First updated 03/10/2003(ver.1-1)
Last updated 11/02/2016(ver.3-2 凡例を掲載)
渋谷栄一翻字(C)

  

夕 顔

凡例

1.漢字は漢字のまま翻字し、他の変体仮名字母と区別するために太字で表示した。

2.通行の平仮名の字母はそのまま平仮名で翻字した。

3.変体仮名はその字母で翻字した。

4.片仮名はそのまま片仮名で翻字した。

5.仮名や字母の崩し方が複数ある文字については、一般的な字形を基準にして、それより元の漢字に近い字形には「と付記し、また一般的な字形とも異なった別の崩し字形には「と付記した。

6.本行本文は10.5ポイントで表示し、書入注記や付箋等は9ポイントで表示した。

可ほ」(題箋)

  六條わ多りの志のひありき能ころ
0001【六条わたり】−六条ノ御息所ヘノ事也 秋好中宮ノ御母始テ書
0002
【しのひ】−密日本記
0003
【内より】−大裏ヨリ也
  より万可てなかやとり尓大弐めのと
0004【大弐のめのと】−惟光カ母 皇子二人親王三人源二人也
  のい多く王つらひてあ万耳なり尓ける
  ふらハむとて五条な流いゑ堂つ年て

  ハし多りくる満いるへき可登ハ佐し多り
0005【かと】−車ノ入門別ニアリ
  気れ者してこれめさせてま多せ
  けるむ徒可し遣な
るお本ちの佐万を
0006【むつかしけ】−下京ノ体大路
  多しへる尓このいゑの可多ハら耳ひ可起と
0007【ひかき】−クミタル板垣
  いふものあ多ら志うして可見ハ者しと見
0008【かみ】−上也
0009
【はしとみ】−半蔀
  気むハ可り阿気わ多してす多れなと」(1オ・101E)

 

  もいとしろうすゝし遣なる耳お可しき
  飛多い徒き能春起可けあま多えてのそ
  く堂ちさ満よふらむ志もつ
可たおもひ屋る
  耳あな
可ち尓堂け多可起心地そするい可な
  類も能ゝ徒とへるならむとやうかハりて
0010【やう】−様也
  おほ佐るくる満もい多くや徒し堂万へり
0011【おほさる】−源氏ノ御心
0012
【いたくやつし】−女車ノヤウニ也
  さきも者せハ春れと可志ら無と
  うちとけ
すこし佐しのそき多満
0013【さしのそき】−源ノ也
  へ連ハ可とは志と見のやうなる越しあけ多る
  いれの
本となくものハ可な起春まひをあ」(1ウ・101J)

 

  者れ尓い徒こ可佐してとおもほしなせハ
0014【いつこかさして】−<朱合点> 世ノ中ハイツクカサシテワカナラン行トマルヲソ宿トサタムル
  堂満のうてなもなしことき里可け
0015【たまのうてなも】−<朱合点> 何センニ玉ノウテナモヤヘムクラハヘラン宿ニフタリコソネメ
  多つものい登あ越や可なるかつらの
0016【あをやかなる】−夕顔ノハイタル物也
  よけ耳者ひ可ゝれ類(類)耳志ろき
  の連悲とりゑ見能まゆひら気多をち
0017【をちかた人に】−<朱合点> ウチワタスヲチカタ人ニモノ申ワレソノソコニ白クサケルハ何ノ花ソモ
  可多物申悲とりこ地をミ春い
0018【みすいしん】−御随身
  しん徒いゐて可能しろくさけ累をな
  ゆふ可ほと申侍者那の
めきて可うあ
  やしき可起ね
尓なんさ起个ると
  け尓
い登こいゑ可ち尓むつ可し遣な類王」(2オ・102A)

  多りのこのも可能もあやしくうちよろ本
0019【このもかのも】−<朱合点> 古 ツクハネノコノモ 此面彼面 後 山風ノフキノマニ/\紅葉ハモコノモカノモノニチリヌヘラ也
  いてむ年/\し可らぬのき能徒万なとに
0020【むね/\しからぬ】−ヨカラヌ也
  者ひまつ者れ多るをくち越しの
0021【はひまつはれたる】−古 アカスミテカヘラン人ニ花ノ<>
0022
【くち越しの花】−源ノ御詞
  や日とふさおりて万い連との多満へハこのをし
  あけ多る可登耳いりて
おる佐春か耳佐連多る
0023【されたるやりとくち】−ユカミナトシタル戸也
  屋りとくち尓きなるすゝしの悲とへ者可満
  な可くきなし多るわらハ能お可し気な類
  いてきて
うちま年く志ろきあふきの
  い多う古可し多るをこれ耳をきて万いらせ
0024【いたうこかしたる】−薫物ニシミタル也 又説白扇ノツマノ香色ナルヲ云歟ト云々 猶薫物可用也
  よもなさけな気那めるをとてとら」(2ウ・102F)

  せ多れハか登あけてこれあそんいて
0025【かとあけて】−惟光カ私宅ノ門ヲアケテヨリ来
  き多るしててまつら春かき越を起まと
0026【かきををきまとはし】−鎰也 惟光カ源ニ申詞
  ハしいとふひんなるわさなりやも能ゝ
0027【ふひん】−不便也 ヒンナキト云心
  あやめ見給へ王くへきらぬわ多り
0028【あやめ】−<朱合点> 綾目又黒白 文目 文ヲアヤトヨム也<> 奥山ノユツリ葉イカテヲリツランアヤメモシラヌ雪ノフレルニ 兼盛<>
  なれと羅うる(る<>)ハしきおほちに多ちおハし
0029【らうかハしき】−下京下臈ヲホキ也
  ましてと閑しこまり春ひきい連て
0030【ひきいれて】−車
  おり古れみつ可あ尓さりむこのみ可
0031【あさり】−阿闍リトヨム
  者の可ミむ春めなとわ多り徒とひ多る本と尓
  くおハしまし多るよろこひをま多な
起こと尓
  可しこまるあ万もお起阿可りてし遣」(3オ・102K)
0032【おしけなき身なれと】−乳母ノ詞

  ななれとすて可多くおもふ堂万へつ
  堂ゝかくまへ耳佐ふらひらむせ

  らるゝこと能可はりをくちおし
0033【かはり侍なん事】−髪ヲソルヘキノ心
  くおもひ多満へ堂ゆ多いし可といむことの
0034【たゆたいしかと】−猶豫トカケリ ヤスラフ也
0035
【いむこと】−受戒
  志るしによ見可へりてなんかくわ多り
0036【よみかへりて】−蘇生
  おハし万すを多満へぬ連ハい満なむ
  あみ多
日可りもきよくま多れ
  へきなときこえてよハけ尓
なくころ
0037【日ころ】−源ノ御詞
  おこ多りか多くものらるゝをやすから春な
  き
わ多りつる尓かくよ越者那るゝさ満尓」(3ウ・103C)

  ものし多満へハいとあハ連尓くち越しうな
  いのちな可くてな越くら井堂可くな

  なしさてこそ古ゝ能し那の可ミ尓も

0038【こゝのしなのかミ】−九品上品上生ノ事
  はりなくむ万連ハめこの尓す古し
  うら見のこるハわろきわさとな無きくな
0039【うらみのこる】−リンシウ正念ノ記ニ一念ノコスヘカラス
  とみ多くミての可た本なる越多耳め能
0040【かたほなる】−カタナリナルヲ云
  とやうのおもふへきあさましうま越尓
  みな
春ものをましていとおも多ゝしう
  な
さひ徒可うまつり个んもい多者し
  う可多し気那くおも本ゆへ可め連ハすゝろ」(4オ・103H)

  耳なみ多可ちなり古ともハいとくるしと
  おもひて
そむ起ぬるよ能佐り可多起やう耳
  徒可らひそミらむせ
られ徒き志
0041【つきしろひめくはす】−サシツキテ詞ニハイワヌ体也
  ろひめく者すはいとあハれとおも本して
0042【君】−源
  い者けな可り个る本とにへき人/\
0043【いはけなかりけるほとに】−源ノ御詞
  うちすてゝも能し个るなこりはくゝむ
  あま多阿るやうなりし可と志多しく
0044【あまたあるやう】−高位ハ乳母アマタアルヘシ
  おもひむつふるすちハなくなんおも本え
  しとなりて
のちハかきりあれ者あさ
0045【人となりて】−長而 又為人冠着ヨリ也
  ゆふ尓しもミ多てまつら春能まゝにと」(4ウ・103M)

  ふらひ万うつるハなけ連とひさし
  う堂いめむせ
本そくお本ゆ類を
  佐らぬ王可れハなくも可那となんこ満や可尓

0046【さらぬわかれ】−<朱合点> 老ヌレハサラヌ別 世ノ中ニサラヌワカレ
  可多らひをしのこひへるそて能尓本ひ
0047【をしのこひ】−泪
  もい登(<>)せ起まて可本りみち多る尓気尓
  耳お
もへハをしなへ多らぬ見すくせ
0048【みすくせそかし】−御宿世也
  可し登あ万もと可しとる古とも
  み那うちし本多れ个りす本うな
0049【すほう】−修法也シユワウトヨムヘシ
  ま多ハしむへきなとをきての多満者
  せて
いてとてこれみつ尓志そくめし」(5オ・104D)

  てあり徒るあふきらむす(す)れハもてな
  らし多るうつり可い登し見布かうなつ
0050【しみふかう】−爰ニテ扇ノ歌ノ詞タキモノト用之
  かしくてお可しう春さみ可起多
    あて耳そ連可とそみる志ら
日可り
0051【心あてに】−夕顔ノ上
  そへ多るゆふ可ほそこ者可となく可起
0052【そこはかとなく】−誰カ手ノ筋トモナク書也
  ま起らハし多るもあてハ可尓ゆへ徒き多連
  盤いとおもひの
本可尓お可しうお古連
  みつ
耳このしなるいゑハな濃春
0053【このにしなる】−源ノ詞
0054
【にしなるいゑ】−夕顔ノヤトノ事
  むそとひきゝ多りや登の多満へハ連井の
  う流さ起御心とハおもへとも盈さハさてこ」(5ウ・105J)

  の五六日こゝに連と者うさのをおもふ
0055【はうさ】−病者也 ヒヤウシヤトヨムヘシ
  へあつ可ひ者へる本と尓となりのきゝ
  ら春なとはし多な
や可尓きこゆ連ハ
0056【にくしとこそ】−源ノ御詞
  くしとこそ多連なされとこ能あふきの
  多つぬ遍きゆへありてみゆるを越この
  多りの
志連らんも能をめしてとへとの多満
  へハいりて
こ濃屋ともりなるおのこをよひ
  てとひきくやうめいのすけ
いゑ
0057【やうめいのすけ】−<朱合点> 源氏一部ノ内難儀ト云々
  になん者へり遣るとこハゐ耳佐(佐<>)可りて
  めな
ん王可くこのミて者ら可羅なと徒」(6オ・105C)
0058【め】−女

  可へ尓てき可よふとくハしきハ志も
  の
志りらぬ尓やあらむときこゆさらハそ
0059【きこゆ】−惟光カ詞
0060
【さらは】−源ノ詞
  能徒可へゝり志多り可本耳も能なれて
  いへる可なめさ満し可るへき者尓やあらんと
  お
ほせ佐してきこゑ可ゝれる能にく可
  ら春ゝくし可多起そ連井の
この可多尓
0061【このかた】−好色ノ事
  も可らぬ御心なめる可し多ゝう可み尓い多う
0062【御心】−源
  あらぬさ満耳可起可へ
0063【かきかへ給て】−御手ノ跡ヲカヘ給也
    よりてこそそれ可ともみめ堂そ可れ尓
0064【よりてこそ】−源ノ
  本の/\ミつゆふ可本ありつるみ春」(6ウ・105G)

