First updated 09/20/1996(ver.1-1)
Last updated 07/05/2016(ver.3-3)
渋谷栄一校訂(C)

  

紅葉賀

光る源氏の十八歳冬十月から十九歳秋七月までの宰相兼中将時代の物語

 [主要登場人物]

 光る源氏<ひかるげんじ>
呼称---源氏中将・中将の君・源氏の君・宰相の君・男君、十八歳から十九歳 参議兼近衛中将
 頭中将<とうのちゅうじょう>
呼称---頭中将・中将・頭の君、葵の上の兄
 桐壺帝<きりつぼのみかど>
呼称---帝・主上・内裏、光る源氏の父
 弘徽殿女御<こうきでんのにょうご>
呼称---春宮の女御・弘徽殿・女御、桐壺帝の女御、東宮の母
 藤壺の宮<ふじつぼのみや>
呼称---藤壺・宮・母宮、桐壺帝の后、光る源氏の継母
 葵の上<あおいのうえ>
呼称---大殿・妹君・姫君、光る源氏の正妻
 紫の上<むらさきのうえ>
呼称---若草・姫君・女君、兵部卿宮の娘、藤壺宮の姪
 源典侍<げんないしのすけ>
呼称---典侍・内侍・女、好色な老女

第一章 藤壺の物語 源氏、藤壺の御前で青海波を舞う

  1. 御前の試楽---朱雀院の行幸は、神無月の十日あまりなり
  2. 試楽の翌日、源氏藤壺と和歌を贈答---つとめて、中将君
  3. 十月十余日、朱雀院へ行幸---行幸には、親王たちなど、世に残る人なく仕うまつりたまへり
  4. 葵の上、源氏の態度を不快に思う---宮は、そのころまかでたまひぬれば
第二章 紫の物語 源氏、紫の君に心慰める
  1. 紫の君、源氏を慕う---幼き人は、見ついたまふままに
  2. 藤壺の三条宮邸に見舞う---藤壺のまかでたまへる三条の宮に
  3. 故祖母君の服喪明ける---少納言は、「おぼえずをかしき世を見るかな
  4. 新年を迎える---男君は、朝拝に参りたまふとて
第三章 藤壺の物語(二) 二月に男皇子を出産
  1. 左大臣邸に赴く---内裏より大殿にまかでたまへれば
  2. 二月十余日、藤壺に皇子誕生---参座しにとても、あまた所も歩きたまはず
  3. 藤壺、皇子を伴って四月に宮中に戻る---四月に内裏へ参りたまふ
  4. 源氏、紫の君に心を慰める---つくづくと臥したるにも、やるかたなき心地すれば
第四章 源典侍の物語 老女との好色事件
  1. 源典侍の風評---帝の御年、ねびさせたまひぬれど
  2. 源氏、源典侍と和歌を詠み交わす---主上の御梳櫛にさぶらひけるを
  3. 温明殿付近で密会中、頭中将に発見され脅される---いたう忍ぶれば、源氏の君はえ知りたまはず
  4. 翌日、源氏と頭中将と宮中で応酬しあう---君は、「いと口惜しく見つけられぬること」と思ひ
第五章 藤壺の物語(三) 秋、藤壺は中宮、源氏は宰相となる

 七月に藤壺女御、中宮に立つ---七月にぞ后ゐたまふめりし

【出典】
【校訂】

 

第一章 藤壺の物語 源氏、藤壺の御前で青海波を舞う

 [第一段 御前の試楽]

 朱雀院の行幸は、神無月の日あまりなり。世の常ならず、おもしろかるべきたびのことなりければ、御方々、物見たまはぬことを口惜しがりたまふ。主上も、藤壺の見たまはざらむを、飽かず思さるれば、試楽を御前にて、せさせたまふ。

 源氏中将は、青海波をぞ舞ひたまひける。片手には大殿の頭中将。容貌、用意、人にはことなるを、立ち並びては、なほ花のかたはらの深山木なり。

 入り方の日かげ、さやかにさしたるに、楽の声まさり、もののおもしろきほどに、同じ舞の足踏み、おももち、世に見えぬさまなり。詠などしたまへるは、「これや、仏の御迦陵頻伽の声ならむ」と聞こゆ。おもしろくあはれなるに、帝、涙を拭ひたまひ、上達部、親王たちも、みな泣きたまひぬ。詠はてて、袖うちなほしたまへるに、待ちとりたる楽のにぎははしきに、顔の色あひまさりて、常よりも光ると見えたまふ。

 春宮の女御、かくめでたきにつけても、ただならず思して、「神など、空にめでつべき容貌かな。うたてゆゆし」とのたまふを、若き女房などは、心憂しと耳とどめけり。藤壺は、「おほけなき心のなからましかば、ましてめでたく見えまし」と思すに、夢の心地なむしたまひける。

 宮は、やがて御宿直なりけり。
 「今日の試楽は、青海波に事みな尽きぬな。いかが見たまひつる」
 と、聞こえたまへば、あいなう、御いらへ聞こえにくくて、
 「殊にはべりつ」とばかり聞こえたまふ。
 「片手もけしうはあらずこそ見えつれ。舞のさま、手づかひなむ、家の子は殊なる。この世に名を得たる舞の男どもも、げにいとかしこけれど、ここしうなまめいたる筋を、えなむ見せぬ。試みの日、かく尽くしつれば、紅葉の蔭やさうざうしくと思へど、見せたてまつらむの心にて、用意せさせつる」など聞こえたまふ。

 [第二段 試楽の翌日、源氏藤壺と和歌を贈答]

 つとめて、中将君、
 「いかに御覧じけむ。世に知らぬ乱り心地ながらこそ。

  もの思ふに立ち舞ふべくもあらぬ身の
  袖うち振りし心知りきや

 あなかしこ」
 とある御返り、目もあやなりし御さま、容貌に、見たまひばれずやありけむ、

 「唐人の袖振ることは遠けれど
  立ち居につけてあはれとは見き

 大方には」
 とあるを、限りなうめづらしう、「かやうの方さへ、たどたどしからず、ひとの朝廷まで思ほしやれる御后言葉の、かねても」と、ほほ笑まれて、持経のやうにひき広げて見ゐたまへり。

