First updated 06/08/2002(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-4)
渋谷栄一翻字(C)

  

紅葉賀

凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「もみちの賀」(題箋)

  朱雀院の行幸ハ・神な月(月+の<朱>)十日あ
0001【朱雀院の行幸】−延喜十六年三月七日行幸朱雀院有法皇五十御賀ニこれになすらふへし寛平法皇御事也 ニタレニナスラヘシ寛平法皇ノ御事也
  まりなり(△&り)・よのつねならすおもしろ
  かるへきたひの事なりけれハ・御かた/\
  ものみたまはぬ事を・くちおしかり
  給・うへも藤つほの見給ハさらむを・あか
0002【藤つほ】−時ニ懐妊七ケ月
  すおほさるれは・しかくを御前にてせさ
0003【御前にて】−内裏にてせさせ給ふ也
  せ給ふ・源氏中将ハ・せいかいはそまひ
0004【せいかいは】−盤渉調楽
  たまひける・かたてにハ大とのゝのとふの
0005【とふの中将】−致仕太政大臣
  中将・かたちようい・人にハことなるを・
  たちならひてハ・なを・花のかたハらの」1オ

  ミやま木なり・入かたのひかけさやかに
  さしたるに・かくのこゑまさり・ものゝ
  おもしろきほとに・おなしまひのあし
0006【あしふみ】−足踏
  ふミ・おもゝち・よに見えぬさまなり・ゑい
0007【おもゝち】−面持
0008【ゑい】−詠<朱>
  なとし給へるハ・これやほとけの御かれう
0009【かれうひんか】−迦陵頻迦<朱>
  ひんかのこゑならむと・きこゆ・おもしろく
  あはれなるに・みかとなミたをのこひ
  給ひかむたちめみこたちも・ミななき
  たまひぬ・ゑいはてゝ・そてうち・なをし
  たまへるに・まちとりたるかくの・」1ウ

  にきハゝしきに・かほのいろあひまさり
  て・つねよりもひかるとみえ給・春宮の
0010【春宮の女御】−東宮の母女御弘徽殿女御
  女御かくめてたきにつけてもたゝなら
  すおほして・神なとそらにめてつへき
  かたちかな・うたてゆゝしとの給を・わか
  き女房なとハ心うしとみゝとゝめけり・
  藤つほハおほけなき心の・なからまし
  かはましてめてたく見えましとおほ
  すに・夢の心ちなむし給ひける・宮ハ
  やかて御とのゐなりける・けふのし」2オ
0011【けふのしかく】−御門の御詞

  かくハせいかいはに事ミなつきぬな・い
  かゝ見給ひつると・きこえ給へは・あいなう
  御いらへきこえにくゝて・ことに侍つとは
0012【ことに侍つ】−藤ツホ詞<右>
0013【ことに】−殊<左>
  かりきこえたまふ・かたてもけしうハ
0014【かたても】−又御門
  あらすこそ・見えつれ・まひのさま・てつかひ
  なむ・いゑのこハことなる・この世に名を
0015【いゑのこ】−良家子也
  えたる・まひのをのこともゝ・けにいと
  かしこけれと・こゝしうなまめいたる
0016【こゝしう】−古ふるめかしき也
  すちをえなむみせぬ・こゝろみの日かく
  つくし・つれハ・もみちのかけやさう/\しくと」2ウ
0017【もみちのかけやさう/\しくと】−賀の日やさうさしからむされとイ本

  思へと・見せたてまつらんの心にて・よふいせ
  させつるなと・きこえたまふ・つとめて
  中将の君・いかに御らむしけむ・よに
0018【中将の君】−源氏
0019【いかに御らむしけむ】−藤ツホへの御文
  しらぬミたりこゝちなからこそ
    ものおもふにたちまふへくもあらぬみの
0020【ものおもふに】−源氏
  そてうちふりし心しりきやあなか
  しことある御返・めもあやなりし・
0021【御返】−藤ツホ
  御さまかたちにみ給ひ(ひ#ひ)しのはれすやあ
  りけむ
    から人のそてふることハとをけれと」3オ
0022【から人の】−藤ツホ 唐楽ハ唐朝ノ伝ナレハカラ人ノ袖フルトイヘリ

  たちゐにつけてあハれとハ見き大かたに
  ハとあるを・かきりなふめつらしう・かやう
0023【かきりなふ】−源氏
  のかたさへたと/\しからす・人のミかとまて
  おもほしやれる・御きさきことはの
0024【御きさきことは】−藤ツホハ次年十月ニ后ニ立ケリ然共后カネニテヲハシマセハ后詞トイヘリ聖詞童詞翁詞ナト云カ如シ
  かねてもと・ほゝゑまれて・ち経のやうに
  ひきひろけて見いたまへり・行幸にハ
0025【行幸にハ】−朱雀院行幸ノ事
  みこたちなとよにのこる人なく・つかう
  まつり給へり・春宮もおはします・
  れいのかくの(△&の)ふねとも・こきめくりて・
  もろこし・こまとつくしたる・まひとも」3ウ
0026【もろこし】−唐 左楽
0027【こま】−高麗 右楽

  くさおほかり・かくのこゑ・つゝミのをと・よを
0028【くさ】−種<朱>
  ひゝかす・ひとひの源氏の・御ゆふかけ・ゆゝ
  しうおほされて・みす経なと・所/\に
  せさせ給ふを・きく人もことハりと・あハ
  れかりきこゆるに・とうくうの女御ハ・
  あなかちなりと・にくミきこえ給ふ・かい
0029【かいしろ】垣代<朱>
  しろなと殿上人地下も・心ことなりと・よ
  人におもハれたるいうそくのかきりとゝ
  のへさせ給へり・さい将ふたり左衛門督右衛門督
  ひたりみきのかくのことをこなふ・まひの師」4オ

  ともなと世になへてならぬをとりつゝ・を
  の/\こもりゐてなむならひける・こた
  かきもみちのかけに四十人のかいしろ
  いひしらすふきたてたるものゝねとも
  に・あひたるまつ風まことの(の+み)山をろしと
  きこえて・吹まよひ色々にちりかふ
  このはの中より・せいかひはのかゝやきいて
  たるさまいとおそろしきまて見ゆ・かさ
  しのもミちいたうちりすきてかほの
  にほひにけおされたる心ちすれは・お」4ウ

  まへなる菊を折て左大将さしかへ給・
0030【左大将】−御不知何人
  日暮かゝるほとにけしきハかりうちしく
  れて・空のけしきさへ見しりかほなるに・
  さるいミしきすかたに菊の色々うつろひ
  えならぬをかさしてけふハまたなきて
  をつくしたるいりあやのほとそゝろさむ
0031【いりあや】−\<朱合点> 郭公二村山を尋ミン入アヤノ声ヤ今日ハマサルト俊頼(散木奇歌集304) 入綾ハ入舞事也
  くこのよの事ともおほえすもの見しる
  ましきしも人なとのこのもといはかくれ山
  のこのはにうつもれたるさへすこしものゝ
  心しるハ・なミたおとしけり承香殿」5オ