  いしんして徒可ハすま多さ満
0065【また見ぬさま也】−夕顔ノ心
  个れとい登志るくおもひあてられつる
  そ者め越み春くさて佐しおとろ可し个る
  をいらへ堂万ハて本とへ个れハな万ハし
  多
な起尓可くわさとめ可し気れハあまへて
  い可耳きこえむなといひしろふへ可め連と
  めさ満しとおもひて
春いしんハ万いりぬ
0066【まいりぬ】−カヘリマイル也
  さ起のまつ本の可尓ていと志のひていて
0067【さきのまつ】−タイ松ナリ
  者しと見ハおろして个りひ万/\より
  ゆるひ能日可り本多るより遣尓本の可尓
あハ連」(7オ・105M)
0068【ほたるよりけに】−古 夕サレハホタルヨリケニ

  なり御心佐しの耳ハ多ちせんさい
0069【御心さし】−六条ノ御息所
  なとなへてに春いとのと可尓こゝろ
  にくゝすミ那しへりうちと気ぬあり
0070【うちとけぬ】−御息所ノ御事
  さ満なと能个しきことなる尓あり徒る可起
0071【ありつるかきね】−夕顔ノコト也
  ねおも本しいてらるへくもあら春可し徒と
  めてすこしね
春くしひさしいつる本
  と尓
いて堂まふあさけのす可多ハ遣に
0072【あさけの】−朝明形
0073
【すかた】−源ノ
  めてき古えんもことハりなるさ満なり个り
  个婦も
こ能志と見のまへわ多り志きし
0074【しとみ】−夕顔ノ
  可多もす起个んわ多りなれと多ゝハ可な起」(7ウ・106D)

  悲とふし耳御心とまりてい可なの春
  み可な
らんとハゆきゝにめとまり个りこ連
  ころありて
万いれりわつらひ侍人
0075【わつらひ侍人】−惟カ詞
  よハけ尓れ盤と可く多まひあつ
  可ひて
むなときこえてち可く万いりよ
  里てきこゆ
ほせられしのちなんと那り
  の
志りて能よひてとハせ
  可とは可/\しくも
申侍ら春いと志のひ
  てさのころ本ひよりものし給人

  あるへ遣連とそ能とハ佐ら尓のうち」(8オ・106I)

  の多耳志らせ春となんとき/\
  な
可ゝ起のかひまみし个耳王可き
0076【なかゝき】−<朱合点> 古 冬ナカラ春ノ隣ノチカケレハ中垣ヨリソ花ハチリケル<>
  も能春起可け志ひら多つも能かう(う<>)と
0077【しひら】−褶 ウワモノ事也
  ハ可りひき可けて閑し徒く人侍めり
  昨日ゆふ能な
こり那くさしいりて
  にふミ閑くとてゐて
可ほこそいと
0078【かほ】−夕顔
  よくし可もへる遣ハひ志てあ流
  ひとも志の日てうち那くさ満なとなむ
  しるくときこゆうちゑミ

0079【君】−源
  志らハやとおも本し多りほえこそおも可る」(8ウ・107A)

  遍起御身本となれとよハひの本と
  なひきめてきこ盈多るさ満なと
  ハ春起ハさらんもさけ那く佐う/\し
  可るへし閑し
うけひ可ぬ本と尓て多
  さりぬへきあ多りのこのましうおほ
  ゆるも能をとおもひをり
しミたまへうる
  もや者可那き徒ゐて
つくりい(い)てゝ
  せ
うそこなと徒可ハし多りき可起な連
  多るてし亭くちとく可遍り
とし
  いとくちをしうハあらぬ王可ともな
ん」(9オ・107F)

  めるときこゆ連は越いひよれ堂つ年
0080【なをいひよれ】−源ノ御詞
  よらてハ佐う/\し可りなんとの可能志も
0081【さう/\しかり】−無曲ノ心
0082
【かのしもかしもと】−二ノ巻ノ品サタメノ時
  可しもと春てしす万ひな連と
  そのな可尓も
能本可尓くちおし可らぬを
  ミつけ多らハとめつらしくおも本春なり
  个りさて可能う徒せ
ミのあさましくつ連
0083【うつせみ】−小君カアネノ事
  な起をこのよ能尓ハ多可ひておほ春耳
0084【このよの人にハたかひて】−カクヤヒメノ事引
  おいら可ならまし可はくるしきあやまち
  尓ても
やミぬへきをいとね多くまけて屋ミ
  なんを尓かゝらぬお
りな可やうのなミ/\」(9ウ・107K)

  まてハも本し可ゝ羅さりつるをありしあ
  万能しな
佐多めのゝちい婦可しくおも
  本しな
志那/\ある尓いとゝく満なく那
  里ぬる御心
めりかしう羅もなくまちき
  古え可本な
る可多つ可多あハ連とおほさぬ
0085【かたつかた人】−軒ハノ荻
  尓しもあらねつ連なくてきゝゐ多らむ
0086【つれなくて】−ウツセミノ事
  の者つ可し个連ハまつこな多のミ者て
0087【こなた】−ウツセミ
  亭とおほ春本と耳いよのの本りぬ万つ
  いそき万い連りふ那見ち能志わさとて
0088【まいれり】−源氏へ
  すこしくろミやつれ多る堂ひす可多い登」(10オ・108B)

  婦つゝ可尓つきなされといや志可らぬ
  すち尓
か多ちなとねひ多れときよけ尓て
0089【ねひ】−老也
  多ゝな)らす遣しきよし徒きてなとそ
  あり个るくにの物語
すにゆ遣た盤
0090【ゆけたはいくつと】−伊与ノ湯ノユケタハイクツ
  いくつととハ満本しくおほせあひなく
  まハゆくて御心
うち耳本しいつ
  
さ満/\なりも能万めや可なるおとな
  を可くおもふも遣耳おこ可満しくうしろ
  め多きわさなりやけ尓これそ
めならぬ
  可多王(+
)へ可りけるむま能可ミのいさめほ」(10ウ・108H)

  しいてゝいとおしき尓つ連なハね
  け連と
多めハあ者れとおほしなさる
  むす免をはさるへき耳あ徒気て
き多
0091【むすめ】−軒ハノ荻也
0092
【きたの方】−ウツセミ
  のをハゐてく多りぬへしときゝひと可多
  なら須あハ多ゝ志くてい万飛と多
ひハえある
  満しき
ことにやとこ起見を可多らひへと
0093【こきみを】−ウツセミノ兄弟
  をあ王せ多らんこと丹て多可ろら可尓
  しもま起連ましきをまして尓けな
  ことにおもひて
い満佐ら耳くるし可るへ志と
  者那連多り佐春可耳堂えておも本し」(11オ・108M)
0094【思はなれ】−ウツノ心

 王す連なんいといふ可ひな具う可
  類へきこと尓
さるへ起おり/\濃
  らへな
なつ可しくき古えつけの布て
  徒可ひに
遣堂る能者あやしく羅
  う多遣尓免とまるへき布しく者へなとし
  てあハれとおほしぬへき
遣ハひな連ハ
  徒連那くね
多起ものゝ王すれ可多起耳おほ
  春い満日と可多ハぬし徒よくな
るとも可ハら須
0095【いまひとかた】−軒ハノ荻
  うちとけぬへくみえしさ満なるを堂のミ
  てと可くきゝへと御心
うこ可すそあり」(11ウ・109E)

  个る尓もなりぬ屋りならすこゝろ
0096【秋にもなりぬ】−夏ヨリ秋ニウツル
0097
【人やりならす】−古 人ヤリノ道ナラ<>
  徒くし耳おほしみ多るゝともあり
  て
ほとの尓ハ多え万をき徒ゝうらめし
0098【おほとの】−葵ノ上ノ御父
  くのミおもひきこえへり六條わ多り
  尓も
と遣可多かりしけしきをおもむけ
  き古え
能ちひ起しなのめならん
0099【なのめ】−十分ナラヌ事也
  ハいと越し可し佐連とよそなりし御心
  まとひの
やう尓あな可ちなるハな起も
  い可なる耳可とみえ多りをんな
ハいとも
0100【をんなハいとものをあまりなるまておほししめたる御心さまにて】−物ノケノ事奥ニ書ヘキ端也
  のをあ万(万$ま)りなるまてお本し志め多る御心」(12オ・109J)

  さ満尓てよハひの本とも尓け那くもり
0101【よはひのほと】−六宮ハ源ヨリ姉也 源十六宮ス廿四
  き可む尓いとゝ可く徒らきよ可れのねさめ/\
  お本し志ほるゝことい登佐万/\なり
  の
いとふ可起あし多い多くそゝ能可され
  ね
ふ多けなる気しき尓うちなけきつゝ
  いてふを中将
おもと見可うしひと満あけ
0102【中将のおもと】−六宮ノ官女
  てて万つりをくりへとお本しく
  みき丁ひきやりたれハくしも多けて
  い多しへり
むさいの色/\み多れ
  多るをす起可て耳屋春らひへるさ満」(12ウ・110A)
0103【すきかてに】−難過也

  け尓多くひならう能可多へお王する尓
0104【らう】−廊也
  君御とも尓万いる志をんいろのおり尓あ
0105【あひたる】−アイタルト句ヲ切テウスモノヽモト心得ヘシ 紫苑色ノキヌニウスモノヽモ也
  ひ多るう春も能のあさや可尓ひきゆひ多
  古し徒きたおや可尓な満めき多りみ可へり
0106【こしつき】−腰也
0107
【みかへり】−源ノ
  てすミ能万の可う羅ん尓志ハしひきすへ
0108【ひきすへ】−中将ヲ
  堂万へりうちとけ多らぬもて那し可ミの
  佐可りハめさましくもと多満ふ
    咲花耳うつ
るて婦なハ徒ゝめとも
0109【咲花に】−源ノ中将ニツカワス
  おらてすきう起けさのあさ可本い可ゝ
  すへきとてゝをとらへ堂万へ連ハいとな連てとく」(13オ・110G)
0110【てを】−手也
0111
【なれてとく】−早ク也

    あさきり能者れ万もま多ぬ気しき
0112【あさきりの】−中将
  尓て越とめぬとそみるとお本や遣こと
0113【花に心越】−花ニ心トハ宮ス所ニトリナシテ云也
0114
【おほやけこと】−宮ス所ノ御事に也
  尓そきこえな春お可し个なる佐ふらひ王ら
0115【さふらひわらハ】−童女也
  ハのす可多こ能ましうこと佐らめ起多るさし
  ぬき(
<>)春そけゝに者那のな可尓まし里て
  あさ可本おりて
万いる本となとゑ尓可ゝま本し
  気那り
ほ可多尓う地み多てまつ多尓
  とめ多てまつらぬハなしものゝな
さけ志らぬ
  や万可つ
者那の可け尓ハな越屋春らハ万
0116【やまかつもはなのかけにハ】−<朱合点> 古今ノ序ニアリ
  本しき尓やこのひ可りをみ多てまつるあ多り」(13ウ・110M)

  ハ本と/\尓つけて王可閑那しとおもふむ春めを
  徒可うまつらせ
ハやとね可ひもしハくちおし
  可らすといもうとなとも多るいやし
  き尓ても
このあ多り耳さふらハせんと
  よらぬハな可り个りまして佐りぬ遍き徒
  いての
ことのつ可しき遣しきを
  み多てまつる
すこしものゝこゝ路おもひ
  志流ハい可ゝハおろ可尓きこえんあけくれう
  ちと遣て
志もおハせぬをもとな起こと尓
  おもふへ可めり満ことや可能これみつ
あつ」(14オ・111E)
0117【これみつかあつかりのかいまみ】−惟光カ夕顔ノメシロニ付タ人ヲアツカリト云

