First updated 02/24/2003(ver.1-1)
Last updated 11/02/2016(ver.2-4 凡例5 修正)

帚木

 

【概要】

・明融臨模本「帚木」帖(東海大学桃園文庫蔵)は全文非定家筆本「帚木」を臨模した写本であると考えられる。

・引き歌を注記した付箋が2枚貼付されているが、その筆跡は本文筆写とは別の筆跡と見受けられる書体である。また定家の筆跡とも別書体である。

・本行本文中の引き歌付箋箇所には合点(掛け点)がある(307「ちりをたに」、541「ぬるよなけれは」)。

・奥入が存在するが、その筆跡は定家筆ではない。

・和歌の書写様式は、地の文から改行して和歌の冒頭を2字下げて書き出し、上句と下句との間で改行し、下句の頭は上句の高さに揃えて書き(U類)、和歌の末尾に地の文を直接続けて書くという形式(D型FGI)と「和歌の末尾に地の文を直接続けるのではなく、以下を余白にして、改めて改行して地の文を書く」という形式(F型CEHJKM)、地の文から改行して和歌の冒頭を2字下げて書き出し、「上句と下句との間以外の所で改行し」、下句の頭は上句の高さに揃えて書き(W類)、「和歌の末尾に地の文を直接続けるのではなく、以下を余白にして、改めて改行して地の文を書く」という形式(I型@ABDL)の3種類の型である。

・「帚木」では、行頭に同字が並んだ場合に、その字母をほとんど書き分けていない(345「之」、434「尓」、845「堂」、1645「部」、3034「之」、38678「者」、4189「可」、4545「止」、4656「之」5034「以」、5289「於」、5712「以」、5734「天」、以上13例)。わずかに、3789「乃」、689「毛」、同じく5077「毛」の崩し字体の書き分け3例と、387「可」・8「加」、542「万」・3「末」の異なる字母の書き分けが2例ある程度である。

 

【凡例】

1.漢字は漢字のまま翻字し、他の変体仮名字母と区別するために太字で表示した。

2.通行の平仮名の字母はそのまま平仮名で翻字した。

3.変体仮名はその字母で翻字した。

4.片仮名はそのまま片仮名で翻字した。

5.仮名や字母の崩し方が複数ある文字については、一般的な字形を基準にして、それより元の漢字に近い字形には「と付記し、また一般的な字形とも異なった別の崩し字形には「と付記した。

6.本行本文は10.5ポイントで表示し、書入注記や付箋等は9ポイントで表示した。

7.なお本文と一筆の親本に有った書き入れをそのまま書承したと考えられる書き入れは太字で表示したので注意されたい。

 

「はゝ々」(題箋)

 

「上冷泉殿為和卿御息明融 琴山(印)」(見返貼紙)

 

  飛かる源氏名みこと/\しう・い飛遣多れと可
0001【名のみこと/\しう】<合点> 名ノミコト/\シウハヨキ事也
0002
【いひけたれ】<合点> イヒケタレタルハワロキ也
  おほ可(+ンナル)なる(る$カ)尓いとゝかゝる春きことゝもを春ゑの
0003【すきこと】<合点> スキ/\シキ事也
  尓もきゝ徒多へてかろ飛多るをやな可さむと
0004【かろひたる】<合点> カロ/\シキ也
  志の个るかくろへことを佐へか多り徒多へ个ん
0005【かくろへこと】<合点> カクシ事也
  ひとのものいひ佐可なさよ佐る者いとい堂くを者ゝ
  か里満免多ち堂万ひ个るほとな
よひ(ひ=ヒ)可尓お可しき
0006【まめたち】<合点> マコトタツ也
0007
【おかしき】<合点> コレハ物ノヲカシキニハアラス面白クヨキ事ヲ云ホメタル心也 又口フヒタル所モアルヘシ
  こと者なくてか多の少将尓者わら者れ个む
0008【かたのゝ少将】<合点> 業平ヲ云ト云説アリ 心ヲ云説アリ 業平ノ中将カタノニトマリタル事アリ 是ヲ交野ノ少将ト云ヘシ
  かし・ま多中将と尓もし多まひし
0009【また中将なとに】<合点> 十六
  尓のみ佐布らひよう志多万ひて大殿尓は」(1オ・35E)
0010【さふらひ】<合点> 内リニ侍カヨキト云心也
0011
【よう】イヨキト也<>

0012【大殿】オホイトノ

 

