分離派建築博物館--蔵田 周忠 --

表現主義建築の実現 〜関根要太郎事務所時代の担当作と思われる作品〜 -1-


京王閣

設計:蔵田 周忠............................場所:東京都調布市......................................建築年代:1927(昭和2)年.........................................現存しない

当初の外観(「デザインの揺籃時代」より)

     現在の京王閣競輪場の脇に建っていた大規模な娯楽施設だった。サウナ風呂の大浴場などが設けられており、最近で
     言う健康ランドの類の元祖的な建物。
     鉄筋コンクリート造のこの建物は、半円状の窓などに分離派としてのデザイン感覚が感じられる。内部は表現主義的
     な形状の柱やステンドグラスなどで装飾されていた。
     現在は取壊され、外部の池の形にその痕跡を見るのみとなってしまった。しかしステンドグラスは保存修理がなされ
     近く新築される他の建物で使用されると聞く。

保存されたステンドグラス(「大浴室入口」の一部 及びガラス片)

聖蹟記念館

設計:蔵田 周忠............................場所:東京都多摩市......................................建築年代:1930(昭和5)年.......................................現存


                 内部に明治天皇の馬上像を納めるための鞘堂。
                 中央にドームを持つ円形の堂と、その周囲を囲む円柱の列柱から成り立っている。
                 建物自体には装飾は無く屋根天端に瓦が葺かれているだけである。

現状 外観