First updated 05/31/2001(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-5)
渋谷栄一翻字(C)

  

須 磨

凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「須ま」(題箋)

  世中いとわつらハしくハしたなきことのみ
  まされハ・せめてしらすかほにありへても
  これよりまさることもやとおほしなりぬ・
  かのすまハむかしこそ人のすみかなとん(ん=も<朱>)
  ありけれいまハいとさとはなれ心すこく
  て・あまのいゑたにまれになときゝ給へと
  人しけくひたゝけたらむすまゐハ・いとほ
0001【ひたゝけ】−叨ハ人シケクカマヒスシキ心
  いなかるへし・さりとてみやこをと越さからん
  もふるさとおほつかなかるへきを人わるくそ
  おほしみたるゝ・よろつのこときしかたゆく」1オ

  すゑ・おもひつゝけ給にかなしきこといとさま/\
  なり・うきものと思ひすてつる世も・いま
  ハとすみはなれなん事をおほすにハ・いとすて
  かたきことおほかる・なかにもひめ君のあけくれに
0002【ひめ君】−紫上
  そへてハおもひなけき給へるさまの心くるし
  うあはれなるを・ゆきめくりても又あひ
0003【ゆきめくりて】−\<朱合点>
0004【又あひ見む事】−古今 下ノ帯の道ハかた/\わかるとも行めくりてハあハんとそ思ふ(古今405・新撰和歌200・古今六帖3359・友則集59、岷江入楚・湖月抄)
  見む事をかならすとおほさむにてたに・
  な越一二日のほとよそ/\にあかしくらす・
  おり/\たにおほつかなきものにおほえ・女
  君も心ほそうのミおもひ給へるを・いくとせ」1ウ

  そのほとゝかきりあるみちにもあらす・あふ
  をかきりに・へたゝりゆかんもさため
  なき世に・やかてわかるへきかとてにもやと
0005【かとてにもや】−\<朱合点> 引 カリソメノ行カヒチトソ思コシ今ハカキリノカトテナリケリ(古今862・大和物語233、紫明抄・河海抄)
  いみしうおほえ給へハ・しのひてもろともに
  もやとおほしよるおりあれと・さる心ほそ
  からん・うミつらのなミ風よりほかに・たち
  ましる人もなからんにかくらうたき御
  さまにてひきくし給つ(つ$へ<朱>)らむもいとつきな
  く・わか心にも中/\物おもひのつまなるへき
  をなと・おほしかへすを・女君ハいみしからむ」2オ

  みちにもをくれきこえすたにあらハと
  おもむけて・うらめしけにおほいたり・かの
  花ちるさとにもおハしかよふことこそま
  れなれ心ほそくあはれなる御ありさま
  を・この御かけにかくれてものし給へハ・おほし
  なけきたるさまも・いとことハりなり・な越
  さりにてもほのかに見たてまつりかよひ
  給し・所/\人しれぬ心をくたき給人そ
  おほかりける・入道の宮よりもゝのゝきこえ
0006【入道の宮】−藤ツホ御事
  や又いかゝとりなさむと・わか御ため・つゝまし」2ウ

  けれと・しのひつゝ御とふらひつねにあり・む
  かしかやうにあひおほしあハれをも見せ
  たまハましかハと・うちおもひいて給にも・さも
  さま/\に心をのミつくすへかりける人の
  御ちきりかなと・つらく思きこえ給・三月
0007【三月はつかあまりのほとに】−西宮左大臣安和二年三月廿六日左遷太宰府ニ
  はつかあまりのほとになむみやこをは
  なれ給ひける・人にいつとしもしらせ給
  ハす・たゝいとちかうつかうまつりなれたる
  かきり七八人はかり御ともにて・いとかすかに
  いてたちたまふ・さるへき所/\に御ふミ」3オ

  はかりうちしのひ給ひしにも・あはれと・し
  のはるハかりつくい給へるハ見所もありぬへ
  かりしかと・そのおりの心ちのまきれにはか/\
0008【そのおりの】−作者詞
  しうもきゝをかすなりにけり・二三日かね
  てよに(△△&よに)かくれておほいとのにわたり給へり・
0009【おほいとのに】−摂政
  あんしろくるまのうちやつれたるにて
  女くるまのやうにてかくろへ△(△#い)り給も・いと
  あはれにゆめとのミみゆ・御方いとさひし
0010【御方】−葵上跡
  けにうちあれたる心ちして・わか君の
0011【わか君】−夕霧
  御めのとゝもむかしさふらひし人のなかに」3ウ

  まかてちらぬかきり・かくわたり給へるを
  めつらしかり△(△#き<墨朱>)こえて・まうのほりつとひ
  てみたてまつるにつけても・ことにもの
  ふかゝらぬわかき人/\さへよのつねなさ
  おもひしられて涙にくれたり・わか君ハ
0012【わか君】−夕霧
  いとうつくしうて・されハしりおハしたり
  ひさしきほとにわ(△&わ)すれぬこそあハれなれとて・
  ひさにすゑたまへる御けしきしのひ
  かたけなり・おとゝこなたにわたり給ひて
  たいめし給へり・つれ/\にこもらせ給へ」4オ
0013【つれ/\に】−摂政詞

  らむほと・なにと侍らぬむかしものかたり
  もまいりてきこえさせむとおもふ給へれ
  と・身のやまひをもきによりおほやけ
  にもつかうまつらす・くらゐをもかつ(つ$へ<朱>)したて
  まつりて侍に・わたくしさまにはこし
0014【こしのへて】−蟄居人
  のへてなむとものゝきこえひか/\し
  かるへきを・いまは世中はかるへき身にも
  侍らねと・いちはやきよのいとおそろしう
0015【いちはやき】−最強 最早
  侍なり・かゝる御事を見たまふにつけて
  いのちなかきハ・心うくおもふ給えらるゝ」4ウ

  よのすゑにも侍かな・あめのしたをさか
  さまになしてもおもふたまへよらさりし
  御ありさまを見たまふれハ・よろついと
  あちきなくなんときこえ給ひて・いたう
  しほたれ給・とあることもかゝる事もさき
0016【とあることも】−源詞
  のよのむくひにこそ侍なれハ・いひもて
  ゆけハたゝ身つからのをこたりになむ
  侍・さしてかく官尺をとられすあさはか
0017【官尺をとられ】−除名事
  なることにかゝつらひてたに・おほやけ
  のかしこまりなる人のうつしさまにて」5オ
0018【うつしさま】−よのつねさまの心也

  世中にありふるハ・とかおもきわさに
0019【とか】−咎
  人のくにゝもし侍なるを・と越くハなち
  つかはすへきさためなとも侍るなるハ
  さまことなるつミにあたるへきにこそ
  侍るなれ・にこりなき心にまかせて・つれ
  なくすくし侍らむもいとはゝかりおほく・
  これよりおほきなるはちにのそまぬ
  さきに・世をのかれなむとおもふ給へ
  たちぬるなと・こまやかにきこえ給・
  むかしの御ものかたり院の御事おほし」5ウ

  のたまハせし御心はへなときこえいて
  給て・御な越しのそてもえひきはなちた
  まハぬに・君もえ心つよくもてなし
  給ハす・わかきミのなに心なくまきれ
  ありきてこれかれになれきこえ給を
  いみしとおほいたり・すき侍にし人を世に
0020【すき侍にし人】−葵上事
  おもふ給へわするゝよなくのミいまにかな
  しひ侍を・この御事になむもし侍
  世ならましかハ・いかやうにおもひなけき
  侍らまし・よくそみしかくて・かゝるゆめを」6オ

  見すなりにけると思給なくさめ侍・おさ
  なくものし給うか・かくよハひすきぬる中
  にとまり給て・なつさひきこえぬ月
0021【なつさひ】−昵
  日やへたゝり給ハむと思たまふるをなむ・
  よろつのことよりもかなしう侍・いにしへ
  の人もまことにおかしあるにてしも・か
  かる事にあたらさりけり・猶さるへき
  にて人のみかとにもかゝるたくひおほう
  侍りけりされと・いひいつるふしありて
  こそさることも侍けれ・とさまかうさまに」6ウ

  思給へよらむかたなくなむなに(に$と<朱>・)おほくの
  御ものかたりきこえ給・三位中将もま
  いりあひ給て・おほみきなとまいり給ふに
  夜ふけぬれハとまり給て・人/\御まへに
  さふらハせ給てものかたりなとせさせ給・
  人よりハこよなうしのひおほす中納言
0022【中納言の君】−葵上女房
  の君・いへはえにかなしうおもへるさまを・人
0023【いへはえに】−\<朱合点> いえハえにふかくかなしき笛竹ノよこゑや誰ととふ人もかな<右>(新勅撰946・古今六帖3409、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) いへはえにいはねはむねにさハかれて心ひとつになけく比哉<左>(新勅撰635・伊勢物語68・業平集107、異本紫明抄・河海抄)
  しれすあはれとおほす・人ミなしつまり
  ぬるにとりわきてかたらひ給・これにより
  とまり給へるなるへし・あけぬれハ夜ふかう」7オ

  いて給ふにありあけの月いとおかし・花の
  木ともやう/\さかりすきて・わつかなるこかけ
  のいとしろきにハにうすくきりわたりたる・そ
  こはかとなくかすミあひて・秋の夜のあハれ
  におほくたちまされり・すミのかうらむ
  にをしかゝりてとはかりなかめ給・中納言の
  君見たてまつりをくらむとにや・つまとをし
  あけてゐたり・又たいめむあらむことこそ
0024【又たいめむあらむこと】−源氏御詞
  おもへハいとかたけれかゝりけるよ越しらて
  心やすくもありぬへかりし月ころさしも」7ウ

  いそかてへたてしよなとのたまへハ・ものも
  きこえすなく・わか君の御めのとの宰(△&宰)
  相の君して宮のおまへより御せうそこ
0025【宮のおまへ】−葵上御母也
  きこえ給へり・身つからきこえまほし
  きを・かきくらすミたり心ちためらひ侍ほ
  とに・いとよふかういてさせ給なるも・さまかはり
0026【さまかはり】−葵上ノまします世ならハかくハあるましき心也
  たる心ちのミし侍かな・心くるしき人のいき
  たなきほとハしハしもやすらハせ給ハてとき
  こえ給へれハ・うちなきたまひて
    とりへ山もえしけふりもまかふやと」8オ
0027【とりへ山】−源ー
0028【けふりも】−葵上事也

