First updated 06/13/2002(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-4)
渋谷栄一翻字(C)

  


凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「あふひ」(題箋)

  世の中かはりて後よろつものうく
0001【世の中かはりて後】−桐壺御門御位を東宮朱雀院へゆつり給ふ事をいへり
0002【ものうくおほされ】−薄ー院ニ副給ふ
  おほされ・御身のやむことなさもそふ
0003【御身のやむことなさ】−大将成
  にや・かる/\しき御しのひありきも・
  つゝましうて・こゝもかしこも・おほつ
0004【こゝも】−爰
  かなさのなけきをかさね給ふむく
0005【むくひ】−\<朱合点> 酬
  ひにや・なをわれにつれなき人の御
0006【われにつれなき】−古今我を思ふ人をおもわぬ(古今1041・古今六帖2133、奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
0007【人】−薄
  心をつきせすのミおほしなけく・今
  ハましてひまなうたゝ人のやうにて・
  そひおはしますを・いまきさきハ
0008【いまきさき】−弘キ殿女御を申
  心やましうおほすにや・うちにのミさ」1オ

  ふらひ給へハ・たちならふ人なう・心や
0009【心やすけなり】−桐
  すけなり・おりふしにしたかひてハ・
  御あそひなと越・このましう世のひゝ
  くハかりせさせ給つゝ・今の御ありさま
  しもめてたし・たゝ春宮をそいと
0010【春宮】−冷 立太子不見
  こひしう思ひきこえ給・御うしろミ
  のなきをうしろめたうおもひきこえ
  て・大将の君によろつきこえつけ
0011【大将の君】−参議
  給ふも・かたハらいたきものからうれし
  とおほす・まことやかの六条のミやす所」1ウ

  の御はらの・せむ坊のひめ君・さい宮に
0012【せむ坊】−さきの春宮なる人を申
  ゐ給にしかハ・大将の御心はへもいとた
  のもしけなきをゝさなき御有さまの
  うしろめたさにことつけて・くたりや
  しなましとかねてよりおほしけり・
  院にもかゝることなむときこしめして・
  こ宮のいとやむことなくおほし・とき
0013【こ宮】−前坊事
0014【ときめかし】−御息所事
  めかしたまひしものを・かる/\しう
  をしなへたるさまに・もてなすなるか・
  いとおしきこと・斎宮をも・このミこ」2オ
0015【斎宮】−秋好

  たちのつらになむおもへハ・いつかたに
  つけても・おろかならさらむこそよから
  め・心のすさひにまかせて・かくすき
  わさするハ・いとよのもとき・おひぬへき
  こと也なと・御けしきあしけれハ・わか
0016【御けしき】−源氏
  御こゝちにも・けにとおもひしらるれは
  かしこまりて・さふらひ給・人のため・
0017【人のため】−桐詞
  はちかましき事なく・いつれをもな
  たらかに・もてなして・女のうらミな
  おひそとの給ハするにもけしからぬ心の」2ウ
0018【けしからぬ心】−源ノ心中

  おほけなさを・きこしめしつけたらむ
  ときと・おそろしけれハ・かしこまりて
  まかて給ぬ・又かく院にもきこしめし
  のたまハするに・人の御名も・我ためも・
  すきかましういとおしきにいとゝ・や
  むことなく心くるしきすちには・思き
  こえ給へと・またあらはれてハ・わさと
  もてなしきこえ給ハす・女もにけなき
  御としのほとを・はつかしうおほして・
0019【御としのほと】−御息廿九 源廿一
  心とけ給はぬけしきなれハ・それにつゝミ」3オ

  たるさまにもてなして・院にきこしめし
  いれ・世中の人もしらぬなくなりにた
  るを・ふかうしもあらぬ御心の程を・
  いみしうおほしなけきけり・かゝる事を
  きゝ給にも・あさかほのひめ君ハ・いかて人
0020【あさかほのひめ君】−桃園式部女
  ににしとふかうおほせは・ゝかなきさまな
  りし御返なとも・おさ/\なし・さりとて
  人にくゝ・ハしたなくハもてなし給はぬ・
  御けしきを・君も猶こと也とおほしわたる・
0021【君も】−源氏
  おほ殿にハかくのミ・さためなき御心越心」3ウ
0022【おほ殿】−葵上

  つきなしとおほせと・あまりつゝまぬ御
  けしきの・いふかひなけれハにやあらむ
  ふかうも・えしきこえ給ハす・心くるしき
0023【心くるしきさま】−葵上懐妊五ケ月ニアタル
  さまの御心ちになやミ給て・物心ほそ
  けに・おほいたり・めつらしくあはれとお
  もひきこえ給・たれも/\うれしきもの
  から・ゆゝしうおほして・さま/\の御つゝ
  しミせさせたてまつり給・かやうなる程に・
  いとゝ御心のいとまなくて・おほしおこたる
  とハなけれと・とたえおほかるへし・その」4オ
0024【とたえおほかるへし】−去年譲国後入初斎院是ハ二度御禊也初度去年アルヘシ

  ころ斎院・もおりゐ給て・きさきハし(し$ら<朱>)の
  女三の宮ゐ給ぬ・みかときさきとことに
0025【女三の宮】−桐女
  おもひきこえ給へる宮なれハ・すちことに
0026【すちことに】−神人ニ
  なり給を・いとくるしうおほしたれと・
  こと宮たちのさるへきおはせす・きし
  きなと・つねのかむわさなれと・いかめしう
0027【かむわさ】−神
  のゝしる・まつりのほとかきりあるおほや
  けことに・そふことおほく・見ところこよ
  なし・人からと見えたり・こけいの日・上
0028【こけいの日】−斎院の御はらへをいへり
  達部なと・かすさたまりてつかうま」4ウ
0029【かすさたまりて】−初度ニワ四月祭以前吉日ニアリ恒例ニワ午日也祭ヨリサキ也爰ハ二度也 御禊勅使大納言中納言各一人参議四人四位五位各四人延喜式

  つり給わさなれと・おほえことにかたちある
  かきりしたかさねの色・うへのはかまの
0030【したかさね】−公卿染装束
  もむ・むまくらまて・ミなとゝのへたり・
0031【くら】−唐鞍或倭
  とりわきたるせむしにて・大将の君
  もつかうまつり給・かねてより物見車
0032【つかうまつり給】−大将供奉例貞観三源朝臣定
  心つかひしけり・一条のおほち所なく・むく
  つけきまてさハきたり・所/\の御さ
  しき・心/\にしつくしたるしつらひ人
  の袖くちさへいミしき見ものなり・
  大殿にハ・かやうの御ありきも・おさ/\し」5オ

  給はぬに・御心ちさへなやましけれは・
  おほしかけさりける越・わかき人々いてや
  をのかとち・ひきしのひて・見侍らむこそ・ハへ
  なかるへけれ・おほよそ人たに・けふのもの
  見にハ・大将殿をこそハ・あやしき山かつ
  さへみたてまつらんとすなれ・とをきくに
  くによりめこを・ひきくしつゝも・まうて
  くなる越御らむせぬハ・いとあまりも侍
  かなといふを・大宮きこしめして・御こゝちも
0033【大宮】−母
  よろしきひま也・さふらふ人々も・さう/\し」5ウ

  けなめりとて・にハかに・めくらしおほせ給
  て見給・日たけ行て・きしきも・わさとなら
  ぬさまにて・いてたまへりひまもなうたち
  わたりたるに・よそをしう・ひきつゝきて・
  たちわつらふ・(ふ+よき<朱>)女房車おほくて・さふ/\
0034【たちわつらふ】−車事
0035【さふ/\の人】−雑人
  の人なきひまをおもひさためて・ミなさし
  のけさする中に・あんしろのすこしな
0036【なれたる】−古
  れたるか・したすたれのさまなと・よしハめる
  にいたうひきいりて・ほのかなる袖くち・も
  のすそ・かさミなと・ものゝ色いときよら(△&ら)にて・」6オ
0037【かさみ】−わらハのうへにきるきぬ也

  ことさらにやつれたるけハひ・しるく見ゆる
  車ふたつあり・これハさらにさやうにさし
  のけなとすへき・御車にもあらすと・
  くちこハくて・手ふれさせす・いつかた(た+に)も・
  わかき物ともゑひすき・たちさハき
  たるほとの事ハえしたゝめあへす・おと
  な/\しき・こせむの人々ハ・かくななと
  いへとえとゝめあへす・さい宮の御ハゝミや
  す所ものおほしみたるゝなくさめにも
  やとしのひていてたまへる也けり・つれ」6ウ

  なしつくれと・をのつから見しりぬ・さハ
  かりて(て#にて)ハ・さないはせそ・大将殿をそ・かう
0038【かうけ】−豪家
  けにハおもひきこゆらむなと・いふをその
  御かたの人もましれハ・いとおしと見なから
  よういせむもわつらハしけれハ・しらす
  かほをつくる・つゐに御車ともたてつゝけ
  つれハ・人たまひのおくに・をしやられて・
0039【人たまひ】−しつしやの事也
  物もみえす・心やましきをハさる物にて・
  かゝるやつれを・それと・しられぬるか・いミ
  しうねたき事かきりなし・しちなとも・」7オ
0040【しち】−榻

  ミなをしおられて・すゝろなる車のとう
0041【とう】−轂<ト>
  に・うちかけたれハ・又なう人わろく・くや
  しうなにゝ・きつらんと・おもふにかひなし・もの
  も見てかへらんとしたまへと・とおりいてん
  ひまもなきに・ことなりぬといへハ・さすかに
  つらき人の御まへわたりの・またるゝも
  心よハしやさゝのくまにたにあらねハにや・
0042【さゝのくまに】−\<朱合点> サヽノクマヒノクマ(ヒノクマ=和国)川ニ駒留テシハシ水カヘ(古今1080・万葉3111、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  つれなくすき給につけても・中/\御
  心つくしなり・けにつねよりも・この
  みとゝのへたる車ともの我も/\と・」7ウ

  のりこほれたるしたすたれのすきまと
  もゝ(ら&ゝ)さらぬかほなれと・ほをゑミつゝしり
  めにとゝめ給もあり・おほ殿のハしるけれは・
  まめたちてわたり給・御ともの人々う
  ちかしこまり心はへありつゝ・わたる
  を・ゝしけたれたるありさま・こよなう
  おほさる
    かけをのミみたらし河のつれなきに
0043【かけをのみ】−六条宮す所
  身のうきほとそいと(と+と<朱>)しらるゝと涙のこ
  ほるゝを・人のみるも・ハしたなけれと・めも」8オ
0044【めもあやなる】−\<朱合点> うつくしき物の文を見るやうなる心也<右> 後拾遺紅葉ゝハにしきと見ゆときゝしかとめもあやにこそ今朝ハ成ぬれ俊頼(後拾遺1206) めもあやなき心也ちる事をいへり心かハる也<左>