  の御はらの四のみこ・またわらハにて秋
0032【四のみこ】−桐ツホ御門御子也
0033【秋風楽】−盤渉調
  風楽まひ給へるなむ・さしつきのみも
  のなりける・これらにおもしろさの
  つきにけれハ・こと事にめもうつらす
0034【うつらす】−トヽマラス
  かへりてハことさましにやありけむ・
  其夜源氏の中将正三位し給・頭中将
0035【其夜源氏の中将正三位し給】−延喜紀云貞観以来奉賀時有叙位ノ例
  正下のかゝいし給・かむたちめハミなさる
0036【正下】−正四位下也
  へきかきり・よろこひし給もこの君に
  ひかれ給へるなれは・人の目をもおとろかし
  心をもよろこはせ給・むかしの世ゆかし」5ウ

  けなり・宮ハそのころまかて給ぬれハれい
0037【宮ハ】−藤ツホ女御
0038【まかて給ぬれは】−三条宮
  のひまもやと・うかゝひありき給をこと
  にて・おほいとのにハさハかれ給ふ・いとゝかのわか
0039【わか草】−紫上
  草たつねとり給ひてしを・二条院に
  は人むかへ給へ(へ$ふ)なりと人のきこえけれハいと
  こゝろつきなしとおほいたり・うち/\の
  ありさまハしり給ハす・さもおほさむハ
  ことハりなれと・心うつくしくれいの人
  のやうにうらミの給ハゝ・われもうらなく
0040【うらミの給ハゝ】−葵上ノ事
  うちかたりてなくさめきこえてんものを・」6オ

  おもハすにのミとりない給・心つきなさに
  さもあるましきすさひこともいてくるそかし・
  人の御ありさまのかたほに・その事のあかぬに(に$と<朱>)
  おほゆるきすもなし・人よりさきに見たて
  まつりそめてしかは・あはれにやむことなく
  おもひきこゆるこゝろをも知給ハぬほとこそ
  あらめ・つゐにハおほしなをされなむと・お
0041【おたしく】−葵上ノ心ムケ也
  たしく(く&く)かる/\しからぬ御心の・ほともをの
  つからとたのまるゝかたハことなりけり
  おさなき人ハみついたまふ(ふ+まゝに)・いとよき心さま」6ウ
0042【おさなき人】−紫上

  かたちにて・なに心もなくむつれまとハし
  きこえ給・しは(△△&しは)しとのゝうちの人に
  もたれと(△&と)しらせしとおほして・なをはな
  れたるたいに御しつらひ・になくして・われも
  あけ暮いりおハして・よろつの御事とも
  を・ゝしへきこえ給い・てほんかきてならハせ
  なとしつゝ・たゝほかなりける御むすめ
  をむかへ給へらむやうにそおほしたる・まむ
  所けいしなとをはしめことにわかちて・
0043【けいし】−家司
  こゝろもとなからすつかうまつらせ給ふ・」7オ

  これみつよりほかの人ハおほつかなくのミ
  おもひきこえたり・かのちゝミやもえし
0044【ちゝみや】−兵部卿宮
  りきこえ給はさりけり・ひめ君ハなを
0045【ひめ君】−紫上
  とき/\思ひいてきこえ給ときあま君
0046【あま君】−祖母
  をこひきこえ給おりおほかり・きミのおハ
  するほとハまきらハし給を・よるなとハ
  時/\こそとまりたまへ・こゝかしこの御い
  とまなくて・くるれはいて給を・したひき
  こえ給おりなとあるを・いとらうたく
  おもひきこえ給へり・二三日うちに」7ウ

  さふらひ・おほとのにもおハするおりハ・いとい
  たく(いたく=いたうイ、く+く)しなとしたまへは・心くるしうて・ハゝ
  なきこもたらむ心ちして・ありきも
  しつ心なくおほえ給・そうつハかくなむと
0047【そうつ】−紫上ノをち也
  きゝ給て・あやしきものからうれし
0048【あやしきものから】−またいとけなき故也
  となむおもほしける・かの御法事なと
0049【かの御法事】−北山尼上
  し給ふにも・いかめしうとふらひきこ
  え給へり・藤つほのまかてたまへる三
  条の宮に・御あり様もゆかしうてま
  いり給へれハ・命婦中納言(言+ノ)君・中務なと」8オ

  やうの人々たいめしたり・けさやかにも
  もてなし給かなと・やすからすおもへと
  しつめて・おほかたの御物かたりきこえ
  給ふほとに・兵部卿宮まいり給へり・この
  君おハすときゝ給てたいめし給へり・
  いとよしあるさまして・色めかしうなよ
0050【色めかしうなよひたまへるを】−兵部卿宮ノアリサマ也
  ひたまへるを・女にて見むハおかしかりぬ
  へく人しれす見たてまつり給にも・かた/\
  むつましくおほえ給て・こまやかに御物
  かたりなときこえ給・宮も此御さまのつ」8ウ

  ねよりもことになつかしううちとけ
  給へるを・いとめてたしと見たてまつり
  たまひて・むこになとハおほしよらて・
  女にて見はやといろめきたる御心にハ・
  おもほす・くれぬれハみすの内に入給を
  うらやましくむかしハうへの御もてなし
  に・いとけちかく人つてならて・ものをも
  きこえたまひしを・こよなううとミ
  給へるもつらうおほゆるそわりなきや・
  しは/\もさふらふへけれと・ことそと」9オ
0051【ことそと侍らぬ】−無殊事也

  侍らぬほとハをのつからおこたり侍を・
  さるへ(へ+き)事なとハおほす(す$せ)事も侍らむこそ・
  うれしくなと・すく/\しうていて給ひぬ・
  命婦もたはかりきこえむかたなく・宮
0052【宮】−薄ー
  の御けしきもありしより(り+ハ)・いとゝうき
0053【うきふしに】−懐妊ノ後ハ
  ふしにおほしをきて・心とけぬ御け
  しきも・はつかしくいとをしけれハ・なに
  のしるしもなくて・過行はかなのちきり
  やと・おほしみたるゝ事かたミにつきせ
  す・少納言ハおほえすおかしきよをみる」9ウ
0054【少納言】−紫上ノ女房

  かな・これもこあまうへのこの御事を・おほし
  て御をこないにもいのりきこえ給し・
  ほとけの御しるしにやと・おほゆ・おほいとの
0055【おほいとの】−葵上
  いとやむ事なくておハします・こゝかしこ
  あまたかゝつらひたまふをそ・まことにおと
  なひ給はむほとハむつかしき事もやと
  おほえける・されとかくとりわき給へる
  御おほえの程ハ・いとたのもしけなりかし
  御ふくハゝかたハ・三月こそハとて・つこも
  りにハ・ぬかせたてまつり給ふを・また」10オ
0056【ぬかせたてまつり給ふ】−除服
0057【また】−紫上ハまた<右> 又<左>

  おやもなくておひいて給しかは・まはゆ
0058【おやもなくて】−父兵部卿宮にしられぬ程ハまたをやもなくてといへり
  き色にハあらて・くれなゐむらさき
  山ふきのちのかきりをれる・御こうちき
  なとをきたまへるさま・いミしういまめか
  しくおかしけなり・おとこ君ハてうはいに
0059【おとこ君ハてうはいに】−改年源氏十八歳紫上十一歳末摘花ノ巻改年ト同也
  まいり給とて・さしのそき給へり・けふより
  ハおとなしくなり給へりやとて・うちゑミ
  給へるいとめてたうあひ行つき給へり・
  いつしかひゐなをしすゑて・そゝきゐ
0060【そゝきゐ】−楚々起也そゝめく也
  たまへる・三尺のみつしひとよろひに・しな/\」10ウ

