2010年01月23日開設
2017年03月25日更新(ver.9-2)
楽生庵主人 渋谷栄一


    楽 生 庵 日 誌

「其の可なるは焉にか在る。曰く、可なるは生を楽しむに在り、可なるは身を逸するに在り」(列子・揚朱第七)



楽生庵の書斎

楽生庵日誌

平成21年(2009年)12月26日(土)上尾中央総合病院消化器内科(明石医師)診察 S状結腸癌の疑い 入院
           12月27日(日)同外科(塩澤医師) 大腸癌摘出手術・人工肛門(右腹下)設置(平成22年8月19日まで)
平成22年(2010年)1月22日(金)同病院退院
           2月3日(水)上尾中央総合病院消化器外科(塩澤医師) リンパに3個転移(大腸癌ステージⅢA)
           2月4日(木)抗癌剤服用~7月21日(水)
           2月7日(日)長男文鷹の結婚式のためオーストラリア・ケアンズに向けて出発、12日(金)帰宅。
           8月18日(水)上尾中央総合病院(人口肛門閉鎖の手術)入院 19日(木)手術、28日退院
平成25年(2013年)12月9日(月)上尾中央総合病院消化器外科(宮内医師) 直腸癌再発・両肺転移 入院
           12月12日(木)直腸癌摘出手術・人工肛門設置(身体障碍者4級認定)
           12月27日(金)同病院退院(県立がんセンターに転院手続き)
平成26年(2014年)3月20日(木)高千穂大学卒業式・辞任式、1980年4月1日高千穂学園・高千穂商科大学専任講師就任から2014年3月31日をもって高千穂学園・高千穂大学教授を離職(名誉教授)
           3月24日(月)県立がんセンター胸部外科(木下医師)入院
           3月26日(水)両肺癌部分摘出手術
           4月3日(木)同病院退院
           5月21日(水)県立がんセンター(抗癌剤ポート設置の手術)入院、22日(木)ポート設置(右胸部上)手術
           5月23日(金)抗癌剤点滴始まる~11月6日(木)
           5月25日(日)同病院退院
           12月7日(日)次男寿寛結婚式(川越八幡宮)
              8日(月)県立がんセンター消化器内科(山口医師)右肺に癌転移の指摘
平成27年(2015年)3月15日(日)県立がんセンター胸部外科(木下医師)入院
           3月17日(火)右肺下葉部癌部分切除手術
           3月25日(水)同病院退院
平成29年(2017年)1月6日(金)大腸内視鏡検査の際、大腸ポリープ粘膜切除(7㎜×8㎜)
           1月13日(金)先週1月6日の血液・CT検査の結果は異常ナシ、大腸ポリープも良性のものという診断
           現在にいたる

病後一年日誌(平成21年12月26日~平成22年12月25日)
平成23年読書日誌
平成24年読書日誌
平成25年読書日誌

平成26年楽生庵日誌
平成27年楽生庵日誌
平成28年楽生庵日誌
   晩冬(小寒から立春)日誌
   早春(立春から啓蟄)日誌
   仲春(啓蟄から清明)日誌
   晩春(清明から立夏)日誌
   初夏(立夏から芒種)日誌
   仲夏(芒種から小暑)日誌
   晩夏(小暑から立秋)日誌
   初秋(立秋から白露)日誌
   仲秋(白露から寒露)日誌
   晩秋(寒露から立冬)日誌
   初冬(立冬から大雪)日誌
   仲冬(大雪から小寒)日誌
   晩冬(小寒から立春)日誌 最終回

 

啓蟄(35日(日) 旧28日)

春分(320日(月) 旧223日)

清明(44日(火) 旧38日)

 

31日 (日出611 日入1736

311日 (日出558 日入1745

321日 (日出544 日入1753

41日 (日出528 日入1803

 

HP「源氏物語の世界」「楽生庵日誌」〔朝5時から6時〕

「源氏物語の世界 現代語訳」(月~水)

