First updated 06/14/2001(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-5)
渋谷栄一翻字(C)

  

明 石

凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「あかし」(題箋)

  な越雨風やます・神なりしつまらて日
  ころになりぬ・いとゝ物わひしき事かすしら
  すきしかた行さきかなしき御ありさま
  に心つようしもえおほしなさす・いかにせ
  ましかゝりとて都に帰らんことも・またよ
0001【都に帰らんこと】−伊周<チカ>上洛例
  にゆるされもなくてハ人わらハれなること
  こそまさらめ・猶これよりふかき山をもと
  めてやあとたえなましとおほすにも・浪
  かせにさハかさ(さ$<朱>△イ<墨>、△イ#)れてなと人のいひつた
  へん事後の世まて(て+△・)いとかろ/\しき名や」1オ

  なかしはてんとおほしみたる・夢にもたゝ
0002【夢にもたゝおなしさまなる物】−すまの巻に見えたり
  おなしさまなる物のミきつゝまつハしき
  こゆと見給・雲まなくてあけくるゝ日
  数にそへて京の方もいとゝおほつかな
  く・かくなから身をはふらかしつるに
  やと心ほそうおほせと・かしらさしいつ
  へくもあらぬそらのみたれに・いてたち
0003【そらのみたれに】−雨風はけしきをいふ
  まいる人もなし二条院よりそあなかち
  にあやしきすかたにて・そをちまいれる・
0004【あやしきすかたにて】−蓑かさきたるすかたをいふ
  みちかひにてたに・人か・なにそとたに御覧し」1ウ
0005【みちかひにて】−[足+爰]<ミチカヒ><左> \<朱合点> 篁日記 玉ほこの道かひなりし君なれハ跡はかもなくなるとしらすや<右>(篁集14、花鳥余情・紹巴抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚)

  わくへくもあらす・まつをひハらひつへき
  しつのおのむつましう哀におほさるゝも・
  われなからかたしけなく・くしにける心の
0006【かたしけなく】−辱ノ字也身もはつかしき心なり
  ほと思ひしらる・御文にあさましくをやミ
  なきころのけしきに・いとゝ空さへとつる
0007【空さへとつる】−くもりふたかる心ナリ
  心ちして・なかめやるかたなくなむ
    浦風やいかに吹らむおもひやる袖
0008【浦風や】−紫上
  うちぬらし波まなきころ哀にかなしき
  事ともかきあつめ給へり・ひきあくるより(ひきあくるより$<朱墨>)
  いとゝみきはまさりぬへく・かきくらす心ち」2オ
0009【みきはまさりぬへく】−\<朱合点> 水際<ミキハ> 君こふる涙おちそひ此川のみきハまさりて思ふへらなり 貫之(貫之集730、孟津抄・花屋抄)

  し給・京にもこの雨風いと(いと$<朱墨>)あやしき物の
  さとしなりとて・仁王会なとおこなハるへし
  となむきこえ侍し・内にまいり給かんたち
  めなともすへてみちとちて・まつりこと
  もたえてなむ侍なと・はか/\しうもあら
  すかたくなしうかたりなせと・京の方の
  ことゝおほせハ・いふかしうて・御まへにめしいてゝ
  とハせ給・たゝれいの雨のをやミなくふりて
  風ハ時/\吹いて(て+て)つゝ(つゝ$)日ころになり侍を・れい
  ならぬことにおとろき侍なり・いとかく地のそこ・」2ウ

  とほるはかりのひふりいかつちのしつまら
0010【ひふり】−氷也雹<アラレ>事
  ぬことハ侍らさりきなと・いみしきさまに
  おとろきおちてをる・かほのいとからきにも・
0011【からき】−辛苦
  心ほそさまさりける・かくしつゝ世はつき
  ぬへきにやとおほさるゝに・その又の日の
  あかつきより・風いみしうふき・しほた
  かうみちて・浪のをとあらき事・いはほも
  山ものこるましきけしきなり・神のなり
  ひらめくさまさらにいはむかたなくて・おち
  かゝりぬとおほゆるに・あるかきりさかしき」3オ

  人なし・われハいかなるつミ越をかして・かく
  かなしき目越みるらむ・ちゝハゝにもあひ
  ミすかなしき・めこのかほをもミて・しぬへ
  きことゝなけく・君ハ御心をしつめてなに
  はかりのあやまち(ち+に)てかこのなきさに命を
  ハきハめんとつようおほしなせといと物さ
  ハかしけれハ・色/\のミてくらさゝけさせ
0012【ミてくら】−幣
  給て・住吉の神ちかきさかひをしつめまも
0013【住吉の神】−守往来舟
  り給・まことにあと越たれ給神ならは・た
  すけ給へと・おほくの大願をたて給・をの」3ウ

  をの身つからの命をハさる物にて・かゝる御
  身のまたなきれいにしつミ給ぬへきこと
  のいみしうかなしき心をゝこして・すこし
  物おほゆるかきりハ・身にかえて・この御身
  ひとつを・すくいたてまつらむと・とよみ
  て・もろこゑに仏神を念したてまつる・
  帝王のふかき宮にやしなハれ給て・色
  色のたのしみにおこり給しかと・ふかき
  御うつくしミ・おほやしまにあまねく・しつ
0014【御うつくしミ】−慈
0015【しつめる】−沈
  めるともから越こそ・おほくうかへ給しか・」4オ

  いまなにのむくひにか・こゝらよこさまなる
  浪風にハおほゝれ給ハむ・天地ことハり給へ・つ
  ミなくてつみにあたり・つかさ位をとられ
  家をはなれ・さかひをさりて・明くれやす
  きそらなくなけき給に・かくかなしき
0016【かくかなしき】−これよりハ源氏の君の祈祷の趣なり上いへるハつきしたかふ人々の願をいふ
  め越さへ(へ+み・)命つきなんとするハ・さきの世の
  むくひか・此世のをかしか・神仏あきらかに
  ましまさハ・このうれへやすめ給へとみ
  社のかたにむきて・さま/\の願をたて
  給・又海のなかのりうわう・よろつの神た」4ウ

  ちに願をたてさせ給に・いよ/\なりとゝろ
  きて・おはしますに・つゝきたるらうに
0017【おはしますにつゝきたる】−延長八年六月十八日清涼殿霹靂
  おちかゝりぬ・ほの越・もえあかりてらうハ
  やけぬ・心たましゐなくて・あるかきりま
0018【たましゐ】−魂
  とふ・うしろのかたなるおほゐとのとおほし
  き屋に・うつしたてまつりて・かミ下とな
  くたちこみて・いとらうかハしくなき
  とよむ・声いかつちにもをとらす・空ハす
  み越すりたるやうにて日も暮にけり・やう
  やう風な越り雨のあししめり・星の光も」5オ
0019【風なをり雨のあし】−桂嶺瘴来雲似墨洞庭春尽水如天折子原

  みゆるに・このおまし所のいとめつらかなる
  も・いとかたしけなくて・しん殿にかへし
  うつし・たてまつらむとするに・やけのこ
  りたるかたも・うとましけに・そこらの
  人のふミとゝろかしまとへるに・みすなとも
  みなふきちらしてけり夜をあかしてこそ
  はとたとりあへるに・君ハ御ねんすし給
  て・おほしめくらすにいと心あはたゝし・月
  さしいてゝしほのちかくみちきけるあと
  もあらはに・なこり猶よせ帰波あらきを・」5ウ

  柴の戸をしあけてなかめをハします・
  ちかき世界に物の心越しり・きしかた行
  さきのこと・うちおほえ・とやかくやと・はか
  はかしうさとる人もなし・あやしき・あま
  ともなとのたかき人おはする所と
  て・あつまりまいりてきゝもしり給はぬ
  ことゝも越・さえつりあへるも・いとめつ
  らかなれと(と+えイ<朱>、イ#)をひもはゝ(ゝ#らイ<朱>、イ#)はす・この風い
  ましハしやまさらましかハ・しほのほりて
  のこる所なからまし・神のたすけをろか」6オ

  ならさりけりと・いふをきゝ給も・いと心ほそ
  しといへハをろか也
    海にます神のたすけにかゝらすハ
0020【海にます】−源氏
0021【神】−底筒男中筒男表筒男
  しほのや越あひにさすらへなましひねも
0022【しほのやをあひ】−しは(は$ほ)の八百会 万葉ナリ ふかき心ナリ日本記ニハしほの八百重とあり同心ナリ あらしほの(の+シホノ)やをあひにやくしほのからくも我ハ老にけるかな 公任卿(和歌九品14、異本紫明抄・河海抄・孟津抄・岷江入楚)
  すにいりもミつる神のさはきにさこそいへ
  いたうこうし給にけれは・心にもあらすうち
0023【こうし】−劫の字なるへしくたひれはてたる心ナリ
  まとろみ給・かたしけなきおまし所なれ
  ハ・たゝより居給へるに・故院たゝおハしまし
0024【故院】−桐
  しさまなからたち給て・なとかくあやしき
  所に物するそとて・御てをとりてひきたて」6ウ

  給・住吉の神のみちひき給まゝにハ・はやふ
  なてしてこの浦をさりねとの給はす・いと
  うれしくてかしこき御影にわかれたて
  まつりにしこなたさま/\かなしき事
  のミおほく侍れハ・いまハこのなきさに身
  をやすて侍なましと・きこえ給へハ・
  いとあるましきことこれハたゝいさゝかなる
  物のむくひなり・我は位にありし時あや
  まつことなかりしかと・をのつからをかしあ
  りけれハ・そのつみをゝ(ゝ$お)ふる程いとまなくて・」7オ

