First updated 06/06/2002(ver.1-1)
Last updated 05/06/2015(ver.2-4)
渋谷栄一翻字(C)

  

末摘花

凡例
1 本稿は、『大島本 源氏物語』(1996(平成8)年5月 角川書店)を翻刻した。よって、後人の筆が加わった現状の本文様態である。
2 行間注記は【 】− としてその頭に番号を記した。
2 小字及び割注等は< >で記した。/は改行を表す。また漢文の訓点等は< >で記した。
3 合(掛)点は、\<朱(墨)合点>と記した。
4 朱句点は「・」で記した。
5 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
 ( )の前の文字及び( )内の記号の前の文字は、訂正以前の文字、記号の後の文字が訂正以後の文字である。ただし、なぞり訂正だけは( )の前の文字は訂正後の文字である。訂正以前の本行本文の文字を尊重したことと、なぞり訂正だけは元の文字が判読しにくかったための処置である。
6 朱・墨等の筆跡の相違や右側・左側・頭注等の注の位置は< >と( )で記した。私に付けた注記は(* )と記した。
7 付箋は、「 」で括り、付箋番号を記した。
8 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。
9 本文校訂跡については、藤本孝一「本文様態注記表」(『大島本 源氏物語 別巻』と柳井滋・室伏信助「大島本『源氏物語』(飛鳥井雅康等筆)の本文の様態」(新日本古典文学大系本『源氏物語』付録)を参照した。
10 和歌の出典については、伊井春樹『源氏物語引歌索引』と『新編国歌大観』を参照し、和歌番号と、古注・旧注書名を掲載した。ただ小さな本文異同については略した。

「すゑつむ花」(題箋)

  思へともな越あかさりしゆふかほの・露に
0001【思へとも】−夕顔巻ニつゝけてかけり故発端之句如此
0002【露にをくれし心地を】−\<朱合点>
  をくれし心地を・とし月ふれと・おほしわす
  れす・こゝもかしこもうちけけぬ・かきりの
0003【こゝも】−葵上
0004【かしこも】−六条御息所
  けしきはみ心ふか(△&か)きかたの・御いとましさ
0005【いとましさ】−挑
  に・けちかくうちとけたりし・あハれににる
  物なう・恋しくおもほえ給ふ・いかてこと/\
  しきおほえハなく・いとらうたけならむ人
  のつゝましき事なからむ・みつけてしか
  なと・こりすまにおほしわたれハ・すこしゆ
  へつきてきこゆるわたりハ・御みゝとゝめ給」1オ

  はぬくまなきに・さてもやとおほしよるハかり
  のけはひあるあたりにこそ・ひとくたりをも・
0006【ひとくたり】−文事
  ほのめかし給ふめるに・なひきゝこえす・も
  てはなれたるは・おさ/\あるましきそ(△&そ)いとめ
  なれたるや・つれなう心つよきハたとしへ
0007【つれなう心つよきは】−又かゝる人あり
  なう・なさけをくるゝまめやかさなと・あま
  り物のほとしらぬやうに・さてしもすくし
  ハてす・なこりなくくつをれて・な越/\し
0008【な越/\しきかたに】−よのつねの心也
  きかたに・さたまりなとするもあれは・の給
  ひさしつるもおほかりける・かのうつせみを・」1ウ

  ものゝおり/\にハ・ねたうおほしいつ・おきの
0009【おきの葉も】−\<朱合点> 空蝉巻ニ蔵人少将妻となれり 後撰秋風のふくにつけてもとハぬかな(後撰846・古今六帖3718・和漢朗詠401・中努集230、源氏古注・花鳥余情・休聞抄・孟津抄)
  葉も・さりぬへきかせのたよりある時ハ・おとろ
  かし給ふおりもあるへし・ほかけのみたれたり
  しさまハ・またさやうにても・見まほしく
0010【また】−又
  おほす・おほかたなこりなきものわすれ
  をそ・えしたまハさりける・左衛門のめの
  とゝて・大弐のさしつきに・おほいたるかむす
0011【大弐】−惟光か母
  め・たいふの命婦とて(て+うちに)さふらふ・わかむとほりの
0012【わかむとほり】−王家無等倫王孫をいふ也
  兵部のたいふなるむすめなりけり・いといたう
0013【兵部のたいふ】−左衛門のめのとか夫ナリ
  いろこのめるわか人にて・ありける越・君もめし」2オ
0014【君も】−源氏

  つかひなとし給・はゝハちくせむのかミのめに
0015【ちくせむのかミ】−大輔命婦かまゝちゝ也
  てくたりにけれハ・ちゝ君のもと越さとにて
0016【ちゝ君】−兵部大輔
  ゆきかよふ・故ひたちのみこのすゑにまう
0017【故ひたちのみこ】−常陸太守親王也父ハいつれの御門とみえす
  けて・いみしうかなしうかしつき給ひし・
  御むすめ・心ほそくてのこりゐたるを・ものゝ
0018【御むすめ】−末摘花トモ蓬生君トモ云
  ついてに・かたりきこえけれハ・あハれのことやと
0019【かたりきこえけれハ】−命婦
0020【あハれのことや】−源氏
  て・御心とゝめてとひきゝ給ふ・心はへかたちなと
  ふかきかたハえしり侍らす・かいひそめ人
  うとうもてなし給へハ・さへきよひなともの
  こしにてそ・かたらひ侍る・きむをそなつかし」2ウ

  きかたらひ人と・おもへるときこゆれは・みつ
0021【みつのとも】−\<朱合点> 白氏文集北窓三友詩三友者為誰琴罷輒挙酒々罷輒吟詩
  のとも
ていまひとくさや・うたてあらむとて・
0022【いまひとくさ】−酒をいへり
  われにきかせよ・ちゝみこのさやうのかたに・いと
  よしつきてものし給ふけれハ・をしなへて
  のてにハあらしとなむ・おもふとの給へハ・さや
0023【さやうに】−命婦
  うにきこしめすハかりには・あらすや侍らむ
  といへと・御心とまるはかりきこえなすを・いた
0024【いたうけしきハましや】−源氏
  うけしきハましや・このころのおほろ月
  夜に・しのひてものせむ・まかてよとの給へハ・
  わつらハしとおもへと・うちわたりものとやかなる・」3オ
0025【わつらハしとおもへと】−命婦

  はるのつれ/\にまかてぬ・ちゝの大輔の君ハ・
  ほかにそすミける・こゝには時/\そかよひける・
  命婦ハまゝはゝのあたりハ・すミもつかす・ひめ君
0026【まゝはゝのあたり】−兵部大輔か左衛門めのとの後むかへたる妻也
  の御あたりをむつひて・こゝにはくるなりけり・の
0027【のたまひしもしるく】−源氏
  たまひしもしるくいさよひの月おかしきほ
  とにおはしたり・いとかたハらいたきわさかな・
0028【いとかたハらいたきわさかな】−命婦
  ものゝねすむへき夜のさまにも・侍らさめる
  にときこゆれと・な越あなたにわたりて・たゝ
0029【な越あなたにわたりて】−源氏
  ひとこゑも・もよをしきこえよ・むなしくて
  かへらむか・ねたかるへきをとの給へハ・うちとけ」3ウ

  たるすみかに・すへたてまつりて・うしろめたう
  かたしけなしとおもへと・しむてむにまいりたれ
  ハ・またかうしもさなから・むめのかおかしきを・見
0030【見いたして】−末つむ花
  いたしてものし給・よきおりかなと思ひて・御こと
  のねいかにまさり侍らむと・思給へらるゝよのけし
  きにさそハれ侍りてなむ・心あハたゝしきいて
  いりに・えうけたまハらぬこそ・くちをしけれ
  といへハ・きゝしる人こそあなれ・もゝしきに・
0031【きゝしる人】−末つむ花 伯牙鐘子期知音故事 六帖五ことのねをきゝしる人のあるなへにいまそたちいてゝをゝもすくへき(古今六帖3392、異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  ゆきかう人のきくハかりやハとて・めしよする
  も・あいなう・いかゝきゝ給ハむとむねつふる・」4オ