 ①「明石」[第1章](227日~3月8日)

 ・「明石」[第2章](3月13日~月日)

 ・「明石」[第3章](日~月日)

 ・「明石」[第4章](日~月日)

 ・「明石」[第5章](日~月日)

「藤原定家「明月記」訓読」(木~土)

①「安貞元年(定家66歳)9月」(3月2日~3月17日)

・「安貞元年(定家66歳)10月」(3月17日~月日)

 

「平安朝古典籍書透写」(~土)〔朝6時から615分〕

①「元永本「古今和歌集」巻第十三」(日本名筆選 二玄社)(228日~3月15日)

・「元永本「古今和歌集」巻第十四」(日本名筆選 二玄社)(3月16日~月日)

・「元永本「古今和歌集」巻第十五」(日本名筆選 二玄社)(月日~月日)

研究〔火~木 午前8時から12時/午後13時から16時〕

■〔午前〕執筆・研究

「藤原伊行「源氏釈」の研究」

・「帚木」(1~)

〔午後〕資料整理

「戊辰切「和漢朗詠集」上下

・「粘葉本「和漢朗詠集」漢字仮名字母翻字」(220日~月日)

・「戊辰切「和漢朗詠集」三本翻字本文対照」(220日~月日)

 

畑庭木の手入れ(畑作業・庭木手入れ)〔

35日(書斎掃除

36日(月)庭木手入れ

312日(せせらぎ公園浚い・慰労会

313日(月)庭木手入れ

319日()書斎掃除・来客接待

320春分の日(月)来客接待

326日()神ノ木畑と野菜畑トラクター耕耘・庭木手入れ

327日(月)庭木手入れ

42日(

43日(月)

 

読書(新書・文庫本/全集・叢書、古典籍・複製本/新刊本)〔空き時間・土、夜18時から20時〕

・「架蔵本『菅家文草』巻第一・二」(橘枝堂野田藤八版・水戸中村雇言跋本)(218日~月日)

・石川忠久『詩経下』(新釈漢文大系 明治書院 平成127月)

①『大日本史料 第一編之四』(醍醐天皇 自延喜九年正月至延喜十八年六月 東京大学出版会 大正133月初版 昭和5310月復刻)(32日~3月20日)

・『大日本史料 第一編之五』(醍醐天皇 自延喜十八年七月至延長五年十月 東京大学出版会 大正133月初版 昭和5310月復刻)(3月21日~月日)

・下定雅弘・松原朗編『杜甫全詩訳注(二)』(講談社学術文庫 20167月)

 

藝術文化鑑賞(映画・演劇・演奏会、博物館・美術館・記念館等)

①映画「シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」」(109シネマズ菖蒲 3月9日(木)

②映画「ジェイン・エア」(YAHOOH! GYAO! 3月21日(火))

③映画「最高の人生のはじめ方」(YAHOOH! GYAO! 3月24日(金))

・音楽会「古典音楽協会第154回定期演奏会」(東京文化会館小ホール 3月28日(火))

・寄席「月席 昼の部」(上野・鈴本演芸場 月日():~:)

・特別展「」(東京国立博物館 月日()図録円)

 

旅行散策(史跡・庭園等)

 

健康と食事

*朝夕のコロとのジョギング〔各30分〕

*朝夕の木刀素振り〔200回・300回〕

 

仲春予定・要録

35日( 28日 啓蟄庭畑仕事① 晴れ

いかにも春らしい空気となる。野通川の土手のからし菜が伸び始め、早いものは花をつけ始める。午前中、書斎の掃除。午後は『杜甫全詩訳注(二)』(講談社学術文庫)を読む。夜は読書抄出。

36日(月) 旧29日】庭畑仕事② 曇り

玄関前と門周辺の草取り、ゴミの焼却。途中、花粉症がひどくなり取りやめる。恵贈書目録の整理。

37日(火) 210日】研究日① 晴れ

午前中、「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木」はじめに・凡例)。午後「戊辰切「和漢朗詠集」の本文」(戊辰切・葦手本・粘葉本の字母の種類と使用傾向)、平澤歯科医院(下歯の歯石取る)。