  しつらひすへて・又ちひさきやとも・つくり
  あつめて・たてまつり給へるを・所せきまて・
  あそひひろけたまへり・なやらふとて・
0061【なやらふ】−追儺 十二月晦
  いぬきかこれをこほち侍にけれハ・つく
0062【いぬき】−犬公
  ろひ侍そとて・いと大事とおほいたり・
  けにいと心なき人のしわさにも侍
0063【いと心なき人の】−源氏
  なるかな・いまつくろハせ侍らむ・けふハ(ハ+こと<朱>)いミ
0064【けふは】−正月一日
  してなゝひたまひそとて・いて給けし
  き所せきを・人々ハしにいてゝ・見たて
  まつれハ・ひめ君もたちいてゝ・見たてま」11オ

  つり給て・ひゝなの中の・源しの君・つ
  くろひたてゝ・うちにまいらせなとし給・
  ことしたに・すこしおとなひさせ給へ・
0065【ことしたに】−少納詞
  とおにあまりぬる人ハ・ひゝなあそひハ・
  いミ侍ものを・かく御おとこなとまうけ
  たてまつり給てハ・あるへかしうしめやかに
  てこそ・見えたてまつらせ給ハめ・御くし
  まいるほとをたに・ものうくせさせ給なと・
  少納言きこゆ・御あそひにのミ・心いれ
  給へれハ・はつかしとおもハせたてまつらむ」11ウ

  とていへは・心のうちに・我ハさは・おとこまう
0066【心のうちに】−紫上
  けてけり・この人々のおとことてあるハ・
  見にくゝこそあれ・われハかくおかしけに
  わかき人をもゝたりけるかなと・今そおも
  ほししりける・さハいへと御としの数そふ
  しるしなめりかし・かくおさなき御け
  はひの・ことにふれてしるけれは・とのゝ
  うちの人々も・あやしと思ひけれと・いと
  かうよつかぬ御そひふしならむとハ・
0067【よつかぬ御そひふし】−夫婦ノ道ナキ也
  おもハさりけり・うちより大殿にまかて」12オ

  たまへれは・れひのうるハしうよそほし
0068【れひの】−葵上
  き御さまにて・心うつくしき御けしきも
  なく・くるしけれハ・ことしよりたにす
0069【ことしより】−源氏
  こしよつきて・あらため給御心見えハ・いか
  にうれしからむなと・きこえたまへと・
  わさと人すゑてかしつき給と・きき
0070【わさと人すゑてかしつき給と】−葵上
  給しよりハ・やむ事(事+なくおほしさためたる事にこそハとこゝろ<朱>)のミをかれて・い
  とゝうとくはつかしくおほさるへし・
  しひて見しらぬやうにもてなして・
0071【しひて見しらぬやうに】−源氏
  みたれたる御けハひにハ・えしも心つよからす・」12ウ
0072【えしも】−葵上

  御いらへなとうちきこえ給へるハ・なを人より
  ハいとことなり・よとせはかりかこのかみに
0073【よとせはかり】−葵上廿二歳
  おハすれは・うちすくしはつかしけに
  さかりにとゝのほりて見え給・なに事かハ・
0074【なに事かハ】−源氏
  この人のあかぬ所ハ・ものし給・わか心の
  あまりけしからぬすさひに・かくうらミ
  られたてまつるそかしと・おほししらる・お
  なし大臣ときこゆるなかにも・おほえや
  む事なくおハするか・宮はらにひとり
  いつきかしつき給・御心をこり・いとこ」13オ

  よなくて・すこしもをろかなるをは・め
  さましとおもひきこえ給へるを・おとこ君
  ハ・なとかいとさしもとならはい給・御心の
0075【なとかいとさしも】−男ノならひニなんてうしと思ふ也
  へたてともなるへし・おとゝもかくたのもし
  けなき御心を・つらしとおもひきこえ
  給なから・見たてまつり給時ハ・うらみも
  わすれて・かしつきいとなミきこえ給ふ・
  つとめていて給ふ所にさしのそき給て・
  御さうそくし給けに・なたかき御をひ・
0076【御をひ】−石帯也
  御てつからもたせてわたり給て・御そ」13ウ
0077【御手つから】−落花形鴛通天

  のうしろひきつくろひ・なと御くつをとらぬ
  はかりにし給・いとあハれなり・これハない
0078【ないえむなと】−内宴正月廿一日於仁寿殿
  えむなといふこ事も侍なるを・さやうの
  おりにこそなと・きこえ給へハ・それはまさ
  れるも侍り・これハたゝめなれぬさまな
  れはなむとて・しひてさゝせたてまつり
0079【さゝせ】−指
  給・けによろつにかしつきたてゝ・見たて
  まつり給ふに・いけるかひあり・たまさかに
  ても・かゝらん人をいたしいれて見んに・
  ますことあらしとみえ給・さむさしに」14オ
0080【さむさしに】−参座也 参賀事也

  とても・あまた所もありき給ハす・内春宮
  一院ハかり・さてハ藤つほの三(三&三)条の宮にそ・
0081【一院】−准寛平法皇歟桐ツホ帝傍親歟又陽成院
  まいり給へる・けふハまたことにも見えた
  まふかな・ねひ給まゝに・ゆゝしきまて
  なりまさり給ふ・御有さまかなと・人々めて
  きこゆるを・宮き丁のひまより・ほのミ
0082【宮】−藤ツホ
  給ふに・つけても・おもほす事しけかり
  けり・この御事の・しハすもすきにしか・心
0083【この御事】−御産ノ事ヲ云去年三月藤ツホ里居通源氏事不知之三月ヨリ計テ十二月ヲウミカ月ト思ヘリ誠ハ四月始孕之
  もとなきにこの月ハさりともと・宮人も
0084【この月は】−正月中
  まちきこえ・内にもさる御心まうけとも」14ウ

  あり・つれなくてたちぬ・御ものゝけにやと・
  よ人もきこえさハくを・宮いとわひしう・
  この事によりミのいたつらになりぬ
0085【ミのいたつらに】−\<朱合点> 後ーあハれともいふへき人ハおもほへて身のいたつらになりぬへきかな伊勢(拾遺集950・一条摂政集1、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄)
  へき事と・おほしなけくに・御心ちもいと
  くるしくてなやミ給・中将の君ハ・いとゝ
0086【中将の君】−源氏時三位
  おもひあハせて・みすほうなと・さとハ
  なくて・所/\にせさせたまふ・世の中の
  さためなきにつけても・かくはかなく
  てややみなむと・とりあつめてなけき
  給ふに・二月十よ日のほとに・おとこみこ」15オ
0087【二月】−きさらき
0088【おとこみこむまれ給ひぬれハ】−冷泉院誕生事