  あやなる御さまかたちの・いとゝしういて
  はへを・見さらましかハとおほさる・ほと/\
  につけて・さうそく・人のありさまいミし
  く・とゝのへたりと見ゆるなかにも・上達部
  ハ・いとことなるを・ひと所の御ひかりにハ・
  をしけたれためり・大将の御かりのすい
0045【御かりのすいしん】−かりそめにもちいる随身也なをある事也
  しんに・殿上のそうなとのすることハ・つねの
  ことにもあらすめつらしき行幸なとの
  おりのわさなるを・けふハ右近のくら人の
0046【くら人のそう】−蔵人将監をそうといふ也
  そう・つかうまつれり・さらぬみすいしん」8ウ

  ともも・かたちすかたまハゆく・とゝのへて・
  世にもてかしつかれ給へるさま・木
  草もなひかぬハあるましけなり・つほ
  さうそくなといふすかたにて・女ハうのいや
0047【女ハう】−達心也
  しからぬや又あまなとの世をそむき
  けるなとも・たうれまとひつゝ・物見に
  いてたるも・れいハあなかちなりや・あなに
  くと見ゆるに・けふハことはりに・くちうち
  すけミて・かみきこめたる・あやしの
  ものともの・手をつくりて・ひたいにあて」9オ
0048【手をつくりてひたいにあて】−宋朝ニ司馬相如トいひし君子ノ洛中ニいりし時ハ是を見る物てを額ニクワフト云事通鑑ト云ニアリ

  つゝ・見たてまつりあけたるも・おこかま
  しけなるしつのおまて・をのかかほの
  ならむさまをハしらて・ゑミさかへたり・
  なにとも見いれ給ましき・ゑせす両
0049【両】−領
  のむすめなとさへ・心のかきりつくしたる・
  車ともに・のりさま・ことさらひ・心け
  さうしたるなむおかしき・やう/\の・見
  ものなりける・ましてこゝかしこに・うち
  しのひてかよひ給所/\ハ・人しれすのミ
  かすならぬなけきまさるもおほかり・」9ウ

  式部卿の宮・さしきにてそミたまひける・
0050【式部卿の宮】−朝父
0051【さしき】−桟敷
  いとまはゆきまて・ねひゆく人のか
0052【いとまはゆきまて】−式部卿心
0053【ねひゆく人】−源
  たちかな・神なとハ・めもこそとめ給へと・
  ゆゝしくおほしたり・ひめ君ハ・としころ
0054【ひめ君】−槿
  きこえわたり給・御心はへの・よの人にゝぬ
  を・なのめならむにてたにあり・まして
  かうしも・いかてと御心とまりけり・いとゝ
  ちかくて見えむまてハおほしよらす・
  わかき人々はきゝにくきまてめて
  きこえあへり・まつりの日ハ・おほ殿にハ」10オ

  ものミ給はす・大将の君かの御車の所
  あらそひを・まねひきこゆる人あり
  けれハ・いと/\おしう・うしと・おほして・
  な越あたらをもりかに・おはする人の・も
  のになさけをくれ・すく/\しき所つ
  き給へるあまりに・身つからハ・さしも
  おほさゝりけめとも・かゝるなからひハ・なさけ
  かハすへき物ともおほいたらぬ御をきて
  にしたかひて・つき/\よからぬ人のせさ
  せたるならむかし・ミやす所ハ心はせの(の+いと<朱墨>)」10ウ

  はつかしく・よしありておハする物を・
  いかにおほしうむしにけんと・いとおしくて(△&て)
0055【うむし】−慍<ウレヘ>
  まうて給へりけれと・さい宮のまた本
0056【さい宮】−秋
  の宮におハしませハ・さかきのハゝかりに・
  ことつけて心やすくも・たいめむした
  まハす・ことハりとハおほしなから・なそや
  かく・かたミにそハ/\しからて・おはせかしと・
  うちつふやかれ給・けふハ二条院に・はな
  れおハして・まつりミにいて給・にしの
  たいにわたり給て・これミつに車の」11オ

  事おほせたり・女房いてたつやと
  の給て・ひめ君のいとうつくしけに・つく
0057【ひめ君】−紫上
  ろいたてゝ・おはする越・うちゑミて・見たて
  まつり給・君ハいさたまへ・もろともにミむ
0058【君は】−源氏御詞
  よとて・御くしのつねよりも・きよらに
  見ゆるを・かきなて給て・ひさしうそき
  給ハさめる越・けふハよき日ならむかしとて・
  こよミのはかせめして・ときとハせなとし
  給ほとに・まつ女房いてねとて・わらはの
  すかたともの・おかしけなるを・御らむすいと・」11ウ

  らうたけなるかミとものすそ・はなやか
  にそきわたして・うきもむのうへのハかま
0059【うきもむのうへのハかま】−わらハはれの時うちはかまのうへにうへのはかまをきる也紋巣ニ霰也
  に・かゝれるほとけさやかにミゆ・君の御
  くしハ・われそかむとて・うたて所せうも
  あるかな・いかにおひやらむとすらむと・そき
  わつらひ給・いとなかき人も・ひたいかミハ・す
  こしミしかうそあめるを・むけにをくれ
  たるすちのなきや・あまりなさけな
  からむとて・そきはてゝ・ちひろといはひき
  こえ給を・少納言・あハれにかたしけなしと」12オ

  見たてまつる
    はかりなきちひろのそこのみるふさの
0060【はかりなき】−源氏
  おひゆくすゑハわれのミそミむときこえ
  たまへは
    ちひろともいかてかしらむさためなく
0061【ちひろとも】−紫上
  みちひるしほのゝとけからぬにと・ものにか
  きつけておハするさま・らう/\しき
  物から・わかうおかしきを・めてたしとお
  ほす・けふも所もなくたちにけり・むま
0062【むまはのおとゝのほとに】−左近馬場にある屋かた也中将の着する所也一条大宮大内東ツラ也
  はのおとゝのほとに・たてわつらひて・かむ」12ウ

  たちめの車ともおほくて・ものさハかしけ
  なるわたりかなと・やすらひ給に・よろし
  き女車の・いたうのりこほれたるより・
  あふきをさしいてゝ人をまねきよせ
  て・こゝにやハたゝせ給はぬ・所さりき
  こえむときこえたり・いかなるすき物
  ならむとおほされて・所もけによき
  わたりなれハ・ひきよせさせ給て・いかて
  え給へる所そと・ねたさになんとのた
  まへハ・よしあるあふきのつまをおりて」13オ

    はかなしや人のかさせるあふひゆへ
0063【はかなしや】−源内侍
0064【人のかさせる】−源与紫同車
  神のゆるしのけふをまちけるしめの
0065【しめのうちには】−\<朱合点>
  うちにハとある・てをおほしいつれは・
  かの内侍のすけなりけり・あさましう
  ふりかたくも・いまめくかなと・にくさに・
  ハしたなう
    かさしけるこゝろそあたにおもほゆる
0066【かさしける】−源氏返し
  やそうち人になへてあふひを女ハつら
  しと思きこえけり
    くやしくもかさしけるかななのミして人」13ウ
0067【くやしくも】−源内侍

  たのめなる草葉ハかりをときこゆ・人と
  あひのりて・すたれをたに・あけ給はぬ
  を・心やましうおもふ人おほかり・一日の
  御ありさまの・うるハしかりしに・けふ
  うちミたれてありき給かし・たれならむ
  のりならふ人けしうハあらしはやと・
  をしハかりきこゆ・いとましからぬ・か
  さしあらそひかなと・さう/\しくおほ
  せと・かやうにいとおもなからぬ人ハた・人(△&人)
0068【はた】−又也
  あひのり給へるに・つゝまれて・はかなき」14オ

  御いらへも・心やすくきこえんも・まハ
  ゆしかし・ミやす所ハ・物をおほしミた
  るゝ事・としころよりも・おほく
  そひにけり・つらきかたにおもひはて
  給へと・いまハとて・ふりはなれ・くたり
  たまひなむハ・いと心ほそかりぬへく・
  よの人きゝも・人わらへにならんことゝ
  おほすさりとてたちとまるへく
  おほしなるにハ・かくこよなきさまに・
  ミな思ひくたすへかめに(に$る<朱>)も・やすからす・」14ウ

  つりするあまのうけなれやと・おきふし
0069【つりするあまのうけなれや】−\<朱合点> 古今<墨>いせの海に釣するあまのうけなれや心ひとつをさためかねつる<朱>(古今509・古今六帖3011、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  おほしわつらふけにや御心ちもうきたるやうに
0070【うき】−泛子
  おほされて・なやましうし給・大将殿にはく
  たり給はむ事を・もてはなれてあるし(し#)ましき
  ことなとも・さまたけきこえ給はす・かすなら
  ぬ身を・みまうくおほしすてむも・ことハりな
  れと・いまは猶いふかひなきにても・御らんしはて
  むや・あさからぬにハ・あらんときこゆ(ゆ$え<朱>)・かゝつらひ給へ
  は・さためかねたまへる御心もやなくさむと・たち
  いて給へりし・みそき河の・あらかりしせに・いとゝ」15オ

  よろつ・いとうくおほしいれたり・大殿にハ・御ものゝ
0071【御ものゝけめきて】−葵上
  けめきて・いたうわつらひ給へハ・たれも/\おほし
  なけくに・御ありきなとひむなき比なれハ・二条
  院にも・とき/\そわたり給・さハいへと・やむことなき
  かたハことに思きこえたまへる人の・めつらしき
  事さへ・そひ給へる御なやみなれハ・心くるしう
  おほしなけきて・みすほうやなにやなと・わか
  御かたにて・おほく・おこなわせ給ふ・ものゝけいきす
  たまなといふものおほくいてきて・さま/\のな
  のりする中に・人にさらにうつらす・たゝ身つから」15ウ

  の御身に・つとそひたるさまにて・ことにお
  とろ/\しう・わつらハし・きこゆるこ
  ともなけれと・又かたとき・はなるゝおり
  もなき物・ひとつあり・いミしきけんさ
  ともにも・したかハす・しうねきけしき
  おほろけのものにあらすとみえたり・大将
  の君の御かよひ所・こゝかしことおほし
  あつるに・このミやす所・二条の君なと
0072【二条の君】−紫上
  ハかりこそハ・をしなへてのさまにハ・おほし
  たらさめれハ・うらミの心も・ふかゝらめと・」16オ