  あまのしほやくうらみにそゆく御返とも
  なくうちすし給て・あか月のわかれはかう
0029【あか月のわかれ】−\<朱合点> 暁ノ別ハいつもおしめとも今日ノ今夜ニにる時そなき(出典未詳)
  のミや心つくしなる・思しり給へる人もあら
  むかしとの給へハ・いつとなくわかれといふもし
0030【わかれといふもし】−江文通カ別賦ニ黯<アシキ>然トシテ銷魂者ハ唯別而已矣<ナリ>
  こそうたて侍るなるなかにも・けさは猶た
  くひあるましうおもふ給へらるゝほとかなと
  はなこゑにてけにあさからすおもへり・きこえ
  させまほしきことも返々おもふたまへなから・
  たゝにむすほゝれ侍ほとをしはからせ給へ・い
  きたなき人ハ見たまへむにつけても・中/\」8ウ
0031【いきたなき人】−若公事

  うきよのかれかたうおもふ給へられぬへけれハ・
  心つよう思給へなして・いそきまかて侍と
  きこえ給・いて給ふほとを人/\のそきて
  見たてまつる・いりかたの月いとあかきに
  いとゝなまめかしうきよらにて・ものをおほい
  たるさま・とらおほかみたになきぬへし・
0032【とらおほかみたに】−おそろしき物も本心をうしなふ心也
  ましていはけなくおハせしほとより見たて
  まつりそめてし人/\なれハ・たとして(て$<朱>へ<墨>)なき
  御ありさまを・いみしとおもふまことや御返
    なき人のわかれやいとゝへたゝらむ」9オ
0033【なき人の】−大宮返し

  けふりとなりし雲井ならてハとりそへて
  あはれのミつきせすいて給ひぬるなこり
  ゆゝしきまてなきあへり・とのにおはしたれハ
0034【とのに】−二条院
  わか御方の人/\もまとろまさりけるけし
  きにて・所/\にむれゐてあさましとのミ
  世をおもへるけしきなり・さふらひにハした
  しうつかまつるかきりハ・御ともにまいるへき
  心まうけして・わたくしのわかれおしむ
  ほとにや人もなし・さらぬ人はとふらひま
  いるも・をもきとかめあり・わつらハしきこと」9ウ

  まされは・所せくつとひしむまくるまのかた
  もなくさひしきに世ハうきものなりけりと
  おほししらる・大はむなともかたへハちりハミて・
  たゝミ所/\ひきかへ(△&へ)したり・見るほとたに
  かゝりましていかにあれゆかんとおほす・にしの
0035【にしのたいに】−紫上ノマシマス方
  たいにわたり給へれは御かうしもまいらてなか
  めあかしたまひけれハ・すのこなとにわかき
  ハらハへところ/\にふして・いまそおきさ
  ハくとのゐすかたともおかしうているをみ
  たまふにも・心ほそうとし月へハかゝる人」10オ

  人もえしもありはてゝやゆきちらむなと・
  さしもあるましき(き+こ<朱>)とさへ御めのみとまり
  けり・よへハしか/\して夜ふけにしかハなん・
  れいのおもはすなるさまにや・おほしなし
  つる・かくて侍ほとたに御めかれすとおもふを・
  かくよ越はなるゝきはにハ・心くるしきことの
  をのつからおほかりける・ひたやこもりにてやハ・
  つねなき世に人にもなさけなきものと・
  心を△(△#)かれはてんといとおしうてなむとき
  こえ給へハ・かゝるよ越見るよりほかにおもハす」10ウ
0036【かゝるよを】−紫詞

  なることハなに事にかとハかりのたまひて・いみ
  しとおほしいれたるさま人よりことなるを
  ことハりそかし・ちゝみこいとおろかにもとより
0037【ちゝみこ】−兵部卿宮
  おほしつきにけるに・ましてよのきこえを
  わつらハしかりて・をとつれきこえ給はす・
  御とふらひにたにわたり給はぬを・人の見るらむ
  こともはつかしく中/\しられたてまつらて
  やミなましを・まゝハゝのきたの方なとの
  にわかなりしさいはひのあわたゝしさ
  あなゆゝしや・おもふ人方/\につけてわかれ」11オ
0038【方/\につけて】−紫上たのみ給へる人々に別給ふをいふ母君うは君今又源氏ノ君ニいきて別給ふをいへり

  給ふ人かなとのたまひける越・さるたより
  ありてもりきゝ給ふにも・いみしう心うけ
  れハ・これよりもたえてをとつれきこえ
  給はす・又たのもしき人もなくけにそ
  あはれなる御ありさまなる・猶よにゆるされ
  かたうてとし月をへハいはほのなかにも
  むかへたてまつらむ・たゝいまは人きゝのいと
  つきなかるへきなり・おほやけにかしこ
  まりきこゆる人ハあきらかなる月日の
  かけをたにみすやすらかに・みをふる」11ウ

  まふこともいとつミをもかなり・あやまち
  なけれとさるへきにこそかゝることもあらめと
  思に・ましておもふ人くするハれいなき
  ことなるを・ひたおもむきにものくるをしき
  世にて・たちまさることもありなんなとき
  こえしらせ給・日たくるまておほとのこも
  れり・帥宮・三位中将なとおはしたりたいめ
0039【帥宮】−源ノ御おとゝ也
0040【三位中将】−紫兄
  し給はむとて御な越しなとたてまつる・
  くらゐなき人ハとてむもん(ん+の<朱>)な越し中/\
  いとなつかしきをき給て・うちやつれ給へる」12オ

  いとめてたし・御ひんかき給とてきやうた
  いにより給へるにおもやせ給へるかけの
  我なからいとあてにきよらなれハ・こよ
  なうこそおとろへにけれ・このかけのやうに
  やゝせて侍・あはれなるわさかなとの給へハ・
  女君なミたひとめうけて見をこせ給へる
  いとしのひかたし
    身ハかくてさすらへぬとも君かあたり
0041【身はかくて】−源氏
0042【さすらへ】−流離
  さらぬかゝみのかけははなれしときこえ給へハ
    わかれてもかけたにとまるものならハ」12ウ
0043【わかれても】−紫上

  かゝみを見てもなくさめてましはしらか
  くれに・ゐかくれて涙をまきらハし給へる
  さま・猶こゝらみるなかにたくひなかりけりと
  おほししらるゝ人の(の+御)ありさまなり・みこは
0044【みこ】−帥宮
  あはれなる御ものかたりきこえ給て・くるゝ
  ほとにかへり給ひぬ・はなちるさとの心ほ
  そけにおほしてつねにきこえ給も・こと
  ハりにてかの人もいま・ひとたひみすハつ
  らしとや・おもハんとおほせハその夜ハ又いて
0045【いて給ふ】−花散へ
  給ふものからいとものうくて・いたうふかして」13オ

  おハしたれハ女御かくかすまへ給てたち
0046【女御】−麗涼殿
  よらせ給へることゝ・よろこひきこえ給さま
  かきつゝけむもうるさしいといみしう
0047【かきつゝけむも】−作者詞
  心ほそき御ありさまたゝ御かけにかくれてすく
  いたまへるとし月いとゝあれまさらむほと
  おほしやられて・とのゝうちいとかすかなり・
0048【とのゝうち】−麗ー
  月おほろにさしいてゝ・池ひろく山こふかき
  わたり心ほそけにみゆるにも・すみはなれた
  らむいはほのなかおほしやらる・にしおもてハ
0049【いはほのなか】−\<朱合点> いかならん岩ほの中ニすまハかハよのうき事ノキコえこさらん(古今952・古今六帖1002、岷江入楚)
  かうしもわたり給はすやと・うちくしてお」13ウ

  ほしけるに・あはれそへたる月かけのなまめか
  しうしめやかなるにうちふるまひ給へる・にほ
  ひ・にるものなくていとしのひやかにいり給へは・
  すこしゐさりいてゝ・やかて月をみておはす・また
  こゝに御物かたりのほとにあけかたちかうなりにけり・
  みしかよのほとやかはかりのたいめむも又ハ
  えしもやとおもふこそ・ことなしにてすくし
0050【ことなしにて】−無為 \<朱合点> 古今村鳥のたちにし<右>(古今674・新撰和歌272・古今六帖4430、異本紫明抄・紫明抄・河海抄) 床夏ノ花をたに見は事なしにすくる月日もミしかかりなん<左>(後撰200、異本紫明抄・河海抄・孟津抄)
  つるとしころもくやしう・きしかたゆくさきの
  ためしになるへき身にてなにとなく心のとまる
  世なくこそありけれとすきにしかたのことゝも」14オ

  の給ひてとりもしハ/\なけハ・世につゝミて
  いそきいて給・れいの月のいりはつるほとよ
0051【れいの月の】−三条ノ宮より返り給し暁の月の光思よそへられてあはれ也故ニ例ノ月ノ入かたといふ也上にみえたり
  そへられてあはれなり・女君のこき御そにう
0052【女君】−花散
  つりて・けにぬるゝかほなれハ
0053【ぬるゝかほ】−\<朱合点> あひにあひて物おもふころの我袖ハやとる月さへぬるゝかほなり<朱>(古今756・後撰1270・古今六帖330・伊勢集、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
    月かけのやとれるそてハせはくとも
0054【月かけの】−花ちる
  とめても見はやあかぬひかりをいみしとおほい
  たるか心くるしけれハ・かつハなくさめきこえ
  たまふ
    ゆきめくりつゐにすむへき月かけの
0055【ゆきめくり】−源し
  しハしくもらむそらなゝかめそおもへハはかなしや」14ウ

  たゝしらぬ涙のミこそ心をくらすものなれなと
  のたまひて・あけくれのほとにいて給ひぬよ
  ろつの事ともしたゝめさせ給・したしうつか
  まつり世になひかぬかきりの人/\・とのゝ事
  とりをこなふへき・かみしもさためをかせ給ふ・
  御ともにしたひきこゆるかきりハ・又えりいて
  給へり・かの山さとの御すミかのくハえさらす
  とりつかひたまふへきものとも・ことさらよ
0056【よそひ】−粧<ヨソヲヒ>
  そひもなくことそきて・さるへきふミとも・
0057【ことそきて】−略
  文集なといりたるはこさてハ琴ひとつそ」15オ
0058【文集なと】−白楽天ノ詩賦をあつめたる七十二巻アリ長慶集トいへり長慶年中にあつめたる故也