  むまれ給ひぬれハ・なこりなくうちにも
  宮人も・よろこひきこえ給・いのちな
0089【宮人も】−藤ツホ方
0090【いのちなかくもと】−藤ツホ御こゝろ
  かくもと・おもほすハ心うけれと・こうき
  てんなとのうけハしけにのたまふときゝ
0091【うけハしけに】−呪詛
  しを・むなしくきゝなし給ハまし(し+△、△#)ハ・人
  ハらハれにやとおほしつよりてなむやう/\
  すこしつゝさはやい給ける・うへのいつ
0092【うへの】−御門
  しかと・ゆかしけにおほしめしたる・事
  かきりなし・かの人しれぬ御心にも・いみ
0093【かの人しれぬ御心】−源氏君
  しう心もとなくて・人まにまいり給て・」15ウ

  うへのおほつかなかりきこえさせ給を・まつ
  見たてまつりて・(て+くはしく)そうし侍らむときこえ
  給へと・むつかしけなるほとなれはとて・
  みせたてまつり給はぬも・ことハりなり・さ
  るハいとあさましうめつらかなるまて・うつ
0094【うつしとり給へるさま】−源氏ニ似タリ
  しとり給へるさま・たかふへくもあらす・宮
  の御心のおにゝ・いとくるしく・人のみたて
0095【御心のおにゝ】−\<朱合点> 心ノおそろしさ也<右> 我ためにうときけしきのつくからにかつハ心のをにも見えけり謙徳公<左>(一条摂政集37、花鳥余情・休聞抄・孟津抄)
  まつるも・あやしかりつるほとの・あやまり
  を・まさに人のおもひとかめしや・さらぬは
  かなき事をたに・きすをもとむる世に・」16オ

  いかなる名のつゐにもりいつへきにかと・
  おほしつゝくるに・身のみそいと心うき・
  命婦の君に・たまさかにあひ給て・いみ
  しき事ともをつくし給へと・なにの
  かひあるへきにもあらす・わか宮の御事
0096【わか宮】−冷泉院
  を・わりなくおほつかなかりきこえ給へハ・なと
0097【なとかうしも】−王命婦
  かうしもあなかちにのたまハすらむ・今
  をのつからみたてまつらせ給ひてむと・き
  こえなから・おもへるけしき・かたみに
  たゝならす・かたハらいたき事なれは・」16ウ

  まほにもえのたまハて・いかならむよに・人
  つてならてきこえさせむとて・ない給
  さまそ・心くるしき
    いかさまにむかしむすへるちきりにて
0098【いかさまに】−源氏
  このよにかゝる中のへたてそかゝる事こそ・
0099【このよに】−子ニよせり
  こゝろへかたけれとの給・命婦も宮の
  おもほしたるさまなとを・みたてまつるに・
  えはしたなふも・さしはなちきこえす
    みてもおもふ見ぬはたいかになけくらむ
0100【みてもおもふ】−命婦 六帖ミテモおもふミステモおもふ大かたハ我身一や物おもひの山(万代集2261)
  こやよの人のまとふてふやミあはれに心」17オ
0101【こやよの人の】−子にそへたり

  ゆるひなき御事ともかなとしのひて
0102【ゆるひ】−緩
  きこえけり・かくのミいひやるかたな
0103【かくのミ】−源氏
  くて・かへり給ものから・人のものいひ
  もハつらハしきを・わりなき事にのた
  まハせおほして・命婦をも・むかしおほひ
  たりしやうにも・うちとけむつひ給
  ハす・人めたつましく・なたらかにもて
0104【人め】−藤壺
  なし給ものから・心つきなしと・おほす
  ときも有へきを・いとハひしく思ひの
0105【いとハひしく】−源氏
  ほかになる心ちすへし・四月にうちへ」17ウ
0106【四月】−う月
0107【うちへ】−若宮

  まいり給ふ・ほとよりハおほきにおよすけ
  給て・やう/\おきかへりなとし給・あさ
  ましきまて・まきれところなき御かほ
  つきを・おほしよらぬ事にしあれハ・また
0108【おほしよらぬ】−御門
  ならひなきとちハ・けにかよひ給へるに
  こそハと・おもほしけりいみしうおもほし
  かしつく事かきりなし・源しの君を・
  かきりなきものにおほしめしなから・
  よの人のゆるしきこゆましかりしに
  よりて・はうにもえすゑたてまつらすなり」18オ
0109【はう】−坊

  にしを・あかすくちおしう・たゝ人にてか
  たしけなき御ありさまかたちに・ねひ
  もておはするを・御らむするまゝに・心く
  るしく・おほしめすを・かうやむ事な
  き御はらに・おなしひかりにて・さし
  いて給へれハ・きすなきたまと・おほしかし
  つくに・宮ハいかなるにつけても・むねの
0110【宮】−藤ツ
  ひまなくやすからすものをおもほす・
  れいの中将の君・こなたにて御あそひ
0111【中将の君】−源シ
  なとし給に・いたきいてたてまつらせ」18ウ

  給て・みこたちあまたあれと・そこをのミ
0112【みこたち】−御門ノ御詞也
0113【そこ】−源氏
  なむ・かゝる程よりあけ暮見しされは
  おもひわたさるゝにやあらむ・いとよく
  こそおほえたれ・いとちいさきほとハ・みなかく
  のミあるわさにやあらむとて・いみしく
  うつくしと思ひきこえさせ給へり・中将の
  君・おもての色かハる心ちして・おそろしう
  も・かたしけなくも・うれしくも・あハれにも・
  かた/\うつろふ心ちして・なミたおちぬへし・
  物かたりなとして・うちゑミ給へるか・いと」19オ
0114【物かたりなとして】−若宮<左>

  ゆゝしううつくしきに・我身なからこれに
  にたらむハ・いみしういたハしうおほえ給そ・
  あなかちなるや・宮ハわりなくかたはら
  いたきに・あせもなかれてそおハしける
  中将ハ・中/\なる心ちの・みたるやうな
  れハまかて給ぬ・わか御かたにふし給て・
  むねのやる方なきほとすくして・大いとの
  へとおほす・おまえのせむさいの・なにと
  なくあをミわたれる中に・とこ夏の
  花やかに・さきいてたるを・おらせ給て・」19ウ

  命婦の君のもとに・かき給事おほかるへし
    よそへつゝ見るに心ハなくさまて
0115【よそへつゝ】−源氏 新古今よそへツヽミれト露たになくさますいかにかすへきとこ夏ノ花(新古今1494・義孝集73、花鳥余情・休聞抄・孟津抄・紹巴抄・岷江入楚)
  露けさまさるなてしこの花はなに
0116【はなにさかなん】−\<朱合点> 後ー我やとにまきしなてしこいつしかも花にさかなんよそへてもミん(古今六帖3618、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  さかなんとおもひたまへしも・かひなきよに
  侍りけれはとありさか(か$り<朱>)ぬへきひまにや
  ありけむ・御らむせさせて・たゝちりは
  かり・この花ひらにときこゆるを・わか御
  心にも・ものいとあはれにおほししらるゝ
  ほとにて
    袖ぬるゝ露のゆかりとおもふにも」20オ
0117【袖ぬるゝ】−藤ツホ 返し