  ほのかにかきならし給ふ・おかしうきこゆ・なに
0032【おかしうきこゆ】−源氏
  ハかりふかきてならねと・ものゝねからのすちこと
  なるものなれハ・きゝにくゝもおほされすいとい
  たうあれわたりて・さひしき所に・さハかりの
  人の・ふるめかしう・ところせくかしつきすへたり
  けむ・なこりなく・いかに・おもほしのこす事な
0033【なこりなく】−をやの御名残ノなき也
  からむ・かやうの所にこそハ・むかしものかたり
0034【むかしものかたりにも】−うつほのとしかけかすめ母にをくれて故里にのこりとゝまり侍を太政大臣の賀茂にまて侍るとてこの家のまへをすくるとてさし入てよめる哥云むしたにもあまた声せぬあさちふにひとりすむらん人をしそ思ふ(うつほ物語4、源氏古注・花鳥余情・孟津抄)
  にも・あはれなる事ともゝありけれなと・思ひつ
  つけても物やいひよらましとおほせと・うち
  つけにやおほさむと・心はつかしくて・やすらひ」4ウ

  給・命婦かとあるものにて・いたうみゝならさせ
  たてまつらしと思ひけれハ・くもりかちに侍る
0035【くもりかち】−命婦月事
  めり・まらうとのこむと侍りつる・いとひかほ
  にもこそいま心のとかにをミかうしまいりな
  むとて・いたうもそゝのかさてかへりたれは・
  なか/\なるほとにてもやミぬるかな・もの
0036【なか/\なるほとにても】−源氏ノ御心
0037【ものきゝわくほとにもあらて】−末ツムノ詞
  きゝわくほとにもあらて・ねたうとの給ふ
  けしきおかしとおほしたり・おなしくハけ
0038【おかしとおほしたり】−源氏ノ御心
0039【おなしくハ】−源氏
  ちかきほとのたちきゝせさせよとの給へと・心
0040【心にくゝて】−命婦
  にくゝてとおもへハ・いてやいとかすかなるあり」5オ

  さまに・思ひきえて・心くるしけにものし給ふ
  めるを・うしろめたきさまにやといへハ・けにさも
0041【けにさも】−源氏
  ある事にはかに我も人も・うちとけてかたらふ
  へき・人のきはゝきハとこそあれなと・あハれに
  おほさるゝ人の御ほとなれハ・な越さやうのけし
  きをほのめかせとかたらひ給ふ・またちきり
0042【またちきり給へる】−源氏
  給へるかたやあらむ・いとしのひてかへりたまふ・
  うへのまめにおハしますと・もてなやみきこえ
0043【うへの】−命婦
  させ給ふこそ・おかしう・おもふ給へらるゝおり/\
  侍れ・かやうの御やつれすかたを・いかてか(か+ハ)御らむ」5ウ

  しつけむときこゆれハ・たちかへりうちわらひて・
0044【たちかへり】−源氏
  こと人のいはむやうに・とかなあらハされそ・これ
  をあた/\しきふるまひといはゝ・女のあり
0045【女のありさま】−命婦をさす也
  さま・くるしからむとのたまへハ・あまりいろめい
  たりとおほして・おり/\かうの給ふを・はつか
0046【はつかしと思ひて】−命婦
  しと思ひて・ものもいはす・しむ殿のかたに・
0047【しむ殿のかたに】−源氏
  人のけハひきくやうもやとおほして・やをら
  たちのき給ふ・すいかいのたゝすこしおれ
  のこりたるかくれのかたに・たちより給ふに・も
  とよりたてるおとこありけり・たれならむ」6オ

  心かけたるすきものありけりとおほして・かけに
  つきてたちかくれ給へハ・とうの中将なりけり・
  このゆふつかたうちよりもろともにまかて給ひ
  けるやかて大殿にもよらす・二条の院にもあらて
  ひきわかれ給ひけるを・いつちならむとたゝなら
0048【いつちならむと】−頭中将
  て・われもゆくかたあれと・あとにつきてうかゝ
  ひけり・あやしきむまにかりきぬすかたの・な
0049【かりきぬすかた】−狩衣すかた不審
  いかしろにてきけれハ・えしりたまはぬに・
  さすかにかうことかたにいりたまひぬれハ・心も
  えす思ひけるほとに・ものゝねにきゝついてた」6ウ

  てるに・かへりやいて給ふとしたまつなりけり・き
  ミハたれともえ見わき給はて・われとしられし
  とぬきあしにあゆミ給ふに・ふとよりて・ふりすて
0050【ふりすてさせ給へるつらさに】−頭中将
  させ給へるつらさに・御をくりつかうまつりつるは
    もろともにおほうち山ハいてつれと
0051【もろともに】−頭中将 一時日本記
0052【おほうち山】−内裏<ヲフウチ>日本記
  いるかた見せぬいさよひのつきとうらむる
0053【うらむるもねたけれと】−源氏
  もねたけれと・この君と見給ふ・すこしおかし
  うなりぬ・人のおもひよらぬ事よと・にくむ/\
    さとわかぬかけをハ見れとゆく月の
0054【さとわかぬ】−源氏
  いるさの山をたれかたつぬるかうしたひあ」7オ
0055【かうしたひありかは】−頭中将

  りかハ・いかにせさせ給はむときこえ給・まこと
  はかやうの御ありきにハ・すいしむからこそ・は
  かはかしきこともあるへけれ・をくらさせ給
  はてこそあらめ・やつれたる御ありきハ・かる/\
  しき事もいてきなと・をしかへしいさめた
  てまつる・かうのミ見つけらるゝを・ねたしと
0056【かうのミ見つけらるゝを】−源氏
  おほせと・かのなてしこハ・えたつねしらぬを・
0057【かのなてしこ】−玉かつらの君
  をもきこうに・御心のうちにおほしいつ・をの/\
0058【こうに】−劫也人のいたむへき心也碁の劫も同心也劫ハつむ心也
  ちきれるかたにもあまえてえゆきわかれ給
0059【あまえて】−したふ心也
  はす・ひとつくるまにのりて・月のおかしき」7ウ

  ほとに・くもかくれたるみちのほと・ふえふき
  あはせて・大殿におハしぬ・さきなともをはせ給
  ハす・しのひいりて・人みぬらうに・御な越しと
  もめしてきかへ給・つれなういまくるやうにて・御
  ふえともふきすさひておはすれは・おとゝれ
  いのきゝすくし給はて・こまふえとりいて
0060【こまふえ】−六帖高麗笛のこまにわかのりならさなんみきをハいはしあなにくけとハ(古今六帖3410、源氏古注)
  給へり・いと上すにおはすれハ・いとおもしろう
  ふき給・御ことめして・うちにもこのかたに
  心えたる人/\に・ひかせ給ふ・中つかさのき
0061【中つかさのきみ】−葵上の女房源氏密通也
  みわさとひはゝひけと・頭の君心かけたる」8オ

  を・もてはなれて・たゝこのたまさかなる御
0062【このたまさかなる御けしき】−源氏事
  けしきの・なつかしきをハ・えそむききこえ
  ぬに・をのつからかくれなくて・大宮なとも・よろ
0063【大宮なとも】−大殿の北方
  しからすおほしなりたれハ・ものおもハしく・
  はしたなきこゝちして・すさましけに・より
  ふしたり・たえて見たてまつらぬ所に・かけ
  はなれなむもさすかに・心ほそくおもひみた
  れたり・君たちハ・ありつるきむのねを
0064【君たち】−源氏頭中将
  おほしいてゝ・あハれけなりつる・すまゐの
  さまなともやうかへて・おかしう思ひつゝけ・あらまし」8ウ

  事にいとおかしうらうたき人の・さてとし
  月をかさねゐたらむとき・見そめていみしう
  心くるしくハ・人にもゝてさわかるはかりや・わか
  心もさまあしからむなとさへ・中将ハ思ひけり・この
0065【この君】−源氏の君
  君のかうけしきはミありき給を・まさにさて
  ハすくし給ひてむやと・なまねたうあやうかり
  けり・そのゝちこなたかなたより・ふミなとやり
  給へし・いつれもかへり事見えす・おほつかなく
  心やましき(き+に)あまりうたてもあるかな・さやう
0066【あまりうたても】−頭中将
  なるすまひする人は・もの思ひしりたる」9オ