  もたせ給・ところせき御てうとはなやかなる
  御よそひなと・さらにくし給はすあや(や+し)の山かつ
  めきてもてなし給・さふらふ人/\よりハし
  めよろつのことみなにしのたいにきこえ
  わたし給・りやうし給みさうみまきよりハ
  しめてさるへき所/\券なと・ミなたてまつり
  をき給ふ・それよりほかのみくらまちおさめ
  とのなといふ事まて・少納言を・はか/\しき
0059【少納言】−紫乳母
  ものに見をき給へれハ・したしきけいし
  ともくしてしろしめすへきさまともの給」15ウ

  ひあつく・わか御方の中つかさ中将なとやうの
  人/\つれなき御もてなしなから見たて
  まつるほとこそなくさめつれなに事につけて
  かとおもへとも・命ありてこそ世に又かへるやうも
  あらむをまちつけむとおもはむ人ハこなたに
  さふらへとのたまひて・かみしもミなまうの
  ほらせ給・わか君の御めのとたち・花ちるさと
  なともおかしきさまのはさるものにてまめ/\
  しきすちにおほしよらぬことなし・内侍の
0060【内侍のかみ】−おほろ月
  かミの御もとにわりなくしてきこえ給・とハせ」16オ

  たまはぬもことハりに思ひ給へなからいまはと
  世をおもひはつるほ△(△#<朱墨>と<朱>)の・うさもつらさもた
  くひなきことにこそ侍けれ
    あふせなきなみたの河にしつみしや
0061【あふせなき】−源し
  なかるゝみおのハしめなりけむと思給いつ
  るのミなむつミのかれかたう侍ける・道のほと
  もあやうけれハこまかにハきこえ給はす・
  女いといみしうおほえ給てしのひ給へと御そて
  よりあまるもところせうなん
    なみたかハうかふみなハもきえぬへし」16ウ
0062【なみたかハ】−おほろ返し

  なかれてのちのせ越もまたすてなく/\み
  たれかき給へる御ていとおかしけなり・いまひと
  たひたいめなくやとおほすハ猶くちおしけれと・
  おほしかへしてうしとおほしなす・ゆかりおほうて・
0063【うしと】−朧
0064【ゆかり】−大后
  おほろけならすしのひ給へハいとあなかちにも
  きこえ給はすなりぬ・あすとてくれにハ
  院の御はかおかミたてまつり給とて・きた山
0065【院】−桐
0066【御はか】−山陵
0067【きた山へ】−内大臣家百首ニ定家卿春ハたゝ霞斗の山のはに
  へまうて給あか月かけて月いつる比なれは・
  まつ入道宮にまうて給ちかきみすの
  まへにおましまいりて・御身つからきこえ」17オ

  させ給・東宮の御事をいみしううしろ
0068【東宮】−冷泉
  めたきものに思きこえ給・かたミに心ふか
  きとちの御ものかたりハよろつあはれまさりけん
  かし・なつかしうめてたき御けハひのむかしに
  かハらぬにつらかりし御(御+心<朱>)はへもかすめきこえ
  させまほしけれと・いまさらにうたてとおほ
  さるへし・我御心にもなか/\いまひときハみ
  たれまさりぬへけれハねむしかへして・たゝ
  かく思ひかけぬつミにあたり侍もおもふ給へあ
  はすることのひとふしになむそらもおそろ」17ウ
0069【ひとふしに】−薄事

  しう侍・おしけなき身ハなきになしても
  宮の御世にたにことなくおハしまさハとのミ
0070【宮】−薄ー
  きこえ給そことハりなるや・宮もみなおほし
0071【宮】−薄ー
  しらるゝことにしあれハ御心のミうこきてき
  こえやり給はす・大将よろつの事かき
0072【大将】−源ー
  あつめおほしつゝけてなき給へるけし
  きいとつきせすなまめきたり・御山にまいり
0073【御山】−ミ 山陵をいふ
  侍を御ことつてやときこえ給に・とみにも
  のもきこえ給はす・ハりなくためらひ
  たまふ御けしきなり」18オ

    見しハなくあるハかなしきよのはてを
0074【見しはなく】−藤ツホ 桐ー あるハなくなきハ数そふ世中ニあハれいつれの日まてなけかん(新古今850・小町集51・為頼集26、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
0075【あるハ】−源ー
  そむきしかひもなく/\そふるいみしき御
  心まとひともにおほしあつむる事ともゝ
  えそつゝけさせ給はぬ
    わかれしにかなしき事ハつきにしを
0076【わかれしに】−源し
  またそこの世のうさハまされる月まちいてゝ
  いて給ふ・御ともにたゝ五六人はかり・しも人も
  むつましきかきりして御むまにてそおは
  するさらなる事なれと・ありし世の御あり
  きにことなり・みないとかなしう思なりなかに」18ウ

  かのみそきのひかりのみすいしんにてつかう
0077【みそき】−禊
  まつりし右近のそうのくら人・うへきかうふり
0078【右近のそう】−蔵人左近将監伊与守子紀伊守弟
0079【うへき】−得
0080【かうふり】−叙爵
  もほとすきつるをつゐにみふたけつられ・
0081【ほとすき】−蔵人巡給
0082【みふたけつられ】−除籍
  つかさもとられて・はしたなけれハ御ともに
  まいるうちなり・かものしものミやしろを・
  かれと見ハたすほとふとおもひいてられており
  て御むまのくちをとる
    ひきつれてあふひかさしゝそのかミを
0083【ひきつれて】−義清
  おもへハつらしかものミつかきといふを・けに
  いかにおもふらむ人よりけにはなやかなりし」19オ

  ものをとおほすも心くるし・君も御むまより
  おり給てみやしろのかたおかミ給・神にまかり
  申し給ふ
    うき世をハいまそわかるゝとゝまらむ
0084【うき世をは】−源し
  名をハたゝすの神にまかせてとのたまふ
  さまものめてするわかき人にて身にしミて
  あはれにめてたしと見たてまつる・御やまに
0085【御やま】−ミ
  まうて給て・おハしましゝ御ありさまたゝめ
  のまへのやうにおほしいてらる・かきりなき
0086【かきりなき】−うらやむ
  にても世になくなりぬる人そいハむかたなく」19ウ

  くちおしきわさなりける・よろつのこと越
  なく/\申給ひてもそのことはりをあらはに
  うけ給はりたまハねハ・さハかりおほしのたま
  ハせし・さま/\の御ゆいこんハいつちかきえう
  せにけんといふかひなし・御はかハみちの草
  しけくなりてわけいり給ほと・いとゝつゆ
  けきに月もかくれてもりのこたちこふか
  く心すこし・かへりいてんかたもなき心して
  おかみ給に・ありし御をもかけさやかに見え
  給へる・そゝろさむきほとなり」20オ

    なきかけやいかゝ見るらむよそへつゝ
0087【なきかけや】−源ー
  なかむる月も雲かくれぬるあけはつるほとに
  かへり給ひて・春宮にも御せうそこきこえ
  給・わう命婦を御かハりにてさふらハせ給へハ・
0088【御かハりにて】−藤ツホ中宮御出家ノ後三条宮ニおハしますを申侍也
  その御つほ(△&ほ)ね(ね+に)とてけふなんミやこはなれ侍・又
  まいりはへらすなりぬるなんあまたのうれへ
  にまさりておもふ給へられ侍・よろつをしは
  かりてけいしたまへ
    いつかまたはるのみやこのはなをみん
0089【いつかまた】−源ー
0090【みやこのはな】−春宮をよそへ給へる也
  ときうしなへる山かつにしてさくらのちりすき」20ウ

  たるえたにつけ給へり・かくなむと御らんせ
  さすれは・おさなき御心ちにも・まめたちて
0091【おさなき御心ち】−春宮八也
  おハします御返いかゝものし給らむとけい
  すれはしハし見ぬたに恋しきものを・
  と越くハましていかにといへかしとのたまハす・
  ものはかなの御返やとあはれに見たてまつる・
  あちきなきことに御心をくたき給ひし
  むかしのこと・おり/\の御ありさま思つゝけ
  らるゝにも・ものおもひなくて・我も人もすく
  いたまひつへかりけるよ越・心とおほしなけき」21オ

  けるをくやしう・わか心ひとつにかゝらむことの
  やうにそおほゆる・御返ハさらにきこえさせ
  やり侍らす・おまへにハけいし侍ぬ・心ほそけに
  おほしめしたる御けしきもいみしくなむと・
  そこハかとなく心のみたれけるなるへし
0092【心のみたれ】−二ノ心アリ
    さきてとくちるハうけれとゆく春ハ
0093【さきてとく】−王命婦
  花のみやこ越たちかへり見よときしあらは
0094【ときしあらは】−\<朱合点> 哥可勘 古今光なき谷ニハ春ノよそなれハさきてとくちる物おもひもなし(古今967・古今六帖1012・深養父集31、異本紫明抄・花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄)
  ときこえて・なこりもあはれなるもの
  かたりをしつゝひと宮のうちしのひて
  なきあへり・ひとめも見たてまつれる人ハ」21ウ

  かくおほしくつをれぬる御ありさまをなけき
  おしみきこえぬ人なし・ましてつねに
  まいりなれたりしは・しりをよひ給ましき
0095【しり】−知
  おさめ・ミかハやうとまて・ありかたき御かへりミ
0096【おさめ】−下女
0097【みかはやうと】−厠 樋洗也 行幸之後騎ニ厠長女洗女供奉也
  のしたなりつるを・しはしにても見たて
  まつらぬほとやへむとおもひなけきけり・
  おほかたの世の人もたれかハよろしく思ひ
  きこえん・なゝつになり給しこのかみゝ(ゝ#<朱>)ミ
  かとのおまへによるひるさふらひ給て・そうし
  給事のならぬハなかりしかハ・この御いたハりに」22オ
0098【御いたはり】−御はくゝミの心也

