First updated 09/24/2003(ver.1-1)
Last updated 02/11/2020(ver.3-3 概要を記載)

若 紫

【概要】

・大島本「若紫」は、行間注記の巻である。

・朱筆で合点が掛けられ、行間に墨筆によって漢字ひらがな及びカタカナ表記で引き歌が注記されている。

・和歌の書写様式は、地の文から改行して和歌の冒頭を2字下げて書き出し、上句と下句との間で改行して下句は地の文の高さから書き、和歌の末尾に地の文を直接続けて書く(Ⅰ型A類①~③⑧~⑪⑭~㉔、18首)と上句と下句との間以外で改行し和歌の末尾に地の文を直接続けて書く(Ⅲ型A類④~⑦⑫~⑬、6首)という形式である。

・「若紫」では、冒頭に同字が並んだ場合に、同じ字母・字形で書かれているもの(19事例 表示)と異なる字母・字形でかかれているもの(13事例 表示)がある。前者が優る。

凡例

1.漢字は漢字のまま翻字し、他の変体仮名字母と区別するために太字で表示した。

2.通行の平仮名の字母はそのまま平仮名で翻字した。

3.変体仮名はその字母で翻字した。

4.片仮名はそのまま片仮名で翻字した。

5.仮名や字母の崩し方が複数ある文字については、一般的な字形を基準にして、それより元の漢字に近い字形には「と付記し、また一般的な字形とも異なった別の崩し字形には「と付記した。

6.本行本文は10.5ポイントで表示し、書入注記や付箋等は9ポイントで表示した。

7.行頭に同字が並ぶ場合に、異なる字母は赤色、同じ字母は緑色で表示した。

「わ可むらさ起」(題箋)

 

わらハやミ尓王(<>)らひよろ徒尓まし
0001【わらはやみ】-瘧病
0002
【ましなひ】-厭<日>
  なひ可ちなと万いらせへと志るしなく
0003【かちなと】-加ハ隆加也 持ハ護持也
  てあ万多ゝひおこ里个れ盤阿る
  き多丹な無な尓可し登いふ
0004【きた山】-向南山万
0005
【なにかし寺】-鞍馬寺
  可しこきをこなひ人侍こその
  丹おこ里て/\満しなひ王つらひ
  し越屋可てとゝむ累多くひあま多
  里き志ゝこらう(う
<>)し徒累う多て
  をとくこそ見させ多満ハめなきこ婦(こ婦
こゆ<>こゆこゆ<>、こふ#
  連はめしに徒可ハし多る尓おい可ゝま里て」(1オ・151⑤)
0006【かゝまり】-屈

  むろのと尓ま可てすとれハい可ゝ
  ハせいとしの日ても能せんとの
  ともむ徒ましき四五人者可り志てま多
  あ可おハすやゝふ可うい類なり个り
  三月徒こもりなれハ佐可りハ
  みな春き尓気りや万の佐くらハま多佐可り
0007【やまのさくらはまたさかり】-<朱合点> ふるサトノ花ハちりつゝみよしのゝ山の桜ハまたサカリナリ 赤人 里ハミナチリハテニシヲ足引の山の桜ハまたサカリ也 躬恒
  尓ていりもておハする満ゝに可すミのゝ春
  万ひもお可しうみゆ連ハ可ゝ類ありさ満も
  ならひハすとこ路せ御身尓てめつらし
0008【ところせき御身】-ひろき心也所もせきあえぬ也
  う)おほされ个りさ満裳いとあハれなり」(1ウ・151⑪)

  ミ年た可く婦可きい者(+)のにそ飛し里いり
0009【いは屋の中に】-古今 いかならんいはほの中にすまハかは世のうきことのきこえこさらん<>
  ゐ多り遣るのほり日て連とも志らせ
  ハすいとい多うやつ連へれと志るき
  満なれハあな可しこや一日めしし尓や
0010【あなかしこや】-ひしりの詞
  おハしますら無いまはこの
  へね个ん可多のをこなひもすて王すれて
0011【けんかた】-修験也
  るをい可てかうおハしましつらむとおとろき
  さ者きうちゑミ徒ゝてまつるいと多う
  ときいとこなり个りさるへきもの徒
0012【たいとこ】-大徳<ホウシ>
  くりてす可せ多てまつりかちなと万いる」(2オ・152②)
0013【すかせ】-飲心ナリ

  本と飛多可くさしあ可りぬ春こし多ちい
  亭徒ゝ王多志へハ可き尓てこゝ可し
  こ僧房ともあらハ尓おろさ類るゝこ能
  つゝらおり能志も尓おなし古し者な連と
0014【つゝらおり】-盤折 文集九折 文選 清少納言枕草子 とをくテちかき物くらまのつゝらおり
  類ハしく志王多してきよけな類やら
0015【らう】-廊
  うなとつゝ遣てこ多ちいとよしあるハな尓
  の春む尓可とゝひへハともこれ
  なんな尓可しそう徒のとせこもりる可
0016【なにかしそうつ】-覚忍僧都号北山僧都見栄花物語
  多尓るな者つ可しき春むなる
0017【心はつかしき】-源氏
  丹こそあなあやしうもあまり屋つ」(2ウ・152⑦)

  志个る可なきゝもそすれなの多満
  きよけな王らハなとあま多いてき
  あ可多てまつり者那おりなとするもあらハ尓
  可しこ尓こそあり个れそう徒ハよも
0018【かしこに】-御共人之詞
  さやう尓ハ春へハしをい可ならむと
  くち/\いふおりてのそくもありお可し気
  な類こともわ可き王らハへなんみ
  遊るといふハをこなひし多万ひ徒ゝ
  く類まゝにい可ならんとおほし多る
  をとかうまきらハさせおほしいれぬ」(3オ・152⑬)
0019【とかうまきらはさせ】-大徳詞

  なよくるときこゆ連ハ志り遍の
0020【しりへの山】-門前秋水後秋終日蕭々晩望閑 紀納言
  多ちいてゝの可多越見給者類可尓可すミ
  多りてよものこ春へそこ者可登な个ふり
  多れる本とゑ尓いとよくもに多る可な可ゝ類
  尓春む尓おもひのこすことハあらし
  可しとのへハこ連ハいとあさく
0021【これハ】-御共人の詞
0022
【人のくに】-他国也 非異朝
  尓なと尓う見ありさ満なと越らん
  せさせ(
て)らハい可尓ゑいみしうまさら
  せ者む婦しの尓可し能多けな
0023【なにかしのたけ】-大峯尺迦嵩<ダケ>あさまいつれにてもありなん
  多りきこゆるもあり尓しくにのおもし」(3ウ・153④)

  ろきうらいそのうへをいひつゝく類もあり
  てよろつ尓まきゝ(ゝ
<>)ハしきこゆち可起
0024【ちかき所に】-蔵人大夫良清か物語也 良清播磨守子也
  ハ者り満のあ可しのうらこ越ことに
  連のい多りふ可きく満ハなけ連と多ゝ
0025【くま】-隈
  う見のおもてをみ王多し多る本とな
  あやしくこ尓に春ゆ本ひ類(類
<><>、る#)なる
0026【ゆほひかなる】-<朱合点> 日本記 寛也 ひろき心ナリ<> みよしのゝ大川水のゆほひかにあらぬ物から浪のたつらん
  尓かのく丹のさ起のかみ志本ち能む春
0027【しほちのむすめ】-新発也 明石入道是也 明石上事自此物語始レリ
  め可し徒き多るいゑいとい多し可し大臣
0028【いといたしかし】-かたはらいたきほとなりといふ也
  のゝち尓ていて多ちも春へ可り个る
0029【いてたち】-出立於仕事也
  よ能ひ可もの尓てましらひもせ近衛」(4オ・153⑨)
0030【近衛の中将をすてゝ】-藤原実方朝臣長徳元正月十三日辞左中将任陸奥守即日還昇

  の中将を春てゝ申給ハれり気る徒る(る<>)さ
  なれとかのく丹の尓も春こしあな徒ら
  連て丹のめいもく尓て可見やこ尓も
  遍らんといひてかしら裳おろしり尓个る
  を春こしおくまり多春ミもせさる
0031【おくまり】-奥
  うミ徒ら尓いてゐ多るひ可/\しきやうな連と
  遣にかのく丹のうちにさもこもりゐぬ
  遍き/\ハありな可らふ可きさとハ者な
  連春こく王可きさいしのおもひ王ひぬ
  遍起丹よ里可つをや連類春満ひ尓なん」(4ウ・154①)

  さいつ満可り具多り亭りし
0032【さいつころ】-近曽万葉
  ついて尓ありさ満み多満へ尓よりてりし
  可ハ尓てこところえぬ屋うなり个連
  そ古え(え
<><>、え#)はる可尓い可免しう志めて徒くれ
0033【そこら】-幾多
  累佐万さハいへとくにの徒可さ尓て志をき
  気る事なれハこ里のよ者ひ遊多可尓
  ふへき可満へ裳尓な志多り个りのち能
0034【になく】-無二
  つとめもいとよくして/\本うし万
  りし多尓なり个類とせハ
  てそのむ春めハとゝひ个しうハあら春」(5オ・154⑥)
0035【さてそのむすめは】-源氏詞
0036
【けしうはあらす】-良清詞

  か多ち者せなるない/\のく丹
0037【たい/\のくにのつかさ】-代々国司ハあまたの国司をいふ
  の徒可さなようい古と尓してさる者へみ
  春なれとさらにう遣ひ可す王可可く
  い多つら尓志つめ類多丹あ累をこの
  とり尓こあ連おもふさ満ことなもし王れ
  尓をくれさしと気春このおもひ
  をきつる春くせ多可ハゝう見尓いりねつ年
  尓ゆいこ志をきてるなるときこゆ連盤
  裳お可しときゝ/\可い里うハう
0038【君】-源氏
0039
【人/\】-御供
0040
【かいりうハうのきさき】-大香王女事<>
  のきさ起尓るへきい徒きむ春めなゝ里」(5ウ・154⑪)

  多可さ具類しやとてわらふ可くいふ盤
  者りまの可ミのこ能くらよ里ことし
  かうふりえるなり个りいと春起多
0041【かうふりえたる】-叙爵也 正月五日叙位須巡爵
  裳のれハかの入道ゆいこ無やふり徒
  遍きハあらん可しさて多ゝす見よ類ならむ
  といひあへりいてさいふともひ多らむ
  おさなくよ里さるにおひいてゝ婦るめい
  多るおや尓のミ志多可ひ堂らむハ者ゝこそ
  ゆへあるへ个れよきわ可うと王らハなみや
  このやむことな起ところ/\よ里類い尓ふれ」(6オ・155③)

  て堂つとりてま者ゆくこもてな
  なれさけな里てゆ可ハさて
0042【なさけなき人】-後々の国司をいふ 素寂説ニ字一説誤也
0043
【なりてゆかは】-なりゆかハゝ国の守になりゆくをいふ
  すくてし裳えをき多ら志をやなといふ
  もありあり亭う見のこまてふ
0044【君】-源氏
  可うおもひいるら無このみるめも裳(裳<>裳#<>)も
0045【そこのみるめも】-<朱合点> 六帖 あまのすむ底の見るめもはつかしくいそにおひたるハかめをそつむ
  のむつ可しうなとの多まひ亭ゝなら寿(寿<><>、寿#
  おほし多里かやう尓てもなへてならす
  て飛可ミ多るこのミ給御心れハみゝ
  とゝまらむをやとミ多て万つるくれ可ゝ里
  ぬれとおこらせハすなりぬ類尓こそハ」(6ウ・155⑧)