  さゝめきて・ものなととハせ給へと・さして
  きこえあつることもなし・ものゝけとても・
  わさとふかき御かたきと・きこゆるも
  なし・すきにける(り&る)御めのとたつ人・もしハ
  おやの御かたにつけつゝ・つたハりたる
  ものゝよハめに・いてきたるなと・むね/\
  しからすそミたれあらはるゝ・たゝ
  つく/\とねをのミなき給て・おり/\
  ハむねをせきあけつゝ・いみしうたへ
  かたけに・まとふわさをし給へハ・いかにおハす」16ウ

  へきにかとゆゝしうかなしくおほしあ
  ハてたり・院よりも御とふらひひまなく・
0073【院よりも】−桐
  御いのりのことまておほしよらせ給さ
  まの・かたしけなきにつけても・いとゝおし
  けなる人の御身也・世の中あまねく
  おしミきこゆるを・きゝ給にも・ミやす
  所ハたゝならすおほさる・としころハいと
  かくしもあらさりし御いとミ心を・は
  かなかりし所の車あらそひに人の御心
  のうこきにける越・かのとのにハ・さまても」17オ

  おほしよらさりけり・かゝる御物おもひの
0074【かゝる御物おもひ】−御息
  みたれに・御心ち猶れいならすのミおほ
  さるれハ・ほかにわたり給て・みすほうな
0075【ほかにわたり給て】−神事殿
  とせさせ給・大将殿きゝ給て・いかなる御心ち
  にかと・いとおしうおほしをこしてわたり
  給へり・れいならぬたひ所なれハ・いたうし
  のひ給・心よりほかなるおこたりなと・つ
0076【心よりほかなる】−源
  ミゆるされぬへくきこえつゝけ給て・
  なやミ給人の御ありさまも・うれへきこえ
  給・身つからハさしも思いれ侍らねと・」17ウ

  おやたちのいとこと/\しう・おもひまとハるゝ
  か心くるしさに・かゝるほとをみすくさむ
  とてなむ・よろつを・おほしのとめたる御心
  ならハ・いとうれしうなむなと・かたらひきこ
  え給・つねよりも心くるしけなる御けしき
  を・ことハりに・あハれにミたてまつり給・うち
0077【うちとけぬ】−平心
  とけぬあさほらけにいて給・御さまのおかし
0078【いて給】−源
0079【御さま】−御息所心
  きにも・猶ふりはなれなむ事ハ・おほし
  かへさる・やむことなきかたに・いとゝ心さしそひ
0080【やむことなきかたに】−葵
  給へきこともいてきにたれハ・ひとつかたに」18オ

  おほししつまり給なむを・かやうに(に+待<朱>)き
  こえつゝあらむも・心のミつきぬへき事・
  中/\もの思のおとろかさるゝ心ちし給
  に・御ふミハかりそくれつかたある・日ころす
0081【御ふミ】−源
0082【日ころ】−源文詞
  こしおこたるさまなりつる・心ちのにハかに
  いといたう・くるしけに侍るを・えひきよ
  かてなむとあるを・れいのことつけと・見
0083【れいの】−御息ノ
  たまふ物から
    袖ぬるゝ恋ちとかつハしりなからおり
0084【袖ぬるゝ】−宮す所
  たつたこの身つからそうき山の井の水」18ウ
0085【山の井の水】−\<朱合点> くやしくそくミ初てけるあさけれハ袖のミぬるゝ山の井の水<朱>(古今六帖、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)

  も・ことハりにとそある・御てハな越こゝらの人の
  中に・すくれたりかしと見給ひつゝ・いかに
  そやもある世かな心もかたちも・とり/\にすつ
  へくもなく・又おもひさたむへきもなきを・くる
  しうおほさる御かへりいと・くらうなりにたれと・袖のミ
  ぬるゝや・いかにふかゝらぬ・御事になむ
    あさみにや人ハおりたつわかかたは
0086【あさみにや】−源氏返し
  身もそほつまてふかき恋ちをおほろ
  けにてや・この御かへりをミつからきこえさ
  せぬなとあり・おほ殿にハ・御ものゝけいたうお」19オ
0087【おほ殿】−葵上

  こりて・いミしうわつらひ給・この御いきすたま・
  こちゝおとゝの御らうなといふものありときゝ給
0088【こちゝおとゝ】−御息
0089【御らう】−死霊
  につけて・おほしつゝくれハ・身ひとつのうきな
0090【おほしつゝくれは】−御息
  けきよりほかに・人をあしかれなとおもふ
  心もなけれと・物おもひにあくかるなる・たましゐ
  ハさもやあらむとおほししらるゝこともあり・と
  しころよろつに思ひのこすことなく・す
  くしつれと・かうしも・くたけぬを・ハかなき
  事のおりに・人のおもひけちなきものに・
  もてなすさまなりし・みそきの後・一ふ」19ウ

  しに・おほし・うかれにし心・しつまりかたうおほ
  さるゝけにや・すこし・うちまとろミ給夢
  にハ・かのひめ君とおほしき人のいときよらにて・
  ある所に・いきて・とかくひきまさくり・うつゝ
0091【いきてとかくひきまさくり】−たけ/\しき心也
  にもにす・たけく・いかき・ひたふる心いてきて・
0092【いかき】−辛労
  うち・かなくるなと・見え給事たひかさなり
  にけり・あな心うやけに・身をすてゝや・いに
0093【身をすてゝやいにけむ】−\<朱合点> 身ヲ捨テイニヤシニケン思フヨリ外ナルモノハ心ナリケリ躬恒(古今977・躬恒集303、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  けむと・うつし心ならすおほえ給・おり/\
0094【うつし心】−現 梅の花木つたひちらす鴬ノうつし心もわかおもハなくに(古今六帖4211、河海抄・休聞抄・孟津抄)
  もあれハ・さならぬ事たに人の御ためにハ・
  よさまのことをしも・いひいてぬ世なれは・」20オ

  ましてこれハ・いとよういひなしつへきたよ
  りなりとおほすに・いとなたゝ(ゝ$た<朱>)しう・ひたすら世
  に・なくなりて後に・うらみのこすハ・よのつねの
  こと也・それたに人のうへにてハ・つミふかうゆゝ
  しきを・うつゝの我身なから・さるうとましき
  ことを・いひつけらるゝ・すくせのうきこと
  すへて・つれなき人に・いかて心もかけきこえ
  しと・おほしかへせと・おもふも物をなり・さい
0095【おもふも物をなり】−\<朱合点> おもわしとおもふも物をおもふ也おもわしとたにおもハしやなそ(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  宮ハ・こそうちにいり給へかりしを・さま/\
  さハる事ありて・この秋入給・九月にハやかて」20ウ

  のゝ宮に・うつろひ給へけれハ・ふたゝひの御ハらへ
  の・いそきとりかさねて・あるへきに・たゝあや
  しう・ほけ/\しうて・つく/\とふしなやミ
  給を・宮人いミしきたいしにて・御いのりなと・
0096【たいし】−大事
  さま/\つかうまつる・おとろ/\しきさまに
  ハあらす・そこはかとなくて・月日をすくし
  給・大将殿も・つねにとふらひきこえ給
  へと・まさるかたのいたうわつらひ給へハ・御心のいとま
0097【まさるかた】−葵上
  なけなり・またさるへきほとにも・あらすと・
  ミな人もたゆミ給へるに・にはかに御けしき」21オ

  ありて・なやミ給へハ・いとゝしき御いのりかすをつ
  くしてせさせ給へれと・れいのしうねき
  御ものゝけ・ひとつさらに・うこかす・やむこと
  なきけむさとも・めつらか也と・もてなやむ・
  さすかに(に+いみしう<朱>)てうせられて・心くるしけに・なき
0098【てうせ】−調
  わひて・すこしゆるへ給へや・大将にきこ
  ゆへき事ありとのたまふ・されハよ・ある
  やうあらんとて・ちかき御き丁のもとに・い
  れたてまつりたり・むけにかきりのさ
  まにものし給を・きこえをかまほし」21ウ

  きことも・おハするにやとて・おとゝも宮も・すこし
  し(し+り<朱>)そき給へり・かちのそうともこゑしつめて・
  法花経をよミたる・いみしうたうとし・ミ
  き丁のかたひらひきあけてみたてまつり
  給へハ・いとおかしけにて・御ハらハいミしう・たかう
  てふし給へるさま・よそ人たに・見たてまつらむ
  に心みたれぬへし・ましておしうかなしう
  おほすことハり也・しろき御そに・色あひいと
  はなやかにて・御くしのいとなかうこちた
  きを・ひきゆひて・うちそへたるも・かうて」22オ

  こそらうたけになまめきたるかたそひ
  て・おかしかりけれとミゆ・御てをとらへて・あな
  いミし・心うきめを・ミせ給かなとて・物もきこ
  え給はすなき給へハ・れいハいとわつらハしう・
  はつかしけなる御まミを・いとたゆけに見
  あけて・うちまもりきこえ給に・涙のこほ
  るゝさまを見給は・いかゝあハれのあさからむ・あま
  りいたうなきたまへハ・心くるしきおやたちの
  御事をおほし・又かく見給につけて・くちおしう
  おほえ給にやとおほして・なに事もいと」22ウ

  かうなおほしいれそ・さりとも・けしうハおは
  せし・いかなりとも・かならすあふせあなれハ・
  たいめむハありなむ・おとゝ宮なとも・ふかき
0099【おとゝ宮】−父母
  契ある中ハ・めくりてもたえさなれハ・あひ見
  るほとありなむとおほせと・なくさめ給に・いて
  あらすや・身のうへのいとくるしきを・しハしや
0100【身のうへのいとくるしき】−父母ノ深チキリモイラス先我身ノクルシキ也
  すめ給へときこえむとてなむ・かくまいり
0101【かくまいりこむ】−邪気
  こむとも・さらに思はぬを・物おもふ人のた
0102【物おもふ人のたましひハけにあくかるゝ】−後物おもへハさはの蛍も我身よりあくかれにける玉かとそみる(後拾遺1162、花鳥余情・一葉抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  ましひハ・けにあくかるゝ物になむありけると・
  なつかしけにいひて」23オ