  かゝらぬ人なく御とくをよろこはぬやはあ
  りし・やむことなきかむたちめ弁官なとの
  中にもおほかり・それよりしもハかすしらぬを
  思ひしらぬにハあらねと・さしあたりて・いちはや
0099【いちはやき】−二条大臣朧母
  きよ越思ハゝ(ハゝ&ハゝ)かりてまいりよるもなし・よゆすり
0100【ゆすり】−動といふ心也
  ておしミきこええ(え#)したにおほやけ越・そ
0101【おほやけ】−朱雀院
  しりうらみたてまつれと・身をすてゝと
  ふらひまいらむにもなにのかひかハとおもふにや・
  かゝるおりハ人わろくうらめしき人おほく
  世中ハあちきなきものかなとのミよろつに」22ウ

  つけておほす・その日ハ女君に御ものかたりの
0102【女君】−紫上
  とかにきこえくらし給て・れいのよふ
  かくいて給・かりの御そなとたひの御△(△#)よそ
0103【御そ】−狩衣
  ひいたくやつし給て・月いてにけりな・ゝ越
  すこしいてゝ・みたにをくりたまへかし・い
  かにきこゆへき事おほくつもりにけりと
  おほえむとすらん・ひとひふつかたまさかに
  へたゝるおりたに・あやしういふせき心
  ちするものをとて・みすまきあけてハしに
  いさなひきこえ給へハ・女君なきしつミ」23オ
0104【女君】−紫上

  たまへる(る+を)ためらひてゐさりいて給へる・月影
  にいミしうおかしけにてゐたまへり・わか身
  かくてはかなきよ越わかれなは・いかなるさ
  まにさすらへたまはむと・うしろめたくかな
  しけれと・おほしいりたるにいとゝしかるへけれハ
0105【いとゝしかる】−詞
    いけるよのわかれをしらてちきりつゝ
0106【いけるよの】−源ー
  命を人にかきりけるかなはかなしなとあさ
  はかにきこえなし給へハ
    おしからぬいのちにかへてめのまへの
0107【おしからぬ】−紫上返し おしからぬ命ニかへて暁ノ別ノ道ヲいかてやめてん(源氏物語186)
  わかれをしハしとゝめてしかなけにさそ」23ウ

  おほさるらむといと見すてかたけれと・あけ
  はてなは・はしたなかるへきによりいそきいて
  給ぬ・道すからおもかけにつとそひてむねも
0108【おもかけ】−紫
  ふたかりなから御ふねにのり給ひぬ・日なかき
  ころなれハおひかせさへそひてまたさるの時
0109【さるの時】−申
  ハかりにかのうらにつき給ぬ・かりそめのみち
0110【かのうら】−大江
  にてもかゝるたひをならひ給はぬ心ちに
  心ほそさもおかしさもめつらかなり・おほえと
0111【おほえとの】−斎ノ王帰京ノ時ノ旅館也
  のといひける所ハいたうあれて松はかりそ
  しるしなる」24オ

    からくにゝ名をのこしける人よりも
0112【からくにゝ】−源ー
0113【名をのこしける人】−代々たえす立也
  ゆくゑしられぬいへゐをやせむなきさに
0114【なきさに】−楼岸
  よるなミのかつかへるを見給てうらやまし
0115【うらやましくも】−\<朱合点> イトヽシク過行方ノ恋シキニウラヤマシクモカヘルナミカナ(後撰1352・伊勢物語8、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  くもとうちすしたまへる・さまさるよのふる事
  なれとめつらしうきゝなされかなしとのミ
  御ともの人/\おもへり・うちかへり見たま
  へるに・こしかたの山ハかすミはるかにて・ま
  ことに三千里のほかの心ちするに・かいの
0116【三千里のほかの心ち】−\<朱合点>
0117【かいのしつくも】−\<朱合点> 此夕ふりくる雨ハひこほしのとわたる舟のかひの雫か 赤人(万葉2056・赤人集314・家持集102、紫明抄・河海抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚) 我上に露そをくなるあまの川とわたる舟ノカヒノシツクカ 赤人(古今863・新撰和歌207・伊勢物語108、紫明抄・河海抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚)
  しつくもたへかたし
    ふるさと越みねのかすミハへたつれと」24ウ
0118【ふるさとを】−源ー

  なかむるそらハおなし雲井かつらからぬもの
  なくなむ・おはすへき所ハ・ゆきひらの中納言
0119【ゆきひらの中納言】−\<朱合点>
  のもしほたれつゝわひけるいへゐちかき
0120【もしほたれつゝ】−\<朱合点> わくらハにとふ人あらはすまの浦にもしほたれつゝわふとこたへよ<朱>(古今962・新撰和歌315・古今六帖1793・業平集79、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  わたりなりけり・うみつらハやゝいりて
  あはれにすこけなる山中なり・かきのさま
  よりハしめてめつらかに見給・かやゝともあし
  ふけるらうめく・やなとおかしうしつらひなし
0121【らうめく】−廊
  たり・所につけたる御すまひ・やうかハりてかゝ
  らぬおりならハ・おかしうもありなましとむ
  かしの御心のすさひおほしいつ・ちかき所/\」25オ

  のみさうのつかさめして・さるへきことゝもなと・
  よしきよのあそんしたしきけいしにておほせ
  をこなふもあハれなり・時のまにいと見所
  ありてしなさせ給・水ふかうやりなしうへ
  きともなとして・いまハとしつまり給ふ心ち
  うつゝならす・くにのかミもしたしきとの人
  なれハ・しのひて心よせつかうまつる・かゝるたひ
  所ともなう人さハかしけれとも・ハか/\しう
  ものをものたまひあハすへき人しなけれハ・
  しらぬくにの心ちしていとむもれいたく(ゝ&く)・いかて」25ウ

  とし月をすくさましとおほしやらる・やう/\
  ことしつまりゆくに・なかあめのころになりて
  京の事もおほしやらるゝに・こいしき人お
  ほく女君のおほしたりしさま・春宮の御事・
0122【女君】−紫上
  わか君のなに心もなくまきれたまひし
0123【わか君】−夕霧
  なと越ハしめこゝかしこ思ひやりきこえた
  まふ・京へ人いたしたて給ふ二条院へたて
0124【二条院へ】−紫
  まつり給と・入道の宮のとハかきもやり給
  はす・くらされ給へり宮には
0125【宮には】−薄
    松しまのあまのとまやもいかならむ」26オ
0126【松しまの】−源ー 入道宮ヲたとへ侍り

  すまのうら人しほたるゝころいつと侍らぬ
  なかにもきしかたゆくさきかきくらし
  みきはまさりてなん・内侍のかミの御もとに
0127【みきはまさりて】−\<朱合点> 君こふる涙おちそひ此川ノみきハまさりてかへるへら也 貫之(貫之集730、異本紫明抄・花鳥余情・細流抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚)
0128【内侍のかみ】−おほろ月
  れいの中納言の君のわたくしことのやうにて・
  中なるにつれ/\とすきにしかたの思給へ
0129【つれ/\と】−源文ノ詞
  いてらるゝにつけても
    こりすまのうらのみるめのゆかしき越
0130【こりすまの】−源氏<墨> 白波は立さハくともこりすまのうらのみるめハかへらんとそおもふ<朱>(新古今1434・古今六帖1870、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  しほやくあまやいかゝおもハんさま/\かきつ
  くし給ことのは思ひやるへし・大殿(殿+に)も寄(寄$宰)相
  のめのとにも・つかうまつるへき事なとかき」26ウ

  つかはす・京にはこの御ふミ所/\に見給ひ(ひ#ひ)つゝ・
  御心みたれたまふ人/\のみおほかり・二条院
  の君ハそのまゝにおきもあかり給ハす・つき
  せぬさまにおほしこかるれハ・さふらふ人/\も
  こしらへわひつゝ・心ほそうおもひあへり・もて
  ならし給し・御てうとゝも・ひきならし
  給ひし御こと・ぬきすて給つる御そのにほひ
0131【御こと】−琴
  なとにつけても・いまハと世になからむ人のや
  うにのミおほしたれハかつハ・ゆゝしうて・
  少納言ハそうつに御いのりの事なときこゆ・」27オ
0132【少納言】−紫乳母
0133【そうつに】−北山

  ふたかたにみすほうなとせさせ給・ふ(ふ#)かつ
  ハおほしなけく御心しつめ給ひて・思ひなき
  よにあらせたてまつり給へと・心くるしき
  まゝにいのり申給・たひの御とのゐものなと・
  てうしてたてまつり給・かとりの御な越し
  さしぬき・さまかハりたる心ちするもいみ
  しきに・さらぬかゝみとのたまひしおもかけ
0134【さらぬかゝみ】−源御哥
  のけに身にそひたまへ(つ&へ)るもかひな(△&な)し・
  いていり給ひしかたよりゐたまひしまき
0135【まきはしら】−槙柱 六ーわきもこかきてハより立槙柱そもむつましやゆかりとおもへハ(出典未詳、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ハしらなと越見たまふにも・むねのミふた」27ウ

  かりて・ものをとかう思ひめくらしよにしほ
  しミぬるよハひの人たにあり・ましてなれ
  むつひきこえ・ちゝはゝにもなりて・おほ
  したてならハし給へれハ・こひしう思ひき
  こえ給へることハりなり・ひたすら・世になく
  なりなむハいはむかたなくて・やう/\わすれ
0136【わすれくさ】−\<朱合点> 古今こふれともあふよのなきハわすれ草夢ちニさへやおもひしけからん(古今766、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  くさもおひやすらんきくほとハちかけれと・
  いつまてとかきりある御わかれにもあらて
0137【いつまてと】−\<朱合点> わかれてハいつあいミんとおもふらんかきりあるよの命ともなし 伊勢(後撰1319・古今六帖2357・伊勢集217、花鳥余情・一葉抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  おほすに・つきせすなむ・入道宮にも
  春宮の御事により・おほしなけく」28オ