  堂え/\万可てしのふのとう
0013【しのふのみたれ】<合点>
  多可ひきこゆるあ里し可とさしも
  あ堂免き免なれ多るうちつ遣の春き/\
  しさなとはこの
まし可らぬ御本上尓て
0014【御本上】<合点> モトノ心也 ムマレツキノ心 性
  万れ尓者あ那可ち尓ひき多可へつくしなる
  こと越御心尓お
ほしとゝむるくせなむあや
0015【くせ】<合点> 人ノクセヲ云
0016
【あやにくにて】ワリナキ
  尓く尓てさるましきおほむ布るまひも
  うちまし里个累・な可あ免者れまなき
0017【なかあめ】<合点> 三日ニ過ル雨ヲハ長雨ト云 五月雨ノ事
  ころうち能御物いみさしつゝきていとゝな」(1ウ・35I)
0018【御物いみ】<合点> ツヽシム日ヲ云 神鬼ノ名也

 

  可ゐさ布らひ大殿尓はおほつ可な
  うら免しくお
ほし堂れとよろつ
0019【御よそひ】<合点> 御シヤウソクノ事也
  そひな尓くれと免つらしき佐ま尓てうし
0020【なにくれと】<合点> ナニヤカヤト云詞也
  いてつゝむすこのきみ多ち堂ゝこの
  との井ところのつ可へをつと免給宮
  らの
中将尓し多しくなれきこえ
  あそひ多者ふれをもよりハや春くな
れ/\
  しくふる万ひ堂り・のおとゝのい多者り
0021【右のおとゝのいたはり】二条大臣四君
  かしつき春み可はこのきみもいとう」(2オ・36@)
0022【すみか】<合点> 人ノメヲ云

  

くして春き可満しきあ多人也佐と尓ても
0023【あた人なり】<合点> △△(△△
  可多のしつらひま者ゆくしてきみのい
  ていりし尓うちつれきこえつゝよるひ累
  可くもんをもあそひをも
ゝろとも尓して
  お
さ/\堂ち越くれすいつく尓ても万つ
0024【おさ/\】<合点> ヤウヤクト云心也 又スコブルナト云心也 ヲサ/\シキト云アリケレハ心カハル也
0025
【まつはれ】<合点> ナレムツブルヽヲ云
  れきこえ本と尓をの可らかしこ万りも
0026【かしこまり】インキンナラサル也
  を可すのうち尓おもふこと越も可くしあへ須
  なむゝつ
れきこえ遣る・つれ/\とふりくら
  して志免や可なるよひのあめ尓殿上尓も」(2ウ・36E)

 

  おさ/\春く那尓とのゐれいより者
0027【御とのゐ所】桐壺也
  のとや可なるち春る尓おほとなふらち可
  くてともなとみ多まふ(+
ニ)ち可きみつ
0028【文】
  なるいろ/\の可みなる布ミともをひきいてゝ
  中将わ里那くゆ可し可れハさ里ぬへき春こ
0029【さりぬへき】源氏
  しはみせむ可多わ(わ=ハ)なるへきもこそとゆるし
0030【かたわなる】<合点> ミクルシキヲ云
  ハね者・そのうちと遣て可堂者らい多しとお
0031【そのうちとけて】中将ノ詞
0032
【かたはらいたしと】真実ノヲ
  されむこそゆ可し遣れをしなへ堂るおほ可
  多の
者可春那らねと本と/\尓つ遣て可き可ハ

しつゝも」(3オ・36J)

  

み者へりなむをの可しゝうら免しきおり/\
0033【をのかしゝ】<合点> ヲノレカ心ザシ也
  万ち可本ならむゆふくれなとのこそ・みところ者
  あら免とゑんすれ者やむこと那くせち尓可く
0034【ゑんすれは】<合点> ウラムル心也
  しへきなと者かやう尓おほそうなるみつ
0035【おほそうなる】<合点> ウチハナレタルタル也
0036
【みつし】
△△△ノコト
  しなと尓うち越きちらしへくもあら春
  ふ可くとりをきへ可免れハ(+
コレハ)まちの
0037【二のまち】<合点> ニ ツギト云心也
  春きなるへし可多者しつゝみる尓可く
  佐ま/\なるともこそ者へり遣れとてこゝろあ
0038【こゝろあてに】ヲシアテ也
  て尓それ可かれ可なとゝふな可尓いひあつるも」(3ウ・37A)

  

