Last updated 02/24/2003(ver.1-1)
Last updated 11/02/2016(ver.3-2 凡例を掲載)

渋谷栄一翻字(C)

  

帚 木

凡例

1.漢字は漢字のまま翻字し、他の変体仮名字母と区別するために太字で表示した。

2.通行の平仮名の字母はそのまま平仮名で翻字した。

3.変体仮名はその字母で翻字した。

4.片仮名はそのまま片仮名で翻字した。

5.仮名や字母の崩し方が複数ある文字については、一般的な字形を基準にして、それより元の漢字に近い字形には「と付記し、また一般的な字形とも異なった別の崩し字形には「と付記した。

6.本行本文は10.5ポイントで表示し、書入注記や付箋等は9ポイントで表示した。

「はゝき」(題箋)

  飛可る源氏名ミこと/\志ういひ気多
0001【ひかる源氏】−桐壺巻の詞をうけて発端の詞にあり
  連たまふと可ほ可なるにいとゝかゝる春起
0002【とか】−過ナリ
0003
【すきこと】−光源氏といふ名をすき事とハいへる也
  ことゝもを春衛の丹もきゝ徒多へて可ろ
0004【かろひたる】−カロ/\シ
  ひたをやな可さむと志のひ个る可くろ
0005【しのひ給ける】−高麗人に相せしめ給し事なり
  遍ことを佐へ可多りつ多へ个む農ものいひさ可
0006【人のものいひさかなさ】−<朱合点> 古今 こゝにしも(も+1何)にほふらん女郎花人の物いひさかにくき世に
0007
【さかなさ】−ワルキコト也
  なさよ佐るハいとい多くをはゝ可りま免多ち
0008【まめたち】−マコトタツ 斂色<レンシヨク><><ヲサム><>遊ー
  个る本とよひ可尓を可しきことハなくてか多
0009【なよひかに】−シナヤカナル也<> 麗子<ナヨヒ><> び一禅<>
0010
【をかしきこと】−おもしろき所なくての心なり
0011
【かたのゝ少将】−業平をいふといふ説あり
  のゝ少将尓ハ王らハ連个む可し満多中将
0012【給けむかし】−爰迄記者詞
0013
【また中将なとに】−爰ヨリ草子ノ詞
  なとにものししと起ハ尓のミさふらひ
0014【内にのみさふらひようし給て】−大裏ヲヨクヲホシテ也
  よら(ら<>)し大殿尓ハ多え/\満可てのふ」(1オ・35E
0015【しのふのみたれ】−<朱合点> 伊せ 春日のゝわかむらさきすり衣しのふのみたれかきりしられす 藤壺ノ女御事 両説内ニテモ皮又花ツ

  のみ多連とう多可ひきこゆるありし可
  と佐しもあ多め起め那連多るうち徒気の
  春起/\(△△
/\)しさなとハこのましからぬ御本上尓て
0016【御本上】−むまれつきの心 書捨ニ 乱ル心ナシト云心コモルト也
  万(万<>、ま<>)れ尓ハあな可ちに飛きた可へ徒くしなる
  ことを御心におほしとゝむるくせなむあや
  尓く尓て佐るましきふるまひもうちま/し
  里个流な可あめ者連万な起ころ
0017【なかあめ】−五月雨事 三日過ルヲ霖ト云六月トミユ
  も能いミさし徒ゝきていとゝな可ゐさふらひ
0018【ものいミさしつゝきて】−カサストモタチトー 物忌ノ字アリカスツヽシム
  大殿丹ハほ徒可なう羅めしくお本/し
  た連とよろ津のよそひな尓具れとめ徒」(1ウ・35K)
0019【御よそひ】−御装束事
0020
【なにくれと】−何ヤカヤ也

  羅しきさ満尓てうしいて津ゝむ春こ(<>
0021【御むすこ】−左大ノ
  堂ゝこ能とのゐところ尓つ可へ
  を徒と免ハらの中将ハな可尓志多
  志具なれきこえあそひた者ふ連をも
  よりハ屋春くなれ/\しく布るまひ多り
  のおとゝ能い多ハりかし徒きふすミ可ハ
0022【いたはりかしつき】−二条太政大臣四君
0023
【すみか】−人のめをもいふ和ー
  このいとも能う具志てす起可満しき
  あ多なり佐と丹てわ可か多能志津ら
0024【あた人なり】−<朱合点> 古 秋といへハ余所にそきゝしあた人ハわれをふるせる名にこそ有けれ 読人不知 後 あた人のなきニハあらす有なから我身にいまたきゝそならハぬ 左大臣新理
  ひま者ゆく志て能いていりし尓うち
  徒連きこえつゝよる飛るかくもむをも」(2オ・36B)

  あそひをももろとも尓しておさ/\たち
0025【あそひをも】−雨夜物カタリノ序<>
0026
【おさ/\】−漸ナトニ同
  をくれ寿い徒く丹てもまつ者れきこえ
  本とにをの徒可らかしこまりもを可春
  のうち尓もふこともかくしあへ春なんむつ
0027【むつれきこえ】−<朱合点> 思ふとて何しる人にむつれけんしかならひてそミねハ恋しき
  連きこえ个るつ連/\とふりくらし亭
  志めや可なるよひの殿上丹もさ/\
0028【おさ/\】−粗漸凡
  春く那尓とのゐいよりハのとや可
0029【御とのゐ所】−源曹司
  なるちするにほとなふらち可くてふミ
0030【ふみとも】−学問方ノ
  とも那とミち可起み徒しなるいろ/\能
  可ミなる布ミとも越飛きいてゝ中将王り」(2ウ・36E)
0031【いろ/\のかみなるふみとも】−艶書

  な具ゆ可し可れ者佐りぬへき春こしハ
0032【さりぬへき】−源氏
  せ可多王なるへきもこそとゆるしハ年
  者そ能うちと遣てか多ハらい多しとお
0033【そのうちとけて】−中将之詞
  佐連んこそゆる(る<>)し个れをしなへ堂るお
  可多能ハ可春ならねと本と/\に徒遣て可起
  か者し津ゝもなんをの可志ゝうらめしき
0034【をのかしゝ】−<朱合点> 春ハ梅秋ハ籬の菊の花おのかしゝこそ恋しかりけれ 貫之
  おり/\万ち可本なら無ゆふ具れなと能こそ
  ミハあら免と衛ん春れハやむことな具せ
0035【やむことなく】−源ノ詞アルヘキヲヤンコトモ頭ノ也 此書サマ
  ちに可くしへきなとハ可やう尓おほそう
0036【おほそうなる】−ウチハナチタル心ナリ
  な流見徒しなとにうちをきちらしふ」(3オ・37D)

  遍く裳あら春ふ可くとりを起へ可めれ者
  万地の屋春起なるへしか多ハし徒ゝ
0037【二のまち】−ツキトイフ心ナリ
  みるによくさ満/\なるも能ともこそ気れ
  とてあて尓それ可か連可なとゝ(ゝ
<>)ふな可尓いひ
0038【心あてに】−<朱合点> 古 心アテニヲラハヤヲラム初霜ノヲキマトハセル白菊ノ花躬恒
0039
【それかかれか】−源心中
  あ徒るも阿りもて者なれ多流こと越も
  よせてう多かふもを可しとおほせことすく
  那丹てと可く万起らハし徒ゝとりかくし
  徒そこにこそおほく徒とへら免春こしみ
0040【そこにこそ】−足下源氏御詞
  者やさてなんこの徒し裳よ具飛ら具へ
  きとの多万へ者らむしあら無こそ」(3ウ・37G)
0041【御らむし所あらむこそ】−中将

  か多くらめな登きこえふ徒いてに
0042【女のこれは】−第一段 詞中将雨夜品定事 問答四段在之
  これ者志もとなん徒く満しきハか多く裳
0043【なん】−難
  ある可な屋う/\なむミへし流堂ゝう
  者へハ可りのさけ丹て者し里可起おりふ/し
0044【て】−手不用之
0045
【はしりかき】−草ニカク文
  のいらへえてう地しな登ハ可りハ春いふん
0046【いらへ】−哥
0047
【うち】−内 詞也
0048
【すいふん】−随分
  によろしきもおほ可りとミれとそも万こ
  登にそ能可多をとりいてん盈らひ尓かなら春
  もるましきハいと可多しや王可え多る
0049【わか心えたる】−前ノ段ノツヽキ
  者可りををの可志ゝ越屋りてをハお
0050【をのかしゝ】−各競 自ノ志ノマヽナルヲ云
  志めなとか多ハらい多きほ可りおやなと」(4オ・38A)
0051【おやなと】−玉かつらの内侍のかミ当此品<> 末ツムニアタル弄<>

  堂ちそひもてあ可めておひさ起こも連流
0052【おひさきこもれる】−草ナト生心
  まとのうちなるとハ堂ゝか多可とをきゝ
0053【まとのうちなるほと】−親ノ家ニアル程
  徒多へてをうこか春こともあめり可多地
0054【かたちをかしく】−末ツムニアタル顔大ヤウニミル
  を可しくうちおほとき王可や可丹て万起
0055【おほとき】−おほやうにのとかなる也
0056
【まきるゝことなき】−かさらすありのまゝなるへし
  類ゝことなき本とハ可なきすさひをも
0057【すさひ】−な越さり事也
  ねをいるゝあるにをのつ可ら日とつ
0058【ひとつゆへ】−末ハ琴上手也
  ゆへ徒気てしいつるありみる
  具れ堂る可多をハいひ可くし佐てありぬへき
  か多をハ徒くろひてまねひい多春にそれ
  志可あらしとそらにい可ゝハをしは可りおもひ」(4ウ・38A)

  具多さむ万ことか登(もてゆく尓をとりせぬ屋うハなくな<>)あるへきとうめ起多
0059【うめきたる】−歎体 ウソフク心
  気しき裳者つ可し気なれ者いとなへて
0060【いとなへては】−源氏 第二段
  あらねほしあ者することやあらむ
  うち本をえ見てそ能可多可ともな起
  あら無やとのへハいとさハ可りならむあ多
0061【いとさはかりならむあたりにハ】−中将 第三段
  里にハ多れ可ハす可されよりらむとる
0062【とる方なく】−様悪
  具ちおしきゝハというなりとほゆハ可り
0063【いうなり】−優 様吉
  春くれ堂るとハか寿ひとしくこそら免
0064【すくれたるとハ】−此二ハ上下ノ人ニアルヘシ
  農志那多可くむまれぬ連ハ耳もて可/し
0065【しなたかく】−上品
  徒可れてかくるゝほく志ねんにそ能遣ハひ」(5オ・38G)
0066【しねんに】−自然

  こよなかるへし志那尓なん心/\
0067【中のしな】−中品<>
  をの可志ゝのて堂流おむきもみえて
  わ可るへきことか多/\おほ可るへき志もの
0068【しものきさミ】−下品
  きさミといふきハ尓なれ者こと尓みゝたゝ
0069【みゝたゝすかし】−きけとも耳にたゝぬ也
  寿可しとていとく満(満)那気なる気しきな
  裳ゆ可しくてそ能志な/\やい可尓い徒連を
0070【そのしな/\やいかに】−源氏の詞 第四段也
  見徒のし那尓をきて可王くへきもと能志な
0071【もとのしなたかくむまれなから】−末摘ニ似タリ
  た可くむ万れな可らハ志津ミ具らゐみし可く
  て気な起農可む多ちめな登
0072【なを人】−種姓いやしき人をいふ
  まてなり能本り王れ者(者<>)可本丹てのうち」(5ウ・38M)