 [第三段 十月十余日、朱雀院へ行幸]

 行幸には、親王たちなど、世に残る人なく仕うまつりたまへり。春宮もおはします。例の、楽の舟ども漕ぎめぐりて、唐土、高麗と、尽くしたる舞ども、種多かり。楽の声、鼓の音、世を響かす。

 一日の源氏の御夕影、ゆゆしう思されて、御誦経など所々にせさせたまふを、聞く人もことわりとあはれがり聞こゆるに、春宮の女御は、あながちなりと、憎みきこえたまふ。

 垣代など、殿上人、地下も、心殊なりと世人に思はれたる有職の限りととのへさせたまへり。宰相二人、左衛門督、右衛門督、左右の楽のこと行ふ。舞の師どもなど、世になべてならぬを取りつつ、おのおの籠りゐてなむ習ひける。

 木高き紅葉の蔭に、四十人の垣代、言ひ知らず吹き立てたる物の音どもにあひたる松風、まことの深山ろしと聞こえて吹きまよひ、色々に散り交ふ木の葉のなかより、青海波のかかやき出でたるさま、いと恐ろしきまで見ゆ。かざしの紅葉いたう散り空きて、顔のにほひにけおされたる心地すれば、御前なる菊を折りて、左大将さし替へたまふ。

 日暮れかかるほどに、けしきばかりうちしぐれて、空のけしきさへ見知り顔なるに、さるいみじき姿に、菊の色々移ろひ、えならぬをかざして、今日はまたなき手を尽くしたる入綾のほど、そぞろ寒く、この世のことともおぼえず。もの見知るまじき下人などの、木のもと、岩隠れ、山の木の葉に埋もれたるさへ、すこしものの心知るは涙落としけり。

 承香殿の御腹の四の御子、まだ童にて、秋風楽舞ひたまへるなむ、さしつぎの見物なりける。これらにおもしろさの尽きにければ、こと事に目も移らず、かへりてはことざましにやありけむ。

 その夜、源氏中将、正三位したまふ。頭中将、正下の加階したまふ。上達部は、皆さるべき限りよろこびしたまふも、この君にひかれたまへるなれば、人の目をもおどろかし、心をもよろこばせたまふ、昔の世ゆかしげなり。

 [第四段 葵の上、源氏の態度を不快に思う]

 宮は、そのころまかでたまひぬれば、例の、隙もやとうかがひありきたまふをことにて、大殿には騒がれたまふ。いとど、かの若草たづね取りたまひてしを、「二条院には人迎へたまふり」と人の聞こえければ、いと心づきなしと思いたり。

 「うちうちのありさまは知りたまはず、さも思さむはことわりなれど、心うつくしく、例の人のやうに怨みのたまはば、我もうらなくうち語りて、慰めきこえてむものを、思はずにのみとりないたまふ心づきなさに、さもあるまじきすさびごとも出で来るぞかし。人の御ありさまの、かたほに、そのことの飽かぬとぼゆる疵もなし。人よりさきに見たてまつりそめてしかば、あはれにやむごとなく思ひきこゆる心をも、知りたまはぬほどこそあらめ、つひには思し直されなむ」と、「おだしく軽々しからぬ御心のほども、おのづから」と、頼まるる方はことなりけり。

 

第二章 紫の物語 源氏、紫の君に心慰める

 [第一段 紫の君、源氏を慕う]

 幼き人は、見ついたまふままにいとよき心ざま、容貌にて、何心もなくむつれまとはしきこえたまふ。「しばし、殿の内の人にも誰れと知らせじ」と思して、なほ離れたる対に、御しつらひ二なくして、我も明け暮れ入りおはして、よろづの御ことどもを教へきこえたまひ、手本書きて習はせなどしつつ、ただほかなりける御むすめを迎へたまへらむやうにぞ思したる。

 政所、家司などをはじめ、ことに分かちて、心もとなからず仕うまつらせたまふ。惟光よりほかの人は、おぼつかなくのみ思ひきこえたり。かの父宮も、え知りきこえたまはざりけり。

 姫君は、なほ時々思ひ出できこえたまふ時、尼君を恋ひきこえたまふ折多かり。君のおはするほどは、紛らはしたまふを、夜などは、時々こそ泊まりたまへ、ここかしこの御いとまなくて、暮るれば出でたまふを、慕ひきこえたまふ折などあるを、いとらうたく思ひきこえたまへり。

 二、三日内裏にさぶらひ、大殿にもおはする折は、いといたく屈しどしたまへば、心苦しうて、母なき子持たらむ心地して、歩きも静心なくおぼえたまふ。僧都は、かくなむ、と聞きたまひて、あやしきものから、うれしとなむ思ほしける。かの御法事などしたまふにも、いかめしうとぶらひきこえたまへり。

 [第二段 藤壺の三条宮邸に見舞う]

 藤壺のまかでたまへる三条の宮に、御ありさまもゆかしうて、参りたまへれば、命婦、中納言の君、中務などやうの人びと対面したり。「けざやかにももてなしたまふかな」と、やすからず思へど、しづめて、大方の御物語聞こえたまふほどに、兵部卿宮参りたまへり。

 この君おはすと聞きたまひて、対面したまへり。いとよしあるさまして、色めかしうなよびたまへるを、「女にて見むはをかしかりぬべく」、人知れず見たてまつりたまふにも、かたがたむつましくおぼえたまひて、こまやかに御物語など聞こえたまふ。宮も、この御さまの常よりことになつかしううちとけたまへるを、「いとめでたし」と見たてまつりたまひて、婿になどは思し寄らで、「女にて見ばや」と、色めきたる御心には思ほす。

 暮れぬれば、御簾の内に入りたまふを、うらやましく、昔は、主上の御もてなしに、いとけ近く、人づてならで、ものをも聞こえたまひしを、こよなう疎みたまへるも、つらうおぼゆるぞわりなきや。