あ里もて者那れ堂ること越も日よ勢て
  う多可ふも
越(越=)可しとおほ勢とこと春く那
  尓てと可く万きらはしつ
ゝとり可くし・そこ
0039【そこにこそ】中将ヲ云
  尓こそおほくつとへら免春こしみハや・さて
  なむこの
しもき(き#)よくひらくへきとの
  へはこ(こ=
)らむしあらむこそ可多く者へら免
0040【こらむし所あらむこそ】中将詞
  なときこえいて尓・これ者しもとな
0041【女のこれは】中将雨夜品定事<> 第一段<>
  つく満しき者可堂くもある可那とやう/\な
  みへしる・多ゝう者へ者可りの
さ遣尓て者」(4オ・37F)
0042【はしりかき】<合点> サウニ文カクヲ云

  

し里可きお里ふしのいらへえてうちし
0043【おりふしのいらへ】哥ヨムコト也
  なと者可りはすいふん尓よろしきもほ可り
  とみふれとそも
万こと尓そ能可多越とりいてむ
  えらひ尓可な
ら須もるましき者いと可多しや
  ・我心え(え=
エ)多ることハ可り越ゝの可しゝ越や里て
  をはお
とし免なと可多者らい多きことおほ可り
  ・お
やなと堂ちそひもてあ可免ておひさきこ
0044【おやなと】玉カツラノ内侍ノカミ当此品(玉カツラノ内侍ノカミ当此品$) 不用
0045
【おひさきこもれるまとのうち】<合点> 草ナトノオヒ出タルハシメノヤウニ人ノイトケナキ時ヲ云 窓ノ内トハ親ノ家ニアル程ヲ云 生尖
  もれるまとのうちなるとは堂ゝ可多可と越
0046【まとのうちなるほと】<合点>
0047
【かたかと】<合点> 一ノカド也
  きゝつ堂へて越うこ可すあ(+ン)免り可」(4ウ・37K)

  

多ちお可しくうちおほときわ可や可尓てまき
0048【おほとき】<合点> 大ヤウニ長楽ナル也
0049
【まきるゝことなき】カサラスアリノマヽナル也

  るゝことなき本と者可那き春万(万#)ひをもまね
0050【すさひ】ナヲサリ事也

をいるゝある尓をのつ可らひとつゆへ
0051【ゆへつけて】無用ナルコト也
  つ遣てしいつることもあ里みるをくれ堂
  る可多越者いひ可くしさてあ里ぬへき可多
  越はつ
くろひて万ね日い多春尓それ志可
  あらしとそらにい可ゝ者をしハ可り日くたさ
0052【思ひくたさむ】<合点> 思ヒマヘル也 又心ニクタス也
  む万こと可とみもてゆく尓み越とりせぬやう者
  な
くなむあるへきとう免き堂る遣しきも」(5オ・38B)
0053【うめきたる】<合点> ウソブキタル心也

  

者つ可し遣なれハ・いとなへて者あらねと(+モ)おほし
0054【いとなへては】源氏<> 第二段<>
  あ者春ることやあらむうち本お(お本)ゑみてそ能可多
0055【かたかと】片廉
  可ともなきハあらむやとのへ者いとさ者可
0056【いとさはかりならむあたりには】中将 第三段
  りならむあ堂り尓者堂れ可ハ春可されより
  らむとる可多な
くくち越(越=お)しきゝ者というな
  りとおほゆ者可りすくれ堂るとハ可春ひとし
  くこそハへらめ
しな多可くむまれぬれハ
  尓もて可しつ
可れて可くるゝほくしねん
  尓その
遣者ひこよな可るへししな尓」(5ウ・38H)
0057【中のしな】中品<次丁表「お」の右側>

  

心/\をの可しゝ能堂て多累お
  むきも
みえてわ可るへきこと可多/\おほ可る
  へき志も
のきさみといふき者尓なれハこと尓
0058【しものきさみ】下品<>
  みゝ堂ゝす可志とていとくま那遣那る个し
  きなるも
ゆ可しくて・そ能しな/\やい可に
0059【そのしな/\やいかに】源氏 第四段
  いつれ越みつしな尓をきて可わくへき
  もとのしな多可くむまれな可らハし
  つ
みくら井みし可くて遣那き・な越
0060【なを人】<合点> イタク上ラフニテモナキシナノ人也
  かむ堂ち免なとまてまて(まて$)なりの本り」(6オ・38L)
0061【かむたちめなと】上達部殿上人也<>

 