  猶うとまれぬやまとなてしことはかり
0118【うとまれぬ】−をかぬノ心也
  ほのかに・かきさしたるやうなるを・よろこひ
  なからたてまつれる・れいの事なれは・
  しるしあらしかしと・くつをれてなかめ
  ふし給へるに・むねうちさハきて・いミ
  しくうれしきにも・なみたおちぬ・
  つく/\とふしたるにも・やるかたなき
  心ちすれは・れいのなくさめにハ・にしの
0119【にしのたいに】−紫上
  たいにそわたり給ふ・しとけなくうち
  ふくたミ給へる・ひむくき・あされたる・」20ウ

  うちきすかたにて・ふえをなつかしうふき
0120【うちきすかたにて】−掛衣スカタ也
  すさひつゝ・のそきたまへれは・女君あり
  つる花の露にぬれたる心ちして・そひ
0121【花の露】−撫子ナリ
  ふし給へるさま・うつくしうらうたけなり・
  あい行こほるゝやうにて・おハしなから・とく
  もわたり給はぬ・なまうらめしかりけれハ・
  れいならすそむき給へるなるへし・はし
0122【はしのかたに】−源氏
  のかたについゐて・こちやとの給へと・おと
  ろかす・いりぬるいそのと・くちすさみて・
0123【いりぬるいその】−\<朱合点> 拾しほミてハ入ぬるいその草なれやミらくすくなくこふらくのおほき(拾遺集967・拾遺抄318・古今六帖3582・新撰和歌280・万葉1398、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  口をゝいしたまへるさま・いみしうされて」21オ

  うつくし・あなにくかゝる事くちなれ給に
0124【あなにく】−源氏
  けりな・みるめにあくハまさなき事そよ
0125【みるめにあくは】−\<朱合点> 古今いせノあまのあさなゆふなにかつくてふみるめに人ヲあくよしもかな(古今683、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  とて・人めして御こととりよせて・ひかせた
  てまつり給・さうのことハ・なかのほそをのた
0126【さうのこと】−箏秦声世謂蒙恬<テン>為之
0127【なかのほそを】−九十斗為を中細絃ト云歟
  へかたきこそ・所せけれとて・ひやうてふに
0128【ひやうてふに】−平調ハ柱をさけて立也
  をしくたしてしらへ給・かきあハせはかり
0129【かきあはせ】−撥心
  ひきて・さしやり給へれは・えゑしはて
0130【ゑし】−怨
  すいとうつくしうひき給ふ・ちひさき御
  ほとにさしやりて・ゆし給御てつきいと
0131【ゆし】−由
  うつくしけれハ・らうたしとおほして・ふえ」21ウ

  ふきならしつゝ・おしへ給・いとさとくて・かた
  きてうしともを・たゝひとわたりに・ならひ
  とり給・大かたらう/\しうおかしき御
  心はへを・思し事かなふとおほす・ほそ
0132【ほそろくせり】−\<朱合点> 保曽呂具世利長保楽破也
  ろくせり
いふものハ・なはにくけれとおも
  しろふふきすさひ給へるに・かきあはせ・
  またわかけれと・ハうしたかハす・上手
0133【ハうし】−拍子
  めきたり・おほとなふらまいりて・ゑとも
  なと御らむするに・いて給へしとありつ
  れハ・人々こハつくり・きこえて・あめふり」22オ

  侍ぬへしなといふに・ひめ君れいの心
  ほそくて・くし給へり・ゑも見さして・うつ
0134【くし給へり】−苦
  ふしておハすれハ・いとらうたくて・御くしの
  いとめてたく・こほれかゝりたるをかき
  なてゝ・ほかなるほとハ・恋しくやあるとの
  たまへは・うなつき給・われもひとひも見
0135【ひとひも見たてまつらぬハ】−詩云一日不見如三月云々
  たてまつらぬハ・いとくるしうこそ・△(△#あ△、△#)れと
  おさなくおハするほとハ・心やすくおもひ
  きこえて・まつくね/\しくうらむる人
0136【うらむる人】−葵上
  の・心やふらしと思て・むつハ(ハ=か<墨>イ<朱>)しけれは」22ウ

  しはしかくもありくそ・おとなしくみなし
  てハ・ほかへもさらにいくまし・人のうらミ
  おハしなとおもふも・よになかふありて・
  おもふさまにみえたてまつらんと思ふそなと・
  こま/\とかたらひきこえ給へは・さす
  かにはつかしうて・ともかくもいらへき
  こえ給ハす・やかて御ひさによりかゝりて・
  ねいり給ぬれは・いと心くるしうて・こよひ
  ハいてすなりぬとの給へは・みなたちて・
  おものなとこなたにまいらせたり・ひめ」23オ

  君おこしたてまつり給ひて・いてすな
  りぬときこえ給へは・なくさみておき給
  へり・もろともにものなとまいる・いとはかな
  けにすさひて・さらはね給ねかしと・あや
  うけに思給つれは・かゝるをみすてゝハ・い
  みしきみちなりとも・おもむきかたくお
  ほえ給・かやうにとゝめられ給おり/\なと
  も・おほかるを・ゝのつからもりきく人・おほ
  いとのにきこえけれは・たれならむ・いとめ
  さましき事にもあるかな・今まてその」23ウ

  人ともきこえす・さやうにまつハしたハふ
  れなとすらんハ・あてやかに心にくき人
0137【あてやかに】−少
  にハあらし・内わたりなとにて・ハかなく
  見給けむひとを・ものめかし給て・人や
  とかめむと・かくし給なゝり・心なけに・
  いわけてきこゆるハなと・さふらふ人々
0138【いわけて】−幼
  も・きこえあへり・うちにもかゝる人ありと(りて&りと)
  きこしめして・いとおしくおとゝの思ひ
  なけかるなるなとのたまハすれと・かしこ
0139【かしこまりたるさま】−源氏
  まりたるさまにて・御いらへもきこえ給ハ」24オ

  ねは・心ゆかぬなめりと・いとおしくおほし
0140【心ゆかぬなめり】−御門
  めす・さるハすき/\しう・うちみたれて・
  この見ゆる女はうにまれ・又こなたかなた
0141【女はう】−内ノ女房也
  のひと/\なとなへてならすなとも・みえき
0142【なへてならす】−タヽナラヌ風情
  こえさめるを・いかなるものゝくまにかくれ
  ありきて・かく人にもうらみらるらむと
  のたまはす・みかとの御としねひさせ給
  ぬれと・かうやうのかたえすくさせ給ハ
  す・うねへ・女くら人なとをも・かたち心ある
0143【うねへ】−采女
  をは・ことにもてはやしおほしめし」24ウ

  たれは・よしあるミやつかへ人・おほかる比なり・
  はかなき事をも・いゝふれ給ふにハ・もて
0144【はかなき事】−源氏
  ハなるゝ事も有かたきに・めなるゝにや
  あらむ・けにそあやしうすい給ハさめると・
  心ミにたハふれ事を・きこえかゝりなと
  するおりあれと・なさけなからぬほとに・
  うちハ(ハ$い<朱>)らへて・まことにハミたれ給ハぬを・
  まめやかにさう/\しと思きこゆる人
  もあり・としいたう老たる内侍のすけ・
0145【内侍のすけ】−源内侍事
  人もやむことなく・心はせありあてに・」25オ