 「しばしばもさぶらふべけれど、事ぞとはべらぬほどは、おのづからおこたりはべるを、さるべきことどは、仰せ言はべらむこそ、うれしく」

 など、すくすくしうて出でたまひぬ。命婦も、たばかりきこえむかたなく、宮の御けしきも、ありしよりは、いとど憂きふしに思しおきて、心とけぬ御けしきも、恥づかしくいとほしければ、何のしるしもなくて、過ぎゆく。「はかなの契りや」と思し乱るること、かたみに尽きせず。

 [第三段 故祖母君の服喪明ける]

 少納言は、「おぼえずをかしき世を見るかな。これも、故尼上の、この御ことを思して、御行ひにも祈りきこえたまひし仏の御しるしにや」とおぼゆ。「大殿、いとやむごとなくておはします。ここかしこあまたかかづらひたまふをぞ、まことに大人びたまはむほどは、むつかしきこともや」とおぼえける。されど、かくとりわきたまへる御おぼえのほどは、いと頼もしげなりかし。

 御服、母方は三月こそはとて、晦日には脱がせたてまつりたまふを、また親もなくて生ひ出でたまひしかば、まばゆき色にはあらで、紅、紫、山吹の地の限り織れる御小袿などを着たまへるさま、いみじう今めかしくをかしげなり。

 [第四段 新年を迎える]

 男君は、朝拝に参りたまふとて、さしのぞきたまへり。
 「今日よりは、大人しくなりたまへりや」
 とて、うち笑みたまへる、いとめでたう愛敬づきたまへり。いつしか、雛をし据ゑて、そそきゐたまへる。三尺の御厨子一具に、品々しつらひ据ゑて、また小さき屋ども作り集めて、たてまつりたまへるを、ところせきまで遊びひろげたまへり。

 「儺やらふとて、犬君がこれをこぼちはべりにければ、つくろひはべるぞ」
 とて、いと大事と思いたり。
 「げに、いと心なき人のしわざにもはべるなるかな。今つくろはせはべらむ。今日は言忌て、な泣いたまひそ」
 とて、出でたまふけしき、ところせきを、人びと端に出でて見たてまつれば、姫君も立ち出でて見たてまつりたまひて、雛のなかの源氏の君つくろひ立てて、内裏に参らせなどしたまふ。

 「今年だにすこし大人びさせたまへ。十にあまりぬる人は、雛遊びは忌みはべるものを。かく御夫などまうけたてまつりたまひては、あるべかしうしめやかにてこそ、見えたてまつらせたまはめ。御髪参るほどをだに、もの憂くせさせたまふ」

 など、少納言聞こゆ。御遊びにのみ心入れたまへれば、恥づかしと思はせたてまつらむとて言へば、心のうちに、「我は、さは、夫まうけてけり。この人びとの夫とてあるは、醜くこそあれ。我はかくをかしげに若き人をも持たりけるかな」と、今ぞ思ほし知りける。さはいへど、御年の数添ふしるしなめりかし。かく幼き御けはひの、ことに触れてしるければ、殿のうちの人びとも、あやしと思ひけれど、いとかう世づかぬ御添臥ならむとは思はざりけり。

 

第三章 藤壺の物語(二) 二月に男皇子を出産

 [第一段 左大臣邸に赴く]

 内裏より大殿にまかでたまへれば、例のうるはしうよそほしき御さまにて、心うつくしき御けしきもなく、苦しければ、
 「今年よりだに、すこし世づきて改めたまふ御心見えば、いかにうれしからむ」
 など聞こえたまへど、「わざと人据ゑて、かしづきたまふ」と聞きたまひしよりは、「やむごとなく思し定めたることにこそは」と、心み置かれて、いとど疎く恥づかしく思さるべし。しひて見知らぬやうにもてなして、乱れたる御けはひには、えしも心強からず、御いらへなどうち聞こえたまへるは、なほ人よりはいとことなり。

 四年ばかりがこのかみにおはすれば、うち過ぐし、恥づかしげに、盛りにととのほりて見えたまふ。「何ごとかはこの人の飽かぬところはものしたまふ。我が心のあまりけしからぬすさびに、かく怨みられたてまつるぞかし」と、思し知らる。同じ大臣と聞こゆるなかにも、おぼえやむごとなくおはするが、宮腹に一人いつきかしづきたまふ御心おごり、いとこよなくて、「すこしもおろかなるをば、めざまし」と思ひきこえたまへるを、男君は、「などかいとさしも」と、ならはいたまふ、御心の隔てどもなるべし。

 大臣も、かく頼もしげなき御心を、つらしと思ひきこえたまひながら、見たてまつりたまふ時は、恨みも忘れて、かしづきいとなみきこえたまふ。つとめて、出でたまふところにさしのぞきたまひて、御装束したまふに、名高き御帯、御手づから持たせてわたりたまひて、御衣のうしろひきつくろひなど、御沓を取らぬばかりにしたまふ、いとあはれなり。

 「これは、内宴などいふこともはべるなるを、さやうの折にこそ」
 など聞こえたまへば、
 「それは、まされるもはべり。これはただ目馴れぬさまなればなむ」
 とて、しひてささせたてまつりたまふ。げに、よろづにかしづき立てて見たてまつりたまふに、生けるかひあり、「たまさかにても、かからむ人を出だし入れて見むに、ますことあらじ」と見えたまふ。

 [第二段 二月十余日、藤壺に皇子誕生]

 参座しにとても、あまた所も歩きたまはず、内裏、春宮、一院ばかり、さては、藤壺の三条の宮にぞ参りたまへる。
 「今日はまたことにも見えたまふかな」
 「ねびたまふままに、ゆゆしきまでなりまさりたまふ御ありさまかな」
 と、人びとめできこゆるを、宮、几帳の隙より、ほの見たまふにつけても、思ほすことしげかりけり。