  阿めれ者や可へらせんとある越いとこ
  もの(+
能)遣なと具ハら(ら<>)連るさ満尓ハしまし
  个るをこよひハなしつ可丹かちなと万いり
  ていてさせへとさもあるみな
  人申裳可ゝ類多ひ年裳ならひ多
  万ハ年ハさす可尓お可しくてさら者あか
  尓とのくて徒連/\なれハ
  くれのい多う可す(
<>)多る尓ま起連てかのこし
  者可起の本と尓ちいて人/\ハかへ/し
  これみ徒のあそむとのそへハゝ」(7オ・155⑬)
0046【のそき給へハ】-源氏墻間見事

  このしおもて尓志も春へ多てまつ
  里てをこなふあ万なり个りす多れ春こ/し
0047【あまなりけり】-紫上祖母按察大納言後室
  あけて多てまつ累めり者しらに
  よ里ゐて気うそ具のうへ尓きやう越をき
  ていとなやまし个尓よ見ゐ多るあ万きミ
  多四十よ者可り尓ていとし
  ろうあて尓やせ多連と徒らつきふくら可尓
  まミの本と可ミのうつくし気尓か連多る
0048【そかれたる】-垂尼也
  春ゑも/\な可きよ里もこよなういまめ
  かしきも能可なあハれ尓見給きよ遣なる」(7ウ・156④)

  おとな布多り者可りさてハわらハへそいていり
  あそ者可りやあらむ(
<>)みえ志ろ
0049【十はかり】-紫上是ナリ
  きぬふ起なとのへ多るきて者し里
0050【山ふき】-花山吹 面薄朽葉裏黄 裏山吹 面黄裏紅
  多るあ万たみえ徒ることもに類
  へうもあらすいみしくおいさ起みえうつ
  くし気那るか多ちなかミハあふき越
0051【かたちなり】-長恨哥 釵留一股合一扇におもひよそへたり
  ひろ遣多るやう尓ゆら/\として可本盤
  いとあ可く春里なして多てりな尓
0052【あかくすりなして】-なきてかほのあかき也
  そ王らハへと者ら多へる可とて
  万き見のみあけ多る尓春こしおほえ」(8オ・156⑩)

  多るところあれハこなめりとみ春ゝめ
  のこをいぬき可に可し徒る・ふせこのうちに
0053【いぬき】-犬公 上東門院の上童に此名アリ
  こめ多りつる裳のをとていとくちおし登
  おもへりこのゐ多るおとなれいのし能可ゝる
0054【おとな】-少納言乳母の詞ナリ
  わさをしてさいなまるゝこいと徒きな
  个れいつ可多へ可満可りぬるいとお可しうやう/\
  なり徒るものからすなと裳こミつ
  連とてちてゆくかミの(の
<><>、の)類ゝ可尓いとな
  くめや春きめり少納言めのとゝこ
  楚いふめるハこのこのうしろミなるへ/し」(8ウ・157①)

  あ万いてあなおさなやいふ可ひなう裳
  のし可なをの可かく个ふあす尓おほゆる
0055【けふあす】-依所労也
  いのちをハにと裳おほし多らてすゝめ志
  多ひ本とよ徒ミうることそとつ年尓きこ
  ゆるをうくとてこちやといへハ徒ゐゝ多り
  徒らつきいとらう多遣尓てまゆの王多りうち
0056【つらつき】-頬
  个ふりい者遣な可いや里多ひ多い徒
  き可むさしいみしううつくしひゆ可
0057【ねひゆかむ】-調
  むさ満ゆ可し起可なめとま里さる
  ハ可き里なを徒くしきこゆる」(9オ・157⑥)
0058【心をつくしきこゆる人】-藤壺女御事 紫上ハ藤つほのめいナリ

  いとよう尓てまつれる可まもら類なりけ
  里とおもふ尓裳ミ多そおつあ万きミ
  かミを可起なて徒ゝ个つるうるさ可り
0059【けつる】-梳
  へとお可しのくしやいと者可なうものし
  あハれ尓う志ろめ多个れ可者可里尓
  な連ハいと可ゝらぬもあ類ものを姫君
0060【こ姫君】-紫上母 兵部卿の室也
  ハ者可り尓て殿尓をくれひし本といみ
0061【殿に】-父大納言事
  志う裳のハおもひし里へりしそ可し
  多ゝい万をの連ミすて多てまつらハい可て
  尓おハせむとすらむとていミしくなく」(9ウ・157⑫)

  を見給もすゝろ尓可なおさなち尓も
0062【見給も】-源氏
  さす可丹うちまもりてふしめ尓なりてうつ
  ふし多る丹こ本れ可ゝり多るかミつや/\と
0063【つや/\と】-厳
  めて多うみゆ
    をひ多ゝ無あり可も志らぬ王可
0064【をひたゝむ】-祖母
0065
【ありかもしらぬ】-落着をしらぬ也
  をくら春そき盈んそらな起ゐ多る
0066【をくらす】-をくらかす也
0067
【露】-わかミにたとふ
  おとなけ尓とうちなきて
0068【おとな】-少納言乳母
    者つおひすゑ裳しらぬま尓
0069【はつ草の】-御前女房返し 伊勢物語 はつ草のなとめつらしきことのはそうらなく物を思ひける哉
  い可てのき盈んとすらむときこゆる本
  と丹僧都あな多よ里きてこ那多ハあ」(10オ・158④)
0070【僧都】-祖母の弟也

  らハ尓やら無気ふしもハし尓おハし
  満しける可なこの可ミのひし里の可多
  源氏中将わらハやミましなひ丹も能
  し个るをゝい満なむきゝ徒気
  いみしう志のひひ个れハ志りらて
  こゝにりな可らとふらひ尓もまて佐り遣る
  とのへハあないみしやいとあやしき
0071【あないみしや】-祖母尼
  さ満を屋ミ徒らむとてす多れおろし
  この尓のゝ志りひ可類源氏可ゝる
0072【この世にのゝしり給ふ】-僧都詞
  ゐて尓てまつりハんやよをすて」(10ウ・158⑨)

  多る本うしのち尓もいみしう
  連へ王すれよ者ひのふるありさ
  満なりいてうそこきこえんとて
  をとすれハかへり日ぬあハれなるをみ
0073【あはれなる人】-源氏心
  徒る可な可ゝれハこの春きものともかゝ類
  ありきをのミしてよ具さるましき
  をもミ徒くるなり个りまさ可尓
  い徒る多かく日の本可な類ことをミ
  類よとお可しうおほ春佐てもいとうつく/し
  可り徒るちこ可ななにら無可能」(11オ・158⑭)
0074【かの人】-藤つほ

可者り尓阿けくれのなくさめ尓も
  やとおもふふ可う徒きぬうちふしへる
  尓僧都てしこれみつをよひいて
  さ春本となきれハ裳や可てきゝ
  よきりをは志万し遣るよしゝい満
0075【よきり】-過 僧都使詞ナリ
  なむ人申す尓とろきな可らさふらへき
  を可しこのてらにこもりりとハ志ろ
  めしな可ら志のひさせへるをうれ盤
0076【うれはしく】-憂
  くおもひへてなんくさのむしろも
0077【くさの御むしろ】-そのかミのいもゐの庭にあまれりし草のむしろもけふやしくらん 天台大師忌月慈恵僧正詠也 続後撰也 止観云霄大土絶跡深洞不渉人間結草為席被鹿皮衣
  この者う尓まう遣へ个れいと本いな」(11ウ・159⑤)

  き申給へりいぬるの本と
0078【いぬる十よ日】-源氏返事
  よ里わらハやみ尓わ(<><>、+)らひる越ひ可さ
  なりてか多くれハをしへの
  万にハか尓徒年いりりつれと可やうな
  類志るしあらはさぬと起ハし多可る
  遍き裳ゝなるよ里ハいとおしうおもひ
  へ徒ゝみてない多う志のひりつる
  い満そな多尓もとのへり春なハち
  万いりへり本うしなれといと者つ
  可しく可ら裳やむことなく尓おもハれ」(12オ・159⑪)

  へるなれハ可る/\しきありさ満越
  ハし多うおほ春か具こもれる本との御物
  可多りなときこえおなし志者能い本り
0079【おなししはの】-僧都
  なれと春こしすゝしきな可れも
  らんせさせんとせち尓きこえへハかのま多ミ
0080【かのまたミぬ】-源氏心中
  ぬ/\尓こと/\しういひき可せ徒る
  を徒ゝましうおほせとあハれなり徒るあり
  さ満もいふ可しくておハしぬ遣尓いととに
  よしありておな木草をもうへな
  へりもな起ころなれハ屋り可ゝ」(12ウ・160②)

  里ともしとゝ(ゝ<>)ろなとも万いり多みな
  みおもていときよ気尓志つらひへりそ
  ら多きものいと尓くゝ可本りいて名香
  なと尓本ひ見ち多る尓きミのをひ可せ
  いとことなれハうちの/\裳徒可ひ春
  へ可めり僧都世つ本(本
<>、本$<>)年なもの可多里
  のときこえ志らせ王可徒
  ミの本とおそろしうあちきな古ゝ(ゝ
<>)に
  を志めてい気る可きりこれを日なやむ
  遍きなめりましてのち能いみし」(13オ・160⑦)

  可るへきほし徒ゝけてかうやうな類春
  まひ裳せ万本しうおほえふ裳の可ら
  ひ類のおも可け尓かゝ里てし个れハ
  こゝ尓も志多まふハれ尓可堂つ年きこ
0081【こゝにものしたまふハ】-源氏
  盈ま本しきをみへし可な个婦
0082【夢をみ給へし】-そら事に夢をミたまふとのたまふ也 おもしろきかきさま也
  な日あハせつるときこえへハうち
  王らひてうち(
<>)気(気)な御夢可多り尓
0083【うちつけなる】-僧都
  なる堂つ年させひて裳御心をとりせさせ
  ぬ遍し故按察大納言尓なくて
  飛さしくなぬ連ハえ志ろしめさし」(13ウ・160⑫)

  可しそのき多の可多なな尓可し可いも
0084【いもうと】-あねをいもうとゝいふ
  うと尓可能按察可くれてのちをそ
  きてる可このころわつらふ事侍丹より
  可く尓もま可て年ハもしこもり
0085【かく京にもまかてねハ】-禁足時分也
  ても能しるなりときこえかの大納言
0086【かの大納言】-源氏
  のミむ春めものしふときゝへし盤
  春起/\しき可多尓ハあらてまめや可尓きこ
  ゆるなりとをしあてにのへハむ春め多
0087【むすめ】-僧都
  ひとりしうせてこの尓やな
  里りぬらん故大納言内尓多てまつらむな」(14オ・161③)