  をかさり尓おとら志とおもへるそ能気ちめ
  をハい可ゝ王くへきとと飛本とに能む万
0073【左のむまのかみ】−五位
  の可ミ藤式部(せ)う御物いミにこもらむとて
0074【藤式部のせう】−藤式部丞蔵人ナリ 六位
  万い連りの春起も丹てものよくいひと
  をれる中将まち登りてこのし那/\を
  わき万へさ多めあらそふいときゝ尓くき
  おほ可りなりの本れとももとより佐るへき春
0075【なりのほれとも】−馬頭之詞 第一段也 以下十八問答在之
0076
【もとよりさるへきすちならぬ】−惟光カ女ニアタル藤内侍カコト
  ちならぬ(<>世人農おもへることも佐者いへと
  な越こと那りもとハやむことな起春ち
0077【もと】−姓ナリ
  なれとにふる堂つき春く那く時世にう徒」(6オ・39D)
0078【たつきすくなく】−末摘花当此品

  ろひてほえおとろえぬ連ハとして
  たら寿王ろひ堂流ともいてくる
  王さ那め連ハとり/\にことハりてな可能志那
0079【とり/\にことはりて】−過不及儒道中庸ノ道仏教ハ非空非有中道
  にそをくへき春りやうといひてのこと
0080【すりやう】−受領 軒ハノ荻
  丹可ゝ徒らひいとなミてし那さ多まりたる
  丹もさミ/\ありてし那の
  気しうハあらぬ盈りいて徒へきころ本ひ
0081【けしうハあらぬ】−けすしくハあらぬ也
  な満/\能上達部よりも非参議四位
0082【なま/\の上達部よりも】−なミ/\ 空蝉夕顔等当此品
0083
【非参議】−宰相なとにならぬをいふ
  ともほえ具ちおし可ら寿もと能
0084【もとのねさし】−<朱合点> 古 瀧つせに根サシとゝめぬ浮草のうきたる恋も我ハする哉
  ねさしいやし可らぬや春らか尓をもて」(6ウ・39I)

  那し布るまひ堂るいと可ハら可なりや
0085【かはらかなり】−サハヤカナルナリ
  うちに堂え(え<>)ぬことなと者多な可免るまゝに
0086【家のうちにたらぬことなと】−明石上当此品
  者ふ可春万ハゆきまてもて可し徒个るむ春
0087【はふかす】−和 不放埒<ハフラツ> 又云省ノ字也 身ヨリ過タル事ヲモカヘリ見ス艶ナル也
  免なと能としめか多くおひいつるもあま多
  あるへし徒可へ尓いてちておもひ可気
0088【宮つかへにいてたちて】−桐更衣
  ぬさい者ひとりいつるためしともおほ可り可/し
  なといへハ春へて尓起ハゝしきによるへき
0089【すへてにきハゝしき】−源氏 第二段
  なむなりとて王らひふをこと農い
0090【こと人のいはむやうに】−中将詞問答外ナリ コト人好色ナラヌ人ノト也源ハソレニハヨラネト女ノ落フレタルハイカヽト也
  者むやうにえ春おほせらると中将尓く
  むもと能し那時世お本えうちあひ屋無」(7オ・40A)
0091【もとのしな時世のおほえ】−馬頭 第三段 上の品 女三宮 当此品<> 女三ノ宮ニアタル<>

  ことなきあ多り能うち/\のもて那し遣ハひ
  をくれ堂らむハ佐ら尓もい者春なにをして
0092【さらにもいはす】−中/\云ニ及ス
  かくおひいて気むといふ可ひなくおほゆへ/し
  うちあひてすくれ多らむもことハりこれこそ
0093【うちあひて】−藤ツホ
  ハ佐るへきこと登おほえてめつら可なる
  登もおとろくましな尓可し可をよふへ
  き本とならねかみ可かミ者(者
<>)うちを起
  さてよ尓ありと尓志られ春さ飛しく
0094【さてよにありと】−下品ナリ 顔ノ上ノルイ
  あ者れ多らむ無くら能可とにおもひの本可
0095【むくら】−葎
  にらう多気ならんのとちられたらん」(7ウ・40F)

  こそかきりな具めつらし具ハお本えめ
  可て者多可ゝり気むとおもふよりた可へる
  ことなんあやしくと満るわさなるちゝ
0096【ちゝのとしおひ】−藤式部イモウト
  のとしおひものむ徒可し気にふとり春起
  せうと能可本にく个尓もひ屋りことな
  なきねやのうちにいとい多くおもひ
  あ可り者可なくしいて多ることわさもゆへ
  那可ら春みえ堂らむ可多可と丹て裳い可ゝ
  の本可にを可しからさら無すくれてき
  な起か多能えらひにこそをよハさら免さる」(8オ・40K)

  か多丹て春て可多起ものをハとて式部
  や連ハわ可いもうと(+
と)もよろしき
0097【わかいもうとともの】−第四段藤式部カ心也
  こえある越おもひての丹やと屋うら
  むものもいハ春いてや可ミ能し那とおもふ
0098【いてやかミのしな】−源氏ノ御心アヲイノ上ノコト
  に多尓可多遣なるよをとハお本春へ(<>
  志し(し
<>)ろきそとも能なよゝ可なるにな
0099【なよゝか】−和
0100
【なをし】−直衣
  をし者可りを志と遣なくきなてひも
  なともうち春てゝそひふしへる本可気
0101【御ほかけ】−火かけ也
  いとめて多丹てミ多て万つらま本し
  このめ尓ハ可み可かミを盈りいてゝも」(8ウ・41C)

  あ具ましくみえ佐ま/\ののうへ
  とも越可多里あ者せ徒ゝほ可多の
0102【おほかたの世に】−第五段 又馬頭カ詞ナリ
  徒遣てみる尓と可なきも可ものとうち
  多の無へきを盈羅んにおほ可る丹も
  盈なんおもひ佐多むまし可り个るのこ
  能や気尓徒可うまつり者可/\しき
  か多めとなるへきも満こと能うつ者もの登
0103【うつはもの】−器ナリ
  なるへきをとりい多さむ尓盤可多可るへし
  可しされと可し古しとても飛と里ふ多り世中
0104【世中をまつりこち】−天下ノ政ヲハ於太政官三公公卿行之
  を万つりこちしるへきならね盤かミハ志も尓」(9オ・41H)
0105【こち】−事也

  多春遣られ志もハ可ミになひきてひろ
  き尓ゆ徒ろふらんせ
ハ起うち能あるし
  とすへき日とりをお
もひめくら春耳
0106【人ひとりを】−ウシロミノコト
  堂ら者てあし可るへき大事ともな無か多
  可多お
ほ可る登あ連ハ可ゝりあふさきるさ
0107【あふさきるさにて】−<朱合点> ソヘニトテトスレハーシラスー 重荷ニソヘ荷ノ如クノ煩ナル心也 あふさまくるさまなり
  なめ尓さて裳ありぬへきの春くな
0108【なのめに】−ナヲサリ
  をす起/\しきすさひ丹てのあり/さ満
  をあま多みあ者せ
む能このミならね
  飛とへにおもひさ多むへきよるへとすハ可り
0109【よるへ】−ヨリ所
  におなしくハわ可ち可らいりをしな越しひき」(9ウ・41M)

  徒くろふ遍きに可なふやう丹も
  屋とえりそめつる農さ多まりか多き
  なるへし可なら春し裳王可おもふに可な
  ね
とみそめ徒るハ可りを春て可多く
0110【みそめつる契はかり】−君臣明文思へし
  登万る盤もま免や可なりとみえさて
  多
も多類ゝの多めもくゝをし者可
  らるゝなりさ連とな
に可ありさ満をミ
0111【なにか世の】−なにかしかといふなり
  た万へあ徒むるまゝにをよハ春いとゆ可/し
  き
も那しや君達可ミな2らひ
  尓ハましてい可者可りの可ハ堂くひハん」(10オ・42E)

  か多ちき多な気那く王可や可なる本との
  をの可志ゝハちりも徒可しとをもてな

0112【ちりもつかし】−六宮スニアタル
  布ミを可遣登お本と可尓こと盈りをし春ミ
  徒き本の
可尓もとなくおも者せ徒ゝ
0113【又さやかにも】−又一ノ体也 一説文カクニ対シテ花鳥ノ説カハル文ノコトトアリ
  さや可尓もみてし可な春へなくま多せ王
0114【みてしかな】−古今 あふくまに霧立くもり明ぬとも君をはやらしまてハすへなし<> 其人ヲ一<> ヨミトカレヌ心ト花<>
0115
【すへなくまたせ】−<朱合点> 無便 ヒンナキ也<> 文使<> 程ヲヘテマタセ云コレハ声ヲ引入也<>
0116
【わつかなるこゑきくはかり】−木枯ノ類
  徒可なるこゑきくは可りいひよれといき能
  志多にひきい連こと春くな
ゝる可いとよく
  もて可く春な
り个りなよひ可尓しと
0117【女しと見れハ】−源内侍当此品也
  連ハあまりなさけ尓ひきこめられてとり
  なせ
ハあ多めくこれをハしめのなむと春」(10ウ・42J)

  へしこ登可な可尓のめなるましき
0118【ことかなかに】−殊中ニ也 又異カ中<> 取分ノ心<>
0119
【なのめなるましき】−ナヲサリナラヌ人也<> 十分ナラヌ也<> 子細ナキ人ノカタキ也<> 両説アリ女ノコトヲモナノメナルマシキト云又ナヲサリニスマシキ男ノコトヲモ云ニヤ一<>
  のうしろミの可多ハものゝあ者れ志り春く
  志者可那き徒いてのな
さ遣ありを可しき
  尓
すゝめるか多なくて裳よ可る遍し登
  みえ多
るに万免/\しきすちを堂てゝ
0120【まめ/\しき】−マコトシクウシロミノ方
  見ゝ者さミ可ち尓ひさうなとうし
0121【みゝはさミかち】−かひ/\しきすかた
0122
【ひさうなき】−無美相千 無貧相福/\シキ和
0123
【家とうし】−いゑのめ
  の日とへ尓うちと遣多るうしろミ者可りを
  志て
あさゆふのいていり尓徒个て裳おほ
  や気わ多くしの
農堂ゝ春万ひよ起あ/し
  き
能め尓もみゝ尓もと万るありさ満を」(11オ・43A)

  うと起尓わさ登うちま年者んやハち可
  具てのきゝわ
きおもひ志る遍可
  らむ尓か多りも
あハせ者やとうちも衛万
  れ
ミ多裳さしくミもしハあやなき
  お本や気ハら堂ゝしくひとつ尓おもひ
0124【おほやけハらたゝしく】−主人ナトニ恨切ナルコト
  あ万るな登お本可るをにゝ可ハき可
  せ
むとおもへ者うちそむかれてし連ぬ
  いて王らひ裳せ
られあ者れともう地
  飛とりこ多るゝにな
そな阿者徒
0125【あはつかに】−淡
  可に佐しあふきゐ多らむハい可ゝハくちお」(11ウ・43F)
0126【さしあふき】−花説扇ナトサシカサシテゐタル也

  志可らぬ堂ゝ飛多布るにこめ起てやハら可
0127【こめきて】−ふしめかしき心ナリ又子めきおさなくかたほなる体也<> 巨ノ字大ヤウナル也ヲサナキハ花ノ説<> 紫上ナトノコト<>
  ならむを登可くひき徒くろひてと可
  みさらんもとな
くとも越しところあ流
  心地春へし気にさしむ可ひてむ本とハ
0128【さしむかひて】−ヨキ中にわろき事あり
  さてもらう多き可多に徒ミゆるしみるへき
  を
ち者なれてさるへきこと越もいひや里
  お
りふし尓しいてむ王さのあ多尓も
  ま免こと尓
とおもひうる那く
0129【わか心とおもひうる事なく】−人にをしへられて我に思よるふしなき也
  布可起い多りな可らむハいとくちおし具たの
  もし遣な
起と可やな越具るし可らむ徒ねハ」(12オ・43K)