 この御ことの、師走も過ぎにしが、心もとなきに、この月はさりともと、宮人も待ちきこえ、内裏にも、さる御心まうけどもあり、つれなくて立ちぬ。「御もののけにや」と、世人も聞こえ騒ぐを、宮、いとわびしう、「このことにより、身のいたづらになりぬべきこと」と思し嘆くに、御心地もいと苦しくて悩みたまふ。

 中将君は、いとど思ひあはせて、御修法など、さとはなくて所々にせさせたまふ。「世の中の定めなきにつけても、かくはかなくてや止みなむ」と、取り集めて嘆きたまふに、二月十余日のほどに、男御子生まれたまひぬれば、名残なく、内裏にも宮人も喜びきこえたまふ。

 「命長くも」と思ほすは心憂けれど、「弘徽殿などの、うけはしげにのたまふ」と聞きしを、「むなしく聞きなしたまはましかば人笑はれにや」と思し強りてなむ、やうやうすこしづつさはやいたまひける。

 主上の、いつしかとゆかしげに思し召したること、限りなし。かの、人知れぬ御心にも、いみじう心もとなくて、人まに参りたまひて、
 「主上のおぼつかながりきこえさせたまふを、まづ見たてまつりて詳しくしはべらむ」
 と聞こえたまへど、
 「むつかしげなるほどなれば」
 とて、見せたてまつりたまはぬも、ことわりなり。さるは、いとあさましう、めづらかなるまで写し取りたまへるさま、違ふべくもあらず。宮の、御心の鬼にいと苦しく、「人の見たてまつるも、あやしかりつるほどのあやまりを、まさに人の思ひとがめじや。さらぬはかなきことをだに、疵を求むる世に、いかなる名のつひに漏り出づべきにか」と思しつづくるに、身のみぞいと心憂き。

 命婦の君に、たまさかに逢ひたまひて、いみじき言どもを尽くしたまへど、何のかひあるべきにもあらず。若宮の御ことを、わりなくおぼつかながりきこえたまへば、
 「など、かうしもあながちにのたまはすらむ。今、おのづから見たてまつらせたまひてむ」
 と聞こえながら、思へるけしき、かたみにただならず。かたはらいたきことなれば、まほにもえのたまはで、
 「いかならむ世に、人づてならで、聞こえさせむ」
 とて、泣いたまふさまぞ、心苦しき。

 「いかさまに昔結べる契りにて
  この世にかかるなかの隔てぞ
 かかることこそ心得がたけれ」

 とのたまふ。
 命婦も、宮の思ほしたるさまなどを見たてまつるに、えはしたなうもさし放ちきこえず。

 「見ても思ふ見ぬはたいかに嘆くらむ
  こや世の人のまどふてふ闇
 はれに、心ゆるびなき御ことどもかな」

 と、忍びて聞こえけり。
 かくのみ言ひやる方なくて、帰りたまふものから、人のもの言ひもわづらはしきを、わりなきことにのたまはせ思して、命婦をも、昔おぼいたりしやうにも、うちとけむつびたまはず。人目立つまじく、なだらかにもてなしたまふものから、心づきなしと思す時もあるべきを、いとわびしく思ひのほかなる心地すべし。

 [第三段 藤壺、皇子を伴って四月に宮中に戻る]

 四月に内裏へ参りたまふ。ほどよりは大きにおよすけたまひて、やうやう起き返りなどしたまふ。あさましきまで、まぎれどころなき御顔つきを、思し寄らぬことにしあれば、「またならびなきどちは、げにかよひたまへるにこそは」と、思ほしけり。いみじう思ほしかしづくこと、限りなし。源氏の君を、限りなきものに思し召しながら、世の人のゆるしきこゆまじかりしによりて、坊にも据ゑたてまつらずなりにしを、飽かず口惜しう、ただ人にてかたじけなき御ありさま、容貌に、ねびもておはするを御覧ずるままに、心苦しく思し召すを、「かうやむごとなき御腹に、同じ光にてさし出でたまへれば、疵なき玉」と思しかしづくに、宮はいかなるにつけても、胸のひまなく、やすからずものを思ほす。

 例の、中将の君、こなたにて御遊びなどしたまふに、抱き出でたてまつらせたまひて、
 「御子たち、あまたあれど、そこをのみなむ、かかるほどより明け暮れ見し。されば、思ひわたさるるにやあらむ。いとよくこそおぼえたれ。いと小さきほどは、皆かくのみあるわざにやあらむ」
 とて、いみじくうつくしと思ひきこえさせたまへり。

 中将の君、面の色変はる心地して、恐ろしうも、かたじけなくも、うれしくも、あはれにも、かたがた移ろふ心地して、涙落ちぬべし。もの語りなどして、うち笑みたまへるが、いとゆゆしううつくしきに、わが身ながら、これに似たらむはいみじういたはしうおぼえたまふぞ、あながちなるや。宮は、わりなくかたはらいたきに、汗も流れてぞおはしける。中将は、なかなかなる心地の、乱るやうなれば、まかでたまひぬ。

 わが御かたに臥したまひて、「胸のやるかたなきほど過ぐして、大殿へ」と思す。御前の前栽の、何となく青みわたれるなかに、常夏のはなやかに咲き出でたるを、折らせたまひて、命婦の君のもとに、書きたまふこと、多かるべし。

 「よそへつつ見る心はなぐさまで
  露けさまさる撫子の花

 花に咲かなむと思ひたまへしも、かひなき世にはべりければ」
 とあり。さりぬき隙にやありけむ、御覧ぜさせて、
 「ただ塵ばかりこの花びらに」
 と聞こゆるを、わが御心にも、ものいとあはれに思し知らるるほどにて、

 「袖濡るる露のゆかりと思ふにも
  なほ疎まれぬ大和撫子」

 とばかり、ほのかに書きさしたるやうなるを、よろこびながらたてまつれる、「例のことなれば、しるしあらじかし」と、くづほれて眺め臥したまへるに、胸うち騒ぎて、いみじくうれしきにも涙落ちぬ。