  とかしこういつしを能本いのこ
  く裳ものしらて春起し可ハ
  このあ万ひとりもてあつ可ひし本と尓
  い可なる志王さに可兵部卿
  志のひて可多らひつきへりけるをもとの
0088【もとのきたのかた】-紫上のまゝ母ナルヘシ
  き多の可多やむことなくなとしてや春可らぬ
  おほくてあけくれものをおもひてな
  なくなり尓も能おもひ尓やまひ徒く
  裳のとめ尓ち可くみへしな申給
  らハそのこなり気りとおほしあハせ徒み」(14ウ・161⑨)
0089【みこ】-親王兵部卿宮

  このすち尓てかの尓もかよひきこ盈
0090【かの人】-藤つほ
  多る尓やといとゝあハれ尓みま本し
  本ともあて尓お可しう/\能さ可志ゝ(ゝ
<>
0091【さかしら心】-進心<サカシコヽロ> 万葉<> 古 さかしらに夏ハ人まねさゝのはのさやく霜夜を我ひとりぬる<頭右> 六帖 秋の野にゆきて見るへき花の色をたかさかしらにおりてきつらん<頭左>
  くうちか多らひてまゝにをしへおほ
  し多てゝみハやとおほ春いとあハれ尓も
  のし多まふ可なれハとゝめふ可多ミ
  も起可とおさな可り徒るゆくゑの越多
  し可尓志ら満本しくてとひへハ
0092【なくなり侍し】-僧都
  なりし本と丹こし可れも尓て
  そゝ連尓徒気てものおもひのもよ本し尓」(15オ・161⑭)
0093【ものおもひ】-祖母尼

  なむよハひの春ゑ尓へなけき
  めるときこえされハよとおほさるあやし
0094【されはよ】-源氏
  きことなれとおさ那きうしろミ尓おほ春へ
  くきこえてんやおもふありてゆき可ゝ
0095【ゆきかゝつらふかた】-葵上
  つら婦可多裳りな可ら志まぬ尓や
  あらんひとりすミ尓てのミなむま多尓
  なきほとゝつ年の丹おほし那すらへて
  ハし多なし(し
<>)やな(△&)との多満へハいとうれ
0096【いとうれしかるへき】-僧都
  可るへきおほせことなるをま多む気尓
  者きなき本と尓めれハハふれ尓ても」(15ウ・162⑤)

  らんしか多くやも/\女人尓もてな
0097【そも/\女人は】-法師の詞にかきなす
  されておとな尓もなりふものれハくハ
  しくハえと里さすかのをハ尓か多らひ
  りてきこえさせむとすくよ可尓いひて
  のこわき佐万しへれハ王可き御心
  者つ可しくてえよくもきこえハすあミ
  多ものしう丹する事侍るころ尓
  な無やいま多つとめらす春くして
  さふらハむとてのほりちもいと
  なやましき尓春こしうちそゝきや満」(16オ・162⑩)

  可せひやゝ可尓ふき多る尓きのよとみ
  
)も万さりておと多可うきこゆ春こし
  ねふ多けなる(+
と)/\春こくきこゆ
  類なする(る
<>)路なる可らあハれ
  なりましておほしめくらすことおほくて
  とろませハすそやといひし可とも
  い多うふけ尓个りうち尓もぬ遣ハひ
  志るくていと志のひ多れとすゝの遣う
0098【けうそく】-脇息 枕草子云 すゝのけうそくなとにあたりてなりたるこそ心にくけれ
  そく尓ひきならさ類ゝをと本のきこ盈
  徒可しうう地そよめくをとなひあて者可」(16ウ・163①)

  なりときゝ多万ひて本とも那くち可个れハ
  に多て王多し多屏風春こし
  ひきあ気てあふき越ならしへハおほえ
  (
<>ちすへ可めれときゝ志らぬやう尓やとて
  ゐさりいつるあなすこし志そきてあや
0099【人】-少納言乳母
0100
【しそきて】-退
  しい(い<>)可みゝ尓やととるをきゝ日て
0101【きゝ給ひて】-源氏
  とけの志るへハくらきいりてもさらに多可う
  まし可な類裳のをとゑのいとハ
0102【の給ふ御こゑの】-少納乳母
  うあてなるにうちいてむこハ徒可ひも者つ
  し个れとい可なる可多のをん(をん
<>)志るへ尓可おほ」(17オ・163⑦)

  つ可那くときこゆ遣尓うち徒けなりと
0103【けにうちつけなり】-源氏
  ほめき者むもとハりなれと
    者つ能王可者のうへを徒るよ里
0104【はつ草の】-源氏
  多ひ年の可ハ可ぬときこえ
  てむやとのさらに可やうのせうそこ
0105【さらにかやうの】-少納言乳母
  うけハりわゝ(ゝ<>)へきも能志多万ハぬ
  さ満ハ志ろしめし多り遣なるをれ尓
  可ハときこゆをのつ可らさるやうありてき
0106【をのつから】-源氏
  こゆるな(+羅)んと日なへ可しとのへ者
  いりてきこゆあないまめ可しこのやよ」(17ウ・163⑬)
0107【いりてきこゆ】-少納言乳母
0108
【あないまめかし】-祖母尼
0109
【よついたる】-をとなしき人也

徒い多るほと尓おハするとそおほ春らん
  類尓てハかの王可くさをい可てきいへるこそ(そ
<>
  そとさ満/\あやしき尓こゝろみ多れて
  ひさしうなれハなさけなしとて
    ゆふこよひ者可りのけさ越見
0110【枕ゆふ】-祖母
0111
【み山のこけに】-高光集 おくやまの苔の衣にくらへなんいつれか露ハこほれまさると
  こけ尓くらへ佐らな無ひ可多うるも
  をときこ盈可うやうのつゐてなる
0112【かうやうの】-源氏
  せうそこハま多さらにき古盈志らすならハぬ
  尓な無か多しけなくとも可ゝるついて尓
  め/\しうきこ盈さすへきことなむとき」(18オ・164⑤)

  こえ万へれハあ万きミひ可きゝ
  類ならむいとむつ可しき遣ハひ尓な尓こ
  を可ハいらへきこえむとのへハ者し多うも
  こおほせと/\きこゆ遣尓わ可や可なる
0113【けに】-尼上
  う多てもあらめまめや可尓の多満可多
  し遣那し登てゐ佐りよ里へりうち
0114【うちつけに】-源氏
  気丹あさ者可なりとらんせられぬへき
  ゐてなれと尓はさ裳おほえらね
  ほと遣ハをのつ可らと(
と)ておとな/\しう者
  つ可しけなる尓徒ゝまれてとミ尓もえうち」(18ウ・164⑩)

  いてハす遣尓おもひへよ里か多き徒ゐて尓
0115【けに】-尼上
  かくまての多満ハせきこえさする裳い可ゝとの
  あハれ丹うけ多満ハるありさ満をかの
0116【あハれに】-源氏
  き尓个む可者り尓おほしないてむやいふ
  かひな起本とのよ者ひ尓てむつまし可るへき
  尓もちをくれり尓个れハあや
0117【人にもたちをくれ】-源氏母ト祖母とにをくれし事也
  しううき多るやう尓てとしをこ
  さ年おなしさ満尓ふなる越
0118【おなしさま】-紫上も同ほとの事也と
  多くひ尓なさせへといときこえ万本しき越
  可ゝ類おりり可多くてな無おほされん」(19オ・165②)

  をもハゝ可らすうちいてりぬるときこ盈た
  まへハいとうれしうまへぬ遍き(+

0119【いとうれしう】-尼上
  (+からもき古しめし飛可め多る)とやらんと徒ゝましうなむあやしき
  ひとつをのもしするな無
  連といとま多いふ可ひなき本と尓てらんし
  ゆるさ類ゝ可多もり可多个なれハえなむ
  うけハりとゝめられ佐り遣るとのミな
  ほつ可な可らすうけハるもところせ
  うおほし者ゝ可らてへよる佐万ことな
  類本とをらんせよときこえへといと」(19ウ・165⑧)
0120【いと】-尼上

  尓けなき古と越さ裳志らてとおほ
  し亭とけ多いらへもなしそう徒お
  ハしぬ連ハよしかうきこ盈そりぬ連ハ
0121【よしかう】-源氏
  と多のもしうな無とてをし多
0122【をしたて給つ】-障子ヲ
  可つき可多尓なり尓気れハ法花三昧をこ
0123【法花三昧】-止観ニ四種三昧おろし尓徒きて
0124【せむ法】-懺法天台御作也
  こえく類いと多うとくきのをと尓ひゝ
  あひ多
    まよふみや万おろし尓
0125【吹きまよふ】-源氏
  めてもよ本す多きのをと可な」(20オ・165⑫)

    佐しくみ尓ぬらし気る山水
0126【さしくみに】-そうつ さしよりに也やかてといふ心也 或抄云 さしくむハ指出也 涙くむも泪の出ナリ<> 後撰 いにしへの野中のし水ミるからにさしくむ物ハ泪成けり<>
  尓すめるハさハ起やハする見ゝなれハへり尓
  个りやときこ盈あけ行空いとい多う可
  春みてのとりともこ者可となうさえつり
  あひ多り裳志らぬ木草者なとも
0127【名もしらぬ木草】-文集 草堂記 縁陰蒙々朱実離々不識其名四皓一色
  /\尓ちりまし里丹し起をし遣ると
0128【にしきをしける】-<朱合点> 元輔集 花のかけにしきをしけるこよひかなたゝまくほしき庭と見えつゝ
  ゆる尓志可能多ゝすミあり具(具)裳めつら
  しくなやまし佐もまきれ者
  ひし里うこき裳え年とと可う志
  こしむ万いらせ可れ多るこゑ能いと」(20ウ・166④)
0129【こしむ】-護身

  い多う春起ひ可めるもあハれ尓くう徒きて
0130【すきひかめる】-老人の声の調子にのきさる也
0131
【くう】-功ナリ
  多らによミ多む可への/\万いりて
  をこ多へるよろこひきこえうちよ里
  もとふらひあり僧都にみえぬさ満の
  く多ものな尓くれと尓のこまて本り
  いていとなミきこえことし者可りのち可ひ
0132【ことしはかりのちかひ】-僧都禁足
  ふ可うりてをく里尓もえ万いり
  ましきこ/\尓へらるへき可
  なきこえおほミき万いり山水
0133【山水に】-源氏
  尓と満りぬ連とうちよ里裳おほつ」(21オ・166⑨)

  可な可らせへるもかしこ个れハない満こ
  の能おり春くさす満いりこむ
    宮人て可多らむさくら
0134【宮人に】-源氏
  よ里さき丹きてもみるへくとの給御もて
  なしこわつ可ひさへめもあやな類尓
    うと無気のまちえ多るちして
0135【うとむけの】-僧都返し<> 天台之優曇華三千一現之則金輪王出云々 優曇華翻為瑞応 法華経如優曇鉢華時一現耳<>
  みさくら尓めこそうつらねときこ盈多
  まへハ本ゝゑミてありてひと多ひ飛らく
  なるハか多可なるものをとのひし里
  かハらけて」(21ウ・167①)