  けしき・はかなき木くさ・そらのけしきに
  つけても・とりなしなとして・心はせをしはか
  らるゝおり/\あらむこそ・あハれなるへけれ・
  をもしとても・いとかうあまりうもれたらむ
0067【うもれたらむ】−拾遺久かたの雨のふる日越たゝひとり山へにおれはむもれたりけり(拾遺集1252・拾遺抄470万葉772、源氏古注)
  は・心つきなくわるひたりと・中将ハまいて心い
0068【心いられ】−いら/\しき心也
  られしけり・れいのへたてきこえ給はぬこゝ
0069【れいの】−頭中将問
  ろにてしか/\のかへり事ハ見給や・心ミにか
  すめたりしこそハしたなくてやミにし
  かとうれふれハ・されはよ・いひよりにけるをやと・
0070【されはよ】−源氏答
  ほゝゑまれていさみむとしも思はねハにや」9ウ

  みるとしもなしといらへ給を・人わきゝ(ゝ#し)けると
0071【人わきしけると思ふに】−頭中将心中
  思ふにいとねたし・君ハふかうしもおもはぬ
  事のかうなさけなきをすさましくお
0072【なさけなきを】−返事なき越
  もひなり給にしかと・かうこの中将のいひあ
  りきけるをことおほくいひなれたらむ方に
  そなひかむかし・したりかほにてもとの事
0073【もとの事】−源氏をもとの事といふ
  をおもひはなちたらむけしきこそうれハし
  かるへけれとおほして・命婦をまめやかにかたらひ
  給・おほつかなくもてはなれたる御けしき
0074【おほつかなく】−源氏
  なむ・いと心うきすき/\しきかたにうた」10オ

  かひよせ給にこそあらめ・さりとみしかき心はへ
0075【心はへ】−源氏ハ人にむきて心なかくあると也
  つかはぬものを・人の心ののとやかなる事な
0076【人の心】−葵上の嫉妬の心也
  くておもはすにのミあるになむ・をのつ
  からわかあやまちにもなりぬへき・心のとかにて
0077【心のとか】−閑也
  おやハらからのもてあつかひうらむるもなう
0078【おやハらから】−親 兄弟
  心やすからむ人ハなか/\なむらうたかる
0079【心やすからむ人】−末摘花の事をいふ
  へきをとの給へは・いてやさやうにおかしき
0080【いてやさやうに】−命婦
  かたの御かさやとりにはえに(に$<朱>)しもやと・つき
0081【御かさやとりには】−催馬楽妹之門云あまやとりかさやとり云々
  なけにこそみえ侍れ・ひとへにものつゝみしひ
  きいりたるかたハしもありかたうものし」10ウ
0082【かたハし】−方 詞

  給ふ人になむと見るありさまかたりきこゆ・
  らう/\しうかとめきたる心はなきなめり・いと
0083【らう/\しう】−源氏 良
  こめかしうおほとかならむこそらうたくハある
  へけれとおほしわすれすの給ふ・わらハやみに
0084【わらハやみに】−若紫巻始同時也横並此にみえたり
  わつらひ給人しれぬものをもひのまきれ
  も御心のいとまなきやうにてはるなつすき
  ぬ秋のころほひしつかにおほしつゝけて・か
0085【かのきぬたのをと】−夕顔
  のきぬたのをともみゝにつきてきゝにく
  かりしさへ恋しうをほしいてらるゝまゝに・
  ひたちの宮にハしハ/\きこえ給へと・な越」11オ

  おほつかなうのミあれはよつかす心やましう
  まけてハやましの御心さへそひて・命婦をせめ
  給いかなるやうそいとかゝる事こそまたし
  らねといとものしとおもひてのたまへハ・いと
0086【いとおしと思ひて】−命婦
  おしと思ひてもてはなれてにけなき御事と
  もおもむけ侍らす・たゝおほかたの御ものつゝ
  ミのわりなきにて(て+を)えさしいて給はぬとなむ
  み給ふるときこゆれハ・それこそハよつかぬ事
0087【それこそハ】−源氏
  なれ・ものおもひしるましきほとひとり身を・え
  心にまかせぬほとこそ事ハりなれ・なに事も」11ウ

  思しつまり給へらむと思ふこそ・そこはかと
  なくつれ/\に心ほそうのミおほゆるをおなし
  心にいらへ給はむハねかひかなふ心ちなむすへ
  き・なにやかやとよつけるすちならてその
  あれたるすのこにたゝすまゝほしきなり・いと
  うたて心えぬ心ちするをかの御ゆるしなう(う$く)
  ともたハかれかし・心いられしうたてあるもてな
  しにハよもあらしなとかたらひ給ふ・な越世に
0088【なを世に】−命婦猶の字有心
  ある人のありさまをおほかたなるやうにて
  きゝあつめみゝとゝめ給くせのつき給へるを・」12オ

  さう/\しきよひゐなとに(に$<朱墨>)ハかなきついてに
  さる人こそとハかりきこえいてたりしに・かく
  わさとかましうのたまひわたれハなまわ(は&わ)つら
  はしく・をむな君の御ありさまもよつかハしく
  よしめきなともあらぬを中/\なるミちひき
  にいとおしき事やみえむなむと思ひけれと・
  君のかうまめやかにの給ふにきゝいれさらむも
  ひか/\しかるへし・ちゝみこおハしけるおりに
  たにふりにたるあたりとてをとなひきこゆる
  人もなかりけるをましていまハあさちハくる」12ウ

  人もあとたえたるに・かくよにめつらしき御
  けはひのもりにほひくるをハなま女ハらなとも
  ゑミまけてな越きこえ給へ(△△&給へ)とそゝのかした
  てまつれと・あさましうものつゝみしたまふ
  心にて・ひたふるに見もいれ給ハぬなりけり・命婦
  ハさらハさりぬへからんおりにものこしにきこえ
  給はむほと御心につかすハさてもやみねかし・
  又さるへきにてかりにもおハしかよハむをとか
  め給へき人なしなとあためきたるはやり
  心ハうち思ひて・ちゝきみにもかゝる事なと」13オ
0089【ちゝきみ】−兵部大輔

  もいはさりけり・八月廿よ日よひすくるまて・
  またるゝ月の心もとなきにほしのひかりハかり
0090【またるゝ月】−\<朱合点> 六帖したにのミこふれはくるし山のはにまたるゝ月のあらハれハいかに(古今六帖336・万葉3825、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄)
  さやけくまつのこすゑふく風のをと心ほそ
  くていにしへの事かた(△&た)りいてゝうちなきなとし
0091【いにしへの事】−故宮の御事
  給いとよきおりかなと思ひて御せうそこやき
  こえつらむ・れいのいとしのひておハしたり・月
0092【れいのいとしのひて】−源氏
  やう/\いてゝあれたるまかきのほとうとまし
  くうちなかめ給ふにきむそゝのかされてほのか
  にかきならし給ほと・けしうハあらすすこし
0093【けしうハあらす】−命婦心
  けちかういまめきたるけをつけはや(や+と)そみた」13ウ

  れたる心にハ心もとなくおもひいたる・人めしな
0094【人めしなき所なれは】−目詞
  き所なれハ心やすくいりたまふ・命婦をよは
  せ給・いましもおとろきかほにいとかたハらいた
  きわさかな・しか/\こそおハしましたなれ・つ
  ねにかううらみきこえ給ふを心にかなはぬよし
  をのミいなひきこえ侍れハ・みつからことハりも
  きこえしらせむとの給ひわたるなり・いかゝきこ
  えかへさむ・なミ/\のたはやすき御ふる
0095【たはやすき】−\<朱合点> たやすくといふ詞也文字ヲそへていふ也 あられふるの山の里のさひしきハきてたハやすくとふ人そなき(後撰468・古今六帖982、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
  まひならねハ心くるしきを・ものこしにて
  きこえ給ハむ事きこしめせといへハ・いと」14オ
0096【いとはつかしと】−末摘

  はつかしと思て人(△&人)にものきこえむやうも
  しらぬをとておくさまへゐさりいり給さまいと
  うゐ/\しけなり・うちわらひていとわか/\
0097【うちわらひて】−命婦
  しうおハしますこそ心くるしけれ・かきり
  なき人もおやなとおハしてあつかひうしろ
  見きこえ給ふほとこそわかひたまふもこと
  ハりなれ・かハかり心ほそき御ありさまにな越
  よ越つきせすおほしはゝかるハつきなう
  こそとをしへきこゆ・さすかに人のいふ事ハ
0098【さすかに人のいふ事ハ】−末摘花
  つようもいなひぬ御心にていらへきこえてたゝ」14ウ