  この世越かへり見さりつれと・いみしきう
  れへにしつむを見るにたへかたくて・うミ
  にいりなきさにのほり・いたくこうしにたれと・
  かゝるついてに・内裏にそうすへきことの
  あるによりなむ・いそきのほりぬると(△&と)て・た
  ちさり給ぬ・あかすかなしくて御ともにまい
  りなんとなきいり給て・見あけ給へれは
  人もなく・月のかほのミきら/\として・夢
  の心ちもせす・御けハひとまれるこゝちし
  て・空の雲哀にたなひけり・年比夢の内」7ウ

  にもみたてまつらて・こひしうおほつかなき
  御さまを・ほのかなれとさたかにみたてまつり
  つるのミ・面かけにおほえ給て・我かくかなしひ
  をきハめ・命つきなんとしつる越・たすけに
  かけり給へると・哀におほすによくそかゝる
  さはきもありけると・なこりたのもしう・
  うれしうおほえ給ことかきりなし・むねつとふた
  かりて・中/\なる御心まとひに・うつゝのかなし
  きこともうち忘・夢にも御いらへを・います
  こしきこえすなりぬることゝ・いふせさに又」8オ

  やみえ給ふと・ことさらにね入給へと・さらに御
  めもあはてあか月かたに成にけり・なきさ
  にちいさやかなる舟よせて・人二三人はかり
  この旅の御やとりをさしてまいる・なに人な
  らむとゝへは・明石の浦よりさきのかみ
  しほちの御ふねよそひてまいれる也(△&也)源少
0025【しほち】−新発
0026【源少納言】−良清
  納言さふらひ給ハゝ・たいめして事の心と
  り申さんといふ・よしきよおとろきて入道
  ハ・かの(の+国の)とくゐにて・年ころあひかたらひ侍れ(れ+つれイ)と・
  わたくしにいさゝかあひうらむること侍て・こと」8ウ
0027【わたくしにいさゝか】−良清か明石入道の女を心かけたるを入道ゆるさぬ事をうらむる也

  なるせうそこをたにかよはさて・ひさしう
  なり侍ぬるを浪のまきれにいかなることかあ
  らむとおほめく・君の御夢なともおほし
  あはすることもありて・ハやあへとの給へは・
  舟にいきてあひたり・さハかりはけしかり
  つる波かせにいつのまにかふなてしつらむ
  と・心えかたくおもへり・いぬるついたちの
  ひ夢に・さまことなる物の・つけしらする
  こと侍しかハ・しむしかたき事とおもふ給
  へしかと・十三日にあらたなるしるしミせむ・」9オ

  舟よそひまうけて・かならす雨風やま
  はこの浦にをよせよとかねてしめす
  ことの侍しかは・心みに舟のよそひをまうけ
  てまち侍しに・いかめしき雨風・いかつち
  のおとろかし侍つれハ・人の御かとにも夢(夢+を)
  しむして・国をたすくるたくひおほう侍
  ける越・もちゐさせ給はぬまても・このいま
  しめの日越すくさす・このよし越つけ申
  侍らんとて・舟いたし侍つるに・あやしき風
  ほそう吹て・この浦につき侍ること・まことに」9ウ

  神のしるへたかはすなん・こゝに(に+も)もししろ
  しめすことや侍つらんとてなむ・いとハゝり
  おほく侍れと・このよしを(を$<墨朱>)申給へといふ・
  よしきよ忍やかに・つたへ申君おほし
  まハすに・ゆめうつゝさま/\しつかならす・
  さとしのやうなる事共を・きしかた
  行末おほしあはせて・よの人のきゝつ
  たへん後のそしりも・やすからさるへき
  を・はゝかりてまことの神のたすけにも
  あらむを・そむく物ならは・又これよりま」10オ

  さりて人わらハれなるめをやみむ・うつゝ
0028【うつゝ】−現
  (+さま<朱>)の人の心たに・猶くるしはかなきこと越
  もつゝミて・我よりよハひまさりもしハ位
  たかく・時よのよせいま一きハまさる人にハ・
  なひきしたかひて・その心むけ越た
  とるへき物なりけり・しりそきてとかなし
0029【しりそきてとかなし】−功成名遂<トケテ>身退者天之道 老子
  とこそ昔さかしき人もいひをきけれ・
  けふ(ふ$に)かく命をきはめ・よに又なきめ(め+の)かき
  りを見つくしつ・さらにのちのあとの名を
  ハふくとても・たけき事もあらし・夢」10ウ

  の中にもちゝ御門の御をしへありつれ
0030【ちゝ御門】−桐
  ハ・又なにことかハ(ハ#)うたかハむとおほして・御
  返の給しらぬせかいにめつらしきうれへの
0031【しらぬせかいに】−源
  かきりみつれと・宮この方よりとて・ことゝ
  ひをこする人もなし・たゝ行ゑなき
  空の月日の光はかり越・故郷の友と
  なかめ侍に・うれしきつり舟をなむ・かの
0032【うれしきつり舟】−\<朱合点> 浪にのミぬれつる物を吹風のたよりうれしき海人の釣舟(後撰1224・古今六帖2862・貫之集553、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  浦にしつやかにかくろふへきくま侍り
  なんやとの給・かきりなくよろこひかしこま
  り申ともあれかくもあれ夜の明はて」11オ

  ぬさきに・御舟にたてまつれとて・れいの
0033【御舟に】−源明石へ
  したしきかきり四五人はかりして・たて
  まつりぬれいの風いてきて・とふやうに
0034【とふやうに】−舟をはやとりといふ事あり 風土記 住吉ノ大倉<オホクラ>むき(き+テトヘ)せ(せ#)ハこそはや鳥といはめいつれはや鳥(風土記18、休聞抄・紹巴抄・岷江入楚)
  あかしにつき給ぬ・たゝはひわたる程に・かた
  時のまといへと猶あやしきまてみゆる風
  の心なり・はまのさまけにいと心ことなり・人
  しけうみゆるのミなむ・御ねかひにそむき
  ける・入道のらうしめたる所/\・うみのつら
0035【入道の】−明石
0036【らうしめ】−領ナリ
  にも・山かくれにも・とき/\につけてけふを
  さかすへきなきさのとまや・おこなひをし」11ウ

  て・後世のこと越思ひすましつへき山ミつ
  のつらに・いかめしきたうをたてゝ・三昧を
  おこなひ・此世のまうけに秋のた(た+の<朱>)ミ越かりを
  さめ・のこりのよはひつむへき・いねのくら
0037【よはひつむへき】−\<朱合点> 拾秋ことにかりつるいねハつミつれと老にける身そ置所なき 忠見(拾遺集1124、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  まちともなと・おり/\所につけたるみ所
  ありて・しあつめたり・たかしほにおちてこ
  の比むすめなとは・をかへのやとにうつし
  てすませけれハ・このはまのたちに心や
  すくおハします・舟より御車にたてまつ
  りうつるほと・日やう/\(△△&う/\)さしあかりて・ほのかに」12オ

  見たてまつるより・老わすれ・よハひのふる
  心ちして・ゑミさかへて(て+まつ)住吉の神を・かつ/\
  おかミたてまつる・月日の光をてにえた
0038【月日の光を】−わかなの巻に明石の入道の夢に月日の光を手にとるとみたりその夢に思あハすへし
  てまつりたる心ちして・いとなミつかうまつ
  る事ことハりなり・所のさまをハさらにも
  いはす・つくりなしたる心はへ・木たちた
  ていし・せむさいなとのありさま・えもいは
  ぬ入江の水なと・ゑにかゝは心のいたりすく
  なからんゑしハ・かきをよふましとみゆ・月こ
  ろの御すまゐよりハ・こよなくあきらかに」12ウ

  なつかし(し+き)御しつらひなと・えならすして
  すまゐけるさまなと・けに都のやむこと
  なき所/\にことならす・えむにまはゆき
  さまハまさりさまにそみゆる・すこし御
  心しつまりてハ・京の御文ともきこえ給・ま
  いれりし使ハいまハいみしきミちにい
  てたちて・かなしきめ越みるとなきし
  つミて・あ(あ+の)すまにとまりたる越めして・
  身にあまれる物ともおほくたまひて
  つかハす・むつましき御いのりのしとも・さる」13オ

  へき所/\にハこの程の御ありさまくハ
  しくいひつかハすへし・入道の宮はかりには
0039【入道の宮】−藤壺
  めつらかにてよミ帰さまなときこえ給・二条
  院のあはれなりしほとの御かへりハかき
  もやり給はす・うちをき/\をしのこひ
  つゝきこえ給・御けしき猶ことなり・返々
  いみしきめのかきりをつくしはてつる
  ありさまなれハ・いまはと世越思ひはなるゝ
  心のミまさり侍れと・かゝみをみてもと
0040【かゝみをみても】−紫上の哥須磨の巻に見えたり
  の給し面かけのハなるゝよなきを・かくお」13ウ

  ほつかなく(く#)く(く+な)からやと・こゝらかなしきさま/\
  のうれハしさハ・さしをかれて
    はるかにもおもひやるかなしらさりし
0041【はるかにも】−源氏返
  浦よりをちにうらつたひして夢の内
  なる心ちのミして・さめはてぬほと・いかに
  ひかことおほからむと・けにそこはかとなく
  かきみたり給へるしもそ・いと見まほしき
  そはめなるを・いとこよなき御心さしの
  ほとゝ・人/\見たてまつる・をの/\古郷
  に心ほそけなることつてすへかめり・をや」14オ