    お本そをまれ尓
0136【おく山の】-ひしり
  ま多可ほをる可なとうちな
  てみ多てまつるひし里まもり耳とこ
0137【とこ】-独鈷
  多てまつる見給僧都さう登具たい
0138【さうとくたいし】-聖徳太子
  しのく多らよ里え多満へり気るこむ
0139【くたら】-百済国也
0140
【こむかうしのすゝ】-法隆寺太子宝物中金剛子念珠在之 元興寺資材帳第九云 喜多迦子金剛子此等皆自百済国所献也云々
  かう志のすゝ能万のさうそ具志多る
  や可てそく尓よ里いれ多る者このからめ
  い多るをすき多る婦くろ尓いれてこえう
0141【すきたるふくろ】-万葉 はり袋われハたかりぬすり袋いまハえくしか翁さたせん
  のえ多尓つ个てこむ累里の徒本とも
0142【こむるり】-紺瑠璃壺
  くすりともいれて布ちさくらなと尓つ遣」(22オ・167⑥)

  てところ尓徒遣多るをくり裳のともさゝけ
  多てまつりきミひし里よ里ハしめ
0143【と経】-読経
  志つ可(可<>)本うしのふせともまう気のも
  のともさ満/\尓とり尓つ可ハし多り个連ハ
  そ王多りの可つまてさるへきものとも
  なとしていてうち尓そう
  ついりかのきこ盈しこま年ひ
  きこ盈へと登もかくもゝい満ハきこ
  えむ可多なしもし御心さしあらハいま四五
  を春くし亭こそハともかくもとのへハさ」(22ウ・167⑫)

  なむとおなしさ満尓のミある越本いなしと
  お本すうそこ僧都もとなるちいさ
  きわらハして
    遊ふ万くれ本の可尓いろをミて
0144【ゆふまくれ】-源氏<> 古今 山桜霞の間よりほのかにもみてし人こそ恋しかりけれ<>
  けさハ可すミのちそ王つら婦御返
    万こと尓やあたりハ堂ちうきと
0145【まことにや】-御返し
  可すむる能个しきをもみむとよしある
  てのいとあてなるをうちすて可いへり
  てまつる本と大殿よりいつちとも
  なくておハしましに个る古とゝてむかへ」(23オ・168③)

  の/\きミ多ちなとあま多満いり
  里頭中将左中弁さらぬきミ多ち裳
  多ひきこ盈てかうやうのともにハ徒可う
  まつりらむとふるをあさましく
  をくら(
<>)せへる古とゝうらミきこ盈ていと
  いみし起可け尓しハし裳や春ら
  ハすち可へりら無盤あ可ぬ王さ可な
  のい者かくれのこけのうへ尓なミ井
0146【こけのうへに】-林間煖酒焼紅葉 石上題詩掃緑苔
  て可ハら遣万いるおちく類さ満なゆへ
  ある多きのもとなり頭中将ふとこ路なり」(23ウ・168⑧)

  けるふえとりいてゝ布起すまし多
  のきミあふき者可なううちならしてとよ
  らしなるや
う多ふよ里ハ古と
0147【とよらの寺のにしなるや】-<朱合点> 催馬楽 かつらきの寺のまへなるやとよらの寺のにしなるやえのは井に白玉<シラタマ>しつくやましら玉しつくや
  きミ多ちを源氏いとい多ううち
  やミてい者尓よ里ゐ多まへるハくひな
  く遊ゝしきありさ満尓そな尓に(
<>
  めう徒るまし可り気る連いのひち里き
0148【ひちりき】-篳篥
  布く春いしむさう能ふえ(え<>)も多せ多る春起
  裳のなとありそうつきむをみつ可らもて
0149【きむ】-琴
  万いりてこ連多て悲とつあそハしてお」(24オ・168⑬)

  なしうハおとろ可しらむと
0150【山の鳥もおとろかし】-列子 瓠巴皷琴瑟鳥舞而魚躍而遊矣<> 遊仙屈云 玄鶴俯而聴琴<>
  ち尓きこ盈へハみ多りいと多へ可多き
  裳のをときこえへとけ尓ゝ(
<>)可らす可きな
  してみな堂ちあ可すくちおし
  いふ可ひなき本うしわらハへもをお
  しあへりましてうち尓はとしおい多るあ
  万きミ多ちなまたさらに可ゝるあり
  さ満越ミさりつれハこのものともおほえ
  万ハすときこ盈あへり僧都あハれな
  にの尓て可ゝ類さ満な可らいとむつ可し」(24ウ・169⑤)

  きひのもと能春ゑのうまれへらむと
  みる尓いとなむ可なしきとてめをしのこひ
  このわ可きミさなち尓めて多
0151【わかきみ】-紫上なり
  可なみ多(+ま)ひてありさ満よ里も
  まさりへる可なゝ(ゝ
<>)とのさらハかの
  こ尓なりてハしませよときこゆ連盤
  うちうなつきていとようありなむとおほし
  多ひいな阿そひ尓もゑ可いふ尓も源氏
  のきミと徒くりいてゝきよらなるきぬきせ
  かしつきハまつうち尓まひり」(25オ・169⑩)
0152【君】-源氏

  ろのもの可多りなときこ盈いとい多
  うおとろへ尓个りとてゆゝしとおほし
  めし多ひし里のうと(と$
<><>)かりける
0153【たうとかりける事】-灌頂<>
  とゝハせくハしくそうしへハあさり
0154【あさり】-阿闍梨
  と尓もるへきもの尓こそ阿な連をこ
  ひのらうハつもりてほや个尓志ろし
  めされさりけるらうた可りの多万
  ハせ个り大殿万いりあひむ可へ尓も
  とおもひへつれと志のひ多るありき
  尓い可ゝと日者ゝ可りてなむのとや可丹」(25ウ・170①)

  二日うちや春みへとて屋可てをくり徒可
  うまつらむと万へハさし裳おほさ年と
  ひ可されてま可て多まふ王可御車尓のせ多て
  つりふ亭みつ可らハひきい里て
  徒連りもて可し徒きゝこえへる御心者への
  あハれなるをそさす可尓くるしくおほし
  気る殿丹(
丹)もハしますらむとつ可ひし
  ひさしく多満ハぬ本といとゝ多万能う
  て那尓み可き志つらひよろつをとゝのへ
  へり女君れいの者ひかく連てとみ尓」(26オ・170⑦)
0155【女君】-葵上

  いてハぬをとゝせち尓きこ盈から
  うして王多りへりゝゑ尓可き多る裳の
  能ひめきミのやう尓志すへられてうちみし
  ろき給事裳か多くうるハしうても能志
  へハもふこともうち可すめみちのも能
  可多りをもきこえむハ(ハ
・い<>)ふ可ひありてお可しう
  いらへ多まハゝこそあハれならめ丹ハもと个(个
<>
  春うとく者つ可しきもの丹おほし(
<>とし能可
  さなる尓へて御心のへ多てもまさるをいと
  くるしくおも者す尓と起/\ハの徒年なる」(26ウ・170⑫)

  気しきをみハやへか多う王つらひ
  しをもい可ゝとた尓とひ者ぬこめつらし
  らぬなれとうらめしうときこ盈
  らうしてと者ぬハつらきもの尓やあらんと
0156【とはぬはつらき】-<朱合点> 後 わすれねといひしにかなふ君なれハ問ぬはつらき物にそありける<> 六帖 うらむへきほとハなけれと大かたもとハぬハつらき物にそありける<>
  志りめ可り(可り<>)みをこせへるま見いと者つ可し
  気尓遣多可ううつくし遣な可多ちな里
  まれまれあさましの
<>と者ぬなといふ
  きハゝとにこうくもひな
  す可なよとともにハし多もてなしを
  もしおほしなおるおりもやととさ満可う」(27オ・171④)

  さ満丹ミきこ遊(遊)る△(△$<>本)といとゝおもほしう
  とむなめり可しよしやいのち多尓とてよる
0157【いのちたに】-<朱合点> 命たに心にかなふ物ならは何かハ人をうらミしもせん<>
  のおまし尓いり日ぬきミ婦ともいり
  すきこえ王つらひひてうちな个きて婦志
0158【きこえわつらひ】-源氏
  へる裳きな起尓やあら無
  多け尓もてなしてと(
<>)うをおほしみ多る
  類ことおほ可りこの王可くさのおひいてむ本との
  な越ゆ可しきを尓けない本とゝおもへりしも
0159【にけないほと】-上ニこの詞あり
  こと者りそ可しいひよ里か多き尓も
  ある可ない可丹可満へてやすくむ可へと」(27ウ・171⑨)

  里てあけくれのなくさめ尓みん兵部卿
  のいとあて尓な万めいへれ登尓本ひや可尓
  なともあらぬをい可て可のひと(
ひと)そうにおほえらむ
0160【いかてかのひとそうに】-孫也 これハ紫上ノ父ヲさしをきて藤つほの女御に似たまへる事をいへり
  悲とつきさ起者羅なれハ尓やなとおほす
0161【ひとつきさきはら】-兵部卿宮と藤つほとハをなし后はら也 先帝の御すゑとも也
  可りいとむつましき尓い可て可とふ可うお本
  ふミ多てまつ連へりそう徒尓も
  本のめ可しふへしあ万うへ尓はもて者な
  連多りし遣しきの徒ゝましさ丹おもひ
  ふるさ満をもえあらハし者てらすな里
  尓しをなむか者可りきこゆる尓てもをし」(28オ・172①)

  なへ多らぬさしの本とをらんし志らハい可
  尓うれ志うなとありにちひさくひきむ春ひ
  て
    面影越裳者那(
<>)す山桜心
0162【面影は】-源氏
  かきりとめて古し可とよ能まのうしろ
0163【とめて】-留
0164
【よのまの風】-<朱合点> 後拾遺 あさまたきおきてそくつる梅の花よのまのかせのうしろめたさに 元良親王
  め多くな無登ありてなとハさ類もの尓て
  たハ可なをし徒ゝミへる佐万裳ま(ま=
さイ)多春
0165【をしつゝみ給へるさま】-つゝみやう嫁娶記に見えタリ
0166
【さたすきたる】-央也 半スキタルナリ 一説サタハ比ナリ 中サタモ中比ナリ 万葉 おきの浪へナミのキヨリサタノ浦のこのサタスキテのちこひんにも 是モ此比也乎 レイ 半過也
  起多めともめもあや尓このましう
  あなか多ハらい多やい可ゝきこ盈んと
0167【かたはら】-片腹
  ほし王つら婦ゆくての御事な越佐り」(28ウ・172⑥)
0168【ゆくての】-過さまの御詞也 又便ナリ

  思給へなされしをふり者へさせへる
0169【ふりはへ】-うちはへ也
  きこえさせむ可多なくな無ま多なにハつ
0170【なにはつをたに】-<朱合点> 古今 序に難波津あさ香山の哥をてならふ人のハしめにもしける一字つゝかく也
  を多尓者可/\しう徒ゝ遣らさめれハ
  ひなくなむさても
    嵐吹おのへのさくら地らぬま越とめける
0171【嵐吹】-あま君
  本との者可那さいとゝうしろめ多可(可<>)う(<>)あり
  御返なしさ満なれ者くちおしく
  て二三日ありてこれみつをそてまつれ
  少納言のめ能とゝいふあへし多つ年て
  くハし婦か多らへなとのしら春さもかゝ」(29オ・172⑫)
0172【さもかゝらぬくまなき】-惟光か心