38日(水) 旧211日】研究日② 晴れ

午前中、「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木」1)。午後「戊辰切「和漢朗詠集」の本文」(戊辰切・葦手本・粘葉本翻字本文対照・「粘葉本」漢字仮名字母翻字 巻上156~166)

39日(木) 旧212日】研究日③ 晴れ

「藤原伊行「源氏釈」の研究」(目次)。その後、映画「シネマ歌舞伎「二人藤娘/日本振袖始」」(109シネマズ菖蒲)観賞。現代の女方を代表する坂東玉三郎と中村七之助の艶やかな共演。玉三郎の八岐大蛇への変身、素戔嗚命の中村勘九郎の大立ち回り、そして可憐な稲田姫の中村米吉。いずれも歌舞伎の華を堪能。

310日(金) 旧213日】読書日① 晴れ

午前中「木版本『菅家文草』巻第一」(10ウ~20オ・28~57)読む。午後『詩経下』(新釈漢文大系 大雅「棫僕」~「生民」)を読む。夜、恵贈書籍目録。

311日(土) 旧214日】悠遊日① 晴れ

大学時代の級友6人で恒例の故樋渡登君(享年60 元都留文科大学教授)の墓参、その後食事会「フレンチ料理 エサンス」、二次会吉祥寺のハーモニカ横丁で。山形牛と赤ワインが特に美味なりき。

312日() 旧215日】庭畑仕事③ 晴れ

せせらぎ公園浚い・班長慰労会『杜甫全詩訳注(二)』(講談社学術文庫)を読む。夜、恵贈書籍目録、論文抄出。

313日(月) 旧216日】庭畑仕事④ 曇り

庭木の剪定(山茶花、みかん、柚子)、休憩時に『杜甫全詩訳注(二)』(講談社学術文庫)を読む。夜、『大日本史料 第一編之四』(醍醐天皇 延喜12年1月1日~12年雑載)を読む。

314日(火) 旧217日】研究日④小雨時々曇り

午前中、「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木」2)。午後「32区自主防災平成28年度収支決算書」作成。平澤歯科医院(上歯の歯石を取り終る、下奥歯詰める)。

315日(水) 旧218日】研究日⑤ 曇り

午前中、「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木」2~3)。午後「粘葉本」漢字仮名字母翻字 巻上167~200)、「和漢朗詠集」の字母の種類と使用傾向 表」仮名字母の標準字形を基準にして原則3大区分とする。

316日(木) 旧210日】研究日⑥ 晴れ

朝のジョギングの際に、隣の畑に雉の雄を見かける。午前中、「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木」3)。午後「粘葉本」漢字仮名字母翻字 巻上201~300)。夜は『大日本史料 第一編之四』(醍醐天皇 延喜15年1月1日条~16年8月29日条)を読む。

317日(金) 旧220日】悠遊日② 晴れ

お彼岸の親戚参り。柴崎家で野々宮の天王様と郷土の医者「得斉さま」伝説に関する話。夜、「読書抄録」(「藤原定家と「青表紙本」の性格――定家の「校訂本」か「ある一本の忠実な書写本」か――」。東京・尊経閣文庫蔵「青表紙原本 柏木」本文は「ある一本の忠実な書写本」であるとしても、そのツレである「花散里」「行幸」「早蕨」で検証せずに、それを他の巻々にまで敷衍できるのか。またその忠実な臨模本とされる東海大学桃園文庫蔵「明融臨模本」の本行本文の性格と本行一筆の訂正跡をどう見るのか。もし縦長四半本(青表紙原本)が枡形六半本(自筆本「奥入」残存本文)の浄書本であれば、その親本(校訂後の本文)に忠実に書写しようとしたのは当然。「ある一本」とは「古伝本系の別本」ではなく、実は「定家校訂本」そのものとなろう。