  みなかりし空のけしき・なこりなくす
  ミわたりてあさりするあまともほこらし
0042【あさりする】−\<朱合点> あさりするよさのあま人ほこるらし浦風ぬるみ霞わたれり(恵慶集1、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  けなり・すまハいと心ほそくあまのいは
  やもまれなりしを・人しけきいとひハ
  し給しかと・こゝは又さまことにあハれなる
  ことおほくて・よろつにおほしなくさまる・
  あかしの入道おこなひつとめたるさま
  いみしう思ひすましたる越・たゝこの
  むすめひとりを・もてわつらひたるけし
0043【むすめ】−明石上
  きいとかたはらいたきまて・時/\もらし」14ウ

  うれへきこゆ・御心ちにもおかしときゝをき
0044【おかしときゝをき】−わかむらさきの巻にて北山にてよし清か物語せしなり
  給し人なれは・かくおほえなくてめくり
  おハしたるも・さるへき契あるにやと
  おほしなから・猶かう身をしつめたる程ハ・
  おこなひよりほかの事ハ思ハし・宮こ
  の人もたゝなるよりハいひ(ひ$ひ<朱>)しにたかふと
0045【いひしにたかふ】−\<朱合点> ほとふるもおほつかなさもおもほえすいひしにたかふとはかりハうし(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  おほさむも・心はつかしうおほさるれは・
  けしきたち給ことなし・ことにふれて
  心はせありさまなへてならすもありける
  かなと・ゆかしうおほされぬる(る#<墨>に<朱>)しもあらす・」15オ

  こゝにはかしこまりてみつからも・をさ/\
  まいらす・ものへたゝりたるしものやに
  さふらふ・さるハあけくれミたてまつらま
0046【さふらふ】−入道
  ほしうあかすおもひきこえて・おもふ心越
  かなへむと・仏神をいよ/\ねんしたてま
  つる・としは六十はかりになりたれと・いとき
  よけにあらまほしうおこなひさらほひ
0047【おこなひさらほひ】−勤行によりてやせさらほいたる心ナリ [骨+尭]ナリ
  て・人のほとのあてはかなれハにやあらむ・
  うちひかミ・ほれ/\しきことハあれと・い
  にしへのか(か$こ)と越もしりて物きたなからす・」15ウ

  よしつきたることもましれゝハ昔物
  かたりなとせさせてきゝ給にすこし
  つれ/\のまきれなり・とし比おほやけ
  わたくし御いとまなくて・さしもきゝをき
  給はぬよのふることゝも・くつしいてゝ・かゝ
  る所をも人をも見さらましかハ・さう/\
  しくやとまてけふありとおほす事も
0048【けふあり】−興
  ましる・かうはなれきこゆれと・いとけた
  かう・心はつかしき御ありさまに・さこそいひし
  か・つゝましうなりて・我おもふことハ・心のまゝ」16オ

  にもえうちいてきこえぬを・心もとなうく
  ちおしと・はゝ君といひあはせてなけく・
0049【はゝ君】−尼
  さうしみはをしなへての人たに・めやす
0050【さうしみ】−明石上
  きハ見えぬせかひに・世にハかゝる人もおハ
  しけりと・見たてまつりしにつけて・身
  の程しられていとはるかにそ・思ひきこえける・
  おやたちのかくおもひあつかふをきくに
  も・にけなきことかなと思に・たゝなるよ
  りハ物あハれなり・四月になりぬ衣かへの
  御さうそく・御丁のかたひらなとよしある」16ウ

  さまにしいてつゝ・よろつにつかうまつりいと
  なむを・いとおしうすゝろなりとおほせと・
  人さまのあくまて思あかりたるさまのあ
  てなさ(さ$る)におほしゆるして見給・京よりも
  うちしきりたる御とふらひともたゆミな
  くおほかり・のとやかなる夕月夜にうミ
  のうへくもりなく見えわたれるも・すみ
  なれ給し故郷の池水思ひまかへられ給に・
  いはむかたなくこひしきこと・いつかたと
  なく行ゑなき心ちし給て・たゝめのまへ」17オ

  にみやらるゝハ・あはちしま成けり・あハと
0051【あはと】−\<朱合点> 阿波渡也 渡ナリ 躬恒哥 淡路にてあわとはるかにミし月のちかき今夜ハ所からかも(新古今1515・古今六帖332・躬恒集463、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  はるかに(に+なと)の給て
    あはとみるあはちのしまのあはれさへ
0052【あはとみる】−此哥のあハと見るハ海のうへにあはのやうに淡路嶋のうかひ出たる心ナリ 日本記にも潮水のあハこりて嶋となるといふ事あり
  のこるくまなくすめるよの月ひさしう・
  てふれ給はぬきむを・ふくろよりとりいて
  給て・はかなくかきならし給へる御さまを・ミ
  たてまつる人もやすからす哀にかなしう
  おもひあへり・かうれうといふ・てをあるかきり
0053【かうれう】−\<朱合点> 広陵
0054【てを】−琴ノ秘曲 [秋+山]康か花陽の亭にして神人に会テ伝たる曲也此神人ハ昔の伶倫の変化也
  ひきすまし給へるに・かのをかへの家も
  松のひゝき波の音にあひて・心はせあるわか」17ウ

  人ハ・身にしミておもふへかめり・なにとも
  (+きゝ)わくましき・このも・かのもの・しはふる人
0055【このもかのも】−此おもてかの面なり
0056【しはふる人】−柴振人 皺古人
  ともゝ・すゝろはしくて・はま風をひきあ
  りく・入道もえたへてくやう法たゆミ
0057【くやう法】−三密六度供養法也
  て・いそきまいれり・さらにそむきにし世の
  中もとりかへし思ひいてぬへく侍り・のち
  の世にねかひ侍ところのありさまも・思ひ(思ひ#おもふ給へ)やら
  るゝ夜のさまかなと・なく/\めてきこゆ・我
  我(我#)御心にも・おり/\の御あそひ・その人かの
  人の・ことふえもしハこゑのいてしさまに」18オ

  時/\につけてよにめてられ給しありさま・
  みかとよりはしめたてまつりて・もてかし
  つきあかめたてまつり給しを・人のうへ
  も我御身のありさまも・おほしいてられて・
  夢の心ちし給まゝに・かきならし給へるこゑ
  も心すこくきこゆる人ハ涙もとゝめあへ
  す・をかへにひわ・生(生#笙)のこととりにやりて・
0058【笙】−箏歟
  入道ひわの法師になりて・いとおかしうめつ
  らしき・てひとつふたつひきたり・さうの
0059【ひとつふたつひきたり】−四の緒におもふ心をしらへつゝ引あるけ共しる人もなし 兼盛集 小右記ニもあり
  御ことまいりたれハ・すこしひき給も・さま/\」18ウ

  いミしうのミ思ひきこえたり・いとさし
  もきこえぬ物のね(ね+た)に・おりからこそハま
  さるものなる越・はる/\と物のとゝこほり
  なき海つらなるに・中/\春秋のはなも
  みちのさかりなるよりハ・たゝそこはかと
  なうしけれるかけとも・なまめかしきに・
  くひなのうちたゝきたるハ・たか門
0060【たか門さして】−\<朱合点> またよひにうちきてたゝく水鶏かなたか門さしていれぬなるらん(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  さしてと哀におほゆ・ねもいとになう
0061【ねも】−琴
  いつることゝも越いとなつかしうひきな
0062【こと】−琴
  らしたるも・御心とまりて・これハ女のな」19オ

  つかしきさまにて・しとけなうひきたる
  こそおかしけれと・大方にの給を入道は
  あひなくうちゑミて・あそはすよりなつ
  かしきさまなるハ・いつこのか侍らん・なに
  かし延喜の御てよりひきつたへたること・
  し(し=三イ)たいになんなり侍ぬるを・かうつたなき身
  にて・この世のことはすてわすれ侍ぬる
  を・物のせちに・いふせき・おり/\ハ・かきならし
  侍しを・あやしうまねふものゝ侍こそ・し
0063【あやしう】−明石上事箏上手也
  ねむに・かのせむ大王の御てにかよひて」19ウ
0064【せむ大王】−延喜帝御事

  侍れ・山ふしのひかみゝに・まつかせをきゝ
0065【山ふしの】−\<朱合点> 松風に耳なれにける山伏ハ琴をことゝもおもハさりけリ 寿玄法師<左>(出典未詳、花鳥余情・弄花抄・一葉抄・細流抄・休聞抄・紹巴抄・花屋抄・孟津抄・岷江入楚)
0066【まつかせ】−\<朱合点> 琴のねに峯の松風通らしいつれのをよりしらへそめけん 斎宮女御<右>(拾遺集451・拾遺抄514・古今六帖3397・和漢朗詠集469・斎宮女御集57、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  わたし侍にやあらん・いかて・これの(の#も<朱墨>)しのひ
  て・きこしめさせてしかなと・きこゆ
  るまゝに・うちわなゝきて涙おとすへ
  かめり・君こと越こととも聞給ましかり
0067【君こと越】−\<朱合点> 上手ニテマシマセハ
  けるあたりにねたきわさかなとてをし
  やり給に・あやしう昔より笙(△&笙)ハ女なんひ
0068【あやしう】−入道
0069【笙】−女箏ヲモ引ハ入道かめ此云出ナリ
  きとる物なりける・さかの御つたへにて女五
0070【女五の宮】−嵯峨の御女五宮繁子内親王
  の宮さる世のなかの上すに物し給ける
0071【上す】−上手
  を・その御すちにてとりたてゝ・つたふる」20オ