  可りの可いまいとよくあ那いミとりて
  そ能とハさらにえ
おもひミ(ミ<>らす
  いみしくかく連志のふる気しき尓

  徒連/\なるまゝにみな
ミの者しとミ
  あるな
可や尓わ多りき徒ゝ(る&ゝ)くる満のをとす連
0118【なかや】−中屋也 俗ニ中居
  ハわ可きものとものゝそきなとすへ可める耳
  この
志うとおほしきも者ひわ多る者へ可
0119【しう】−夕顔
  めるか多ちなむ本の可なれとい登羅う多遣
  耳へる一日さ起をひて
わ多るく類ま能
  しを
そきて王ら者へのいそ起て右近」(14ウ・111J)
0120【右近の君】−夕顔ノ乳母

  こそまつものミ中将と能こそこれより
0121【中将との】−頭ノ中将源氏ノコシウト也
  わ多りぬ連といへハま多よろしきおとな
  てきてあな
可万とてかくもの可らい可てさハ志
0122【あなかま】−<朱合点> 物ナ云ソト云
0123
【てかく】−手掻
  類そいてみむとて者ひわ多るうちハし多つ
0124【うちハし】−ウチ渡ス橋ト云
  越みち尓てなむ可よひいそ起くるも能ハ
  ぬの
すそをも(も)能尓ひき可けてよろ本ひ堂ふ
  連て
ハしよりもちぬへ个連ハいてこの可つら
  きの
可ミこそさ可しう志を起多れとむつ可りて
0125【さかしう】−ワロク也
  ものゝそきのこゝ路もさめぬめりき
0126【君は】−頭中将ノ事ヲ小人ノ詞也
  をしす可多尓てみ春いしんとももありし」(15オ・112B)

  な尓可しくれ閑しと可すえしハ頭中将
  の
春いしんそ能ことねりわらハをなん志るしに
0127【ことねりわらハ】−小舎人童也 小舎人トハ童ノ惣名也 少将ノ召具スルヲ云也
  いひ者へりしなときこゆ連ハ堂し可耳そ能
  くる満をそましとの多満ひて
もし可能あ
  ハれ尓王すれ佐りし尓やとおも本しよるも

0128【わすれさりし人】−二ノ巻ノナテシコヨミシ事也
  いと志ら満本し个な个しきをみてわ多
  くしの
遣さうもいとよくしを起てあないも
  の
こる那く見給へを起な可ら堂ゝわれとち
  としらせて
ものなといふ王可起おもと能
  をそらお
ほ連してなむかくれさ(さ#<>)可りあり」(15ウ・112G)

 くいとよくかくし多りとおもひてちいさ起
  ことも
なとのことあやまり志つへき
  いひま起らハしてま多な起さ満を志ゐて
  徒くり
とか多りてわら婦阿万とふ
0129【あま君の】−源ノ御詞
  らひ尓ものせん徒ゐて耳可い万佐せ
  よとの多満ひ个李
かり尓てもやとれるす
  万ひの
本と越これこそ可能さ多め
0130【かの人のさため】−雨夜ノシナサタメノ事也
  あな徒りし志ものしなゝ羅(羅)めそ能な可尓
  おもひの本可尓お可しきあらハなと
  おほ春なり気り古れみつ
いさゝ可能も」(16オ・112M)

  御心尓多可ハしとをの連もく満な起
  す起尓ていみしく堂ハ可りまとひあり(△△
あり)
  きつ
志ひてハしまさせそめて个りこ能
0131【このほとの事くた/\しけれハれいのもらしつ】−草子ノ地
  本とのく多/\し遣れハ連いのもらし
0132【くた/\しけれハ】−細砕 日本記
  徒佐してそ能と堂つ年いてハ年ハ王れ
0133【われ】−源氏ノ
  もなのり越しハていと王りなく屋つれ
  つ
連いなら須おり多地ありきをろ可尓
  おほされぬなるへしとみ連ハわ可むま越ハ多て
0134【わかむま越ハ】−惟光カ馬ヲ源ヘ
  万つりてともにハし里ありく遣佐う
0135【けさうひと】−気装人 又仮相人 惟光我ナカラノ心
  日とのいとも能けな起あしもとを徒希られ」(16ウ・113D)

  てらんとき閑羅くもあるへ可那と(ゝ&と)王ふ連と
  尓志らせ
者ぬまゝに可能ゆふ可本の志るへ
  せ
し春いしんハ可りさては可本む気尓志流
  ましきわらハひとりハ可りそゐてお
ハし个る
  もしよる希し起もやとてとな
り尓な可や
  とりを多尓
ハすもいとあやしく
0136【女】−夕顔
  ち能ミして徒可ひ尓をそへ
  あ可
をう可ゝハせあり可せむと
  堂つぬ連とそこハ可となくまとハし徒ゝ
  さす可耳あ者れ尓
みてえあるましく」(17オ・113I)

  この御心尓可ゝ里多連ハ日むなく可ろ/\
  しきとお
も本し可へしわひついと志
0137【しは/\】−シケク也
  者/\お者します可ゝ流すちハまめ能見多
  類ゝおり裳あるをいとめやすく志つ

  と可めきこゆへき布るまひハしハさり
  つ
るをあやし起まてけさの本とひるま能遍
  多てもお本つ可那くなとお
もひ王つらハれ
  へハ可徒ハいとも能くるおしくさまてこゝろ
0138【さまて】−源ノ我ト也
  とゝむへきさ満尓も阿らすとい見しく
  さまし
遣ハひいとあさましく」(17ウ・114A)
0139【思さまし給】−<朱合点> イツクニカ思ヒサムルトミル人ノ心ナラテソウキ所ナキ

  やハら可尓ほときても能ふ可くをも起可多ハ
  をく連て
日多ふる尓王可飛多るも能可ら
0140【をくれてひたふるにわかひたるものから】−此一段皆夕顔ノアリサマ
  よ越ま多志らぬ尓もあら春いとやむことな
  尓はあるましい徒く尓
いと可うし裳とまる
  そと可へ春/\お本すいとこと佐らめきて
  さうそくをも
や徒連多る可り能そを多て
0141【かりの御そ】−狩衣 短裳<カリキヌ>
  まつさ満を可へ可本をも本のミせ堂万ハ
  すふ可き本と尓をしつ
めていていり
  な
としへハむ可し阿り个んものゝ遍む
  けめきてう多て
おもひなけ可類連と」(18オ・114F)

  佐(佐<>)け者ひ者多て佐具りも志るへきわさ
  なり个れハ堂連ハ可り尓
可者あらむこの
  春起ものゝしいてつる王さなめりと堂いふ
0142【たいふ】−惟光カ事
  をう多可ひな可らめて徒連那く志ら春可本
  尓て可けて
もひよらぬさ満尓堂ゆ万(万<>)すあ
  され阿り気ハい可な
ることに可とえか多く
  可多もあやしう屋う堂可ひ多
おもひ
0143【やうたかひたる】−不審也
  をなむし遣るもかくうら那く堂遊
0144【君も】−源ノ
  めて者ひ可くれないつこを者可りと可
  も多つね
可りそめ能可くれ可と者多ゆ」(18ウ・114L)

  め連ハいつ可多尓も/\うつろひゆ可む
  い徒とも志ら志とお
ほ春にをひまとハして
  な能め耳おもひな
し徒へくハ堂ゝ可ハ可り
  の
春さひ尓てもす起ぬへきことを佐ら尓
  さてすくしてんとお本され春と(と<>め越お
  本してへ多てを起よな/\なとハいと志のひ
  可多くく(
く)類しきまてお本えへ盤な越多
  連と那くて二条院尓む可へてん
しき
0145【二条院】−源ノ住給フ所
  古えありてひんな可類へきなりともさる
  へきにこそハ我心
可らいと可くし無」(19オ・115C)

  ハない可なる可ハあり个んな
  お
も本しよるいさい登やす起尓てのと
0146【いさ】−源ノ夕顔ニノ御詞
  可耳き古えんなと可多らひへハ越あやし
0147【な越あやしう】−夕顔ノ心詞
  うかくの多満へ登よつ可ぬもてなしなれ者
  も能おそろしくこそあ連といとわ可ひていへ
  者遣尓と本をゑ万連
け尓いつれ可き
0148【けにと】−源ノ御心詞
  つ年なるらんな多ゝハ可られへ可しとなつ可し
0149【ハかられ給へ】−タハカラレ給ヘ也
  け尓多まへハもいみしくなひきてさも
0150【女】−顔也
  ありぬへく多りよ尓くか多ハなる事也
  とも
ひ多布る尓志多可ふハい登あハ連遣」(19ウ・115I)

  なる多まふ耳越可能頭中将
0151【とこなつ】−二ノ巻ニアリ
  こなつう多可ハし具可多里しさ満まつ
  おもひいてられへと志のふるやうこそハ登
  あ那可ち尓も
とひいて多満ハす个しき
  者見て
布とそむき可へ(へ<>)るへきこゝろさ満
  な
とハな个れハ可連/\尓と多えを可むおり
0152【かれ/\に】−頭中ナト絶ノ故ニ如此成タル人ナレハナリ
  こそハさやうにおもひ可者ることもあらめ
0153【ことも】−ト絶マシキト也
  な可らも春こしうつろふあらむこそ
  あハれなるへ个れとさへお
ほし个り八月
0154【八月】−ハツキトモヨム
  十五夜く満な起可けひ万お本可るい多」(20オ・116@)
0155【いた屋】−夕顔ノ宿也

  こりなくも里きてら飛堂万
  ハぬ春ま井能さ満もめつらしき尓
あ可
  ち可くなり尓けるなるへしとなりの
いゑ/\
  あやしき志つ
おのこゑ/\めさまして
  あハれい登さむしやことしこそなりハひ尓も

0156【あハれ】−シツノヲノ語
0157
【なりハひ】−農
  堂のむ登ころすく那くかよひも
  可け年ハいと本そ个れきたとのこそきゝ
0158【きたとの】−誰共ナシ
  やないひ可者すもきこゆいと阿ハ連なる
  をの
可志ゝのいとな見耳いてゝそゝめ起
0159
【をのかしゝ】−各自恣
  さ者くも本とな
きをいと者つ可しくおもひ」(20ウ・116E)
0160【女】−顔

  多り盈ん多ち个しき者まむきえ
  もいりぬへき
すまひのさ満なめり可し
  連と
と可尓らきもう起もか多ハらい多
  き
こともいれ多るさ満ならて王可もてな
  しありさ満ハいとあてハ可尓こめ可しく
  てま多な
く羅う可ハしきとなりのよう
0161【らうかハしき】−ミタリカワシキ<>
  いなさ越い可なともきゝ志り多るさ満
0162【きゝしりたる】−夕顔ノ上ノ体
  なら年ハ可/\者ち可ゝや可んよりハ徒ミ
  ゆるさ連て
え个るこ本/\となる
  よりも
とろ/\(ゝ&/\)しくふミとゝろ可す可羅」(21オ・116K)
0163【からうす】−碓

  う春のをとも万くら可みとお本ゆるあ那
0164【まくらかみ】−枕ニ近キ也 枕上
  みゝ可し可ましと古れ尓そおほさるゝな尓
  のひゝきともきゝいれハ春いとあやしう
0165【きゝいれ給ハす】−源ノ
  めさ満しきおとなひとのミきゝ堂万ふ
  く多/\しきことの見おほ可りし路多へ能
0166【しろたへの衣】−シロキ袷也
  うつきぬ多のをとも可春可耳こな多可な
  きゝわ多されそらとふ可りの
こゑとりあつ
  めて志のひ可多起ことおほ可り者しち可起
  おまし
り个連ハ屋りと越ひきあけ
  てもろとも尓
い多し堂まふ本とな起尓ハ」(21ウ・117B)