  者可本尓ていゑのうち越可さり尓おとらしと
  お
もへるその遣ちめをはい可ゝわくへきとゝひ
  本と尓・ひ多りのむ万の可みしきふの

0062【藤しきふのせう】藤式部丞 蔵人也
  う御物いみ尓こもらむとて万いれりよの春き
  もの尓てもの
よくいひと本(本=を)れる越中将
0063【中将】
  ちとりてこのしな/\をわき万へさた免あらそ
  ふいときゝ尓くき
ほ可り・な里の本れと
0064【なりのほれとも】コレヨリ馬頭ノ詞 第一段
  ももとよりさるへき春ち那らぬ者よ(よ=ノ)
  もへるさ者いへ登なをこと・ま多(ま多=」(6ウ・39C)
0065【さはいへと】世上ニヨシトハオモハネトモ官タカキナレハ申也<>
0066
【本】性也

  

者やむこと那き春ちなれとよ尓ふる多つ
0067【たつき】<合点> タヨリ也
  き春く那くときよ(よ=)尓(尓$)うつろひておほえ
0068【たつきすくなく】末摘花当此品
  おとろへぬれ者としてこと堂ら須わろ
  ひ堂ることゝも
いてくるわさな免れ者とり/\
  尓こと者りてのしな尓そをくへき・春
0069【す両】受領 リヤウ歟 領
  といひてく尓の尓可ゝつらひいとな
  みてしなさ多まり多るこ(こ$)も)きさみ/\

あ里てな可のしな能遣しう者あらぬえりい
0070【けしうはあらぬ】<合点> ケスシクハアラヌ心也
  てつへきころほひ・なま/\の可む多ち免」(7オ・39H)
0071【なま/\のかむたちめよりも】ナミ/\也 ナマキンダチナトノヤウナル心也 空蝉夕顔当此品

  

よりも非参議四位とものよのおほえくち越(越=お)
0072【参議】サンキ
  し可ら須もとのねさしいやし可らぬ(+可)や春ら
0073【もとのねさし】<合点> 其人ノ本ノホンジヤウ也
  可尓越もてなし布る万ひ多るいと可はら可
0074【かはらかなり】<合点> サハヤカナル也
  なりやいゑのうち尓堂らぬなと者多な

0075【いゑのうちにたらぬ事なと】明石上当此品
  めるまゝ尓者ふ可すま者ゆき万てもて可しつ
  遣るむす免なとの
としめ可多くおひいつ
  るもあま多あるへし・つ可へ尓いて多ちて
  可个ぬさい者ひ(ひ=
ゐ)とりいつる堂免しとも
  おほ可り可しなといへハ・すへて尓き者ゝしき」(7ウ・39M)
0076【すへてにきはゝしき】源氏 第二段
0077
【にきはゝしき】<合点> タノシキヲ云

  

よるへきな(+ん)ゝなりとてわらひを・ことのい者む
0078【こと人のいはむやうに】中将
  やう尓えすおほせらると(+て)中将尓くむ・もと能
0079【もとのしな時よのおほえ】馬頭 第三段 上ノ品女三宮当此品<> 第八段(第八段$<>
  し那よのおほえうちあ日(日=ひ)やむきあ
  堂りの
うち/\能もてなし个者ひをくれ
  堂らむ者さらにもい者須な尓越して可く
0080【なにをして】無能ノコト也
  おひいて个むといふ可ひなくおほゆへし・う
  ちあひて春くれ堂らむもこと者里これこ
  そ者(者$
)さるへきとおほえてめつら可なるこ
  とゝもおとろくまし・な尓可し可をよふへき」(8オ・40D)

  

本と那らねハ可み可ゝみ尓(+うち)をきぬ・さてよ(よ=
0081【さてよにありと】下品也
  尓あ里と尓しられす(+)ひしくあ者れ堂ら
  むゝくらの可と尓の本可尓らう多遣ならむひ
  との
とちられ多らむこそ可きり那く免つらし
  く者お
ほえめ・い可て者多可ゝり遣むとおもふ
  より堂可へることなむあやしくとまる
  わさなる・ちゝの
としおむつ可し遣尓
  とり春きせうとの可本尓く个尓やりこと那
0082【せうと】兄弟也
  るきねやのうち尓いとい堂くあ」(8ウ・40I)

 