  人なし・すへてたゝいま世に名をとれ
  る人/\・かきなての心やりはかりに
0072【かきなて】−掻 撫
  のミあるを・こゝにかうひきこめ給へりける・
  いとけうありける事かな・いかてかハきく
  へきとの給・きこしめさむにハなにの
0073【きこしめさむ】−入道
  はゝりか侍らん・おまへにめしても・あき
0074【あき人のなかにて】−\<朱合点> 琵琶引ノ女ハ商人ノ成妻
  人のなかにてたにこそ・ふることきゝは
0075【ふること】−楽天なかされて江州の司馬なれる時事似源
  やす人ハ侍けれ・ひわなむまことのねを
  ひきしつむる人・いにしへもかたう侍しを・
  おさ/\とゝこほることなう・なつかしきて」20ウ

  なと・すちことになんいかてたとるにか
0076【いかてたとるにか】−たと/\しきにハあらすよくたつねしりたる心ナリ
  侍らん・あらき浪のこゑにましるハ・かなし
  くもおもふ給へられなから・かきつむる物な
  けかしさ・まきるゝおり/\も侍りなと
  すきゐたれハおかしとおほして・さうのこと
0077【すき】−数寄
0078【さうのこと】−入道はしめハひわを引たるを又箏を給てひかせきゝタマヘル也 △△(△△#)
  とりかへてたまはせたり・けにいとすく
  してかいひきたり・いまの世にきこえぬ
  すちひきつけててつかひいといたうから
  めき・ゆのねふかうすましたり・伊勢
0079【ゆのね】−由の音に上手へたのあるナリ
0080【伊勢の海】−催馬ー
  の海ならねときよきなきさにかひや」21オ
0081【きよきなきさに】−\<朱合点> 伊せの海のきよきなきさのしほかひになのりそやつまんかひやひろハん 伊せ海(催馬楽「伊勢海」、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  ひろはむなと・こゑよき人にうたはせて・
  われも時/\拍(△&拍)しとりてこゑうちそへ給
0082【われも】−源氏の君のとき/\拍子をとりてうたひ給ふ
  を・ことひきさしつゝめてきこゆ・御くた物
  なとめつらしきさまにてまいらせ・人/\に
  さけしひそしなとして・をのつから物わす
0083【しひそし】−殺也つよく酒をしゐてうれへしめたる心ナリ
  れしぬへき夜のさまなり・いたく深行
  まゝにはま風すゝしうて・月もいり
  かたになるまゝに・すミまさり・しつかなるほと
  に・御物語のこりなくきこえて・この浦に
  すみハしめしほとの心つかひ・後の世をつと」21ウ

  むるさま・かきくつしきこえて・このむす
0084【むすめ】−明石上事
  めのありさまとハすかたりにきこゆ・おかし
0085【おかし】−源心中
  きものゝさすかにあハれときゝ給・ふしも
  あり・いととり申かたき事なれとわかきミ
0086【いととり申かたき】−入道詞
0087【わかきミ】−源
  かうおほえなきせかいに・かりにてもうつろひ
  おハしましたるハ・もしとしころおいほうし
  のいのり申侍・神仏のあはれひおハしまして・
  しハしのほと御心越もなやましたてまつる
  にやとなんおもふたまふる・そのゆゑハす
  みよしのかミを・たのミはしめたてまつりて・」22オ

  この十八ねんになり侍ぬ・めのわらはいと
0088【めのわらは】−むすめの事なり
  きなう侍しより・おもふ心侍てとしこと
  の春秋ことにかならす・かの御や(△△&御や)しろにまい
  ることなむ侍・ひるよるの六時のつとめ
  に・ミつからのはちすのうへのねかひをハ
  さるものにて・たゝこの人をたかきほいか
  なへたまへとなん・ねんし侍・さきのよのちき
  りつたなくてこそ・かくくちおしき山
  かつとなり侍けめ・をや大臣のくらゐを
0089【をや大臣】−入道
  たもちたまへりき・ミつからかくゐなか」22ウ

  のたミとなりにて侍り・つき/\さのミお
  とりまから(ら#ら)は・なにの身にかなり侍らんと
  かなしく思侍を・これハむまれしとき
  より・たのむところなん侍・いかにして宮
  このたかき人にたてまつらんと思ふ心
  ふかきにより・ほと/\につけてあまた
0090【ほと/\につけて】−わか紫の巻に代/\の国のつかさなとさる心はへみすれとさらにうけひかすとあり あまたの人のそねミをふとハこの事なり
  のひとの・そねミをおひ・みのため・からき
  め越ミるをり/\もおほく侍れと・さらに
  くるしミとおもひ侍らす・命のかきりハ
  せはき衣にもはくゝみ侍なむ・かく」23オ
0091【せはき衣にも】−\<朱合点> 後拾遺いとけなき衣の袖ハせはくともこふのうへをハなてつくしてん 公任<右>(後拾遺434・公任集555、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚) 同 おもひやれ△(△#また)鶴の子のおさなきを千代もとなつる袖のせはき越 藤三位<左>(後拾遺444)

  なから見すて侍なハ・浪のなかにもまし
  りうせねとなんをきて侍なとすへて
  まねふへくもあらぬことゝも越うちな
  きうちなききこゆ・君も物をさま/\
0092【君も】−源氏
  おほしつゝくるおりからは・うち涙くミつゝ
  きこしめす・よこさまのつミにあたりて
  思ひかけぬせかいにたゝよふも・なにのつミ
  にかとおほつかなく思ひつる・こよひの御
  物かたりに・きゝあはすれハ・けにあさからぬ
  さきの世のちきりにこそハと哀になむ・」23ウ

  なとかハかくさたかに思ひしり給けること
  を・いまゝてハつけ給はさりつらむ・都ハ
  なれし時より・世のつねなきもあちき
  なう・おこなひよりほかの事なくて・月日
  をふるに・心もみなくつをれにけり・かゝる人
  物し給とハ・ほのきゝなからいたつら人をハ・
  ゆゝしき物にこそおもひすて給らめと・思ひ
  くしつる越・さらハみちひき給へきにこそ
  あなれ・心ほそきひとりねのなくさめに
  もなとの給を・かきりなくうれしと思へり」24オ
0093【かきりなく】−入道

    ひとりねハ君もしりぬやつれ/\と
0094【ひとりねハ】−明石入道
  思ひあかしのうらさひしさをまして年
  月おもひ給へわたる・いふせさ越をしはか
  らせ給へときこゆるけはひ・うちわなゝ
  きたれと・さすかにゆへなからす・されとうら
0095【されとうらなれ】−\<朱合点> 浦なれたるや浦の浦哉風ハふかねとさゝら浪立 葛城 催馬楽(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  なれ給へらむ人ハとて
    たひころもうらかなしさにあかしかね
0096【たひころも】−けんし
  草の枕は夢もむすはすとうちみたれ
  給へる御さまハ・いとそあいきやうつき・いふ
  よしなき御けはひなる・数しらぬ事とも」24ウ

  きこえつくしたれと・うるさしやひか
  ことゝもにかきなしたれハ・いとゝをこに
  かたくなしき入道の心ハへも・あらハれぬ
  へかめり・おもふことかつ/\かなひぬる心ち
0097【おもふこと】−源心入道ノ心歟
  して・すゝしう思ひゐたるに・又の日のひる
  つかたをかへに御文つかハす・心はつかしき
  さまなめるも・中/\かゝる物のくまにそ
  思ひのほかなることもこもるへかめると・心つ
  かひし給て・こまのくるみ色のかミにえ
0098【くるみ色】−面薄青裏白
  ならす・ひきつくろひて」25オ

    をちこちもしらぬ雲ゐになかめわひ
0099【をちこちも】−源氏
  かすめしやとの木すゑをそとふおもふに
0100【おもふにハ】−\<朱合点> 古今おもふにハしのふる事そまけにける色にハいてしと思ひし物を 業平(古今503・古今六帖2682、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ハ・とはかりやありけん入道も人しれす
  まちきこゆとて・かの家にきゐたり
  けるもしるけれハ・御つかひいとまはゆき
  まてゑはす・御返いとひさし・うちにいり
  てそゝのかせとむすめはさらにきかす・
  はつかしけなる御文のさまに・さしいてむ
  てつきも・はつかし(し+う)つゝまし人の御程・
  我身のほと思ひ(ひ#に)こよなくて・心ちあしと」25ウ

  てよりふしぬ・いひわひて入道そかく・いと
0101【かく】−返事
  かしこきハゐなかひて侍るたもとにつゝみ
0102【たもとにつゝみ】−\<朱合点> うれしさを何につゝまんから衣たもとゆたか(か+ニ)たてといはましを<右>(古今865・新撰和歌317・古今六帖3276、河海抄・一葉抄細流抄・岷江入楚) うれしさ越昔ハ袖につゝみけり今夜ハ身にもあまりぬる哉<左>(新勅撰456・和漢朗詠773、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  あまりぬるにや・さらに見たまへもをよ
  ひ侍らぬかしこさになん・さるハ
    なかむらんおなし雲ゐをなかむるは
0103【なかむらん】−入道返し
  思ひもおなし思ひなるらむとなん見給る
  いとすき/\しやときこえたり・みちの
  くにかミにいたうふるめきたれと・かきさま
  よしはミたり・けにもすきたるかなと
  めさましうみ給・御つかひになへてならぬ」26オ