  らぬく万な御心可那さハ可りい者けな遣
  なりし遣ハひをとまほならねとも
0173【まほ】-真帆
  本と越日や類もお可し王さとかうふミある
  をそうつもかしこま里きこ盈少納言
  尓うそこしてあひ多くハしくおほ
  しのふさ満お本可多のありさ満なと可
  多ると者おほ可る尓て徒き/\志ういひ
  徒ゝくれといとわりな起本と越い可尓お本春
  尓かとゆゝ志うなむれも/\ほし
  遣るふミ尓もいとねむころ尓可い多万ひて」(29ウ・173③)

  連いのにかの者那ち可起なむな越
0174【御はなちかき】-放書也 一字つゝかきたる也<> うつほの物語 なかたゝの大将わか宮の御れうにかきてまいらせたる手本にもはなちかきあり<>
  み多まへま本しきとて
    あさ可阿さくもをおもハぬ尓なとや万
0175【あさか山】-源氏
0176
【なとやまの井の】-万葉 アサカ山カケさへみゆる<> さきに難波ツヲタニツヽケ給ハぬとあるゆへにあさか山ヲよミ給へり<>
  の可気者なるらむ可へし
    く見そめてくやしときゝし
0177【くみそめて】-あま君 六帖 くやしくそくみそめてけるあさけれは袖のミぬるゝ山の井の水
  あさ起な可らや可けをみるへきこれみつ
  おしこと越きこゆこの王つらひ給事
0178【おなしこと】-尼上未無頼状之由を申す
  ろしくハこのころすくして殿王多
0179【京の殿に】-故按察大納言宿所六条京極也
  里なむきこ盈さすへきとあるを
  となうおほ春布ちつ本のなやミふ」(30オ・173⑨)
0180【ふちつほの宮なやミ給ふことありて】-病悩四月ハしめ三月の末也

  ことありて万可てへりうへのおほつ可な可り
  な気きゝ古え遣しきもいと/\お
  うみ多てまつりな可らかゝ類おり多
  あく可れまとひていつく尓もく(く
/\<>まうてハす
  うち尓てもさと尓てもひるハ徒連/\とな可め
  くらしてくるれハわう命婦をせめありき
0181【わう命婦】-王氏の命婦也 王女御なといふかことし
  い可ゝ多ハ可り个むいと王りなくてみ多てまつる
0182【みたてまつる】-源氏ニ会合ハ四月事也
  本とさへうつゝと盤おほえぬそ王ひしきや
  もあさまし可りし越おほしいつる多尓よと
0183【よとともの】-一生のあいたのこゝろなり
  とものものおもひなる越さて多やミなむと」(30ウ・173⑭)

  ふ可うおほし多る尓いとうくていみしき
  遣しきなるもの可らなつ可しうらう
  多け尓さりとてうちとけ春こゝろふ可う
0184【こゝろふかう】-密<ミツ>通継母事 高宗例天皇后大宗后也 桓武通井上内親王光仁后也
  者つ可しけなもてなしなとのな越
  尓ゝさせ者ぬをと可な能めなることた耳
0185【なのめなること】-わるき所たにましりたまはんそなり
  うちまし里ハさり个むとつらうさへそ
  おほさ類ゝを可ハきこえ徒くし
  むくら尓屋とりもとらまほし遣
0186【くらふの山】-<朱合点> 古今 梅の花にほふ春へハくらふ山やミにこゆれとしるくそありける<> 拾遺 すミ染のくらふの山にいる人ハたとる/\そかへるへらなる 六帖 くらふ山くらしと名にハたてれともいもかりといはゝよるもこえなん 六帖哥すこしかなへりとなん<>
  なれとあや尓くなるみし可尓てあさ
  ましう/\なり」(31オ・174⑤)

    てもあふまれなる能うちに
0187【見ても又】-源氏
  や可てま起るゝ王可とも可なむせ可へり
  婦さ満もさす可尓いみし个れハ
    よか多里尓や徒多遍ん多くひな
0188【よかたりに】-藤つほ
  うきをさめぬ耳なしてもおほし
  み多連多るさ満裳いとことハり尓か多し
  遣な命婦のきみそな越しなとハ可き
  あつめもてき多る殿尓おハしてな起ね
0189【なきねに】-ねをなくをうち返していへり あふことのいまハなきねの夢ならていつかハ君を又ハミるへき 上東門院崩後
  ふしくらしひつふミなともいの
  らんしいれぬよしのミあ連ハつねと」(31ウ・174⑪)

  な可らもつらういみしうおほし本れてうち
  へもまひらて二三日こもりおハすれハい可
  なる尓可と
<>)うこ可せへかめるもおそ
  志うのミおほえな越いとうきミ
  なり个りとおほしなけく尓なやまし
  さもま佐りひてとく万ひりへき
  つ可ひ志きれとおほし裳多ゝす満こと尓
  御心ち連いのやう尓もおハしまさぬハい可
  なるに可と志れすお本す裳あり
  个れハうくい可ならむとのミおほしみ多類」(32オ・175②)

  あつき本とハいとゝお起もあ可りハす三月
  尓なへハいと志るき本と尓て/\多て
  まつりと可むるにあさましき春くせ
  本とうし日よらぬことなれハこの
  まてそうせさせハ佐りけるとおとろき
  きこゆわ可御心ひとつ尓ハし類うおほし
  王く裳あり个り殿と尓も志多
  しうつ可ふまつりて気し
  きをも志るく多てまつり志れるめ能
  とこの命婦とそあやしとおもへと」(32ウ・175⑧)
0190【弁命婦】-親行本弁ト命婦ト切句

  か多み丹いひあハすへきにあらねな越
  の可れ可多可りけ累すくせをそ命婦ハあさ
  ましとおもふうち尓はものゝ遣能まきれ
  とみ尓遣しきなうおハしまし遣るやう
  うし个む可しみるもさのミおもひ
  个りいとゝあハれ尓かきりなうおほされて
  つ可ひなとの(+
ひ)万那きもおそろしう
  のをお本すひ万那し中将きミ
  おとろ/\志うさ満ことなる
  てあハするものをめしてとハせへハをよ」(33オ・175⑬)

  ひなうおほしも可(+け)ぬすち能ことをあハせ个り
0191【おほしもかけぬすちのこと】-源氏君の御子后の御腹にいてきたまふへきよしあハする歟
  そ尓多可いめありて徒ゝしませふへき
0192【たかいめ】-源氏の御子をハ父御門の御子と人の思ハんするやうの事也
  ことなむるといふ丹王つらハ志くおほえ
  みつ可らの尓はあら春御事を可多る
  な里このあふまて又人耳ま年ふな
  のうち尓はい可なるならむと
  ほし王多る尓この女宮御事きゝひて(
て)
  (+もし佐るやうもやとお本しあハせたまふ)尓いとゝ志くいみしき者徒くしき
  こ盈へと命婦おもふ尓いとむくつ个う
  わつらハしさ満佐りてさら尓多い(い#
<><>)可るへき」(33ウ・176⑤)

  可多那し者可那きひとく多りの御返
  万佐可な里しもえ者て尓多り七月尓な
0193【七月】-フツキ
  里てそまひりひ个るめつらしうあ者れ
  尓ていとゝし起おもひの本とかきりなし
  春こしふくら可丹なりひてうちなやミ
0194【ふくらかに】-懐孕四ケ月ナリ
  おもやせ多満へる者多け尓にるものなくめて
  多いのあけくれこ那多尓のミお
  しましてあそひもやう/\お可しき
  なれハ源氏い登(
登)満なく
  しまつハし徒ゝふえさ満/\」(34オ・176⑩)

  尓つ可うまつらせいみしう徒ゝミへと
  志のひ可多起个しきのもりいつるおり/\
  もさす可なるともおほくお本し
  徒ゝ遣ゝりかのてら能よろしくな
0195【よろしくなりて】-紫上祖母
  里ていて尓遣りの(+)春見可つ年て
  /\のうそこなとありしさ満尓のミ
  あるもとハりなるう地尓このころハあり
0196【ありしにまさる】-<朱合点> 薄雲の御事のまさり給へる也<> 伊勢物語 いとひてハたれか別のかたからんありしにまさるけふハかなしも 謙徳公集 わすれなんいまはと思ふ時にコソありしにまさる物おもひハすれ<>
  志尓まさるおもひ尓古と/\なくて春起ゆく
  春衛徒可多いとも能本そくてなけき
  可しき志のひ多るから」(34ウ・177①)

  うして日多ちへるを志ら(ら<>)れめいてう地
  そゝくお者する六条京極王多り尓て
  よ里な連ハ春こし本とと越きち春る尓
  連多るいゑのこ多ちいとものふりてこくらく
  み盈堂る阿り連いのとも尓者なれぬこれ
  見つな無按察大納言いゑ尓りて
0197【こ按察の大納言のいゑ】-これも六条京極辺也
  ものゝ多より尓とふらひてし可ハかのあ万うへ
  い多うよ王り尓多れハなにもおほえ春
  となしてしときこゆれ盤あ者れの
0198【あはれの事や】-源氏
  とふら婦へ可り个るをと可さな無ともの」(35オ・177⑦)

  せ佐りしいりてせうそこせよとの多万へハ
  いれてあないせさすわさとかう多ちよ
  里へるい者せ多れハいりてかくとふら
  ひ尓なむハしまし多るといふ尓おとろき
  ていと可多ハらい多起可なこのころむ个尓
  と多能もし遣那くならせひ耳多れハ
  めんなともあるましといへとも可へし多
  まつらむハかしこしとてみなミ能飛さし
  きつくろひ日(日
<>)ていれ多てまつるいとむ徒可
  し个尓連と可しこまりを多尓とて」(35ウ・177⑫)

  ゆく里なうも能ふ可きおまし尓なむと
0199【ゆくりなう】-不意 日
  きこゆ个尓可ゝ類連い尓多可ひておほさる
  徒ねへ多ちな可らかひなきさ満
0200【つねに思ひ給へたちなから】-源氏
  耳のもてなさせふ尓徒ゝまれりて
  なむやませふこをもくともう(
う)気多
  万ハゝ(ゝ
<>)さりけるおほつ可なさなときこ盈
  み多りちハいつともなくのミる可かきり能
0201【みたり心ち】-尼君
  さ満な里りていと可多し気那く
  よらせへる尓みつ可らきこ盈させぬこ
  多万ハ春類ことの春ち万さ可にもおほ」(36オ・178④)

  しめしか者らぬやうらハかく王りな起よ
  ハひすきりて可なら須可す満へさせ
  いみしう本そき(き
<>)尓み多満へをくな可ひ
  るみち能ほ多し尓多まへられぬ遍き
  なときこ盈へりいとち可个れハ本そけな
  類ゑ多/\きこ盈ていと可多し遣な
  王さ尓る可なこのかしこま里
  裳きこえ多まつへきほとなら満し可ハと
  のあハれ尓きゝな尓可あさう
0202【あハれに】-源氏
  へ(+む)△△△△ゆへかうすき/\しきさ満」(36ウ・178⑨)