  耳佐連多るくれ(<>むさいのゆハな越
0167【されたるくれ竹】−枝ナトノユカミタル竹也
  可ゝ流お那しこときらめ起多りむし濃
  声/\み多り可ハしく可遍の
な可能きり/\
  春多
尓まとを耳きゝならひ堂まへ流
  みゝ尓
佐しあて多るやう尓な起み多るゝ
0168【御みゝ】−源氏
  をな可/\さ満可へてほさるゝも御心佐し
  悲とつの
あさ可らぬ尓よろつ徒ミゆるさ
  類ゝな
めり可し志ろきあハせう春
0169【しろきあハせ】−夕顔
  なよゝ可なるを可さ年て者那や可ならぬ
0170【なよゝかなる】−薄色柔
  す可多いと羅う多遣耳あえ可なるち」(22オ・117G)

  してそこ登とり多て(ゝ&て)ゝ春くれ多る
  も
な个連とほそや可耳堂を/\として
  うちいひ多
る気者ひあなくるしと
  堂ゝいと羅う堂く者見多る可多を
  すこしそへたらハとみ多まひな
可らうち
  とけて
ミま本しくおほさるれハいさ多ゝこ
0171【ミまほしく】−源ノ夕顔ノ上ヲ
  のわたりち可起や春くてあ可さむ
  くての
ミハいとくるし可り个李との多満へハ
  い可て(
<>)に王可ならんとい登おいら可耳いひて
0172【いかてか】−顔ノ詞
  ゐ多りこのミならぬとまて堂の」(22ウ・117L)

  め多万ふ耳うちとく類者へなとあや
  しくやうか者りて
よなれ多るともおほ
  え
年ハおもハむも盈はゝ可りハて
  右近をめしいてゝ春いしんをめさせ多
0173【右近】−夕顔ノ上ノ仕女房
  まひてくる満ひきい連させこのある
  人/\も可ゝ流御心さしの
おろ可ならぬを
  し連ハおほめ可しな可ら堂のミ可け
  きこえ多
あけ可多もち可うなりに个り
  とりの
こゑなとハきこえて見多け佐うし
0174【みたけさうし】−御嶽精進ハ三年ノモノ也 明玉 朝モヨヒキノ川上ヲナカムレハカネノミタケニ雪フリニケリ
  尓やあらん堂ゝおきなひ多るこゑ丹ぬ可」(23オ・118D)
0175【ぬかつく】−礼拝スル事也<> 額突 ヲカム也<>

  徒くそきこ遊る堂ち井の遣者ひ多
  可多け尓おこなふいとあ者連耳阿したの

0176【あしたの露にことならぬ】−朝露貧名利 夕陽憂子孫
  耳ことならぬよ越な尓をむさ本る
  いのり耳可ときゝ南無当来導師
0177【南無当来導師】−河海ニクワシクアリ
  とそお可むな閑連きゝ堂万へこのとのミ
  ハおもハ佐り个りとあハ連可り多万ひて

    う者そく可おこなふみちを志るへ尓て
0178【うはそくか】−源ノ御哥 ウハソクハ山伏ナトノ心
  こむ布可起多可ふな長生殿ふる
0179【長生殿のふるき】−<朱合点>
  きめし
ゆゝしくて者ねをかハさむとハ
0180【ゆゝしくて】−イマ/\シキ也
  ひき可へて見ろくのよ越可年多まふゆく」(23ウ・118J)

  さ起ののめいとこち多し
0181【こちたし】−ヲヒタヽシキナリ ヲホキ心
    さき志らるゝ能うさ耳
0182【さきの世の】−顔ノ返 サキノ世ハ後ノ事也 親ナトニモ頭ノ中将ニモ早ク別タレハ行スヱモアヤウシト也
  ゆくすゑ可年て堂のミか多さよかやう能
  すちな
とも佐るハもとな可めりいさよふ
0183【いさよふ月に】−<朱合点>
  耳ゆく里那くあく可連んことを
0184【ゆくりなく】−不意ト書カヘリミモナキ也
  や春らひと可くのふ本と尓ハ可耳くも可く
0185【にハかに】−凶ナルヨシナリ
  連てあけゆくいとおかしはし多な
  本と耳な
らぬさき耳と連井能いそき
  いて
可ろら可尓うちのせ堂万へ連ハ
  右近そのりぬるその
わ多りち可きな可し」(24オ・119A)
0186【なにかしの院】−河原院ノ事也 融公ノ所

  の尓おハしまし徒きてあつ可りめし
0187【あつかり】−諸院ニ別当アツカリアリ
  いつあ連多るか登の志のふくさ志个り
  てあ希ら連多る堂としへな
くこくらし
  きりも
ふ可く気きをさへあけ
  へれハそて
い多くぬ連尓个李ま多
  可やうなること越な
らハ佐りつるを徒く
  志なること耳も
ありける可な
    い尓しへも閑くやハまとひ个んま多
0188【いにしへも】−源氏ノ
  志らぬみちならひ堂万へりや
  との堂万ふ者ちらひて
」(24ウ・119G)

    者濃志らてゆくハう者能
0189【山のはの】−顔ノ 源ノ御心モシラテト也
  尓てや多えな本そくとても能おそ
0190【影やたえなむ】−顔ノワカ身ノ事
  ろしう春こ遣尓おもひ多れハ可能さしつとひ
0191【さしつとひたるすまひ】−下京ノ事
  多るすまひのらひならんとお可しくお
0192【すまひ】−顔ノ小家ノ事
  本春御車いれさせてにしの堂い尓おまし
  なとよそ婦本と可う羅ん尓くる万ひき可
  けて
堂ち多万へり右近ゑんあるちし
  てきし可多の
なとも志れ春日い
0193【きしかたの事】−頭中ノ事
  亭个りあつ可りい見しく遣いめいしありく
0194【けいめいしありく】−驚テナト云心也 カシコマル心
  気しきにこのありさ満志り者てぬ」(25オ・119M)

  本の/\登ものミゆる保と尓おり堂万ひぬ
0195【おりたまひぬ】−車ヨリ
  めりかりそめな連ときよけ尓志つらひ多り
  とも丹もさふらハさり个りふひんなる
  わさ可な
とてむつましき志も遣いし尓て殿
0196【しもけいし】−下家司也
0197
【殿にも】−葵ノ上ノ父
  尓も徒可うまつるも能なり个れハ万いりより
  てさるへきめ春へき尓やな
佐春連
  登こと佐ら尓く満しきかくれ可もとめ多る
  なる(る
<>さら尓より保可尓もらすなとくちか多
  めさせ可遊な
といそき万いらせ多れと
  とりつ
万可なひうちあハすま多志」(25ウ・120D)
0198【あはす】−似合ぬ也

  らぬことな多ひ年尓きなかゝ(ゝ)ハとちきり
0199【おきなかゝハ】−<朱合点> 尓本能お中川ハ可ハるともと可多らふつきめやハ<>
  ことより保可のことなひ多く類本と尓お起
  
かうしてつ可らあ遣堂万ふいとい多く
0200【てつから】−源ノ
  あ連てめもな者る/\とわ多さ連
  てこ多地いとうとましくものふり多り
  気ち可起くさき
とハことにところ那
  くみな
ゝ(ゝ+羅)尓てい気も見くさ耳うつ
0201【秋のゝらにて】−<朱合点> ハアレテハフリニシヤトナレヤモマカキモらナル<>
  も連多れハいと気ゝ(ゝ<>)と遣尓な李个る
0202【けうとけに】−ウトクト云心ニヨム
  可な遍ちなうの可多尓そ佐うしなとして
0203【へちなう】−別納也 小寝殿也
0204
【さうし】−曹司
  すむへ可め連と古那堂ハ者なれ多り」(26オ・120I)

  遣うそ(そ<>)くもなり尓ける可な佐りとも
0205【けうとく】−気疎也
  尓なとも王れを者ゆるしてんとの
  本ハな
越可くしへ連といとつらしと
  おもへ連者个尓
かハ可り尓て遍多てあらむも
  ことの
さ満耳可ひ多りとおほして
    夕露耳ひもとく本この
堂よ
0206【夕露に】−源ノ
  里耳みえし盈尓こそあり个れ徒ゆ能ひ
0207【えに】−縁也
  可りやい可尓とのへハ志りめ耳おこせて
    ありとしゆふ可本のう者ハ多
0208【光ありと】−顔ノ返哥也 源氏ト見シハ空目ナリケリト云心也 光ナシトソシルニハアラス今コソ真実ノ源ト見シト云也
  可れそらめなり个李と本能可尓い婦お可し」(26ウ・121B)
0209【おかしとおほしなす】−源ノ

  とおほしなす遣尓うちとけ堂万へる
  佐万よ尓
なくところ可らまいてゆゝしき
0210【さま】−源
  まて徒きせす遍多て堂万へる徒
0211【つきせす】−源ノ御詞
  らさ尓あらハ佐しとおもひつるものをい満
  多
耳なのりしいとむく徒个しとの
0212【なのりし給へ】−顔ニ
  へとあ万のなれハとて佐春可尓うちとけ
0213【あまの子なれハ】−<朱合点> 白波ノヨスルヲツクス海士ナレハ宿モサタメス<頭朱>
  ぬさ満いとあひ多れ多りよしこれも可らな
0214【あひたれたり】−ヨハ/\シキ体也
0215
【我からなめり】−<朱合点> アマノカル藻ニスムノ哥 顔ノ海士ノ子ナレハノ哥ヲ引故ニ又アマノカルモノ哥引給也 面白シ
  めりとうら見可つハか多らひくらしこれみつ
  堂つ年きこえてく多なと万いら春
  右近いハむこと佐春可耳いと越し个れハ」(27オ・121G)

  ち可くも盈さふらひよらすかくまて多とりあ
0216【かくまて】−惟光カ心中
  里起お可しう佐もありぬへきありさ満
  耳こそハとをしハ可る尓も
いとよく日より
  ぬへ可りしこと越ゆつりきこえて日ろさよ
  なとめさ満しうおもひをる
としへなく
  志つ
可なるゆふへのをな可めくの
  可多ハくらうむつ可しとハおもひ多れ者
  者しの
をあ希てそひふし
0217【そひふし】−副臥
  者へを可ハしても可ゝ流ありさ満を
  の
本可尓あやしき心地ハしな可らよろつ」(27ウ・121L)

  のなけき王す連て春こしうちとけ
  个しきいとらう多
徒と可多ハらに(に#丹)そひ
  くらしてもの
をいとおそろしと日多るさ満
  王可うくるしかうしとくおろし
おほ
  となふら万いらせて
こり那くなり尓多る
  ありさ満尓て
うちのへ多てのこし
  堂万へるなむ
らきとうら見うち尓
0218【うち】−御門
  可耳もとめさせらんをい徒古尓堂つぬらん
0219【もとめ】−尋也
  とおほしやりて可徒ハあやし能六條
  多り尓も
い可尓見多れ堂まふらんうらミ」(28オ・122D)

  られん耳くるしうことハりな里といと越し
  きすちハ万つ
おもひきこえもな起
0220【なに心もなき】−顔ノ体
  佐しむ可ひをあハ連とおほ春まゝにあまり
0221【心ふかく】−顔ニ六宮スヲ思クラヘ給
  ふ可くもくるしきありさ満を
  こしとりすて
ハやとくらへられ个る
  飛すく流本とすこし祢
いりへるに
  くら可み尓いとお可し遣な
いてをの可いと
0222【女】−物ノケノ女也六宮也
0223
【をのかいと】−物ノケノ詞
  めて多しと多てまつるをハ多つ年おも本さて
  閑くことなること那きをいておハしてと起
  め可しこそいとめさ満しく徒ら个れとて」(28ウ・122I)

