[English]

高取邸の紹介

写真:高取和民

ここでご紹介するのは、高取伊好が明治30年代に佐賀県唐津市に建てた一部洋風の 高取邸です。 97年5月に佐賀県の文化財の指定、98年10月には国の重要文化財指定を受けました。
高取本家が居住しておりましたが、98年12月には唐津市へ寄贈されました。
建物はすでに建てられて100年近くなり老朽化が進んでおり、これらの写真を撮っ たときには屋根は水漏れのためシートで覆われていましたが、現在では補修が完了し ています。

(私の家は「新家」と呼ばれていますが、こちらの家は現在は九州電力の所有であり 舞鶴荘という保養所になっています。)

高取邸宅は唐津城の西に海岸に面しており、敷地面積は約2,300坪、建物は一部 二階建で延べ面積は約300坪です。
能舞台もあり、廊下は杉の板戸で仕切られ、それらには絵が描かれていますが、純粋 な和風建築ではなく、洋間以外にも電灯の傘や欄間の模様など一部に洋風趣味を取り 入れたものとなっています。

コメントは、このページの最後にあるアンケートにお答えいただくか、 メールでお願いします。
いただいたアンケートやメールは本家へ送り、他の人へも公開するかもしれませんの で、ご了承ください。


以下の写真は唐津市への寄贈前の1995年のものです。現在は修復が完了しています。
大きいサイズ (640 x 480) の写真を見るには、小さな写真をクリックしてください。


建物の外観。台風で屋根が破損したため、ビニールシートでカバーをしています。




中庭


洋間




板戸の絵


棚の戸の絵


能舞台


能舞台の欄間


書斎。マントルピースが設置されています。


茶室


電球の笠


板戸の引き手


いくつかの部屋


廊下


仏間の廊下と窓


よろしければ、アンケートにお答えください

お名前
E-mail アドレス
お住まいの県
ご意見や感想をご記入ください


Home Created: Dec. 28, 1995
Updated: Mar. 4, 2007