  可り者可那くしいて多ることわさもゆへな可
0083【ゆへなからす】ヨキ也
  らすみえ堂らむ可多可と尓てもい可ゝの本可
  尓お
可し可らさらむ春くれてき春那き可多
  の
えらひ尓こそをよはさら免さる可多尓て
  すて可多きものを者とて式部をみやれ者・わ可
  いもうとゝも能よろしきゝこえあるをおもひて
  の尓やとやうらむもい者す・いてや可みの
0084【かみのしな】上々ノニモ上品ナキ也
  しなとおもしつ(しつ$婦)尓多尓可多遣なるよをときみ
  者お
ほすへし・志ろ支そともなよ(+<>、よ<>)かな」(9オ・41@)

  

る尓なおし者可り越しと遣なくきなし
  ひもな
ともそ(そ$)ちすてゝそひ布し多まへる
  本可遣いと免て多く尓てみ多てまつらま本
0085【御ほかけ】<合点> 火ノ影也
  しこの堂め尓者可み可ゝみをえりいてゝも
  な越あくましくみえ・さま/\の
のうへと
  もを可多りあ者せつ
ゝ・おほ可多のよ尓つ遣て
0086【おほかたのよに】第五段
  みる尓はと可なきもわ可ものとうち多のむへ
  き越えらむ(む=
ん)におほ可る尓もえなむ
  多むまし可り遣る・をのこの
ほや遣尓つ可う」(9ウ・41E)

  

まつり者可/\しきの可多免となるへきも万こと
  のうつ者とな累へき越とりい多さむニ者(ニ者=
ハ)可多
0087【うつは物】器也

  可るへしかし・されと可しこ志とてもひとり布多
  りよのを万つりこちしるへきな
らね者可み者
  しも
尓堂す遣られしも者可み尓なひきて
  日ろき尓ゆつろふらむせ者きいゑのうち
  のあるしとすへきひとり越めくら春尓堂
  ら者てあし可るへき大事ともなむ可多/\
  お
ほ可る・とあれ者可ゝり尓て」(10オ・41K)
0088【あふさきるさにて】<合点> アフサマクルサマ也 又トスルモカクスルモト云心モ有ヘシ

 

  なのめ尓さてもありぬへきすく那き越
0089【なのめに】十分ナラヌコト也
  すき/\しき春さひ尓てのあ里さま
  をあま多みあ者せむの
このみならねとひと
  へ尓さ多むへきよるへと春者可り尓お
那し
0090【よるへ】<合点> ヨル所也
  くはわ可ち可らい里をしなお(お=を)しひきつくろふ
  へきところなく尓可那布やう尓もやとえり
  そ免つ
さ堂まり可多きなるへし・可な
  らすしもわ可お
もふ尓かな者ねとみそめつる
  ちきり者可り越春て可多くお
1もひと万る」(10ウ・42B)

  

まめや可なりとみえさて多も堂るゝ多免
  も尓くし(し=
く)をし者可らるゝ・されとな尓可よ
0091【なにかよの】ナニカシカト云也
  のあ里さ万をみへあつむるまゝ尓尓をよ
  者すいとゆ可しき
なしやきむ堂ちの可
  みな
えらひ尓者ましてい可者可りのひと可
  ハ堂ら(ら=
く)ひ多ま者む(+せくへぬ尓多尓)可多ちき堂那遣なくわ可
  や可なる本とのをの可志ゝ者ちりも
可しと
  もて那し布ミ越可遣とお
ほと可尓ことえりを
0092【ことえりをし】<合点> 文ヲカクニ詞ヲエラビテ書ヲ云
  し春みつき本の可尓もと那く者せつ」(11オ・42G)

  

さや可尓もみてし可なと春へなくま多せわつ可
0093【すへなく】<合点> ヒンナキヲ云
  なるこゑきく者可りいひよれといきのし堂尓ひ
  きいれことすく那なる可いとよくもてかくす
0094【もてかくす也】ツカロウ体也
  个りなよひ可尓しとみれ者あまり那さ遣尓
0095【女しとみれは】ヲンナ 源内侍当此品
  ひきこ免られてとりなせ者あ多免くこれを者し
0096【これをはしめのなん】第一ノナン也
  免のなんと春へし・こと可那可尓なの免なるまし
0097【ことかなかに】<合点> コトナルカ中ニト云心也
  きのうしろみの可多者のあ者れし里春く
  し者可な
きついてのなさ遣あ里越(越=)可しき尓
0098【をかしきに】
  すゝめる可多なくてもよ可るへしとみえ多る尓・」(11ウ・42L)
0099【よかるへし】セタイカタヨリミヘタル也

  