  てまつらむい可なるちきり尓多て
  まつりそめしよ里あ者れ耳おもひきこ
  ゆ類もあやしきまてこの尓は
  おほえらぬな可ひな起心地のミし
0203【かひなき心地のミ】-源氏
  るをかの)い者けなう裳のし飛とこ
  い可てとのへハいてやよろつおほし志らぬ
0204【いてやよろつ】-尼君方の女房
  さ満尓おほとのこも里いりてなときこゆ
  類お里し裳阿な多よ里く流をとして
0205【うへこそ】-姫君 上ハ尼上也 宜也
  へここのてら尓ありし源氏きみこ
  おハし多なと万ハぬとふを」(37オ・178⑭)

  /\いと可多ハらい多しと日てあな可ま
  ときこゆいさミし可ハ心地あしさ那くさ
0206【いさミしかハ】-姫君
  みきとひし可ハそ可しとかしこ起こと
  きこえ多りとおほしていとお可し
0207【いとおかし】-源氏
  と起いへと/\のくるしと日多れハ
  き可ぬやう尓て満めや可なるとふらひを
  こ盈をきてかへり日ぬ个尓いふ可ひな
  気ハひやさりともいとようをしへてむとおほ春
  いとまめや可尓とふらひきこえ
  いのちひさくて」(37ウ・179⑥)

    い者けな起多ゑきゝしよ里
0208【いはけなき】-源氏
  あしま耳なつむそえらぬおなし
0209【なつむ】-泥ナリ
0210
【えならぬ】-たゝならぬ也
0211
【おなし人にや】-<朱合点> みなと入のあしハケをふねさハりおほミおなし人にやこひんと思ひし<右> 古今 ほりへこくたなゝしをふねこきかへりおなしをやこひワたりなん<左>
  
とこと佐らおさ那くかきなへる
  もいみしうお可し遣なれハや可てて本む尓
  と/\きこゆ少納言そきこ盈多とハ
0212【とハせ給へるハ】-尼上ノ女の事
  せへるハ个婦をもすくしか多遣なるさ満尓
  亭山寺ま可り王多るほと尓てかうとハせ
  へる可しこまり者このらてもきこ盈さ
  せむとありいとあ者れとおほ春
0213【秋の夕ハ】-いつとても恋しからすハなけれとも秋のゆふへハあやしかりけり
  していと満なくおほしみ多るゝ」(38オ・179⑫)
0214【人】-藤つほ

  のあ多り尓を可けてあな可ちな類ゆ可り
0215【ゆかり】-紫上ハ藤つほのめい也
  裳つ年万ほしきま佐りふなる
  遍しき盈む起とあ里しお本
0216【きえむ空なき】-尼君哥詞
  しいてられてこひしくもみハおとり
  やせむとさす可丹あやふし
    丹徒ミてい徒し可裳む無らさ起能
0217【手につみて】-源氏
0218
【むらさきの】-古今 紫の一本ゆへに<>
  ね耳可よひ気るのへの王可草十月
0219【ねにかよひける】-藤つほのゆかり也
  すさく可うあるへしまひ
0220【すさく院】-三条朱雀四町後院也
  やむいゑのことも可む多ちめ殿上人
0221【いゑのことも】-良家子
  ともなともその可多尓つき/\志起ハみな」(38ウ・180③)

  えらせへれハ見こ多大臣よ里ハしめて
  とり/\能さえともらひいと満な
  さと尓もひさしくをとつれハさりける
  をおほしいてゝふり者へ徒可ハし多
  个れハそうつのかへりのミあり堂ち
0222【たちぬる月の廿日のほと】-九月廿日也 中旬比まてハ尼君京殿に侍り
  ぬる廿日のほと尓な徒ゐ尓むなしく
  見給へなして遣むのう里なれと可那
  しひふる(る
<>)なとある越見給なか(る&か)
  の者可なさもあハれ尓うしろめ多遣耳
  里しい可ならむお
)佐な起ほと尓」(39オ・180⑧)

  やすらむこみや(<><>、や+をくれ多てまつりし
0223【こみやす所】-桐壺更衣事
  なと者る(る<>)/\し可らね日いてゝあさ可らす
  とふらひへり少納言ゆへな可らす可へり
  ときこ盈多いミなと春きてとの尓
  ときゝへハ本とへて徒可らのと可な類
  おハし多いと春こ遣耳あれ多る
  ひとすく那ゝ類耳い可尓おさなおそ
  しからむとみゆ連いの尓い連多てまつり
  て少納言御ありさ満なとうちなきつゝきこ盈
  徒ゝくる尓あいなても多ゝならす」(39ウ・180⑭)
0224【宮に】-父兵部卿宮

  耳王多し多てまつらむとめる越こひめき
0225【こひめきみ】-紫上母
  ミのいとなさけ那くうきもの尓日きこ
  盈へり志丹いとむ遣耳ちこならぬよハひ
0226【ちこならぬ】-十歳許也
  のハ可/\しうおもむ気をもし里
  ハす可そらな類本と尓てあま多も能し
0227【ものし給ふなる】-兵部卿宮の本の北方の腹に女一人冷泉院女御又一人鬚黒大将室也
  ふなるあな徒らハしき尓てや
  ハんなとすきぬるもよとゝも尓
)おほ
0228【すき給ぬる】-祖母
  なけきつるこ志類きことおほくる尓
  かく可多し遣那きけのとの者ゝのち能
0229【なけの】-無気ないかしろ也 なをさりの心也
0230
【のちの御心】-祖母の後世の心なり
  とりきこ盈させすいとうれしう」(40オ・181⑤)

  おもひへられぬへきおりふし尓りな可ら
  春こし裳そらひなるさ満(
満)尓もも能し
  ハすとしよ里も王可ひてならひへれハ
  いと可多ハらい多るときこゆなに可かう
0231【なにかかう】-源氏
  くりかへしきこ盈志らする本と越徒ゝ
  ミらむいふ可ひなき御心ありさ満
  のあハれ尓ゆ可しうおほえ多万ふもちき里
  こと丹なむ可らおもひ志られ気る
  徒てならてきこえしらせ者や
    あし王可のうらにみるめ盤か多くとも」(40ウ・181⑪)
0232【あしわかの】-源氏<> あしわかのうらにきよする白波のしらしな君ハわか思ふとも<> アシノ世ノワカキニヨセタリコヽニテハワカ恋ニヨセタリ<>

  こハ多ちな可らかへるなミ可ハめさまし可ら
0233【めさましからむ】-面白も有るましからん心ナリ<>
  むとのへハ个尓こそいと可しこ个れとて
    よるなミの志らて王可のうら尓
0234【よるなミの】-少納言返し
  多万もなひ可ぬ本とそう起堂類王りな起
  ときこゆるさ満のなれ多る尓すこし
  徒ミゆるされこえさらんうちすし
0235【なそこえさらん】-<朱合点> 人しれす身ハイソケトモとしをへてなそこへかたきあふ坂の関
  多万へるをにしみて王可起/\おもへり
  ハうへをこいきこ盈日てな起ふし
0236【君は】-紫上
  満へる耳あそひ可多起とも越しき
0237【な越しきたる人】-源氏
  おハす累のおハしますな」(41オ・182③)

  めりと起こゆ連ハおきいて日て少納言
0238【おきいて給ひて】-紫上
  な越しき多りつらむハい多(多#)つら尓(尓<>、尓#<>おハする
  可とてよりおハし多るいとらゝ(ゝ$
う)多し
  尓はあらねほしはな
)つへうも裳(裳<>、裳#<>)あ
0239【宮にはあらねと】-源氏
  らすこちとのふを者つ可し可里し
0240【はつかしかりし】-紫上
  さす可尓きゝなしてあしういひて个りとお
  本してめのと尓さしよ里ていさ可し
0241【めのとに】-少納言
0242
【いさかし】-率
  多起尓へハい満さらになと志のひ
0243【いまさらに】-源氏
  むこのひさのうへ尓おほとのこもれよい満春
  こしよりへとのへハめ能とのされハこ」(41ウ・182⑧)
0244【めのと】-少納言

  かうつ可ぬ本と尓てなむとてをしよせ多
  まつり多連ハな尓なくゐ多満へる尓
0245【なに心もなく】-紫上
  をさしいれてさくりへれハなよら可な
0246【てをさしいれて】-源氏
  かミハ徒や/\とかゝりて春ゑのふさや可
  耳さくりつけられ多るいとうつくしうおもひや
  ら類(+
累)て越とらへ多まへれハう多て連いならぬ
0247【うたてれいならぬ人の】-紫上
  可具ち可つきへるハおそろしうて
  なむといふものをとて志ひてひきいり
  徒きて春へりいりてい満ハまろそへき
0248【つきてすへりいりて】-源氏
  うとミそとの多満め能といてあ」(42オ・182⑭)
0249【めのと】-少納言

  なう多てやゆゝしう裳る可なきこ盈さ
  せ志らせとも佐らにな志るしも
  しものをとてくるし遣丹日多れハさり
0250【さりとも】-源氏
  とも可ゝ流本と越い可ゝハあらん越多
  志らぬさしの本と越者てへとの
  られ布りあ連てすこ起
)のさ満なりい可
0251【いかてかう】-源氏
  てかうすくな本そうてすくし
  らむとうちなひいとみ春て可多き本
  となれハみかうし万いりね裳のおそ
  路し起さ満なめ類をとの尓て」(42ウ・183⑤)

  らむ/\ちかふさふらハれよ可しとて
  いとな連可本尓うち尓いりへハあや
  しうおもひの本可尓もあきれて
  も/\ゐ多りめのとハうしろめ多う王
  里なしとおもひ(ひ
<>)とあらましうきこ盈さ
0252【あらましう】-荒
  ハくへきならねうちな気起つゝゐ多り
  王可きミはいとおそろしうい可ならんと王な
  な可れていとうつくしきハ多つきも
  路さむ遣尓おほし多る越らう多くおほえ
  て悲とへハ可りをゝしくゝみて王可御心」(43オ・183⑩)

  ちも可つハう多ておほえへとあ者れ尓うち
  可多らひ日ていさ多まへよお可しきゑな
  お本くひゝなあそひなとするところ尓と
  徒くへきふ遣ハひのいとなつ可し
  き越おさなきち尓いとい多うをちす
  春可丹むつ可しうねもいら須おほえみしろ
  きふし多万へり日とよふきあるゝ
  耳遣尓かうお者せさらまし可ハい可丹
  そからまししくハよろしき本と尓
  ハしまさまし可ハとさゝめきあへりめ能とハ」(43ウ・184②)

  うしろめ多さ尓いとち可ふさふら婦可せ春こ
  しふきやミ多る耳ふ可ういてふも
  ことあり可本なりやいとあハれ耳み多てまつる
0253【いとあはれに】-源氏
  ありさ満をい万ハまして可多と起のまも
  おほつ可な可るへしあけくれな可免ると
  ころ尓王多し多てまつらむ可くてのミハい可ゝ
  裳のをちしハさり个りとのへハ
0254【宮も】-少納言
  む可へ丹なときこ盈のふめれとこの御四十
0255【この御四十九日】-十一月九日これにあたる也
  九日春くしてや(<>ふるときこゆれハ
  多能もし起すちな可ら裳よそ/\尓てな」(44オ・184⑦)
0256【たのもしき】-源氏
0257
【すち】-宮
0258
【よそ/\にて】-紫上事