  この可多者ら能を可起をこさむとすとミ
0224【人を】−顔也
  耳おそハるゝちしておとろきへれハ
  きえに个りう多ておほさるれハ堂ち越ひき
  ぬきてうちを起
右近越おこしこれも
  おそろしと多るさ満尓て万いりよれ里わ多
0225【わた殿なる】−源ノ御詞
  殿なるとの井おこして志そく佐して
  万いれといへとの多満へハい可て可ま可らんくらう
0226【いかてかまからん】−右近カ詞
  てといへ者あ那王可/\しとうちわらひ
0227【あなわか/\し】−源ノ御詞
  て越堂ゝきへハやまひこのこ多ふるこゑ
0228【やまひこ】−<朱合点> 山孫<ヒコ><> 古打ワヒテヨハヽンコエニ山<>
  いとうと満しハ(ハ<>)きゝ徒気て万いらぬ耳」(29オ・123A)

  この女君いみしく王なゝ起まとひてい可
0229【女君】−顔
  さ満耳せむとおもへりあせも志とゝにな
0230【しとゝになりて】−<朱合点> 秋霧ノシトヽニヌレテヨフコトリサホノ山ヘニ鳴渡ル也<>
  て王れ可の気し起なりをちをなん王り
0231【われかの】−ワレカ人カノ心也
0232
【物をちを】−右近カ詞
  那くせさせ多まふ本上尓てい可尓おほさるゝ
  尓
可と右近もきこゆいとかよハくて・ひるも
  そらをのるものをいとおしとおほして
0233【そらをのみ見つる】−死相ノ一也
0234
【いとおし】−憐也
  王れおこさむゝけハひこのこ多
  ふるいとうる佐し古ゝに志ハしち可くとて

  右近越ひきよせにしの徒万と尓いてゝ
  と越をしあけへれハわ多とのゝもきえに」(29ウ・123F)

 个り春こしうち多る尓ハすく那くて
  さふら婦かきりみな
多りこのあつ可
  里能こむつましく徒可ひ堂まふ王可起お能こ
  うへハらハひとり連井の
春いハ可りそ阿り
0235【うへハらハ】−殿上童
  个るめせハこたへしてお起多れハ志そくさし
  て万い連春いしんも徒るうち(
ち)して多え春
0236【つるうちして】−<朱合点> 万 アツサ弓末ノ原ニ鳥カリスル君カユツルノタエント思フナ
  こ王徒くれとおほせよ者なれ多る
  とけていぬるものこれ朝臣能き多り
0237【いぬる】−ネル事
  徒らんハとゝ者せへハ佐ふらひつ連とお本せ
  こともな
しあ可む可へ尓万いるへき」(30オ・123L)

  よしてなんま可てりぬるときこゆこ能
  可うハ堂起くちなり个れハゆつるいと
0238【たきくち】−殿イ人也 左近ニアタルヨイノ程也 亥ノ時也
  徒き/\しくうちならしてひあやうし登
0239【ひあやうし】−誰何火行
  いふ/\あつ可り可さこ(こ<>)しの可多尓いぬなりうち
0240【うち】−大内
  をおほしや李な多いめんハす起ぬらん
0241【なたいめん】−<朱合点> 名対面
0242
【たきくちのとのゐ申】−<朱合点>
  きくちのとの井い満こそとをしハ可り
  ま多い多うふけぬ尓
こそハいりてさくり
0243【返いりて】−源ノ
  へハ女君ハさな可ら布して右近ハか多ハらに
  うつふし/\多りこハな
あなものくるおしの
0244【こハなそ】−源ノ詞
  ものをちやあれ多るきつ年なとやう」(30ウ・124D)

  のも能ゝをおひや可さんとて気おそろしう
  おもハするな
らんまろあ連はさやうのおと
  されしとてひきおこしいとう多てみ多り
0245【いとうたて】−右近カ詞
  のあしう連ハうつふし/\てまへ尓こそ
0246【御まへ】−顔
  わりなくお本さるらめといへハそよなとかう
0247【そよなとかう】−源ノ顔ニ御詞
  ハとて可ひさくりふ尓いきもせひきうこ
  かし堂万へとなよ/\として王れ尓もあらぬ
  さ満なれハいとい多く王可飛多る尓て

  遣とられぬるなめりとむ可多なちし
  志そくもて万い連り右近うこくへき」(31オ・124I)

  さ満尓もあら年ハち可起ミ几帳をひきよせて
  な越もて万いれとの連いならぬ尓てまへ
  ち可くも
万いらぬつゝましさに気し
  尓も
えの本らす越もて古や尓志多可ひ
  てこそとてめしよせて
見給へハ堂ゝこの
  くら可見尓ゆめ尓え徒る可多ちし多る
  おも可け尓
みえてふときこ(こ<>)えうせぬむ可し能
0248【むかしの物かたり】−<朱合点>
  可多りなと尓こそ可ゝ流ハきけとい登
  めつらか尓
むく徒気ゝ連とまつこのい可尓
  なりぬるそとおも本春さハ起耳うへ」(31ウ・125A)

  も志られハすそひふしてやゝとおとろ可し
0249【おとろかし】−源ノ
  へと堂ゝひえにひえいきハとく多
0250【ひえ入て】−顔
0251
【いき】−息
  者て尓个りいハむ可多なし多のもしく
  い可耳といひふ連へきもな
本うし
  な
と越こそハ可ゝる可多能堂のもしきもの尓
  おほすへ个れと佐こそ徒よ可りへとわ可き
0252【さこそ】−源ノ心
  御心尓ていふ可ひなくなりぬるを多まふ尓
0253【いふかひなくなりぬる】−顔ノ死スル事
  やる可多なくて徒(<>)とい多きてあ可いきいて
0254【あか君】−我君也
  いといみしきめなみせそとの多満へと
  ひえ
れハ気ハひものうとくなりゆく」(32オ・125F)

  右近ハ多ゝあ那むつ可しと个る
  な
さめて起まとふさ満いといみし南殿
0255【南殿】−ナテン<朱>
  おしのおとゝひや
  とひ
おほしいてゝ
よく佐りともい
  多つらになりハて
ハしよる能こゑハおとろ/\
  しあな
可満といさめいとあハ多ゝしきに
  阿きれ多るちしこの
おとこをめして古ゝに
0256【このおとこ】−シソクサシテマイリシ男
0257
【こゝにいとあやしう】−源ノ御詞
  いとあやしう耳おそハれ多る
  まし遣な
るを多ゝい万これみつあそむ
  の屋とる尓ま可りていそき万いるへき」(32ウ・125L)

  よしいへとおほせに可しあさりそこ耳
0258【なにかしあさり】−惟光兄ノ阿闍梨也
  ものする本とならはこゝにくへきよし志のひ
  ていへ可能阿万
とのき可む耳おとろ/\
  しくいふな
可ゝ流阿りきゆるさぬなり
  なとものゝ堂まふやうな
れとむ年ふ多可り
  亭この
越むなしく志なしてんこと能
  いみしくおほさるゝ耳そへて
可多の
0259【むく/\しさ】−蠢ヲソロシキ心
  く/\しさ堂とへん可多なし夜中
  き耳个ん可し
やゝあら/\しう
  多るハまして
ひゝきこふ可くき古えて気」(33オ・126C)

  しきあるとりの可らこゑになき多るも
0260【とり】−梟也
  くろうハこれ尓やとおほ遊うちめくら須
  こな多可な多気とおくう登ましき尓こゑ
  ハせ
なとてかくハ可なきやとりハとりつ
  そとくやしさもやらんか多なし右近
0261【くやしさ】−悲源ノ御心
  もおほえす徒とそひ多てまつりて
  わな
ゝきしぬへしま多これもい可ならんと
  そら尓てとらへへり王れ悲とりさ可し
  き尓てお本しやる可多そな
きや・ハ本
  の可尓
ま多ゝきてもやのきハ尓多て多る」(33ウ・126I)
0262【またゝきて】−灯ノヒラメクヲ人ノ目タヽキニヨセタリ
0263
【もや】−母屋

  日やう可ミこゝかしこのく万/\しく
0264【くま/\しく】−カクレ/\也
  おほえものゝあしおとひし/\とふミならし
  津ゝうしろより/\く流ち春これとく
  万いらなんとおほ春あり可佐多めぬも能尓て
0265【ありかさためぬ】−<朱合点> 風ノウヘニアリカサタメぬ塵ノ身ハ行ゑモシラス成ぬヘラ也引
  こゝかしこ个る本と尓あく流本との
  ひさしさハ千世をすくさむ可羅う(う#
う)し
0266【千世をすくさむ心ち】−<朱合点> イワヌマハチト世ヲスクス心チシテ待ハマコトニ久シカリケリ引
  て能こゑ者る可尓きこゆるにいのちをか
  気て
な尓のちきりに可ゝ流め越みるらむ
  我心
可ら閑ゝ流すち尓ほ気那くある
0267【我心なから】−源ノ
0268
【おほけなく】−藤ツホニ心カケ給事
  ましきむくひ尓かくきし可たゆくさ」(34オ・127@)

 きのめしとなりぬへきことハあるなめり
  のふともよにあることかくれなくてうちに
0269【うちに】−父御門
  きこしめさむをハしめてい者ん
  よ可らぬ王らハへのくちすさひ尓な
るへき
  なめりあり/\ておこ可満しきな
をとるへき
  可な
ほしめくら須可羅うしてこれみつ
  あそん万いれり夜中あかといハす御心
  志多可へるものゝ古よひしも佐ふらハてめし
  尓さへおこ多
りつるをにくしとおほすもの
  可らめしい連ての多まひいてんことのあえな」(34ウ・127F)

  き耳ふともゝのい者連ハす右近堂いふ
0270【たいふ】−惟光
  の遣ハひきく尓者しめよりのうち
  亭られて
なく越も盈多へ(へ)ハて日とり
  さ可しかりい多起もへりける尓
この尓いき
0271【も給へり】−持也
0272
【この人】−惟光也 源ノ御心
  をのへ多まひてそ可那しきこともおほされ个る
  とハ可りいとい多くえ
もとゝめすな起堂まふ
  やゝ堂めらひて
こゝにいとあやしきことのある
0273【こゝに】−源ノ惟ニ御詞
  をあさ満しといふ尓もあまりてなんあり
  可ゝ流と見の
ハ春とをこそハ春な
  とてそのことゝもゝせ
させんく王んなとも多て」(35オ・127K)

  させむとてあま(ま<>)りものせよといひ徒るハとの
  昨日山へ万可りの
本り尓个りまついと
0274【昨日山へ】−惟光カ詞
  めつら可なること尓も可な可年て連いならす
0275【れいならす】−不例
  御心地ものせさせことやつらんさることもな
0276【さることも】−源ノ御詞
  可り徒とてな起堂まふ佐万いとお可し遣尓
  羅う多くみ多てまつるいと可なしくてをの
  連もよゝ登なきぬさいへと登しうちね

0277【よゝとなきぬ】−<朱合点> 君ニヨリヨヽ/\ヨヽトヨヽヨヽト音ヲノミソナクヨヽ/\ヨヽト 引六帖ノ哥
  世中能とある志本し見ぬるこそ
  ものゝおりふしハ堂のもし可り个れいつ連
  も/\王可起とち尓ていハむ可多もな
个れとこ」(35ウ・128C)

  能もりなと尓き可せむことハいと飛むな可
  類へしこの悲とりこそむ徒ましくも
  あらめをのつ可らも能いひもらしつ
へきくゑ
0278【くゑそく】−ケンソクトヨム
  そくも多ちまし里多らむまつこの
  いておハしましね
とい婦さてこれより
  すくな
ゝるい可て可あらんとの多万ふけ尓
0279【けに】−惟カ詞
  佐そらん可能布る佐とハ女房との可な
0280【ふるさと】−夕顔ノ上ノ前ノ宿
  しひ尓堂へ春な起まとひらん尓となり
  志けくと可むる佐とおほくらん尓
をの
  徒可らき古盈らんを山寺こそな
越可やう」(36オ・128H)