  きけとあらハかうしなとさしてハありなむとの
  給・すのこなとハひむなう侍りなむをしたち
0099【すのこなとハ】−命婦
  てあハ/\しき御心なとハよもなといとよく
  いひなしてふたまのきハなるさうしてつか
  らいとつよくさして御しとねうちをきひ
  きつくろふ・いとつゝましけにおほしたれと
  かやうの人にものいふらむ心はへなとも夢に
  しり給ハさりけれハ・命婦のかういふをあるやう
  こそハと思ひてものし給・めのとたつおい人
  なとハさうしにいりふしてゆふまとひしたる」15オ

  ほとなり・わかき人二三人あるハよにめてられ
  給ふ御ありさまをゆかしきものに思ひき
  こえて心けさうしあへり・よろしき御そたて
  まつりかへくつろひきこゆれハ・さうしミハなに
  の心けさうもなくておハす・おとゝ(ゝ$)こハいとつ
0100【おとこハ】−命婦カ心
  きせぬ御さまをうちしのひよういし給へる御け
  ハひいミしうなまめきて見しらむ人にこそ見
  せめはへあるましきわたりをあないとおしと命
  婦ハおもへと・たゝおほとかにものし給ふをそう
  しろやすうさしすきたる事ハ見えたてまつ」15ウ

  り給ハしとおもひける・わかつねにせめられたて
  まつるつミさりことに心くるしき人の御もの
  思ひやいてこむなとやすからす思ひゐたり・君ハ
0101【君ハ】−源氏
  人の御ほと越おほせハされくつかへるいまやうの
  よしはミよりハこよなうおくゆかしうとおほ
  さるゝに・いたうそゝのかされてゐさりより
  給へるけハひしのひやかにえひのかいとなつ
0102【えひのか】−薫衣香の名也又云すへて薫物の名也云々
  かしうかほりいてゝおほとかなるを・されハよと
  おほす・としころ思ひわたるさまなといとよくの
  給つゝくれと・ましてちかき御いらへハたえてなし・」16オ

  わりなのわさやとうちなけき給ふ
0103【わりなのわさやと】−源氏
    いくそたひ君かしゝまにさ(さ$ま<朱>)けぬらん
0104【いくそたひ】−源氏
0105【しゝま】−進退也又棲遑日本記 物いはぬ也ちかふ事也
  ものないひそといハぬたのミにのたまひもす
  てゝよかしたまたすきくるしとの給ふ・女
0106【たまたすき】−\<朱合点> 「<古今イ>/おもはすハおもハすとやハいひい(い=はイ)てぬ/なと(と=そイ)世中のたまたすきなる<朱>」(付箋01 古今六帖3216、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・河海抄) 六帖玉たすきかけねハくるしかけたれはあなわつらハし人の心やイ<朱>(古今六帖3218、源氏古注)
  君の御めのとこししうとてはやりかなるわか
  人いと心もとなうかたハらいたしと思ひてさし
  よりてきこゆ
    かねつきてとちめむことハさすかにて
0107【かねつきて】−侍従 論義の時鐘ヲつけはいひやむ也
  こたえまうきそかつハあやなきいとわかひ
  たるこゑのことにおもりかならぬを人つて」16ウ

  にハあらぬやうにきこえなせハ・ほとよりハあ
0108【あまえて】−されハみたる心也一云あさやか也
  まえてときゝ給へと・めつらしきかなか/\くれ(れ#ち)
  ふたかるわさかな
    いはぬをもいふにまさるとしりなから
0109【いはぬをも】−源氏<右> 六帖心にハ下行水のわきかへりいはておもふそいふにまされる(古今六帖2948、源氏古注・花鳥余情・一葉抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚) 大和物語此下句侍り鷹事ニアリ
  をしこめたるハくるしかりけりなにやかや
  とはかなき事なれと・おかしきさまにも
  まめやかにもの給へとなにのかひなし・いと
0110【いとかゝるも】−源氏
  かゝるもさまかハりおもふかたことにものし給ふ
  人にやとねたくてやをらをしあけていり
  たまひにけり・命婦あなうたてたゆめ給」17オ
0111【たゆめ】−油断セサセタル也

  へるといとおしけれハ・しらすかほにてわかかたへいに
  けり・このわか人ともはたよにたくひなき
0112【このわか人とも】−侍従そと
  御ありさまのをときゝにつミゆるしきこえて
  おとろおとろしうもなけかれす・たゝおも
  ひもよらすにはかにてさる御心もなきをそ
  思ひける・さうしミハたゝわれにもあらすはつ
  かしくつゝましきよりほかの事またなけ
  れハ・いまハかゝるそあハれなるかしまたよな
0113【いまハ】−源氏の心
  れぬ人うちかしつかれたると見ゆるし給ふ
  ものから心えすなまいとおしとおほゆる御さ」17ウ

  まなり・なに事につけてかハ御心のとまらむう
  ちうめかれてよふかういて給ひぬ・命婦ハいかな
  らむとめさめてきゝふせりけれとしりかほ
  ならしと(と+て)御をくりにともこハつくらす君もや
  をらしのひていて給にけり・二条の院におハ
  してうちふし給ひてもな越思ふにかなひ
  かたきよにこそとおほしつゝけてかるらかなら
0114【かるらかならぬ人】−末摘
  ぬ人の御ほと(と+を)心くるしとそおほしける・
  思ひみたれておはするに・頭中将おハして
  こよなき御あさいかなゆへあらむかしとこそ」18オ

  思ひ給へらるれといへハ・おきあかり給て心や
0115【おきあかり給て】−源氏
  すきひとりねのとこにてゆるひにけりやうち
0116【ゆるひ】−緩
  よりかとの給へハ・しかまかて侍るまゝなり・すさ
0117【しかまかて】−頭中将
  く院の行幸けふなむかく人まひ人(△&人)
0118【かく人】−ヒト
  さためらるへきよしよへうけたまハりしを・
  おとゝにもつたへ申さむとてなむまかて侍
  る・やかてかへりまいりぬへう侍るといそかしけ
  なれハ・さらハもろと(と+も)にとて御かゆこハいひめし
0119【御かゆこはいひ】−粥 強飯
  て・まらうとにもまいり給て・ひきつゝけたれ
0120【ひきつゝけ】−源氏与頭中将車をつらねなから同車せられたる也
  とひとつにたてまつりて・な越いとねふたけな」18ウ
0121【な越いと】−頭中将

  りととかめいてつゝかくい給事おほかりと
  そうらみきこえ給ふ・ことともおほくさた
0122【こととも】−行幸事
  めらるゝ日にてうちにさふらひくらし給つ・
  かしこにはふミをたにといとをしくおほ
0123【かしこには】−末摘
  しいてゝゆふつかたそありける・雨ふりいてゝ
  所せくもあるにかさやとりむとハたおほ
  されすやありけむ・かしこにハまつほとすき
  て命婦もいといとをしき御さまかなと心う
  くおもひけり・さうしミハ御心のうちにはつ
0124【さうしミハ】−末摘花
  かしう思ひ給てけさの御ふミのくれぬれと」19オ

  なか/\とかとも思ひわき給ハさりけり・
    ゆふきりのはるゝけしきもまたミぬに
0125【ゆふきりの】−源氏イ
  いふせさそふるよひのあめかなくもままち
0126【くもままちいてむほと】−雨はれハ行へしと云心也
  いてむほといかに心もとなうとあり・おハします
  ましき御けしき越人/\むねつふれて
  おもへとな越きこえさせ給へとそゝのかしあ
  へれと・いとゝおもひみたれ給へるほとにてえ
  かたのやうにもつゝけたまハねハよふけぬ
  とて・ししうそれいのをしへきこゆる
    はれぬよの月まつさと越おもひやれ」19ウ
0127【はれぬよの】−返し