  さまいとさらなり・御すくせのほとをおほすに
  は・いかゝあさくおほされん・としころハたゝも
0138【ものゝきこえ】−源薄ト
  のゝきこえなとのつゝましさに・すこし
  なさけあるけしき見せハ・それにつけて人
  のとかめいつる事もこそ(そ+と<朱>)のミ・ひとへにおほし
  しのひつゝあはれをもおほう御らむしす
  くし・すくすくしうもてなし給ひしを・
0139【すくすくしう】−健<スクヤカ>
  かはかりうきよの人ことなれと・かけても
  このかたにはいひいつることなくてやミぬる
  ハかりの人の御をもむけもあなかちなりし」28ウ

  心のひくかたにまかせす・かつハめやすくもて
  かくしつるそかし・あはれにこひしうもいかゝ
  おほしいてさらむ・御返もすこしこまやかにて・
  このころハいとゝ
    しほたるゝこと越やくにてまつしまに
0140【しほたるゝ】−藤ツホ
  としふるあまもなけきをそつむかむの
  君の御返には
    浦にたくあまたにつゝむこひなれハ
0141【浦にたく】−おほろ
  くゆるけふりよゆくかたそなきさらなる事
0142【くゆるけふり】−後ー風をいたミくゆる煙ノ立出ても猶こりすまのうらそかなしき(後撰865、花鳥余情・弄花抄・休聞抄・孟津抄・岷江入楚)
  ともハ・えなむとハかりいさゝかかきて中納言」29オ
0143【えなむと】−エイハス也

  の君のなかにあり・おほしなけくさまなと
  いみしういひたり・あはれと思ひきこえ給
  ふし/\もあれハ・うちなかれ給ひぬ・ひめ君の
0144【ひめ君】−紫
  御ふミハこゝろことにこまかなりし御返なれハ・
  あハれなることおほくて
    浦人のしほくむそてにくらへ見よ
0145【浦人の】−紫上
  なミ路へたつるよるのころもをものゝいろ
0146【ものゝいろしたまへる】−二条院より須磨へ衣裳をして送り給へるを物のいろとハいへり
  したまへるさまなといときよらなり・なにこ
  ともよ(よ$ら)う/\しうものし給ふをおもふさま
  にて・いまハこと/\に心あハたゝしうゆき」29ウ

  かゝつらふかたもなく・しめやかにてあるへきもの
  をとおほすに・いみしうくちおしうよる
  ひるおもかけにおほえてたえ(え$へ)かたう思ひいて
  られ給へハ・な越しのひてや・むかへましと
  おほす又うちかへしなそやかくうき世に
  つミをたにうしなハむとおほせハ・やかて御さ
0147【御さうしん】−精進
  うしんにてあけくれをこなひておはす・大
  とのゝわか君の御事なとあるにもいとかなし
  けれとをのつからあひ見てんたのもしき
  人/\ものし給へはうしろめたうハあらすと」30オ

  おほしなさるゝハ・中/\この道のまとハれぬ
0148【この道】−子ノ道をこの道とかける也
  にやあらむ・まことやさハかしかりしほとの
0149【まことや】−作者詞
  まきれにもらしてけり・かの伊勢の宮
0150【伊勢の宮】−秋好
  へも御つかひありけりかれよりもふりはへ
0151【ふりはへ】−打
  たつねまいれり・あさからぬこと(と+と)もかき
  給へりことのはふてつかひなとハ・人より
  ことになまめかしく・いたりふかう見えたり・
  猶うつゝとハおもひたまへられぬ御すまゐを
  うけ給ハるも・あけぬ夜の心まとひかとなん・
0152【あけぬ夜の】−夢のやうなるをいふ心也
  さりともとし月へたてたまハしとおもひ」30ウ

  やりきこえさするにも・つミふかき身の
0153【つみふかき身】−斎宮にてハ仏経なとに事をふれぬをいふ也
  ミこそ又きこえさせむこともはるかなる
  へけれ
    うきめかるいせをのあまを思ひやれ
0154【うきめかる】−伊勢宮す所
  もしほたるてふすまのうらにてよろつに
  おもひたまへみたるゝよのありさまもな越
  いかになりはつへきにかとおほかり
    いせしまやしほひのかたにあさりても
0155【いせしまや】−同
  いふかひなきハ我身なりけりものをあハ
  れとおほしけるまゝに・うちをき/\かき給」31オ

  へるしろきからのかミ四五まいはかり越
  まきつ(つ+つ<朱>)けてすみつきなとみ所あり・あ
0156【あはれに思ひきこえし人】−葵上事
  はれに思ひきこえし人をひとふしうしと
  おもひきこえし心あやまりに・かのみや
  す所も思うしてわかれ給ひにしとおほせ
  ハ・いまにいとおしうかたしけなきものに
  思ひきこえ給おりからの御ふミいとあはれ
  なれハ御つかひさへむつましうて二三日
  すゑさせ給てかしこのものかたりなと
  せさせてきこしめす・わかやかにけしき」31ウ

  あるさふらひの人なりけり・かくあはれなる
  御すまひなれハ・かやうの人もをのつから
  ものと越からてほの見たてまつる御さま
  かたちを・いみしうめてたしとなミたおとし
  をりけり・御返かき給ことのはおもひやる
  へし・かく世をはなるへき身と思ひたまへ
  ましかハ・おなしくハしたひきこえまし
  ものをなとなむ・つれ/\と心ほそきまゝに
    伊勢人の浪のうへこくをふねにも
0157【伊勢人の】−源ー いせ人ハあやしき物そなといへはをふねにのりてなミのうへこく 風俗伊勢人
  うきめハからてのらましものを」32オ

    あまかつむなけきのなかにしほたれて
0158【あまかつむ】−同
0159【なけきのなかに】−浜木ニよせたり
  いつまて須まのうらになかめむきこえさせ
  む事のいつとも侍らぬこそつきせぬ心地
  し侍れなとそありける・かやうにいつこにも
0160【かやうに】−作者詞
  おほつかなからすきこえかハし給・花ちるさと
  もかなしとおほしけるまゝにかきあつめ
  給へる御心/\見給ふ・おかしきもめなれぬ心地
  していつれもうち見つゝなくさめ給へと・
  ものおもひのもよほしくさなめり
    あれまさるのきのしのふをなかめつゝ」32ウ
0161【あれまさる】−花ちるより返し

  しけくも露のかゝる袖かなとあるをけにむ
0162【むくら】−葎
  くらよりほかのうしろミもなきさまにてお
  はすらんとおほしやりて・なかあめについ地
  所/\くつれてなむときゝ給へハ・京のけいし(し&いし)
  のもとにおほせつかハして・ちかきくに/\のみ
  さうのものなともよ越させて・つかうまつるへ
  きよしのたまはす・かむの君ハ人わらへに
0163【かむの君】−朧
  いみしうおほしくつをるゝを・おとゝいとかな
0164【おとゝ】−二条太政大臣
  しうし給きミにて・せちに宮にも内にも
0165【宮】−大后
0166【内】−朱雀
  そうし給けれハ・かきりある女御みやす所にも」33オ

  おはせす・おほやけさまの宮つかへとおほし
  なおり・又かのにくかりしゆへこそいかめしきこと
0167【又】−源
  もいてこしか・ゆるされ給ひてまいり給ふへき
0168【ゆるされ給ひて】−朧
  につけても・猶心にしみにしかたそあはれに
  おほえたまける・七月になりてまいり給い
0169【いみしかりし】−朱雀
  みしかりし御おもひのなこりなれハ・人の
  そしりもしろしめされす・れいのうへにつと
  さふらはせ給てよろつにうらみかつハあハれ
  にちきらせ給御さまかたちもいとなまめかし
  うきよらなれと・思ひいつることのミおほかる心の」33ウ

  うちそかたしけなき御あそひのついてにそ
0170【その人の】−朱雀御詞源氏ノ事
  の人のなきこそいとさう/\しけれ・いかにま
  してさおもふ人おほからむなに事もひかり
  なき心ちするかなとのたまハせて・院のおほ
0171【院の】−桐
  しのたまハせし御心をたかへつるかな・つミ
  うらむかしとて泪くませ給にえねむした
  まはす・世中こそあるにつけてもあちき
  なきものなりけれとおもひしるまゝに・ひ
  さしくよにあらむものとなむ・さらにおもハぬ・
  さもなりなむに・いかゝおほさるへき・ちかきほとの」34オ

  わかれにおもひおとされんこそねたけれ・いける
0172【わかれに】−源
0173【いける世に】−\<朱合点> 拾ーこひしなん後ハ何せんいけるよの為こそ人ハ見まくほしけれ(拾遺集685・拾遺抄247・万葉2597・古今六帖1981、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  世にとハけによからぬ人のいひをきけむと・
  いとなつかしき御さまにてものをまことに
0174【御さまにて】−中よからぬ人ノ詞也御門我御身ニよそへて
  あはれとおほしいりてのたまはするにつ
  けて・ほろ/\とこほれいつれハ・さりやいつれに
0175【さりやいつれに】−御門詞
  おつるにかとのたまハす・いまゝてみこたちの
  なきこそさう/\しけれ・東宮を院のゝ
  たまハせしさまにおもへとよからぬ事とも
  いてくめれハ・心くるしうなとよを御心のほか
  にまつりこちなし給人/\のあるに・」34ウ

  わかき御心のつよき所なきほとにて・いとおし
  とおほしたることもおほかり・すまにはいとゝ・
  心つくしの秋風にうみハすこしと越けれ
0176【心つくしの】−\<朱合点> 古今木間よりもりくる月の影見れは心つくしの秋ハ来にけり(古今184・古今六帖293・小町集106、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  とゆきひらの中納言のせきふきこゆると
0177【ゆきひらの中納言】−\<朱合点> 天暦御時屏風哥忠見 秋風の関ふきこゆるたひゝとにこゑ打そふる須磨ノ浦浪(新古今1599・忠見集8、源氏釈・花鳥余情・一葉抄・細流抄・休聞抄・孟津抄・岷江入楚) 続古今集 津の国須磨と云所に侍ケル時よミ侍ケル中納言行平 旅人のたもとすゝしく成にけり関ふきこゆるスマノウラ風(浪&風)(続古今868、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) 忠見哥あひかなへり
  いひけんうらなミよる/\ハけにいとちかく
  きこえてまたなくあはれなるものハかゝる
  所の秋なりけり・御前にいと人すくなにて
  うちやすみわたれるに・ひとりめ越さまして・
  まくらをそハたてゝよものあらしをきゝ給
0178【まくらをそはたてゝ】−\<朱合点> 遺愛寺鐘欹枕聴矣
  に・なミたゝこゝもとにたちくる心ちして」35オ