  らひへるハお那しうこうとうおほえ多
0259【おなしうこそ】-まゝ母と
  ハめい満よりみ多て万つれとあさ可らぬ
0260【いまより】-源氏ミつからの給ふ
  しハまさりぬ遍くな無とて可いなてつゝ
  かへりみ可ち尓いてひぬいみしうき
  里王多れるゝならぬ尓し裳ハいと志
  ろうをきて満ことの遣さう裳お可し可り
  ぬへき佐う/\志のひ(のひ
うおも<>)おも(も<>)者すいと志のひ
  てかよひふところのみちなり个るを
0261【かよひ給ふところ】-上に見えつる同人歟
  ほしいてゝかとうち多ゝ可せへときゝ徒くる
  ひとな可ひなくてとも尓こゑあるして」(44ウ・184⑬)

  う多ハせ
0262【うたハせ給ふ】-男の哥うたハせて女にきかする事 伊勢物語
    あさ本らけきり多まよひ尓も
0263【あさほらけ】-猿丸大夫集云 あひしれる女の家のまへをわたるとて草をむすひていれたりける いもかかとゆきすきかねて草むすふ風吹とくなあハん日まてに
  す起可多きい裳可かと可なとふ多可へりハ可り
  う多ひ多る尓よしあるし裳徒可ひをい多/して
0264【しもつかひ】-下仕
    多ちとま里きりのま可起のす起うくハ
  佐し尓佐者りしもせしといひ
0265【草のとさし】-<朱合点> 後撰 門たゝくにあけさりける女のもとへつとめてせうそこつかハしたりける返事に いふからにつらさそまさる秋のよの草のとさしにさハるへしやハ
  可けて又人もいてこ年ハかへるもな
  気なけ連とあけゆくハし多なく
  て殿へおハしぬ可し可りつるこり
0266【おかしかりつる人】-紫上
0267
【なこり恋しく】-<朱合点> 六帖 よもすからたつさハりつるいもかそてなこり恋しくおもほゆる哉
  しくひとりゑミ志つふしへりひ」(45オ・185⑤)

  多可うおほとのこもりおきてふミや里
  耳かくへき連いなら年ハふてう
  ちをきつゝ春さひゐ多まへりお可しき
  ゑなとをやり可しこ尓は个婦し裳
0268【宮】-兵部卿宮
  王多りへりとしころよ里も古よな
  あ連まさりひろうものふり多いとゝ
  すくなひさし个れハみ王多し
  可ゝ類尓ハい可て可志ハし裳おさな
  春くし者む可しこ尓王多し多て満
  徒りてむなにのところせ本と尓もあら」(45ウ・185⑩)

  春め能とハ佐うしなとしてさふらひなむ
0269【さうし】-曹司
  ハ王可き/\あ連ハもろともにあそひていと
  う裳のしひなむなとのち可う
  ひよせ多てまつり多万へる尓かのうつり
  かのいみしうえむ尓しみ可へらせ給へれハ
  お可しの尓本ひやそハい登なへてとくる
  し遣耳おほい多としころもあつし
0270【としころも】-継母のいへる詞
0271
【あつしくさたすき給へる人】-故祖母
  くさ多春起へるへる尓可し
  こ尓王多りてみならしへなものせしを
  あやしううとミをくめりし越」(46オ・186①)
0272【あやしううとミ給て】-宮御詞加給ふ也
0273
【人】-祖母

  可ゝ流おり尓しもものし者むもくるし
  うなとのへ盤可ハ本そくとも志ハしハ
0274【なにかハ】-少納言
  かくておハしましなむ春こし裳のゝこゝ
  路おほし志りなむ尓わ多らせ者むこ
  よくハへ个れときこゆよる(
飛る<>)こ飛(飛)きこ盈
0275【よるひるこひきこえ】-祖母を
  多まふ尓者可那きもの裳起こしめさす
  とて个尓いとい多うおもやせへれといとあて
  耳うつくしくな可/\みえまふな尓
0276【なにか】-宮
  さし裳おほ春い満ハ耳なき
  可ひ那しをの連あれハ可多らひ」(46ウ・186⑥)

  きこ盈ひてくるれハかへらせふをいと
0277【いと心ほそし】-紫上
  本そしとおほゐてないへハうちな起
  日ていとかうおもひないり个婦あす
  王多し多てまつらむなとかへ春/\古し
  らへをきていて日ぬこ里もなくさめ
  可多うな起ゐへりゆくさ起ののあら無
  とまてもおほし志らすころ
  多ち者な類ゝおりなうまつハしならひて
  い満ハな起日尓个るとおほ春可
  みし起(う&
起)尓おさな起御心ちなれとむ年つ」(47オ・186⑫)

  とふ堂可りて連いのやう尓もあそハす
  ひるハさてもま起らハしふをゆふく連と
  なれハいみしく具しへハかくてハい可て可
0278【くし】-苦
  春こし者むと那くさめ王ひてめ能とも
  な起あへりきミのもとよ里ハこれみつ
0279【きみ】-源氏
  を多てまつれへ里まいりくへきをうち
  よ里めしあれハなむくるしうみ多
  つりし裳志つなくとてと能ゐ多て
  つれへりあち起なう裳ある可な
0280【あちきなうも】-少納言
  ふれ尓て裳も能ゝハしめ耳この御事」(47ウ・187③)

  きこしめしつ遣ハさふら婦/\の
  をろ可なる尓そさいなまむあな可しこ
  のゝついて尓い者気那くうちいてき(+
古)えさせ
  ふなゝ(ゝ
<>)といふもれをハな尓ともお本し
  多らぬそあさましきや少納言ハこれみつ
  あハれな類も能可多りともしてあり遍て
  のちやさるへき春くせの可れきこ盈
  者ぬやう裳阿らむゝい満ハ可けてもいと
  尓けな御事多てまつるをあやしう
  (+
本しのハするも可な累こゝ路丹可)おもひよ類可多なみ多連遣婦もミや」(48オ・187⑨)

  王多らせうしろやすくつ可うまつれ
  おさなくもてなしきこゆな者せ
  つるもいとハつらハしうゝなるよ里ハかゝ類
  す起日いてられりつるな
  (+
いひてこのあり可本尓やハむなと)あいな个れハい多うなけ可し気尓もいひ
0281【この人】-惟光
  なさ春いふ裳い可なることに可あらむと
0282【たいふ】-大夫
  え可多ふおもふまひりてありさ満なきこ盈
  个れ盤あハれ耳おほしやら類連とさて
  かよひ者む裳さす可丹すゝろなる
  して可類/\しうもてひ可め多るとも」(48ウ・187⑭)

  やもりき可むな徒ゝまし个れハゝむ可へ
  てむとおほ春ふミハ多ひ/\多てまつれ
  くるれハ連いのいふをそたてまつれ
  さハるとものありてえまひりこぬ(+
ヲ)をろ
  尓やなとありよ里あす尓は可尓
0283【宮より】-少納言詞
  へ尓との多満者せ多りつれ者あハ多ゝ志く
  てとし古ろのよもきふを可れなむも
  さす可耳本そさふら婦/\裳
  おもひ(
<>)多れてととすくな尓い日ておさ/\
  あへ志らハすものぬひいとな無遣ハひなと」(49オ・188⑥)

  志類个れハ万いりぬきミハ大殿おハしける
0284【きミ】-源氏
  耳連いの女君とみ尓も多いめむし多まハ春
0285【女君】-葵上
  ものむつ可しくおほえあつ万をす可ゝ(ゝ#<><>
0286【あつまをすかかきて】-<朱合点> 和琴名 又東<アツマ>調とて秘曲アリ<> 菅攬片攬とて和琴ヲ神楽催馬楽ニ合トキの手也<>
  きて越こそつくれいふう多を
0287【ひたちにはた越こそつくれ】-<朱合点> ひたちにハ田ヲコソツクレたれをかね山ヲ三野ヲ君かあまたきませりあなヨキマせりや 常陸哥 風俗四首 秘曲の一也
  こゑハいとな万めきて春さひゐ多まへり
0288【まいりたれハ】-惟光
  いり堂れハめしよせてありさ満とひ堂まふ
  可/\なときこゆ連ハくちおしうお
  かの耳王多りなわさとむ可へいて
  むもす起/\し可るへしおさな起
  ぬ春ミいて多りともと起おも(も
<>)ひな無」(49ウ・188⑪)

  さ起耳志ハし尓もくちか多めて王多し
  てむとおほしてあ可可しこ丹裳のせ
  そうそく(
<><>、+)な可らすいしんひとりふ多里
  おほせ越き多れとうけ多万ハりて
  多ちぬきミい可耳せ満しきこ盈阿里て
  春起可満しきやうなるへきこ本と多尓
  ものをおもひ志り可ハしけ累
  をし者可られぬへくハ能つ年なちゝ
  多つ年いてへらむもハし多なうすゝろ
  なるへきをとほしみ多るれとさて者つ」(50オ・189③)
0289【はつしてむ】-とりはつしてんの也

  してむハいとくちおし可へ个れハま多
  可ういてきミ連いの志ふ/\耳もと
0290【女きみ】-葵上
  気春ものし可しこ耳いとせちにみるへ
  きる越おもひへいてゝち可へり
  まいりきなむとていてへハさふら婦
  裳志らさり个里わ可可多尓てをしな
  ハ多てまつるこれみつ者可りを耳のせ
  おハしぬ可とうち多ゝ可せへハ志らぬ
  あけ多る尓くるまをやをらひきさせて
  多いふつ万とをならして志はふけハ少納言」(50ウ・189⑧)

  きゝ志りていてき多りこゝにおハしますと
  いへハおさなと能こも里てななと
  可いとふ可うハいてさせ遍るとものゝたよ
  里とおもひてい婦へ王多らせへ可なるを
0291【宮へ】-源氏
  そさ起耳きこ盈を可むとてなむと
  へハ裳(裳#
<><><>)可らむい可丹ハ可/\し起
0292【なに事にか】-少納言
  いらへきこえさせハむとてうち王らひ
  てゐ多りきミいりへハいと可多ハらい多くうち
  とけてあやし起ふるともる尓
  きこ盈さすま多おとろいハしないて」(51オ・189⑭)

  めさ満しき古え)む可ゝ類あさきりを志
  らてハぬるもの可とて入給へハやともえきこ
  盈春きミハな耳も那く多満へるを
  い多きおとろ可し(△△△△
とろ可し)おとろきて
  む可へ尓おハし多るとをひ連てほし
  多くし可きつくろひなと志いさ
  徒可ひ尓て万いりきつるそ
  耳あらさり気里と阿きれておそろしと
  おもひ多れハあなまろもおなし
  とてかきい多起ていてへハいふ少納言」(51ウ・190⑤)