    なけきわひ空にミたるゝわかたまを
0103【なけきわひ】−宮息所物ゝ気に入て
  むすひとゝめよしたかへのつまとの給こゑ・
0104【むすひとゝめよしたかへのつま】−玉ハみつ主ハ誰ともしらねとも結ひとゝめよしたかひの妻吉備誦文(袋草紙290、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  けハひその人にもあらす・かハりたまへり・
  いとあやしとおほしめくらすに・たゝかの
  ミやす所也けり・あさましう人のとかく
  ゆふを・よからぬものとものいひいへ(へ$つ<朱>)ることも(△&も)・
  きゝにくゝおほしての給けつを・めに見す/\・
  世にハかゝる事こそハありけれと・うとましう
  なりぬあな心うとおほされて・かくの給
0105【かくの給へと】−源
  へとたれとこそしらね・たしかにの給へと・」23ウ

  の給へハたゝそれなる御ありさまにあさまし
  とハよのつね也・人々ちかうまいるもかたハら
  いたうおほさる・すこし御こゑもしつまり
  給へれハ・ひまおハするにやとて・宮の御
  ゆもてよせ給へるに・かきおこされ給てほと
  なくうまれ給ぬ・うれしとおほす事か
0106【うまれ給ぬ】−夕霧誕生
  きりなきに・人にかりうつし給へる御ものゝ
  けとも・ねたかりまとふけハひいと物さハ
  かしうて・のちのこと・又いと心もとなし・いふ
0107【のちのこと】−胞衣<エナ>
  かきりなきくわんともたてさせ給けに」24オ

  や・たいらかに事なりはてぬれハ・山の
  さす・なにくれやむことなきそうとも・した
  りかほに・あせをしのこひつゝ・いそきまか
  てぬ・おほくの人の心をつくしつる・日ころの
  なこりすこしうちやすミて・今ハさり
  ともとおほす・みすほうなとハ・又/\ハし
  めそへさせ給へと・まつハけうあり・めつら
0108【けう】−興
  しき御かしつきに・ミな人ゆるへり・院
0109【御かしつき】−男子
  をハしめたてまつりて・みこたち・かむ
  たちめのこるなきうふやしなひとも」24ウ

  のめつらかに・いかめしきを夜ことにミのゝ
  しる・おとこにてさへおハすれハ・そのほとの
  さほうにきハゝしくめてたし・かの宮す
  所ハかゝる御ありさまをきゝ給てもたゝならす・
  かねてハいとあやうくきこえしを・たいら
  かにも・ハたと・うちおほしけり・あやしう
  われにもあらぬ御心ちをおほしつゝくるに・
  御そなとも・たゝけしのかにしミかへりたる・
0110【御そ】−御息所
0111【けし】−芥子
  あやしさに・御ゆするまいり・御そきかへ
0112【御ゆする】−沐浴
  なとし給て・心え(え$ミ<朱>)たまへと・猶おなしやう」25オ

  にのミあれハ・わか身なからたに・うとましうお
  ほさるゝに・まして人のいひおもはむことなと・
  人にの給へき事ならね(△&ね)ハ・心ひとつにおほし
  なけくに・いとゝ御心かハりもまさりゆく・大将
  殿ハ心ちすこしのとめ給て・あさましかりし
  ほとの・とハすかたりも心うくおほしいて
  られつゝ・いとほとへにけるも心くるしう・又けち
  かう見たてまつらむにハいかにそや・うたて
  おほゆへきを・人の御ためいとおしうよろつ
0113【御ため】−御息
  におほして・御ふミハかりそありける・いたうわ」25ウ
0114【わつらひ給し人】−葵上

  つらひ給し人の御なこりゆゝしう・心ゆるひ
  なけにたれもおほしたれハ・ことハりにて御あ
  りきもなし・猶いとなやましけにのミ
  したまへハ・れいのさまにても・またたいめん
0115【また】−源誰ニも
  し給はす・わか君のいとゆゝしきまて見え
0116【わか君】−夕霧
  給御ありさまを・いまかう(う$ら<朱>)いとさまことに・もて
  かしつききこえ給さまおろかならす・こと
  あひたる心ちして・おとゝもうれしういミし
0117【おとゝ】−摂政
  とおもひきこえ給へるに・たゝこの御心ち
0118【御心ち】−葵上
  おこたりはて給はぬを・心もとなくおほせと・」26オ

  さハかりいみしかりしなこりにこそハとおほ
0119【いみしかりし】−難産
  して・いかてかハ内(内$さ<朱>)のミハ心をもまとハし給ハん・
  わか君の御まミのうつくしさなとの・春宮
0120【わか君の】−源氏心
0121【春宮】−冷ー連枝の心ヲフクマセリ
  にいみしうにたてまつり給へるをミたて
  まつり給ても・まつこひしうおもひ出られ
  させ給に・しのひかたくて・まいり給ハむと
0122【まいり】−源
  て・うちなとにも・あまりひさしうまいり
  侍らねハ・いふせさにけふなむ・うひたちし
  侍を・すこしけちかきほとにてきこえ
  させはや・あまりおほつかなき御心のへたて」26ウ

  かなと・うらミきこえ給へれハ・けにたゝひ
0123【うらミきこえ給へれハ】−葵上
  とへに・えむにのミあるへき御中にもあらぬ
  を・いたうおとろへ給へりといひなから・もの
  こしにてなとあへきかハとてふし給へる所
  に・おましちかうまいりたれハ・いりて物
  なときこえ給・御いらへ時々きこえ給も
  猶いとよハけ也・されとむけになき人とお
  もひきこえし御ありさまを・おほしいつ
  れハ・夢の心ちしてゆゝしかりしほとの
  事ともなときこえ給ついてにも・かの」27オ

  むけにいきもたえたるやうにおハせしかひき
  かへしつふ/\とのたまひし事とも・おほし
  いつるに心うけれハ・いさやきこえまほ
  しきこといとおほかれと・またいとたゆけ
  におほしためれハこそとて・御ゆまいれなと
  さへ・あつかひきこえ給を・いつならひ給
  けんと人々あハれかりきこゆ・いとおかしけ
  なる人のいたうよハりそこなハれて・あるか
  なきかのけしきにてふし給へるさま
  いとらうたけに心くるしけなり・御くしの」27ウ

  みたれたるすちもなく・ハら/\とかゝれる枕の
  ほとありかたきまてミゆれハ・としころなに
  こと越あかぬことありておもひつらむと・あや
  しきまてうちまも(も+ら<朱>)れ給・院なとにまい
  りていととうまかてなむ・かやうにておほ
  つかなからすミたてまつらハうれしかるへきを・
  宮のつとおハするに心ちなくやと・つゝ
  ミてすくしつるもくるしきを・猶やう/\
  心つよくおほしなして・れいのおまし所に
  こそあさ(さ$ま<朱>)りわかくもてなし給へハ・かたへは」28オ

  かくもものし給そなときこえをき給て・
  いときよけにうちさうそきていて給を・
0124【いて給を】−源
  つねよりハめとゝめて見いたしてふし給
0125【めとゝめて】−葵
  へり・秋のつかさめしあるへきさためにて・
0126【秋のつかさめし】−京官
  大殿もまいり給へハ・君たちも・いたハり・の
0127【君たちも】−摂政子
0128【いたハり】−労
0129【のそミ給事】−官
  そミ給(て&給)事ともありて・とのゝ御あたりは
  なれ給ハねは・ミなひきつゝきいて給ぬ・
  とのゝうち人すくなにしめやかなるほとに・
  にはかにれいの御むねをせきあけて・
0130【にはかに】−葵上
  いといたうまとひ給・うちに御せうそこ」28ウ

  きこえ給ほともなく・たえいり給ぬ・あしを
  そらにて・たれも/\まかて給ぬれハ・ちもく
0131【ちもく】−除目
  の夜なりけれと・かくわりなき御さハりなれ
  は・ミな事やふれたるやう也・のゝしりさ
  ハくほと夜中ハかりなれハ・山のさすなに
  くれのそうつたちも・えさうしあへ
  給ハす・いまハさりともとおもひたゆミ
  たりつるに・あさましけれハ・とのゝうちの
  人ものにそあたる・所/\の御とふらひの
  つかひなと・たちこミたれと・えきこえ」29オ

  つかす・ゆすりミちて・いミしき御心まとひ
0132【つかす】−不次
0133【ゆすり】−響
  ともいとおそろしきまて見え給・御ものゝけ
  のたひ/\とりいれたてまつりしをおほし
  て・御まくらなとも・さなから二三日みたて
  まつり給へと・やう/\かはり給ことゝもの
  あれハ・かきりとおほしはつるほと・たれも/\
  いといミし・大将殿ハかなしきことにことを
  そへて・世の中をいとうき物におほししミ
  ぬれハ・たゝならぬ御あたりのとふらひとも
  も・心うしとのミそ・なへておほさるゝ・院に」29ウ

  おほしなけきとふらひきこえさせ給さま・
  かへりておもたゝしけなるを・うれしき
  を(を$せ)もましりて・おとゝハ御涙のいとまなし・
  人の申すにしたかひて・いかめしきことゝ
  もを・いきやかへり給と・さま/\にのこる事
  なく・かつそこな(な+ハ)れ給事とものあるを・見
  る/\もつきせすおほしまとへと・かひなく
  て・日ころになれハ・いかゝハせむとて・鳥へ
  野に・ゐてたてまつるほと・いミしけなる事
  おほかり・こなたかなたの御をくりの人」30オ

  とも・てら/\の念仏そうなと・そこらひ
  ろき野に所もなし・院をはさらにも
  申さす・きさいの宮春宮なとの御つかひ・
  さらぬ所/\のも・まいりちかひて・あかす
  いミしき御とふらひをきこえ給・おとゝハ
  えたちあかり給はす・かゝるよハひのすゑ
  に・わかくさかりのこにをくれたてまつり
  てもこよふことゝハちなき給を・こゝらの
  人かなしうみたてまつる・夜もすからいミしう
  のゝしりつるきしきなれと・いともはかなき」30ウ

  御かはねハかりを御なこりにて・あか月ふか
  くかへり給・つねの事なれと・人ひとりか
  あまたしも見給ハぬことなれハにや・たくひ
  なくおほしこかれたり・八月廿よ日の在明
  なれハ・空もけしきも・あハれすくなから
  ぬに・おとゝのやミにくれまとひ給へるさま
  を見たまふも・ことハりにいミしけれハ・空の
  ミなかめられ給て
    のほりぬるけふりハそれとわかねとも
0134【のほりぬる】−源氏
  なへて雲ゐのあハれなる哉とのにおハし」31オ