  たまもなとかつけたり・又の日せんしかき
0104【たまも】−\<朱合点> 伊勢の海に年へてすミし海人なれとかゝる見るめハかつかさりしを いせ(後撰1279、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
0105【せんしかき】−宣旨かきとハ仰かきなり さきの文を入道のかきたるをいふナリ
  ハ見しらすなんとて
    いふせくもこゝろにもの越なやむかな
0106【いふせくも】−源氏
  やよやいかにとゝふ人もなミいひかたミとこ
0107【やよやいかに】−古今やよやまてやよ時雨 ヤマ也(古今152・古今六帖4446・小町集7、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
0108【いひかたミ】−\<朱合点> 恋シトモマタ見ヌ人ハイヒカタミ心ニ物ノナケカシキ哉(出典未詳、花鳥余情・孟津抄・岷江入楚)
  のたひハいといたうなよひたるう(△&う)すやう
0109【なよひたるうすやうに】−うつくしき紙をいふ
  に・いとうつくしけにかきたまへり・わかき
  人のめてさらむもいとあまりむもれいた
  からむ・めてたしとハみれと・なすらひなら
  ぬ身の程のいミしうかひなけれハ中/\
  世にあるものとたつねしり給につけて・」26ウ

  涙くまれて・さらにれいのとうなきを・
0110【とうなき】−動
  せめていはれて・あさからすしめたるむら
0111【せめて】−入道ニ責ラレテ
0112【しめたる】−たき物にしめたる也
  さきのかミに・すみつきこくうすくま
  きらハして
    おもふらんこゝろ(ろ+の)ほとやゝよいかに
0113【おもふらん】−明石上
  また見ぬ人のきゝかなやまむての
0114【また見ぬ人】−明石上 我身事
  さまかきたるさまなと・やむことなき人に
  いたうをとるましう上すめきたり・京の
  ことおほえて・おかしと見給へと・うちしき
  りてつかはさむも人めつゝ(ゝ#つ<朱墨>)ましけれは」27オ

  ・二三日へたてつゝ・つれ/\なる夕くれもし
  ハ物あはれなる明ほのなとやうに・まきら
  ハして・おり/\おなし心に見しりぬへ
  き程・をしはかりてかきかハし給に・にけ
  なからす心ふかう思ひあかりたるけしき
  も見てハ・やましとおほす物から・よし
  きよからうしていひしけしきも・めさま
0115【らうして】−領
  しう年比心つけてあらむを・めのまへ
  に思ひたかへんもいとおしう・おほしめくら
  されて・人すゝミまいらは・さるかたにても」27ウ

  まきらハしてんとおほせと・女はた中/\
  やむことなききは(△&は)の人よりも・いたう
  思ひあかりて・ねたけにもてなしきこえ
  たれハ・心くらへにてそすきける・京のこと
  をかく関へたゝりてハ・いよ/\おほつかな
  く思ひきこえ給て・いかにせましたハふ
0116【たハふれにくゝ】−\<朱合点> ありぬやと心ミかてらあひミねハたわふれにくきまてそ恋しき(古今1025、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  れにくゝもあるかなしのひてや・むかへた
0117【しのひてや】−紫上の事也
  てまつりてましとおほしよハるをり/\
  あれとさりともかくてやハとしをかさ
  ねんと・いまさらに人わろき事をハと」28オ

  おほししつめたり・そのとしおほやけ
  にものゝさとししきりて・物さハかしき
  事おほかり・三月十三日かみなりひら
0118【三月十三日】−これハ須磨にての事也
  めき・雨風さハかしき夜みかとの御夢
  に・院の御門御まへのみはしのもとに
0119【院の御門】−桐
  たゝせ給て・御けしきいとあしうて・に
  らみきこえさせ給を・かしこまりてお
  ハします・きこえさせ給こともおほかり
  源氏の御事なりけんかし・いとおそろし
0120【いとおそろしう】−朱
  ういとおしとおほして・きさきにきこえ」28ウ
0121【いとおし】−源シ
0122【きさき】−大后

  させ給けれハ・雨なとふり空みたれたる
  夜ハ思なしなることはさそ侍る・かろ/\
  しきやうにおほしおとろくましきこ
  とゝきこえ給・にらミ給しにめ見あハ
0123【にらミ給し】−桐
  せ給と見しけにや・御め△(△#)わつらひ給
0124【御めわつらひ】−朱雀院の御目わつらひ給ふ事ハ三条天皇即位の後御耳目あきらかならさる事をおもひよせたりそれハ民部卿元方の霊又寛算供奉か霊ともいへり
  て・たへかたうなやミ給・御つゝしみ内に
  も宮にもかきりなくせさせ給・おほ
0125【おほきおとゝ】−二条太政大臣
  きおとゝうせ給ぬ・ことハりの御よはひ
  なれと・つき/\にをのつからさはかし
  きことあるに・大宮も・そこはかとなうわ」29オ
0126【大宮】−大后

  つらひ給て・程ふれハよハり給やうなる・
  内におほしなけくことさま/\なり・なを
  此源氏の君まことにおかしなきにて・
0127【おかし】−犯
  かくしつむならは・かならすこのむくひ
  ありなんとなむおほえ侍・いまは猶も
  とのくらゐをもたまひてむと・たひ/\
  おほしの給を・世のもときかろ/\しき
  やうなるへし・つミにおちて都をさりし
  人を三ねんをたにすくさす・ゆるされむ
0128【三ねん】−獄令云凡流移人至配所六載以後聴仕即本犯不応流而特配流者三載以後聴仕
  ことハよの人も・いかゝいひつたへ侍らんなと・き」29ウ

  さきかたくいさめ給に・おほしはゝかるほと
  に月日かさなりて・御なやミともさま/\に
  をもりまさらせ給・あかしにはれいの秋・浜
  風のことなるにひとりねもまめやかに
  物わひしうて・入道にもおり/\かたらハせ
  給・とかくまきらハして・こちまいらせよと
  のたまいて・わたり給ハむこと越ハあるま
  しうおほしたるを・さうしみ・ハた・さらに
0129【さうしみ】−明石上事
  思たつへくもあらす・いとくちおしきゝ
  ハのゐ中人こそ・かりにくたりたる人の」30オ

  うちとけことにつきて・さやうにかろらかに
  かたらふは(は$わ)さをもすなれ・人数にもおほ
  されさらん物ゆへ・われハいみしき物思ひ
  をやそへん・かくをよひなき心越おもへ
  るおやたちも・よこもりて・すくす年
0130【よこもりて】−世にこもりゐたるをいふ又人のおさなき程をも世こもるといふ
  月こそ・あいなたのミに・行すゑ心にくゝ
  思らめ・中/\なる心をやつくさむと・思ひ
  て・たゝこの浦にをハせん程・かゝる御文は
  かりをきこえかハさむこそ・をろかなら
  ね・年比をとにのミ聞て・いつかハさる人」30ウ

  の御ありさまを・ほのかにも見たてまつ
  らんなと思ひかけさりし御すまゐにて
  まほならねと・ほのかにも見たてまつり・
  よになき物ときゝつたへし御ことのね
0131【御こと】−琴
  をも・風につけてきゝ明くれの御ありさ
  まおほつかなからて・かくまてよにある物
  とおほしたつぬるなとこそ・かゝるあま
  のなかにくちぬる身にあまることな
  れなとおもふに・いよ(△&よ)/\はつかしうて・
  露もけちかきことは・思ひよらす・おや」31オ

  たちハこゝらの年比のいのりのかなふ
0132【こゝら】−多
  へきを思ひなから・ゆくりかに見せたて
  まつりておほし数まへさらん時・いかなる
  なけきをかせんと思やるにゆゝしく
  て・めてたき人ときこゆともつらう
  いみしうもあるへき哉・めにもみえぬ
  仏神をたのミたてまつりて・人の御心を
  もすくせをもしらてなと・うちかへし
  思ひみたれたり・君ハこの比の波のをと
0133【君】−源氏
  に・かの物のねをきかはや・さらすハかひな」31ウ

  くこそなとつねハの給・しのひてよろしき
  日ミて・はゝ君のとかく思ひわつらふをき
0134【思ひわつらふ】−明石上
  きいれす・てしともなとにたにしらせす・
0135【てしとも】−弟子入道のゆへにいふ
  心ひとつにたちゐかゝやくはかりしつら
  ひて・十三日の月の花やかにさしいてたる
  に・たゝあたら夜のときこえたり・君は
0136【あたら夜の】−\<朱合点>「あたら夜の月と花とをゝなしくハ/あハれしれらん人に見せハや<朱>」(付箋01 後撰103・信明集99、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) 万葉に新夜とも又悋夜ともかけり
  すきのさまやとおほせと御な越したて
  まつりひきつくろひて・夜ふかしていて給・
  御くるまはになくつくりたれと・所せし
  とて御むまにて出給・これミつなとはかり」32オ

  をさふらはせ給・やゝと越くいる所なり
  けり・みちの程もよもの浦/\見わたし
  給て・おもふとちみまほしき入江の月
0137【おもふとち】−\<朱合点> 六帖おもふとちいさ見にゆかん玉津嶋入江の底にしつむ月かけ(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  影にも・まつこひしき人の御事を思ひ
  出きこえ給に・やかてむまひきすきて
0138【むまひきすきて】−すくに都へのほらはやとおもひ給ふナリ
  おもむきぬへくおほす
    秋のよの月けのこまよわかこふる
0139【秋のよの】−けんし岡の道にて 久方の月毛の駒を打はやめきぬらんとのミ君を待かな(古今六帖1430、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  雲ゐをかけれときのまもみんとうち
  ひとりこたれ給・つくれるさまこふかくい
0140【ひとりこたれ給】−都の事也
  たき所まさりて見所あるすまゐなり・」32ウ