  春こしそハ/\しく徒きなのおり
0130【そハ/\しく】−カタチヨカラヌヲ云祇 又タシカナラヌ心思ふ様ナラヌ様和 形悪ケレハ人ノ心不付
  ふしにつ希ていて者へ春るやうもあり可し
0131【いてはへする】−打フルマイニテ人ニマサルコトアリ<>
  なとく満な起ものいひもさ多め可年て
0132【くまなきものいひ】−<朱合点> 古今 おもふてふ人の心のくまことに立カクれつつゝ見るよしもかな
  多くう地なけ具い満ハたゝし那丹もよら/し
0133【しなにもよらし】−品ニモヨラシ一部ノ肝心 三界唯心万法唯識の心ナリ
  か多ちをハ佐ら丹もい者しいと具ちおしく
  ね
ち遣可満しきほえ多具ハたゝひ
0134【ねちけかましき】−<朱合点> 万なら山のコノ手柏ノ二面ー 口きゝかましきをいふ<> ヨカラヌ心也<>
  とへ丹ものまめや可に志徒る(る<>)なおもむき
0135【まめやかにしつかなる心】−葵ノ上ニアタル
  ならむよるへをそ津ゐののミにハ
  をくへ可り个るあまりゆへよし者せう地
0136【ゆへ】−ヨキ種姓
0137
【よし】−ヨセアルコト
0138
【心はせ】−故由ノ様
  そへ多らむをハよろこひ尓おもひ春こし」(12ウ・44C)

  をくれ多るか多あらむをもあ那可ちにもと
  免くハへしうしろや春く能と遣きた尓
  徒よくハう者への
さ遣ハをの徒可らもて徒
  遣徒へき王さをや盈ん丹も能者ちして
0139【えんにものはち】−夕顔
  うらミいふへきことをもしらぬさ満尓
0140【うらミいふへきこと】−ウラミヲカクシテヲ引
  志のひてうへハつれなくみさを津くり古ゝろ
0141【うへハつれなく】−<朱合点> 後 蓮葉ノ上ハつれなきうらにこそ物あらかひハつくと云なれ<> 芦根ハフウキハウヘコソツレナケレ下ハエナラス思ふ心ヲ 拾ー<>
0142
【みさをつくり】−<朱合点> シラスカホノ心常ニカワラヌ心<> 堀 哀にもみさほにもゆる蛍かなこゑたてぬへき此世とおもふに 俊頼<>
  飛とつ尓あ万るハい者ん可多那く春
  こきことの者あハれな
るう多をよミをき/し
  の者るへき可多ミをとゝめて布可起佐と
  はな
れ多るうミ徒らなとに者ひ可具れ」(13オ・44H)
0143【はひかくれぬるおりかし】−りかし心得カタシト養松講尺アリ一宮ニ者ひカクレぬ可しトアリ只此心ナリト云々<>(付箋01

  ぬるおりかしわらハ尓しと起女房
  の
可多りよ見しをきゝていとあ者れ尓
  可な
しくふ可起ことかなをさへなん
  お
とししい満尓ハいと閑る/\しくこと
  さらひ多
事也さしふ可ゝらんおとこ
  をゝきて
みるめ能万へ尓徒らきことありとも
  越ミしらぬ屋うにゝ遣可くれて
  をまとハし越ミんとする本と尓な
可起
  おもひ尓なるいとあちきな起事也
  ふ可しやな
と本め堂てられてあ者れすゝミ」(13ウ・44M)

  ぬ連者屋可てあま尓なりぬ可し日多つ
  本とハいとすめるやう丹て
にかへり
  春へくもお
もへら須いてあ那可なしかくハ多
0144【いてあなかなし】−知人ノ訪詞也
  お本しなりに个るよなとやう尓あひしれる
  きとふらひ日多すらにうしとも
もひ
  者な
れぬゝ徒気ておとせハ徒可ふ
  布るこ多ちな
御心ハあ者れな
0145【こたち】−女房惣名
  个るものをあ多ら御身をなといふミつ可ら
  ひ多飛可ミを可起さくりてあへな
ほそ
0146【ひたひかみ】−額髪
  个れ者うちひそ見ぬ可し志のふ連と」(14オ・45E)

  こ本れそめぬ連ハおり/\ことにえむし
  え
具やしきこ登おほ可めるに
  中/\心き多那しとミ徒へしにこり
  める
本とよりも
満う可ひ丹てハ可へり
  てあし起みち丹も多
ゝよひぬ遍具そ
  お
本ゆる多えぬすくせあさ可らてあま
  丹もな
さてたつ年とり多らんも屋可てそ
  の
おもひいてうら免しきふしあらさらん
  屋あしくもよ具もあひそ飛て
とあらむ
  お
りもかゝらんき佐ミをもみ春くし多らん」(14ウ・45J)

  こと(と<>ふ可くあハれなら免王れも
  うしろめ多くを可れしやハな能免尓
  うつ路ふ可多あらむをうらミて気しき
  ハミそむ可ん者多お
こ可まし可りなん盤(盤)
  うつろふ可多ありとも
みそめしさしいと
  お
しくおもハゝさる可多のよす可尓もひ
  てもありぬへきにさやうならむ堂ちろき
  尓
多へぬへきさなり春へてよろ津農
0147【すへてよろつ】−紫上当此品
  多ら可に衛ん春遍きことをハみし
  連流さ満尓本の
め可しうらむ遍可らむふし」(15オ・46A)

  をもに具可ら春かすめなさハそれ尓徒个て
  あ者れも万佐りぬへし
ほくハわ
  みる可らお
さまり裳春へしあまりむ
0148【あまりむけに】−夕顔上当此品
  个尓うちゆるへ者なち多るも屋春く
  らう多起やうなれとをのつ可ら可ろき可多
  尓
そお本え可しのう起多
  ためし
裳気にあやな
さハらぬ可といへ
  者中将う那徒くさしあ多りてを可しとも

0149【中将うなつく】−第六段
0150
【さしあたりて】−馬頭之詞 第七段
  あハれとも尓いらむ農多のもし遣
  なきう多可ひあらむこそ大事なるへ希」(15ウ・46F)

  れわ可あやまちなくてみ春具さハ佐し
  な
越してもと可さらむとおほえ多れと
  それさし裳あらしとも可具もた可ふ遍き
  布しあらむを
とや可尓みし能ハむより
  本可尓
万須あるまし可り个りといひ
  て王可いもうとの姫君ハこの
さ多めに可
0151【わかいもうとの姫君】−中将葵の上の心むけこれにかなへりとおもへり
  なひへりとおもへ者能うちねふりて
  こと者万せハぬを佐う/\志具やましと(く&
と)
  お
もふむ万の可ミさ多め能者可せ尓なり
  て飛ゝらきゐ多り中将ハこのことハりきゝ」(16オ・46K)

  者てむとい連てあへしらひゐへり
  よろ津の
によそへてほせ起の見ち能
0152【よろつの事に】−馬頭 第八段
0153
【おほせ】−思也
  堂くミ能よろ徒の尓ま可せて徒く
  里い多春も里むしの
もてあそひものゝそ
  のとあとも
さ(<>)万らぬハそハ徒きされハ
0154【されハミ】−左道
  ミ多るも気に可うも志徒へ可り个りと
  徒気津ゝさ満を可へて
いまめ可しき耳め
  うつりて
を可しきもあり大事と志て万こ
  と尓
うるハしきのてうと能可さりとす累
0155【てうと】−調度
  さ多まれ類やうあるなんなくし」(16ウ・47C)

  い徒るんな越まこ登のものゝ上手
  者さ満ことにみえ王可れ衛ところに
  上手
ほ可れとすミ可起尓えら者れて
  き徒きにさら尓お
とり満さる気ちめふと
  志もみえわ
可れ春かゝれとをよ者ぬ
  本うらいの
あらうミ能い可連るい本の春可
  たか羅の者遣しき
个多ものゝ可多地
  にえぬお
尓の可本なと能おとろ/\しく
  徒くり多るにま可せて
飛ときハめ
  おとろ可して志ち尓ハにさらめとさてありぬ」(17オ・47H)

  へし徒年の農堂ゝす万ひ
  な可れめ尓ち可起ゐありさ満希に
  とえなつ可し具やハらい多るか多な
とを
  志つ
可尓可起万せて春くよ可ならぬの気
0156【すくよか】−健
  志きこ婦可くよ者なれて多ゝみな个ち
  かきま可きのうちをハそ能志らひをき

0157【心しらひ】−心使也
  てなと越なん上手ハいといき本ひこと尓王ろ
  者およハぬお本可めるて越可起多
る尓
  布可きハな
くてこゝ可しこ能てんな可尓
  ハし里かきそこ者可と那く気しき
者」(17ウ・47M)

  めるハうちるに閑と/\志具気しき
  ち多れとな越万ことのすちをこまや可に
  可起え多
るハうハへの布てきえてゆ連
  とい満ひと多ひとりな
らへてみ連ハ志ち
0158【しち】−実
  になんより个るは可な堂尓可くこそ
  連まして尓あ多里て気
  志きハめらむみるめ能な
さけをハ盈堂の無
  ましくおもふへて
そのハしめ能
  春起/\し具とも
申侍らむとてち可く
  ゐよれ者裳めさ満し中将い見」(18オ・48D)

  志具志んして徒ら津えをつきてむ可ひ
0159【つらつえをつきて】−<朱合点> 古今 コル<>とし多可くぬれハつら(つら$ツラ)のミそつ可れ个る
  ゐへりのりののことハりと起ゝ可せ
  む
ちするもかつハを可し个れと可ゝる
  徒いてハをの/\むつ
こと裳盈しのひとゝ
  免春なんあり个る者やう万多いと羅う
0160【はやうまたいと下らうに】−第九段 馬頭さきにといふ詞也
  にあハれとおもふ人侍こえ佐
  せ徒るやう尓可多ちなといと万本丹も
  羅さりし可ハ王可起本との
春起丹ハこ能
  をとまり尓
ともおもひとゝめら寿
  よ流へとハ日な可らさう/\しくてと可く」(18ウ・48I)

  万起連しをもの衛んしをい多く志
  し可ハ徒きなくいと可ゝ羅て
いら可
  な
ら満し可ハとおもひ徒ゝあまりいとゆる
  し那くう多可ひし裳うるさくて可く
  可春な
らぬをみも者な多てなとかくし
  裳お
もふらむとくるしきおり/\裳
  てしね
ん尓おさめ羅るゝやう尓なん
  しこの
能あるやうもとよりおもひい多
  らさり个る丹もい可てこの
のため
  尓
ハとな起てをい多しをくれ堂るすちの」(19オ・49A)

  をもな越くちおしくハみえしとおもひ
  者遣ミ徒ゝ登にか具尓
徒遣てものま免
  屋可にうし路ミ徒ゆ丹て裳
た可ふこと
  者なくも
か那とへりし本とに春ゝ(く&ゝ)める
0161【すゝめる】−健強
  か多と日しかと登可くになひきてなよひ
  ゆき見丹くき可多ちをも
この
  うと万連んと王りな
くおもひ徒くろひう
0162【うとき人に見えハ】−後カサセトモ老 外人白氏
  と起えハおもて布せ丹やハんとハゝ
0163【おもてふせ】−<朱合点> 面目もあるましきなり
  かり者ちてミさをにもて徒気て
  流ゝまゝにも个しうハあら春し可と」(19ウ・49F)

  堂ゝこの丹くき可多日とつなん
  め春その可ミお
もひしやう可う
  あな
可ちに志多可ひをち多めり
  い可てこるハ可りの
さしておとして
0164【このかた】−物見しの方
  の可多裳春こしよろしくもなりさ可な
  佐もやめむとおもひて満ことにうしなとも
  おもひて
えぬへき気しきならはか者
  可りわ
連に志多可ふらハもひ古り
  な
むと思給へえこと佐らになさ遣な
  徒連な起さ満をミせ
て連いの者らたち」(20オ・49K)