  おなし心になかめせすともくち/\にせめ
  られてむらさきのかミのとしへにけれハ・はひ
0128【むらさきのかみ】−万十六紫ハはいさすものそつハいちのやそのちまたにあへるこやたれ(万葉3115、源氏物語新釈)
  をくれふるめいたるにて(て&て)ハさすかにもしつ
  よう中さたのすちにてかミしもひとしく
0129【中さた】−中央也中比也
0130【かみしもひとしく】−女の文ハ上下なかくミしかくかきてひとしくハかゝぬ也ちらしかき本也
  かい給へり・みるかひなううちをき給ふ・いかに
0131【みるかひなう】−源氏
  をもふらんと思ひやるもやすからす・かゝること
  をくやしなとハいふにやあらむ・さりとていかゝ
  ハせむわれハさりとも心なかく見はてゝ
  むとおほしなす・御心をしらねハかしこにはい
  ミしうそなけい給ける・おとゝ夜にいりて」20オ

  まかて給にひかれたてまつりて大殿にをハし
  ましぬ・行幸のこと越けふありとおもほし
0132【けふ】−興
  て君たちあつまりての給ひ・をの/\まひ
  ともならひ給ふを・そのころの事にてす
  きゆく・ものゝねともつねよりもみゝかしか
  ましくてかた/\いとミつゝれゐの御あそ
0133【れゐの御あそひならす】−康保三年十月七日覧殿上舞有大篳篥<ヒチリキ>小篳篥<ヒチリキ>
  ひならす・大ひちりき・さくハちのふえなと
0134【さくハちのふえ】−尺八長一尺八寸舌四寸八分又名短笛
  のおほこゑをふきあけつゝ・たいこをさへかう
0135【たいこをさへ】−礼記鐘皷在庭瑟在堂 寛治五年五月廿五日殿上競馬六番主上自打大皷給此時並堂上 延木四年三月廿四日覧舞楽左大臣明平公仰令推大皷階前自打之
  らむのもとにまろハしよせて・てつからうち
  ならしあそひおハさふす・御いとまなきやう」20ウ

  にてせちにおほす所はかりにこそぬすま
0136【おほす所】−藤壺なと也
0137【ぬすまはれ給へれ】−ぬすまれ給ふ也
  はれ給へ(へ+れ)・かのわたりにハいとをほつかなく(く+て)あき
0138【かのわたり】−末摘花
  くれはてぬな越たのミこしかひなくてすき
  ゆく・行幸ちかくなりてしかくなとのゝしる
  ころそ命婦ハまいれる・いかにそなと・とひたま
0139【いかにそ】−源氏
0140【とひたまいて】−末摘の事
  いていとをしとハおほしたり・ありさまきこえ
0141【ありさま】−命婦
  ていとかうもてはなれたる御心はえハみた
  まふる人さへ心くるしくなとなきぬはかり
  おもへり・心にくゝもてなしてやミなむとおもへ
  りし事をくたいて・ける心もなく・この人」21オ
0142【くたいて】−腐
0143【この人】−命婦か心

  のおもふらむをさへおほす・さうしミのものハ
0144【さうしミ】−末摘
  いはて・おほしうつもれ給らむさまおもひやり
  給ふもいとおしけれハ・いとまなきほとそやわり
0145【いとまなき】−源氏
  なしとうちなけい給てものおもひしらぬやう
  なる心さまをこらさむと思ふそかしとほゝ
  ゑミ給へるわかううつくしけなれハ・われもうち
0146【われも】−命婦
  ゑまるゝ心ちして・わりなの人にうらミられ給ふ
  御よハひや・おもひやりすくなう御心のまゝなら
  むもことハりとおもふ・この御いそきのほとす
  くしてそ時/\おは(△△&おは)しける・かのむらさきの」21ウ
0147【時/\おはしける】−末摘
0148【かのむらさきのゆかり】−紫上ハ薄雲の姪女故也

  ゆかりたつねとり給ひてそのうつくしミに心
  いり給ひて・六条わたりにたにかれまさりたま
  ふめれは・ましてあれたるやとハ・あハれにおほし
0149【あれたるやと】−末摘花
  をこたらすなからものうきそわりなかりける
  と・所せき御ものハちを見あらハさむの御心も
0150【御ものハち】−蓬生の事
  ことになうてすきゆくを・またうちかへし見
  まさりするやうもありかし・てさくりのたと
0151【てさくりの】−鼻の長き手あたる也
  たとしきにあやしう心えぬ事もあるにや・
  みてしかなとおもほせとけさやかにとりな
  さむもまハゆし・うちとけたるよひゐの」22オ

  ほとやをらいり給ひて・かうしのはさまより・
  見給ひけりされとみつからハ見え給へくもあ
0152【みつからハ】−末摘
  らす・き丁なといたくそこなハれたるもの
  から・としへにけるたちとかハらすおしやり
  なとみたれねハ心もとなくて・こたち四五人
  ゐたり・御たい・ひそくやうのもろこしのもの
0153【御たい】−台
0154【ひそく】−茶碗事也唐の世ニ秘蔵して秘色といへり
  なれと・ひとわろきになにのくさはひもな
0155【わろきに】−此器物ふるくてよからねハ人わろしと也
0156【くさはひ】−種
  くあハれけなるまかてゝ人/\くふ・すミ
0157【まかてゝ】−退
  のまハかりにそいとさむけなる女はらしろき
  きぬのいひ(△&ひ)しらすすゝけたるにきたなけ」22ウ

  なるしひらひきゆひつけたるこしつきかた
0158【しひら】−うハ裳ナリ
  くなしけなり・さすかにくしをしたれてさ
  したるひたいつき・ないけうはう内侍所の
0159【ないけうはう】−内教坊也女楽をつかさとる所也
  ほとにかゝるものともあるはやとおかし・かけ
0160【かけても】−源氏御心
  ても人のあたりにちかうふるまふものとも
  しりたまハさりけり・あハれ・さもさむきとし
  かないのちなかけれハかゝる世にもあふものな
  りけりとて・うちなくもあり・こ宮をハしまし
  し世をなとてからしと思ひけむかくたのミ
0161【からし】−辛
  なくてもすくるものなりけりとてとひたち」23オ
0162【とひたちぬへく】−とひたちぬへしつるの毛衣 後撰哥世ノ中ヲウシトヤサシト思ヘトモトヒタチカネツ鳥ニシアラネハ(万葉893、河海抄・一葉抄・休聞抄・孟津抄・紹巴抄・岷江入楚)

  ぬへくふるふもあり・さま/\に人わろき事
  とも越うれへあへるをきゝ給もかたはらいた
  けれハ・たちのきてたゝいまおはするやうに
  てうちたゝき給ふ・そゝやなといひて火とり
  な越しかうしはなちていれたてまつる・しゝう
  はさい院にまいりかよふわか人にてこのころハ
  なかりけり・いよ/\あやしうひなひたるかきり
0163【ひなひたる】−いなかひたるナリ
  にて・みならハぬ心ちそする・いとゝうれふなり
  つる(る+にイ、にイ$<朱>)ゆきかきたれいみしうふりけり・空の
  けしきはけしうかせふきあれておほとな」23ウ

  ふらきえにけるをともしつくる人もなし・かの
0164【かの】−夕顔
  ものにをそはれしおりおほしいてられてあれ
  たるさまハおとらさめる越ほとのせハう人
  けのすこしあるなとになくさめたれと・
  すこううたていさとき心ちする夜のさま
0165【いさとき】−さとき也
  なり・おかしうもあハれにもやうかへて心とまり
  ぬへきありさまを・いとむもれすくよかにて
  なにのはへなきをそくちをしうおほす・
  からうしてあけぬるけしきなれハ・かうしてつ
  からあけ給てまへのせむさいのゆき越見」24オ

  たまふ・ふミあけたるあともなくハる(△&る)/\とあれ
  わたりていみしうさひしけなるに・ふりいてゝゆ
  かむ事もあハれにて・おかしきほとの空も
  見給へ・つきせぬ御心のへたてこそわりなけれ
0166【見給へつきせぬ】−末つむにの給ふ也
  とうらみきこえ給ふ・またほのくらけれと
  ゆきのひかりにいとゝきよらにわかう見え
  給ふを・おい人ともゑミさかへて見たてまつる・
0167【ゑミさかへて】−咲 栄
  はやいてさせ給へ・あちきなし・心うつくしき
0168【はやいてさせ給へ】−源氏
  こそなとをしへきこゆれハ・さすかに人のき
  こゆる事をえいなひ給ハぬ御心にて・とかうひ」24ウ