  つきて・露まとろまれ給ハす・としころの
  御ありさまをおほしいてつゝ・なとてつゐに
  ハ・をのつから・見な越し給てむと・のとかにお
  もひて・な越さりのすさひにつけても・つら
  しとおほえられたてまつりけむ・よをへて・
  うとくはつかしき物におもひて・すきハて
  給ぬるなと・くやしき事おほくおほし
  つゝけらるれとかひなし・にはめる御そたて
0135【にはめる御そ】−にふ色の事也
  まつれるも夢の心ちして・われさきたゝ
  ましかハ・ふかくそ・そめ給ハましとおほすさへ・」31ウ

    かきりあれハうすゝミ衣あさけれと
0136【かきりあれハ】−源氏
  涙そ袖をふちとなしけるとてねむすし
  給へるさま・いとゝなまめかしさまさりて・
  経しのひやかによミ給つゝ・法かい三まいふ
  けん大しと・うちの給へる・おこなひなれたるほうし
  よりハ・けなり・わか君を見たてまつり給に
0137【けなり】−勝
  も・なにゝ・しのふのと・いとゝ露けゝれと・かゝる
0138【なにゝしのふの】−\<朱合点> 後むすひをくかたみのこたになかりせは何にしのふの草をつままし<朱>(後撰1187・古今六帖3133、源氏釈奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  かたみさへなからましかハと・おほしなくさむ・
  宮ハしつミいりて・そのまゝにおきあかり
0139【宮ハ】−葵上母宮
  給ハす・あやうけに見え給を・又おほし」32オ

  さハきて・御いのりなとせさせ給・ハら(ら$か<朱>)なう
  すきゆけハ・御わさの・いそきなとせさせ
  給も・おほしかけさりしことなれハ・つき
  せすいミしうなむ・なのめにかたほなるを
  たに・人のおやハいかゝおもふめる・ましてこと
  ハり也・又たくひおはせぬをたに・さう/\しく
  おほしつるに・袖のうへの玉のくたけたりけむ
  よ
りもあさましけなり・大将の君は
  二条院にたに・あからさまにもわたり給ハす・
  あはれに心ふかうおもひなけきて・おこなひ」32ウ

  をまめにし給ひつゝ・あかしくらし給・所/\にハ
  御ふミハかりそたてまつり給・かの宮す所
  ハ・さい宮ハ・さ衛門のつかさにいり給にけれハ・
  いとゝいつくしき・御きよまハりにことつけ
0140【御きよまハり】−潔斎
  て・きこえもかよひ給ハす・うしとおもひしミ
  にし世もなへていとハしうなり給て・かゝる
  ほたしたに・そハさらましかハ・ねかハしき
  さまにも・なりなましとおほすにハ・まつ
  たいのひめ君の・さう/\しくてものし
  給らむありさまそ・ふとおほしやらるゝ・」33オ

  よるハ・み丁のうちにひとりふし給に・との
  ゐの人々ハ・ちかうめくりてさふらへと・かた
  ハらさひしくて・時しもあれと・ねさめ
0141【時しもあれ】−\<朱合点> 時しもあれ秋やハ人のわかるへきさるハ夜さむになれる比しも<朱>(古今839・古今六帖2478・忠岑集162、源氏釈・奥入・異本紫明抄・河海抄)
  かちなるに・こゑすくれたるかきり・えりさ
  ふらハせ給・念仏の暁かたなと・しのひかたし・
  ふかき秋のあハれまさり行・風のをと身に
0142【風のをと身にしみけるかな】−\<朱合点> 吹よれハ身にもしミける秋かせ越色なき物と思ひけるかな(続古今306・古今六帖423、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  しミけるかなと・ならはぬ御ひとりねに・あかし
  かね給へるあさほらけの・きりわたれるに・
  菊のけしきハめる枝に・こきあをに
0143【こきあをに】−花田にあをけのましりたる也
  ひのかミなるふミつけて・さしをきてい」33ウ

  にけり・いまめかしうもとて・見給へハ・宮す所
  の御てなり・きこえぬほとハおほしし(し+る<朱>)ら
  むや
    人の世をあハれときくも露けきに
0144【人の世を】−宮す所
  をくるゝ袖をおもひこそやれたゝいまの
  空におもひ給へあまりてなむとあり・
  つねよりも・いうにも・かい給へるかなと・さすか
0145【つねよりも】−源氏心中様
0146【いう】−幽
  に・をきかたうミ給物から・つれなの御とふ
  らひやと心うし・さりとてかきたえをと
  なうきこえさらむもいとおしく・人の御」34オ

  なのくちぬへき事を・おほしみたる・す
0147【すきにし人ハ】−葵上事
  きにし人ハとてもかくても・さるへきにこそハ
  物し給けめ・なにゝさることをさた/\と・
0148【さた/\と】−タシカ
  けさやかに・見きゝけむと・くやしきハ
  我御心なから・猶えおほしなをすましき
  なめりかし・斎宮の御きよまハりも・わつら
  ハしくやなと・ひさしうおもひわつらひ給へと・
  わさとある御返なくハ・なさけなくやとて・
  むらさきのにハめるかミに・こよなう・ほとへ
0149【むらさきのにハめるかミに】−花田にあか花の入たる色也
  侍にけるを・思給へおこたらすなから・つゝ」34ウ
0150【つゝましき】−慎心也

  ましきほとハ・さらハおほししるらむやとて
  なむ
    とまる身もきえしもおなし露の世に
0151【とまる身も】−源氏返し
  心をくらむほとそはかなきかつハおほし
  けちてよかし・御らんせすもやとて・たれ
0152【御らんせすもや】−穢所文
  にもときこえ給へり・さとにおはする
  ほとなりけれハ・しのひて見給てほのめかし
  給へるけしきを・心のおにゝしるくミ給て・
  されハよとおほすもいといみし・猶いとかき
  りなき身のうさ也けり・かやうなるきこ」35オ

  えありて・院にもいかにおほさむ・故前坊の
0153【故前坊】−桐兄弟秋ーモ御門ノメイ也
  おなしき御ハらからといふ中にも・いみしう
  おもひかハしきこえさせ給て・この斎宮
  の御ことをもねんころにきこえつけま(ま$さ<朱>)せ
  給しかは・その御かハりにも・やかて見たてま
  つりあへる(へる$つか<朱>)はむなと・つねにの給せて・やかて
  うちすミし給へと・たひ/\きこえさせ給
0154【うちすみ】−院ノ御息
  しをたに・いとあるましきことゝおもひハ
  なれにしを・かく心よりほかに・わか/\しき
  物思をして・つゐにうき名をさへ・なかし」35ウ

  はてつへきことゝおほしミたるゝに・なをれいの
  さまにもおはせす・さるハ大かたの世につけて・
  心にくゝ・よしあるきこえありて・むかし
  より名たかく物し給へハ・野の宮の御う
0155【野の宮の御うつろひ】−二年メノ八月也去年初度ハ見エタリ
  つろひのほとにも・おかしういまめきたる事
  おほくしなして・殿上人とものこのましき
  なとハ・朝夕の露わけありくを・その比の
  やくになむするなときゝ給ても・大将
  の君ハことはりそかしゆへハあくまて・
  つき給へる物を・もし世中にあきはてゝ」36オ

  くたり給なハ・さう/\しくもあるへきかなと・さ
  すかにおほされけり・御法事なとすきぬれ
  と・正日まてハ・猶こもりおハす・ならハぬ御つ
0156【正日】−四十九日
  れ/\を・心くるしかり給て・三位中将ハ・
0157【三位中将】−摂政
  つねにまいり給つゝ・世中の御物かたり
  なとまめやかなるも・又れいのミたりかハし
  き事をもきこえいてつゝ・なくさめき
  こえ給に・かの内侍そ・うちわらひ給・くさ
  ハひにハなるめる・大将の君ハあないとおし
  や・をハおとゝのうへないたう・かろめ給ひ」36ウ
0158【をハおとゝ】−ウハ 源内ヲ云

  そと・いさめ給物から・つねにおかしとおほし
  たり・かのいさよひのさやかならさりし
0159【かのいさよひの】−末摘巻
  秋の事なと・さらぬも・さま/\のすきこ
  とゝもを・かたミにくまなくいひあらハし給・
  ハて/\ハあハれなる世を・いひ/\て・うちなき
  なともし給けり・時雨うちして物あハれなる
  暮つかた・中将の君にひ色のなをしさし
0160【中将の君】−三位兄弟服三ケ月服廿日
0161【なをし】−平絹
  ぬきうすらかに・衣かへして・いとおゝしう・
0162【うすらかに】−十月更衣ノ次色ヲ薄ス
0163【おゝしう】−雄々 男々シキ也
  あさやかに心はつかしきさましてまいり
  給へり・君ハにしのつまのかうらんにをし」37オ

  かゝりて・霜かれのせむさいミ給ほと也
  けり・風あらゝかにふき・しくれさとしたる
  ほと・涙もあらそふ心ちして・雨となり雲
0164【雨となり】−\<朱合点>
  とや成にけん・いまハしらす
うちひとり
  こちて・つらつゑつき給へる御さま・女にてハ
  ミすてゝ・なくならむ玉しひ・かならす・とまり
  なむかしと・色めかしき心ちに・うちまも
  られつゝ・ちかうついゐ給へれハ・しとけなく
  うちミたれ給へるさまなから・ひもハかりをさ
0165【ひもハかりを】−本妻服三ケ月依忌無更衣紐斗替之
  しなをし給・これハいますこし・こまや」37ウ
0166【こまやかなる】−にふ色のこきをいふ也

  かなる夏の御なをしに・紅のつやゝかなる・
0167【紅のつやゝかなる】−紅の衣ハふくしやもきる物也巌光
  ひきかさねて・やつれ給へるしも・見ても
  あかぬ心ちそする・中将もいとあハれなる・
  まミに・なかめたまへり
    雨となりしくるゝ空のうき雲を
0168【雨となり】−三位中将
  いつれのかたとわきてなかめむゆくゑなし
  やと・ひとりことのやうなるを
    見し人の雨となりにし雲井さへ
0169【見し人の】−源氏
  いとゝ時雨にかきくらす比との給御けし
  きも・あさからぬほとしるく見ゆれハ・あや」38オ

  しうとし比ハ・いとしもあらぬ御心さしを・院
  なとゐたちての給ハせ・おとゝの御もてなしも
  心くるしう・大宮の御かたさまに・もてはなる
  ましきなと・かた/\にさしあひたれハ・えし
  もふま(ま#<朱>)りすて給ハて・ものうけなる御けし
  きなから・ありへ給なめりかしと・いとおしう
0170【へ給】−経
  見ゆるおり/\ありつるを・まことにやむ
  ことなくをもきかたハ・ことに思きこえ給
  けるなめりと・見しるにいよ/\くちおしう
  おほゆ・よろつにつけて・ひかりうせぬる」38ウ