  衛ん春流尓かくおそましくハいミしき
0165【おそましく】−をそ/\しきナリ
  りふ可くともえて<>)かきりとおもハゝ
  かく王りな
起も能う多可ひ盤せよゆ具
  さ起な可くみえむとおもハゝ徒らきこと
  ありとも
んしてな能め尓おもひなりて
  可ゝる
尓うせ那ハいとあ者れとなん
  ふへきなミ/\丹もなり春こしおと
  な
飛んにそへて(+)万多なら婦くあるへき
  屋うなとかしこくお
し遍多つる可な
  思給へて
けくいひそし春こし」(20ウ・50B)

  う地王羅ひてよろ徒尓み多てなく
  遣な
き本とをみ春くして可すなもや
  と万つ可多ハいとのと可にお
もひなされて
  屋ましく裳あら春徒らき
を志のひ
  てお
もひな越らんおりをみ徒个んと登し
  をかさね
あい那多のミハいとくるしく
  なんあるへ気れハ可多ミにそむきぬへき

0166【かたミに】−たかひにナリ
  きさみ尓なむあると多遣尓いふ尓はら
0167【はらたゝしく】−男
  堂ゝしくなりてにく遣なるとも越
  いひ者遣まし
も盈おさめぬ春地」(21オ・50G)

  丹てよひ日とつをひきよせて具ひて
  里しをとろ/\しくかこちてかゝ流
0168【おとろ/\しく】−おとこ
  き寿さへ徒きぬ連ハいよ/\ましらひを
  春へき
丹もあら春者つ可しめめる徒可さ
  くらゐいとゝしくな尓
ゝ徒遣て可ハめ可ん
  越そむきぬへき
めり那といひお
  として佐らハ気ふこそハ可起りなめれとこ能
  お
よひをかゝめて満可てぬ
    て越おりて
あひをかそふ連ハ
0169【て越おりて】−馬頭
  これ日とつ屋ハ可う起婦し盈うら見し」(21ウ・50M)

  な登いひ連ハさす可尓うちな起て
    う起婦しを日とつ尓かそ遍き
0170【うきふしを】−女返し
  こや可てを王可るへきおりなといひし
  路ひし可と満こと尓
ハかハるへきことゝ
  裳思給へ寿
可らひころ布るまてせうそ
0171【せうそこ】−書ならて物いふをも消息といふ
  こも徒可者佐春あく可れま可りあ里くに
  里むし能まつりのてう(う
うか<>)く尓ふ気てい
  ミしう見それ布るこ連可れ満可りあ可
  流ゝ丹て
もひめくらせハ猶家ちと
  ハむか多ハな可り个り
多り能多ひ」(22オ・51D)
0172【又】−まだ

  ねすさまし可るへ具気しき者めるあ
0173【けしきはめるあたりハ】−木枯
  多りハそゝろさむくやとおもふへられし
  可ハい可ゝお
もへると気しきも可てら
0174【いかゝおもへる】−ユヒクヒ
  をうち者らひつゝな万王るく徒めくハ
  る
連とさりともこよひころ能うら
  見ハと遣なむと思給へし尓本の
可尓
  かへ尓そむ遣な
へ堂るきぬとものあ徒こへ
0175【あつこへたる】−わたのいりたる也
  多るおほいなるこ尓うち可遣て飛き
  あくへきものゝ可多ひらなとうちあ个て
0176【かたひら】−帷
  こよひハ可りやとまち个る佐万なり」(22ウ・51I)

  佐連ハよとおこりするに佐うしミハ
  なしさるへき女房とも
ハ可りと満りて
  おやの
尓こ能よさりなん王多りぬると
  こ多へ盈んなる
よ満寿个し
  き
者めるせうそこもせていと日多やこ
0177【ひたやこもり】−<朱合点> やかてこもりたる也 うきによりひたやこもりとおもへともあふみの道ハうちいてゝ見よ 和泉式部
  もりになさ気な可りし可ハあへな
  ちしてさ可な
くゆるしな可りし裳
  うとみ年とおもふ可多能やあり个む登
  さし裳ミへさりしことなれとや万/し
  き
まゝにおもひし尓きるへきつ年よ」(23オ・52@)

  里もとゝめ堂るあひしさ満いとあ
  羅万本しくて
さす可尓わ春てん
  を佐へなんおもひ屋りうしろミ多
りし
  さりとも多えてお
もひ者なつ屋うハあら
  志とへて
と可くいひしをそむき
  裳せ
すと堂つ年万とハさむともか具れ
  志のひ寿
可ゝや可しから春いらへ徒ゝ堂ゝ
0178【かゝやかしからす】−恥カヽヤク心也
  ありしな可らハ盈なんみ春くすましき
  阿らためてのと可におもひな可ら(可<>、ら<><>)ハなんあひ
  みる遍きなといひしをさりとも盈おもひ」(23ウ・52E)

  者な連しと思給へし可ハ志ハしこらさむ
  の
丹て志可あらためむともいハ春い多く
  徒那ひき
しあひ多にいとい多
0179【つなひきて】−<朱合点> 奥入 引よせハ只ニハよらて春駒のつな引するそなわたつときく
  おもひなけきて者可なくなり尓し可ハ
  多
ハ布れ尓くゝな無おほえ飛とへ尓
0180【たハふれにくゝ】−<朱合点> 古 ありぬやと心見かてらあひミねハたハふれにくきまてそ恋しき
  うちたのミ多らむ可多ハさハ可り丹て
  里ぬ遍くなんおもひへいてらるゝは可
  な起阿多をも
満ことの大事をも
  いひあハせ多るに可ひな可ら須つ多
0181【たつた姫】−<朱合点> 後 みることに秋にもなるかたつた姫紅葉染んとや山のてるらん
  い者む丹も徒き那可ら春堂那者多のて」(24オ・52J)
0182【たなはた】−<朱合点> 後 逢ことは七夕ツメニ同しくて立あ(あ$3ぬ)ふわさハあへすそ有ける

  丹もおとるまし具その可多も具してう
  流さくなんしとていとあ者れとおもひ
  いて
中将そ能多那者多能堂ちぬふ
  か多をのとめて
可起そあえ満し
  気にそ能多
つ多の丹しきにハ万多志
  具ものあらしは可な
花紅葉といふも
  おり婦しのあひ徒きなく者可/\し
  からぬハの者えなくき
えぬるわさな
  さあるにより可多き
とハさ多め可ね多る
  そやといひ者やしさて
しこ路」(24ウ・53A)
0183【さて又】−第十一段 馬頭か詞
0184
【おなしころ】−木枯

  満可りかよひしところハ裳多ち万佐り
  者せ万ことにゆへあ里とみえぬ遍具
0185【心はせ】−操
  うちよミ者し里かき可いひく徒万をと
0186【うちよミ】−哥事
  て徒きくち徒きミ那堂と/\し可ら春
  みきゝわ
多りみるめもこともな具
  し可ハこのさ可な
ものをうちと遣多る
0187【このさかなもの】−さきの女也
  か多丹て時/\可く路へミし本とハこよ
  な具と満りきこのうせて

  い可ゝハせむあ者れな可らも春起ぬるハ可ひ
  那くて
志ハ/\満可りなるゝ尓ハ春こし」(25オ・53F)

  万ハ遊具えん尓このましきハめに
  徒可ぬあるにうち多
のむへくハえ春
  可れ/\尓の
ミみせ侍程志のひて可ハ
  せ
そあり个らし神無月こ路
  をひ
もし路可りしうちより<>
  ま可てあるうへ
あひてこ能
  尓
あひのりて連ハ大納言
  満可りと満らむとするにこのいふ屋う
  こよひ万つらむやとなんあやしく
  くるしき
とてこの者多よ起」(25ウ・53K)

  ぬみちなり気れハあ連多るく津連
  より
可遣ミえて屋と流
0188【みえて】−<朱合点>
  すミ可を春きむもさす可丹て
0189【おり侍ぬ】−馬頭車より
  可しもとよりさる越可者せる丹やあ
  里个んこのい多く春ゝろきて可とち
  かきらう能春のこ多つもの尓
志り可遣て(て)
  とハ閑りをみる
くいとおもし路く
0190【とはかり】−シハシ也千
  うつろひわ多りにき本へるもみち農
  み多れな登あ者れと遣尓
みえ多婦登
  ころなり个るふえとりいてゝ布起な
らし」(26オ・54B)

  もよしとつゝ志りう多ふ本と耳
0191【かけもよし】−<朱合点> 律 飛鳥井ニやとりハすへしかけ<木也>もよしみもひ<寒水也>もさむしみまくさもよし
0192
【つゝしり】−?也
  よくなこむを志らへとゝのへ多り个る
  うるハしく可起あ者せ多
りし本と个しう
  ハあら春可し里ち能志ら遍ハ

0193【りちのしらへ】−律平調
  ハら可尓可起なら志て春能うちよりき
  こえ多るもい満めき多るものゝこ衛な
  連ハきよくすめる尓おり徒きな
可ら
  春い多くめてゝ春の
もとにあゆミきて
  尓者の
もみちこそ布ミわ希多るあとも
0194【にはのもみちこそ】−<朱合点> 秋ハきぬ紅葉ハ宿にふりしきぬ道ふミ分てとふ人もなし
  な个れな多万須きくをおりて」(26ウ・54G)
0195【ねたます】−妬

    こ登のもえならぬ屋と那可ら
0196【ことのねも】−かよふ男
  徒連な起を飛きやとめ个るわろ可めり
0197【人】−馬頭ヲいふ
  なといひてい満日とこ衛きゝ者や春へ
0198【いひて】−男
  きあるてなのこひそない多く
0199【人の】−男自ヲ指詞也
  あされかゝれハこゑい多う徒くろ飛て
    可らしにあハすめる婦えのを飛
0200【木からしに】−女返し
  きとゝむへきことの者そな起とな満めき
  かハす尓
にくゝなるをも志らて佐う能
0201【又さうのことを】−女
  ことを者むしきてうに志らへてい満め可し
  具可いひき多
る徒万をと可とな起丹者」(27オ・54M)

  あらねと万ハゆき心地なんしたゝ
  時/\うちか多ら婦見や徒可へなと能あ
  具まてされハミす起多るハさてもる可起
  里ハを可しくもありぬへし時/\丹ても
  さる丹て
春れぬよす可とおもふへん(△△へん)
  丹ハ
もし遣なくさし春くい多りと
  を可連て
そ能にことつ気てこそ
  満可り堂え尓
し可このふ多つのことをおもふ
0202【このふたつ】−物語事
  へあハ春流にわ可起尓多さや
  うにもていて
堂るハいとあやしく」(27ウ・55D)

  多能もし遣なくおほえい満よりのちハ
  ましてさ能ミなんお
もふへら流へき御心
  の
まゝにおらハおちぬへき者起の
0203【おらハおちぬへき】−<朱合点> 古今 折てミハおちそしぬへき秋萩の
  ろハゝきえなんとさゝのうへ
0204【玉さゝのうへのあられ】−<朱合点> いつくにかやとりハすらんあさひこのさすや岡辺の玉さゝの霰
  あられ
と能え
ん尓あへ可な流すき/\しさ
  のミこそを可し具お本さるらめい満佐り
  とも
なゝとせあまり可本と尓お本志ゝり
0205【なゝとせあまりかほとに】−源十六
  者へなんな可し可いやしきいさめ丹て
  す起多ハめらむを可せへあや万
0206【すき】−数寄
  ちしての可多くなゝる越も」(28オ・55I)