    涙おつともおほえぬに・枕うくハかりになりに
0179【枕うくはかりに】−\<朱合点> 拾涙川水まされはや敷妙ノまくらのうきてとまらさるらん(拾遺集1258、花鳥余情・休聞抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚) ひとりねの床にたまれる涙にハ石ノ枕もうきぬへら也(古今六帖、異本紫明抄・河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  けり・琴をすこしかきならし給へるか我
  なからいとすこう・きこゆれハひきさし給て
    恋わひてなくねにまかふうらなミハ
0180【恋わひて】−源ー
  おもふかたより風やふくらんとうたひ給へるに
0181【おもふかたより】−浪たゝハ奥ノ玉もゝよりぬへしおもふかたより風も吹なん(玉葉2106、異本紫明抄・河海抄・孟津抄・岷江入楚)
  人/\おとろきてめてたうおほゆるにしの
  ハれてあいなうおきゐつゝ・はなをしのひ
0182【はなを】−鼻
  やかにかみわたす・けにいかにおもふらむわか
  身ひとつによりおやはらからかた時たち
  はなれかたく・ほとにつけつゝおもふらむ家を」35ウ

  わかれて・かくまとひあへるとおほすにいみ
  しくて・いとかく思ひしつむさまを心ほそ
  しとおもふらむとおほせハ・ひるハなにくれと
  うちの給る(る&ひ)まきらハし・つれ/\なるまゝに
  いろ/\のかみをつきつゝてならひをした
  まひ・めつらしきさまなるからのあやなとに
  さま/\のゑともをかきすさひ給へる屏風
  のおもてともなと・いとめてたく見所あり・
  人/\のかたりきこえしうミやまのあり
0183【人/\のかたりきこえし】−若紫巻ある事也やう/\明石浦事いひいつるなるへし
  さまを・はるかにおほしやりしを御めにちかく」36オ

  てハけにをよハぬいそのたゝすまひ(ひ+に)なく
  かきあつめ給へり・このころの上手にすめる
  千枝つねのりなとをめして・つくりゑつかう
0184【つねのり】−常則
  まつらせハやと心もとなかりあへり・なつかしう
  めてたき御さまに世のもの思ひわすれて・
  ちかうなれつかうまつるをうれしきことにて
  四五人はかりそつとさふらひける・せむさいの
  花色/\さきみたれおもしろきゆふくれに・
  うみゝやらるゝらうにいて給て・たゝすみ給ふ
  さまのゆゝしうきよらなる事・所からハ」36ウ

  ましてこの世のものとみえ給はすしろき
0185【しろきあやの】−花直衣地ハ平絹ノ無文色ハ年齢ニヨルヘシ白紫苑色其以衣ノ色之重也
  あやのなよゝかなるし(し=し)をんいろなとたてまつり
  て・こまやかなる御な越しおひしとけなくうち
  みたれ給へる御さまにて・釈迦牟尼仏(仏+ノ)弟
  子となのりて・ゆるゝかによミ給へる・また世に
  しらすきこゆ・おきよりふねとものうたひ
  のゝしりて・こきゆくなともきこゆほのかに
  たゝちひさきとりのうかへると見やらるゝも・
  心ほそけなるに・かりのつらねてなく声・
  かちのをとにま(ま+か)へるをうちなかめ給ひて・」37オ
0186【かちのをとに】−雁櫓

  涙こほるゝをかきはらひたまへる御てつき
  くろき御すゝにはえ給へる・ふるさとの女
  こひしき人/\心みなゝくさみにけり
    はつかりハこひしき人のつらなれや
0187【はつかりハ】−源氏 まつ人に 我為遷客
  たひのそらとふこゑのかなしきとの給へは
  よしきよ
    かきつらねむかしのことそおもほゆる
  かりハそのよの友ならねとも民部大輔
0188【民部大輔】−惟光
    こゝろからとこよ越すてゝなくかりを
0189【とこよ越すてゝ】−仙境をいへり春秋のかハりもなき故ニ常世トハいへり おきもせぬ我とこよこそかなしけれ春かへりにし雁も鳴也 赤染衛門(後拾遺275・赤染衛門集611、河海抄・孟津抄)
  くものよそにもおもひけるかなさきの右近」37ウ
0190【右近のそう】−常陸子

  のそう
    とこよいてゝたひのそらなるかりかね
  もつらにをくれぬほとそなくさむともまと
0191【ともまとハして】−\<朱合点> 可考哥
  ハしてハいかに侍らましといふ・おやのひたちに
0192【ひたちに】−伊与守
  なりてくたりしにも・さそハれて・まいれる
  なりけり・したにはおもひくたくへかめれとほ
  こりかにもてなして・つれなきさまにしあり
0193【つれなきさまに】−恋サマス心ナリ
  く・月のいとはなやかにさしいてたるに・
  こよひハ十五夜なりけりとおほしいてゝ殿
  上の御あそひこひしく所/\なかめ給らむ」38オ

  かしと思ひやり給ふにつけても・月のかほのミ
  まもられ給ふ二千里外故人(人+ノ)心とすし
0194【二千里外故人ノ心】−\<朱合点>
  給へる・れいの涙もとゝめられす入道の宮の
  きりやへたつるとのたまハせしほと・いはむ
0195【きりやへたつる】−榊ノ巻ニアル哥ノ詞也
  かたなく恋しくおり/\の事おもひいて給ふ
  に・よゝとなかれ給ふよふけ侍ぬときこゆ
0196【よゝとなかれ給ふ】−あけまきの巻にもしやくりをよゝとなくといふ詞アリ
  れと・な越いり給はす
    見るほとそしハしなくさむめくりあハん
0197【見るほとそ】−源ー
  月のみやこははるかなれともそのようへの
  いとなつかしうむかしものかたり(△&り)なとした」38ウ
0198【むかしものかたり】−榊ノ巻ニアリシ事也

  まひし御さまの院にゝたてまつり給へりし
  も恋しく思いてきこえ給ひて・恩賜
0199【恩賜の御衣ハ】−\<朱合点>
  の御衣ハいまこゝにありとすしつゝいり給ひぬ・
  御そハまことに身をはなたすかたハらに
0200【御そハまことに】−朱雀院ノ御門ノ源氏ニ御そ給ヘル事以前みえさる事ナレト此物語ノならひとしてさきになき事をも事次ニいひ出スル也
  をき給へり
    うしとのミひとへにものハおもほえて
0201【うしとのみ】−源ー
  ひたりみきにもぬるゝ袖かなそのころ
  大弐ハのほりける・いかめしくるいひろく
0202【大弐】−大宰府筑前
  むすめかちにて・所せかりけれハ・きたのかたハ
  ふねにてのほる・うらつたひにせうようし」39オ

  つゝくるに・ほかよりもおもしろきわたりなれ
  ハ・心とまるに大将かくておはすときけハ・
  あいなうすいたるわかきむすめたちハ舟の
  うちさへはつかしう心けさうせらる・まして・
  五節の君ハつなてひきすくるもくちお
0203【五節の君】−\<朱合点> 大弐女源花ちる巻逢給
  しきに琴のこゑかせにつきてはるかにき
0204【琴】−キン
  こゆるに・所のさま人の御ほとものゝねの
  心ほそさとりあつめ心あるかきりみななき
  にけり・そち御せうそこきこえたりいとはる
0205【そち】−帥
  かなるほとよりまかりのほりてハ・まついつ」39ウ

  しかさふらひてみやこの御ものかたりもと
  こそおもひ給へ侍りつれ・思のほかにかくて
  おハしましける御やと越・まかりすき侍かた
  しけなうかなしうも侍るかな・あひしりて
  侍・人/\さるへきこれかれまて・きむかひて
  あまた侍れハ・所せさ越思ひ給へはゝかり侍
  ことゝも侍りて・えさふらハぬことことさらにま
  いり侍らむなと・きこえたりこのちくせむの
  かみそまいれる・この殿のくら人になし
0206【この殿の】−源
0207【くら人に】−筑前守
  かへり見たまひし人なれハ・いともかなし」40オ

  いみしとおもへとも・また見る人/\のあれハ
  きこえをおもひて・しハしもえたちとまらす
  みやこはなれてのち昔したしかりし
  人/\あひ見る事かたうのミなりにたるに・
  かくわさとたちよりものしたることゝの給ふ・
  御返もさやうになむ・かみなく/\かへりて・お
  はする御ありさまかたる・そちよりハしめ
0208【そち】−帥
  むかへの人/\・まか/\しうなきみちたり・
  五節ハとかくしてきこえたり
    ことのねにひきとめらるゝつなてなハ」40ウ
0209【ことのねに】−五節
0210【ひきとめらるゝ】−源氏引琴

  たゆたふ心君しるらめやすき/\しさも人
0211【人なとかめそ】−\<朱合点> 古今いて我を人なとかめそ大船のゆたのたゆたに物思ふ身を(古今508・古今六帖1804、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  なとかめそときこえたり・ほをゑミて見給いと
  はつかしけなり
    こゝろありてひきてのつなのたゆたハゝ
0212【こゝろありて】−源ー
  うちすきましやすまのうら浪いさりせむと
0213【いさりせむとハ】−\<朱合点> 思きやひなの別におとろへてあまのなわたきいさりせんとは(古今961・新撰和歌235・古今六帖2360、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ハおもハさりしハやとありむまやのおさにく
0214【むまやのおさに】−\<朱合点> 菅丞相ハ物もしらぬ馬屋のをさに対シテタニ哥作給ヘリ 駅長莫驚時変改一栄一落是春秋
  しとらする人もありけるを・ましておち
0215【おちとまり】−五節
  とまりぬへくなむおほえける・みやこにハ
  月日すくるまゝにみかとをハしめたて
  まつりて・こひきこゆるおりふしおほかり・」41オ