  きつくろいてゐさりいて給へり・見ぬやうに
  てとのかたをなかめ給へれと・しりめハたゝなら
  す・いかにそうちとけまさりのいさゝかもあ
  らハうれしからむとおほすもあなかちなる
  御心なりや・まつゐたけのたかくをせなかに
  みえ給ふに・されハよとむねつふれぬ・うちつ
  きてあなかたわと見ゆるものハ(ハ+御、御#)はななりけり
  ふとめそとまる・ふけむほさつのゝりものとお
0169【ふけむほさつのゝりもの】−普賢菩薩乗大白象鼻如紅蓮華色観普賢経
  ほゆ・あさましうたかうのひらかにさきの
  かたすこしたりていろつきたる事ことの」25オ

  ほかにうたてあり・いろハゆきはつかしくし
0170【しろうてさおに】−少青也極て白物青く見ゆる也
  ろうて・さおにひたひつきこよなうハれたる
  に・な越しもかちなるおもやうハ・おほかたおと
0171【しもかち】−面長也
  ろおとろしうなかきなるへし・やせたまへる
  事いとをしけにさらほひてかたのほとなと(△&と)
0172【いとをしけに】−痛
0173【さらほひて】−[骨+尭]床子ヤセカラ/\トシタル也
  はいたけなるまてきぬのうへまてみゆ・なに
0174【なににのこりなう】−源氏
  にのこりなう見あらハしつらむと思ものから
  めつらしきさまのしたれハさすかにうちミや(や+ら)
  れ給ふ・かしらつきかミのかゝりハしもうつ
  くしけにめてたしとおもひきこゆる人/\」25ウ
0175【めてたしとおもひきこゆる人/\】−藤壺

  にもおさ/\おとるましう・うちきのすそに
  たまりてひかれたるほと一尺ハかりあまり
  たらむと見ゆ・きたまへるものともをさへ
0176【きたまへるものともを】−作者詞也
  いひたつるもものいひさかなきやうなれと
  むかしものかたりにも人の御さうそくをこそ
  まついひためれ・ゆるしいろのわりなううハし
0177【ゆるしいろ】−聴色也紅梅をいふ見延喜式深紅ハ禁色也
  らみたるひとかさね・なこりなうくろきう
0178【ひとかさね】−衣一かさね也
  ちきかさねて・うはきにはふるきのかハき
0179【ふるきのかはきぬ】−\<朱合点> 貂裘可聞師説
  ぬいときよらにかうハしきをき給へり・こた
0180【こたい】−古代
  いのゆへつきたる御さうそくなれとな越」26オ
0181【ゆへつき】−由付

  わかやかなる女の御よそひにハにけなうおとろ
  おとろしき事いともてはやされたり・されと
  けにこのかハなうてハたさむからましとミゆる
  御かほさまなるを心くるしと見給ふ・なに
  事もいはれ給はすわれさへくちとちたる
  心ちしたまへと・れいのしゝまも心みむとと
  かうきこえ給ふにいたうはちらひてくちお
  ほひしたまへるさへひなひふるめかしうこと
  ことしくきしき官のねりいてたるひち
0182【きしき官】−儀式官 判官ナト也
  もちおほえて・さすかにうちゑミ給へるけし」26ウ

  きはしたなうすゝろひたり・いとをしく
  あハれにていとゝいそきいて給ふ・たのもしき
0183【たのもしき人なき御ありさまを】−源氏詞
  人なき御ありさまを見そめたる人にはう
  とからす思ひむつひ給ハむこそほいある心
  ちすへけれ・ゆるしなき御けしきなれハつら
  うなとことつけて
    あさひさすのきのたるひハとけなから
0184【あさひさす】−源氏<右> 好忠集あさ日こやけさハうらゝにさしつらん軒のたるみのしたの玉水<左>(好忠集6、花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  なとかつらゝのむすほゝるらむとの給へと・た
  たむく(く=む<墨>イ<朱>、イ#<朱>)とうちわらひていとくちをもけなる
  もいとおしけれハいて給ひぬ・御車よせたる」27オ

  中もむのいといたうゆかミよろほひてよめに
  こそしるきなからもよろつかくろへたる事
  おほかりけれ・いとあハれにさひしくあれまとへる
  に・まつのゆきのミあたゝかけにふりつめる
  山さとの心ちして・ものあハれなるを・かの人/\
  のいひしむくらのかとハかうやうなる所なり
0185【むくらのかと】−雨夜の物かたりにいへる事也
  けむかし・けに心くるしくらうたけならん
  人をこゝにすゑてうしろめたう恋しと
  おもハゝや・あるましきものおもひハそれにま
0186【あるましき】−薄雲を思ふ越いふ
  きれなむかしと・おもふやうなるすミかに」27ウ
0187【おもふやうなるすミか】−末摘

  あはぬ御ありさまハとるへきかたなしと思ひな
  から・われならぬ人ハまして見しのひてむや・わか
  かうて見なれけるハこみこのうしろめたし
0188【こみこ】−常陸宮
  とたくへをきたまひけむたましひのしる
  へなめりとそおほさるゝ・たち花の木のうつ
  もれたるみすいしむめしてはらハせた
  まふ・うらやミかほにまつのきのをのれお
  きかへりて・さとこほるゝゆきもなにた
0189【ゆきもなにたつすゑの】−\<朱合点> 古君をゝきてあたし心越わかもたハ末の松山なミもこえなん(古今1093、弄花抄) 古浦ちかくふりくる雪ハしらなミの末の松山こすかとそ見る(古今326・拾遺集239・古今六帖717・興風集7・63・寛平后宮歌合143、花鳥余情・弄花抄・孟津抄・岷江入楚)
  つすゑのとみゆるなと越・いとふかゝらす
  ともなたらか(△&か)なるほとにあひしらハむ人」28オ

  もかなと見給・御車いつへきかとハまたあけ
  さりけれハ・かきのあつかりたつねいてたれハおき
  なのいといみしきそいてきたる・むすめにや
  むまこにや・はしたなるおほきさの女の
0190【はしたなる】−半なる勢分ナリ
  きぬハゆきにあひて・すゝけまとひさむし
  と思へるけしきふかう(う+て)あやしきものに火を
  たゝほのかにいれてそてくゝみにもたり・お
  きなかと越えあけやらねハよりてひきた
  すくるいとかたくなゝり・御ともの人よりてそ
  あけつる」28ウ

    ふりにけるかしらの雪越みるひとも
0191【ふりにける】−源氏
  おとらすぬらすあさのそてかなわかきもの
0192【ぬらすあさのそて】−古今秋ののゝさゝわけしあさの袖よりもあハてこし夜そひちまさりける(古今622・古今六帖3037・業平集15・伊勢物語、河海抄・孟津抄・岷江入楚)
0193【わかきものはかたちかくれす】−\<朱合点> 白氏文集夜深煙火尽霰雪白紛々幼者形不蔽老者体無温悲端与寒気併入鼻中辛秦中吟
  ハかたちかくれす
うちすし給ひても・花
  の色に・いてゝいとさむしと見えつる御をもか
  け・ふとおもひいてられてほゝゑまれたま
  ふ・頭中将にこれを見せたらむときいかなる
  事をよそへいはむ・つねにうかゝひくれハいま
  見つけられなむとすへなうおほす・世の
  つねなるほとのことなる事なさならハおも
  ひすてゝもやみぬへきを・さたかに見たま」29オ

  ひてのちハ中/\あハれにいみしくて・まめや
  かなるさまにつねにをとつれ給・ふるきの
  かハならぬ(ぬ+きぬ)あやわたなとおい人とものきるへ
  きものゝたくひ・かのおきなのためま
  てかみしもおほしやりてたてまつり給ふ・
  かやうのまめやか事もはつかしけならぬを
  心やすくさるかたのうしろミにてはくゝま
  むとおもほしとりてさまことにさならぬう
  ちとけわさもし給けり・かのうつせみの
  うちとけたりしよひのそハめには・いとわ」29ウ