  をのつ可らゆきまし里まきるゝこと
  らめとまハしてむ可し多まへし女房
  の
あ万尓て日む可しうつし
  多てまつらんこれみつ
ちゝの朝臣め能と
  耳しもの
見つ王くみてす見なり
0281【みつわくみて】−<朱合点> 後 年フレハワカクロカミモ白川ノミツハクムマテナリニケル哉
  あ多りハ志けきやう尓れといとかこ可耳
0282【かこかに】−カコメル心ヒソカニ也
  りときこえてあ気者なるゝ本とのま起
  連尓御車よすこの
をえい多起
  まし个れハう者むしろ耳をしくゝ
  古れみつ
のせ多てまつるいとさゝや可尓て」(36ウ・128M)

  うとまし遣も那く羅う多気なり志多ゝ
  可尓
しもえせ年ハ可見ハこ本れいて多るも
  めく連まとひて
あさましう可那しとお本
  せ
なり者てんさ満をみむとおほせハや
0283【ハや】−惟カ詞
  む万尓て二条院へおハしまさんさハ可し
  くなりらぬ本と尓
とて右近をそへて
  春れハ可ちより尓む万ハ多てまつりて
くゝ
  里ひきあけな
として可つハいとあやしく
  おほえぬをくりな連と个しきの
いみし
  き越多てまつ連ハをすて
てゆく尓」(37オ・129E)

  もおほえハ春王れ可のさ満尓てお
  ハしつき多人々いつこよりおハしま春
0284【人々】−二条院ノ
  尓可やましけ尓みえさせといへと
  のうち尓
入給む年をゝさへておもふ尓いと
0285【むねをゝさへて】−源ノ御心
  いみし个れハとてのりそひてい可佐りつ
  らんいき可へり多らんときい可なる心地

  み春てゝゆき阿可れ尓个りと
らくやおも
0286【あかれ】−別ル也
  ハむとまとひの尓もおも本す尓む年
  せ
起あくるちしくしもい多く
  あつきちしていとくるしくまとハ連多」(37ウ・129J)

  まへハ閑く者可なくてもい多つらになり
  ぬるな
めりとお本春多可くなれとおき
  阿可り多
万ハ年者人々あやし可りて
  遊な
とそゝ能可しきこゆ連とくるしくて
  いと本そくおほさるゝにうちより徒可ひあり
0287【うち】−父御門
  昨日多つ年いててまつら佐りしより
  おほつ可な
可らせ大殿きん多ちまいり
0288【大殿のきんたち】−葵ノ上ノ兄弟君
  へと頭中将ハ可りを多ちな可らこな多耳
0289【頭中将】−夕顔ノ上ノ昔ノヲトコ
  いり多満へとの多満ひてみ春のうちな可ら
  の
め能と尓てものゝこの五月のころ」(38オ・130B)
0290【めのと】−源ノ頭中ニ御詞

  をいよりもく王つらひし可かしらそ里
  いむことうけな
としてその志るし尓やよ見
  可へり多りしをこの
ころま多おこりてよハく
  なんな
り尓多るい満多ひとふらひミよと
  多りし可ハいと起なきよりなつさひし
0291【なつさひ】−ナルヽ也
  ものゝいまはのきさみ尓徒らしとやおも
  ハんとおもふへて
ま可連りしにそのいゑな
  李ける志もやまひ志ける可尓ハ可耳
  いてあえ
なくなり尓个るをおち者ゝ
0292【いてあえて】−死スルモノハ早ク出ス物也
  可りて越くらしてなんとりいて个る」(38ウ・130G)

  をきゝ徒けし可ハ神事るころいと
  ふひんなることゝ多まへ可しこまりて

  え万いらぬなりこのあ可より志ハふき
  やみ尓やらん可しらいとい多くてくるしく
  連ハいとむらい尓てきこゆることなと能多満ふ
0293【むらい】−無礼也
  中将さらハさるよしをこそそうしらめ
  よへもあそひ尓
かしこくもとめ多てまつら
0294【かしこく】−カタシケナク也
  せ御気色あしくりきときこえ
  て多ち可へりい可なるいきふれ尓可ゝ羅せ
0295【いきふれ】−風ノケカレ也
  そやの遍やらせことこそ満ことゝ思給へ」(39オ・130L)

  られ年といふ尓む年つふ連可くこ満
0296【かくこまかに】−源ノ御詞
  可耳ハあらてゝおほえぬ遣可らひ尓ふれ多る
  よしをそうしいとこそ堂い/\しく連と
0297【たい/\しく】−モツタイナキナト云心
  徒連なくのへとハいふ可ひなく可な
  きことをおほ春耳御心ちもな
やまし个れハ
  耳めも
ミあハせ堂万ハすくら
0298【くら人の弁】−頭中ノ弟
  をめしよせてまめや可尓かゝるよしをそう
  せ
させ大殿とにも可ゝ流ことありて
  いらぬ
うそこなときこえくれて
  れみつ
まい連り可ゝる遣可らひありとの多」(39ウ・131B)

  まひて万いる人/\もみな多ちな可ら満
0299【まかつれハ】−罷出ル也
  可つれハ志け可らすめしよせてい可尓
  い万ハと者てつ
やとの多まふまゝに
  可本尓
をしあてゝなこれもなく/\
  い万ハ可きりにこそハめ連な可/\とこ
  もりらんもひんな
き越あ春なんよろし
  くらハと可くの
いと多うとき羅うそう能
  あひし里て
いひ可多らひつ遣ぬると
  きこゆそひ多りつるハい可尓
とのへハそれ
0300【女】−右近カ事
0301
【それなん】−惟光カ詞
  なんい具ましくめる王れもをくれしと」(40オ・131I)

 まとひけさハ堂にゝおちぬとな
  つ
る・可能布る佐と徒遣耶らんとせと
0302【ふるさと人】−夕顔ノモトノ宿ノ事
  ハし日志つめよとことのさ満めくらして
  とな
古しらへを起つるとか多りきこゆるま
  万にいといみしとおほしてもいとちな

  ましくい可なるへき尓
可となんおほゆるとの
  ふ可さらにおも本しも能せさせさるへき
  耳こそよろつ
ことらめ尓ももらさし
  とおもふふ連はこれおり多ちて
よろ
  つ
ハものし佐可しさミな」(40ウ・132A)
0303【さミな】−サヤウニ也

  せとう可ひ多る春さひ尓をい多つらにな
  しつる・可ことおひぬへき可いとからき少将

0304【少将の命婦】−源ノメノト
  命婦と尓もき可すなあ万まして可やう
  の
ことなといさめらるゝを者つ可しくなん
  おほゆへきとくち可多めさらぬ本うしハら
  なと尓もみな
いひな春さ満こと尓ときこ
  ゆる尓そ可ゝ里堂万へる本の
きく女房
  あやしくな尓
ことならん遣可らひのよし
  能多万ひて
うち尓も万いりハ春ま多
  かく佐ゝめきなけきふと本の/\あや」(41オ・132G)

  し可る佐ら尓ことなくしなせとその
  とのさ本うの多まへと
可こと/\しく
  春へき尓もら春とて堂つ可いと可な
しく
  おほさるれハひんな
しとおもふへ个れとい万
  飛と多ひかの
なき可らをさらむ可いといふ
  せ
可るへきをあ(あ<>)万尓てものせんとのふ越
  いと堂い/\しきことゝハおもへとさお
本されんハ
  い可ゝせ
者やおハしましてふけぬさ
  き耳可へらせおハしませと
このころ
  の
やつ連耳まうけ堂万へるかりのさ」(41ウ・132L)

  うそくき可へなとしていて御心ち可起
  くらしいみしく多
へ(へ)可多个れハかくあや
  しきみち尓
いて多ちてもあやう可りし
  ものこりにい可尓せんとおほし王つらへと

  を可なしさのやる可多なくゝい万能からを
  
い徒のありし可多ちをも
  むとおほしね
むして連井の堂いふ春いし
  むをくしていて
みちと越くおほゆ
  十七日
佐しいてゝ可はらの本とさ起の
  も本の可なる耳とりへのゝ可多なと」(42オ・133C)
0305【とりへのゝかた】−<朱合点> 拾 鳥へ山谷ニ烟ノモエタヽハハカナクミエシ我トシラナン

  やり多る本となむ徒可しきもなにともおほ
0306【むつかしき】−ヲソロシキ
  盈ハ春可起み多るちしおハし徒きぬ
0307【おハしつきぬ】−夕顔薨シタ寺
  あ多りさへすこき耳い多やの可多ハら尓
  う多てゝおこなへるあ万能春ま井いとあハれ
0308【あま】−惟光カ親ノ乳母ノ子
  なり見あ可し能可け本の可尓す起て
  そ能
悲とりなくこゑのミして
  との
可多尓本うし者ら二三人物語志つ
  わさとのこゑ多てぬね
春るてら/\
  の
そやもみなおこなひハてゝいとしめや可
  きよみつ
可多そひ可りおほくみえ」(42ウ・133I)
0309【きよみつのかた】−十七日ノ夜ナレハ也

  気ハひも志け可り个るこ能あ万きミ能こな
  堂いとこのこゑ多うとくてきやうゝちよミ
  多
る耳・のこりなくおほさるいり多万
0310【おほさる】−源ノ
  へ連ハひとりそむけて右近ハひやうへ多てゝ
  布し多
い可尓王ひし可らんとミおそろ
0311【いかに】−源ノ御心
  しきけもおほえすいと羅う堂遣なる
  佐万してま多いさゝ可かハり多るところ
0312【さまして】−顔ノ事
  なして越とらへて王れ尓い万多ひこゑを
0313【われに】−源ノ御詞
  多尓き可せい可なるむ可し能ちきり
  尓
可あり个ん志ハしの本と尓を徒くして」(43オ・134@)

  あハれ耳おも本えしをうち春てゝまとハし
  い見しきことゝこゑもおしますな

  こと可きりなし堂いとこ多ちも多れとハ志ら
  ぬ耳あやしとおもひて
みなをとし
  个り右近をいさ二条
<>)へとの堂まへととし
0314【いさ二条院へ】−源ノ御詞
0315
【としころおさなく侍しより】−右近カ詞
  ころおさなくしよりか多堂ち者な
  多てまつら春
れきこえつるにハ可尓
  わ可れ多てまつりてい徒こ尓可かへりらん
  い可尓
なりきと可尓もいひらん可な
  しきことを者佐る尓て耳いひさハ可れ」(43ウ・134F)

  らん可いみしきことゝいひてきまとひて
  个ふり耳堂くひて
志多ひ万いりなんと
  いふことハりな
連とさなハある王可れと
0316【ことはり】−源ノ御詞
0317
【わかれといふもの】−<朱合点>
  い婦もの可な志可らぬハなとあるも閑ゝ流も
  なしいのちの可きりあるなんあるおもひ
  なくさめて王れを多のめとの
古志らへて
  かくいふ我身こそハいきとまるましき心地
  すれとの
ふも堂のもし遣なしやこれ
  ハあけ可多になりぬらん者や可へらせ

  なんときこゆ連ハ可へりミのミせられてむ」(44オ・134K)

  ねも徒とふ多可りていて多満ふみちいと
  个き耳いとゝしききりにい徒ことも

  なくまとふちしありしな可らうちふし
0318【うちふしたりつるさま】−死タル夕顔ノ事
  多り徒るさ満うち可ハしへりし可王可
  連な井の
そのきら連多りつるなとい可
  なり个ん
可とみち春可らおほさるむ万
  尓も者可/\しくのり堂まふましきさ満
  な連ハまたこれそひ多春遣て
おハし
  まさする尓
ゝ見の本と尓てむ万より
0319【つゝみ】−賀茂川ノ也
  春へりおりていみしく御心ちまとひ个れハ」(44ウ・135C)

