分離派建築博物館--石本喜久治 --

分離派時代 〜 計画案,竹中工務店在籍中の作例〜 -3-


旧東京朝日新聞社社屋

設計:石本喜久治...............................場所:東京都中央区...................................建築年代:1927(昭和2)年............................................現存しない

.............
旧朝日新聞社社屋 <数寄屋橋側>

<同 裏側>(「建築世界」1927.5)

震災後、竹中工務店によって竣工したばかりの社屋(倒壊を免れたが被災)があったが、数寄屋
橋沿いの敷地に再度新社屋が建設されることになった。竹中工務店設計部内で設計コンペが行な
われ、村山社長が推した石本案が採用されたと伝えられる。

正面高層部は曲面の量塊と放物線形の窓などによる表現派風、低層部と裏側では国際建築を意識
した造形である。また2階までの新聞社機能が集中する外壁面を青緑色のリシンで仕上げ、それ
より上部の外壁は黄色という、強い色彩で塗り分けられた。
これらのアンビバレントな表現は、各層窓台にみられるように水平ラインが強調されさらに軍艦
を思わせる「塔」のあるシルエットによってまとめられている。内装などの細部においてはアー
ル・デコ装飾が取入れられ、その後の装飾の多い石本作品の内装はここで既に発揮されている。
実施設計や装飾の造形には岡村蚊象が関与した。

東京朝日新聞社屋は、目まぐるしく西欧の建築傾向が生じる中、それらを積極的に取り入れる石
本の進取の指向と、過渡的傾向や迷いがそのまま表されていると言ってよいのかも知れない。
つまりこの建物は1922〜23年にかけての渡欧の成果を集約させたいという意思が込められたから
なのではないかと、思わせずにはおかない。    
                                                            

内部(「建築世界」1927.5)

第5回分離派展に出品された図面では、放物線形の上層階の窓においても、窓台レベルに水平ライ
ンがあり、水平性を強調する意図が見られる。但し実際の建物では、水平ラインがあるのは中層
レベルまでとなった(▼)。
また着色絵葉書を見ても、外壁が塗り分けられていたことがわかる(▼▼)。    
                                                             (2016.12 記述更新)



(「建築新潮」1926.3)



完成当時の着彩写真絵葉書


***

                     
==========================計画段階と思われるパース画2点==========================
                                                             


1925(大正14)年7月の「アサヒグラフ」に掲載されていた、提案時のものらしきパース
 所見:
・正面中央に大きな無線鉄塔がある。(どことなく初代通天閣の風情を感じるのは私だけか。また
 螺旋階段が見えるが、戦後の山田守の東海大校舎などを予感させる)塔だけは透視図法を無視し
 立面を描き込むやり方で目立たせている。
・3階を境目とした外壁の塗り分け、窓台レベルに施された水平ラインのアイデアはここに提案
 されている。
・正面左側は実際の建物より、この時点では大きかった。
                                                                        (2016.12)




竣工記念絵葉書のパース
 所見:
・設計では窓台の水平ラインは全ての階について付けられていたが、このパースにおいてもある。
 (現場変更で、中層までとなったようだ)。即ち設計図に即したパースであるのでこれも石本氏
  によるパースであろう。
・このパースのタッチは、後の白木屋など多くの石本による設計パースと似ている。
                                                                        (2016.12)