First updated 06/17/2002(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-5)
渋谷栄一翻字(C)

  

賢 木

凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「さか木」(題箋)

  斎宮の御くたりちかう成ゆくまゝに・御息
  所ものこゝろほそくおもほす・やむことなく
  わつらハしきものにおほえたまへりし・大殿の
0001【大殿の君】−葵上事
  君もうせ給てのち・さりともと・世人もき
  こえあつかひ・宮のうちにも心ときめきせしを・
  そのゝちしも・かきたえあさましき御もて
  なしを見給に・まことにうして(て$と<朱>)おほす事こそ
  ありけめと・しりはて給ぬれハ・よろつの
  あはれをおほしすてゝ・ひたみちにいてたち
0002【ひたみちに】−直路ナリ
  給・おやそひくたり給れいも(も=ハ$<朱>)・ことになけれ」1オ
0003【おやそひくたり給れい】−村上御女規子内親王斎宮ニ下向母徽子女王重明親王女副下例

  と・いと見はなち・かたき御ありさまなるに
  ことつけて・うき世を行はなれむとおほす
  に・大将の君さすかにいまハとかけはなれ給
  なむもくちおしくおほされて・御せうそこ
  ハかりハあはれなるさまにてたひ/\かよふ・
  たいめし給ハんこと越ハ・いまさらにあるましき
  ことゝ女君もおほす・人は心つきなしと
  思をき給・事もあらむに・われハいますこし
  おもひみたるゝ事のまさるへきを・あいな
  しと心つよくおほすなるへし・もとの殿に」1ウ
0004【もとの殿】−六条京極の御家也

  は・あからさまにわたり給おり/\あれと・いた
  うしのひたまへハ・大将殿えしり給はす・たハ
  やすく御心にまかせてまうてたまふへき
  御すみかに(に+ハた<朱>)あらねは・おほつかなくて・月日
  もへたゝりぬるに・院のうへ・おとろ/\し
  き御なやみにハ・あらてれいならす時/\
  なやませ給へハ・いとゝ・御心のいとまなけれ
  と・つらき物に思はて給なむも・いとおしく・
  人きゝなさけなくやと・おほしをこして・
  野の宮にまうて給・九月七日ハかりなれは・」2オ
0005【まうて給】−源

  むけにけふあすとおほすに・女かたも・(も+いと)心
0006【むけにけふあすと】−下向
  あハたゝしけれとたちなからと・たひ/\御
  せうそこありけれハ・いてやとハおほしわつ
0007【いてや】−\<朱合点> 御息所
  らひなからいとあまりうもれいたき越・物
  こしハかりのたいめハと・人しれすまちきこ
  え給けり・はるけきのへを・わけいり給より
  いとものあはれなり・秋の花みなおとろへ
  つゝ・あさちか原もかれ/\なるむしの
  ねに・松風すこく吹あはせて・そのことゝも
  きゝわかれぬほとにものゝねとも・たえ/\」2ウ

  きこえたる・いとえんなり・むつましきこせ
  む十よ人はかり・みすいら(ら#し<朱>)むこと/\しき
  すかたならて・いたう・しのひ給へれと・ことに
  ひきつくろひ給へる・御ようい・ゝとめてたく
  みえ給へは・御ともなる・すきものとも・所から
  さへ身にしミて思へり・御心にもなとていま
  まて・たちならさゝりつらむと・すきぬるかた・
  くやしうおほさる・ものはかなけなるこし
  はかきを・おほかきにていたやとも・あたり
  あたりいとかりそめなり・くろ木のとりゐ」3オ

  ともさすかに・かう/\しう・見わたされて・
0008【かう/\しう】−神
  わつらハしきけしきなるに・かむつかさ
  の物とも・こゝかしこに・うちしハふきて・を
  のかとち・ものうちいひたるけはひなとも・
  ほかにハさまかハりて見ゆ(見ゆ=おもほゆ)・ひたきやかす(す+か)に
0009【ひたきや】−火炬子<タキノワラハ>二人山城国葛<カト>郡秦氏童女延喜式
  ひかりて・人けすくなく・しめ/\として・
  こゝにもの思ハしき人の月日を・へたて給
  へらむほとを・おほしやるに・いといミしう
  あハれに心くるし・きたのたいのさるへき
  所に・たちかくれ給ひて・御せうそこきこ」3ウ

  え給に・あそひハみなやめて・心にくきけ
0010【あそひハみなやめて】−上に物の音ともたえ/\きこえたるとあり
  はひ・あまたきこゆ・なにくれの人つての
  御せうそこハかりにて・身つからハたいめし
  給へきさまにもあらねハ・いとものしと
  おほして・かうやうのありきもいまハつきな
0011【かうやうの】−源氏詞
  きほとになりにて侍越・おもほししらハ・かう
  しめのほかにハ・もてなし給はて・いふせう侍
0012【しめのほかにハ】−\<朱合点>
  事をも・あきらめ侍にし哉(哉#かな<朱>)と・まめやかに
  きこえ給へハ・人々けにいとかたハらいたう・た
  ちわつらハせ給に・いとおしうなと・あつかひ」4オ

  きこゆれハ・いさやこゝの人めも見くるしう・
0013【いさや】−御息所
  かのおほさむことも・わか/\しう(う+いて<朱>)ゐんか・いま
0014【かのおほさむことも】−斎宮
  さらに・つゝましきことゝおほすにいとものう
  けれと・なさけなうもてなさむにも・たけから
  ねは・とかく・うちなけきやすらひて・ゐさり
  いて給へる御けハひ・いと心にくしこなたは
0015【こなたは】−源氏
  すのこハかりのゆるされハ・侍りやとて・のほり
  い給へり・はなやかにさしいてたるゆふつく
  よに・うちふるまひ給へるさまにほひに・にる
  ものなくめてたし月ころのつもり越・」4ウ

  つき/\しうきこえ給はむもまはゆき程
  になりにけれハ・さか木をいさゝかおりて・も給
  へりけるをさしいれて・かハらぬ色をしるへ
0016【かハらぬ色】−\<朱合点> 源氏御詞 後千はやふる神垣山の榊葉ゝ時雨に色もかハらさりけり<左墨>(後撰457・古今六帖902・躬恒集264、花鳥余情・休聞抄・孟津抄・岷江入楚) をく霜に色もかハらぬ榊葉ハかをやハ人のとめてきつらん貫之集<左墨>(新古今1869・貫之集19、湖月抄・引歌)
  にてこそ・いかきもこえにけれ・さも心うく
0017【いかきもこえ】−\<朱合点> ちハやふる神のいかきもこえぬへしいまハわか身のおしけくもなし<左朱>(拾遺集924・古今六帖1065・万葉2671・人丸集195、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) ちハやふる神の井垣もこえぬへしいまはわかミのおしけクもなし<左墨> 賀茂女集ちハやふる神のいかきもこゆる身の草のとさしになにかさハらん<左墨>(古今六帖1377、河海抄) ときハなる松にし心なれきなハかハらぬ色もいまはたのまん<左墨>(出典未詳)
  ときこえ給へハ
    神かきハしるしのすきもなきもの越
0018【しるしのすき】−恋しくハとふらひきませ我宿ハ三輪の山本杉たてる門(古今982・新撰和歌316・古今六帖1364・俊頼髄脳64、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  いかにまかへておれるさか木そときこえ給へハ
    をとめこかあたりとおもへはさか木はの
0019【をとめこか】−源氏返し
  香越なつかしみとめてこそおれおほかた
0020【香越なつかしみ】−\<朱合点> 模御息 さかきハのか越かくハしみとめくれハやそうち人もまとひせりけり(拾遺集577、河海抄・弄花抄・一葉抄・細流抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  のけハひ・わつらハしけれと・みすハかりハひき」5オ

  きて・なけしにおしかゝりてゐ給へり・心に
  まかせて・見たてまつりつへく・人もした
  ひさまに・おほしたりつる・とし月ハのとか
  なりつる・御心おこりにさしもおほされ
  さりき・また心のうちに・いかにそや・きす
  ありて・思きこえ給にしのちハたあハれも
  さめつゝ・かく御中もへたゝりぬるを・めつら
  しき・御たいめのむかしおほえたるに・あはれ
  とおほしみたるゝ事かきりなし・きし
  かたゆくさきおほしつゝけられて・心よは」5ウ

  くなき給ぬ・女ハさしも見えしとおほし
  つゝむめれと・えしのひ給ハぬ御けしき
  を・いよ/\心くるしう・な越おほしとまるへ
  きさまにそきこえ給める・月もいりぬる
  にやあハれなる空をなかめつゝ・うらみき
  こえ給に・こゝら思ひあつめ給へるつらさも・
  きえぬへし・やう/\いまハとおもひはなれ
  給へるに・されハよと・中/\心うこきておほ
  しみたる・殿上のわかきむたちなと・うちつ
  れて・とかくたちわつらふなる・にはのた(た+ハ#<朱>)」6オ

  たすさ(さ#ま<朱>)ひも・けにえんなるかたに・うけハり
  たるありさまなり・おもほしのう(う#こ<朱>)すことな
  き・御なからひにきこえかハし給事ともま
  ねひやらむかたなし・やう/\あけ行
0021【あけ行空のけしき】−三秋未暁之作<トキ>五夜将<ス><右><スル><左>明之天別緒依云晴遭逢新<ノ>時<ニ>
  空のけしき・ことさらに・つくりいてたら
  むやう也
    あかつきのわかれハいつも露けき越
0022【あかつきの】−源氏
  こハ世にしらぬ秋の空かな・いてかてに御
0023【世にしらぬ秋の空】−大底<オホヨソ>四時心惣<テ>苦<ム>就中腸断<ハ>是秋天
  てをとらへてやすらひ給へる・いみしう
  なつかし・かせいとひやゝかに吹て・松むし」6ウ

  のなきからしたるこゑも・おりしりかほ
  なるを・さして思事なきたに・きゝす
  くしかたけなるにまして・わりなき
  御こゝろまとひともに・中/\こともゆか
0024【中/\こともゆかぬにや】−秀逸可出来ヲ不事行云々
  ぬにや
    おほかたの秋のわかれもかなしきに
0025【おほかたの】−宮す所返し
  なくねなそへそのへのまつむしくやし
0026【くやしき事】−河説二首源不可様也
  き事おほかれと・かひなけれハ・あけ行空も
  はしたなふて・いて給・みちのほといと露
  けし・女も・え心つよからすなこりあはれにて・」7オ

  なかめ給・ほの見たてまつり給へる月影
  の御かたち・猶とまれるにほひなと・わかき
  人々ハ身にしめて・あやまちもしつへく(く$く<朱>)・
  めてきこゆ・いかはかりのミちにてか・かゝる
  御ありさまを・見すてゝハわかれきこえんと・
  あいなく涙くミあへり・御ふミつねよりも・
  こまやかなるハおほしなひくハかりなれと・
  又うちかへしさためかね給へき事ならね
  ハ・いとかひなし・おとこハさしもおほさぬ
  事をたに・なさけのためには・よくいひ」7ウ