  可ゝるみちの尓て者ふ連ぬへき尓やあらん
0320【みちの空にて】−\<朱合点> 立テ行ゆくゑモシラスカクノミソ道ノ空ニテマトフヘラナル
  佐ら尓えいきつくまし起ちなん春る
  との堂まふ尓
これみつ心地まとひて和可
  者可/\しくハさの多まふとも可ゝるみち尓

  いて/\多てまつるへき可ハとおもふ尓いとあハ
  多ゝし遣れ者か(
<>、か+<><>)のみつ尓て越あらひてきよ
  見つ
く王んをんをねむし多てまつりても
  春へな
くおもひまとふも志ゐて御心
0321【君】−源
  おこしてうちにを年んし
  ま多と可く堂すけられなん二條院」(45オ・135H)
0322【また】−<>

  へ可へり个るあやしうふ可きありき
  を人々ミくるしき王さ可な
このころ連いより
0323【人々】−二条ノ院ノ
  も志つしのひありきの志きる
0324【しきる】−シケキ也
  尓も昨日気しきのいとなやましうおほ
  し多りし尓
い可て可く多とりありき
  らんと
けきあへり万ことにふしぬるまゝ
  耳いとい多くくるし可り
二三日尓なりぬ
  類耳む遣尓
よハるやうにしうち尓もきこ
  しめしな
けくこと可きりなし御い能り
  可多/\尓
ひ万なく能ゝしるまつり者らへ春」(45ウ・135M)
0325【すほう】−修法<ワウ>トヨム<>

  本うなといひつく春へくもあら須よ尓多く
  ひなくゆゝし起ありさ満なれハよ尓

0326【ゆゝしき】−光源氏ト云心也
  くおハしますま志き尓やとあめ能し多の
  のさハ起なくるし起御心ち尓も可能右近
  をめしよせて
つ本年なとち可く堂万ひて
  さふらハせこれ光心ちもさハ起まとへと
  のとめてこの
能堂つき那しとおもひ
0327【この人】−右近
  多る越もてなし堂すけつゝ佐ふらハ春
  いさゝ可ひ万ありて
おほさるゝハめしいてゝ
  徒可ひなとすれハ本となくましらひ徒き」(46オ・136E)

  多りふくいとくろくして可多ちなとよ可らね
0328【ふくいとくろくして】−服最黒也 主君ノ服ヲ右近着タル也 説々不用之
  か多王尓くるし可らぬ王可うとなりあやしう
0329【あやしう】−源ノ御詞
  見し可ゝ里个る御契耳ひ可されてわ連も
  よにえ
あるましきめ(<>)としころの多のミ
  うしなひて
本そくおもふらんなくさめ尓
  もゝしな可らへハよろつ尓者くゝまむとこそ
  し可本とな
多ちそひぬへき可くち
  をしくもあるへき可な
志のひや可尓
  よ者け尓へハいふ可ひな起こと越ハ
0330【いふかひなき】−顔ノ事ヲハサシヲキ源ヲ思ふ也
  を起ていみしくおしとおもひきこゆ殿」(46ウ・136J)

  うち能あしをそ羅尓ておもひまとふうち
  より徒可ひあめ能あしよりもけ尓
志个し
  おほしな
けきおハします越きゝいと可多
  し遣那くて
めて徒よくお本しな大殿
0331【大殿】−ヲホイトノトモヲホトノトモヨム
  も気いめいしおとゝ日々に王多り
  つゝさ満/\のことをせ
させふ志るし尓や
  廿いとおもく王つらひつ連とことな類
  な
こりのこらすおこ多る佐万耳みえ
0332【おこたる】−快気
  可らひいミしも悲とへ尓みちぬるよなれハ
  お本つ可な
可らせ御心王りなくてうちの」(47オ・137B)
0333【御心】−父御門ノ

  との井耳万いり堂万ひなと春大殿
  和可くる万尓てむ可へ多てまつ
御物
0334【御物いミ】−病後ノツヽシミ
  いミなやとむつ可しうつゝしませ多てまつり
  王れ尓も阿ら春あらぬ耳よミ可へり多る
  やう尓志ハしハお
ほえ九月廿日
  おこ多り者て
いとい多くおもやせへ連/と
  な可/\(/\
い見<>)しくなまめ可しくてな可め可ちに
  ね
をのミなき堂まふ多てまつりと可むる
  もありて
ものゝ遣なめりなといふもあり
  右近をめしいてゝのとや可な
くれ耳」(47ウ・137G)

  物語とし越いとなむあやしき
0335【なをいとなむあやしき】−源ノ御詞
  なとてそ能と志ら連しとハ可くいへりし/そ
  満こと尓
あ万のこなりともさハ可り尓おもふを
  志らてへ多てし可ハなんつ
ら可り志との多
  まへハ
とて可ふ可(可)く可くしき古えことハらん
0336【なとて】−右近カ詞
  い徒の本と尓て可ハなにならぬ能りをきこえ
  ハんはしめよりあやしうお
ほえぬ佐万
  な
里しことなれハうつゝともおほえすなん
  あるとの多万ひて
可くしもさハ可り尓
0337【御なかくし】−名也 源モ名ノリ給ハサリシヲ顔ノ恨シト也
  こそハ登きこえ可らな越佐り尓こそ」(48オ・137M)

  ま起らハしらめとなうきこと尓おほし
  多りしときこゆ連ハあいな
可り个るくらへ
0338【あいなかりける】−源ノ御詞
  とも可な王れハし可へ多つもな可りき
  可やう尓
耳ゆる左連ぬ布るまひをなん
  またな
らハぬことなうち尓いさめのハする
0339【うちに】−父御門ノ
  をハしめつゝむことおほ可る尓てハ可なく
  耳堂ハふ連こと越いふもところせ
うとり
  な
うるさ起ありさま耳なんあるを
  者可な
可りしゆふへよりあやしう可ゝ里
0340【ゆふへより】−夕カホ物シ時
  てあな可ち尓み多てまつりしもかゝるへき」(48ウ・138E)

こそハものし気めとおもふもあハれ尓/ん
  ま多うち可へ(へ
<>)しつらうおほゆるかうな可ゝる
  ましき耳てハ
と佐しもし見てあハ
  連とおほえ个んくハしく可多れい万ハ
  な
を可く春遍きそ七日/\可ゝせ
  も堂可ためと可のうち尓もおもハんとのへハ
  な
に可遍多てきこえさせらんみつ可ら志のひ
0341【なにかへたてきこえさせ侍らん】−右近カ詞
  春くししことをうしろ尓くち佐可
  な
くやハとふ堂まふハ可り尓なんおや多ちハ
  者やうせ尓き三位
中将となんきこえ」(49オ・138J)
0342【三位の中将】−顔ノ父

  しいと羅う多きおもひきこえへりし
  可と我身
本とのもとなさ越ほ春めり
  志耳いのち佐へ堂へ(え&
へ)ハすなり尓しのち
0343【いのちさへたへ給はすなりにしのち】−父ウセ給テ後也
  者可な起ものゝ多より尓て頭中将なんま多
  少将耳ものしミそめ多てまつらせ

  三年ハ可りハさしあるさ満尓可よひ
  しをこそ能あきころ可の
大殿より
0344【右の大殿】−頭中将ノシウト
  いとおそろしきことのきこえま(+<>)てこしに
0345【いとおそろしきこと】−本北ノ方ヨリヲドシ給フ也
0346
【まてこし】−マウテトヨム
0347
【物をちをちをわりなくし給し御心】−顔ノ
  をちをわりなく志御心ん可多な
  おほしをちて
にしのめ能とすミ」(49ウ・139B)

  侍所尓なん者ひ可くれへりしそれもいと
  みくるしき耳す見王ひ(て&
)て佐と尓
0348【すみわひ給て】−<朱合点> 伊 住ワヒヌ今ハカキリト
  うつろひなんとおほし多りしをことしよりハ
  ふ多可り个る可多尓
个れハ堂可ふとてあや
  しきしをあらハされ多て
  まつりぬることゝおほしな
けくめりしよ能
  耳丹春もの
ゝミを志
  おもふ个しき越み盈んを者つ可しきものに
  志多まひて
徒連なくのミもてなして
  らむせ
られ多てまつり免りし可と」(50オ・139G)

  か多りいつる耳されハよとお本しあハせ
0349【されハよ】−源ノ御心詞
  いよ/\あハれま佐りぬおさなまとハし
0350【おさなき人】−玉カツラノ事
  多りと中将うれへしハ佐るやととひ
  多
)まふし可おとゝしのへりし
0351【しかおとゝしの】−右近カ詞
  尓ていと羅う多遣尓なんとか多るさてい
0352【さていつこにそ】−源ノ詞
  徒こ尓そ耳佐とハ志らせ王れ尓盈させ
  よあと者可な
くいみしとおもふ可多み尓いと
  うれし可るへくな
んとの可能中将尓も徒多ふ
  へ个れといふ可ひな起かことをいな
と佐万
  かう佐万尓つけて
者くゝまむにと可あ類」(50ウ・139L)

  ましきをそのあらんめ能となと尓もこと
  佐万耳いひなしてものせ
よ可しな
  か多らひさらハいとうれしくな
へき
0353【さらハ】−右近カ詞
  可能尓し能尓ておひいてハんハくるしく
  なん者可/\しくあつ可ふ
しとて可し
  こ尓
ときこゆ夕暮能志つ可なる尓
0354【夕暮のしつかなるに空】−二条院ノ体
  気しきいとあハれ尓まへのむさい可連/\
  耳むしのね
もな起可れてもみちのやう/\
  いろつ
く本とゑ尓可き多るやう尓おもしろ
  きを王多してより本可尓
お可しき」(51オ・140D)

  ましらい可なと可能ゆふ可本の屋とりを
  いつるも者つ可し堂けの
可尓いゑ者とゝ
0355【たけのなかに】−六条院ノハ梟也 鳩モナキタリケルト為意也 爰ニテ次ノ段ニナキヲ書出スト心得ヘシ
  いふとりのふつ徒可尓なくをきゝ可能
0356【きゝ給て】−源ノ
  ありし耳このとりのきしをいとお
  そろしとお
も(も)ひ多りしさ満のおもかけ耳
0357【おもひ】−夕顔の
  羅う多くおほしいてらるれハ登しハいくつ
  尓可ものししあやしくよ能尓ゝ春
  へ可尓
しもかくな可ゝるましくてなり
  个りとの
堂万ふ十九尓やなり个ん右近
0358【十九にや】−右近カ詞
  ハなくなり尓个るめ能との春てをきて」(51ウ・140I)

  个れハ三位能羅う多可り可能
0359【三位の君】−顔ノ父
0360
【らうたかり】−右近ヲ也
  あ多り佐ら春おほ(ほ=<><>)し多てしをおもひ
  堂万へいつ連ハい可てかよ尓らんすらんいと
0361【いとしも人に】−<朱合点> もふとていとしも尓むつ連个ん士可ならひて所み年ハしき<>
  しも尓とくやしくなんものハ可な遣尓
  ものし堂万いし御心を堂のもし
  き尓てとしころな
らひ个ることゝき
  こゆ者可なひ多るこそハ羅う多个れかし
0362【はかなひたるこそは】−源ノ御詞
  こく耳なひ可ぬいときな起ハさな
  
可ら者可/\しく春くよ可ならぬ
  な
らひ尓ハ多ゝやハら可尓とり者つして」(52オ・141@)

  耳あさむ可れぬへき可佐春可尓もの
  つゝ見しみんハ志多可ハんなむ
  あハれ尓て我心
まゝにとりな越してみん
  尓
つ可しくおほゆへきなとの多まへハこの
0363【このかた】−右近カ心
  可多のこのミ尓ハもて者なれ多万ハ佐り个り
  と思給ふる尓も
く地をしく王さ可なとて
  な
そら能うちくもりてひやゝ可なる尓いと
  い多くな
可め
    とな可むれハゆふへ能
0364【見し人の】−源ノ空ノクモリタルヨリヨミ出給ふ也
  むつましき可那(<>)悲とりこちへと盈佐し」(52ウ・141F)
0365【さしいらへもきこえす】−右近カ心