  うミのつらハいかめしうおもしろく・これハ
  心ほそくすミたるさま・こゝにゐて思ひ
  のこすことはあらしとおほしやらるゝに
  物哀なり・三昧たうちかくてかねの声
0141【たう】−堂
  松かせにひゝきあひて・物かなしういは
0142【いはにおひたる】−古今 たねしあれは(古今512・古今六帖2556、源注拾遺・源注余滴)
  におひたる松の根さしも心はへあるさま
  なり(り+前栽ともに虫のこゑをつくしたり)こゝかしこのありさまなと御覧す・
  むすめすませたる方ハ心ことにみかきて
  月いれたるま木の戸くちけしきこと(こと#)
0143【月いれたる】−\<朱合点> 槙の戸をやすらひにこそさゝさらめいかに明ぬる秋の夜ならん<右>(出典未詳、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) 月いれたる槙戸口ハ源氏第一詞と定家卿ハ申侍ると也<左>
  に(に#はかり)をしあけたり・うちやすらひなにかとの」33オ

  給にも・かうまてハ見えたてまつらしと
  ふかう思に・物なけかしうてうちとけぬ
  心さまを・こよなうも人めきたるかな・さし
  もあるましききハの人たにかハかりいひ
  よりぬれハ・心つようしもあらすならひた
  りしを・いとかくやつれたるにあなつらはしき
  にやと・ねたうさま/\におほしなやめり・
  なさけなうをしたゝむもことのさまに
  たかへり・心くらへにまけんこそ人わろけ
  れなとみたれうらみ給さま・けに物思ひし」33ウ

  らむ人にこそみせまほしけれ・ちかき木
  丁のひもにさうのことのひきならされ
  たるも・けはひしとけなくうちとけな
  から・かきまさくりける程みえておかしけ
  れハ・このきゝならしたることをさへや
0144【きゝならしたる】−このほと入道の物かたりにせし事なとをかたり給ふ也
  なとよろつにのたまふ
    むつことをかたりあはせむ人もかな
0145【むつことを】−けんし 六帖今更にむつことのねに引かゝりこけの山路をわすれやらなん(古今六帖1447、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
  うき世の夢もなかハさむやと
    あけぬ夜にやかてまと(と#と)へる心にハ
0146【あけぬ夜に】−明石上
  いつれを夢とわきてかたらむほのかなる」34オ

  けはひ伊勢のミやす所にいとようおほ
  えたり・なに心もなくうちとけてゐたり
0147【なに心もなく】−明石上
  ける越・かう物おほえぬにいとわりなくて・ちか
  かりけるさうしのうちに入て・いかてかため
0148【さうし】−障子
  けるにか・いとつよきを・しゐてもをした
0149【をしたち】−源ノ
  ち給はぬさまなり・されとさのミもいかてか
  あらむ・人さまいとあてにそひへて心はつ
  かしきけハひそしたるかうあなかちなり
  ける契をおほすにも・あさからすあはれ
  なり御心さしのちかまさりするなるへし・」34ウ

  つねハいとハしき夜のなかさもとく明ぬ
  る心ちすれハ・人にしられしとおほすも
  心あはたゝしうて・こまかにかたらひをき
  ていて給ぬ・御文いとしのひてそけふハある
0150【御文】−明石上
  あひなき御心のおになりや・こゝにもかゝる
0151【あひなき御心のおに】−京のきこえなと思給ふをいふなり
  こといかてもらさしとつゝミて御つかひこと
  ことしうも・もてなさぬをむ(む+ね)いたくおも
  へり・かくて後はしのひつゝ時/\おハす程
  も・すこしはなれたるにをのつから物いひ
  さかなきあまのこもや・たちましらんと」35オ

  おほしはゝかる程を・されはよと思ひなけ
  きたる越・けにいかならむと入道も極
  楽のねかひをハ忘て・たゝこの御けしき
  をまつことにハす・いまさらに心越みたるも・
  いと/\おしけなり・二条の君の風のつ
0152【二条の君】−紫
  てにももりきゝ給はむ事ハたはふれに
  ても心の・へたてありけると思うとまれ
  たてまつらん・こゝろくるしう・ハつかしう
  おほさるゝも・あなかちなる御心さしのほ
  となりかし・かゝる方のこと越を(を#<朱墨>)ハ(ハ&ハ)さすかに」35ウ

  心とゝめてうらみ給へりしおり/\なとて・
  あやなきすさひことにつけても・(も+さ)思ハれた
  てまつりけむなとゝりかへさまほしう人
  のありさまをみ給につけても・こひしさの
  なくさむかたなけれ(れ+は・)れいよりも御文
  こまやかにかき給て・まことやわれなから心
0153【まことや】−文詞
  よりほかなる猶さりことにて・うとまれたて
  まつりしふし/\を思出(出+ル<朱>)さへ・むねいたき
  に又あやしうものはかなき夢をこそみ
  侍しか・かうきこゆるとはすかたりに・へた」36オ

  てなき心の程ハおほしあはせよ・ちかひし
0154【ちかひしことも】−\<朱合点>「忘れしとちかひしことを(の&を<墨>)あやまたす(たは&たす<墨>)/みかさの山の神もことハれ<朱>」(付箋02 出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  こともなとかきて・なにことにつけても
    しほ/\とまつそなかるゝかりそめの
0155【しほ/\と】−源氏何事に付けてもにつゝけてしほ/\と
0156【かりそめの】−あかしのうへの事也
  みるめハあまのすさひなれともとある御
  返なに心なくらうたけにかきて・はてに(はてに#)
  忍ひかねたる御夢かたりにつけても・思ひ
0157【忍ひかねたる】−これハ二条の君の返事の詞也
  あはせらるゝことおほかるを
    うらなくも思ひけるかなちきりしを
0158【うらなくも】−紫の上也 心に表裏なきをいふ
  松より波ハこえし物そとおひらかなる
0159【松より波ハ】−古今君ををきてあたし心を(古今1003、花鳥余情・休聞抄・孟津抄・岷江入楚) 浦ちかくふりくる雪ハ白波ノ末ノ松山コスカトソミル(古今326・拾遺集239・古今六帖717・興風集7・63・寛平后宮歌合143、孟津抄・岷江入楚)
  物からたゝならすかすめ給へるを・いと哀に」36ウ

  うちをきかたくみ給て・なこりひさしう・
  しのひの旅ねもし給ハす・女思しも
0160【しのひの旅ね】−明石ノ上と
0161【女思しも】−明石上心中ありさま
  しるきに・いまそまことに身もなけつへ
0162【身もなけつへき】−<合点> 拾おなしくハ君とならひの池ニこそ身もなけつとも人にきかれめ 興風(後撰855・古今六帖1678、異本紫明抄・紫明抄・河海抄) たつねくる身をしとわすハよさの海に身もなけつへき心ちこそすれ(出典未詳)
  き心ちする行すゑみしかけなるお
  やはかりをたのもしき物にて・いつの世
  に人なみ/\になるへき身と思はさり
  しかと・たゝそこハかとなくて・すくしつる
  とし月ハなにこと越か心をもなやまし
  けむ・かういみしう物思はしき世にこ
  そありけれと・かねてをしハかり思ひし」37オ

  よりもよろつにかなしけれと・なたらかに
  もてなして・にくからぬさまに見えたて
  まつる・あはれとハ月日にそへておほしま
0163【あはれと】−源心中
  せと・やむことなきかたのおほつかなく
0164【やむことなき】−紫
  て・年月をすくし給ひ(△&ひ)・たゝならすうち
  思ひをこせ給らむか・いと心くるしけれハひ
  とりふしかちにてすくし給・ゑをさま/\
0165【ゑを】−源
  かきあつめて思ことゝも越かきつけ・返こと
  きくへきさまにしなし給へり・みむ人の
  心にしみぬへき物のさま(ま+なり・)いかてか空に」37ウ

  かよふ御心ならむ・二条の君も物あハれに
0166【二条の君】−紫
  なくさむ方なくおほえ給おり/\おな
  しやうにゑをかきあつめ給つゝ・やかて我
  御ありさまにきのやうにかき給へり・いか
0167【にき】−日記
  なるへき御さまともにかあらむ・年かハ
0168【年かハりぬ】−源氏廿七になり給ふ也
  りぬ・内に御くすりのことありて世中
  さま/\にのゝしる・たうたいの御こハ右
0169【たうたい】−朱
  大臣のむすめ・承香殿の女御の御はら
0170【むすめ】−鬚妹
  に・おとこみこむまれ給へる二になり給
0171【おとこみこ】−今上
0172【二に】−二歳事始具也
  へはいといはけなし・春宮にこそハゆつ」38オ
0173【春宮】−冷ー

  りきこえ給はめ・おほやけの御うし
  ろミをし世をまつりこつへき人を・お
  ほしめくらすにこの源氏のかくしつみ
  給こと・いとあたらしうあるましきことな
  れは・つゐに后の御いさめ越・そむきて・ゆ
  るされ給へきさためいてきぬ・こそより
  后も御物のけなやミ給い・さま/\の物の
  さとしゝきり・さハかしきをいみしき
  御つゝしミともをし給しるしにや・よろ
  しうおハしましける・御めのなやみさへこの」38ウ
0174【御めのなやみ】−朱ー