  ろかりしかたちさまなれと・もてなしにかくさ
  れてくちおしうハあらさりきかし・おとる
  へきほとの人なりやハ・けにしなにもよらぬわ
0194【しな】−品
  さなりけり・心はせ(せ+の)なたらかにねたけなり
  しをまけてやミにしかなとものゝおり
0195【まけ】−負
  ことにハおほしいつ・としもくれぬ・内のとの
0196【内のとのゐ所】−源ノ淑景舎
  ゐ所におハしますに・たいふの命婦まいれり・
  御けつりくしなとにはけさうたつすちな
0197【御けつりくし】−天子の御くしをけつりたてまつる時ハ上臈御くしをはらひ中臈けつり奉る也
  く心やすきものゝさすかにの給たハふれ
  なとしてつかひならし給へれハ・めしなき」30オ

  時もきこゆへき事あるおりハまうのほりけり・
  あやしき事の侍をきこえさせさらむも
0198【あやしき事の侍を】−命婦
  ひか/\しう・おもひ給へわつらひてとほゝゑミ
  てきこえやらぬを・なにさまの事そわれに
0199【なにさまの】−源氏
  ハつゝむ事あらしとなむおもふとの給へハ・いか
0200【いかかハ】−命婦
  かハみつからのうれへハかしこくともまつこそ
  ハ・これハいときこえさせにくゝなむといたうこと
  こめたれハ・れいのえむなるとにくみ給・か
0201【れいの】−源氏
0202【かの】−命婦
  の宮より侍る御ふミとてとりいてたり・まし
0203【宮】−蓬生
0204【まして】−源氏
  てこれハとりかくすへき事かハとてとり給」30ウ

  ふも・むねつふる・みちのくにかみのあつこえ
0205【みちのくにかみ】−今の檀紙ナリ 古今にみちのくのまゆミのかミといへり 檀ハまゆミ也
  たるににほひかりはハふかうしめ(△&め)給へり・いとよう
  かきおほせたりうたも
    からころも君かこゝろのつらけれは
0206【からころも】−末摘 元真集いつかわれ涙のつきんから衣君か心のつらきかきりハ(元真集311、源氏古注・花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  たもとはかくそそほちつゝのみ心えすうち
  かたふき給へるに・つゝミにころもはこのお
0207【つゝみ】−曩
0208【ころもはこ】−衣筥
  もりかにこたいなるうちをきてをしいて
0209【こたい】−古代
  たり・これをいかてかハかたはらいたく思ひ給へ
0210【これを】−命婦
  さらむ・されとついたちの御よそひとてわ
  さと侍める越はしたなうはは(は$え<朱>)かへし侍らす・」31オ

  ひとりひきこめ侍らむも人の御心たかひ侍へ
  けれハ・御らむせさせてこそハときこゆれは・
  ひきこめられなむハからかりなまし・そてまき
0211【ひきこめられなむハ】−源氏
0212【そてまきほさむ人も】−\<朱合点> 「白露(露=雪イ<墨>)ハけふはなふりそ白たえの/そてまきほさむ人もなき身に<朱>」(付箋02 古今六帖755・万葉2325、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄)
  ほさむ人もなき身に・いと(と+うれしき心さしにこそはと<朱>)の給ひてことにも
  のいはれ給はす・さてもあさましのくちつき
  やこれこそハてつからの御事のかきりなめれ・
  侍従こそとりな越すへかめれ・またふてのし
0213【侍従こそとりなをす】−此哥ハ手つからのかわろし侍従こそよくハよむへきとなり
  りとるはかせそなかへきと・いふかひなくおほ
  す・心をつくしてよミいて給つらむほとを・お
  ほすにいともかしこきかたとハこれをもいふ」31ウ

  へかりけりと・ほゝゑミて見給ふを・命婦おもて
  あかミて見たてまつる・いまやういろのえゆ
0214【いまやういろ】−こき紅梅也 うす紅梅ハ聴色也濃によりてえゆるすましといふ也
  るすましくつやなうふるめきたる・なおし
  のうらうへひとしうこまやかなる・いとな越/\しう
  つま/\そみえたる・あさましとおほすに・こ
  のふミをひろけなからハしにてならひすさひ
  給ふを・そハめに見れハ
0215【そハめに見れハ】−命婦
    なつかしき色ともなしになにゝこの
0216【なつかしき】−源氏
  すゑつむ花をそてにふれけむ色こきは
0217【すゑつむ花】−万よそにのミみつゝやこひん紅の末つむ花の色にいてすとも人丸(拾遺集632、河海抄・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚) 古今人しれす思へハくるし紅の末つむ花の色にいてなん(古今496・古今六帖3493、異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄)
0218【色こきはな】−\<朱合点> 「くれなゐを(を=のイ<墨>)色こき花とみしかとも/人をあくたに(たに=にハイ<墨>)うつろひにけり(ろひにけり=るてふなりイ<墨>)<朱>」(付箋03 出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄)
  なとみしかともなと・かきけかし給ふ・花のと」32オ
0219【花のとかめを】−命婦

  かめを(を+なを)あるやうあらむとおもひあはするおり/\
  の月かけなと越・いとおしきものからをかし
0220【月】−つま河海説
  うおもひなりぬ
    くれなゐのひと花ころも(△△&ろも)うすくとも
0221【くれなゐの】−命婦
  ひたすらくたすな越したてすハ心くるし
  のよやといといたうなれてひとりこつを・よき
0222【よきにハ】−源氏
  にハあらねとかうやうのかいなてにたにあら
0223【かいなてに】−をしなへてといふ心也
  ましかハとかへす/\くちをし人のほとの心
  くるしきになのくちなむハさすかなり・ひと
  ひとまいれハ・とりかくさむやかゝるわさハ人」32ウ
0224【とりかくさむや】−源氏

  のするものにやあらむとうちうめき給ふ・な
0225【なにゝこらむせさせつらむ】−命婦
  にゝこらむせさせつらむわれさへ心なきやうに
  といとはつかしくてやをらおりぬ・又の日うへに
0226【おりぬ】−下
0227【うへにさふらへハ】−命婦
  さふらへハ・たいはむ所にさしのそき給て・く
0228【くはや】−さあといふ也
  はや・きのふのかへり事あやしく心はミすく
0229【心はミすくさるゝ】−心たちすきたるとの給ふ
  さるゝとてなけ給へり・女はうたちなに
  事ならむとゆかしかる・たゝ梅の花の色
0230【たゝ梅の花の色】−\<朱合点>
  のこと
みかさの山のをとめをハすてゝと・
0231【みかさの山のをとめをハ】−\<朱合点> 求子哥也春日社ニテハミカサ山トウタフ余社ニテハ各其所ヲうたふ也青表紙云未勘云々
  うたひすさひていて給ひぬるを・命婦は
  いとおかしとおもふ・心しらぬ人/\ハなそ御ひと」33オ

  りゑミハ(ハ+と)とかめあへり・あらすさむきしも
  あさにかいねりこのめる花のいろあひやミ
0232【かいねり】−掻練也面ウラにくさハりにて中倍(倍=へ)なし紅の色也火色ハ面裏くれなゐの打物中へあり
0233【かいねりこのめる花のいろあひや】−風俗哥たゝらめの花のことかいねりこのむやけしむらさきの色このむや
  えつらむ・御つゝしりうたのいとおしきとい
  へハ・あなかちなる御事かなこのなかにハにほ
  へる花もなかめり・さこむの命婦・ひこのう
0234【さこむの命婦ひこのうねへ】−此二人ハ鼻のあかき人也
  ねゑ(ゑ$へ)や・ましらひつらむなと心もえすいひ
  しろふ・御かへりたてまつりたれハ・宮にハ
  女はうつとひて見めてけり
    あはぬよ越へたつるなかのころもてに
0235【あはぬよ越】−源氏返し 拾衣たに中にありしハうとかりきあハぬ世越さへへたてぬるかな(拾遺集789・拾遺抄270、源氏古注花鳥余情・休聞抄・紹巴抄・孟津抄・岷江入楚)
  かさねていとゝ見もしみよとやしろきかミ」33ウ

  にすてかひ給へるしもそなか/\おかしけ
  なる・つこもりの日ゆふつかたかの御ころもハこ
  に御れうとて人のたてまつれる御そひとく(く+たり・)
  えひそめのをりものゝ御そ又やまふきかな
  にそ・いろ/\見えて・命婦そたてまつりたる・
  ありしいろあひをわろしとや見たまひけんと
  思ひしらるれと・かれハたくれなゐのおも/\し
  かりしをやさりともきえしと・ねひ人ともハ
0236【ねひ人】−老
  さたむる・御うたもこれよりのハことハりきこえて
  したゝかにこそあれ・御かへりハたゝおかしきかた」34オ