  多て徒へきりといましむ中将連い
0207【中将れいの】−第十二段
  のうなつく春こし可多衛ミてさる
0208【君】−源氏
  とハおほ春へ可めりいつ可多に徒个ても
  流く者し多な可り个るみ可多り可那
  とてうち王らひお
ハさうす中将な尓可し
0209【おハさうす】−おハしますなり
0210
【なにかしハ】−第十三段
  ハ志れものゝ可多りをせむとていと志のひて
0211【しれもの】−只ワロキモノ也千
  みそめ多りしさてもみ徒へ閑りし
  気ハひなりし可ハ
可ら婦へきものとし
  裳お
もふへさりし可となれゆくまゝに
  あ者れとお
本えし可ハ多え/\王春れぬ尓」(28ウ・56A)

  思給へしをさハ可りになれ者うち多能める
  个しき
みえき堂のむ尓徒気てハうら
  めしとお
もふ裳あらむとな可らお
  ほゆるお
り/\もしをミしらぬやう尓て
  飛さしき
と多えをも可う多万さ可なる
  とも
もひ多ら春堂ゝあさゆふ尓もて
  徒気多らむありさ満尓みえてくるし可り
  しか者
のめ王多るなともありき
  可しおや裳なくいとほそ気丹て
佐ら
0212【おやもなく】−女のありさま
  ハこのこそ者とことにふ連ておもへるさ」(29オ・56F)

  満もらう多気なりき可うのと遣き
  お
多しくてひさしくま可らさりしころ
  この
ふるわ多りよりなさ気なく
  う多てあるをなんさる多
より阿りて
  可す免い者せ堂り気る尓こそき

  し可さるう起やあらむとも志ら春
  にわ春れ春な
可らせうそこなともせ
  飛さしくしにむ気尓
おもひし本連(<>
  (
こゝろ本そ可り个れハおさなきも能なとも<>)ありし尓おもひ王つらひてなてしこの
0213【おさなきものなとも】−玉カツラノ内侍ノカミト後ニミエケリ
  をおりておこせ多りしとてなミ多」(29ウ・56K)
0214【なみたくみたり】−中将

  くミ多りさてその布ミ能こと者ゝとゝひ
  へハいさやことなるもな
可りき
0215【いさや】−中将
    可徒の可き本あるともり/\に
0216【山かつの】−女
  あ者れハ可気よなてしこのおもひ
  いてしまゝにま可り多
りし可ハ連いの
  うらもなきもの可らいとものおもひ可ほ
  丹て
あ連多志希起をな可
  めてむしのね
き本遍る个しきむ可し
0217【きほへる】−あらそふ心
0218
【むかし物かたりめきて】−うつほとしかけり(り<>)女事
  可多りめきておほえ
    さ起まし流ハいつ連とわ
可ねとも」(30オ・57C)
0219【さきましる】−中将返し

  猶常夏にしくものそな起やまとなてし
0220【やまとなてしこ】−<朱合点> 古今我のミや哀と
  こをハさしを起て万つ多尓とおや
0221【ちりをたに】−<朱合点> 古今<> ちりを多に春へしとそおもふしよりいもとわ可ぬる床夏の者な
  の越とる
    うち者ら婦
気起とこなつ尓
0222【うちはらふ】−又女房
  あらしそふもき尓个り登者可なけ尓
  いひなしてまめ/\しくうらミ多
るさ満
  裳みえ春をもらしお
としてもいと者つ
  可しくつゝまし遣尓万起らハしかくして
  つらき
をもおもひし里个りとみえむハ王り
  なくくるしきものと日多
りし可ハ」(30ウ・57H)

  屋春くてと多えを起し本と尓あとも
  な
くこそ可起个ちてうせ尓し可万多
  あらハ者可な
起よ尓そさすら婦らんあハれと
  お
もひし本と尓王つらハし遣尓おもひまと(と<>
  ハ春気しきみえまし可ハか具もあ具可ら
  佐ゝ(ゝ$
ザ)ら満しこよ那きと多えを可すさる
  も能尓志な
してな可くみるやうも万/し
  閑のな
てしこのらう多くし可ハい可
  て多
つ年むとおもひる越い満も盈こそ
  き
ゝつ気らねこれこそのたまへ流者可」(31オ・57M)

  な起堂めしなめれ徒連なくてつらしと
  おもひ个るも
志らてあ者れ多えさりしも
  屋くな起可多おもひなり个りい万やう/\
  王春れゆくき者に可れ者多え
しもおもひ
0223【かれ】−女
  者なれ春おり/\や里ならぬむ年こ可るゝ
0224【人やりならぬ】−<朱合点> 古今 人やりのミちならなくに大方ハ
0225
【むねこかるゝ】−<朱合点> 後 身のうきをしれハはしたに成ぬへミおもへハむねのこかれのミする
  ゆふへもあらむとお本えこれなん盈多も
  つましく多
も志気な起可多なり个流
  佐連ハ可の
さ可なもおもひいてある可多
0226【されハかの】−中将詞 第十四段
0227
【さかな物】−指食人
  にわ春れ可多个れとさしあ多りてん尓ハ
  王つらハしくよくせ
春者阿き堂起」(31ウ・58D)

  裳阿りなんやことの年(年=祢イ<>)春ゝめ気ん可と/\/し
  佐も春起多
るつミおも可るへしこ能もと
0228【心もとなき】−中将のかよへる女
  な起もう多可ひそふへ个れ者いつ連とつゐ
  におもひさ多め春な
りぬるこそ世中
  堂ゝか具こそとり/\に具らへく類し
  可るへきこの
さ満/\のよ起可起りをとり具/し
  なん春へき
具さハひ万せ者い徒こに
0229【なん】−難
  可ハあらむきち上天女をおもひ可気むと
  す連者本う遣徒きく春し可らむこそ
  わ
ひし可りぬへ个れとて見那王らひぬ式部可」(32オ・58J)
0230【式部か所にそ】−第十五段 中将の詞

  尓そ気しきあるハあらむ春こし
  つゝ可多り
登せめら流志も可志も農
  な可にハな
てうこしめし所侍
  むといへと
万めや可尓そしとせ
  へ者な尓
をとりさんとおもひ
0231【なに事をとり】−式部か詞 第十六段
  めくらす尓万多文章可し
  こき
めしをなんミへし可能む万
  の可ミ能申給遍るやう尓お本や気ことをも
  いひあ者せわ多くしさ満の
にす万ふへき
  越きてをおもひめくらさむ可多もい多り」(32ウ・59A)

  ふ可く佐えのきハな万/\能者可せ者つ可しく
  春へて
くちあ可すへくなんら佐りし
  それハある者可せのもと尓
かくもんなとし
  とて万可りかよひし本と尓
あるしの
  春めとも
ほ可りときゝは可な
  徒いて
尓いひよりてしをおやきゝ津
  気て
さ可つきもていてゝわ可布多徒の
0232【わかふたつ】−<朱合点>
  ちう希となんきこえこち
  し可とおさ/\うちと遣て裳万可らす
  の
おやの越ハゝ可りてさす可にかゝ徒らひ」(33オ・59F)

  志本とにいとあハれ尓おもひうしろミ
  めの
可多らひ尓も能さへ徒きお本屋け尓
  徒可うまつる遍き見ち/\し起こと越
  お
しへていときよ気にせうそこ布ミ
  丹もかんな登いふもの
可起ませ春むへ/\
  志くいひ万ハし尓をのつ可らえ
ま可り
  多
えてそのものをとしてなん王つ可
  なるこしおれ布ミ徒くるなと那
  らひし可ハい満尓そのおん盤わ
春れ
  らね
つ可しきさいしとうちたの」(33ウ・59K)

  万む尓ハむさいのな万王ろならむふる
  まひなとみえむ尓者つ可しくな
んみえ/し
  万いて
君達め者可/\しく志多
  た可なるうしろミハな尓
ゝ可せさせハん
  者可那しくちおしと可徒ミ徒ゝも堂ゝ我心
  に津き春くせ
能飛具可多めれ者おのこしも
  なん志さひな
起ものハめるとのこり
  をい者せ
むとて佐て/\を可しかり个累
  可な
と春可い者盈(盈&え、え=得)な可らはな能王多り
  お
こ徒きて可多里な佐ていとひさし」(34オ・60B)

  具満可らさりし尓ものゝ多より尓堂ち
  よりて連ハ徒年の
うちと遣ゐ多る可多
  丹ハらてやましきも
能こし丹てな
  あひて
布春婦る尓やとおこ可満し
  具もよ起ふしなりとも
おもひる尓
  この
さ可しハ多可る/\しきもの衛んし
  春へき丹もあら春の堂うりをおもひとり
  てうらミさり个りこ衛も者や里可丹て

  いふ屋うころ布ひやうおもきに多え可年
  てこくね
ちのさう屋くをふ具して」(34ウ・60G)

  いとくさ起尓よりなんえ堂いめむ多
  ハらぬ万能あ多りなら春とも
佐るへ可らん
  佐うしらハう遣ハらむといとあ者れ尓
0233【さうし】−雑事
  むへ/\しくいひいらへ尓な尓と可者
  堂ゝう遣ハりぬとて多
ちいて佐う
  さうしくやお
ほえ个んこの可うせなん
  多
ちよりへと堂可や可尓いふをきゝ春
  具さむもいとお
志ハしや春らふへき
  ハ多らね
気にそ能尓本ひさへ者なや可
  に多
ちそ遍るも春へなくて尓けめ越徒可」(35オ・60M)
0234【すへ】−便

  飛て
    さゝ可にの布る万ひしる起遊ふくれ尓
0235【さゝかにの】−式部
  ひ流万春くせといふ可あやなさい可なる
  徒个そやといひも者て春ハし里いて

  ぬる耳お日て
    あふことの
をしへ多てぬならハ
0236【あふことの】−女返し
  飛る万も可万ハゆ可ら満しさす可尓
  ち登くなとハきと志徒/\と

  君達あさ満しとおもひてそら登て

0237【君達あさましとおもひて】−第十七段
  王らひふい徒このさる可あるへきおひ」(35ウ・61D)

  ら可尓とこそむ可ひゐ多ら免むく徒个起
0238【むくつけき】−ヲソロシキ心ナリ おそろしき心ナリ
  つ万ハしきをしてい者む可多な
0239【つまハしき】−ハチシムル心
  と式部をあ者め尓くミて春こしよろ/し
0240【あはめにくミて】−イサメニクム也
  可らむとせへとこれより
  めつらしきハさふらひなんや登て

  をり春へても王ろものハ王つ可尓
0241【すへて男も女も】−第十八段 惣説也 右馬頭カ詞也ヒハン者也<> 大弁<ヘン>如訥<トツノ>孝子経<>
  志連る可多能をのこりなくみせ徒く
  さむとおもへるこそいとおし个れ三史五経
0242【三史】−<朱合点> 史記カン書後カン書
  みち/\しき可多をあ起ら可尓さとりあ可
  さんこそあいきやうな可ら免なと可ハと」(36オ・61I)
0243【あいきやうなからめ】−女ハアシキ也
0244
【なとかハ女と】−紫式カ才ノホト見タリ

  いハん可らに尓あるお本や遣わ
0245【いはんからに】−一向シラヌモ口惜ト也
  くしに徒気てむ気に志ら春い多ら春し
  裳あらむ王さとならひまね
ハ年と春こし
  も
可と阿ら無みゝ丹もめ丹もと満る(る)
  志ね
ん尓ほ可るへし佐るまゝにハ万むな
0246【しねんにおほかるへし】−三史五経迄ハコト/\シキノ心也
0247
【さるまゝに】−サヤウニ物ヲシリタレハトテト也
  を者し里かきて佐るましきとちの
  布ミにな可者す起て可起春くめ多るあ
  なう多てこの
農多越や可なら満し
0248【た越やかならましかは】−文カキノコト
  可ハとみえ多ち尓ハさし裳ハさらめ
  とをの
徒可らこ者/\しきこゑによミ」(36ウ・62@)