  つゝけ給ふへかめれハ・ましてをしなへて
  のつらにハ・思ひきこえ給ハさりし御なか
  の・かくてそむき給なんとするを・くち
  おしうもいと越しうもおほしなやむへし・
  たひの御さうそくよりはしめ・人々のま
  て・なにくれの御てうとなと・いかめしう・
  めつらしき・さまにて・とふらひきこえ給へ
  と・なにともおほされす・あは/\しう心
  うき・なをのミなかして・あさましき身
0027【あさましき身のありさま】−宮す所御ありさま
  のありさまを・いまハしめたらむやうに・ほと」8オ

  ちかくなるまゝに・おきふしなけき給・
  斎宮ハ・わかき御心ちにふちやうなり
  つる御いてたちの・かくさたまりゆくを・
  うれしとのミおほしたり・世人ハれゐなき
  事と・もときもあハれかりも・さま/\に
  きこゆへし・なにことも人に・もときあつ
  かハれぬきハゝ・やすけなり・なか/\世に
  ぬけいてぬる人の・御あたりハ・ところせき
  ことおほくなむ・十六日かつら河にて・御
0028【かつら河にて御はらへし給】−群行日西河にて御禊事あり幄の屋にて中臣御麻<ヌサ>をたてまつる事あり
  はらへしし給・つねのきしきにまさりて・」8ウ

  長ふそうしなと・さらぬかむたちめも・やむ
0029【長ふそうし】−チヤウ奉<フ>送<ソウ>使<シ>
0030【さらぬかむたちめ】−中納言君参議致伊勢国
  ことなくおほえあるをえらせ給へり・院の
  御心よせもあれハなるへし・いて給ふ程に・
  大将殿より・れいのつきせぬ事ともき
  こえ給へり・かけまくもかしこきおまへにて
0031【かけまくもかしこき】−掛<カケマクモ> 畏<カシコ> 宣命詞
  と・ゆふにつけて・なる神たにこそ
0032【なる神】−\<朱合点> 天の原ふミとゝろかしなる神も思ふ中をはさくる物かは<朱>(古今701・古今六帖805、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
    やしまもるくにつミ神もこゝろあらハ
0033【やしまもる】−源氏
0034【くにつミ神】−地神申也
  あかぬわかれの中をことハれおもふたまふ
  るにあかぬ心ち・し侍かなとあり・いとさハ
  かしきほとなれと御かへりあり・宮の御をは女」9オ
0035【御かへり】−御息
0036【宮】−斎
0037【女へたう】−斎宮の女別当延喜式にみえたり

  へたうして・かゝせ給へり
    くにつかミ空にことハる中ならハな越
0038【くにつかミ】−宮す所或斎返哥
  さりことをまつやたゝさむ大将ハ御ありさま
  ゆかしうて・うちにもまいらまほしくおほせと・
  うちすてられて・見をくらむも・人わろき
  心ちし給へは・おほしとまりて・つれ/\に
  なかめゐ給へり・宮の御かへりのおとな/\
  しきを・ほ越ゑミて見ゐ給へり・御としの
0039【ほをゑミて】−な越さり事をまつやたゝさんとあるをいへり
0040【御とし】−十四
  ほとよりハ・おかしうも・おはすへきかなと・
  たゝならすかうやうに・れいにたかへる・わつ」9ウ

  らハしさに・か(か#か<朱>)ならす心かゝる御くせにて・
  いとよう見たてまつりつへかりし・いはけ
  なき御ほとを・見すなりぬるこそ・ねた
  けれ・世中さためなけれハ・たいめするやう
  もありなむかしなと・おほす心にくゝ・よし
  ある御けハひなれハ・もの見くるまおほかる
  ひなり・さるの時に・うちにまいり給・宮すん
  所御こしにのり給へるにつけても・ちゝおとゝ
0041【御こしにのり給へる】−葱花輿神事用之諸事行幸等
  の・かきりなきすちにおほし心さして・いつ
0042【いつき】−寵
  きたてまつり給しありさまかハりて・すゑ」10オ

  の世に・うちを見給にも・ものゝみつきせす・
  あはれにおほさる・十六にて・こ宮にまいり
0043【こ宮】−前坊
0044【まいり給て】−生秋好
  給て・廿にて・をくれたてまつり給・卅にて
  そ・けふまた・こゝのへを・ミ給ける
    そのかミをけふはかけしとしのふれと
0045【そのかミを】−宮す所
  心のうちにものそかなしき斎宮ハ十四に
  そなり給ける・いとうつくしうおはするさま
  をうるハしう・したて/\まつり給へるそいと
  ゆゝしきまて見え給を・みかと御心うこ
  きて・わかれのくしたてまつり給ほと・」10ウ

  いとあハれにて・しほたれさせ給ぬ・いて給を
  まちたてまつるとて・八省にたてつゝ
0046【八省】−太極殿をいふ
0047【たてつゝけたる】−美福門内立ツヽク
  けたる・いたし車とものそてくち色
  あひも・めなれぬさまに・心にくきけし
  きなれハ・殿上人ともゝわたくしの
  わかれおしむおほかり・くらういて給て・
  二条より・とうゐむのおほちをおれ給ふ
0048【とうゐむのおほち】−東洞院也
  ほと・二条の院のまへなれハ・大将の君いと
  あハれにおほされてさかきにさして
    ふりすてゝけふはゆくともすゝか河」11オ
0049【ふりすてゝ】−源氏

  やそせの浪に袖ハぬれしやときこえ
0050【やそせの浪】−すゝか川やそせのたきをみな人のめくるもしるくときにあへるかも(催馬楽「鈴鹿川」、孟津抄・岷江入楚)
  給へれと・いとくらうものさハかしき程なれ
  は・又の日・せきのあなたよりそ御かへり(かへり#返し)ある
0051【せきのあなた】−\<朱合点> 相坂の関のあなたハまたみぬにあつまの事もしられさりけり(後拾遺937、河海抄・一葉抄・孟津抄)
    すゝか河やそせのなみにぬれ/\す
0052【すゝか河】−宮す所
  いせまてたれかおもひをこせむ・ことそきて
0053【ことそきて】−草かちなるをいふにや
  かき給へるしも・御ていとよし/\しく・
  なまめきたるに・あハれなるけをすこし
0054【あはれなるけ】−正体ノもしすかた越いふ
  そへ給へらましかハとおほす・きりいたう
  ふりて・たゝならぬあさほらけに・うちなかめて・
  ひとりこち・おハす」11ウ

    ゆくかた越なかめもやらむこの秋は
0055【ゆくかた越】−源氏
  あふさか山を霧なへたてそにしのたい
  にも・わたり給はて・ひとやりならす・もの
0056【ひとやりならす】−\<朱合点> 人やりの道ならなくに大かたハいきうしといひていさかへりなん<朱>(古今388・新撰和歌185、河海抄・孟津抄) 下句能宣集<墨>
  さひしけに・なかめくらし給・まして旅
  の空ハいかに御心つくしなる事おほかり
  けん・院の御なやミ・神な月になりてハ・いと
  おもくおハします・世中におしミきこ
  えぬ人なし・うちにもおほしなけきて・行
  幸あり・よハき御心ちにも・春宮御事を・
  かへす/\きこえさせ給て・つきにハ・大将」12オ

  の御事・侍つる世にかハらす・大小のことをへた
  てす・なにことも御うしろミと・おほせよハひ
  のほとよりハ・よ越まつりこたむにも・おさ/\
  はゝかりあるましうなむ見給ふる・かな
  らす世中たまつへきさうある人なり・
  さるによりて・わつらハしさに・みこにもな
  さす・たゝ人にて・おほやけの御うしろミ
  をせさせむと思給へしなり・その心たかへ
  させ給なと・あハれなる御ゆいこむともお
  ほかりけれと・女のまねふ(へ&ふ)へきことにしあら」12ウ

  ねハ・このかたハしたに・かたハらいたし・みか
0057【みかと】−朱雀
  とも・いとかなしとおほして・さらにたか
  へきこえさすましきよしを・かへす/\
  きこえさせ給・御かたちも・いときよらに・
0058【御かたちも】−院御気色
  ねひまさらせ給へるを・うれしくたのも
  しく見たてまつらせ給・かきりあれハ・いそ
0059【いそきかへらせ給にも】−朱雀
  きかへらせ給にも・なか/\なる事おほくなん・
  春宮もひとたひにも(も#と<朱>)おほしめしけれ
0060【春宮】−冷泉
  とものさハかしきにより・ひをかへて・わた
  らせ給へり・御としのほとよりハ・おとなひ・」13オ

  うつくしき御さまにて・恋しとおもひ
  きこえさせ給けるつもりに・(に+なに<朱>)心もなく・うれ
  しとおほし・見たてまつり給ふ御けしきいと
  あハれなり・中宮ハ涙にしつミ給へるを・見た
0061【中宮】−薄
  てまつらせ給も・さま/\御心みたれて・おほ
  しめさる・よろつのこと越きこえしらせ給へと・
  いと物はかなき御ほとなれハ・うしろめたく・
  かなしと見たてまつらせ給・大将にもおほや
  けにつかうまつり給へき御心つかひ・この
  宮の御うしろミし給へきこと越・かへす/\の」13ウ

  給はす・夜ふけてそ・かへらせ給・のこる人なく・
  つかうまつりてのゝしるさま・行幸におと
  るけちめなしあかぬほとにてかへらせ給
  をいミしうおほしめす・おほきさきも・まいり
0062【おほきさき】−朱雀院御母
  給はむとする越・中宮のかくそひおハす
0063【中宮】−藤壺事
  るに・御心をかれて・おほしやすらふほとに・
  おとろ/\しきさまにも・おハしまさて・かく
  れさせ給ぬ・あしを空に・思まとふ人おほ
  かり・御くらゐをさらせ給と・いふハかりに
0064【御くらゐをさらせ給といふはかりに】−位をさりてな越世の政を行給ふ事嵯峨天皇の例ナリ
  こそあれ・よのまつりことを・しつめさせ」14オ

  給へる事も・我御世のおなし事にてお
  ハしまいつるを・みかとハいとわかうおハし
  ます・おほちおとゝいときうにさかなく・
0065【おほちおとゝ】−二条太政大臣
  おハして・その御まゝになりなん世をいかな
  らむと・かむたちめ殿上人ミなおもひな
  けく・中宮大将殿なとハましてす
  くれてものもおほしわかれす・のち/\の
  御わさなと・けうしつかうまつり給さまも・
0066【御】−ミ
0067【わさ】−態<ワサ> 事<ワサ>
0068【けうし】−孝養事
  そこらのみこたちの御中にすくれた
  まへるをことハりなから・いとあハれに世人も」14ウ

  見たてまつる(る+藤の御そにやつれ給へる)につけてもかきりなくきよ
  らに心くるしけなり・こそ・ことしと・うち
0069【こそ】−こそハ葵上の事
  つゝきかゝる事を見給に・よもいとあち
  きなうおほさるれと・かゝるついてにもまつ・
  おほした(た+た)るゝ事ハあれと・又さま/\の
  御ほたしおほかり・御四十九日まては・女御・
0070【御ほたし】−\<朱合点> 古今世のうきめ見えぬ山ちへ入らんニハおもふ人こそ(古今955、花鳥余情・休聞抄・孟津抄・岷江入楚)
  みやす所たち・みな院につとひ給へりつる
  をすきぬれハ・ちり/\にまかて給・しはす
  の廿日なれは・おほかたのよの中・とちむる
  空のけしきにつけても・ましてはるゝ」15オ