  にこそなとくち/\にいふ・ひめ君もおほろけ
  ならてしいて給つるわさなれハものにかきつけ
  てをき給へりけり・ついたちのほとすき
0237【ついたちのほと】−正月一日改年源氏十八紫上十一
  てことしおとこたうかあるへけれハ・れいの
  所/\あそひのゝしり給ふに・ものさハかしけれ
0238【ものさハかしけれと】−蓬生
  とさひしき所のあハれにをほしやらるれハ・
  なぬかの日のせちゑはてゝ夜にいりて御せむ
  よりまかて給ひけるを御とのゐ所にやかて
0239【御とのゐ所】−きりつほ
  とまり給ぬるやうにてよふかしておハしたり・
0240【おハしたり】−蓬生許
  れいのありさまよりハけハひうちそよめき」34ウ

  (+よ)ついたり・君もすこしたをやき給へるけし
0241【君も】−蓬生
  きもてつけたまへり・いかにそあらためてひき
0242【いかにそ】−源氏
  かへたらむときとそおほしつゝけらるゝ・日さし
  いつるほとにやすらひなしていて給ふ・ひむかし
  のつまとをしあけたれハむかひたるらうの
  うへもなくあハれたれハ・ひのあしほとなくさし
0243【あし】−脚
  いりてゆきすこしふりたるひかりに・いとけ
  さやかに見いれらる・御な越しなとたてま
  つるを見いたしてすこしさしいてゝかたハら
0244【見いたして】−蓬生
  ふし給へるかしらつきこほれいてたるほと」35オ

  いとめてたし・おひな越りを見いてたらむ
  時とおほされてかうしひきあけ給へり・いと
  おしかりしものこりにあけもはて給ハて・け
  うそくををしよせてうちかけて御ひん(ん$<朱墨>)くき
  のしとけなきをつくろひ給ふ・わりなうふる
  めきたるきやうたいの・からくしけ・かゝ
0245【からくしけ】−唐匣
0246【かゝけのはこ】−掻上函也
  けのはこなと・とりいてたり・さすかにおとこ
  の御くさへほの/\あるをされておかしと見
  給ふ・女の御さうそくけふハよつきたりと
  見ゆるハ・ありしはこの心はをさなからなり」35ウ

  けり・さもおほしよらすけふあるもむつきてしる
  きうハきハかりそあやしとおほしける・ことし
0247【うハき】−表着
  たにこゑすこしきかせたまへかし・またるゝ
0248【またるゝものハ】−\<朱合点>
  ものハさしをかれて御けしきのあらたまらむ
  なむゆかしきとの給へハ・さえつるはるハと
0249【さえつるはるハ】−\<朱合点> 蓬生<右> 「百千鳥さえつる春ハ物ことに/あらたまれとも我そふりゆく<朱>」(付箋04 古今28、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄)
  かし(し$らイ、イ#<朱>)うしてわなゝかしいてたり・さりやとし
0250【さりや】−源氏
  へぬるしるしよとうちわらひ給て夢かと
0251【夢かとそみる】−\<朱合点> 「夢とこそおもふへけれとおほつかな/ねぬに見しかハわきそかねぬる<朱>」(付箋05 後撰714、奥入・源氏古注・河海抄・孟津抄・岷江入楚) わすれてハ夢かとそおもふ思きやイ<左>(古今970・古今六帖715・業平集60・伊勢物語152、源氏釈・異本紫明抄・紫明抄)
  そみるとうちすしていて給ふを・見をく
  りてそひふし給へりくちおほひのそは
  めよりな越かのすゑつむ花いとにほひや」36オ

  かにさしいてたり・見くるしのわさやとおほ
  さる・二条の院におはしたれハ・むらさきの君
0252【むらさきの君】−今年十一歳
  いともうつくしきかたおひにて・くれなゐは
  かうなつかしきもありけりと見ゆるに・む
0253【かうなつかしき】−紅顔をいふ
  もんのさくらのほそなかなよらかにきな
  して・なに心もなくてものし給ふさまいみしう
  らうたし・こたいのをハ君の御なこりにて・
  ハくろめもさ(さ#ま、ま=まイ)たしかりけるを・ひきつくろは
0254【はくろめ】−歯黒 山海経云東海有黒歯国其俗婦人歯志黒染
  せ給へれハ・まゆのけさやかになりたるも・う
  つくしうきよらなり・心からなと(と+か)かううき」36ウ
0255【心から】−源氏
0256【うき世を】−紫上と蓬生とをいへり

  世をミあつかふらむ・かく心くるしきものを
0257【心くるしき】−蓬生
  も見てゐたらてとおほしつゝ・れいのもろ
  ともにひい(ゝ&い)なあそひし給ゑなとかきて色
  とり給・よろつにおかしうすさひちらし給
  けり・われもかきそへ給ふ・かみいとなかき女
0258【われも】−源ノ
  をかき給ひて・はなにへにをつけて見給
0259【へに】−遠脂
  ふに・かたにかきても見ま(△&ま)うきさまし
  たり・わか御かけのきやうたいにうつれるかい
  ときよらなるを見給ひて・てつからこの
  あかはなをかきつけにほハして見給ふに・」37オ

  かくよきかほたにさてましれらむハ見く
  るしかるへかりけり・ひめ君ミていみしく
  わらひ給・まろかかくかたはになりなむと
  きいかならむとのたまへハ・うたてこそあ
  らめとてさもやしミつかむとあやうく思ひ
  給へり・そらのこひをしてさらにこそしろ
  まね・ようなきすさひわさなりや・うち
  にいかにの給はむ(む+と)すらむといとまめやか
  にの給を・いと/\おしとおほしてよりての
  こひ給へハ・へいちうかやうに色とりそへ給な・」37ウ
0260【へいちうかやうに】−「<平中妻哥也>/我にこそつらさハ君かみすれとも/人にすミつくかほのけしきよ<朱>」(付箋06 出典未詳、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄) 平仲也定文事也宇治大納言物語大和物語にあり女のよめる哥<右>

  あかゝらむハあえなむとたハふれ給・さまいと
0261【あえなむ】−ありなんといふ也又似たらんといふ心
  おかしきいもせとみえ給へり・ひのいとうらゝか
  なるにいつしかとかすみはたれるこすゑ
  ともの心もとなき中にも・むめハけしきハ
0262【むめハけしきハミ】−「にほはねとほおゑむ梅の花をこそ/われもおかしとおりてなかむれ(おりてなかむれ=折テハヲラマホシケレ イ)<朱>」(付箋07 好忠集26、源氏釈・奥入・異本紫明抄・紫明抄・源氏古注・河海抄)
  ミほゝゑミわたれるとりわきて見ゆ・ハしか
  くしのもとのこうはいゝとゝくさく花に
  て色つきにけり
    くれなゐのはなそあやなくうとまるゝ
0263【くれなゐの】−源氏
  梅のたちえハなつかしけれといてやとあ
  いなくうちうめかれ給ふ・かゝる人/\のす」38オ
0264【かゝる人/\の】−作者詞也

  ゑすゑいかなりけむ」38ウ

  伊行
【奥入01】琴詩酒伴皆抛我雪月花時
  尤憶君(奥入05)
【奥入02】伊毛可々度世奈可々度申支酒支可祢天也
  和可由可波比知可左乃比知可左のあめも
  やふらなむしてたをさあまやとり可左や
  とりて末からむしてたをさ(戻)
【奥入03】文集秦中吟
  夜深煙火尽 霰雪白紛々 幼者形不蔽」39オ

  老者体無温 悲端与寒気 併入鼻中辛(戻)
【奥入04】求子の哥をかすかにてハみかさ山とうたふ(戻)
【奥入05】文集六十二
  北窓三友
  今日北窓下 自問何所為 欣然得三友
  三友者為誰 琴罷輙挙酒 々罷輙吟詩
  三友逓相引 脩隈無已時 一弾△<カナフ>中心
  一詠暢四支 猶恐中有問 以酔弥縫之
  みつ(つ+の)ともハこれ也(戻)」39ウ

二校了(前遊紙1オ)