  なされなとし徒ゝことさらひ多らう
  の
な可尓もおほ可るそ可しう多よむと
0249【うたよむと】−ヲシヘ也
  おもへるのや可てう多に万つ者れを可しき
  布るをも
者しめよりとりこミつ
  すさましきお
り/\よミ可遣多るこそ
  も能しきなれしせ
ハなさけ
  なし盈せ
さら無盤者し堂那可らん
  佐るへきせ
ち衛なと五月ちにいそ
  き
万いるあし多な尓あやめもおもひし
  徒められぬ尓盈な
らぬねをひきか気九日」(37オ・62E)
0250【えならぬ】−ゑならぬ多意アリ<> タヽナラヌ也イソカシキニエンナラヌ也<>
0251
【ねをひきかけ】−あやめの哥をよみかくる也

  のん尓万つ可多きめくらし
  いとま那きおりにきくの
を可こち
  よせなとやう能徒きな
きいとなミにあハ
  せさな
らてもをのつ可ら気尓のち尓おもへ者
  を可しくも
あハ連丹もあへ可り个る
  そのおりに徒きなくめ尓とまらぬなとを
  お
しハ可ら寿よミいて多中/\心をくれて
  みゆよろつ
になと可ハさてもとお
0252【なとかハさてもと】−ナトカハ情タヽヌ事目安キニテハアラントノ心
  ゆるおり可ら時/\おもひ王可ぬハ可り能丹て
0253【おもひわかぬはかりの】−一向無分別ト少分別ト両説<> 後ニヲモヘハヲカシクモ有ヘキト<>
  者よしハミなさけ多ゝさらむなんめや春」(37ウ・62J)

  かるへき春へてに志連らむをも志ら春
  可本尓
もて那しい者万本し可らむをも
  飛とつ婦多徒の布しハ春具春へくなん
  あへ可り个るといふ丹も飛とりの
0254【君は】−源氏
  ありさ満を能うちにおもひつゝ遣これ
  に多
ら春さしす起多なくも
0255【たらす】−不足
  能し希る可なとあり可多起丹もいとゝ
  む年布多可流いつ可多により者つ登も

  那く者て/\ハあやし起とも尓
  里てあ可し可らうして気ふハ
気」(38オ・63A)
0256【からうして】−やう/\歟

  志起もな越連りかくのミこもりさふらひ
  大殿御心いとおし个れ者ま可て
  遍り
ほ可多能个しき農気ハひも
0257【おほかたのけしき】−あふひの上
  気さや可尓遣多可くみ多れ多まし
  羅春これこそハ可能人々の春て可多く
  とりいてし万免尓ハ多
のまれぬへ
  気れとお
ほ春もの可らあまりうるハしき
  あり佐万のと気可多く者つ可し気に
  おもひしつ万りへるを佐う/\しくて
中納
0258【さう/\しく】−寂寞
0259
【中納言の君】−葵女房須磨ヘウツロヒノヲリ一夜立トマル人
  徒可さなとやうのをしなへ」(38ウ・63F)
0260【中つかさ】−末摘巻ニアリ

  堂らぬとも尓た者ふ連なと
  の徒ゝあつさに見多れへるありさ満
  をる可ひありとおもひき
こえ多おとゝ
  裳わ
多りかくうちと気へれハみ
  木丁遍多
ゝ(ゝてゝ<>)おハしましてもの可多りき
  こえ阿徒き尓
と尓可ミへハ人々わら婦
  あな
可満とて気うそ具によりおハ春いと
0261【あなかま】−<朱合点> あなかしかまし也<右墨> 床チカシアナカマ<頭朱>
  や春ら可なる布るまひなりやくらくな
  流本と尓
こよひゝミちよりハふ多
0262【なかゝミ】−<朱合点> 天一方事
  可りて気りときこゆ佐可し連い盤」(39オ・63L)
0263【さかし】−サソカシ也 賢ケニト云

  いミふ可多なり个り二条院丹もおな
0264【二条院】−法興院模之
  春ち丹てい徒く丹可堂可遍んいとなや
  ましき
にとておほと能こも連りいとあし
  き
なりとこ連可れきこゆきの可ミに
  て志多しく徒可うまつる中河
0265【中河】−京極川也 カモ川ト白川トノ中ノ故ニ中川
  王多りなるなんこのこ路せき
  い連て春ゝしき可け尓ときこゆ
  いとよ可なりなやましきにうしな可ら
  ひきい連徒へ可らむをとの志のひ/\
  の御方
可へハあま多阿りぬへ个れと」(39ウ・64B)

  飛さしく本とへて王多りへるにか多婦
  堂けて
飛きた可へ本可さ満へとおほさん盤
  いとお
しきなるへしの可ミにおほせ
  遍ハう遣可ら志りそきていよの可ミ
0266【しりそき】−退
  能あそむのに徒ゝしむ事侍女房
  なん万かりうつ連るころ丹てハ起
  連ハな
めけなることやらむと志多尓
  なけくをき
そ能ち可ゝらむなん
  うれし可るへき
とを起多つ(つ<>)ねハものおそ
  ろしきち春へきを
ゝその木丁能」(40オ・64H)

  うし路丹とのへハ気尓よろしきお万/し
  丹もとてハしらせ
や流いとし能ひて
  こと佐らにこと/\し可らぬをといそき
  いて
へ者とゝ丹もきこえハ春とも
  丹もむつましき
可起り志てハしましぬ
  に者可尓登王ふ連と裳き
ゝいれ春
  殿
もて者らひあ遣させて可りそめ
  の
しつらひ志多り者へなと佐る
  可多尓をかしく志なし多
ゐ那可い衛多
  つしハ可起志て
むさいなととめてうへ」(40ウ・64M)

  多り可せ春ゝしくてそこは可とな
  むしのこ衛/\きこえ本多る志気くとひ
  万可ひて
を可しき本とな人々多と能
  よりいて多
るいつミにのそ起ゐてさけの
  むあ流しも
可那もとむこゆる起の
0267【さかなもとむと】−<朱合点> 催馬楽ニアリ
0268
【こゆるきの】−<朱合点> 同哥
  いそ起ありく本とハのとや可にな可め
  て可能
し那尓とりいてゝいひし
  のな
ミならむ可し登お本しい徒おもひ
  あ可連累気しきにき
ゝを起遍るむ春
  めな連ハゆ可しくて
みゝとゝめへるにこ」(41オ・65D)

  のしおもて尓その気ハひするきぬ農
  をとな
ひハら/\としてわ可起こゑ登も
  丹く可ら寿さす可に志のひて王らひなと
  する気ハひことさらひ多
可うしをあけ
  多
り个連と可ミなしとむつ可りておろ
  志つ連ハともし多
る春起可遣さうし能
  可ミよりもりたるにやをらより

  屋とお
本せと飛万もな个れ(<>)志ハしき
  よ遣むとも
盈う気ハらすとかしこ(よ遣むとも盈う気ハらすとかしこ<>
  万里てさふら婦者し徒可多のおましに(万里てさふら婦者し徒可多のおましに
<>)」(41ウ・65H)

  丹このち可きもや尓徒とひゐ多流なるへ/し
  うち佐ゝめ起いふことゝも越きゝへハ王可
  うへなるへしいとい多う万め多ちてま多
  き
尓やむことな起よす可さ多まりへるこそ
0269【よすか】−人のめをいふ
  さう/\し可むめ連されとさるへきく満尓ハ
  よくこそかくれありきふな
れなといふ尓
  も
ほ春能ミ尓可ゝりへハまつむ年
0270【おほすことのみ】−藤つほの事
  徒ふ連て可やうの徒ゐて尓ものいひもら
  さむをきゝつけ多らむと起なとお
ほえ
  ことな
なけ連ハきゝ佐し」(42オ・65M)

  式部卿姫君尓あさ可ほ多てまつり
0271【式部卿の宮の姫君】−槿斎院ナリ 源氏に心つよくてやミにし人ナリ
  なと越すこし本をゆ可めて可多る
  もき
こゆくつろき可満しくう多すし可ち
0272【くつろきかましく】−かる/\しくしとけなき心ナリ
  丹もある可那な越みおとりハし那ん可し/と
  お
ほ春可ミいてきてとうろ可けそへあ可く
0273【かみ】−紀伊守
  可ゝけなとしてく多者可り万い連り
0274【とはり帳も】−<朱合点> 源氏 我家曲大君ムコニセンノ心
  
可尓そハさる可多のもなくて
  ハめさ満しき
あるしならむとのへハな尓
0275【あるし】−饗
0276
【なによけむ】−同曲詞
  よ遣むとも盈うけハらすとかしこ
  万里てさふら婦者し徒可多能おまし尓」(42ウ・66E)

  かりなるやう丹てほとのこも連者人々
  裳しつ万りぬあるしの
こともを可し気
0277【あるし】−紀伊守
  丹てあり王らハなる殿上の本とに
  らむしなれ多
るも阿りいよのす遣能こも
  あり阿ま多あるな可尓いと気ハひあて
  者可丹て
十二三ハ可りなるもありい徒連可
0278【十二三ハかりなる】−小君故衛門督の子うつ蝉のおとゝ
  いつ連なら(らとゝ<>)ひ尓これハ故衛門督のすゑ能
  こ丹て
いと可那しく志个るをおさ那き
  本と尓をくれあねなる農よす可に
0279【あねなる人】−空ニ
0280
【よすか】−たより也
  かくて侍也佐えなとも徒きぬ遍く个しう」(43オ・66J)

  ハらぬを殿上なともへ可気な可ら
  す可/\しうハ盈ましらひらさめると
  あハれのことやあね
まうとの
0281【あハれのことや】−源氏
  おや佐な尓に気な起おやをも満
  う遣多
り个る可なうへ丹もきこしめし越
  き
徒可へ尓い多し多てむともらしそ
0282【宮つかへに】−此女を
  うせい可になりに个むとい徒そやもの多
0283【いつそや】−御門
  万ハせこそさ多めな起ものなれといと
  およす気の
ふ(<>)い尓かくてものしなり
0284【およすけの給ふ】−思の外也
0285
【ふいに】−不意
  世中といふものさのミこそい万ハ(ハ<>)む可し」(43ウ・67A)

  裳さ多まり堂る事侍らねに徒ゐても
  
春くせハいとう可ひ多るなんあ者れ尓
  るなんとき
こえさ春いよの春け可し
0286【いよのすけかしつくや】−源詞
  徒くやとおもふらむない可ゝハ王多くし
0287【いかゝは】−紀伊守
  能志うとこそハ日てめるを春起/\しき
  ことゝな尓
可しより者しめてう気ひき
  ら春な
むと寿さりとも万うと多
0288【さりとも】−源氏
  の徒き/\しくいまめ起多らむに
0289【おろし】−下
  志多てんやハ可能す遣ハいとよしありて希/し
  き
者めるをやなともの可多りし」(44オ・67F)

  い徒可多尓そ見那しもやにおろし
0290【みなしもやに】−紀詞
  ぬるをやま可りおりあへさらむときこゆ
  衛いすゝみて
見那人々春能こに婦し徒ゝ
  志徒まりぬハと気てもね
ら連ハ春い多
0291【いたつらふしと】−<朱合点> 拾 いかなりし時くれ竹の一夜たにいたつらふしヲくるしと云ラン
  つら婦しとおほさるゝにめさめてこの
  き多能佐うし濃あな多にの気ハひ
  春流をこな
多やかくいふの可くれ多
  か多ならむあハれやと御心とゝめてやをら
  お
て堂ちきへ者あり徒る能こゑ
  丹て
の遣ハるい徒くにおハし満春そと」(44ウ・67K)
0292【ものけ給ハる】−うけタマハル也
0293
【いつくに】−老女房