  よなき中宮の御心のうちなりおほき
  さきの御心もしり給へれは・心にまかせ給
  へらむ・世のはしたなくすミうからむを・お
  ほすよりも・なれきこえ給へる・としころの
  御ありさまを・思ひいてきこえ給ハぬときの
  まなきに・かくてもおハしますましう・みな
  ほか/\へと・いて給ほとにかなしき事かきりなし・
  宮ハ・三条の宮にわたり給・御むかへに兵部卿
0071【宮】−薄
0072【兵部卿】−宮の御あになり
  の宮まいり給へり・ゆきうちちり・風はけし
  うて・院のうちやう/\人めかれ行て・し」15ウ

  めやかなるに・大将殿こなたにまいり
0073【こなたに】−薄
  給て・ふるき御物かたりきこえ給・おまへ
  の五えうの・ゆきにしほれて・した葉かれ
  たるを見たまひてみこ
    かけひろミたのみしまつやかれに
0074【かけひろミ】−兵部卿宮
  けんした葉ちり行としの暮哉なにハかり
  のことにもあらぬに・おりからものあハれにて・
  大将の御そていたうぬれぬ・いけのひまな
  うこほれるに
    さえわたる池のかゝみのさやけきに」16オ
0075【さえわたる】−源氏

  見なれしかけを見ぬそかなしきとおほ
  すまゝにあまり・わか/\しうそあるや・王命婦
    としくれていはゐの水もこほりとち
  見し人かけのあせも行かなそのついて
0076【そのついてに】−作者ー
  に・いとおほかれと・さのミかきつゝくへき
  事かハ・わたらせ給きしきかハらねと・思
  なしにあハれにて・ふるき宮ハ・返てた
  ひ心ちし給にも・御さとすミたえたる・とし
  月のほと・おほしめくらさるへし・としかへり
  ぬれと・世中いまめかしき事なくしつ」16ウ

  かなり・まして・大将殿ハものうくてこもり
  ゐ給へり・ちもくのころなと・院の御時をは・
0077【ちもく】−除目
  さらにもいはす・としころおとるけちめ
  なくて・みかとのわたり所なくたちこみ
  たりしむま車うすらきて・とのゐ物の
0078【むま車】−ヒハ引<本ノマヽ> 門前零落鞍馬稀
0079【とのゐ物のふくろ】−無指事秘事と申伝侍り
  ふくろ・おさ/\見えす・したしきけいし
  ともハかり・ことにいそく事なけにて
  ある越見給にも・いまよりハ・かくこそハと
  思やられて・ものすさましくなむ・みく
0080【みくしけとの】−御匣
  しけとのハ・二月にないしのかミになり」17オ
0081【ないしのかみ】−おほろ月夜

  給ぬ・院の御思にやかて・あまになり給
  へるかハりなりけり・やむことなくもてなし・
0082【かハりなり】−内侍闕
  人からも・いとよくおはすれハ・あまた
  まいりあつまり給中にもすくれて・時
  めき給・后ハさとかちに・おハしまいて・
0083【后】−大后
  まいり給ふときの・御つほねにハ・むめつほ
  をしたれハ・こきてんにハ・かむの君すミ給ふ・
0084【かむの君】−朧
  とう花殿のむもれたりつるに・ハれはれしう
0085【とう花殿】−登華殿弘ー殿北梅壺東也
  なりて・女坊なともかすしらす・つとひま
  いりて・いまめかしう・はなやき給へと・御心の」17ウ

  中ハ・思ひのほかなりしことゝもを・わす
  れかたくなけき給・いとしのひて・かよハし
  給ふ事ハな越・おなしさまなるへし・ものゝ
  きこえもあらハ・いかならむとおほしなか
  ら・れいの御くせなれハ・いましも御心
  さしまさるへかめり・院のハはしましつる
  世こそハゝかり給つれ・后の御心・いちはや
  くて・かた/\おほしつめたる事とも
  の・むくひせむとおほすへかめり・ことにふれ
  て・はしたなきことのミいてくれハ・かゝる」18オ

  へきこと(と+と)ハ・おほししかと・見しり給はぬ
  世のうさに・たちまふへくもおほされす・左の
0086【左のおほいとの】−摂政
  おほいとのも・すさましき心ちし給て・
  ことにうちにもまいり給はす・こひめ君を・
0087【こひめ君】−葵上事
  ひきよきて・この大将の君にきこえつけ
  給ひし・御心を・きさきハおほしをきて・よ
  ろしうも・思きこえ給はす・おとゝの御中
0088【おとゝ】−二条
  も・もとよりそハ/\しう・おはするにこ院の
0089【そハ/\しう】−稜文
  御世にハ・我まゝにおはせしを時うつりて・
0090【我まゝに】−摂ー
  したりかほにおハするを・あちきなしと」18ウ

  おほしたる・ことハりなり・大将ハありしに
  かハらすわたりかよひ給ひて・さふらひし人
  人をも・中/\にこまかにおほしをきて・わか
0091【わか君】−夕霧
  君をかしつき・思きこえ給へる事かきりな
  けれハ・あハれにありかたき御心と・いとゝいたつ
  きゝこえ給事ともおなしさまなり・かきり
  なき御おほえのあまり・ものさハかしきまて・
  いとまなけに・見え給しをかよひ給し・と
  ころ/\も・かた/\にたえ給事ともあり・
  かる/\しき御忍ひありきも・あいなう」19オ

  おほしなりてことにし給ハねハいとのと
  やかに・いましもあらまほしき御ありさま
  なり・にしのたいのひめ君の御さいはいを・世
0092【にしのたいのひめ君】−紫上
  人もめてきこゆ・少納言なとも人しれ
  す・こあまうへの御いのりのしるしと見た
  てまつる・ちゝみこも思さまにきこえかハし
  給・むかひハらのかきりなくとおほすハ・はか/\
0093【むかひハら】−当腹
  しうもえあらぬに・ねたけなる事おほく
  て・まゝハゝのきたのかたハやすからすおほ
0094【まゝハゝのきたのかた】−紫
  すへし・ものかたりにことさらにつくりいて」19ウ

  たるやうなる御ありさまなり・斎院ハ御
  ふくにておりゐ給にしかハ・あさかほのひ
  め君ハかハりにゐ給にき・かものいつき
0095【いつき】−斎院とかく
  にハ・そ(そ+む)わうのゐたまふ・れいおほくもあ
0096【そむわう】−孫
0097【れいおほくも】−延喜已前例直<ナヲ>子ノ女王文徳孫此外無例
  らさりけれと・さるへき女みこや(ゝ&や)・おハせさり
  けむ・大将の君とし月ふれと・猶御こゝろ
  はなれ給ハさりつるを・かうすちことになり
0098【はなれ】−槿
  給ぬれハ・くちおしくとおほす・中将に
0099【中将】−斎院女房
  をとつれ給事もおなしことにて・御ふミ
  なとハ・たえさるへし・むかしにかハる御あり」20オ
0100【むかしに】−桐ー院中

  さまなと越ハ・ことになにともおほしたらす・
  かやうのはかなし事とも越まきるゝこと
  なきまゝに・こなたかなたとおほしなや
  めり・みかとハ・院の御ゆいこむたかへす・あ
  ハれにおほしたれと・わかうおハします
  うちにも・御心なよひたるかたにすきて・
0101【なよひ】−麗
  つよき所おハしまさぬなるへし・はゝき
  さき・おほちおとゝとり/\し給事は・
  えそむかせ給はす・よのまつりこと・御心に
  かなハぬやうなり・わつらハしさのみまされと・」20ウ

  かむの君ハ・人しれぬ御心しかよへハ・わり
  なくてと・おほつかなくハあらす・五たんの
  みすほうのはしめにて・つゝしミおはし
  ます・ひまを・うかゝひて・れいの夢のやう
  にきこえ給・かのむかしおほえたる・ほそとのゝ
  つほねに・中納言の君まきらハしていれ
  たてまつる・人めもしけきころなれハ・つね
  よりもはしちかなる・空おそろしうおほ
  ゆ・あさゆふに見たてまつる人たに・あかぬ
0102【あさゆふに】−\<朱合点> 伊勢の海人の朝な夕なにかつくてふみるめに人をあくよしもかな(古今683・古今六帖1869、異本紫明抄・紫明抄・河海抄・孟津抄)
  御さまなれハ・ましてめつらしきほとにのミ」21オ

  ある御たいめのいかてかハをろかならむ・女の
  御さまもけにそめてたき御さかりなる・
  おもりかなるかたハ・いかゝあらむ・おかしう
  なまめきわかひたる心ちして・見まほ
  しき御けハひなり・ほとなくあけゆく
  にやとおほゆるに・たゝこゝにしも・とのゐ
  申さふらふと・こはつくるなり・またこの
0103【こはつくる】−近衛夜行
  わたりに・かくろへたるこのゑつかさそあるへ
  き・ハらきたなきかたへの・をしへをこする
0104【ハらきたなき】−日本記に黒心とかきてきたなき心とよめり
  そかしと・大将はきゝ給をかしきものから・」21ウ

  わつらハしこゝかしこ・たつねありきて(△&て)・とら
0105【こゝかしこ】−大将次将ノ間ヲ
  ひとつと申なり・女君
0106【女君】−朧
    心から方/\そてをぬらすかなあくとを
0107【心から】−おほろ月
0108【あく】−明
  しふるこゑにつけてもとのたまふさま・
  はかなたちていとをかし
    なけきつゝわかよはかくてすくせとや
0109【なけきつゝ】−源氏
  むねのあくへき時そともなくしつ心なく
0110【むねのあく】−心ニアク
  ていてたまひぬ・(ぬ+夜)ふかきあかつき月夜の・
  えもいはすきりわたれるに・いといたうや
  つれてふるまひなし給へるしも・にるもの」22オ

  なき御ありさまにて・承香殿の御せう
0111【承香殿】−そきやう殿女御ハ朱雀院の女御今上の御母ナリ
  との・とう少将ふちつほよりいてゝ・月のす
  こしくまある・たてしとミのもとに・た
0112【くま】−少将
  てりけるを・しらてすき給けんこそ・いと
  をしけれ・もときゝこゆるやうもありなん
  かし・かやうのことにつけても・もてはなれ・
  つれなき人の御心を・かつハめてたしと
0113【つれなき人】−藤壺の中宮の御事也
  思ひきこえ給物から・わか心のひく方にてハ・
  猶つらう心うしと・おほえ給をりおほかり・
  内にまいり給はん事ハ・うゐ/\しく・所」22ウ

  せくおほしなりて・春宮を・見たてまつり
  給はぬを・おほつかなくおもほえ給・又たの
  もしき人もゝのし給ハねハ・たゝこの大将
  の君をそ・よろつにたのミきこえ給へるに・
  (+猶このにくき御心のやまぬに<朱>)ともすれハ・御むねをつふし給つゝ・いさゝかも・
0114【いさゝかもけしきを御らんししらす】−源氏の君と藤壺との事を故院ハつゐにしらせ給ハさりし事也
  けしきを御らんし・しらすなりにしをおも
  ふたに・いとおそろしきに・いまさらにまた
  さる事のきこえありて・我身ハさるものに
  て・春宮の御ため(め+に)・かならすよからぬこといて
  きなんとおほすに・いとおそろしけれハ・御いの」23オ