  おほえたかくハありなから・いみしうあため
  いたる心さまにて・そなたにハをもからぬある
  を・かうさたすくるまて・なとさしもミたるら
0146【さた】−央也 人寿百歳にとりて五十余を半過ルト云源内侍五十七八ト下ニアリ
  むと・いふかしくおほえ給けれハ・たハふれ事
  いひふれて・心みたまふに・にけなくも
0147【にけなく】−似
  思ハさりける・あさましとおほしなから・
  さすかに・かゝるもおかしふて・物なとの給て
  けれと・人のもりきかむも・ふるめかしき
  ほとなれは・つれなくもてなし給へるを・
  女ハいとつらしとおもへり・うへの御けつり」25ウ
0148【女は】−源内侍
0149【御けつり】−梳櫛

  くしにさふらひけるを・はてにけれは・うへハ
  みうちきのひとめして・いてさせ給ぬる
0150【みうちきのひとめして】−中院事書云御本鳥とる人也御梳櫛の人ハわらハくひの無文ノ直衣ヲ給リテ着する也御うちきの人と云也一説云御装束奉仕スル人也
  ほとに・又人もなくて・この内侍つねよりも
  きよけに・やうたいかしらつき・なまめきて・
  さうそくありさま・いと花やかに・このまし
  けにみゆるを・さもふりかたうもと・心つき
0151【ふりかたう】−難旧
  なく見たまふ物から・いかゝおもふらんと・
  さすかにすくしかたくて・ものすそをひ
  きおとろかし給へれは・かはほりのえなら
  すゑかきたるを・さしかくして・見かへりたる」26オ

  まみ・いたうみのへたれと・まかはらいたくくろ
0152【まかはら】−眼皮也
  ミおちいりて・いみしう・はつれそゝけたり・
0153【はつれそゝけたり】−髪ノハツレ也
  につかハしからぬあふきのさまかなと見給て・
  わかもたせ(せ#<朱>)まへるにさしかへて見給へは
  あかきかミのうつるハかり色ふかきにこた
  かきもりのかたえ(え$を<朱>)ぬりかへ(へ$く<朱>)したり・かたつ
0154【ぬりかくし】−塗土色也
  かたに・てハいとさたすきたれと・よしなから
0155【さたすき】−老筆也
  すもりの下草おひぬれはなと・かき
0156【もりの下草】−\<朱合点> 能宣集扇ニ夏クレハコリスマニヲフル大アラキノ杜ノ下草かひもあらなくに<右>(能宣集220、花鳥余情・孟津抄) 古今<墨>おほあらきのもりの下草老ぬれハこまもすさめすかる人もなし<朱>(古今892・古今六帖1046・和漢朗詠441、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  すさひたるを・ことしもあれ・うたての心
  はへやと・ゑまれなからもりこそなつのと」26ウ
0157【もりこそなつの】−\<朱合点> 六帖ひまもなくしけりにけりなおほあらきのもり社夏のかけハしるけれ<朱>(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  みゆめるとて・なにくれとの給ふも・にけなく
  人や見つけんとくるしきを・女ハさも
  おもひたらす
    きみしこはたなれのこまにかりかはむ
0158【きみしこは】−源内侍
0159【たなれのこま】−古今我門ノ一村薄かりかハん君かてなれの駒もこぬかな小町<左>(後撰616、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  さかりすきたる下葉なりともといふさま
  こよなく色めきたり
    さゝわけハ人やとかめむいつとなく
0160【さゝわけハ】−源氏<右> 蜻蛉日記サヽワケハあれこそまさめ草かれの駒なつくへき杜ノ下草<左>(蜻蛉日記242、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  こまなつくめるもりのこかくれわつらハしさに
  とてたち給ふを・ひかへてまたかゝるものを
0161【ひかへて】−内侍ノスケ源氏ノ袖ヲヒカヘテ
0162【またかゝるものを】−\<朱合点> 万四しろかミにくろかミましりをふるまてまたいとかゝるものハ思ハす坂上郎女(拾遺集966・拾遺抄271・万葉集566、花鳥余情・一葉抄・細流抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚)
  こそ思侍らね・今さらなるみのはちになむ」27オ

  とてなくさまいといミし・今きこえむ・思ひ
  なからそやとて・ひきはなちていて給を・
  せめてをよひてはしハしらとうらミかくる
0163【はしはしら】−\<朱合点> 古今<墨>津の国のなからの橋のハし柱古ぬる身社かなしかりけれ<朱>(新勅撰1283・一条摂政集11、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  を・うへハみうちきはてゝ・みさうしよりのそ
0164【うへハ】−御門
  かせ給けり・につかハしからぬあハひかなと・
  いとおかしうおほされて・すき心なしと・
0165【すき心】−数寄
  つねにもてなやむめるを・さハいへとすく
  さゝりけるハとて・わらハせ給へは・ないしハ
  なまゝはゆけれと・にくからぬ人ゆへは・
0166【にくからぬ人ゆへ】−\<朱合点> 六帖<墨>にくからぬ人のきせたるぬれきぬハおもひにあへす今かハきなん<朱>(後撰956、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ぬれきぬをたにきまほしかるたくひも」27ウ

  あなれハにや・いたうもあらかひきこえさせす・
  人々もおもひのほかなる事かなと・あつかふ
  めるを・頭中将きゝつけて・いたらぬくまな
0167【いたらぬくまなき心】−我恋也
  き心にて・またおもひよらさりけるよと・
  思ふに・つきせぬこのミ心も・見まほしう
  なりにけれハ・かたらひつきにけり・この君
0168【この君】−頭中将ヲ云
  も・人よりハいとことなるを・かのつれなき
0169【かのつれなき人】−源氏をいふ
  人の御なくさめにと・おもひつれと・見まほし
0170【見まほし】−源氏ヲ
  きハ・かきりありけるをとや・うたてのこの
  みや・いたうしのふれは・源しの君ハえし」28オ

  り給ハす・見つけきこえてハ・まつうらミき
0171【見つけきこえてハ】−源中将
  こゆるを・よはひのほと・いとおしけれハ・なく
0172【よはひ】−源氏ノ心
  さめむとおほせと・かなハぬ物うさに・いとひさし
  くなりにけるを・ゆふたちして・なこりすゝし
  きよひのまきれに・温明殿のわたりを・
0173【温明殿】−内侍所也
  たゝすみありき給へは・このないし・ひはを
  いとおかしうひきゐたり・御前なとにても・
  おとこかたの御あそひにましりなとして・
  ことにまさる人なき上手なれは・もの
  うらめしうおほえけるおりから・いとあハれに」28ウ

  きこゆ・うりつくりになりやしなまし
0174【うりつくりになりやしなまし】−\<朱合点> 山しろのこまのわたりのうりつくりとなりてなりなる心かな<右朱>(三百六十首歌162) 催馬楽山しろノこまのわたりのうりつくりになりやしなましうりたつまてに<左墨>
  こゑハいとおかしうて・うたふそすこし心
  つきなきかくしうにありけむかしの
0175【かくしうにありけむ】−\<朱合点> 白氏文集夜聞歌者宿鄂州云 文君といひけん昔ノ人もト有本ヲ可用之候御意也習侍り 山城哥をうたひたるを楽天ノ鄂州ノ哥ヲ聞シニ思よそへたる也
  人も・かくやおかしかりけむと・みゝとま
  りてきゝ給ふ・ひきやみて・いといたう
  思ひみたれたるけハひなり・きみあつま
0176【あつまやを】−\<朱合点> あつまやのまやのあまりのあまそゝきわれたちぬれぬとの戸ひらかせ<右朱> かすかひもとさしもあらハこそこのとわれさゝめをしひらいてきませわれや人ツマ催馬楽東屋律二段<左墨>
  や
・しのひやかにうたひて・より給へるに・
  をしひらいてきませと・うちそへたるも・
0177【をしひらいて】−\<朱合点>
  れいにたかひたる心ちそする
    たちぬるゝ人しもあらしあつまやに」29オ
0178【たちぬるゝ】−内侍