  比をもくならせ給て・物心ほそくおほさ
  れけれは・七月廿よ日の程に又かさね
  て京へかへり給へき宣旨くたる・つゐのこ
0175【つゐの】−遂
  とゝおもひしかと・よのつねなきにつけても・
  いかになりはつへき(き+に)かとなけき給を・かう
  にハかなれハ・うれしきにそへても・又この
  浦を今はと思はなれむこと越おほし
  なけくに・入道さるへき事と思ひな
  からうちきくよりむねふたかりておほ
  ゆれと・思ひのことさかへ給ハゝこそハ・我お」39オ

  もひのかなふにハあらめなと思ひな越す・
  そのころハよかなれなくかたらひ給・六月は
  かりより心くるしきけしきありてなや
0176【心くるしきけしき】−みな月の比より明石の上たゝもなくなり給ふ也
  みけり・かくわかれ給へきほとなれハ・あや
  にくなるにやありけむありしよりも哀
  におほして・あやしう物思へき身にも有
  けるかなとおほしみたる・女ハさらにもいは
  すおもひしつミたりいとことハりなりや・
  思ひのほかにかなしきみちにいてたち
  給しかと・つゐ(ゐ=イ<朱>)にハ行めくりきなむと・か」39ウ

  つハおほしめも(めも#)なくさめき・このたひハ
  うれしき方の御いてたちの・又やは帰
  みるへきとおほすにあハれなり・さふらふ
  人/\ほと/\につけては・よろこひ
  おもふ京よりも御むかへに人/\まいり・
  心地よけなる越あるしの入道涙に
  くれて・月もたちぬ程さへ哀なる空の
0177【月もたちぬ】−七月になる也
0178【程さへ哀なる空】−これよりハ源氏の君の御心といふ
  けしきに・なそや心つから今も昔も
  すゝろなる事にて身をはふらかすらむ
  と・さま/\におほしみたれたる越心しれる」40オ

  人/\ハ・あなにく・れいの御くせそと見た
  てまつりむつかるめり月ころハ露人に
  けしき見せす時/\はひまきれなとし
  給へるつれなさ越この比あやにくに中/\(/\+の)
  人の心つくしにかとつきしろふ・少納言
0179【少納言】−良清か事也
  しる人してきこえいてしハしめの事な(な+と)
  さゝめきあへるをたゝならすおもへり・あ
  さてはかりに成てれいのやうにいたくも・
  ふかさてわたり給へり・さやかにもまたみた
  まハぬかたちなと・いとよし/\しう・けた」40ウ

  かきさましてめさましうもありける
  かなと・見すてかたくゝちをしうおほ
  さる・さるへきさまにしてむかへむとお
  ほしなりぬ・さやうにそかたらひなくさめ
  給・おとこの御かたちありさまはたさらに
  もいハす・としころの御おこなひにいたく
  おもやせ給へるしも・いふかたなくめてた
  き御ありさまにて・心くるしけなるけしき
  にうち涙くミつゝ・あハれふかく契給へるは・た
  たかはかりをさいはひにても・なとかやま」41オ

  さらむとまてそ見ゆめれと・めてたきに
  しも我身の程をおもふもつきせす・波の
  声秋の風にハ猶ひゝきことなり・塩やく
  煙かすかにたなひきて・とりあつめたる所
  のさまなり
    このたひハたちわかるとももしほやく
0180【このたひハ】−源氏
  けふりハおなしかたになひかむとのたまへハ
    かきつめてあまのたくものおもひにも
0181【かきつめて】−明石上
  いまはかひなきうらみたにせし哀に
  うちなきてことすくなゝる物から・さるへき」41ウ

  ふしの御いらへなとあさからすきこゆ・こ
0182【このつねに】−詞
  のつねにゆかしかり給物のねなと・さらに
  きかせたてまつらさりつる越・いみしう
  うらみ給・さらはかたみにも・しのふはかりの
  一こと越たにとの給て・京よりもてをハし
  たりしきんの御ことゝりにつかハして・心
  ことなるしらへを・ほのかにかきならし給へ
  る・ふかき夜のすめるハたとへんかたなし・
  入道えたへてさうのこととりてさしいれ
  たり・みつからもいとゝ涙さへそゝのかされ」42オ

  てとゝむへきかたなきにさそはるゝなる
  へし・しのひやかにしらへたる程いと上すめ
  きたり・入道の宮の御ことのねをたゝいまの
0183【入道の宮】−薄
  又なき物に思ひきこえたるハ・いまめかし
  うあなめてたときく人の心ゆきて・かた
  ちさへ思やらるゝことハ・けにいとかきりなき
  御ことのねなり・これハあくまてひきすま
  し心にくゝねたきねそまされる・この
  御心にたにハしめてあハれになつかしう・また
  みゝなれ給ハぬてなと・心やましきほとに」42ウ

  ひきさしつゝ・あかすおほさるゝにも・月
  ころなとしゐても・聞ならささりつらむ
  と・くやしうおほさる心のかきり行さき
  の契をのミし給・きんハ又かきあはする
  まてのかたミにとのたまふおんな
    猶さりにたのめをくめるひとことを
0184【猶さりに】−明石上
0185【ひとことを】−琴によせたり
  つきせぬねにやかけてしのはんいふとも
0186【ねにやかけて】−なくねによせたり
  なきくちすさひをうらみ給て
    あふまてのかたみにちきる中のをの
0187【あふまての】−けんし
0188【中のを】−六より十まての緒をいふにや調子のをなるへし
  しらへハことにかハらさらなむこのねたか」43オ
0189【たかはぬさき】−早速心

  ハぬさきにかならすあひみむとたのめ給
  めり・されとたゝわかれむ程のわりなさ
  をおもひむせひ(ひ#)たるもいとことハりなり・
  たち給あか月ハ夜ふかくいて給て御むか
0190【たち給】−源京へ七月
  への人/\もさハかしけれハ・心も空なれ
  と人ま越・はからひて
    うちすてゝたつもかなしきうら波の
0191【うちすてゝ】−けんし
0192【たつもかなしき】−帰京の心をよせたり
  なこりいかにと思ひやるかな御かへり(かへり$返<朱>)
    年へつるとまやもあれてうき波の
0193【年へつる】−明石上この哥の心ハうらみたる心ナリ
  かへるかたにや身をたくへましとうち思ひ」43ウ

  けるまゝなるをみ給にしのひ給へと・ほろ/\
  とこほれぬ・心しらぬ人/\ハ猶かゝる御すさ(さ#ま)
  ひなれと・としころといふはかりなれ給へる
  を・いまはとおほすハさもあることそかし
  なとミたてまつる・よしきよ△(△#)なとハを
  ろかならす・おほすなむめりかしとにくゝ
  そ思・うれしきにもけにけふをかきりに・
  このなきさ越わかるゝことなと哀かりて
  くち/\しほたれいひ(△&ひ)あへる事ともあめ
  り・されとなにかハとてなむ・入道けふの」44オ

  御まうけいといかめしうつかうまつれり人
  人しものしなまて旅のさうそくめつら
0194【さうそく】−装束
  しきさまなり・いつのまにか・しあへけむ
  と見えたり・御よそひハいふへくもあらす・
  みそひつあまたかけたまハす・まことの都
  のつとにしつへき御をくり物とも・ゆへつ
  きて思ひよらぬくまなし・けふたてまつる
  へきかりの御さうそくに
    よる波にたちかさねたるたひ衣
0195【よる波に】−入道
  しほとけしとや人のいとはむとある越」44ウ
0196【しほとけし】−しほたれたる心ナリ

  御覧しつけて・さはかしけれと
    かたみにそかふへかりけるあふことの
0197【かたみにそ】−源氏
  日かすへたてん中のころも越とて心さし
  ある越とてたてまつりかふ・御身になれたる
0198【御身になれたる】−この用と御身になれたる御そを形見にとてとゝめおき給ふナリ
  とも越つかはす・けにいまひとへしのハれ給へ
  きこと越そふる形見なめり・えならぬ御そ
  ににほひのうつりたるを・いかゝ人の心にも
  しめさらむ・入道いまはと世をはなれ侍にし
  身なれとも・けふの御をくりにつかうまつら
  ぬことなと申て・かひをつくるも・いと越し」45オ

  なからわかき人ハわ(わ+ら)ひぬへし
    よ越うみにこゝらしほしむ身と成て
0199【よ越うみに】−入道 よ越いとふを海によそへたる也
  猶このきし越えこそはなれね心のやミハ
0200【このきし】−このきしとハうき世のきしなり
  いとゝまとひぬへく侍れハさかひまてたにと
0201【さかひまて】−在所ノ
  きこえて・すき/\しきさまなれと・おほし
  いてさせ給おり侍らハなと・御けしき給ハる
  ・いミしう物を哀とおほして所/\・うちあかミ
0202【うちあかミ給へる】−なかんとてハまつかほのあかくなるをいふなり
  給へる御まみのわたりなと・いはむかたな
  くみえ給・思ひすてかたきすちもあめれハ・
  いまいと・ゝく・ミな越し給てむ・たゝこのす」45ウ

  みかこそ見すてかたけれ・いかゝすへきとて
    宮こいてし春のなけきにおとらめや
0203【宮こいてし】−源氏
  としふる浦をわかれぬる秋とてをしの
  こひ給へるに・いとゝ物おほえすしほたれま
  さる・たちゐもあさましうよろほふ・さう
0204【よろほふ】−父母恩重経云阿嬢懐子十月之中起座不安[敬+手]重担飲不下如長病人
  しミの心ちたとふへきかたなくて・かうし
  も人に見えしと思ひしつむれと・身の
  うきを・もとにてわりなきことなれと・うち
  すて給へるうらみのやるかたなきに・
  たけきことゝハたゝ涙にしつめり・はゝ君」46オ
0205【はゝ君】−明石上母