  りをさへせさせて・このこと思やませたて
  まつらむと・おほしいたらぬ事なくのかれ給を・
  いかなるおりにかありけん・あさましうて
  ちかつきまいり給へり・心ふかくたはかり給けん
0115【まいり】−源
0116【心ふかく】−藤壺事
  事をしる人なかりけれハ・夢のやうにそありける・
  まねふへきやうなく・きこえつゝけ給へと・宮
0117【宮】−薄
  いとこよなく・もてはなれきこえ給て・はて/\
  ハ御むねをいたうなやミ給へハちかうさふらひつる・
  命婦弁なとそあさましう・見たてまつりあつ
  かふ・おとこハうしつらしと思きこえ給事」23ウ

  かきりなきに・きしかた行さきかきくらす
  心ちして・うつし心うせにけれハ・あけはてに
  けれといて給はすなりぬ・御なやミにおとろきて・
  人々ちかうまいりて・しけうまかへハ・われにも
0118【まかへハ】−人往来
  あらて・ぬりこめにをしいれら(ら+れ)ておはす・御そ
  ともかくしもたる人の心ちともいとむつ
  かし・宮ハものをいとわひしとおほしけるに・
  御けあかりて・猶なやましうせさせ給・兵部卿
0119【兵部卿】−兄
  宮・大夫なとまいりて・そうめせ(△&せ)なとさハくを・
0120【大夫】−男 フ
  大将いとわひしうきゝおはす・からうして」24オ

  くれ行程にそ・おこたり給へる・かくこもりゐ給
  へらむとハ・おほしもかけす・人々も・又御心まと
  はさしとて・かくなんともまうさぬなるへし・ひる
  のおましに・いさりいてゝおハします・よろしう
  おほさるゝなめりとて・宮もまかて給ひなと
0121【宮】−兵部卿
  して・おまへ人すくなになりぬ・れいもけち
  かくならさせ給人すくなけれハ・こゝかしこの・
  ものゝうしろなとにそさふらふ・命婦の君なとハ
  いかにたはハかりていたしたてまつらむ・こよひ
  さへ御気あからせ給はん・いとおしう(う+なと<朱>)うちさゝ」24ウ

  めきあつかふ・君ハぬりこめのとの・ほそめに
  あきたるを・やおらをしあけて・御屏風の
  ハさまに・つたひ入給ぬ・めつらしく・うれしき
  にも・涙おちて・見たてまつり給ふ・な越いとくる
  しうこそあれ・世やつきぬらむとて・とのかたを見
0122【世やつきぬらむ】−\<朱合点> 樹下集あハさりし涙のもろく成行ハよやつきぬらん時やきぬらん(出典未詳、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・花屋抄・岷江入楚)
  いたし給へる・かたハらめ・いひしらす・なまめかしう
  見ゆ・御くたものをたにとてまいりすへたり・は
  このふたなとにも・なつかしきさまにてあれと・
  見いれたまハす・世中をいたうおほしなやめる
  けしきにて・のとかになかめいり給へるいみしう・」25オ

  らうたけなり・かむさし・かしらつき・御くしのかゝ
  りたるさまかきりなき・にほはしさなと・たゝかの
  たいのひめ君にたかふ所・なし・としころすこし
0123【たいのひめ君】−紫
  思ひわすれ給へりつるを・あさましきまて・
  おほえ給つ(つ$へ)るかなと・見給まゝに・すこしもの思
  のはるけところある心ちし給・けたかう・はつ
  (+かしけなる<朱>)さまなともさらにこと人ともおもひわきかた
  き越・猶かきりなく・むかしよりおもひしめきこえ
  てし心の思ひなしにやさまことにいみしうね
  ひまさり給にけるかなとたくひなくおほえ給に・」25ウ

  心まとひして・やをらみちやうのうちにかゝつ
  らひ入て・御そのつまを・ひきならし給けハひ
  しるく・さとにほひたるに・あさましう・むく
  つけうおほされて・やかてひれふし給へり・
0124【ひれ】−領巾
  みたにむき給へかしと・心やましうつらうて・
  ひきよせ給へるに・御そをすへしをきて・ゐさり
  のき給に心にもあらす・御くしのとりそへられ
  たりけれハ・いと心うく・すくせのほとおほし
  しられて・いミしとおほしたり・おとこもこゝ
  らよ越もてしつめ給ふ御心・みなミたれて・」26オ

  うつしさまにもあらす・よろつのこと越・なく/\
  うらミきこえ給へと・まことに心つきなしと
  おほしていらへもきこえ給ハす・たゝ心ちのいと
  なやましきを・かゝらぬおりもあらハ・きこえ
  てむとのたまへと・つきせぬ御こゝろの程を・
  いひつゝけ給・さすかにいみしときゝ給ふしも・
  ましるらんあらさりしことにハあらねと・あら
  ためていとくちおしうおほさるれハ・なつかし
  きものからいとようのたまひのかれて・
  こよひもあけゆく・せめてしたかひきこえ」26ウ

  さらむも・かたしけなく・心ハつかしき御け
  ハひなれハ・たゝかハかりにても・とき/\いみしき
  うれへをたにはるけ侍ぬへく(し&く)ハ・なにのおほけ
  なき・心も侍らしなと・たゆめきこえ給へし・
  なのめなる事たに・かやうなるなからひハ・あはれ
  なる事もそふなるを・ましてたくひなけなり・
  あけはつれハ・ふたりしていみしき事とも
0125【ふたりして】−弁君ト王命婦ト也
  をきこえ・宮ハなかハゝなきやうなる御けしき
  の・心くるしけれハ・世中にあか(か#り<朱>)ときこしめさ
  れむも・いとはつかしけれハ・やかてうせ侍なん」27オ

  も・又この世ならぬつミとなり侍ぬへき事
  なと・きこえ給も・むくつけきまて・おほし
  いれる(る#り<朱>)
    あふことのかたきをけふにかきらすハ
0126【あふことの】−源氏
  いまいく世越かなけきつゝへん御ほたしにも
  こそと・きこえ給へハ・さすかにうちなけき給て
    なかきよのうらみ越人にのこしても
0127【なかきよの】−藤壺返し
  かつハ心をあたとしらなむはかなくいひ
  なさせ(△△&させ)給へるさまの・いふよしなき心ちすれと・
  人のおほさむところも・わか御ためもくるし」27ウ

  けれハ・われにもあらていて給ぬ・いつこをおも
  てにてかハ・またもみえたてまつらん・いとおしと
  おほししるハかりとおほして・御ふミもきこえ
  たまはす・うちたへ(へ=え)て・内春宮にもまいり給
  はす・こもる(る#り<朱>)おハして・おきふしいミしかりける人
  の御心かなと・人わろく恋しうかなしきに・心
  たましゐもうせにけるにや・なやましうさへ
  おほさる・もの心ほそく・なそや世にふれは・うさ
0128【世にふれは】−\<朱合点> 古今世にふれハうさこそまされよしの山(よしの山=みよしのゝイ<墨>)岩のかけみちふミならしてん<朱>(古今951、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  こそまされとおほしたつにハ・この女君のいと
0129【この女君】−紫
  らうたけ(け+に)て・あはれにうちたのミきこえ」28オ

  給へるを・ふりすてむ事・いとかたし・宮も
0130【宮】−薄
  そのなこり・れいにもおハしまさす・かうこと
  さらめきて・こもりゐをとつれ給はぬを・命
  婦なとハ・いとおしかりきこゆ・宮も春宮の
  御ため越おほすにハ・御心をき給はむ事・いと
  おしく・世越あちきなきものに思ひなり
  給ハゝ・ひたみちにおほしたつ事もやと・
  さすかにくるしうおほさるへし・かゝる事
  たえすハ・いとゝしき世に・うき名さへもり
  いてなむ・おほきさきの・あるましきことに」28ウ

  の給なるくらゐをもさりなんと・やう/\おほ
0131【くらゐ】−薄中宮
  しなる・院のおほしの給はせしさまの・なのめ
  ならさりしを・おほしいつるにも・よろつのこと・
  ありしにもあらすかハりゆく世にこそあめれ・
  戚夫人の・みけむめのやうハあらすとも・かな
0132【戚夫人のみけむめのやう】−\<朱合点> 漢高祖呂大后ノ子恵帝太子ヲ戚夫人讒言(讒言=マヽ)眼ー人△<テイ イノコ><右> セキ ふ<左>
  らす人わらへなる事ハありぬへき身にこそ
  あめれなと・世のうとましく・すくしかたう
  おほさるれハ・そむきなむことをおほしとるに・
  春宮見たてまつらて・おもかハりせむことあハれ
  におほさるれハ・しのひやかにてまいり給へり・」29オ

  大将の君ハさらぬことたにおほしよらぬ事
  なくつかうまつり給を・御心地なやましきに
  ことつけて・御をくりにもまいり給はす・おほ
  かたの御とふらひハ・おなしやうなれと・むけに
  おほしくしにけると・心しるとちハいとおし
  かりきこゆ・宮ハいミしううつくしうおとなひ
  給て・めつらしう・うれしとおほして・むつれき
  こえ給を・かなしと見たてまつり給にも・おほし
  たつすちハ・いとかたけれと・うちわたりを見
  給につけても・世のありさま・あハれにはかなく」29ウ

  うつりかハる事のミ・おほか(か=か<朱>)り・おほきさきの
  御心もいとわつらハしくてかく・いて入給にも
  はしたなく・ことにふれてくるしけれハ・宮の
0133【宮】−東ー
  御ためにも・あやうくゆゝしう・よろつにつけ
  ておもほしみたれて・御らむせて・ひさし
0134【御らむせて】−薄詞
  からむほとに・かたちの・ことさまにて・うたてけに
  かハりて侍らハ・いかゝおほさるへきときこえ給へハ・
  御かほうちまもり給て・しきふかやうにや・いかて
0135【しきふかやうにや】−老女房 東詞
  か・さハなり給ハんとゑミての給ふ・いふかひなく
  あハれにて・それハおいて侍れハ・見にくきそ・さハ」30オ

  あらてかミハそれよりも・みしかくも(も#て<朱>)・くろき
0136【それより】−式部ヲ云
0137【みしかく】−サケ尼
  きぬなと越きて・よゐのそうのやうになり侍
  らむとすれハ・見たてまつらむ事も・いとゝ
  ひさしかるへきそとてなき給へは・まめたち
  て・ひさしうおハせぬハ恋しきもの越とて・
  涙のおつれハ・はつかしとおほして・さすかにそ
  むき給へる御くしハ・ゆら/\ときよらにて・
  まみのなつかしけに・にほひ給へるさま・おとなひ
  給まゝに・たゝかの御かほを・ぬきすへ給へり・
0138【ぬきすへ】−似
  御はのすこしくちてくちのうちくろミて」30ウ
0139【御は】−歯