 [第四段 源氏、紫の君に心を慰める]

 つくづくと臥したるにも、やるかたなき心地すれば、例の、慰めには西の対にぞ渡りたまふ。
 しどけなくうちふくだみたまへる鬢ぐき、あざれたる袿姿にて、笛をなつかしう吹きすさびつつ、のぞきたまへれば、女君、ありつる花の露に濡れたる心地して、添ひ臥したまへるさま、うつくしうらうたげなり。愛敬こぼるるやうにて、おはしながらとくも渡りたまはぬ、なまうらめしかりければ、例ならず、背きたまへるなるべし。端の方についゐて、
 「こちや」
 とのたまへど、おどろかず、
 「入りぬる磯の
 口ずさみて、口おほひしたまへるさま、いみじうされてうつくし。
 「あな、憎。かかること口馴れたまひにけりな。みるめに飽くはまさなきことぞよ」
 とて、人召して、御琴取り寄せて弾かせたてまつりたまふ。
 「箏の琴は、中の細緒の堪へがたきこそところせけれ」
 とて、平調におしくだして調べたまふ。かき合はせばかり弾きて、さしやりたまへれば、え怨じ果てず、いとうつくしう弾きたまふ。

 小さき御ほどに、さしやりて、ゆしたまふ御手つき、いとうつくしければ、らうたしと思して、笛吹き鳴らしつつ教へたまふ。いとさとくて、かたき調子どもを、ただひとわたりに習ひとりたまふ。大方らうらうじうをかしき御心ばへを、「思ひしことかなふ」と思す。「保曾呂俱世利」といふものは、名は憎けれど、おもしろう吹きすさびたまへるに、かき合はせ、まだ若けれど、拍子違はず上手めきたり。

 大殿油参りて、絵どもなど御覧ずるに、「出でたまふべし」とありつれば、人びと声づくりきこえて、
 「雨降りはべりぬべし」
 など言ふに、姫君、例の、心細くて屈したまへり。絵も見さして、うつぶしておはすれば、いとらうたくて、御髪のいとめでたくこぼれかかりたるを、かき撫でて、
 「他なるほどは恋しくやある」
 とのたまへば、うなづきたまふ。

 「我も、一日も見たてまつらぬはいと苦しうこそあれど幼くおはするほどは、心やすく思ひきこえて、まづ、くねくねしく怨むる人の心破らじと思ひて、むつかしければしばしかくもありくぞ。おとなしく見なしては、他へもさらに行くまじ。人の怨み負はじなど思ふも、世に長うありて、思ふさまに見えたてまつらむと思ふぞ」

 など、こまごまと語らひきこえたまへば、さすがに恥づかしうて、ともかくもいらへきこえたまはず。やがて御膝に寄りかかりて、寝入りたまひぬれば、いと心苦しうて、
 「今宵は出でずなりぬ」
 とのたまへば、皆立ちて、御膳などこなたに参らせたり。姫君起こしたてまつりたまひて、
 「出でずなりぬ」
 と聞こえたまへば、慰みて起きたまへり。もろともにものなど参る。いとはかなげにすさびて、
 「さらば、寝たまひねかし」
 と、危ふげに思ひたまへればかかるを見捨てては、いみじき道なりとも、おもむきがたくおぼえたまふ。

 かやうに、とどめられたまふ折々なども多かるを、おのづから漏り聞く人、大殿に聞こえければ、
 「誰れならむ。いとめざましきことにもあるかな」
 「今までその人とも聞こえず、さやうにまつはしたはぶれなどすらむは、あてやかに心にくき人にはあらじ」
 「内裏わたりなどにて、はかなく見たまひけむ人を、ものめかしたまひて、人やとがめむと隠したまふななり。心なげにいはけて聞こゆるは」
 など、さぶらふ人びとも聞こえあへり。

 内裏にも、かかる人ありと聞こし召して、
 「いとほしく、大臣の思ひ嘆かるなることも、げに、ものげなかりしほどを、おほなおほなかくものしたる心を、さばかりのことたどらぬほどにはあらじを。などか情けなくはもてなすなるらむ」
 と
のたまはすれど、かしこまりたるさまにて、御いらへも聞こえたまはねば、「心ゆかぬなめり」と、いとほしく思し召す。

 「さるは、好き好きしううち乱れて、この見ゆる女房にまれ、またこなたかなたの人びとなど、なべてならずなども見え聞こえざめるを、いかなるもののくまに隠れありきて、かく人にも怨みらるらむ」とのたまはす。

 

第四章 源典侍の物語 老女との好色事件

 [第一段 源典侍の風評]

 帝の御年、ねびさせたまひぬれど、かうやうの方、え過ぐさせたまはず、采女、女蔵人などをも、容貌、心あるをば、ことにもてはやし思し召したれば、よしある宮仕へ人多かるころなり。はかなきことをも言ひ触れたまふには、もて離るることもありがたきに、目馴るるにやあらむ、「げにぞ、あやしう好いたまはざめる」と、試みに戯れ事を聞こえかかりなどする折あれど、情けなからぬほどにうちいらへてまことには乱れたまはぬを、「まめやかにさうざうし」と思ひきこゆる人もあり。

 年いたう老いたる典侍、人もやむごとなく、心ばせあり、あてに、おぼえ高くはありながら、いみじうあだめいたる心ざまにて、そなたには重からぬあるを、「かう、さだ過ぐるまで、などさしも乱るらむ」と、いぶかしくおぼえたまひければ、戯れ事言ひ触れて試みたまふに、似げなくも思はざりける。あさまし、と思しながら、さすがにかかるもをかしうて、ものなどのたまひてけれど、人の漏り聞かむも、古めかしきほどなれば、つれなくもてなしたまへるを、女は、いとつらしと思へり。

 [第二段 源氏、源典侍と和歌を詠み交わす]