  もなくさめわひてハなにゝかく心つくし
  なること越・思ひそめけむすへてひか/\
  しき人にしたかひける・心のをこたりそと
  いふ・あなかまやおほしすつましきことも
  物し給めれハ・さりともおほすところあらむ
  思なくさめて・御ゆなと越たにまいれ・あな
  ゆゝしやとてかたすミにより居たり・めの
  と母君なとひかめる心越いひあはせつゝ・い
  つしかいかておもふさまにて見たてまつ
  らむと年月をたのミすくし・いまや」46ウ

  思かなふとこそたのミきこえつれ・心くる
  しき事をも・物ハしめに見るかなとなけく
  をみるにもいとおしけれハ・いとゝほけられて・
0206【ほけられて】−耄<ホレタリ>
  ひるハ日ゝとひ・いをのミねくらし・よるは
0207【ひるは日ゝとひ】−一日ハぬる事はかりする心也明石入道のありさま也
  すくよかにおきゐて・すゝの行ゑもしら
  すなりにけりとて・て越ゝしすりてあふ
0208【て】−手
  きゐたり・てしともにあはめられて月夜
0209【てし】−弟子
  にいてゝ行道するものハ・やり水にたふれ
  入にけり・よしあるいはのかたそハにこしも
  つきそこなひて・やミふしたる程になん・」47オ

  すこし物まきれける・君ハなにはのかたに
0210【君は】−源氏
  わたりて御はらへし給て・住吉にもたいらか
  にて色/\の願はたし申へきよし・御つか
  ひして申させ給・にはかに所せう(う+て・)みつから
  ハこのたひえまうて給ハす・ことなる御せう
0211【せうえう】−逍遥
  えうなとなくていそきま(ま#)いり給ぬ・二条
  院におはし(し+まし<朱>)つきて・宮この人も御との人
  も夢の心ちしてゆきあひ・よろこひなき
  ともゆゝしきまてたちさはきたり・
  女君もかひなき物におほしすてつる命」47ウ
0212【女君】−紫上

  うれしうおほさるらむも(も#)かし・いとうつくし
  けに・ねひとゝのほりて御物思ひのほとに
  所せかりし御くしのすこし・つ(つ#へ)かれたる
  しもいみしうめてたき越・いまはかくて
  みるへきそかしと・御心おちゐるにつけて・
  ハ(ハ&ハ)又かのあかすわかれし人のおもへりし
0213【かのあかすわかれし人】−明石上事
  さま心くるしうおほしやらる・猶よ(よ&よ)とゝも
  にかゝるかたにて・御心のいとまそなきや・そ
  の人のことゝもなときこえいて給へり・お
  ほしいてたる御けしきあさからすみゆる」48オ

  を・たゝならすや見たてまつり給らん・わさ
  とならす身をはハ思ハすなと・ほのめかし
0214【身をハ思ハす】−\<朱合点> 拾わすらるゝ身をハおもハすちかひてし人の命のおしくもあるかな(拾遺集870・拾遺抄351・古今六帖2967、大和物語118、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  給そをかしうらうたくおもひきこえ給・
  かつみるにたに・あかぬ御さまをいかてか/\(か/\#)
  へたてつる年月そと・あさましきまて
  おもほすに・とりかへし世中もいとうらめ
  しうなん・ほともなくもとの御位あらたまり
0215【もとの御位】−この間のくらゐハ参議の大将なれハすなハちその官位にあらたまりてやかて権大納言にあかり給ふ也
  て・数よりほかの権大納言になり給・つき/\
0216【数よりほかの権大納言】−職員令大納言二人寛平遺誡大納言勿過正権三人
  の人もさるへきかきりハもとのつかさ返し
  給ハり世にゆるさるゝほと・かれたりし木の春」48ウ

  にあへる心ちしていとめてたけなり・めしあり
  て内にまいり給・御前にさふらひ給に・ねひ
  まさりて・いかて・さる物むつかしきすまゐ
  に・としへ給つらむと見たてまつる・女房
  なとの院の御時さふらひて・老しらへる
  ともハ・かなしくていまさらになきさハき
  めてきこゆ・うへもはつかしうさへおほし
  めされて・御よそひなとことにひきつくろひ
  ていておハします・御心ちれいならて日こ
  ろへさせ給けれハ・いたうおとろへさせ給へるを・」49オ

  昨日けふそすこしよろしうおほされける・
  御物かたりしめやかにありて夜に入ぬ・十五
  夜の月おもしろうしつかなるに・むかしの
  ことかき(き+つ<朱>)くつ(つ#<朱>)しおほしいてられてしほた
0217【かきつくし】−詞
  れさせ給・物心ほそくをほさるゝなるへし・
  あそひなともせす昔きゝし物のねなと
  も・きかて久うなりにけるかなな(な#)と・のたま
  はするに
    わたつ海にしなへうらふれひるのこの
0218【わたつ海に】−\<朱合点> 源氏 古今秋萩にうらふれおれハ足引の山したとよミ鹿そ鳴なる(古今216、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
0219【ひるのこの】−蛭の子をよめるハ三とせといはん為也
  あしたゝさりし年ハへにけりときこえ」49ウ
0220【あしたゝさりし】−かそいろハいかに哀とおもふらん三とせになりぬ足たゝすして(和漢朗詠697、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  給へりいとあはれに心はつかしうおほされて
    宮ハしらめくりあひけるときしあれは
0221【宮ハしらめくり】−御門返し 伊弉諾伊弉冊の尊天の御柱をめくりて一面にあひ給ふ事をいへり蛭の子足たゝぬともよせ侍り
  わかれし春のうらみのこすないとなまめ
  かしき御ありさまなり・院の御ために八講お
0222【院の】−桐
  こなはるへきこと・まついそかせ給・春宮
  を見たてまつり給に・こよなくおよすけ
  させ給て・めつらしうおほしよろこひたる
  を・かきりなく哀と見たてまつり給御さへ
  もこよなくまさらせ給て・世越たもたせ
  給はむに・はゝかりあるましくかしこく」50オ

  みえさせたまふ・入道の宮にも・御心すこ
0223【入道の宮】−藤壺
  しゝつめて・御たいめんの程にも哀なる事と
  もあらむかし・まことやかのあかしにはかへ
0224【かへる浪に】−打おへりの人のかへりにつけて文やり給ふ也
  る浪に・御文つかハす・ひきかくして・こまやか
  にかき給めり波のよる/\いかに
0225【波のよる/\】−\<朱合点> 伊勢集あまを舟われも思をつけてしを浪のよる/\まつと思ハん(出典未詳、異本紫明抄・花鳥余情・休聞抄・孟津抄・岷江入楚)
    なけきつゝあかしの浦にあさ霧の
0226【なけきつゝ】−けんし 明石の浦をたちて都へのほるかと待給ふ心ナリ
  たつやと人を思ひやるかなかのそちの
  むすめ五節あいなく人しれぬ物おもひ
0227【物おもひ】−まさる心にいへり
  さめぬる心ちして・まくなきつくらせて・さ
0228【まくなき】−摩愚那岐別可習也
  しをかせけり」50ウ

    すまの浦に心越よせしふな人の
0229【すまの浦に】−五節君
  やかてくたせる袖をミせはやてなとこ
  よなく・まさりにけりと見おほせ給て・つか
  はす
    帰てハかことやせましよせたりし
0230【帰てハ】−源氏
0231【かことやせまし】−かこちやせまし也
  なこりに袖のひかたかりしをあかすをか
0232【なこり】−浪をいへり 後いたつらに立かへりにし白浪の名残に袖のひる時もなし(後撰884・朝忠集12、異本紫明抄・花鳥余情・一葉抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  しとおほししなこりなれハおとろかされ
  給て・いとゝおほしいつれと・この比ハさや
  うの御ふるまひさらにつゝミ給めり・花ちる
  さとなとにもたゝ御せうそこなとハかり」51オ

  にて・おほつかなく中/\うらめしけなり

  源氏廿六歳の三月十三日須磨より明石に浦つたひして
  廿七の七月帰京まて二年の事あり以哥并詞為
  巻名」51ウ

  せきふきこゆる<行平中納言哥可尋
          能宣朝臣哥似之>
  三五夜中新月色 二千里外故人心
  去年今夜侍清涼 秋憶詩篇独断腸
  恩賜御衣今在此 捧持毎日拝余香
  馬長無驚時変改 一葉一落是春秋
  史記
   趙高指鹿謂馬<秦二世時>
  王昭君
  翠黛紅顔錦繍粧 泣尋沙塞出家郷」52オ

  辺風吹断秋心緒 瀧水流添夜涙行
  胡角一声霜後夢 漢宮万里月前腸
  昭君若贈黄金賂 寔是終身奉帝王
  たゝこれ西にゆくなり 未勘
  うれしきもひとつなミたそこほれけり
   文集 香鑪峯下社卜山居草堂
  五架之間新草堂 石階松柱竹編墻
  十年三月卅日別徽之於[水+豊]上
  十四年三月十一日遇徽之於峡中
  停舟夷陵三宿之別言不然者以詩終寔」52ウ

  七言十七誼之中
  一別五年方見面 語到天明竟不眠
  生涯共寄蒼波上 郷国倶抛白日辺
  往事渺茫都似夢 旧遊零落半帰泉
  酔悲灑涙春盃裏 吟苦支顛暁燭前
   已上すまのまきの奥書也
             謬書之」53オ

二校<朱>」(表表紙蓋紙)