  うたてもかゝるあまそゝきかなとうちなけく
  を・われひとりしもきゝおふましけれと
  うとましやなに事をかくまてハとおほゆ
    人つまハあなわつらハしあつまやの
0179【人つまハ】−源氏
  まやのあまりもなれしとそおもふとてう
  ちすきなまほしけれと・あまりはし
  たなくやと・思ひかへして・人にしたかへは・
  すこしはやりかなるたハふれことなと・いひ
  かハして・是もめつらしき心ちそし給・
  頭中将ハ此君の・いたうまめたちすくして・」29ウ

  つねにもとき給かねたきを・つれなくてう
  ち/\しのひ給かた/\・おほかめるを・いかて
  見あらハさむとのミ・思ひわたるに・これを
  みつけたる心ち・いとうれしかゝるおりに
  すこしをとしきこえて・御心まとハして・
  こりぬやといはむと・おもひてたゆめきこ
0180【たゆめきこゆ】−頭中将見つけなから猶たゆめて源氏のね入給をまちける也
  ゆ・風ひやゝかにうちふきて・やゝふけ行
  ほとに・すこしまとろむにやと見ゆる
  けしきなれは・やをらいりくるに・君ハ
  とけてしもね給ハぬ心なれは・ふときゝつ」30オ
0181【とけてしもね給はぬ心】−藤つほの御事を思ふ比也

  けて・此中将とハ思よらす・なをわす
  れかたくすなる・すりのかみにこそあらめと
0182【すりのかみ】−修理大夫内侍ニかよふ人也
  おほすに・おとな/\しき人に・かくにけなき
  ふるまひをして・見つけられん事ハは
  つかしけれは・あなわつらはしいてなむよ・
  (+く)ものふるまいは・しるかりつらむものを・
0183【くものふるまい】−\<朱合点> 我せこかくへきよひなりさゝかにのくものふるまひかねてしるしも<朱>(古今1110・古今六帖3099、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  心うくすかし給けるよとて・なをしハかり
  をとりて・屏風のうしろにいり給ひぬ・
  中将おかしきをねむして・ひきたて
  まつる屏風のもとによりて・こほ/\と」30ウ

  たゝみよせて・おとろ/\しくさハかすに・
  内侍はねひたれと・いたくよしはミなよひ
0184【ねひたれと】−年よりたる也
  たる人の・さき/\もかやうにて心うこかす
  おり/\ありけれハならひて・いミしく心
  あハたゝしきにも・此君をいかにしきこ
  えぬるかと・わひしさにふるふ/\・つとひ
0185【つとひかへたり】−頭中将を
  かへたり・たれとしられて・いてなはやとお
0186【たれとしられて】−源氏
  ほせと・しとけなきすかたにて・かうふり
  なと・うちゆかめて・はしらむうしろて
  おもふに・いとおこなるへしと・おほしやす」31オ
0187【おこ】−嗚呼

  らふ・中将いかて我としられきこえしと
  おもひて・物もいはす・たゝいみしういか
  れるけしきにもてなしてたちをひき
  ぬけハ・女あかきミ/\とむかひて・手を
  するに・ほと/\わらひぬへし・この
  ましうわかやきてもてなしたる
  うハへこそ・さりもありけれ・五十七八の人
  の・うちとけてものいひ(いひ=思ひイ<朱>)さハけるけは
  ひ・えならぬ二十のわか人たちの御
0188【二十のわか人たち】−源氏ハ此時十八也致仕大臣二十余也
  中にて・ものをちしたる・いと月なし・」31ウ

  かふあらぬさまにもてひかめて・おそろし
  けなるけしきをみすれと・中/\しるく
  見つけ給て・我としりて・ことさらに
  するなりけりと・おこになりぬ・その人
0189【その人】−頭中将と見なす也
  なめりと見給に・いとおかしけれは・
  たちぬきたるかひなをとらへて・いといたう
  つミ給へれは・ねたきものから・えたへて
  わらひぬ・まことはうつく(く$<朱>)し心かとよ・
0190【うつし心】−万十一ますらをのうつし心も我ハなし夜昼いはす恋しわたれは(古今六帖1998・万葉2380、河海抄・孟津抄) 現心うつし心をハ誠の心かといふ
  たハふれにくしや・いてこのなおしきむと
0191【たハふれにくしや】−ありぬやと心ミカテラあひミねハたハふれにくきまてそ恋シキ(古今1025、河海抄・孟津抄)
  の給へと・つととらへて・さらにゆるし」32オ

  きこえす・さらはもろともにこそとて・
  中将のおひをひきときて・ぬかせ給
  へは・ぬかしとすまふを・とかくひきしろふ
  ほとに・ほころひハほろ/\とたえぬ・中将
    つゝむめるなやもりいてんひきかハし
  かくほころふるなかのころもにうへにとり
0192【うへにとりきハ】−\<朱合点> 紅のこそめのころもしたにきてうへにとりきはしるからんも<朱>(古今六帖3261・万葉1317、奥入・紫明抄・河海抄)
  きハしるからんといふ君
    かくれなき物としる/\なつころも
0193【かくれなき】−源氏返し 頭中将をその人とハかくれなきにかくきたりておとすハあさき心とよめる也
  きたるをうすき心とそみるといひかハ
  して・うらやミなきしとけなすかたに・」32ウ

  ひきなされて・見ないて給ひぬ・君ハいとく
  ちおしく見つけられぬる事と思ひ
  ふし給へり・内侍ハあさましくおほえ
  けれは・おちとまれる御さしぬきおひ
  なと・つとめて・たてまつれり
    うらみてもいふかひそなき立かさね
0194【うらみても】−内侍
  ひきてかへりしなみのなこりに
  そこもあらハにとあり・おもなのさまや
0195【そこもあらハに】−\<朱合点> 六わかれての後そかなしきなみた川そこもあらハになりぬとおもへは<朱>(新勅撰937、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
0196【おもな】−無面
  と・見たまふもにくけれと・わりなしと
  おもへりしも・さすかにて」33オ

    あらたちし浪に心ハさはかねと
0197【あらたちし】−源氏
  よせけむいそをいかゝうらみぬとのミな
0198【よせけむいそ】−頭中将をいふ
  むありける・おひハ中将のなりけり・
  わか御なをしよりハ色ふかしと見給に・
0199【色ふかし】−師説きくへし直衣ノキレヲ帯ニスル也
  はた袖もなかりけり・あやしの事
  ともや・おりたちてみたるゝ人ハ・むへ
  おこかましき事ハおほからむと・いと(と+と)
  御心おさめられ給ふ・中将とのゐ
  所より・これまつとちつけさせ給へ
  とて・をしつゝみてをこせたるを・いかて」33ウ