  か連多るこ衛のを可しき丹ていへハこゝにそ
  婦し堂流まらうとハね
多まひぬる可い可尓
0294【まらうとハ】−空蝉
  ち可ゝらむとおもひ徒るを佐連と気とを
  可り个りといふね
多り个るこ衛の志と気
  な起いとよくに可よひ多
れハいもうとゝき
0295【いとよくにかよひ】−さきの十二三の子に似かよふ也
0296
【いもうと】−あねをもいもうとゝいふ
  きひさし丹そおほとのこもりぬる
0297【ひさしにそおほとのこもりぬる】−源氏の事
  をとにきゝ徒るありさ満を多てまつ
  里徒る気にこそめて多可り気れとみそ
  可尓
いふ飛るならまし可ハのそき
0298【ひるならましかハ】−空詞
  多てまつりてましとねふ多気にいひ」(45オ・68B)

  て可本ひきい連徒るこゑ春多う)とゝ
0299【ねたう】−源心
0300
【心とゝめて】−<朱合点> 年ふれとわすられはてぬ人のうへハ心とゝめて猶きかれきタレ 伊せ
  めてもとひき希可しとあちき那くお
  寿
万ろ者ハしにねらんあなくらとて
0301【まろは】−小君
  かゝ気なと春へし女君ハ多ゝこ能さう/し
  くち春ち可ひ堂る本とにそふし堂るへき
  中将
ハい徒く尓気とを起心地
  志て
ものおそろしといふなれ者なけ
  し能志もに人々布していらへ春志も耳
  ゆ尓
りてたゝい万満いらむとといふ
0302【ゆ】−湯
  みなし徒まりたる気ハひなれ者可遣」(45ウ・68G)

  閑年をミに飛き阿気へれハあな
  よりハ佐ゝさり个り木丁を佐うしくち尓
  ハ多
てゝハ本能くらきにミへハ可らひ
  徒多つものとも越ゝき多
れ者見多り可
  ハしきな可を王けいり連ハ気ハひし
  徒るいりへ連ハ多
ゝ飛とりい登
  さゝや可丹て
ふし多りな万王つらハし遣
  連とうへなるきぬをしや流万(万$
満)てもと免
  徒るとお
もへり中将めし徒連ハなん
0303【もとめつる人】−中将君
0304
【中将】−源氏官中将也
  飛とし連ぬおもひの志るしある心地」(46オ・68L)
0305【おもひのしるし】−<朱合点> 伊 しるしらす何かあやなくわきていはん思のミこそしるへ成けれ

  志てとのとも可く裳王可れ寿
  もの尓おそハるゝちして屋とも(も$<>、も<>)ひ
  ゆ連と可本にきぬのさハりてをと丹もた
  て春うち徒希尓布可ゝらぬ能本とゝミ
  らんことハりなれと登しこ路お
もひわ
  多
のう地もこえ志らせむとてなん
  可ゝるお
りを万ちいて多るもさらにあさ
  具ハ阿らしとお
もひ那しへといとや
  ハら可尓の
日てお尓もあら多つましき
  気ハひな連ハ者し多なくこゝにとも」(46ウ・69C)

  えのゝ志ら須ちハ多王ひしくある万
  志きことゝお
もへハあさましく可へ尓
  こそめれといふもいきの
志多なりきえ
  まとへる気しきいとくるしくらう多遣
  な
れ者を可しとミ可う遍くもあ
  らぬの志るへをハ春にも
ほめい
  可那春起可満しきさ満尓ハよにえ多

  まつらし
もふ春こしきこゆへき
  そとていとちいさや可なれ者可起い多き
  て佐うしの
もといて尓そもとめつる」(47オ・69H)

  中将きあひ多やゝとの
  あや志具てさくりより多るにそいミしく
  丹本ひみちて
可本丹も具ゆり个る(个るかゝる<>
  するによりぬあさましうこハい可なる
0306【あさましう】−中将
  そとおもひ万とハるれときこえ(こえこえ<>)ん
  か多那し
ミ/\のらハこそあら
0307【なみ/\の人】−次々人也
  ら可尓も飛き可なくらめそれ多の阿
  ま多志らむ者い可ゝあらんもさハき

  志多ひき多連と登うも
なくて
  なるお
ましにいりさうしをひき」(47ウ・69M)

  多てゝあ可つきにむ可へ尓も能せよとの
  へ者こののおもふらむこと佐へ
0308【この人】−女中将
  志ぬ者可り王りな起にな可るゝまて
  あせ
になりていとなやましけなる(る$り)
  いとお
し気れと連いのいつこよりとうて
0309【いとおしけれと】−源氏
0310
【とうて】−取出ノ心
  ことの者に可あらむ阿者れし<>)ハ可り
  なさ遣/\し具のつゝ(ゝ
<>)すへ可めれと
  をいとあさましきにうつゝとも
おほえ
  春こそか春な
らぬ可らも本しく
  たし个る御心者への本ともい可ゝあさくハ」(48オ・70D)

  おもふへさらむいと可やうなるきハ者(者<>)起
  者とこそ者へな連とてかくをしたち
  へるを布可くなさけな
くうしと
  いり多
る佐万裳気にいとをしく者つ
  かしき気ハひな連ハその
き者/\を
0311【そのきは/\】−源氏
  万多志らぬうゐそや中/\をしな
  多
る徒らにおもひなへるなんう多て
  あり个るをのつ可らき
ふ屋うもあらむ
  阿な
可ちなる春起さらにならハぬを
  佐るへき丹や気にかくあ者められ多
て」(48ウ・70I)

  万つるもことハりなるまとひをミつ可らも
  あやしきまてなんな
と満め多ちてよろ
  つ
にのへといとたくひな起ありさ満
  のいよ/\うちと遣き
こえん王ひし気
  連ハ春くよ可に徒きなしとハみえ多

  まつるとも
さる可多のいふ可ひな起丹て
  春くしてむとおもひてつ連那くのミもて
  なし多
可らのたをやき多る尓徒よ
  き
越志ゐて具ハへ多れ者なよ
0312【なよ竹の】−<朱合点> 古今 なよ竹の夜なかきうへに初霜のをきいて物をおもふ比かな
  ちしてさす可におる遍くもあら春満こと」(49オ・71@)

  にやましくてあな可ちなる御心者へを
  いふ可多な
し登おもひてなくさ満な登
  いとあ者れなりくるしくハあ連と
0313【心くるしく】−源氏
  さらまし可ハくちおし可らましとお
  春なくさめ可多くうし登へ連ハな

  かくうとましきもの尓
し裳お本春へき
  おほえな起さ満なるしもこそある
  とハおもひハめむ気に越おもひしらぬ
  屋うにお本ゝれ
いと徒らきとうら見
  られていと可くう起
本とのさ多まら」(49ウ・71E)
0314【いとかく】−女

  ぬありしな可ら能丹てかゝ流こゝろ
0315【ありしなからの】−<朱合点> 古今 とりかへす物にもかなや世中をありしなからの我身とおもハん
  者へをまし可ハあるましき王可たのミ
  丹て
みな越しふのちせをもおもひ
0316【のちせをも】−<朱合点> 万 わかさなるのちせの山の後に又あはん必けふならすとも
  なくさめましをいと可うかりなるう起ね
  の本とをに多くひ那くおもふ
  まとハるゝよしい満ハみきとなけそ
0317【みきとなかけそ】−<朱合点> 古今 それをたにおもふ事とて我宿を見きとなかけそ人のきかくに
  とておもへるさ満个尓いとことハりなりおろ
  可なら春なくさめ
ほ可る
  遍しとり裳なきぬ人/\おきいてゝいと
  いき多な
可り个る可な御車ひきいてよ」(50オ・71J)
0318【いきたなかりける】−つよくねられたる也

  那といふなり可ミもいてきてなとの
  可多ゝ可へこそふ可く(く)いそ可せへき可ハ
  な
といふもありきミハ可やうの徒ゐて
  らむ裳いと可多くし(し
<>)さし者へて
  い可て可布ミなとも
かよハんことのいと
  王りな起をお本春にいとむ年い多しおく
  の
中将裳いてゝいとくるし可れ者ゆるし
  てもひきとゝめつゝい可てかき
こゆ
  遍きに志らぬ御心
徒らさもあハれ裳
  あさ可らぬよのおもひいて盤佐万/\めつら」(50ウ・72B)

  かなるへきためし可なとてう地な起
  気しきいとな満め起多りも志者/\
  那くにあ者たゝし具て
    徒連な起をうらミ裳者てぬ志能ゝめ尓
0319【つれなきを】−源氏
  登りあへぬまておとろ可すらむ女身
  ありさ満をお
もふにいとつき那く万ハゆき
  心地してめて多
もて那し裳なにとも
  おほえ春徒年ハいと春く/\しく徒き
  なし登おもひあな
つ(つ<>)るいよの可多能おもひ
  屋られて
丹やゆらむとそらおそろ/し」(51オ・72G)

  具徒ゝ満し
    
うさをなけくにあ可て阿くる
  登り可さ祢
そねもな可れ个ることゝあ
  かくな連ハ佐うしくちまてをくり
  うちもとも
さハ可し気れ者飛きた
  てゝわ
可れ本と本そく遍多つるせ
0320【へたつるせき】−<朱合点> 古今 あふ坂の名をたのミつゝこしかともへたつる関のつらくも有かな
  とみえ多り越しなときミ那ミ
  の
可ゝら(ゝらうら<>)む尓志ハしうちな可めふ丹し
  お
もての可うしそゝきあ気て人/\
  そくへ可める(る$
りイ、イ#春のこの本とに多て多る」(51ウ・72L)

  こ佐うしの可ミより本の可にみえへる
  ありさ満を丹しむハ可りおもへるす起
  とも
あめりハあり丹て飛可りお
  さまれ流もの可ら可気さや可にえて
  お可しきあ気本のなり

  そ羅の个しき裳堂ゝみる可ら盈ん尓も
  すこくもみゆるなり个り志連ぬ御心
  盤いとむね
い多くこと徒て屋らんよす可た
  にな起をと可へりみ可ち丹て
いて殿
  かへりてもとみ丹もまとろまれ者す」(52オ・73C)

  ま多あひみるへき可多な起をまして可
0321【かの人】−うつせミ
  の農おもふらんのうちい可ならむと
  くるしくお
もひ屋り春くれ多ること
  盤な
个れとめや春くもてつ気てもありつる
  能し那可な
具満なくみあ徒め多る
  いひしハ个にとお
ほしあ者せられ个り
  この
本とハ大殿にのミおハしますな越いと
0322【いとかきたえて】−うつせミ
  可起多えておもふらむいとおしく御心
  かゝりてくるしくお
ほし王ひてきの可ミ
  をめし多り可の
ありし中納言こハ」(52ウ・73H)
0323【中納言】−右衛門督同人ナリ
0324
【こハ】−小君

  盈させてんやらう多个尓みえしを
  閑く徒可ふ尓せ
うへ丹もてまつ
  らむとのへハいと可しこ起お
ほせ
  なりあね
なる尓の多まひみんと
  裳む年徒ふ連て
ほせそ能あ年
  盤あそむ能お
とゝ(ゝ<>)とやも多る佐もら春
  この二年者可りそかくてものしれとおや
  のお
きてに多可へり登おもひな気き
  ゆ可ぬやう尓なんき
ふるあ者れのこと
  やよろしくき
こえしそ可し満ことによし」(53オ・73M)

  屋とのへハ気しうハらさるへしもて
  者な
れてうと/\しく連ハの多とひ尓て
  む徒ひら春とさて五六日ありて
  このゐて万いれりこまや可にを可しと
  ハな个れとな
万め起多る佐万(万<>)してあて
0325【あて人】−<朱合点> 妙人 大方の秋をかなしと見る事もあてなる人ハしらてそ有ける千里
  登みえ多めしい連ていとなつ可しく
  か多らひ
らハち尓いとめて堂く
  うれしとおもふいもうとの
裳くハ
  しくとひさるへきことハいらへき
こえ
  なとして者つ可し気に志津まり多
れハ」(53ウ・74E)