 主上の御梳櫛にさぶらひけるを、果てにければ、主上は御袿の人召して出でさせたまひぬるほどに、また人もなくて、この内侍常よりもきよげに、様体、頭つきなまめきて、装束、ありさま、いとはなやかに好ましげに見ゆるを、「さも古りがたうも」と、心づきなく見たまふものから、「いかが思ふらむ」と、さすがに過ぐしがたくて、裳の裾を引きおどろかしたまへれば、かはぼりのえならず画きたるを、さし隠して見返りたるまみ、いたう見延べたれど、目皮らいたく黒み落ち入りて、いみじうはつれそそけたり。

 「似つかはしからぬ扇のさまかな」と見たまひて、わが持たまへる、さしかへて見たまへば、赤き紙の、うつるばかり色深きに、木高き森の画を隠しり。片つ方に、手はいとさだ過ぎたれど、よしなからず、「森の下草老いぬればなど書きすさびたるを、「ことしもあれ、うたての心ばへや」と笑まれながら、
 「森こそ夏のと見ゆめる」
 とて、何くれとのたまふも、似げなく、人や見つけむと苦しきを、女はさも思ひたらず、

 「君し来ば手なれの駒にり飼はむ
  盛り過ぎたる下葉なりとも」

 と言ふさま、こよなく色めきたり。

 「笹分けばやとがめむいつとなく
  駒なつくめる森の木隠れ
 わづらはしさに」

 とて、立ちたまふを、ひかへて、
 「まだかかるものをそ思ひはべらね。今さらなる、身の恥になむ」
 とて泣くさま、いといみじ。
 「いま、聞こえむ。思ひながらぞや」
 とて、引き放ちて出でたまふを、せめておよびて、「橋柱と怨みかくるを、主上は御袿果てて、御障子より覗かせたまひけり。「似つかはしからぬあはひかな」と、いとをかしう思されて、
 「好き心なしと、常にもて悩むめるを、さはいへど、過ぐさざりけるは」
 とて、笑はせたまへば、内侍は、なままばゆけれど、憎からぬ人ゆゑは、濡衣だに着まほしがるたぐひもあなればにや、いたうもあらがひきこえさせず。

 人びとも、「思ひのほかなることかな」と、扱ふめるを、頭中将、聞きつけて、「至らぬ隈なき心にて、まだ思ひ寄らざりけるよ」と思ふに、尽きせぬ好み心も見まほしうなりにければ、語らひつきにけり。
 この君も、人よりはいとことなるを、「かのつれなき人の御慰めに」と思ひつれど、見まほしきは、限りありけるをとや。うたての好みや。

 [第三段 温明殿付近で密会中、頭中将に発見され脅される]

 いたう忍ぶれば、源氏の君はえ知りたまはず。見つけきこえては、まづ怨みきこゆるを、齢のほどいとほしければ、慰めむと思せど、かなはぬもの憂さに、いと久しくなりにけるを、夕立して、名残涼しき宵のまぎれに、温明殿のわたりをたたずみありきたまへば、この内侍、琵琶をいとをかしう弾きゐたり。御前などにても、男方の御遊びに交じりなどして、ことにまさる人なき上手なれば、もの恨めしうおぼえける折から、いとあはれに聞こゆ。

 「瓜作りになりやしなまし
 、声はいとをかしうて歌ふぞ、すこし心づきなき。「鄂州にありけむ昔の人も、かくやをかしかりけむ」と、耳とまりて聞きたまふ。弾きやみて、いといたう思ひ乱れたるけはひなり。君、「東屋を忍びやかに歌ひて寄りたまへるに、
 「押し開いて来ませ」
 と、うち添へたるも、例に違ひたる心地ぞする。

 「立ち濡るる人しもあらじ東屋に
  うたてもかかる雨そそきかな」

 と、うち嘆くを、我ひとりしも聞き負ふまじけれど、「うとましや、何ごとをかくまでは」と、おぼゆ。

 「人妻はあなわづらはし東屋の
  真屋のあまりも馴れじとぞ思ふ」

 とて、うち過ぎなまほしけれど、「あまりはしたなくや」と思ひ返して、人に従へば、すこしはやりかなる戯れ言など言ひかはして、これもめづらしき心地ぞしたまふ。

 頭中将は、この君のいたうまめだち過ぐして、常にもどきたまふがねたきを、つれなくてうちうち忍びたまふかたがた多かめるを、「いかで見あらはさむ」とのみ思ひわたるに、これを見つけたる心地、いとうれし。「かかる折に、すこし脅しきこえて、御心まどはして、懲りぬやと言はむ」と思ひて、たゆめきこゆ。

 風ひややかにうち吹きて、やや更けゆくほどに、すこしまどろむにやと見ゆるけしきなれば、やをら入り来るに、君は、とけてしも寝たまはぬ心なれば、ふと聞きつけて、この中将とは思ひ寄らず、「なほ忘れがたくすなる修理大夫にこそあらめ」と思すに、おとなおとなしき人に、かく似げなきふるまひをして、見つけられむことは、恥づかしければ、

 「あな、わづらはし。出でなむよ。蜘蛛ふるまひは、しるかりらむものを。心憂く、すかしたまひけるよ」

 とて、直衣ばかりを取りて、屏風のうしろに入りたまひぬ。中将、をかしきを念じて、引きたてまつる屏風のもとに寄りて、ごほごほとたたみ寄せて、おどろおどろしく騒がすに、内侍は、ねびたれど、いたくよしばみなよびたる人の、先々もかやうにて、心動かす折々ありければ、ならひて、いみじく心あわたたしきにも、「この君をいかにしきこえぬるか」とわびしさに、ふるふふるふつとひかへたり。「誰れと知られで出でなばや」と思せど、しどけなき姿にて、冠などうちゆがめて走らむうしろで思ふに、「いとをこなるべし」と、思しやすらふ。