  春宮ハましてつねにおほしいてつゝしのひ
  てなき給ふ・見たてまつる御めのとまして命
  婦の君ハいみしうあハれに見たてまつる・
  入道の宮ハ春宮の御事をゆゝしうのミ
  おほししに・大将もかくさすらへたまひぬる
  をいみしうおほしなけかる・御はらからの
  御こたちむつましうきこえ給ひし・
  かむたちめなとはしめつかたハとふらひきこえ
  給なとありき・あはれなるふミをつくりか
  ハしそれにつけても世中にのミめてられ給」41ウ

  へハ・きさいの宮きこしめしていミしうの給ひ
  けり・おほやけのかうしなる人ハ心にまかせて
0216【かうし】−考辞 勘事
  この世のあちはひをたにしる事かたう
  こそあなれ・おもしろきいへゐして世中を
  そしりもときて・かのしかをむまといひけむ
0217【しかをむまといひけむ】−\<朱合点> 秦二世之御門ニ趙高鹿ヲ馬ト云事也
  人のひかめるやうについせうするなと・あしき
  ことゝもきこえけれハ・わつらハしとてせうそ
  こきこえ給ふ人なし・二条院のひめ君ハ
  ほとふるまゝにおほしなくさむおりなし・ひん
  かしのたいにさふらひし人/\もみなわたり」42オ

  まいりしハしめは・なとかさしもあらむと
  おもひしかと・見たてまつりなるゝまゝに
  なつかしうおかしき御ありさま・まめやかなる
  御心はへも思ひやりふかうあはれなれハ・
  まかてちるもなし・なへてならぬきはの人/\
  にはほのみえなとし給ふ・そこらの中に
  すくれたる御心さしもことハりなりけりと
  見たてまつる・かの御すまゐにはひさしく
  なるまゝにえねむしすくすましうおほえ
  給へと・わか身たにあさましきすくせと」42ウ

  おほゆるすまゐに・いかてかハうちくしてハつ
  きなからむさまをおもひかへし給ふ・所につ
  けてよろつの事・さまかハり見給へしらぬ
  しも人のうへをも見給ひならはぬ御心地に・
  めさましうかたしけなうみつからおほさる・
  煙のいとちかく時/\たちくるをこれやあ
  まのしほやくならむとおほしわたるハ・おハし
0218【しほやくならむと】−\<朱合点> 古今スマノ浦ニしほやく煙風をいたミ立ハのほらて山にたなひく(新古今1592・古今六帖707)
  ますうしろの山にしハといふものふすふるな
  りけ(△&け)り・めつらかにて
    山かつのいほりにたけるしは/\も」43オ
0219【山かつの】−源ー

  ことゝひこなんこふるさと人冬になりて
  雪ふりあれたるころそらのけしきも・ことに
  すこくなかめ給て・琴をひきすさひ給ひて・
  よしきよにうたうたハせ大輔よこふえふき
0220【大輔】−民部大輔惟光
  てあそひ給・心とゝめてあはれなるてなとひ
  きたまへるに・ことものゝこゑともハやめてな
  みたをのこひあへり・むかし胡のくにゝつ
0221【むかし胡のくにゝ】−\<朱合点>
  かハしけむ女をおほしやりて・ましていかなり
0222【女を】−王昭君事
  けんこの世に・わか思きこゆる人なと越さや
  うにはなちやりたらむことなとおもふも・」43ウ

  あらむことのやうにゆか(か$ゆ<朱>)しうて・霜のゝちの
0223【霜のゝちの夢】−\<朱合点> 胡角一声霜後夢漢宮万里月前腸 王昭君 心ヲ朝綱卿
  夢とすし給ふ(△&ふ)月いとあかうさしいりて・
  はかなきたひのおまし所おくまてくまな
  し・ゆかのうへに夜ふかきそらも見ゆ・いり
  かたの月かけすこくみゆるに・たゝこれ
0224【たゝこれにしにゆくなり】−\<朱合点> 河云天廻玄鑒将霽唯是西行テ不左遷
  にしにゆくなりとひとりこちたまて
    いつかたの雲路に我もまと(と$よ<朱>)ひなむ
0225【いつかたの】−源ー
  月のみるらむこともはつかしとひとりこち
  たち(たち#)給てれいのまとろまれぬあか月の
  そらに千とりいとあハれになく」44オ

    ともちとりもろこゑになくあか月は
0226【ともちとり】−源ー
  ひとりねさめのとこもたのもし又おきたる
  人もなけれハ・返々ひとりこちてふし
  給へり・よふかく御てうつまいり(り+御イ、イ#)ねんすなとし
  給ふも・めつらしき事のやうに・めてたうの
  ミおほえ給へハ・え見たてまつりすてす・家に
  あからさまにも・えいてさりけり・あかしの
  うらハたゝはひわたるほとなれハ・よしきよの
0227【はひわたる】−日本記ニ八マタノ大蛇ノ事ヲいふに八のおか八の谷ニはひわたるとかけり蔓延ノ二字をはひわたるとヨメリ
  朝臣・かの入道のむすめを思ひいてゝふミなと
  やりけれと・返事もせすちゝ入道そき」44ウ

  こゆへき事なむ・あからさまにたいめんも
  かなといひけれと・うけひかさらむものゆへゆき
  かゝりて・むなしくかへらむうしろてもおこ
  なるへしと・くむしいたうていかす・世にしら
  す心たかくおもへるにくにの内はか(か+ミ)のゆかり
  のミこそハかしこき事にすめれと・ひか
  める心はさらにさもおもはてとし月をへ
  けるにこの君かくておはすときゝて・はゝき
0228【はゝきみ】−明ー尼
  ミにかたらふやうきりつほの更衣の
0229【きりつほの更衣の】−入道ノ詞
  御はらの源氏のひかる君こそ・おほやけの」45オ

  御かしこまりにて・すまのうらにものし給
  なれ・あこの御すくせにておほえぬことのある
0230【あこ】−後明石上
  なり・いかてかゝるついてにこの君にをたて
0231【この君に】−源
0232【をたてまつらむ】−明石上
  まつらむといふ・はゝあなかたはや京の人の
0233【はゝ】−明石上ノ母
  かたるをきけハ・やむことなき御めともいとおほ
  くもち給ひて・そのあまりしのひ/\みかと
  の御めさへあやまち給ひて・かくもさハかれ
0234【御め】−ミ 妃<ミメ>
  給ふなる人は・まさにかくあやしき山かつ
  を心とゝめ給てむやといふ・はらたちてえ
0235【はらたちて】−入道詞
  しりたまハしおもふ心ことなり・さる心をし」45ウ

  給へついてして・こゝにもおハしまさせむと
  心をやりていふも・かたくなしくみゆまは
  ゆきまてしつらひかしつきけり・はゝ
  君なとかめてたくとも・ものゝハしめにつみに
0236【なとか】−母ノ詞
  あたりて・なかされておハしたらむ人をしも・
  思ひかけむ・さてもこゝろをとゝめ給ふへくハ
  こそあらめ・たハふれにても・あるましきこと
  なりといふを・いといたくつふやく・つミにあたる
0237【いといたく】−入道ノ詞
  事ハもろこしにもわかみかとにもかく世に
  すくれ・なに事も人にことになりぬる」46オ

  人のかならすある事なり・いかにものし給
  君そ・こはゝみやす所ハ・をのかをちにものし
  給ひし・按察大納言のむすめなり・いとかう
  さくなるなをとりて・ミやつかへにいたしたまへり
  しに・こくわうすくれてときめかし給事
  ならひなかりけるほとに・人のそねミをもくて
  うせ給にしかと・此君のとまり給へるいとめて
0238【此君】−源氏
  たしかし・女ハ心たかくつかふへきものなり・
  をのれかゝるゐ中人なりとておほしすてし
  なといひゐたり・このむすめすくれたるかたち」46ウ
0239【このむすめ】−明石上事

  ならねと・なつかしうあてはかに心はせある
  さまなとそ・けにやむことなき人におとる
  ましかりける・身のありさま越くちおしき
0240【身のありさま越】−明石上心中
  ものにおもひしりて・たかき人ハ我をなにの
  かすにもおほさし・ほとにつけたる世をハさらに
  見し・いのちなかくておもふ人/\にをくれ
  なハ・あまにもなりなむうみのそこにも入
  なむなとそ思ひける・ちゝきみところせく
  おもひかしつきて・としにふたゝひすみ
  よしにまうてさせけり・神の御しるしを」47オ

  そひとしれすたのミおもひける・すまにハ
  としかへりて・日なかくつれ/\なるにうへ
  しわか木のさくらほのかにさきそめて・空の
  けしきうらゝかなるによろつの事お
  ほしいてられてうちなき給ふおりおほかり・
  二月廿日あまり・いにしとし京をわかれし
  時・心くるしかりし人/\の御ありさまなと・いと
  恋しく・南殿のさくらさかりになりぬらん・
  ひとゝせの花の宴に院の御けしきうち
  のうへのいときよらになまめいて・わかつくれる」47ウ

  く越すし給ひしも・おもひいてきこえ給
    いつとなく大宮人のこひしきに
0241【いつとなく】−源ー
  さくらかさししけふもきにけりいとつれ/\
0242【さくらかさしし】−百シキノ大宮人はいと(新古今104・万葉1887・古今六帖2327・和漢朗詠25・赤人集176、花鳥余情・弄花抄・細流抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  なるに大殿の三位中将ハ・いまは寄(寄#宰)相になり
0243【大殿】−致仕
  て人からのいとよけれハ・時世のおほえをもくて
  ものし給へと・世中あはれにあちきなくも
  のゝおりことに恋しくおほえ給へハ・ことの
  きこえありてつミにあたるとも・いかゝハせむ
  とおほしなしてにはかにまうて給ふ・うち
  みるよりめつらしううれしきにも・ひとつ」48オ
0244【ひとつなみた】−\<朱合点> うれしさもうきも心ハ一にてわかれぬ物ハ涙成けり(後撰1188、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  なミたそこほれける・すまひ給へるさまい
  はむかたなくからめいたり所のさまゑに
  かきたらむやうなるに・竹あめるかきし
0245【竹あめるかき】−\<朱合点>
  わたしていしのハし松のハしらおろそか
0246【いしのハし】−\<朱合点>
  なるものからめつらかにおかし・山かつめきて・
  ゆるしいろのきかちなるにあ越にひの
0247【ゆるしいろの】−ユルシ色ノウチキ青鈍ノ指貫也<左>
  かりきぬさしぬきうちやつれて・ことさら
0248【かりきぬ】−狩衣
  にゐなかひもてなし給へるしも・いみしう
  見るにゑまれてきよらなり・とりつかひ
  たまへるてうともかりそめにしなして・」48ウ