万め/\しきすち越堂てゝみゝ者さみ可ち尓
0100【まめ/\しき】直也
0101
【みゝはさみかち】カヒ/\シキスカタ
  ひさうなきいゑとうしのひとへ尓うちとけ多
0102【ひさうなき】<合点> ヒンサウナキ也 フク/\シキ心也
0103
【いゑとうし】<合点> 家ノメヲ云
  るうしろみ者可り越してあさゆふのいていり尓つ
0104【あさゆふのいていり】奉公ナト男ノスル方也
  遣てもほや遣王多くしのの堂ゝす万ゐよ
  きあしき能免尓もみゝ尓もとまるあ里さ
0105【あしき事】人ニ恨ナトアルコト也
  ま越うと支尓わさとうちまね者むやは
0106【うとき人】ウチトケヌ女房也
  ち可え(え$く)てみむきゝわきしる遍可らむ
  尓可多りも
あ者せ者やとうちもゑまれなミ多
  も
さしくみもし者あやなきおほや遣者ら(者ら)」(12オ・43C)
0107【おほやけはらたゝしく】上ニヘモ恨ノアルコト也<>

  

者ら堂ゝしく日とつあ万ることなむとお
  可累を・な
尓ゝ可者き可せむとおもへハうちそむ可れ
  てしれぬいてわらひもせられあ者れともうち
0108【思いてわらひ】語モセス人シレスヲカシキコトナトモアル体也
  日とりこ堂るゝ尓・なにことそなとあ者つ可尓
0109【あはつかに】<合点> アハ/\シキ也
  さしあふきね(ね=ゐ)多らむ者いかゝ者くち越し可らぬ・
  堂ゝひ多ふるにこめきてや者ら可ならむ
0110【こめきて】<合点> フシメカシキ心也 コマヤカニヨキ也 オサナクカタホナル心也
  をと可くひきつくろひて者なと可みさらむ・
0111【ひきつくろひて】引タテヽソフ也
  もとなくともな越しところあるちすへし・
  遣尓さしむ可ひてみむ本と者さてもらう多」(12ウ・43H)
0112【さしむかひて】ヨキ中ニワロキ事アリ

  

き可多尓つミゆるしみるへき越堂ちハ那れ
0113【たちハなれ】ヨソヨリ云ヲコスル用ナトモ不トヽノヘナル体也
  てさるへきをもい日やりお里ふし尓し
  いてむわさの
あ多尓も万めこと尓も我心
0114【我心とおもひうる事なく】人ニヲシヘラレテ我ニ思ヨルフシナキ也
  おもひうるなく布可支い多りな可らむ者・
  いとくち越しく堂の
もし遣なきと可やな越
  くるし可らむ・つ
ね者すこしそは/\しくつき
0115【そは/\しく】<合点> タヽシカラヌ心也 思フヤウナラヌ体也
  な里ふし尓つ个ていて者え(え=へ)す累や
  うも
あ里可しなとくま那きい飛もさ多免可
0116【くまなき物いひ】馬頭事
  ねてい多くうちなけく・いまは堂ゝしな尓も」(13オ・43M)

 

よらし可多ち越者さらにもい者し(し$す)・いとくち越(越=お)し
  くねち个可ましきお
ほえ堂尓なく者多ゝひとへ
0117【ねちけかましき】<合点> ヨカラヌ心也
  尓万免や可尓しつ可なるもむきならむ
  よるへをそつ
ゐの多のみ尓はおもひをくへ
  可り遣る
・あまりのゆへよし者せうちそへ堂らむ
  を者よろこひ尓日・すこしをくれ多る可多
  あらむをもあな
可ちにもと免く者へし・うしろ
  や春く・の
と遣き堂尓つよく者・う者へのな
  さけ者をのつ
可ら・もてつ遣つへきわさをや・」(13ウ・44E)

  

え(え=ゑ)む尓者可り(可り$チ)してうらみいふへき越もみし
0118【えむに】<合点> ウツクシクヤサシキ也 ウツクシキヲモエナラヌト云也
  らぬさま尓しのひて・うへ者つれなくみさを
0119【うへはつれなく】<合点>
  つくり日とつ日あまる者・い者む可多那
0120
【心ひとつに】恨也
  くすこき
者あハれなるう多越よみ
  をき志の
者るへき可多み越とゝ免て布可き
  さと(+
の)者那れ堂るうみつらなと尓者ひ可
  くれぬる(る=
可し)おりわら者に時女房なと能もの
  可多りよみしをきゝていとあ者れ尓可な
  くふ可き可なと・なみ多越さへなむ」(14オ・44J)