  ゑミ給へる・かほりうつくしきハ・女にて見たて
  まつらまほしう・きよら也・いとかうしもおほえ
  給へるこそ心うけれと・たまのきすにおほさるゝ
0140【きす】−瑕 詩白圭之瑕尚可磨
  も・世のわつらハしさの・空おそろしうおほえ
  給也けり・大将の君ハ・宮をいと恋しう思ひ
0141【宮を】−東ー
  きこえ給へと・あさましき御心のほとを・と
  き/\ハ思しるさまにも・見せたてまつら
  むとねんしつゝ・すくし給に・人わるくつ
  れ/\におほさるれハ・秋のゝも見たまひかて
  ら・雲林院にまうて給へり・故はゝ宮すん」31オ
0142【雲林院】−淳和離宮仁明々所分次常康

  所の・御せうとのりしの・こもり給へるはうにて・
  法文なとよミ・をこなひせむとおほして・二三日
  おはするに・あハれなる事おほかり・もミちやう/\
  いろつきわたりて・秋の野のいとなまめき
  たるなと見給て・ふるさともわすれぬへ
  くおほさる・ほうしはらの・さえあるかきり
  めしいてゝ・ろむきせさせて・きこしめさせ
0143【ろむき】−番論義事
  給・所からに・いとゝ世中のつねなさを・おほし
  あかしても・なをうき人しもそとおほしい
0144【うき人しもそ】−\<朱合点> 天の戸をおしあけかたの月みれハうき人しもそこひしかりける<朱>(新古今1260、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  てらるゝ・おしあけかたの月影に・ほうし」31ウ

  はらの・あかたてまつるとて・から/\と・な
  らしつゝ・きくの花こきうすきもミち
  なと・おりちらしたるも・はかなけなれと・
  このかたのいとなミハ・この世も・つれ/\
  ならす・のちの世ハたたのもしけなり・さも
  あちきなき身をもてなやむかななと
  おほしつゝけ給・りしのいとたうときこ
0145【りし】−律師
  ゑにて・念仏衆生摂取不捨と・うちのへて・
  をこなひ給へるハ・いとうらやましけれハ・なそ
  やとおほしなるに・まつひめ君の心にかゝり」32オ
0146【ひめ君】−紫上

  て・おもひいてられ給そ・いとわろき心なる
  や・れいならぬ日かすもおほつかなくのミおほ
  さるれハ・御文ハかりそしけうきこえ給める・
  ゆきはなれぬへしやと・心ミ侍道なれと・
  つれ/\も・なくさめかたう・心ほそさまさ
  りてなむ・きゝさしたる事ありて・やす
  らひ侍ほと・いかになとみちのくにかミに・うち
  とけかき給へるさへそ・めてたき
    あさちふの露のやとりに君ををきて
0147【あさちふの】−源氏
  よもの嵐そしつ心なきなとこまやかなるに」32ウ
0148【しつ心なき】−無閑心

  女君も・うちなき給ぬ御返ししろきしきしに
0149【女君】−紫上
    風ふけハまつそみたるゝ色かはるあさ
0150【風ふけは】−紫上
  ちか露にかゝるさゝかにとのミありて・御てハ・
  いとおかしうのミなりまさるものかなと・ひと
  りこちて・うつくしとほゝゑミ給・つね(ね+に<朱>)かき
  かハし給へは・わか御てにいとよくにて・います
  こしなまめかしう・女しき所かきそへ給へり・
  なに事につけても・けしうハあらす・おほし
  たてたりかしとおもほす・ふきかふ風も・
  ちかきほとにて・斎院にもきこえ給けり・中」33オ
0151【ちかきほとにて】−雲林院紫野野宮近
0152【斎院】−槿

  将の君に・かくたひの空になむ・もの思にあ
  くかれにけるを・おほししるにもあらしかしなと・
  うらミ給て・おまへにハ
    かけまくハかしこけれともその神のあき
0153【その神のあき】−斎院に槿たてまつりし時のあき也
  おもほゆるゆふたすきかなむかしをいまにと思
0154【ゆふたすき】−木綿ヲ為襁又ハ蘿為襁
0155【むかしをいまに】−\<朱合点>
  たまふるもかひなく・とりかへされむものゝやう
  にと・なれ/\しけに・からの浅(△&浅)みとりのかミに・
  さかきにゆふつけなと・かう/\しうしなして・
  まいらせ給御かへり・中将まきるゝ事なくて・
0156【まきるゝ事なくて】−文の詞
  きしかたのこと越思たまへいつる・つれ/\の」33ウ

  まゝにハ・おもひやりきこえさする事おほく
  侍れと・かひなくのミなむと・すこし心とゝめて・
  おほかりおまへのハ・ゆふのかたはしに
    その神やいかゝハありしゆふたすき心に
0157【その神や】−斎院返し
  かけてしのふらんゆへちかき世にとそある・御て
0158【ちかき世に】−\<朱合点> 可尋引哥
  こまやかにハあらねと・らう/\しうさうなと
0159【らう/\しう】−上臈
  おかしうなりにけり・まして朝かほもねひまさり
0160【朝かほ】−顔如槿花毛詩
  給へらむかしとおもほゆ(△△△△△&とおもほゆ)るも・たゝならすおそろし
  や・あハれこのころそかし・のゝ宮のあはれなりし
  ことゝ・おほしいてゝ・あやしうやうの物と・神」34オ
0161【あやしうやうの物と】−神ヲ恨ハ常ノ人ニカハリタルヲアヤシキヤウノ物ト云

  うらめしうおほさるゝ・御くせのミくるしき
  そかし・わりなうおほさハ・さもありぬへかり
  し・としころハ・のとかにすくい給て・いまハくや
  しうおほさるへかめるも・あやしき御心なりや・
  院もかくなへてならぬ・御心はへを見しり
  きこえ給へれハ・たまさかなる御返なとハ・
  えしも・ゝてはなれきこえ給ましかめり・
  すこしあひなき事なりかし・六十巻といふ
  ふミよみ給ひ・おほつかなき所/\・とかせ
  なとして・おハしますを・山寺にハ・いミしき」34ウ

  光・おこなひいたしたてまつれりと・ほとけ
  の御めんほくありと・あやしのほうしハら
  まて・よろこひあへり・しめやかにて世中を
  おもほしつゝくるに・かへらむ事もゝのうかり
  ぬへけれと・人ひとりの御事おほしやるか・ほ
0162【人ひとりの御事】−紫事
  たしなれハ・ひさしうも・えおハしまさて・寺
  にもみす経いかめしう・せさせ給・あるへきかきり
  かミしものそうとも・そのわたりの山かつま(ま=ま<朱>)て・
  ものたひ・たうとき事のかきりをつくして
  いて給・見たてまつりをくるとて・このも」35オ

  かのもに・あやしき・しはふるひともゝ・
0163【しはふるひとも】−柴振人賤人云木葉身ニカヽルヲフル心
  あつまりてゐて・涙をおとしつゝミたてま
  つる・くろき御車のうちにて・ふちの御
0164【くろき御車】−西宮抄云重服公卿乗黒莚車諒闇中といひなから源氏大将ハ父御門の御事に重服ナリ
  たもとに・やつれ給へれハことにみえ給ハねと・
  ほのかなる御ありさまを・世になく思きこ
  ゆへかめり・女君ハひころのほとに・ねひまさり
  給へる心ちして・いといたうしつまり給て・世の
  中いかゝあらむとおもへるけしきの・心くるしう
  あはれにおほえ給へハ・あいなき心のさま/\
  みたるゝやしるからむ・色かハるとありしも」35ウ
0165【色かはる】−紫上の返哥上ニアリ

  らうたうおほえて・つねよりことにかたらひ
  きこえ給・山つとにもたせ給へりしもみち・
  おまへのに・御らんしくらふれハ・ことに・そめま
  しける・露の心も見すくしかたう・おほつか
  なさも・人は(は$<朱>わ<墨>)るきまておほえ給へハ・たゝ
  おほかたにて・宮にまいらせ給・命婦のもとに
0166【宮に】−薄
  いらせ給にけるを・めつらしき事とうけ給はる
0167【めつらしき事】−中宮ノ東宮ヘ入門アル事
  に・宮のあひたの事・おほつかなくなり侍にけれ
0168【宮の】−東
  ハ・しつ心なく思給へなから・をこなひもつとめむ
  なと・思たち侍し日かすを・心ならすやとて」36オ

  なん・日ころになり侍にける・もみちハ・ひとり
0169【もみちは】−\<朱合点> 古今みる人もなくてちりぬる奥山の紅葉ハ(古今297・新撰和歌82・古今六帖4063・和漢朗詠316、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ミ侍ににしきくらう思たまふれハなむ・おり
  よくて・御らんせさせ給へなとあり・けにいみ
  しきえたともなれハ・御めとまるに・れいのいさゝ
0170【いさゝかなるもの】−ちいさき文を紅葉枝につけられたるナリ
  かなるものありけり・人(△&り人)々ミたてまつるに・御
0171【御かほ】−薄
  かほの色もうつろひて・猶かゝる心のたえ給ハぬ
  こそ・いとうとましけれ・あたら思ひやり
  ふかうものし給人の・ゆくりなくかうやう
  なる事・おり/\ませ給を・人もあやしと
  見るらむかしと・心つきなくおほされて・」36ウ

  かめにさゝせて・ひさしのはしらのもとに・
  おしやらせ給つ・おほかたのことゝも・宮
  の御事にふれたる事なとをハ・うちたのめる
  さまにすくよかなる・御かへりハかりきこえ給へる
  を・さも心(△&心)かしこく・つきせすもとうらめし
  うハ見給へと・なに事もうしろミきこえ
  ならひ給にたれは・人あやしと・見とかめ
  もこそすれとおほして・まかて給へきひま
  いり給へり・まつ内の御方にまいり給つ(つ$へ<朱>)れは・
0172【内の御方にまいり】−中宮の東宮の御方より退出し給ふへきか源氏の君内へまいり給ふナリ
  のとやかにおハしますほとにて・むかしいま」37オ

  の御物かたりきこえ給・御かたちも・院にいとよう
  にたてまつり給て・いますこしなる(る$ま<朱>)めかし
  きけそひて・なつかしうなこやかにそおは
  します・かたミにあはれと見たてまつり給・
  かむの君の御事も・な越たえぬさまに・き
0173【かむの君の御事も】−朱ー心
  こしめしけしき御らんするおりもあれと・
  なにかハいまハしめたる事ならハこ(△&こ)そあらめ・
  さも心かハさむに・にけなかるましき人のあハひ
  なりかしとそおほしなしてとかめさせ
  (+給<朱>)ハさりける・よろつの御物かたり・文の道の・おほ」37ウ
0174【文の道の】−朱の詞

  つかなくおほさるゝ事ともなととか(か$ハ<朱>)せ給て・
  又すき/\しき・う(△&う)たかたりなともかたみにき
  こえかハさせ給ついてに・かの斎宮のくたり給ひ
  し・ひの事・かたちの・おかしくおハせしなと・
  かたらせ給に・われもうちとけて・野の宮の
  あハれなりしあけほのも・みなきこえいて
  給てけり・廿日の月やう/\さしいてゝ・おかし
  きほとなるにあそひなとも・せまほしきほと
  かなと・のたまハす・中宮のこよひまかて給
  なる・とふらひにものし侍らむ・院ののたまハ」38オ