 中将、「いかで我と知られきこえじ」と思ひて、ものも言はず、ただいみじう怒れるけしきにもてなして、太刀を引き抜けば、女、
 「あが君、あが君」
 と、向ひて手をするに、ほとほと笑ひぬべし。好ましう若やぎてもてなしたるうはべこそ、さりもありけれ、五十七、八の人の、うちとけてもの言ひ騒げるけはひ、えならぬ二十の若人たちの御なかにてもの怖ぢしたる、いとつきなし。かうあらぬさまにもてひがめて、恐ろしげなるけしきを見すれど、なかなかしるく見つけたまひて、「我と知りて、ことさらにするなりけり」と、をこになりぬ。「その人なめり」と見たまふに、いとをかしければ、太刀抜きたるかひなをとらへて、いといたうつみたまへれば、ねたきものから、え堪へで笑ひぬ。

 「まことは、うつし心とよ。戯れにくしや。いで、この直衣着む」
 とのたまへど、つととらへて、さらに許しきこえず。
 「さらば、もろともにこそ」
 とて、中将の帯をひき解きて脱がせたまへば、脱がじとすまふを、とかくひきしろふほどに、ほころびはほろほろと絶えぬ。中将、

 「つつむめる名や漏り出でむ引きかはし
  かくほころぶる中の衣に
 上に取り着ば、しるからむ

 と言ふ。君、

 「隠れなきものと知る知る夏衣
  着たるを薄き心とぞ見る」

 と言ひかはして、うらやみなきしどけな姿に引きなされて、みな出でたまひぬ。

 [第四段 翌日、源氏と頭中将と宮中で応酬しあう]

 君は、「いと口惜しく見つけられぬること」と思ひ、臥したまへり。内侍は、あさましくおぼえければ、落ちとまれる御指貫、帯など、つとめてたてまつれり。

 「恨みてもいふかひぞなきたちかさね
  引きてかへりし波のなごりに
 底もあらはに

 とあり。「面無のさまや」と見たまふも憎けれど、わりなしと思へりしもさすがにて、

 「荒らだちし波に心は騒がねど
  寄せけむ磯をいかが恨みぬ」

 とのみなむありける。帯は、中将のなりけり。わが御直衣よりは色深し、と見たまふに、端袖もなかりけり。
 「あやしのことどもや。おり立ちて乱るる人は、むべをこがましきことは多からむ」と、いとど心をさめられたまふ。
 中将、宿直所より、「これ、まづ綴ぢつけさせたまへ」とて、おし包みておこせたるを、「いかで取りつらむ」と、心やまし。「この帯を得ざらましかば」と思す。その色の紙に包みて、

 「なか絶えばかことや負ふと危ふさに
  はなだの帯を取りてに見ず」

 とて、やりたまふ。立ち返り、

 「君にかく引き取られぬる帯なれば
  かくて絶えぬるなかとかこたむ
 え逃れさせたまはじ」
 とあり。

 日たけて、おのおの殿上に参りたまへり。いと静かに、もの遠きさましておはするに、頭の君もいとをかしけれど、公事多く奏しくだす日にて、いとうるはしくすくよかなるを見るも、かたみにほほ笑まる人まにさし寄りて、
 「もの隠しは懲りぬらむかし」
 とて、いとねたげなるしり目なり。
 「などてか、さしもあらむ。立ちながら帰りけむ人こそ、いとほしけれ。まことは、憂しや、世の中よ」
 と言ひあはせて、「鳥籠の山なると、かたみに口がたむ。

 さてそののち、ともすればことのついでごとに、言ひ迎ふるくさはひなるを、いとどものむつかしき人ゆゑと、思し知るべし。女は、なほいと艶に怨みかくるを、わびしと思ひありきたまふ。

 中将は、妹の君にも聞こえ出でず、ただ、「さるべき折の脅しぐさにせむ」とぞ思ひける。やむごとなき御腹々の親王たちだに、主上の御もてなしのこよなきにわづらはしがりて、いとことにさりきこえたまへるを、この中将は、「さらにおし消たれきこえじ」と、はかなきことにつけても、思ひいどみきこえたまふ。

 この君一人ぞ、姫君の御一つ腹なりける。帝の御子といふばかりにこそあれ、我も、同じ大臣と聞こゆれど、御おぼえことなるが、皇女腹にてまたなくかしづかれたるは、何ばかり劣るべき際と、おぼえたまはぬなるべし。人がらも、あるべき限りととのひて、何ごともあらまほしく、たらひてぞものしたまひける。この御仲どもの挑みこそ、あやしかりしか。されどうるさくてなむ。

 

第五章 藤壺の物語(三) 秋、藤壺は中宮、源氏は宰相となる

 [第一段 七月に藤壺女御、中宮に立つ]

 七月にぞ后ゐたまふめりし。源氏の君、宰相になりたまひぬ。帝、下りゐさせたまはむの御心づかひ近うなりて、この若宮を坊に、と思ひきこえさせたまふに、御後見したまふべき人おはせず。御母方の、みな親王たちにて、源氏の公事しりたまふ筋ならねば、母宮をだに動きなきさまにしおきたてまつりて、強りにと思すになむありける。

 弘徽殿、いとど御心動きたまふ、ことわりなり。されど、
 「春宮の御世、いと近うなりぬれば、疑ひなき御位なり。思ほしのどめよ」
 とぞ聞こえさせたまひける。「げに、春宮の御母にて二十余年になりたまへる女御をおきたてまつりては、引き越したてまつりたまひがたきことなりかし」と、例の、やすからず世人も聞こえけり。

 参りたまふ夜の御供に、宰相君も仕うまつりたまふ。同じ宮と聞こゆるなかにも、后腹の皇女、玉光りかかやきて、たぐひなき御おぼえにさへものしたまへば、人もいとことに思ひかしづききこえたり。まして、わりなき御心には、御輿のうちも思ひやられて、いとど及びなき心地したまふに、すずろはしきまでなむ。

 「尽きもせぬ心の闇に暮るるかな
  雲居に人を見るにつけても」

 とのみ、独りごたれつつ、ものいとあはれなり。

 皇子は、およすけたまふ月日に従ひて、いと見たてまつり分きがたげなるを、宮、いと苦し、と思せど、思ひ寄る人なきなめりかし。げに、いかさまに作り変へてかは、劣らぬ御ありさまは、世に出でものしたまはまし。月日の光の空に通ひたるやうに、ぞ世人も思へる。