 

おとしし・いまふ尓者・いと可る/\しくことさら(ら=ラ)ひ
  堂ることさしふ可ゝらむおとこをゝきてみる
  免のまへ尓つ
らきあ里とも・こゝろを
0121【めのまへにつらき事】ソトシタル恨ナトヲ恨家出ナトスル女ノコト也
  みしらぬやう尓ゝ遣可くれて・をまと者し
  ミむとする本と尓な可支よの物思日尓なる・いとあ
  ちき那き事也心ふ可しやなと本免多てられて・
  あ者れすゝみぬれ者や可てあま尓なりぬ可し
  日堂つ
本と者いと春めるやう尓て・よ尓可へり
  みすへくも
もへらすいてあ那可なし・かくは」(14ウ・45A)

  

多おほしなり尓遣るよなとやう尓あひし
  れるきとふらひ・飛多すら尓うしともお
もひ
  ハ那れぬお
とこきゝつ遣てなみ多おとせ者・つ
  可ふ布るこ多ちなときみの御心者あ者れな里
0122【こたち】女房惣名
  遣るものを・あ多ら御身越なといふ・つ可らひ堂
  ひ可み越可きさくりて・あへな
本そ遣れハ
  うちひそみぬ可し・志の
ふれとなみ多こ本れ
0123【うちひそみぬ】ナク体
  そ免ぬれ者・お里/\ことに・えねむしえすくや
  しき
ほ可め累尓・本とけも中/\心き多」(15オ・45F)

  

那しとみへしこり本とよりも
0124【にこりにしめるほとよりも】<合点>
  なまう可ひ尓て者可へりてあしき尓も堂
  堂よひぬへくそお
ほゆる堂えぬすくせあ
  さ可らてあま尓もなさて堂つ
ねとり堂
  らむもや可てあひそひてとあらむお
里も可
  可らむきさみをもみ春くし堂らむ
  こそちきりふ可くあ者れな
ら免われも
  うしろめ多くを可れしや者・
免尓う
  つ
ろふ可多(+あらむ人を・うらミて気しき者みそむ可ん・者たをこ可満し可りなハうつろふ)あ里とも・みそめしさしいと越し」(15ウ・45L)

  

くおも者ゝ・さる可多能よす可尓ても・あ里
  ぬへき尓・さ(+
ル)やうならむ堂ちろき尓堂えぬへ
  きわさ・すへてよろつ
多ら可尓・ゑ(+ン)す
  へきことをハ・みしれるさま尓本の
め可し・うらむ
  へ可らむ布し越も
・尓く可らすかす免なさ者・そ
  れ尓つ
遣てあ者れもまさ里ぬへし・おほく
  者・わ可も・みる可らお
さまりもすへし・あまり
0125【あまりむけに】夕顔上此品
  む遣尓うちゆるへ・み者那ち多るも・や春く
  らう多きやうなれと・をの
可ら・可ろき可多」(16オ・46D)

  

尓そおほえ可しぬふねうき多る
0126【つなかぬふねのうきたるためしも】<合点>
  多免しも遣尓あやなしさ者ぬ可といへは・
  うなつ
く・さしあ多りて・お可しともあ者れとも
0127【さしあたりて】中将ノ詞也
  尓いらむの・堂のもし遣なき・う多可ひあらむ
0128【心にいらむ人】第六段
  こそ大事なるへ个れ・我心あやまちなくてみす
0129【我心あやまちなくて】女ノ心也 又男ノ心ニシテモ也
  くさ者さしなおしてもなと可みさらむとお
  え堂れと・それ・さしも
あらし・とも可くも堂可ふ
0130【さしもあらし】サウモアラシト也
0131
【ともかくも】コレヨリ惣テノヒハン也
0132
【たかふへきふし】男ノタカイ目也
  へき布しあらむを・のとや可尓みしの者むより
  本可尓・ますあるまし可り遣里といひて・わ」(16ウ・46I)

  

可いもうとの・ひ免きみ者・このさ多め尓・可なひ
  へりとお
もへ者・きみのうちねふりて・こと者万
  せ者ぬをさう/\しく・やましと・むまの

  み・も
のさ多免の者可せになりて・ひゝらきゐ
  多り・中将者この
者りきゝ者てむと・(+尓)いれて・あ
0133【あへしらひゐ給へり】第八段
  へしらひゐへり・よろつ尓よそへてお
0134【よろつの事】馬頭
  せ・きのみち能堂くみの・よろつ尓万可せ
  てつ
くりい(+)すも・りむしのもてあそひものゝその
  あとも佐多万らぬハ・そ者つ
き佐れ者み多るも・」(17オ・47@)