318日(土) 旧221日 雨水読書日② 晴れ

お彼岸来客応対の合間に『杜甫全詩訳注(二)』を読む。「絶句漫興九首」中に「二月已に破れて三月来たる 漸老春に逢うこと能く幾回ぞ 思う莫かれ身外無窮の事 且く尽くせ生前有限の杯」(其四)とあり。夜「読書抄録」、関戸家蔵・青表紙原本「行幸」に「ひま 河内本など「そら」。関戸本は「そら」と書いた上に筆太に(定家か)「ひま」と書く」(玉上琢弥『源氏物語評釈第六巻』46頁)とあり、また青表紙原本「早蕨」(『源氏物語大成校異篇三』)には11か所の訂正跡中、「たいふの君―大貳君御―たい(+ふ)の君―たいのきみ横池三」(1689⑥)は「青表紙原本の親本→定家の校訂(青表紙原本)→青表紙流布本」という流れで考えれば、「たいの君」(横池三)→「たい(+ふ)の君」(定)→「たいふの君」(大肖)となろう。書写者(「早蕨」実は非定家筆)の誤脱補訂ならば、横池三の本文は河内本による改変といわねばならない、さもなければ説明がつかない。むしろ横池三の本文(の親本)は定家所持の枡形六半本の初期の校訂段階から分派した本文と考えるのが自然であろう。藤原定家は縦長四半本「源氏物語」の「行幸」や「早蕨」の本文上にも校訂の跡を残しているのだ。

319日() 旧222日】庭畑仕事⑤ 晴れ

書斎の掃除、お彼岸の来客応対。『杜甫全詩訳注(二)』を読む。午後、次男来宅。

320日(月)春分の日 旧223日】庭畑仕事⑥ 晴れ

お彼岸参り(金子家)、来客応対。夜『大日本史料第一編之四』(延喜9年1月~延喜18年6月)読了。

321日(火) 旧224日】研究日⑦ 雨

映画「ジェイン・エア」(YAHOOH! GYAO!)を鑑賞。聡明で賢そうなシャルロット・ゲンズブールが印象的。「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木四」)、「粘葉本「和漢朗詠集」漢字仮名字母翻字」(巻上333~巻下440)。夜『大日本史料第一編之五』(醍醐天皇 延喜18年7月1日~18年雑載)を読み始める。

322日(水) 225日】研究日⑧ 晴れ

午前中「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木四」抄出本文の世界)、「粘葉本「和漢朗詠集」漢字仮名字母翻字」(巻下441~580)。夜『大日本史料第一編之五』(醍醐天皇 延喜19年1月1日条~20年5月28日条)を読む。

323日(木) 旧226日】研究日⑨ 晴れ

午前中「藤原伊行「源氏釈」の研究」(「帚木四」抄出本文の世界)、「粘葉本「和漢朗詠集」漢字仮名字母翻字」(巻下581~673)。夜『大日本史料第一編之五』(醍醐天皇 延喜20年6月1日条~21年年末雑載)を読む。

324日(金) 旧227日】悠遊日③ 晴れ

午前中、映画「最高の人生のはじめ方YAHOOH! GYAO!を鑑賞後、「藤原定家の著作と古典籍の書写校勘」(「総記」)。午後は『詩経下』(新釈漢文大系「行葦」~「板」)を読んで過ごす。

325日(土) 旧228日】読書日③

326日() 旧229日】庭畑仕事⑦ 神ノ木畑・野菜畑耕耘

327日(月) 旧230日】庭畑仕事⑧

328日(火) 旧31日】研究日⑩

329日(水) 旧32日】研究日⑪

330日(木) 旧33日】研究日⑫

331日(金) 旧34日】悠遊日④

41日(土) 旧35日】読書日④

42日() 旧36日】庭畑仕事⑨

43日(月) 旧37日】庭畑仕事⑩

44日(火) 旧38日 清明】研究日①

 

研究日  12

読書日   4

悠遊日   4

庭畑仕事 10

計    30