自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 11/8/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

紅葉賀

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

紅葉賀(貼付紙に書加)」18オ

01 一 青海波詠之<多久行説/小野篁作>
  桂<ケイ>殿<ニ>迎<ムカフ>初<ノ>歳<ヲ>
  桐<トウ>楼<ニ>媚<コヒタリ>早<サウ>年
  剪<キル>花<ヲ>梅樹<ノ>下
  蝶<テウ>鴛<エン>画<クワ>梁<ノ>辺<ホトリ>
  此楽<さかのてんわうの御時/もとひやうて(て+う)なりし/おはんしきてうになさる>(貼付紙、紙型を異にして小さい)(大島本奥入04)」18ウ
02 わかやとにまきしなてしこいつしかも
  花にさかなむよそへても見む
03 しほみては入ぬるいその草なれや
  見らくすくなくこふらくのおほき
04 伊勢のあまのあさなゆふなに/かつくてふ
  見るめに人をあくよしも哉
05 保曽呂倶世利 楽名栢笛右楽也(大島本奥入05)
06 おほあらきのもりのした草おいぬれは
  こまもすさめすかる人もなし」19オ
07 ひまもなくしけりにけりなおほあら/きの
  もりこそ夏のかけはしりけれ
08 つのくにのなからのはしの(つのくにのなからのはしの$<墨>\おもふことむかしなからの)はし/\ら
  おい(おい$ふり)ぬる身こそかなしかりけれ
09 にくからぬ人のきせけるぬれきぬは
  おもひにあへすいまかはきなむ
10 こひしさのかきりたにある世なりせは
  つらきをしひてなけかさらまし
11 <山代呂>(頭注)
  山しろの己まのわたりのうりつくりなよやら
  いしなやさいしなやうりつくり宇利つくりはれ(この行、継紙上の補筆)」19ウ
  うりつくりわれおほ(この行、継紙上に補筆)
  之と伊不伊か尓せ无名与也良伊之名(この行、継紙上に補筆)
  や左伊之奈や以可耳せむいかにせむ
  波礼いかにせむなりやしなまし
  宇利多川末天仁や良以之奈佐い
  しなや宇利多川末宇利たつまてに(大島本奥入01)
12 東屋
  あつまやのまやのあまりのそのあ
  まそゝきわれたちぬれぬとのとひ
  らかせ
  かすかひもとさしもあらはこそゝのとのと
  われさゝめをしひらいてきませ我や/人つま(大島本奥入03)」20オ
13 わかせこかくへきよひ也さゝかにの
  くものふるまひかねてしるしも
14 紅のこそめの衣したにきて
  うへにとりきはしるからむかも
15 いぬかみのとこの山なるいさら河
  いさとこたへてわかなもらすな
16 (この歌、「紅の」歌の次に入るべく墨筆の移動符号有り)わかれてのゝちそかなしきなみた河
  そこもあらはになりぬとおもへは」20ウ
17 文集巻第十
  夜聞<ク>歌者<ウタフモノ> 宿<ス>鄂<カク>州
  夜泊<トマル>鸚鵡洲 江秋月澄徹<チヨウテチセリ>
  隣船<リンセム>有歌者<ウタフモノ> 発<ハツシテ>調<ヲ>堪<タヘ>愁絶<シウセチ>
  歌罷<ヤム>継<ツク>以泣<ナムタ> 泣<ナク>声<コエ>通<カヨフ>復<マタ>咽<ムセフ>
  尋声見其人 有婦<フウ>顔<カホ>如雪
  独<ヒトリ>倚<ヨリテ>帆墻<ハムシヤウ>立<タテリ> 娉[女+亭]<ヘイテイタル>十七八」21オ
  夜涙似真珠 雙<サウ>々<トシ>堕<オツ>明月
  借問<トフ>誰家婦<ソ> 歌泣<カアキウ>何<ナンソ>凄切<セイセチナル>
  一<ヒトタヒ>問<トフ>一霑<ウルヲス>巾<キム> 低<タレ>眉<マユ>竟<ツヒニ>不説<トカ>(大島本奥入02)」21ウ

(白紙)」(22オ 自筆本は第22丁、落丁のため、高野本による)