  おまし所もあらハに見いれらる・こすくろく
0249【こ】−碁
  はむてうと・たきのくなとゐ中わさにしな
  して・ねんすのくをこなひつとめ給けりと見え
  たり・ものまいれるなと・ことさら所につけゝう
  ありてしなしたり・あまともあさりして・かいつ
  ものもてまいれな(な$る)越めしいてゝ御らむす・
  うらにとしふるさまなとゝはせ給に・さま/\
  やすけなきみのうれへを申す・そこは
  かとなくさえつるも心のゆくゑはおなし
  こと・なにかことなるとあはれに見給ふ御そとも」49オ

  なと・かつけさせ給ふを・いけるかひありと
  おもへり・御むまともちかうたてゝ・見やりなる
  くらか・なにそなるいねとりいてゝ・かふなと
0250【くら】−蔵
0251【かふ】−馬ニかう也
  めつらしう見給ふ・あすかひすこしうた
0252【あすかひ】−\<朱合点> 催馬楽あすか井にやとりハすへしおけかけもよしみもひ(みもひ=寒氷)もさむしみまくさもよし飛鳥井
  ひてつきころの御ものかたり・なきミわらひ
  ミわか君のなにともよ越おほさてものし給か
0253【わか君】−夕霧
  なしさを・おとゝのあけくれにつけておほし
  なけくなとかたり給にたへかたくおほし
  たり・つきすへくもあらねハ・なか/\かたハしも
0254【つきすへくも】−作者詞
  えまねはす・よもすからまとろますふミ」49ウ

  つくりあかし給・さいひなからももの(の+の<朱>)きこえ
  をつゝミて・いそきかへり給いと中/\なり・
  御かハらけまいりてゑいのかなしひ・涙そゝく
0255【ゑいのかなしひ】−\<朱合点> 楽天江州左遷時三月卅日夷陵之所作詩詞也 もろ共ニめくりあひける旅枕なミたそそゝく春ノ盃 定家卿(拾遺愚草1726)
  春のさかつきのうちと・もろこゑにすし給
  御ともの人も涙をなかす・をのか(か+しゝ)はつかなる
  わかれおしむへかめり・あさほらけのそらに
  雁つれてわたるあるしのきミ
    ふるさとをいつれのはるかゆきてミん
0256【ふるさとを】−源ー
  うらやましきハかへるかりかね寄(寄#宰)相さらに立
  いてん心ちせて」50オ

    あかなくにかりのとこよ越たちわかれ
0257【あかなくに】−宰相
  花のみやこにみちやまとハむさるへきみ
  やこのつとなとよしあるさまにてあり・あるし
  の君かくかたしけなき御をくりにとて・く
0258【くろこま】−\<朱合点> 拾よそニアリテ雲井ニ見ゆる妹か家ニはやくいたらんあゆめ黒駒 人丸(拾遺集910・拾遺抄301・人丸集220、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚) 我かへる道ノ黒駒心アラハ君ハこすともをのれいなゝけ(拾遺集911、河海抄・休聞抄・孟津抄・岷江入楚)
  ろこまたてまつり給・ゆゝしうおほされぬ
  へけれと・風にあたりてハ・いはへぬへけれハなむ
0259【風にあたりてハ】−\<朱合点>
  と申給ふ・世にありかたけなる御むまのさまなり・
  かたミにしのひ給へとていみしきふえの
  名ありけるなとハかり・人とかめつへき事ハ・
  かたミにえしたまハす・日やう/\さし」50ウ

  あかりて・こゝろあハたゝしけれハ・かへり見のミ
  しつゝいて給を・見をくり給ふけしき
  いとなか/\なり・いつ又たいめむハと申給に
  あるし
    雲ちかくとひかふたつもそらに見よ
0260【雲ちかく】−源氏
0261【たつも】−三位中将をよそへたる也
  我ハはる日のくもりなき身そかつハたの
  まれなからかくなりぬる人むかしのかしこき
  人たにはか/\しう世に又ましらふ事
  かたく侍けれハ・なにかみやこのさかひを・又
  みんとなむ思侍らぬなとの給ふ・寄(寄#宰)相」51オ

    たつかなき雲井にひとりねをそなく
0262【たつかなき】−宰相返し たつきなき也かときと五音通セリ又つるをかくしてよめり
  つはさならへしともを恋つゝかたしけ
0263【つはさならへしともを】−源氏によそへたり
  なくなれきこえ侍ていとしもと・くやし
0264【いとしも】−\<朱合点> 拾おもふとていとしも人にむつれけんしかならひてそミねハ恋しき(拾遺集900・拾遺抄326、源氏釈・異本紫明抄・河海抄)
  う思給へらるゝおりおほくなと・しめやかにも
  あらてかへり給ひぬるなこりいとゝかなしう
  なかめくらし給・やよひのついたちにいて
  きたるみの日・けふなむかくおほすことある
  人ハみそきしたまふへきと・なまさかしき
  人のきこゆれハ・うみつらもゆかしうて
  いて給・いとおろそかに・せしやう許をひき」51ウ
0265【せしやう】−軟障 センシヤウトヨムヘシ<左>
0266【許】−ハカリ

  めくらして・このくにゝかよひける陰陽師
  めして・ハらへせさせ給ふ・ふねにこと/\しき
  人形のせて・なかすを見給ふによそへられて
    しらさりしおほうみのハらになかれきて
0267【しらさりし】−源ー
  ひとかたにやハものハかなしきとてゐ給へる御
  さま・さるはれにいてゝ・いふよしなくみえ給ふ
0268【はれ】−晴
  うみのおもて・うら/\と・なきわたりてゆく
  ゑもしらぬに・こしかたゆくさきおほし
  つゝけられて
    やをよろつ神もあはれとおもふらむ」52オ
0269【やをよろつ】−源ー

  をかせるつミのそれとなけれハとの給ににハ
  かに風ふきいてゝそらもかきくれぬ・御はらへ
  もしはてすたちさハきたり・ひちかさあめ
0270【ひちかさあめ】−\<朱合点> いもか門行過かねつ(て&つ<墨>)ひちかさの雨もふら(△△△&もふら<墨>)なんあまかくれせん(あまかくれせん$カサヤトリせん<墨>)<朱>(古今六帖448・万葉2693、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  とかふりきて・いとあハたゝしけれハみなかへり給ハ
  むとするに・かさもとりあへすさる心もなきに
  よろつふきちらし又なき風なり・なミいと
  いかめしうたちて人/\のあしをそら
  なり・うミのおもてハ・ふすま越はりたらむ
0271【ふすま越はりたらむやうに】−\<朱合点> 明月記云雨脚融<トヲ>地ニ電光張衾 道成集 年ことに冬ふる物としりなから床めつらしき衾雪哉(道成集2)
  やうにひかりみちて・神なりひらめくおち
  かゝる心ちして・からうしてたとりきて・かゝる」52ウ

  めハ見すもあるかな・風なとハふくもけしき
  つきてこそあれ・あさましうめつらかなり
  とまとふに・猶やますなりみちて・あめの
  あしあたる所とおりぬへくはらめきおつ・か
  くてよハつきぬるにやと・心ほそく思まとふに・
  君ハのとやかに経うちすしておはす・くれぬ
  れハ神すこしなりやミて・風そよるも
  ふくおほくたてつる願のちからなるへし・
  いましハしかくあらハなミにひかれていりぬへ
  かりけり・たかしほといふものになむ・とりあへす」53オ

  人そこなはるゝとハきけと・いとかゝる事ハまた
  しらすといひあへり・あか月かたみなうちや
  すみたり・きて(て$ミ)もいさゝかねいり給へれハ・その
  さまとも見えぬ人きて・なと宮よりめし
  あるにハまいり給ハぬとて・たとりありくと見
  るにおとろきて・さはうみのなかの龍王のいと
0272【龍王】−彦火々出見尊を源氏にたとふ龍神ノ豊玉姫ニあわせたてまつるに明石上をたとふ也
  いたうものめてするものにて・見いれたるなり
  けりとおほすに・いとものむつかしう・このす
  まゐたへかたくおほしなりぬ」53ウ

  伊勢海<律>(明石 奥入01)
  しなつ(つ$へ)うらふれひるのこの(明石 奥入02)
  日本世紀<故略>
   二男蛭児生而体如蛭及三年
   不起其父母之乗葦船而流
  文集<琵琶引>(明石 奥入03)
  今年歓笑後明年秋春風等閑度
  弟走従軍河夷死暮去朝朱顔色
  故門前寒落鞍馬稀老大嫁作商人婦」54オ

  商人重利軽離別前月浮梁買茶花<又>
  去来江口守空船遶船月明江水寒
  夜深忽夢少年事夢啼粧渡紅蘭<千>
  我聞琵琶已嘆息又聞此語重喞々
  同是天涯淪落人相悲何無曽相識
  我従去年辞帝京謫居病臥尋陽城
  尋陽小処無音楽終歳不聞糸竹声
  今夜聞君琵琶語如聴仙楽耳暫明
  莫辞更坐弾一曲為君翻作琵琶行
  咸我此言良久却坐従絃々転急」54ウ

  悽々不似向前声満座重聞皆淹泣
  就中泣下誰最多江別司馬青衫湿
  まくなき(明石 奥入04)
   可尋勘但凡俗之詞有之是
  晋書[秋+山]康伝(明石 奥入05)
  [秋+山]康嘗遊洛西暮宿美陽中
  引琴弾夜分忽有客詣々称是
  古人与康共談音律辞致清弁
  因索琴弾之而為庵陵散声調」55オ

  絶倫遂以桴康仍誓不伝人亦不言
  其姓字
   以上陬磨巻也誤而書此巻」55ウ

  イ本
  源氏廿五六歳事 以哥并詞為巻名」(55ウ)

  すま<墨> 一校了<墨> 二校了<朱>」(表表紙蓋紙)