  せをく事はへりしかハ・又うしろミつかうまつる
  人も(も=△<墨>#<朱>)侍らさめるに・春宮の御ゆかり・いとおしう
  思給へられ侍てとそこ(こ$う<朱>)し給・春宮をハ・いま
  のみこになしてなと・のたまハせをきしかハ・
  とりわきて・心さしものすれと・ことにさしわき
  たるさまにも・なに事をかハとてこそ・としの
  ほとよりも・御てなとのわさと・かしこうこそ
  ものし給へけれ・なにことにも・はか/\しからぬ・
  身つ(つ+か<朱>)らの・おもておこしになむとのたまハすれハ・
  おほかたし給わさなと・いとさとく・おとなひ」38ウ
0175【おほかた】−源詞

  たるさまに・ものし給へと・またいとかたな
  りになと・その御ありさまもそうし給てま
  かて給に・大宮の御せうとの藤大納言の
0176【大宮】−弘徽殿大后
0177【藤大納言】−二条太政大臣子
  この・頭弁といふか・よにあひはなやかなる・
  わか人にて・おもふ事なきなるへし・いもう
  とのれいけいてんの御かたにゆくに・大将の
0178【れいけいてん】−朱雀院女御
  御さきを・しのひやかにをへは・しハしたちとま
  りて・
白虹(虹$虹)日をつらぬけり・太子をちたり
0179【白虹日をつらぬけり】−\<朱合点> 其志難遂タトヘニ云也
0180【をちたり】−恐
  いとゆるらかに・うちすしたる越・大将いとま
  はゆしと・きゝ給へと・とかむへき事かハ・き」39オ

  さきの御けしきハ・いとおそろしう・わつらハ
  しけにのミきこゆるを・かうしたしき人々
  もけしきたちいふへかめる事ともゝ(ゝ=も<朱>)あるに・
  わつらハしうおほされけれと・つれなうのミ・
  もてなし給へり・おまへにさふらひて・いまゝて・
  ふかし侍にけるときこえ給・月のはなやか
0181【きこえ給】−薄へ
  なるに・むかしかうやうなるおりハ・御あそひ
  せさせ給て・いまめかしうもてなさせ給し
  なと・おほしいつるに・おなしみかきのうちなから・
  かはれる事おほくかなし」39ウ

    九重に霧やへたつる雲のうへの
0182【九重に】−中宮
  月をはるかに思やるかなと命婦してき
  こえつたへ給ふ・ほとなけれは御けハひも・ほの
  かなれとなつかしうきこゆるに・つらさも
  わすられて・まつ涙そおつる
    月影ハ見し夜の秋にかハらぬをへた
0183【月影ハ】−源氏
  つる霧のつらくもあるかなかすミも人の
0184【かすミも人の】−\<朱合点> 山さくら見にゆく道を(=人ヲイ<墨>)へたつれハかすミも人の心なるへし<朱>(後拾遺78、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  とか・むかしも侍ける事にやなときこえ
  給・宮ハ春宮をあかす思きこえ給て・よ
  ろつの事をきこえさせ給へと・ふかうもお」40オ

  ほしいれたらぬを・いとうしろめたく思ひ
  きこえ給・れいハいとゝくおほとのこもる
  を・ゐて給まてハ・おきたらむとおほすなる
0185【ゐて給まて】−源退出マテ
  へし・うらめしけにおほしたれと・さすかに
  えしたひきこえ給はぬを・いとあハれと見た
  てまつり給・大将頭弁のすしつること越思ふ
  に・御心のおにゝ・世中わつらハしう・おほえ給て・
  かむの君にも・をとつれきこえ給はて・ひさしう
  なりにけり・はつしくれいつしかとけしきた
  つに・いかゝおほしけんかれより」40ウ

    木からしのふくにつけつゝまちし
0186【木からしの】−おほろ
  まにおほつかなさのころもへにけり
  (+と)きこえ給へり・おりもあはれに・あな
  かちにしのひかき給つ(つ$へ<朱>)らむ・御心はへも・
  にくからねハ・御つかひとゝめさせて・からのかミ
  ともいれさせ給へる・みつしあけさせ給いて・
  なへてならぬを・えりいてつゝ(ゝ$<朱>つ<墨>)・ふてなと
  も心ことにひきつくろひ給へるけし
  きえんなるを・おまへなる人々たれハかり
  ならむと・つきしろふ・きこえさせても・」41オ

  かひなきものこりにこそむけにくつを
  れにけれ身のみものうきほとに
0187【身のみものうき】−\<朱合点> かすならぬ身のミ物うくおもほえてまたるゝまても(も=にイ)なりにける哉<朱>(後撰1260、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
    あひ見すてしのふるころのなミたをも
0188【あひ見すて】−源氏
  なへてのそらのしくれとや見る心のかよふなら
  は・いかになかめの空もものわすれし侍らむ
0189【なかめの空も】−雨もサワルマシ
0190【心のかよふならは】−\<墨・朱合点> 君おしむ心の空にかよへはや今日とまるへき雨とふるらん貫之(玉葉1105・貫之集744、花鳥余情・孟津抄)
  なと・こまやかになりにけり・かうやうにおと
  ろかしきこゆるたくひおほかめれと・なさけ
  なからすうちかへりこち給て・御心にハふかうし
  まさるへし・中宮ハ院の御はてのことに・うち
  つゝき・御八講のいそきをさま/\に心つかひ」41ウ

  せさせ給けり・しも月のついたち比・御こきなるに・
0191【御こき】−国忌
  雪いたうふりたり・大将殿より・宮にきこえ給
    別にしけふハくれとも見し人にゆきあふ
0192【別にし】−源氏
  ほと越いつとたのまんいつこにもけふハものかな
  しう・おほさるゝほとにて・御返あり
    なからふるほとハうけれとゆきめくりけふハ
0193【なからふる】−藤つほ返し
  その世にあふ心ちしてことにつくろひても
  あらぬ御かきさまなれと・あてにけたかきハ
  おもひなしなるへし・すちかハりいまめかし
  うハあらねと・人にハことにかゝせ給へり・けふハ」42オ

  この御事も思ひけちて・あハれなる雪のしつ
  くにぬれ/\をこなひ給・十二月十(△&十)よひ(ひ$日)ハかり・
  中宮の御八かうなりいミしうたうとし・日々
  にくやうせさせ給・御経よりハしめたまのちく・
0194【ちく】−軸
  羅のへこし(こし#うし<朱>)ちすのかさりも・よになきさまに
0195【へうし】−表紙
0196【ちす】−軸簀
  とゝのへさせ給へり・さらぬ事のきよらたに
  世のつねならすおハしませハ・ましてことハり
  也・仏の御かさり花つくゑのおほひなとまて
  まことのこくらく思やらる・はしめの日ハ先
  帝の御れう・つきの日ハはゝきさきの(の+御)ため・」42ウ
0197【帝】−タイ

 またの日ハ院の御れう・五巻の日なれハかん
 たちめなともよのつゝましさを・えしも
 ハゝかり給はていとあまたまいり給へり・けふ
 のかうしハ心ことにえらせ給へれハ・たきゝ
0198【たきゝこる】−\<朱合点> 行基法華経を我(拾遺1346、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  こるほとよりうちハしめ・おなしういふ事
0199【おなしう】−音曲アリ
  のハも・いみしうたうとし・みこたちもさま/\
  のほうもちさゝけてめくり給に・大将殿の
  御よういなとな越にる(る+もの<朱>)なし・つねにおなし事
  のやうなれと・見たてまつるたひことにめつら
  しからむをハいかゝハせむ・ハての日わか御事を」43オ

  結願にて・世をそむき給よし仏に申させ
  給に・みな人々おとろき給ぬ・兵部卿宮・大将
  の御心もうこきてあさましとおほす・みこ
0200【みこ】−蛍
  ハなかはのほとにたちていり給ぬ・心つようお
  ほしたつさまの給てはつるほとに・山の座主
  めしていむ事うけたまふへきよしの給はす・
  御をちのよかわのそうつちかうまいり給て・御
0201【よかわのそうつ】−母方准恵心
  くし(し+おろし<朱>)給程に宮のうち・ゆすりてゆゝしうなき
0202【ゆすりて】−動ナリ
  みちたり・なにとなき・おいおとろへたる人たに
  いまはとよ越そむく程ハ・あやしうあはれなる」43ウ

  わさ越・ましてかねての御けしきにもいたし
  給ハさりつる事なれハ・みこもいミしうなき
  給・まいり給へる人々もおほかたの事のさまも・
  あはれたうとけれは・みな袖ぬらしてそ
  かへり給ける・こ院のみこたちハ・むかしの
  御ありさまをおほしいつるに・いとゝあはれに
  かなしうおほされて・みなとふらひきこえ給・
  大将ハたちとまり給て・きこえいて給へきか
  たもなく・くれまとひておほさるれと・(と+なと<朱>)かさしもと
  人見たてまつるへけれは・みこなといて給ぬる」44オ

  のちにそ・おまへにまいり給へる・やう/\人
  しつまりて女はうとも・はなうちかミつゝ・所々
  にむれゐたり・月ハくまなきに雪のひかり
  あひたる・にハのありさまもむかしの事おもひ
  やらるゝに・いとたへかたうお(お+ほ<朱>)さるれ△(△#と)・いとよう
  おほししつめていかやうにおほしたゝせ給て・
  かうにハかにはときこえ給・いまはしめておもひ
  給ふることにもあらぬを・ものさハかしきやう
  なりつれハ・心みたれぬへくなとれいの命婦
  してきこえ給・みすのうちのけハひ・そこらつと」44ウ

  ひさふらふ人のきぬのをとなひ・しめやかに
  ふるまひなして・うちみしろきつゝかなしけさ
  のなくさめかたけに・もりきこゆるけしき
  ことハりにいミしときゝ給・風はけしう吹ふゝ
  きてみすのうちのにほひ・いとものふかき・くろ
  ほうにしミて・みやうかうのけふりもほのかなり・
  大将の御にほひさへかほりあひめてたく・こく
  らく思ひやらるゝ世のさまなり・春宮の
  御つかひもまいれりの給ひしさま・思ひいて
0203【御つかひ】−大将#
0204【まいれり】−薄へ
0205【思ひいて】−薄ノ
  きこえさせ給にそ御心つよさもたへかたくて・」45オ

  御返もきこえさせやらせ給ハねハ大将そ・事
  くはへきこえ給ける・たれも/\あるかきり
  心おさまらぬほとなれは・おほす事ともゝえ
  うちいて給ハす
    月のすむ雲井をかけてしたふとも
0206【月のすむ】−けんし
  この世のやミに猶やまとハむと思給ハらるゝ
0207【この】−東宮
  こそ・かひなくおほしたゝせ給へる・うらめし
  さハかきりなうとハかりきこえ給て・人/\
  ちかうさふらへは・さま/\みたるゝ・心のうち
  をたにえきこえあらハし給はす・いふせし」45ウ