  うちいてにくし佐連といとよくいひ
  志らせ
かゝ流こそハと本のうるも
  お
もひの本可なれとさなち尓ふ可く
  し裳たとら春ふミをもてき
多れ盤
  あさましきにもいて
きぬこのこ能
  お
もふらん裳者し多なくてさす可に
  布ミを
も可くしに飛ろ気多りいとお
  具て
    をあふあり屋となけ具
0326【見し夢を】−源氏
  ま尓めさへあハてそころ裳へ尓个る(+ぬる<>」(54オ・74J)

気れ者なめもをよハぬ可起さ満もきり
0327【ぬる夜なけれは】−<朱合点> 恋しさを何につけてかなくさまん夢にも見えすぬる夜なけれハ
  ふ多可りてえぬ春くせうちそへり気る
  をお
もひつゝ気てふしへり日小
  めし多
れ者万いるとて可へりこふかゝ流
0328【かゝる御ふミ】−空
  布ミみるへき裳那しときこえよ登
  の多まへ者うち衛ミて多
可ふへく裳の
  ハさりしものをい可ゝさハさむといふ尓
  やましく能こり那くの多万ハせ
志らせ
  个るとお
もふに徒らきこと可起り那しいて
  お
よす遣多るハい者ぬそよ起さハな万」(54ウ・75A)

  いりそとむつ可られてめす尓ハい可て可
0329【めすにハ】−小君
  とて万いりぬきの可ミ春起このまゝ
  はゝ能ありさ満をあ多らし起もの尓おもひて

  徒いそうしあり遣ハこのをもて可し徒
0330【ついそう】−追従
0331
【かしつきて】−紀ー空ニ心ヲカク
  きてゐてありくめしよせてきのふ
  まちくらし志越あひお
もふましき
  なめり登衛んしへ者可ほうちあ可めて
  ゐ多りいつらとのふ尓志可/\と春に
  いふ可ひな
能ことやあさましとてへり
  あこハ志らし那そ能いよのお
き那よりハ佐」(55オ・75F)

  き尓ミしされと多のもし気なく具ひ
  本そしとてふ徒ゝ可なるう志ろミまう遣て
0332【ふつゝかなる】−けすしき也
  かくあな徒りふなめりさりともあこハ
  わ可丹て
をあ連よこ能多もしハゆく
0333【この】−うつせミ
  さ起ミしかゝりなんと濃へハさもやあり个ん
  いミし可り个ること可な
とおもへるを可し登
  お
ほ春こ能を万つハしうち丹も
  ゐて万いりなとし可みくし気と
  の
尓の日て佐うそくなと裳せさせ万こ
  とにおやめきてあつ可ひ布ミハ徒年」(55ウ・75K)

  尓ありされとこの裳いとおさ那し
  より本可尓
ちりも可ろ/\しき
  さへとりそへん能お本えをいと徒きな
  かるへくお
もへ者めて多裳わ可
  可らこそ登お
もひてうちと遣多るいらへ
  裳き
こえ春本の可なりし気ハひあり
  さ満ハ気になへて
丹や者とおもひいて
  え
ぬ尓ハあらねを可しきさ満をみえたて
  まつりてもな
にゝ可ハなるへきとおもひ可へ
  寿
なり个りハおほしおこ多る万も」(56オ・76C)

  那くくるしくもこ飛しく裳おほし
  い徒
もへ里し気しきなとのいとおしさも
  はる个ん可多那くお
ほし王多るかろ/\しく
  者ひ万起連
ちよりハん裳めしけ
  可らむに飛んな
起布るまひやあらハ連ん
  登の多
めもいと越しくとお本し王徒
  らふ連いのうち尓可す遍ふこ路さる
  遍き可多のいミ万ちいて
尓ハ可尓
  可てまね
してみちの本とよりおハし
  満し多
の可ミおとろきて屋り能」(56ウ・76H)

  めい本くと可しこまりよろこふこきミ丹ハ
  飛るよりかくなんお
もひよれ流との
  連りあけくれ万つ者しならハし
  連ハこよひも万つめしいて多
裳さる
  
うそこあり个るに本したハ可り津
  らむ本とハあさくし裳おもひな
されね
  さりとてうちと遣気な
起ありさ満越
  みえ多
てまつりてもあちきなくゆめの
  やう丹てす起丹しな気起をま多や
  具ハへんとみ多れて
な越さてまち徒遣」(57オ・76M)

  きこえさせんま者ゆ个れ者こきミ
  可いてゝいぬる本と尓いと気ち可気れハ可多
  ハらい多しなやまし気れハ志のひて
うち
  多
ゝ可せなとせむ尓本と者なれてをとて
  た殿中将といひし可徒本年し多るかく
  連に(
に)うつろひぬさるしてとく志津めて
  うそこあれと小君盤多つねあハ寿(衛&寿
  よろつ
もと免ありきてわ多との尓
  王遣いりてからうしてたとりき多
いと
  あさましく徒らし登おもひて
い可尓可ひ」(57ウ・77D)

  なし登おほさむとなきぬハ可りいへ盤かく
  个し可らぬ者えハ徒可ふもの可お
さ那き
  かゝるいひ徒多ふるハいミしくいむなる
  も
能をといひおとして心地なやまし个れ
  盤人々さけ春
さへさせてなむとこえ
  させよあやし登多
れも/\みるらむといひ
  者な
ちてうち尓ハいとかくし那佐多
  万りぬる能お
ほえならて春き丹し
  お
やの気ハひと万連る布る佐とな可ら
  た万佐可丹も万ちつ気多
てまつらハお可し」(58オ・77I)

  うもやあらまし志ゐてもひしらぬ
  閑ほ尓
み気つ裳い可尓本としらぬやうに
  お
ほ春らむと可ら裳む年い多く佐春
  可尓
もひミ多るとてもかくてもい万ハいふ
  かひな起春くせ
なり个れ者む志ん尓
  徒きなくてやミな無とおもひ者て多る(る$
りイ、イ#
  盤い可にたハ可りな
さむと万多おさな
  をう志ろめ多く万ち婦しへる尓ふよう
0334【ふようなる】−もちゐぬ心ナリ
  なるよしをきこゆれ盤あさましく免
  徒ら可なり个る
本とをハ(ハ<>)いと者つ」(58ウ・78@)

  かしくこそなりぬ連といと/\おしき
  个しきとハ可りも能裳の多万者す
  い多くうめ起てうし登おほし多

    者ゝ(
ゝ)きをしらてそ能の(の見ち尓あやなくまとひぬる可なきこえん<>)か多
0335【はゝき木の】−源氏
  こそな个れとのへり裳さす可に万と
  ろ万佐りけ連者
    か寿
(衛&寿)ならぬふせにおふる能うさ
0336【かすならぬ】−うつせミ<> 返哥ニアラス/引哥はゝ木ゝヲ/ヨム事作物語ノ/トリ合也
  にある丹も阿ら春きゆる者ゝ木ゝとき
  え
たりこきミいと/\おしさにねふ多くも
  あらてまとひありくをあやしとる」(59オ・78G)

  羅んと王ひ連いの人/\ハいきたな
  きに飛と春ゝ路尓すさましくおほ/し
  徒ゝ遣ら流連と尓ゝぬさ万の
な越
  き
え春多ちの本連り个ると多くかゝる
  に徒遣て
こそもとまれとか徒ハおほし
  な可らめさ満しく徒ら気れ者さ者れと
0337【さはれと】−さらハさてあれといふ心ナリ
  おほせともさもおほし者つましくかく
  れ多
らむ尓な越井てい気とのへと
  いとむつ可し遣尓さしこめられて
あ万
  ためれ者可しこ遣尓
ときこゆいとおしと」(59ウ・78L)

  おもへりよしあこ多春てそとの
  て可多ハらに婦せ
た万へりわ可くなつ可し
  き
ありさ満をうれしくめてたし登
  た連ハ徒連な
より半中/\あ者れ
0338【つれなき人】−うつせミ
  尓ほさると楚」(60オ・79@)

(白紙)」(60ウ)

【奥入01まとのうちなる本とハ
      長恨哥
     楊家有女初長成 養在深宮人未識

伊行<注>
【奥入02か春可
わ可むら佐きの春り
     しのふ能見多れ可きり志られ春
【奥入03志可りとてとすれ者可ゝりかくす連ハ
     あな
いひしらすあふさきる佐耳
【奥入04者ち春ハのにこりに志まぬもて
     な
に可ハ徒ゆをた万とあさむく」(61オ)

【奥入05観身岸額離根草 論命江頭不繋舟
【奥入06飛きよせ者たゝ丹ハよらて春駒
     徒な
ひきするそな者多ときく
【奥入07あす可尓屋とりハすへし可けもよし
     みも
日もさむしみ万くさもよし
【奥入08いつこ丹可屋とりとな
らむあさひこ能
     さすやを可へのた万佐ゝの
うへ
【奥入09ちりを多に春へしとそさきしより
     いもと王可ぬるとこなつの

【奥入10それを多尓ふことゝてわ可屋とを」(61ウ)

     とな可けそのき可くに
【奥入11あふさ可能をハ多
のミてこし可とも
     遍多徒るせき能つらくもある可な

【奥入12こひしきをなにゝ徒个て可那くさまむ
     多にえ春ぬるよな
个れ者
     春ゝ可いせをのあ万能ぬ連
     志本な
れ多りとるらん(空蝉01 竄入)
     とり可へす丹も可那や世中
     ありしな
可ら能王可とおもらん(空蝉02 竄入)
【奥入13風俗」(62オ)

     多れのかめをな可に春へてあるし者もや
     さ可那もり尓
佐可なもとめにこゆるき能いそ尓
     わ可めかりあけ尓
【奥入14催馬楽
     我家ハと者り裳多
れ多るをおほきミ起
     万せむこ尓せ
むみさ可なにな尓よ个むあハ
     飛さ多を可かせよ个んあ者ひ佐多を可
     かせよ个む
【奥入15二道
     父家居住
せハ孝心可有男家居住せハ」(62ウ)

     嫂仕せよといふ事也
【奥入16三史 
史記 漢書 後漢書
     五経 毛詩 礼記 左伝 周易 尚書
     三道 紀伝 明経 明法
      已上伊行所注也
【奥入17布多つのみち 両途
     文集 秦中吟
     天下無正声 悦耳即為娯 人間無正色
     悦目即為妹 顔色非相遠 貧富則有殊
     貧為時所弃 富為時所趁 紅楼富家女」(63オ)

     金縷繍羅襦 見人不斂手 矯癡二八初
     母兄未開口 已嫁不須臾 緑窓貧家女
     寂寞二十余 荊釼不直銭 衣上無真珠
     幾廻人欲娉 臨日又踟躊 主人会良媒
     置酒満玉壺 四座且勿飲 聴我歌両途
     富家女易嫁 嫁早軽其夫 貧家女難嫁
     嫁晩孝於姑 聞若欲娶婦 娶婦意此如」(63ウ)

 任庭訓加頭書但近年之御意相違事在之所詮
 可用異説者也イ本 前大僧正良鎮」(64オ)

巻ノ箒ノ心モシラテソノ原ノ道ニアヤナクマトヒヌル哉
ソノ原ヤフセヤニ生ルーノアリトハー君哉坂ヒモー
一亦有亦空ー一部五十四ーニ成末ノ巻ノ名ノ事<荘子/夢>
末ノ巻今ノ身ノウツヽ共古ノ夢トモ云難シ」(前表紙1オ貼紙)

二校了<>(表表紙蓋紙)