世に問う活動を続けた。
堀口の評価は戦後に発表した書院造,数奇屋建築や茶室の研究、そしてその成果とも言えるいくつもの日本の伝統的和風建築の実作
とでその方面であまりにも名高いが、「和」と「洋」の問題を直視し自らの感性で建築のありかたの本質に迫ろうとする姿勢は戦前
の分離派時代から生涯貫き通されたと言えよう。
          

紫烟荘(「紫烟荘図集」より)

表現主義的な出発 〜平和記念東京博覧会の設計などの大型計画案〜
-1-精神的な文明を来たらしめんが為に集る人々の中心建築への最初の試案,斎場,ある会堂への草案,ある美術館への試案,帝大図書館参考案
-2-平和記念東京博覧会− 動力・機械館,林業・鉱山館,交通・航空館,糸と光との塔(案)

田園風小住宅 〜渡欧後の住宅作品〜
-1-画室と小温室とを持つ船川氏の住宅
旧小出邸現存(江戸東京建物園に移築)
紫烟荘現存しない

モダニズムとの対峙 〜1930年代以降の建築作例〜
-1-吉川邸現存しない
旧岡田邸現存しない
-2-旧若狭邸現存
水戸地方気象台(水戸測候所)現存

戦後のモダニズム建築
-1-明治大学駿河台図書館現存しない
明治大学工学部校舎現存