  なとこハい可尓ときこゆ古ゝにハつ年尓も
  万いらぬ可お本つ可な个れハやす起
  きこえしをうく王多りへるなれハまし
  てきこ盈か多可へ个れハ飛とり万いられ
  よ可しとのへハあ者多ゝしくて遣ふはい
  とひむなくなへき王多らせハん
  尓ハい可さ満尓可きこ盈耶らんをのつ可ら本
  とへてさ(+
る)へき尓おハしまさハともかう裳(+り)
  流(流#
)なむをいとひ屋りな本とのこと耳
  連ハさふら婦/\くるしうるへし」(52オ・190⑩)

  起こゆ連ハよしのち尓ハ万いりな
  御車よせさせへハあさましうい可さ満
  尓とひあへりわ可あやし登お本
  してない少納言とゝめきこえむ可多な
  気連ハよへぬひしともひきさけて
  徒可ら裳よろしきゝぬき可へて能りぬ二条
  ち可个れハま多あ可うもらぬ本と尓お
0293【ちかけれハ】-迎紫上二条西対事
  ハしてしのい尓御車よせており
  王可きミをハいと可ろら可耳可きい多起亭
  おろし少納言な越いとちし」(52ウ・191②)

  る越い可尓しへき耳可とやすらへハ
  そハゝ(ゝ
<>)里御身つ可ら王多し多て万つり
0294【そハ】-か(か$1そ)れハ心也トいへり
0295
【御身つから】-紫上の事
  徒連ハかへりなむとあらハをくりせむ可し
  との王らひておりぬ尓は可尓あさまし
  うむ年も志つ可ならすおほしの
  ハむこい可丹なり者て布遍起ありさ満
  耳可とて裳可くてももし起/\耳
  をくれへる可いみしさとおもふ尓と満
  らぬをさす可尓ゆゝしそ(そ#
け)連ハむし
  ゐ多りこな多ハす見ハぬ多いなれハ御帳」(53オ・191⑦)
0296【御】-ミ

  なとも可り个りこ連みつめして帳御
  屏風とあ多り/\志(
志)多てさせ
  可多ひら日起おろしお満しなとゝひき
0297【おましなと】-御席なともとよりまかれてあれはひきひろく斗也といへり
  徒くろふ者可り尓てあ連ハひむ可しの多
  耳との井裳のめし耳つ可ハして
  ほとのこ裳里ぬ王可ゐ(
ゐ)とむく徒个く
  い可尓するもな(
<>)むとふる者れへとさす
  耳こゑ多てゝ裳えな起者す少納言
  もとにむとのこゑいと王可しい満ハさは
  おほとのこも累ましきよとをしへきこえ」(53ウ・191⑫)

 へハいと王ひしくてなきふしへりめ能
  とはうち裳ふされ春ものもおほえおき
  ゐ多りあけゆくまゝに王多せハおとゝの
  徒くりさ満志つらひさ満さらにもい者す
  尓はの春那こ裳万をかさ年多らむ
  やうにかゝやく心地する尓ハし多なく
  おもひゐ多れとこな多尓ハともさふらハ
  佐り个り気うと起まらうとなとのまいる
  おり婦しの可多なり个れハおとこともそ
  春のと尓あり个るかくむ可へへりとき」(54オ・192③)

  くたれならむお(+本)ろけ丹ハあらしと
  さゝめくてうつ可ゆなこな多耳万
  いるひ多可うねをきひとなくてあし
  可めるをさるへき/\ゆふ徒気て
  ハむ可へさせハめとい耳ハらハへめ
  し尓徒可ハ春ちゐさ起可きりと佐ら耳
  いれて(て
<>)あり个れハいとお可し遣尓て四人
  いり多里そ尓まとハれて婦しへる
  をめておこしてかううくな越ハせそ春ゝ
  ろなる可うハありなむややハら可」(54ウ・192⑨)
0298【女ハ心やハらか】-源英明 男女婚姻賦云 至剛者男最柔者女

  なるなよきなとい満よりをしへきこえ
  可多ちハさし者なれてみしより裳きよら
  尓てなつ可しうゝち可多らひ徒ゝお可しきゑ
  あそともとり尓つ可ハしてみせてまつ
  里御心尓徒くとも越しやう/\おきゐて
  み丹ひいろのこまや可なるかうちな
0299【にひいろ】-眼者来着火色例有之
0300
【こまやかなる】-濃鈍色許一着之由故之先賢誤也 然共火色のこまやかなるとよむへし
  多るとも越きてな尓なくうちゑミなと
  してへる可いとうつくしき可り(可り
<>)王れも
  うちゑまれて見給ひむ可しのい尓王多
  里へる尓ちいてゝ尓はのこ多ちいけ」(55オ・192⑭)

  の可多なとのそへハ志も可れのせむさい
  ゑ尓可気流やう耳お裳しろくてみ裳
  志らぬ志ゐこ起ませひ万なういて
  いり徒ゝけ丹お可しき可なおほ春御屏風
  と裳なといとお可しきゑ越ゝなくさめて
  おハするも者可なしや二三日うちへも万
  いりハてこのなつ遣可多らひきこ盈
  や可て本む尓とおほ春尓やてならひゑな
  さ満/\尓可き徒ゝみせてまつりいみし
  うお可し遣尓か起あつめへりむさし能と」(55ウ・193⑥)
0301【むさしのといへハ】-<朱合点> 六帖<> しらねともむさし野といへハかこたれぬよしやさこそハむらさきのゆへ<>

  いへハかこ多れぬとむらさ起の可ミ尓可いへる
  みつきのいととなる越とりてゐ多万へり
  すこしちいさくて
    ね年とあハれとそおもふむさし能ゝ
0302【ねハ見ねと】-源氏 寝事をよせたり
  王け王ふるゆ可りをとありいて
  も可いへとあれハま多ようハ可ゝ春とてミ
  あけへる可な尓なくうつくしけな
  ハうち本ゝゑミてよ可らねむ个尓かゝぬこ
  王ろ个れをしへきこ盈む可しとのへハ
  うちそハミて可いて徒きふてとりへる」(56オ・193⑪)

  さ満のおさ那気な類もらう多う能ミお本
  遊連ハ可らあやしとおほ春かきそこな
  ひ徒とハちてかくしめて多満へハ
    可こつ遍きゆへを志ら年ハお本徒可な
0303【かこつへき】-紫上 実方集 かこつへきゆへもなき身にむさしのゝわか紫をなにゝかくらん
  い可なる能ゆ可りなるらんと(+いとイ、イ#)王可け連と
  おいさ起みえてふくよ可に可いへりこあ万
  き見の尓そ王(王
<><>)多りけるいまめ可しきて本む
  ならハゝ(
ゝ)いとよう可い多万ひてむとミ
  ゐなゝとわさとやともつくり徒ゝ気てもろ
  ともあそひつゝこよなきものま起」(56ウ・194③)
0304【こよなき】-藤つほの事

羅ハしなりかのとまり丹し/\王多り
  堂つ年きこえ个る尓きこえや類
  可多なくてそ王ひあへり个る志ハし耳志
  らせしともの少納言
  連ハち耳くちか多めやり多ゑも
  志ら春少納言可いてかくしきこ盈多ると
  のミきこえさする尓もいふ可ひなうお
  本してこあ万閑しこ尓わ多り
0305【かしこに】-継母のあり所
  むいとものしとおほし多りし
  なれハめのとのいとさし春く志多る」(57オ・194⑧)

  者せのあまりおいら可に王多さむをひむ
0306【ひむなし】-無便之
  なしなとハい者てこゝろ尓ま可せ井て
  ハふら可しつるなめりとく/\かへり
0307【ハふらかし】-古今 身ハすてつ心をたにもはふらさしついにハいかゝなるとしるへく<> 放埓<>
  しきゝいて多てまつらハ徒遣よとの
  王つらハしくそうつのもと尓もつ年き
  こ盈へとあと者可なくてあ多らし可り
  し可多ちなとし具可なしと
  おほ春起多の可多もハゝきミ越丹くしと
  きこ盈个るもうせて王可ま可せつ
  遍うおほし遣る尓可ひぬるハお(お
<>)ちをし」(57ウ・194⑭)

  うほし个りやう/\万いりあつ万
0308【やう/\人まいり】-紫上の女房達
  里ぬあそひ可多きの王らハへちこともいと
  めつら可尓いまめ可しきありさ満とも
  連ハおもふなくてあそひあへりきミハ
  おとこきミのお者せ春なとしてさう/\
  し起ゆふく連なとハ可りそ阿万をこひ
  きこ盈うちなきなとしへと
  ハことにおもひいてきこ盈ハすもとより
  らひきこえ者てらひへれハいまは
  多ゝこのゝちのおやをいみしうむつひ」(58オ・195⑤)

  まつハしきこ盈ものよりおハすれハまつ
  いてむ可ひてあハれ耳うち可多らひふと
  ころ尓いりゐていさゝ可うとく者つ可しとも
  おもひ多らすさる可多尓いみしうらう
  多き王さなり个りさ可しう(う$
羅)あり
0309【さかしら】-是ハ想の事
  な尓くれとむつ可しき春ち尓なりぬ連
  ハ王可心地春こし多可婦布し裳いてく
  やとを可れもうらミ可ち尓日の本可能
  をのつ可らいてくるをいとを可しきもて
  あそひなりむ春めなと者多可ハ可り尓なれハ」(58ウ・195⑩)
0310【はた】-将
0311
【かハかり】-如此許

  や春くう地布る万ひ遍多てなき佐万
  丹婦しおきな登ハ盈しも春さましき
  を古連ハいと佐万可ハり多るかし徒き
  くさなり登も本い多めり」(59オ・195⑫)

イ本也<>
源氏て(
て)を(を$丹)につミていつし可もミん可よひ気るのへの若草
此哥をもてとせりわ可むらさきとつゝき多え須式部卿
姫君となつ気るハつ本の女御ゆ可り尋出るによれり
源氏十七歳三月よりまてのみえたりイ本」(59ウ)

  伊行
【奥入01あ万能すむそこ能見る免も者つ可しく
     いそ尓おい多流わ可めをそ可流
【奥入02従冥入於冥 法華経
【奥入03可川(川
<>)良支乃天良乃末戸名留や止与良乃
     天良乃尓シな留や 江の波ゐ尓(尓
<>)之良太万々(々<>
     川(川
<>)可く(可く<>)や末之良た万し徒くや於之止と於々止々
     之可之天波久尓曽左可江无や和伊戸曽止々
     せむ也於々止々止之屯とおこし屯止と屯と
【奥入04すみそめのくらふのや万尓ひとはことる/\」(60オ)

     そ可へ流へらなる
       此哥くらま能山也想此哥之心更不叶
     くらふの本哥尤有事故歟 未勘出
【奥入05みなといりのあし王けをさい(い
<>)りおほミ
     おなし尓や多る(多る
こひ<>)むと
【奥入06志れぬハいそけともとし越遍て
     なとこえ可多起あふさ可のせき
【奥入07  風俗常陸哥
     飛多ち尓ハ越(+
こそ)徒くれれを可ねやま越こえ
     をもこえ可あ万多き満せ流」(60ウ)

以哥為巻ノ名<手ニツミテイツシカモミン紫ノ/根ニカヨヒケル野ヘノワカ草>
源氏十七歳ノ三月ヨリ冬マテノコトアリ(前遊紙1オ貼紙)

二校(表表紙蓋紙)