オフィス街(青)

《その3》認識されないハードディスク

===================================================================      SCSIの外付けハードディスクが認識されなくなってしまった。
===================================================================

   《対処》  
     これは、症状1よりも前から発生していたそうです。
     Dドライブとして2GB、Eドライブとして1GBが割り当てられていた
     ようですが、ある日突然認識しなくなったようです。
     確かに、外付けハードディスクの電源は入っているのですが、Windows95
     で認識されているのは、A(フロッピー)、C(内蔵IDE)、
     Q(CD−ROM)の3ドライブだけです。

     a.コントロールパネルのシステムアイコンで、デバイスマネージャの
       タグを選択。ディスクドライブのところには、「QUANTUM FIREBALL
       TM3200S」と表示されている。ハードディスクは認識されているよう
       です。では、何故DとEドライブが消えてしまったのか...。

     b.「QUANTUM FIREBALL TM3200S 」のプロパティを見る。設定のタグを
       選択すると、「切断」、「同期データ転送」「Int13ユニット」
       にチェックが入っている。でも「現在のドライブの割り当て」以下は
       空欄であり、何も入力することさえできない状態。

     c.アダプテックAHA-2910B用SCSI BIOS ユーティリティのフロッピーで起動
       して、ハードディスクのベリファイを実施しようとする。
       SCSI 0のところで、固まってしまう。やっぱりハードディスクが
       おかしいのだろうか...。
   
       よく見たら、FMVのふたを明けてSCSIカードを外したとき、
       SCSIケーブルを外したままの状態だった(^^;)。

     d.SCSIケーブルを正しくつないで、再びベリファイを実施すると
       エラーは無く、正常に終わる。ベリファイの間、ハードディスクの
       アクセスランプは点燈していた。

       でも、これがWindows95の世界では、全然点燈しない、、、。

     e.98のフロッピーで起動して、「FDISK /STATUS」コマンドを実施。
       内蔵のIDE540MBしか認識していない。
    
       つまり、Windows95の設定の問題ではない。、MS-DOSの世界でも
       外付けSCSIハードディスクは認識されていない...。

       MS-DOSでもWindows95でも使用できない状態。
       だけど、Windows95のコントロールパネルではQUANTUMの表示があるし
       でもドライブの割り当ては無し状態だし...。

       もう、頭がパニック状態です(^^;)。

     f.友人「2GBと1GBで3GBだけど、たいしたデータは入っていな
       いから、フォーマットしてもいいよ。」

       その一言で、フォーマットの道を進むことにするのでした(^^;)。

     g.再びSCSI BIOS ユーティリティのフロッピーで起動。2940だとフロッピー
       無し「CTRL+A」で起動できますが、2910Bは、専用フロッピーが必要なん
       ですね。
       ここで、ハードウエア的にフォーマットを実施。

     h.次に、98のフロッピーで再び起動して、「FDISK /STATUS」コマンドを
       再度実施...。あれれ、やっぱり内蔵のIDE540MBしか認識
       していない(T_T)。

       ガーン!ここで認識してくれないと、DやEドライブとしての領域も
       割り当てできないし、MS-DOSのソフト的なフォーマットもできない。

       途方にくれてしまう...。

     i.何気なく、SCSIハードディスクの後ろ側のコネクタに目をやる。
       無駄だと思いつつ、ターミネーターとパソコン本体からのSCSIケーブル
       のコネクタの差さっている場所を交換してみる。右を左に、左を右に。

     j. 疲れていたのか、98のフロッピーを抜いてしまっていた。Windows95が
       起動してしまう。
       Windows95の中からMS-DOSプロンプトの黒いボックスを
       出して、そこで、「FDISK /STATUS」コマンドを実施した。

       おおお!SCSIハードディスクを認識している \(^o^)/。

     k.さっそくDOSプロンプトから、FDISKでDドライブに2GB、
       Eドライブに1GBを割り当てる。
       続けて、FORMATコマンドでDとEをそれぞれ、MS-DOSフォーマット。
       
       マイコンピュータの中には、DとEドライブの絵が出ていました。
       最大領域、空き領域、きちんと表示されています。
       (T_T)ウレシナキ。本当に泣いたわけではないですが(^^;)。
       そのくらい嬉しかったです。 

       友人は、Cドライブだけでも正常に戻り、それで充分だったようで、
       外付けは半ばあきらめていたようですが、喜んでもらえました。    
       外付けSCSI機器が複数存在する場合は、接続する順番やSCSI IDを
       変えてみると、改善されることがありますが、今回はハードディスク
       1台だけだったので、ターミネータを反対側にするという発想は、
       なかなか浮かびませんでした、、、。

       フォーマットせずとも、ターミネータの位置変更で、改善したのでは
       ないかと思うと、ちょっと残念ですが(^^;)。

     =================================================================
      外付けSCSI機器が認識できない場合は、
       タミネータの取り付け位置を変更すると改善される場合がある。
     =================================================================