    おほふかたのうきにつけてハいとへとも
0208【おほふかたの】−藤つほ
  いつかこの世越そむきはつへきかつにこり
  つゝなとかたへハ御つかひの心しらひなる
  へし・あはれのミつきせねハ・むねくるしうて
0209【むねくるしうて】−源
  まかて給ぬ・とのにても・わか御かたにひとりうち
  ふし給て・御めもあハす世中いとハしうおほ
  さるゝにも・春宮の御事のミそ心くるし
  き・はゝ宮をたにおほやけかたさまにと
  おほしをきし越・世のうさにたへすかくなり
  給にたれは・もとの御くらゐにてもえおは」46オ

  せし・我さへ見たてまつりすてゝハなとおほ
  しあかすことかきりなしいまハ・かゝるかた
  さまの御てうととも越こそハとおほせハ年の
  うちにといそかせ給・命婦の君も御ともになり
0210【御ともになりにけれは】−尼
  にけれハ・それも心ふかうとふらひ給・くハしうい
0211【くはしう】−作ー詞
  ひつゝけんにこと/\しきさまなれハもらして
  けるなめり・さるハかうやうのおりこそおかし
  きうたなといてくるやうもあれ・さう/\しや・
  まいり給もいまハつゝましさうすらきて御
  身つからきこえ給おりもありけり・思ひしめて」46ウ

  し事ハ・さらに御心にはなれねと・まして
  あるましき事なりかし・としもかハりぬれ
0212【としもかハり】−諒闇
  ハ・うちわたりはなやかに・内えむ・たうかなときゝ
0213【内えむ】−覧花詩作仁寿殿
0214【たうか】−踏哥
  給もものゝみあはれにて・御をこなひしめ
  やかにし給つゝ・のちの世の事をのミおほす
  にたのもしく・むつかしかりし事はなれて
  おもほさる・つねの御ねむすたうをハさるもの
  にて・ことにたてられたるみたうのにしのたい
  のみなミの(の#)にあたりて・すこしはなれたるに
  わたらせ給て・とりわきたる御をこなひせさ」47オ

  せ給・大将まいり給へり・あらたまるしるしもなく
  宮のうちのとかに人めまれにて・宮つかさと
  ものしたしきハかり・うちうなたれて見なし
  にやあらむ・くしいたけにおもへり・あ越むま
  ハかりそな越ひきかへぬものにて・女ほうなと
  の見ける・ところせうまいりつとひ給し・かむ
  (+たち<朱>)めなと道をよきつゝ・ひきすきて・むかいのおほ
0215【むかいのおほいとのに】−二条大臣
  いとのにつとひ給ふをかゝるへき事なれと・あ
  はれにおほさるゝに・千人にもかへつへき御さま
0216【千】−せ
  にて・ふかうたつねまいり給へるを・見るに」47ウ

  あひなくなみたくまる・まらうともいと
0217【まらうとも】−源氏
  物あはれなるけしきに・うち見まハし給て・
  とみに・ものもの給はす・さまかはれる御すま
  ゐに・みすのはし御き丁もあ越にひにて
0218【あ越にひ】−青鈍
  ひま/\よりほの見えたるうすにひくち
  なしのそてくちなと・中/\なまめかしう
  おくゆかしう思ひやられ給・とけわたるいけの
  うすこほり(うすこほり=うすらひイ<朱>)きしの柳のけしきハかりハ・と
0219【うすこほり】−\<墨・朱合点> 万棹川ニこほりわたれるうすらひのうすき心を我かおもハなくに(古今六帖1621・万葉4502、河海抄休聞抄・孟津抄・岷江入楚)
  き越わすれぬなと・さま/\なかめられ給て・
  むへも心あるとしのひやかにうちすし給へる・ま」48オ
0220【むへも心ある】−\<墨・朱合点> をとにきく松かうらしまけふそみるむへも心あるあまハすみけり<朱>(後撰1093・素性集46、源氏釈奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  たなうなまめかし
    なかめかるあまのすミかと見るからにまつ
0221【なかめかる】−けんし
  しほたるゝまつかうら嶋ときこえ給へは・おく
  ふかうもあらす・みなほとけにゆつりきこえ
  給へる・おましところなれは・すこしけちか
  き心地して
    ありし世のなこりたになきうらしまに
0222【ありし世の】−藤壺
  たちよる浪のめつらしきかなとの給ふも・
  ほのきこゆれハしのふれと・涙ほろ(の&ろ)/\とこほ
  れ給ぬ・世をおもひすましたるあま君たち」48ウ

  の・見るらむも・はしたなけれハ・ことすくな
  にていて給ぬ・さもたくひなくねひまさり
  給かな・心もとなき所なく世にさかへ時にあひ
  給し時ハ・さるひとつものにて・なにゝつけて
0223【ひとつもの】−無類ナリ
  か・世越おほししら(え&しら)むと・をしはかられ給しを・
  いまハいといたうおほししつめて・はかなきことに
  つけても・ものあはれなるけしきさへそハ
  せ給へるハ・あいなう心くるしうもあるかななと・
  おいしらへる人々うちなきつゝめてきこゆ・
  宮もおほしいつる事おほかり・つかさ」49オ

  めしのころ・この宮の人ハ・給はるへき・
  つかさもえす・おほかたのたうりにても・宮
  の御給ハりにても・かならすあるへき・かゝい
0224【御給ハり】−三宮年爵
0225【かゝい】−加階
  なと越たにせすなとして・なけくたくひ
  いとおほかり・かくても・いつしかと御くらゐを
  さり・ミふなとのとまるへきにもあらぬを・こと
0226【ミふ】−三宮千五百
  つけてかハる事おほかり・みなかねておほし
  すてゝしよなれと・宮人ともゝより所なけに
  かなしと・おもへるけしきともにつけてそ・御心
  うこくおり/\あれと・わか身をなきになしても・」49ウ

  東宮の御世を・たひらかにおハしまさハとのミ
  おほしつゝ・御をこなひたゆミなくつとめ
  させ給ふ・人しれすあやうくゆゝしう思ひきこ
  えさせ給事しあれハ・我にそのつミをかろ
  めて・ゆるし給へと仏をねむしきこえ給に・
  よろつをなくさめ給・大将もしかミたてまつ
  り給て・ことハりにおほす・このとのゝ人ともゝ
  又おなしきさまにからき事のミあれは・
  世中ハしたなくおほされて・こもりおはす・
  左のおとゝも・おほやけ・わたくしひきかへ」50オ
0227【左のおとゝ】−摂政

  たる世のありさまにものうくおほして・致仕の
0228【致仕のへうたてまつり給】−左大臣藤良世寛平八十二ー廿九日上表致仕七十四太政大臣実頼安和二ー三ー八ー上表致仕七十此例歟七十齢懸車先祖廟
  へうたてまつり給を・みかとハ故院のやむ事
  なくおもき御うしろミとおほして・なかきよの
  かためときこえをき給し・御ゆいこんをおほし
  めすに・すてかたきものに思ひきこえ給へるに・
  かひなきことゝ・たひ/\もちゐさせ給はね
  と・せめてかへさひ申給て・こもりゐたまひぬ・い
  まハいとゝ・ひとそうのミ・かへす/\・さかえ給事
0229【ひとそうのミ】−二条一孫
  かきりなし・よのおもしとものし給へる・おとゝ
  の・かく世をのかれ給へは・おほやけも心ほそう」50ウ

  おほされ・世の人も心あるかきりはなけきけり・
  御こともハいつれともなく・人からめやすく世
  にもちいられて・心地よけにものし給しを・
  こよなうしつまりて・三位中将なともよ越思
0230【三位中将】−摂政子
  しつめるさまこよなし・かの四の君をもな越
  かれ/\にうちかよひつゝめさましう・もてなさ
  れたれハ・心とけたる御むこのうちにもいれ給
  はす・思ひしれとにや・このたひのつかさめし
  にも・もれぬれと・いとしもおもひいれす・大将殿
  かうしつかにておハするに・世はゝかなきものと」51オ

  みえぬるを・ましてことハりとおほしなして・
  つねにまいりかよひ給つゝ・かくも(も+む<朱>)越もあそひ
  をももろともにし給・いにしへも・ゝのくるおし
  きまて・いとミきこえ給しを・おほしいてゝ・
  かたミにいまもはかなきことにつけつゝ・さす
  かにいとミ給へり・春秋のミと経をハさるものにて・
0231【春秋のみと経】−季御読経大般若三日引茶事
  りんしにもさま/\たうとき事とも越せさ
  せ給なとして・又いたつらにいとまありけなる
  はかせともめしあつめて・ふみつくりゐむふた
0232【ゐむふたき】−掩韻
  きなとやうの・すさひわ(△&わ)さともをも・しなと・心」51ウ

  をやりてみやつかへをもおさ/\し給ハす・
  御心にまかせてうちあそひておはするを・
  世中にはわつらハしき事とも・やう/\いひ
  いつる人々あるへし・なつのあめのとかにふりて・
  つれ/\なるころ・中将さるへきしふともあまた
0233【中将】−三位
0234【しふとも】−詩集
  もたせてまいり給へり・とのにも・ふとの・あけさせ
  給て・またひらかぬみつしともの・めつらしき
  古集のゆへなからぬ・すこしえりいてさせ給て・
  その道の人々わさとはあらねとあまためし
  たり・殿上人も大かくのもいとおほうつとひて・」52オ

  左右に・こまとりに・かたわかせ給へり・かけ
  ものともなといとになくて・いとミあへり・ふた
  きもてゆくまゝに・かたきゐんのもしとも
  いとおほくて・おほえあるはかせともなとの
  まとふ所/\を・時/\うちの給さま・いとこよ
  なき御さえのほとなり・いかてかこ(こ#う<朱>)しもたらひ
  給ひけん・な越さるへきにて・よろつの事人に・
  すくれ給へるなりけりとめてきこゆ・つゐに・右
  まけにけり・二日はかりありて・中将まけ
  わさし給へり・こと/\しうハあらて・なまめきたる」52ウ

  ひわりことも・かけものなとさま/\にて・
  けふもれいの人々おほくめして・ふミなとつ
  くらせ給・
ハしのもとのさうひしきはかり
0235【ハしのもとのさうひ】−\<朱合点> 階
0236【もと】−底
0237【さうひ】−薔薇
  さきて・春秋の花さかりよりも・しめやかに
  おかしきほとなるに・うちとけあそひ給・中将
  の御このことしはしめて・殿上するやつこゝ
0238【やつこゝのつ】−八 九
  のつはかりにて・こゑいとおもろしく・さうの
  ふゑふきなとするを・うつくしひ・もてあそひ
  給・四の君はらの二らうなりけり・世の人の
0239【二らう】−後紅梅右大臣
  思へる・よせおもくておほえことにかしつけり・」53オ