  とりつらむと心やまし・このおひを
  えさらましかはとおほす・その色のかミ
0200【その色のかミ】−花田紙
  につゝみて
    なかたえはかことやおふとあやふさに
0201【なかたえは】−源氏
0202【かことやおふ】−カコツ事也
  はなたのおひをとりてたにみすとて
0203【はなたのおひ】−石川哥花田の帯の中ハたえたる 二藍同色ナリ
  やり給たちかへり
    君にかくひきとられぬるおひなれは
0204【君にかく】−中将
  かくてたえぬるなかとかこたむえのかれ
  させ給ハしとあり・ひたけてをの/\殿上
  にまいり給へり・いとしつかにものとをき」34オ

  さましておはするに・頭のきミもいとおかし
  けれと・おほやけ事おほくそうしくた
  すひにて・いとうるハしくすくよかなるを
  みるも・かたみにおほ(おほ$ほゝイ<朱>、イ$<墨>)えまる・人まに
  さしよりて・ものかくしハこりぬらむか
0205【ものかくしハ】−頭中将詞
  しとて・いとねたけなるしりめなり・
  なとてかさしもあらむ・たちなからか
0206【なとてかさしも】−源氏君返事
  へりけむ人こそいとおしけれ・まことハ
  うしや世中よといひあはせて・とこの
0207【うしや世中】−\<朱合点>
0208【とこのやまなる】−\<朱合点> いぬかみのとこの山なるいさや川いさとこたへてわか名もらすな<朱>(古今1108・古今六帖3061、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  やまなると・かたみにくちかたむ・(む+さ<朱>)て」34ウ

  そのゝち・ともすれハことのついてことに・
  いひむかふるくさハひなるを・いとゝもの
0209【いとゝものむつかしき】−源氏
  むつかしき人ゆへと・おほししるへし・
  女はなをいとえむにうらみかくるを・わ
0210【女は】−源内侍
  ひしと思ありき給・中将ハいもうとの
  君にもきこえいてす・たゝさるへきおり
0211【いもうとの君にも】−葵上
  のをとしくさにせむとそ思ひける・やむ
0212【をとしくさ】−下種也
  ことなき御はら/\のみこたちたに・
  うへの御もてなしのこよなきに・わつら
  ハしかりて・いとことに・さりきこえ給へる」35オ
0213【さりきこえ】−所をさる也

  を・この中将ハさらにをしけたれきこ
  えしと・はかなき事につけても・おもひ
  いとみきこえ給ふ・この君ひとりそ・ひめ
  君の御ひとつはらなりける・みかとの御
  こといふはかりこそあれ・我もおなし大臣
  ときこゆれと・御おほえことなるか・みこ
  はらにてまたなくかしつかれたるハ・
  なにはかりおとるへききハとおほえたま
  はぬなるへし・人からもあるへき・かきりと
  とのひてなに事もあらまほしくたら」35ウ

  いてそものし給ける・この御中とものいと
  みこそ・あやしかりしかされ(れ+と<朱>)うるさくて
0214【されとうるさくてなむ】−作者の詞也
  なむ・七月にそ・きさきゐ給めりし・
0215【きさきゐ給めりし】−藤つほ立后
  源しの君・宰相になり給ぬ・みかとお
  りゐさせ給はむの御心つかひ・ちかふなり
  て・このわか宮を・坊にと思ひきこえさせ
0216【わか宮】−冷泉院
  給に・御うしろミし給へき人おはせす・御
  はゝかたの・みなみこたちにて・源しの
0217【はゝかたのみなみこたちにて】−冷泉院ノ御母方皆親王ニテ人臣ノ御うしろミなしト也源氏の執政又例なき也
  おほやけ事しり給すちならねハ・はゝ
  宮をたにうこきなきさまに・しをき」36オ

  たてまつりて・つよりにとおほすになむ
  ありける・こうきてむいとゝ御心うこき給
  ことハり也・されと東宮の御よ・いとちかふ
  なりぬれは・うたかひなき御くらゐなり・
  おもほしのとめよとそきこえさせ給ける・
0218【おもほしのとめよ】−御門ノ御詞
  けに東宮の御母にて・廿よ年になり給へ
  る女御を・ゝきたてまつりてハ・ひきこし
  たてまつり給かたき事なりかしと・れ
  いのやすからす・世人もきこえけり・まいり
  給夜の御とん(ん$も<朱>)に・宰相の君もつかふまつり」36ウ
0219【宰相の君】−源氏

  たまふ・おなし宮ときこゆる中にも・き
0220【きさいはら】−藤つほの母后
  さいはらのみこ・たま・ひかりかゝやきて・たくひ
  なき御おほえにさへ・ものし給へは・人
  もいとことに思かしつききこえたり・ま
0221【ましてわりなき御心】−源氏
  してわりなき御心にハ・御こしのうちも
0222【御こしのうちも】−ミ 皇后行啓乗鳳輿也
  おもひやられて・いとゝをよひなき心ちし
  たまふに・すゝろはしきまてなむ
    つきもせぬ心のやミにくるゝかな
0223【つきもせぬ】−源氏
  雲井に人をみるにつけてもとのミひ
  とりこたれつゝ・ものいとあハれなり・みこ」37オ
0224【みこ】−冷泉院

  ハおよすけ給月日にしたかひて・いとミ
0225【いとミたてまつり】−源氏
  たてまつりわきかたけなるを・宮いと
0226【わきかたけなる】−源氏ニ似タマヘル也
0227【宮】−藤つほ
  くるしとおほせと・思ひよる人なきな
  めりかし・けにいかさまにつくりかへて
0228【けにいかさまに】−世ノ人ノ思ヘル事
  かハ・おとらぬ御ありさまハよにいてもの
  し給はまし・月日のひかりの空に
  かよひたるやうにそ・世人もおもへる」37ウ

【奥入01】山代 呂
  や左伊シ奈やい可せむ/\
  波礼いかにせんなりやしなまし
  宇利多川末天仁や良以シ奈佐いしなや
  宇利多川末宇利多つまてに(戻)
【奥入02】文集巻第十 夜聞歌者 宿鄂州
  夜泊鸚鵡州 江秋月澄徹 隣船有歌者
  発調堪愁絶 歌罷継以泣 々声通復咽
  尋声見其人 有婦顔如雪 独倚帆墻立
  娉[女+亭]十七八 夜涙似真珠 雙々堕明月」38オ

  借間誰家婦 歌泣何凄切 一間一霑中
  低眉竟不説(戻)
【奥入03】律哥
  あつまやの末(末=ま<朱>)やのあま利の曽のあまそゝき
  われたちぬれぬとのとひらかせ
  かすかひもと左しもあらはこそそのとひらかせ
  のとわれさゝめおしひらいてきませわれやひとつま(戻)
【奥入04】鳥かへ行院
  青海波詠 小野篁作也
  桂殿迎初歳 桐楼媚早年 剪花梅樹下」38ウ

  蝶鴛画梁辺
  此楽嵯峨天皇御時改平調為盤渉調(戻)
【奥入05】保曽呂倶世利 楽名也狛笛右楽也(戻)」39オ

もみちの賀<墨> 一校<朱> 二校了<朱>(表表紙蓋紙)