  心ちして・くんしゐあ(あ$たか<朱>)りけり・かれたる下草
0171【くんしゐたかりけり】−苦痛
  の中に・りんたうなてしこなとのさきいて
  たるを・おらせ給て・中将のたち給ぬる
  のちに・わか君の御めのとの宰相の君して
    草かれのまかきにのこるなてしこを
0172【草かれの】−源氏大宮へ
  わかれし秋のかたミとそ見るにほひおと
0173【にほひおとりてや】−葵上まし/\し時ほとハよも夕きりをは思給ハしと也
  りてや御らんせらるらむときこえ給
  へり・けになに心なき御ゑミかほそ・いミ
  しううつくしき・宮ハ吹風につけて
  たに・木の葉よりけにもろき御涙ハ」39オ
0174【木の葉よりけにもろき御涙】−嵐ふく嶺の木のはのひにそへてもろく成行我涙かな俊成(定家十体245)

  ましてとりあへ給ハす
    いまも見てなか/\袖をくたすかなかき
0175【いまも見て】−大宮
  ほあれにしやまとなてしこ猶いミしう
  つれ/\なれハ・あさかほの宮にけふの
  あはれハさりとも見しり給らむと・おし
  はからるゝ御心ハへなれハ・くらきほとなれと
  きこえ給・たえまと越けれと・さのもの
0176【さのもの】−さやうのさる物 もの
  となりにたる御ふミなれハ・とかなくて
  御らむせさす・空の色したるからのかミに
    わきてこのくれこそ袖ハ露けゝれ」39ウ
0177【わきてこの】−源氏

  物おもふ秋ハあまたへぬれといつも時雨
0178【いつも時雨ハ】−\<朱合点> 古今神無月いつも時雨ハふりしかとかく袖ひつる折ハなかりき<朱>(出典未詳、源氏釈・奥入・ゐ本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ハとあり・御手なとの心とゝめてかき給へる・
  つねよりもミ所ありて・すくしかたきほと
  なりと人もきこえ・ミつからもおほされ
  けれは・大うち山を・おもひやりきこえ
0179【大うち山を】−白雲の九重にたつみねなれハおほうち山とむへもいひけり<右朱>(新勅撰1265・兼輔集98、源氏釈・奥入・ゐ本紫明抄・紫明抄・河海抄) 左大将直房大内宣陽門ノ内廊<左墨>
0180【おもひやりきこえなから】−源ヲ思ヤル心中ヲシリ給ハシト也
  なからえやハとて
0181【えやはとて】−\<朱合点> 色ならハうつるはかりもそめてまし思ふ心をしる人のなさ(しる人のなさ#えやはみせける<墨>)<朱>(後撰631、奥入・異本紫明抄・河海抄)
    秋きりにたちをくれぬときゝしより
0182【秋きりに】−あさかほの宮
  時雨ゝ空もいかゝとそおもふとのミほのか
  なるすミつきにて・おもひなし心にくし・
  なに事につけても・見まさりハかたき」40オ

  世なめる越・つらき人しもこそとあはれに
0183【つらき人しもこそと】−\<朱合点>
  おほえ給・人の御心さまなる・つれななから
  さるへき・おり/\のあハれをすくし給はぬ・
  これこそかたみに・なさけも・見はつへき・
  わさなれ・猶ゆへつきよしつきて・人め
  に見ゆハかりなるハ・あまりのなむもいて
  きけり・たいのひめ君を・さハおほしたてし
0184【たいのひめ君】−紫
  とおほす・つれ/\にて恋しと思らむ
  かしと・わするゝおりなけれと・たゝめおや
  なき子を・ゝきたらむ心ちして・見ぬほと」40ウ

  うしろめたく・いかゝおもふらむとおほえぬ
  そ心やすきわさなりける・くれはて
  ぬれハ・御となふらちかくまいらせ給て・
  さるへ(へ+き<朱>)かきりの人/\御まへにて物語
  なとせさせ給・中納言の君といふハ・とし
0185【中納言の君】−葵女房
  ころしのひおほししかと・この御思ひの
  ほとハ・中/\さやうなるすちにもかけ
  給ハす・あハれなる御心かなと見たてま
  つる・大かたにハ・なつかしう・うちかたらひ
  給て・かうこの日ころありしより・けに」41オ

  たれも/\・まきるゝかたなく見なれ/\
0186【見なれ/\て】−\<朱合点> みなれきの見なれそなれてはなれなハ恋しからんや恋しからしや<朱>(出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  て・えしもつねにかゝらすハ・恋しから
  しやいミしき事をは・さる物にて・たゝ
  うちおもひめくらすこそ・たへかたきこと
  おほかりけれとの給へハ・いとゝミななきて・
  いふかひなき御事ハ・たゝかきくらす心ち
  し侍ハ・さる物にて・なこりなきさまに・
  あくかれ(れ+は)てさせ給はむほと思給ふる
  こそと・きこえもやらす・あはれと見わ
  たし給て・なこりなくハ・いかゝハ心あさくも」41ウ

  とりなし給哉・心なかき人たにあらは・
  見はて給ひなむ物を・命こそはかなけれと
  て・火をうちなかめたまへる・まミのうち
  ぬれ給へるほとそ・めてたきとりわきて・
  らうたくし給し・ちいさきわらハの・お
0187【ちいさきわらは】−葵上アテキ後ニ兵部ノ君
  やともゝなく・いと心ほそけにおもへる・こ
  とはりに見給て・あてきハ・いまハわれを
  こそハ・おもふへき人なめれと・のたまへハいミ
  しうなく・ほとなきあこめ・人よりハくろう
0188【ほとなき】−短心
  そめて・くろきかさミ・くわむさうのはかま」42オ
0189【くわむさう】−からし色ともいふ

  なときたるも・おかしきすかた也・むかし
  をわすれさらむ人ハ・つれ/\をしのひても・
  をさなき人を・見すてすものし給へ・
  見し世のなこりなく・人/\さへかれなハ・
  たつきなさも・まさりぬへくなむなと・ミな
  心なかゝるへきことゝもをの給へと・いてや
  いとゝまちと越にそ・なり給ハむとおもふ
  に・いとゝ心ほそし・大とのハ・人々に・きハ/\・
  ほとをきつゝ・ハかなき・もてあそひ物とも・
0190【もてあそひ物】−遺物事
  又まことにかの御かたミなるへき物なと・わ」42ウ

  さとならぬさまに・とりなしつゝ・ミなくハらせ
  給けり・君ハかくてのミも・いかてかハ・つく/\
0191【君は】−源
  とすくし給ハむとて・院へまいり給御
  車さしいてゝ・こせむなとまいりあつまる
  ほと・おりしりかほなる時雨うちそゝきて・
  木の葉さそふ風・あハたゝしう・吹は
  らひたるに・おまへにさふらふ人々もの
  いと心ほそくて・すこしひまありつる
  袖とも・うるひわたりぬ・よさりハやかて
  二条院に・とまり給へしとて・さふらひの」43オ
0192【二条院】−紫

  人/\もかしこにて・まちきこえんと
  なるへし・をの/\たちいつるに・けふにしもと
  ちむましき事なれと・又なくものか
  なし・おとゝも・宮も・けふのけしきに・
0193【おとゝ】−摂政
0194【宮】−母
  またかなしさあらためておほさる・宮の
0195【宮】−母
  御まへに・御せうそこきこえ給へり・院に
0196【御せうそこ】−源
0197【院】−桐
  おほつかなかりのた給するにより・けふなむ
  まいり侍・あからさまに・たちいて侍につ
  けても・けふまてなからへ侍にけるよと・み
  たり心ちのミ・うこきてなむきこえ」43ウ

  させむも・中/\に侍へけれハ・そなたにもまいり
  侍らぬとあれハ・いとゝしく・宮ハめも見え給ハす・
  しつミいりて・御返もきこえ給はす・おとゝ
  そやかてわたり給へる・いとたへかたけにおほ
  して・御袖も・ひきはなち給ハす・見たて
  まつる人/\もいとかなし・大将の君ハ・よをお
  ほしつゝくること・いとさま/\にて・なき
  給さまあハれに心ふかき物から・いとさま
  よくなまめき給へり・おとゝひさしう
  ためらひ給て・よハひのつもるにハ・さしも」44オ
0198【よハひ】−おとゝの詞

  あるましきことにつけてたに・涙もろなる
  わさに侍を・ましてひるよなう・おもひ給
  へまとハれ侍心を・えのとめ侍らねハ・人めも
  いとミたりかはしう・心よハきさまに侍へ
  けれハ・院なとにも・まいり侍らぬ也・ことの
  ついてにハ・さやうにおもむけそうせさせ
  給へ・いくハくも侍るましきおいのすゑに・
  うちすてられたるか・つらうも侍かなと・
  せめて思ひしつめての給けしき・いと
  わりなし・君もたひ/\はなうちかみて・」44ウ
0199【君も】−源氏

  をくれさきたつほとのさためなさハ世の
0200【をくれさきたつ】−\<朱合点> 末露
  さかと見給へしりなから・さしあたりておほ
  え侍・心まとひハ・たくひあるましきわさ
  となむ・院にも・ありさまそうし侍らむに・
  おしハからせ給てむときこえ給・さらハ
0201【さらハ】−摂政
  時雨も・ひまなく侍めるを・暮ぬほとにと・
  そゝのかしきこえ給・うち見まハし給
  に・みき丁のうしろさうしの・あなたなと
  のあきとおる(る$り<朱>)たるなとに・女はう卅人
  ハかり・おしこりて・こきうすき・にひ色とも」45オ
0202【おしこりて】−凝集

  を・きつゝ・ミないミしう心ほそけにてうちし
  ほたれつゝ・ゐあつまりたるを・いとあハれとミ
  給・おほしすつましき人も・とまりたまへ
0203【おほしすつましき人】−夕霧
  れハ・さりともものゝついてにハ・たちよらせ給
  ハしやなと・なくさめ侍を・ひとへにおもひや
  りなき女ハうなとハ・けふをかきりに・おほ
  しすてつる・古郷と思くむして・なかく
  わかれぬる・かなしひよりも・たゝ時/\・な
0204【わかれぬる】−葵上
0205【なれつかうまつる】−源
  れつかうまつるとし月のなこりなかるへ
  きをなけき侍めるなむ・ことハりなる・うち」45ウ

