First updated 07/25/2022(ver.1-1)
渋谷栄一翻字

竹河

凡例

1.大橋寛治氏蔵『源氏物語 奥入』(復刻日本古典文学館 昭和46年10月)所載の巻尾本文を漢字仮名字母翻字法によって翻字した(翻刻資料の凡例を参照)。
2.判読不明文字は△で記した。
3.青表紙原本との本文の異同は朱色、仮名遣い等の異同は茶色、漢字仮名の表記の異同は緑色で表示した。
4.行頭字母の同字を青色で表示した。

「自筆本奥入」(107オ)「早蕨」(末尾6行)

もお(△&お)□□□□□□□□□
へ能可者りとなすらへ(らへ&らへ)きこえて可う
お(△&お)もひしり遣りとみえ多てまつるふ
しもあら者やとハおほせとさす可尓
と可くやと可多/\尓やす可らすきこえ
なし堂まへハくるしうおほされ
                 遣り 


【本文の訂正跡】
@「お」は、△(判読不能)の上に直接重ね書き訂正
A「らへ」は、「らへ」の上に直接重ね書き修正
B「お」は、△(判読不能)の上に直接重ね書き訂正

【本文の異同】
本文の異同はナシ

【仮名遣い等の異同】
仮名遣い等の異同はナシ

【漢字仮名表記の異同】
漢字仮名表記の異同はナシ