 【出典】
出典1 人の親の心は闇にあらねども子を思ふ道に惑ひぬるかな(後撰集雑一-一一)(戻)
出典2 よそへつつ見れどつゆだに慰まずいかにかすべき撫子の花(新古今集雑上-一四九二 恵子女王)(戻)
出典3 わが宿の垣根に植ゑし撫子は花に咲かなむよそへつつ見む(後撰集夏-一九九 読人しらず)(戻)
出典4 塵をだに据ゑじとぞ思ふ咲きしより妹とわが寝る常夏の花(古今集夏-一六七 凡河内躬恒)(戻)
出典5 潮満てば入りぬる磯の草なれや見らくすくなく恋ふらくのおほき(拾遺集恋五-九六七 坂上郎女)(戻)
出典6 伊勢の海人の朝な夕なにかづくてふ海松布に人を飽くよしもがな(古今集恋四-六八三 読人しらず)(戻)
出典7 大荒木の森の下草老いぬれば駒もすさめず刈る人もなし(古今集雑上-八九二 読人しらず)(戻)
出典8 ほととぎす来鳴くを聞けば大荒木の森こそ夏の宿りなるらし(信明集-二八)(戻)
出典9 わが宿の一むら薄刈り飼はむ君が手馴れの駒も来ぬかな(後撰集恋二-六一六 小町姉)(戻)
出典10 笹分けば荒れこそまさめ草枯れの駒懐くべき森の下かは(蜻蛉日記-二四二)(戻)
出典11 黒髪に白髪混じり生ふるまでかかる恋にはいまだあはざる(拾遺集恋五-九六六 坂上郎女)(戻)
出典12 限りなく思ひながらの橋柱思ひながらに仲や絶えなむ(拾遺集恋四-八六四 読人しらず)(戻)
出典13 憎からぬ人の着せけむ濡れ衣は思ひにあへず今乾きなむ(後撰集恋五-九五三 中将内侍)(戻)
出典14 山城の 狛のわたりの 瓜作り な なよや らいしなや さいしなや 瓜作り 瓜作り はれ 瓜作り 我を欲しといふ いかにせむ な なよや らいしなや さいしなや いかにせむ いかにせむ はれ いかにせむ なりやしなまし 瓜たつまでに や らいしなや さいしなや 瓜たつま 瓜たつまでに(催馬楽-山城)(戻)
出典15 東屋の 真屋のあまりの その 雨そそぎ 我立ち濡れぬ 殿戸開かせ 鎹も錠もあらばこそ その殿戸 我鎖さめ おし開いて来ませ 我や人妻(催馬楽-東屋)(戻)
出典16 わが背子が来べき宵なりささがにの蜘蛛の振る舞ひかねてしるしも(古今集墨滅歌-一一一〇 衣通姫)(戻)
出典17 紅のこ染めの衣下に着て上にとり着ばしるからむかも(古今六帖五-三二六一)(戻)
出典18 別れての後ぞかなしき涙河底もあらはになりぬと思へば(新勅撰集恋四-九三七 読人しらず)(戻)
出典19 石川の 高麗人 帯を取られて からき悔する いかなる いかなる帯そ 縹の帯の 中はたいれたるか かやるか あやるか 中はいれたるか(催馬楽-石川)(戻)
出典20 犬上の鳥籠の山なる名取川いさと答えよわが名漏らすな(古今集墨滅歌-一意t一〇八 読人しらず)(戻)

 【校訂】
備考--(/) ミセケチ--$ 抹消--# 補入--+ 傍書--= ナゾリ--& 独自異文等--* 朱筆--<朱> 不明--△
校訂1 神無月の--神な月(月/+の<朱>)(戻)
校訂2 見たまひ--見給ひ(ひ/#ひ)(戻)
校訂3 深山--(/+み)山(戻)
校訂4 たまふ--給へ(へ/&ふ)(戻)
校訂5 飽かぬと--あかぬに(に/&と<朱>)(戻)
校訂6 ままに--(/+まゝに)(戻)
校訂7 屈し--(/+く)し(戻)
校訂8 さるべきこと--さるへ(へ/+き)こと(戻)
校訂9 仰せ言--おほす(す/$せ)事(戻)
校訂10 言忌--(/+こと<朱>)いみ(戻)
校訂11 なく思し定めたることにこそは」と、心--(/+なくおほしさためたる事にこそはとこゝろ<朱>)(戻)
校訂12 ましかば--*まし(し/+△は)(戻)
校訂13 詳しく--(/=くはしく)(戻)
校訂14 さりぬ--さか(か/$り<朱>)ぬ(戻)
校訂15 あれど--?(?/#あ)れと(戻)
校訂16 むつかしければ--*むつは(は/=かイ)しけれは(戻)
校訂17 たまへれば--*給つれは(戻)
校訂18 なることも、げに、ものげなかりしほどを、おほなおほなかくものしたる心を、さばかりのことたどらぬほどにはあらじを。などか情けなくはもてなすなるらむ」と--*なるなと(戻)
校訂19 いらへて--は(は/&い<朱>)らへて(戻)
校訂20 持たまへる--もたせ(せ/$<朱>)まへる(戻)
校訂21 画を--かたえ(え/$を<朱>)(戻)
校訂22 隠し--かへ(へ/$く<朱>)し(戻)
校訂23 蜘蛛--(/+く)も(戻)
校訂24 うつし心--うつく(く/$<朱>)し心(戻)
校訂25 いとど--いと(と/+と)(戻)
校訂26 ほほ笑まる--おほ(おほ/$ほゝ<朱>)えまる(戻)
校訂27 さて--(/+さ)て(戻)
校訂28 されど--され(れ/+と<朱>)(戻)
校訂29 御供に--御とん(ん/$も<朱>)に(戻)

源氏物語の世界ヘ
ローマ字版
現代語訳
大島本
自筆本奥入