  とけおハします事ハ侍さりつれと・さりとも
  つゐにハと・あいなたのめし侍つる越・けに
  こそ・心ほそきゆふへに侍れとてもなき給
  ぬ・いとあさはかなる人々のなけきにも侍
  なるかな・まことに・いかなりともと・のとかに思給
  へつるほとハをのつから御めかるゝおりも侍つ
  らむを・中/\いまハなにをたのミにてかハ・
  おこたり侍らん・いま御らんしてむとてい
  て給を・おとゝ見をくりきこえ給て・いり給
  へるに・御しつらひよりハしめ・ありしにかハる」46オ

  事もなけれと・うつせみのむなしき心ちそ
0206【うつせみのむなしき心ち】−葵曹司体
  し給・御丁のまへに・御すゝりなと・うちゝら
  して・手ならひすて給へるをとりて・めをお
0207【めをおしゝほりつゝみ給】−摂政
  しゝほりつゝミ給を・わかき人々ハ・かなしき
  中にも・ほをゑむあるへし・あハれなるふる
  事とも・からのも・やまとのもかきけかし
  つゝ・さうにも・まなにも・さま/\めつらしき
  さまにかきませ給へり・かしこの御てやと・
  空をあふきてなかめ給・よそ人にミたて
  まつりなさむか・おしきなるへし・ふるき」46ウ
0208【ふるき枕ふるき衾たれとともにか】−\<朱合点> 鴛鴦ノ瓦冷霜ノ花重旧枕故衾誰与共

  枕・ふるき衾・たれとともにか

・ある所に
    なき玉そいとゝかなしきねしとこの
0209【なき玉そ】−源氏手習ニ<右> 古今声をたにきかてわかるゝ玉よりもなき床にねん君そかなしき<左>(古今858・古今六帖2497、花鳥余情・一葉抄・細流抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  あくかれかたき心ならひに又霜の花
  しろしとある所に
0210【しろしとある所に】−二人子也時ノ事ヲ思ヨセ侍リ
    君なくてちりつもりぬるとこなつの
0211【君なくて】−同
  露うちハらひいく夜ねぬらむ一日の
0212【一日の花なるへし】−大宮へたてまつれし花のこりてありし也 竜タン撫子付草枯
  花なるへし・枯てましれり・宮に御らん
  せさせ給て・いふかひなき事をハさる物
  にて・かゝるかなしきたくひ世になくやハと・
  思なしつゝ・契なかゝらて・かく心を」47オ

  まとハすへくてこそハ・ありけめとかへりてハ・
  つらく・さきの世を・思やりつゝなむ・さま・し
  侍を・たゝ日ころにそへて・恋しさのたへ
  かたきと・この大将の君の・いまハとよそに
  なり給ハむなん・あかすいミしく思たまへ
  らるゝ・一日ふつかも(△&も)見(見+え)給ハす・かれ/\におは
  せしをたに・あかすむねいたく思侍しを・
  あさゆふのひかりうしなひてハ・いかてか・な
  からふへからんと・御こゑも・えしのひあへ給ハす・
  ない給に・おまへなるおとな/\しき人」47ウ

  なと・いとかなしくて・さとうちなきたる・
  そゝろさむきゆふへのけしき也・わかき人々
  ハ所/\に・むれゐつゝ・をのかとちあハれなる
  事とも・うちかたらひて・とのゝおほしの
  たまハするやうに・我(我#わか)君をミたてまつりて
0213【わか君】−夕
  こそハ・なくさむへかめれと・思ふもいとはかなき
  ほとの御かたミにこそとて・をの/\あから
  さまに・まかてゝまいらむといふもあれハ・
  かたミにわかれおしむほと・(と+を)のかしゝ・あハれなる
  事ともおほかり・院へまいり給へれハ・いと」48オ
0214【まいり給へれハ】−源

  いたうおもひ(ひ$<朱>)やせにけり・さうしにて・日越
  ふるけにやと・心くるしけに・おほしめして・お
  まへにて物なとまいらせ給て・とやかくやと・
  おほしあつかひきこえさせ給へるさまあ
  はれにかたしけなし・中宮の御かたに・まい
0215【中宮】−薄
  り給へれハ・人/\めつらしかり・見たてまつる・
  命婦の君して・思つきせぬ事とも越・
0216【思つきせぬ】−\<朱合点>
  ほとふるにつけても・いかにと御せうそこきこ
  え給へり・つねなき世ハ・大かたにもおもふ給
  へしりにしを・めにちかく見侍つるに・いと」48ウ

  ハしきことおほく・思給へみたれしも・たひ/\
  の御せうそこに・なくさめ侍てなむ・けふまて
  もとて・さな(な#<朱>)らぬおりたにある・御けしきとり
  そへて・いと心くるしけなり・むもんのうへの
0217【むもんのうへ】−ふくしやのきる也
  御そに・にひ色の御したかさね・えいまき給
  へる・やつれすかた・ハなやかなる御よそひよりも・
  なまめかしさまさり給へり・春宮にも・
  ひさしうまいらぬおほつかなさなと・きこ
  え給て・夜ふけてそまかて給・二条院に
  ハ・かた/\・ハらひ・みかきて・おとこ女・まち」49オ

  きこえたり・上らうとも(△&も)・ミなまうのほりて・
  われも/\と・さうそきけさうしたるを・ミる
  につけても・かのゐなミくむしたりつるけし
0218【ゐなミ】−卅人斗女房
  きともそ・あハれにおもひいてられ給・御さう
0219【御さうそくたてまつりかへて】−自八月至十月三ケ月除服
  そくたてまつりかへて・にしのたいにわたり
0220【にしのたい】−紫
  たまへり・衣かへの御しつらひ・くもりなくあさ
0221【衣かへの御しつらひ】−源氏君三月のふくをぬきて衣をかへし給ふ也
  やかに見えて・よきわか人わらハへのなりす
  かた・めやすく・とゝのへて・少納言かもてなし・
0222【少納言】−紫女房
  心もとなき所なう・心にくしと見給・ひめ
0223【ひめ君】−紫
  君いとうつくしう・ひきつくろひて・おハす・」49ウ

  ひさしかりつるほとに・いとこよなうこそ・おと
  なひ給にけれとて・ちいさきミき丁ひき
  あけて・見たてまつり給へハ・うち(ち+そ)はミて・は(は#わ)ら
  ひ給へる御さま・あかぬと所なし・ほかけの御かた
  ハらめ・かしらつきなと・たし(し$た<朱>)かの心つくし
0224【心つくしきこゆる人】−藤壺事
  きこゆる人に・たかふ所なくなり行かな
  と見給に・いとうれし・ちかくより給て・
  おほつかなかりつるほとの事ともなときこえ
  給て・日ころの物かたりのとかにきこえま
  ほしけれと・いま/\しうおほえ侍れハ・しはし・」50オ

  ことかたにやすらひてまいりこむ・今ハとたえ
  なく見たてまつるへけれハ・いとハしうさへや
  おほされむと・かたらひきこえ給を・少納言
  ハ・うれしときく物から・猶あやうく思き
  こゆやむことなきしのひ所おほうかゝ
  つらひ給へれハ・又わつらハしきやたち
  かハり給ハむと思ふそ・にくき心なるや
  御方にわたり給て・中将の君といふ・御
  あしなとまいりすさひて・おほとのこも
  りぬ・あしたにハわか君の御(御+も)とも(も#)に御ふミ」50ウ

  たてまつり給・あハれなる御返を見給にも・つ
  きせぬ事とものミなむ・いとつれ/\に・なか
  めかちなれと・なにとなき御ありきも・もの
  うくおほしなられて・おほしもたゝれす・ひめ
  君のなに事もあらまほしう・とゝのひは
  てゝ・いとめてたうのミ見え給を・にけなからぬ
  ほとに・ハたミなし給へれハ・けしきハミたる
  事なと・おり/\きこえこゝろミ給へと・見
  もしり給はぬけしき也・つれ/\なるまゝに・
  たゝこなたにて・こうち・へんつきなとし」51オ
0225【こうち】−碁
0226【へんつき】−突

  つゝ・日越くらし給に・心はへのらう/\しく・
  あいきやうつきはかなき・たハふれこと
  のなかにも・うつくしきすちを・しいて給へハ・
  おほしはなちたる・年月こそ・たゝさるかたの・
  らうたさのミハありつれ・しのひかたくなりて・
  心くるしけれと・いかゝ有けむ・人のけちめ・
  見たてまつりわくへき御中にもあらぬに・
  おとこ君ハ・とくおき給て・女君ハさらに
  おき給はぬあしたあり・人々いかなれハ
  かくおハしますならむ・御心ちのれい」51ウ

  ならすおほさるゝにやと・見たてまつりな
  けくに・君ハわたり給とて・御すゝりの
0227【君ハ】−源
  はこを・御帳のうちに・さしいれておハし
0228【さしいれて】−返哥あれの心
  にけり・人まにからうして・かしらもたけ
  給へるに・ひきむすひたるふミ・御枕のもと
  にあり・なに心もなく・ひきあけて見給へハ
    あやなくもへたてけるかなよ越かさね
0229【あやなくも】−源(源#)
  さすかになれしよるの衣をとかき
  すさひ給へるやう也・かゝる御心おハすらむ
  とハ・かけてもおほしよらさりしかハ・なとて」52オ
0230【なとてかう】−紫

  かう心うかりける御心を・うらなくたのもしき
  物におもひきこえけむと・あさましうおほ
  さる・ひるつかたに(に$わ<朱>)たり給て・なやましけに
  し給らむハ・いかなる御心ちそ・けふハこもうた
  て・さう/\しやとて・のそき給へハ・いよ/\
  御そひきかつきてふし給へり・人々ハしり
  そきて(て#)つゝさふらへハ・より給てなとかく・
  いふせき御もてなしそ・おもひのほかに心(心+う<朱墨>)く
  こそおハしけれな・人もいかにあやしとおもふ
  らむとて・御ふすまをひきやり給へれハ・」52ウ

  あせにをしひたして・ひたいかミもいたうぬれ
  給へり・あなうたて・これハいとゆゝしき
  わさそよとて・よろつにこしらへきこえ
  給へと・まことにいとつらしと思給て・露
  の御いらへもし給ハす・よし/\さらに見えたて
  まつらし・いとはつかしなとえし給て・御
  すゝりあけて・み給へと物もなけれは・わか
  の御ありさまやとらうたく見たてまつり給
  て・日ひとひいりゐてなくさめきこえ給
  へと・とけかたき御けしき・いとゝらうたけ」53オ