  心はへもかと/\しう・かたちもおかしくて
  御あそひのすこしミたれゆく程に・
たかさこ
0240【たかさこ】−\<朱合点>

  をいたしてうたふ・いとうつくし・大将の君御
  そぬきてかつけ給・れいよりハうちみたれ
0241【れいより】−源氏
  給へる・御かほのにほひにるものなく見ゆ・うす
  ものゝな越しひとへをきたまへるに・すき
  給へる・ハたつき・ましていミしう見ゆる越・
  としおいたるはかせともなと・ゝをく見たて
  まつりて・涙おとしつゝゐたり・あはまし物
0242【あはまし物を】−\<墨・朱合点> さいたる初花ニあハまし物をさゆり花の高砂詞
  をさゆりはのと・うたふとちめに・中将御かハらけ」53ウ

  まいり給
    それもかとけさひらけたる初花におと
0243【それもかと】−頭中将
  らぬ君かにほひをそ見るほ越ゑミてとり
  給
    ときならてけさ咲はなハ夏の雨に
0244【ときならて】−源氏
  しほれにけらしにほふほとなくおとろへに
  たるものをと・うちさうときて・らうかハし
  く・きこしめしなすを・とかめいてつゝしゐ
  きこえ給ふ・おほかめりし事ともゝかう
0245【おほかめりし事ともゝ】−作者詞
  やうなるおりのまほ(ほ+な<朱>)らぬ事・かす/\にか」54オ
0246【かきつくる心地なき】−読捨哥書心無心也

  きつくる心地なきわさとか・つらゆきかいさ
  めたうるゝかたにて・むつかしけれハとゝめつ・
0247【たうるゝ】−タハフレ
  みなこの御事をほめたるすちにのミやまと
  のもからのも・つくりつけたり・わか御心地にも
  いたうおほしおこりて・文王の子・武王のおとう
0248【おとうと】−周公模冷ー
  とゝ・うちすし給へる御なのりさへそ・けにめ
  てたき・成王のなにとかの給ハむとすらむ・
0249【成王】−武王子模今上
  それはかりやまた心もとなからむ・兵部卿宮も
0250【兵部卿宮】−蛍
  つねにわたり給つゝ・御あそひなとも・おかしうおは
  する宮なれハ・いまめかしき御あそひともなり・」54ウ

  そのころかむの君まかて給へり・わらハやミ
0251【まかて】−里へ
0252【わらハやミに】−朧
  にひさしうなやミ給て・ましなひなとも
  心やすくせんとてなりけり・すほうなとはし
  めてをこたり給ぬれハ・たれも/\うれしう
  おほすに・れいのめつらしきひまなるをとき
  こえかハし給て・わりなきさまにてよな/\
  たいめし給・いとさかりに・ゝきわゝしきけハひ
0253【たいめ】−源
  し給へる人の・すこしうちなやミてやせ/\に
  なり給へるほといとおかしけなり・きさいの宮
  も・ひとゝころにおはするころなれハ・けハひ」55オ

  いとおそろしけれと・かゝることしもまさる御
  くせなれは・いとしのひて・たひかさなりゆけハ・
  けしき見る人々もあるへかめれと・わつらハし
  うて宮にハ・さなむとけいせす・おとゝはた思
0254【おとゝ】−二条
  かけ給ハぬに・雨にはかにおとろ/\しうふりて・
  神いたうなりさハく・あかつきに・とのゝきむ
  たち・宮つかさなとたちさハきて・こなた
  かなたの人めしけく・女房ともゝをちまとひ
  て・ちかうつとひまいるに・いとわりなくいて給
  はんかたなくてあけはてぬ・み帳のめくり」55ウ

  にも・人々しけくなミゐたれハ・いとむねつふら
  はしくおほさる・心しりの人ふたりはかり・
  心をまとハす・神なりやミ・雨すこしをやミ
  ぬるほとに・おとゝわたり給て・まつ宮の御かた
0255【おとゝ】−二条
  におハしけるを・むら雨のまきれにて・えしり
0256【えしり給はぬに】−朧
  給はぬに・かろらかにふとはひいり給て・みす
0257【かろらかに】−二条
0258【ふとはひいり】−朧へ
  ひきあけ給まゝに・いかにそ・いとうたてあり
  つる夜のさまに思ひやりきこえなから・まいり
  こてなむ・中将・宮のすけなと・さふらひつや
0259【中将】−三位
0260【宮のすけ】−東宮大夫
  なと・のたまふけハひの・したとに・あはつけき」56オ
0261【したとに】−舌早
0262【あはつけき】−淡付

  を・大将ハものゝまきれにも・左のおとゝの御あり
0263【左のおとゝ】−摂政
  さま・ふとおほしくらへられてたとしへなうそ・
  ほゝゑまれ給けにいりはてゝも・のたまへか
  しなか(△&か)むの君いとわひしうおほされて・やをら
0264【かむの君】−朧
  いさりいて給に・おもてのいたうあかミたる越・
  猶なやましうおほさるゝにやとみたまて・なと・
  御けしきの・れいならぬ・ものゝけなとのむつ
  かしきを・すほうのへさすへかりけりとの給ふ
  に・うすふたあひな(△&な)るおひの・御そにまつはれ
0265【うすふたあひ】−源氏の御帯夏の御直衣の色ナリ
  て・ひきいてられたるを・みつけ給てあやしと」56ウ

  おほすに・又たゝむ(む=う<朱>)かミのてならひなとしたる・
  みきてうのもとにおちたり・これハいかなる
  ものともそと・御心おとろかれて・かれハたれ
  かそけしきことなるものゝさまかな・たま
  へそれとりて・たかそとミ侍らむとの給ふに
  そ・うちみかへりてわれも見つけ給へる・まきら
  ハすへきかたもなけれは・いかゝハ(△&ゝハ)いらへきこえ給
  はむ・われにもあらておはするを・こなからも・は
  つかしとおほすらむかしと・さハかりの人ハ・
  おほしハゝかるへきそかし・されといときうに」57オ

  のとめたるところおはせぬおとゝの・おほしも
  まハさすなりて・たゝうかミをとり給まゝに・
  きてうよりミいれ給へるに・いといたうなよひて・
  つゝましからす・そひふしたるをとこもあり・
  いまそ・やおらかほひきかくしてとかうまきら
  ハす・あさましう・めさましう心やましけれと・
  ひたをもてにハ・いかてかあらハしたまはむ・め
  もくるゝ心地すれは・このたゝむかミをとり
  て・しむてんにわたり給ぬ・かむの君ハわれかの
  心地してしぬへく(く#く<朱>)おほさる・大将殿もいとおし」57ウ

  う・つゐにようなきふるまひのつもりて・人
  のもときを・おはむとする事とおほせと・
  女君の心くるしき・御けしきを・とかくなく
  さめきこえ給・おとゝハおもひのまゝに・こめた
0266【おとゝ】−二条
  る所おはせぬ本上にいとゝ・おいの御ひかミ
  さへそひ給に・これはなに事にかハとゝこほり
  給ハんゆく/\と・宮にもうれへきこえ給かう/\
0267【宮】−太
  の事なむ侍このたゝむかミハ・右大将のみて
0268【みて】−御
  なり・むかしも心ゆるされて・ありそめにける事
  なれと・人からによろつのつミを・ゆるしてさて」58オ

  も・見むといひ侍しおりは・心もとゝめす・
  めさましけに・もてなされにしかハ・やすからす
  思給へしかとさるへきにこそハとて・よにけかれ
  たりとも・おほしすつましきをたのミにて・
  かくほいのことくたてまつりなからな越・その
  はゝかりありて・うけはりたる女御なともいはせ
  給ら(ら#)ぬをたにあかすくちおしうおもひ給ふる
  に・又かゝる事さへ侍けれは・さらにいと心うく
  なむ思なり侍ぬる・おとこのれいとハいひなから・
  大将もいとけしからぬミ心なりけり・斎院をも」58ウ

  猶きこえをかしつゝ・しのひに御ふミかよハしな
  としてけしきある事なと・人のかたり侍
  しをも世のためのミにもあらす・わかためもよ
  かるましき事なれハよもさるおもひやりなき
  わさしいてられしとなむ・ときのいうそく
  と・あめのしたをなひかし給へるさまことなめれ
  は・大将のみ心を・うた(た=へ#)かひ侍らさりつるなと
  の給ふに・宮ハいとゝしき御心なれハ・いともの
0269【宮】−太
  しき御けしきにて・みかとゝきこゆれと・むかし
  よりみな人・おもひおとしきこえて・致仕の」59オ

  おとゝも又なくかしつく・ひとつむすめ越・
  このかミの坊にて・おはするにハ・たてまつら
  て・おとうとの源氏にて・いときなきか元服
  の・そひふしに・とりわき・又この君をもみやつ
0270【この君】−朧
  かへにと心さして侍しに・おこかましかりし
  ありさまなりしを・たれも/\あやしとや
  はおほしたりし・みなかのみかたにこそ
0271【かのみかたに】−内侍のかみの事を大宮のうしろことし給ふ也
  御心よせ侍めりしを・そのほいたかふさまにて
  こそハ・かくても・さふらひ給ふめれと・いとおしさに・
0272【いとおしさ】−宮仕事
  いかてさるかたにても・人におとらぬさまに・も」59ウ

  てなしきこえんさハかり・ねたけなりし
  人のみる所もありなとこそハ思ひ侍つれと・
  しのひてわか心のいるかたに・なひき給に
  こそハ侍らめ・斎院の御事ハましてさも
  あらん・なに事につけても・おほやけの御かたに
  うしろやすからす見ゆるハ・春宮の御よ・心よ
  せことなる人なれハ・ことハりになむあめると・
  すく/\しうの給ひつゝくるに・さすかにいと
0273【さすかに】−大とのゝこゝろこと葉ナリ
  おしう・なときこえつる事そとおほさるれ
  ハ・さはれ・しハしこのこともらし侍らし・内にも」60オ

  そうせさせ給な・かくのこと・つミ侍とも・おほし
  すつましきをたのミにて・あまえて侍なる
  へし・うち/\にせいしの給ハむにきゝ侍らす
  ハ・そのつミにたゝ身つからあたり侍らむなと
  きこえな越し給へと・ことに御けしきもなを
0274【御】−大ー
  らす・かくひと所におハして・ひまもなきに・
  つゝむところなく・さていりものせらるらむ
  ハ・ことさらに・かろめ・ろうせらるゝにこそはと・
  おほしなすに・いとゝいみしうめさましく・
  このついてにさるへき事ともかまへいてむ」60ウ
0275【このついてに】−須磨の浦に隠居の本意ナリ

  に・よきたよりなりとおほしめくらすへし」61オ

  源氏廿二三四歳事
    以詞并哥為巻名イ本
   任前関白殿仰加首筆者也  良鎮イ」61ウ

【奥入01】ちはやふる神のいかきもこえぬへし
  いまはわか身のおしけくもなし
   <又>大宮人の見まくほしさに
(戻)
【奥入02】史記 呂后本紀
  呂后怨戚夫人其子趙王因戚夫人断
  手足去眼[火+軍]耳飲[疔-丁+昔]薬使居厠
  中命曰人[汀-丁+大]
(戻)
【奥入03】漢書
  昔荊軻慕燕丹之義白虹貫日而
  太子畏之
(戻)」62オ

【奥入04】甕頭竹葉経春熟階底蓋微入夏
  開
(戻) 【奥入05】高砂律 長生楽破
  たかさこの左伊左々古乃太加左乎乃
(戻)」62ウ