  いらへもきこえすかやう尓ておハせまし可ハと
  おもふ尓もむ年ふ多可りて
ほ遊見ゝ可し可
0366【みゝかしかましかりし】−源ノ御心
  まし可りしきぬ堂のをと越おほしいつるさへ
  しくて満さ耳な可起とうちすむ
0367【まさになかき夜】−<朱合点> 八月九月正長夜 千声万声無止時 白氏
  して布し堂万へりかのいよ能いゑの
0368【かのいよの】−ウツセミノ事
  万いるおりあ連とことにありしやうなること
  つ
も志ハ年ハうしとおほし者てに个る
  をいとをしとかく王つらひふをきゝ
0369【思に】−ウツノ心
  て佐春可耳うちなけき个りと越くゝ
0370【くたりなと】−伊与ノ介ガイルエヘクタル也
  多りなとするをさす可尓本そ个れ者」(53オ・141K)

  お本し王すれぬる可とみ尓うけ
0371【おほしわすれぬるかと】−源ノ
0372
【うけ給なや】−文言
  むをこと尓いてゝハ盈こそ
    登ハぬをもな
と可ととハて本とふる尓い可者
0373【とハぬをも】−ウツセミ
  可り可者おもひみ多るゝ万す多ハ満こと耳
0374【ますたはまことに】−<朱合点> ねぬナワノクルシカルラン君ヨリモワレソマス田ノイケルカイナキ
  なむときこえ多りめつらしき尓古れも
  あハれ王す連ハ春いける可ひなきや
0375【いけるかひなきや】−源ノ御返し文言
  堂可い者ましこと耳可
    う徒せ
ミ能はう起と志り尓しを多万(多ま多<>
0376【うつせミの】−源ノ
0377
【また】−
<>
  ことの
可ゝるいのちよハ可なしやと
  てもうちわな
ゝ可るゝ尓み多れ可起へる」(53ウ・142C)

  いとゝうつくし遣なり越可能もぬ遣越
  和す連ハぬをいと越しうもお
可しうも
  个りかやう尓にく可らすハき古え可ハせと
0378【かやうに】−草子ノ地ノ詞
  ち可くとハ日よらす佐春可尓いふ可ひな
  羅春ハえ多てまつりて
やミなんとおもふ
  なり个り可能可多つ可たハくら少将
0379【かたつかた】−軒ハノ荻也
  なんかよハすときゝあやしやい可尓おもふら/ん
  と少将
のうちもいと越しくま多可能
0380【また】−又也
0381
【かの人】−軒荻
  の遣しきもゆ可し个れハして
  志尓りおもふ志りへりやといひ徒可ハす」(54オ・142I)
0382【しに返り】−フカク思ふト也
0383
【いひつかハす】−源ノ也

    本の可尓もハのをむすハすハ
0384【ほのかにも】−源ノ 此哥ヨリ軒ハノ荻ト云
  かこと越な尓ゝ可けまし堂かや可なるおき尓
0385【かことを】−ウラミ也
  徒気て志のひてとのつ(つ$へ)れととりあ
  やまちて
少将もミつ遣て王れなり个りと
  おもひあハせ
佐りとも徒ミゆるしてんと
  おもふ御心おこりそあひな
可りける少将
  な
き可本(可本<>)尓み春連ハうしとおもへとかく
0386【心うしとおもへと】−軒ハノ荻ノ心
  おほしいて多るも佐春可尓て御返くちと
  きハ可りをかこと尓てとらす
    本のめ可す尓徒気て
もし多能」(54ウ・143A)
0387【ほのめかす】−軒ハノ荻 半ハトハ少将ト源トノ心

  な可ハゝ耳む春本ゝれ津ゝてハあし遣なるを
  ま起らハし佐連者みて
可い多る佐万志那
  なし本可け尓みし可本おほしいてらるうち
0388【ほかけにみし】−ウツセミノ巻ニテ碁ウチシ夜ノ事也
  とけてむ可ひゐ多るうと見者つ
0389【むかひゐたる人】−ウツ
  まし起さ満も志多り志可なな尓能者せ
0390【なにの心はせ】−軒ハノヲキ
  あり遣もなく佐うとき本こり多りし
  よとお
本しいつる尓ゝく可らす越古り
0391【こりすまに】−<朱合点> コリスマニ又モナキ名ハ立ぬヘシ人ニクカラぬ世にしスマヘハ
  す万耳もあ多な多ちぬへき御心
  春さひなめりかの四十九日志のひて
0392【かの人】−夕顔ノ
0393
【四十九日】−ナヽナヌカトヨム
  ひえの法花堂尓てことそ可す佐うそく」(55オ・143F)

  よりハしめてさるへきともこ満可尓す起
  やうなとせ
させきやう佛の可さりまて
  おろ可な
ら須これみつ可阿尓の阿佐りいと
  堂うと起尓てにな
う志个りふミの
  し尓てむつましくおほ春もんさう者可せ
0394【もんさうはかせ】−文章博士<モンジヤウハカセ>トヨム
  めして願文徒くらせそ能となくて
  あハれとおもひし
者可なきさ満尓な
  耳多るを阿ミた佛尓ゆつりきこゆる
  よしあハれ遣耳可起いてへれハ堂ゝ
0395【かきいて給へれは】−供養文也
0396
【たゝかくなから】−ハカセノ詞
  かくな可らくハふへきことらさめりと」(55ウ・143K)
0397【くはふへきこと侍らさめり】−ナヲスヘキ所ナシト也

  志のひへと御涙こ本連ていみしく
0398【しのひ給へと】−源ノ
  おほし多れハならむそ能とき
  古えもな
くて可うおほしけ可春ハ可りなり
  个んすくせ
能堂可さといひ个り志のひててう
  せ
さ勢へり个る佐うそくの者可満をとり
  よせさ勢

    なく/\も个ふハ王可ゆふし多ひも越いつ連
0399【なく/\も】−源ノ施シ給フハカマニ夕顔現世ノ時ノ装束ノヤウニ手ヲフレ給也 哀ナル哥トソ
0400
【いつれの世にか】−ナキ人ナレハカクイヘリ<> 亡者四十九日迄ハ中有ニタヽヨフ也<>
  の尓可と気てみるへきこの本とまてハ
  堂ゝようなるをいつ連のみち尓さ多
  まりてを(+
も)むくらんとおも本しやりつ」(56オ・144C)

  ねん春をいとあハれ尓し頭中将をミ
  ふ尓もあいなくむ年さハ起て
可能な
0401【なてしこ】−玉カツラ
  しこのおひ多つありさ満き可せま本し
  个れとかこと尓おちて
うちいてハす可れ(可れ<>、可れ#
  かの
可本のやとり尓ハいつ可多尓とまと
  へとその
まゝに盈堂つ年き古え春右近
  多尓をとつ連年ハあやしと
けき
  あへり
し可ならね遣者ひをさハ可り
  尓やと佐ゝめ起し可ハこれみつ
を可こち
  个れといと可け者な
れ遣しき那くいひ」(56ウ・144H)

  なして越おなしことすき阿りき个れハ
  いとゝゆめの
ちしてもし春里やう能
0402【ゆめの心ちして】−夕顔ノ宿ノモノトモノ心
0403
【すりやう】−受領トヨム
  ことも能春起/\しき可耳をちき
0404【頭の君】−頭ノ中将ニ也
  こえてや可ていてく多り尓ける尓やとそ
0405【いて】−将也
  よりけるこのいゑあるしそにしのきやう能
0406【このいゑあるし】−揚名ノツマ也 顔ノ家主
  め能とのむ春めなり个る三人そ能こハありて
0407【めのと】−玉カツラノ乳母也
  右近ハことり个れハ日遍多てゝあり
  さ満をき可せぬなり个りとなきこひ个り
  右近い(い
<><>、者<><>)多かし可ましくいひさハ可んをおも
  ひて
きミもい万佐ら耳も羅佐しと」(57オ・144M)

  志のひへハ王可きミのうへを多尓盈き
0408【わかきミ】−玉カツラノ事
  可すあさましくゆくゑなくて春起(遊く<>
0409【君】−源也
  遊め越多尓者やとおほしわ多る尓この
  法事ま多のよ本の可耳か能
  ありし
可らそひ堂りしさ満
  もお(
お)なしやう尓てえ个れハあれ多りし
  尓春見个んものゝ王れ尓ミいれ个ん堂より
  尓かくな
りぬることゝおほしいつる尓も遊ゝし
  くなんいよ能すけ神無月
徒い多ちころ
  耳く多る者うの
く多らんにとて堂むけ」(57ウ・145D)
0410【女はう】−ウツセミ

  こと尓佐せま多うち/\尓もわさと
  志
こまや可耳お可し起佐万なる
  くしあふきお本くしてぬさな
と王佐と可
  ましくて可能こうちきもつ可ハす
0411【かのこうちき】−ウツセミノ巻ノうす衣也
    あふまての可多ハ可りとみし本と尓ひ多春ら
0412【あふまての】−源ノ<> アフ迄ノ形見トテコソトヽメケメ泪ニウカフモクツナリケリ<>
  能くち尓ける可なこま可なることゝもあ連と
0413【こまかなる】−地ノ詞
  うるさ个れハ可ゝすつ可ひ可へり尓个れと
  してこうちき能御返ハ可りハきこえさせ多り
    せ
見の者も堂ち可へて个る夏衣可へ春を
0414【せみのはも】−ウツノ 時節ノ秋ニ成タル心歟 河海ニハ冬ノ装束ヲソヘタルカト云々
  みてもねハな可れ个りおもへとあやしう尓」(58オ・145K)

  にぬよさ尓ても布り者なれぬる可な
  徒ゝ希堂まふ个ふそ多つ
り个る
0415【冬たつ日】−ツ文字スムト云々
  も志るくうち志くれて个しきいと
  あハ連な
な可め
0416【なかめ暮し給て】−古今 神無月フリミ<>
    す起尓しも个ふ王可るゝもみち尓ゆく
0417【すきにしも】−源ノ御哥 過ニシハ夕顔今日別ルヽハウツセミノ事<> 過ニシモ今行末モ二道ニナヘテ別ノナキ世ナリセハ<>
  可た志らぬくれ可なな越可く志れぬ
0418【なをかく人しれぬ】−地ノ詞也 奥マテ
  ことハくるし可り気りとおほし志りぬらん
  可しかやうの
く多/\しきハあな可ち尓
  かくろへ志のひしもいと越しくてみ那
  もらしとゝめ多る越
み可とのこならん」(58ウ・146C)

  からに佐へ可多本ならす本め可ち
  なると徒くりことめきて
とりなすもの
  し个れハな
あ万(万<>)りも能いひさ可な
0419【ものいひさかなき】−<朱合点> 古 爰ニシモ何ニホフラン<>
  徒見佐りところなく」(59オ・146E)

(白紙)」(59ウ)

【奥入01揚名介
    此事源氏第一之難儀也非可勘知事
【奥入02長恨哥
    七月七日長生殿夜半無人私語時
    在天願作比翼鳥天長地久有時尽
    此恨綿々無絶期
【奥入03い者ぬ万ハちとせ越すく春ちして
    まつ
ハ満こと尓し可り気り此哥近代
    哥歟
    不立此證哥」(60オ)

【奥入04貞信公於南殿御後被取釼鞘給抜
    釼給之由在大鏡無他所見歟人口伝歟」(60ウ)

「巻ノ名ハ哥ト詞ヲ以テ号ス此巻ハ若紫ノ
横竪ノ並也源氏十七歳ノ二月ヨリ次ノ年ノ
春迄ノ事アリ若紫ノ巻ハ三月ヨリシテ
同年ノ冬迄ノ事アリ」(前遊紙1ウ貼紙)