  なり・そのよさり・ゐのこ・もちゐまいらせ
  たり・かゝる御思のほとなれハ・こと/\しきさま
0231【かゝる御思】−紫
  にハあらて・こなたハかりに・おかしけなる・ひ
  わりこなとはかりを・色/\にてまいれるをミ給
  て・君みなミのかたにいて給て・これミつを
  めして・このもちゐ・かうかす/\に・所せき
0232【かうかす/\に】−可為白一色
  さまにハあらて・あすのくれにまいらせよ・け
  ふハいま/\しき日也けりと・うちほゝゑミて
0233【いま/\しき日】−重日
  の給御けしきを・心とき物にて・ふと思よ
  りぬ・これミつたしかにもうけたまハらて・」53ウ

  けにあいきやうのハしめハ・日えりして・き
0234【あいきやうのハしめ】−嫁娶の三日あたる夜餅を枕上にをく事ハ死人のにする也偕<トモ>老同穴契男女同
  こしめすへき事にこそ・さてもねのこハ・
  いくつかつかうまつらすへう侍らむと・ま
  めたちて申せハ・ミつかひとつかにてもあらむ
0235【ミつかひとつかにても】−源 秘事也一段別ニ可習也
  かしとの給に・心えはてゝたちぬ・物なれの
0236【心えはてゝ】−惟光
  さまやときみハおほす・人にもいはて・手
  つからといふハかり・さとにてそつくりゐた
  りける・君ハこしらへわひ給て・いまハ
  しめ・ぬすミもてきたらむ人の心ちす
  るもいとおかしくて・とし比あハれとおもひ」54オ

  きこえつるハかたハしにもあらさりけり・
  人の心こそうたてある物ハあれ・いまハ一夜
  もへたてむ事のわりなかるへき事
  とおほさる・の給しもちゐしのひていたう
  夜ふかして・もてまいれり・少納言ハおと
  なしくて・はつかしくやおほさむと思やり
  ふかく心しらひて・むすめの弁といふを
  よひいてゝ・これしのひてまいらせ給へとて・
  かうこのはこをひとつさしいれたり・たし
  かに御枕かミにまいらすへき・いはひの物」54ウ

  に侍・あなかしこ・あたになといへハ・あやしと
  おもへと・あたなる事ハ・またならはぬ物を
  とてとれハ・まことに・いまハさるもし・いませ
0237【いまハさるもし】−いまハに句をきりてさるもしとよむ説あり又秘説在之可習之
  給へよ・ゝもましり侍らしといふ・わかき人
  にてけしきもえふかく思よらねハ・もてま
  いりて・御枕かみの御き丁より・さしいれ
  たる越君それいのきこえしらせ給らむ
  かし・人ハえしらぬにつとめて・このはこを・
  まかてさせ給へるにそ・したしきかきり
0238【まかてさせ】−食ヲ退<マカル>
  の人/\おもひあハする事ともありける・」55オ

  御さえ(え$ら)ともなと・いつのまにかしいてけむ・
  けそく・いときよらにして・もちゐの
  さまも・ことさらひ・いとおかしうとゝのへたり・
  少納言ハいとかうしもやとこそ・思きこ
  えさせつれ・あハれにかたしけなくお
  ほしいたらぬ事なき御心はへを・まつ
  うちなかれぬ・さてもうち/\にのたまハ
0239【うち/\に】−内々に仰よかし
  せよな・かの人もいかにおもひつらむと
  さら(ら$さ<朱>)めきあへり・かくて後ハ・うちにも・院
  にも・あからさまにまいり給へる程たに・」55ウ
0240【まいり給へる】−源

  しつ心なくおもかけに恋しけれハ・あやしの
  心やとわれなからおほさる・かよひ給し所
  /\よりハ・うらめしけにおとろかしきこえ
  給なとすれハ・いとおしとおほすもあれと・
  新手枕の心くるしくて・よをやへた
0241【新手枕】−\<朱合点> わか草のにヰ手枕をまきそめて夜をやへたてんにくからなくに<朱>(古今六帖2749・万葉2547、孟津抄)
  てむとおほしわつらハるれハ・いと物うくて
  なやましけにのミもてなし給て・世中
  のいとうくおほゆるほとすくしてなむ・人
  にもみえたてまつるへきとのミいらへ給つゝ
  すくし給・いまきさきハみくしけ殿」56オ
0242【いまきさき】−大后心
0243【みくしけ殿】−朧

  猶この大将にのミ心つけたまへるを・けに
  ハたかくやむことなかりつる方も・うせ給ぬ
  める越・さてもあらむになとかくちおしからむ
  なと・おとゝの給に・いとにくしと思ひきこ
  え給て・宮つかへもおさ/\しくたにしな
  し給へらハ・なとかあしからむとまいらせ
0244【まいらせ】−朧
  たてまつらむことをおほしはけむ・君も
0245【君も】−源
  をしなへてのさまにハおほえさりしを・
  くちをしとハおほせと・たゝいまハことさま
  にわくる御心もなくて・なにかハかハかり・みし」56ウ

  △ゝ(△ゝ#か<朱>)め(め=覧歟)世に・かくておもひさたまりなむ人
  のうらミも・おふましかりけりと・いとゝあ
  やうくおほしこりにたり・かのミやす所
  ハいと/\おしけれと・まことのよるへとた
  のミきこえむにハ・かならす心をかれぬへ
  し・年ころのやうにてみすくし給ハゝ
  さるへきおりふしにものきこえあハする
  人にてハあらむなと・さすかにことのほか
  にハおほしはなたす・このひめ君をいまゝ
0246【ひめ君】−紫上
  てよ人も・その人ともしりきこえぬも物け」57オ

  なきやう也・ちゝ宮にしらせきこえてむ
0247【ちゝ宮】−兵部卿宮
  とおもほしなりて・御もきの事・人に
  あまねくハの給はねと・なへてならぬさま
  におほしまうくる・御よういなといとあり
  かたけれと・女君ハ・こよなううとミきこえ
  給て・年ころよろつにたのミきこえて・
  まつハしきこえけるこそ・あさましき心
  なりけれと・くやしうのミおほして・さやか
  にも見あハせたてまつり給ハす・きこえ
  たハふれ給も・くるしうわりなき物に」57ウ

  おほしむすほゝれて・ありしにもあらす
  なり給へる御ありさまを・おかしうもいとお
  しうもおほされて・年ころおもひきこ
  えしほいなくなれハ・まさらぬ御けしき
0248【なれはまさらぬ】−\<朱合点> み狩スルカタノヽヲノヽナラ柴ノナレハマサラテ恋ソマサレル<朱>(万葉集3062・新古今1050、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  の心うきことゝうらミきこえ給ほとに・
  としもかへりぬ・ついたちの日ハれいの院に
  まいり給てそ・内春宮なとにもまいり
  給・それより大とのにまかて給へり・おとゝ
0249【大との】−摂政
0250【おとゝ】−葵上の父
  あたらしき年ともいはす・むかしの
  御事ともきこえいて給て・さう/\しく」58オ

  かなしとおほすに・いとゝかくさへわたり
  給へるにつけて・ねむしかへし給へと・
  たへかたうおほしたり・御年のくハゝるけ
  にや・もの/\しきけさへそひ給て・あり
  しよりけに・きよらに見え給・たちいてゝ・
  御かたにいり給へれハ・人々もめつらしう見
  たてまつりてしのひあへす・わかきミ見たて
0251【わかきミ】−夕霧
  まつり給へハ・こよなうおよすけて・わらひ
0252【こよなうおよすけて】−二歳
  かちにおハするもあハれ也・まミ・くちつきたゝ
  春宮の御おなしさまなれハ・人もこそ見」58ウ
0253【春宮】−冷泉院

  たてまつりとかむれと見給・御しつらひな
  ともかハらす・みそかけの御さうそくなと
0254【みそかけ】−懸也 衣架也
  れいのやうに・しかけられたるに・女のか・なら
  はぬこそ・はへなくさう/\しけれ(けれ$く<朱>)はへな
  けれ・宮の御せうそこにて・けふハいミしく
0255【宮】−葵上母
  思給へしのふるを・かくわたらせ給へるになむ・
  中/\なときこえ給て・むかしにならひ
  侍にける御よそひも・月ころハいとゝ涙
  に・きりふたかりて色あひなく御らむ
  せられ侍らむと思給れと・けふハかりハ」59オ

  猶やつれさせたまへとて・いミしくし
  つくし給へる物とも又かさねて・たてま
  つれ給へり・かならすけふたてまつるへきと
  おほしける御したかさねハ・色もをりさまも
  よのつねならす・心ことなるを・かひなくや
0256【かひなくやハ】−卑下詞
  ハとてきかへ給・こさらましかハ・くちをしう
  おほさましと心くるし・御返に春やき
0257【春やきぬる】−\<朱合点> あたらしくあへる今年をもゝとせの春やきぬると鴬そなく<朱>(古今六帖16・貫之集218、源氏釈奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ぬるとも・まつ御らむせられになんまいり侍
  つれと・思給へいてらるゝ事おほくて・え
  きこえさせ侍らす」59ウ

    あまた年けふあらためし色ころも
0258【あまた年】−源
0259【色ころも】−ウツクシ
  きてハ涙そふるこゝちするえこそおも
  ひたまへ・しつめねときこえ給へり御返
    あたらしきとしともいハすふる物は
0260【あたらしき】−おとゝ返し
  ふりぬる人の涙なりけりをろかなるへ
  きことにそあらぬや

【奥入01】[敬+手]掌上珠摧心中丹<古願文歟>
   此事非さ本文歟追可勘(戻)
【奥入02】有所嗟 二首 劉夢得
  [广+臾]令楼中初見時 武昌春柳似胸支」60オ

  相逢相失両如夢 為雨為雲今不知
  鄂渚濛々烟雨微 女郎魂遂暮雲帰
  只応長在漢陽渡 化作鴛鴦一隻飛
   夢得ハ白楽天同時之人也
   思ふ人にをくれてつくれる詩也(戻)
【奥入03】鴛鴦(鴦$鴦<朱>)瓦冷霜華重旧枕故
  衾誰与為(戻)

  歌をもて巻の名とせり源氏廿一二歳の事あり花のえんハ源氏十九の時
の事也廿歳の事ハ物語に見えす
   以大殿仰加頭書者也イ本 良鎮イ本」60ウ

一校了<朱> 二交了<朱>(表表紙蓋紙)