  

个尓可うもしつへ可り遣りと・尓つ遣つゝさま越
  可へて・いま免可しき尓・めうつも(も=
り)てお可しきもあり
  大事として万こと尓うる者しきのてうとの可さ
  りとするさ多万れるやうある越なん那くしいつ

  るなむな越万こと能ゝ(ゝ=の)上手者さまことに
  みえわ可れ上手
ほ可れと・すミ可き
  尓
えら者れて・つき/\尓さら尓おとりまさるけちめ
  布としも
みえわ可れすかゝれとのみをよ者ぬ・本う
  らいのあらうみのい可れるいをの春可多可らく尓
」(17ウ・47F)

  

者遣しき个多ゝ(ゝ=の)可多ちめ尓みえぬお尓の可本
  なとのおとろ/\しくつ
くり多る尓ま可せて
  ひとき者め越とろ可して志ち尓は尓さらめとさ
  てありぬへし・よのつ
ねのの堂ゝすまひのな
  れ免尓ち可き
いゑゐあ里さ満个尓とみえ
  なつ可しく・や者らい(い=
ひ)堂る那とをしつ可尓可
  きませて・春くよ可な
らぬ遣しき・こふ可く
0135【すくよか】スクミタル心
  よ者那れて堂ゝみなし个ち可きま可きの
  うち越者そのしらひをきてなと越なむ」(18オ・47K)

  

す者いといきひ本ひこと尓わろ(ろ=ル)者をよ者ぬ
  可める・て越可き堂る尓も布可支こと者那くて
  こゝ可しこの
てむな可尓者しり可きそこ者可と那
  く个しき者める者うちみる尓可と/\しく个し
  き堂ち多れとな越万ことの
すち越こまや可尓
  可きえ多る者う者への
ふてきえてみゆれと・いま
  ひと堂ひとりならへてみれ者なをしちになむ
  よりける・者可那き堂尓可くこそれまして
  
・とき尓あ堂りて个しき者めらむみる」(18ウ・48B)

  

免のなさ遣越者え(え=エ)多のむましくおもふへえて
  ・その
者しめ能春き/\しくとも申侍らむ
  とてち可くゐよれ者・きみも
免さまし中将
  いみしく志んして・つ
らつゑ越つきて・む可ひゐ
  へり・の
里のしの者り・ときゝかせむ
  のちするも・可つ
者お可し遣れと可ゝるついて者・を
  の
/\むつこともえしのひとゝめすなむ・あ里遣
  る
・はやう・ま多い(い=イ)とらう尓・あ者れとお
0136【はやうまたいと下らうに】馬頭サキニト云詞也
  ふ人侍き・ゝこ(ゝこ=)えさせつるやう尓可多ちなといと」(19オ・48H)
0137【きこえさせつるやうに】マヘ品定ニ申ツル也

 

まお尓も(+ら)さりし可者・わ可支本と能すき尓は
  この
ひと(ひと=)越・とま里尓ともおもひとゝ免(+ラ)すよ
  るへとはな可らさう/\しくて・と可くまきれ者

へ里しをゑんし越い多くし侍し可はつきな
  く・いと可ゝらて・おいら可なら満し可者とおもひつゝ・
  あまりいとゆるしなくう多可ひしも
うるさくて・
  可く可す那らぬをみも者那多てなと可くしも

  おもふらむとくるしきお里/\も(+)しねん尓
  さめらるゝやう尓なむし・この・あるやう」(19ウ・48M)

  

とよりおもひい多らさり个る尓も・い可てこ
0138【いかてこの】馬頭也
  のの多免尓(+)い(い)となきてをい多しをくれ堂る
  すちの
をもな越くち越しく者みえしと
  者けみつゝと尓可く尓つ
遣て万めや可尓うしろみ
  ・つゆ尓ても
尓多可ふ者那くも可那とへり
  し本と尓・すゝめる可多とお
もひし可とゝ可(ゝ可=と可)く尓
  なひき(+
き)てなよひ(ひ=ヒ)ゆきみ尓くき可多ち越も・
  この尓みやうと満れむと・わ里那くお
もひつく
  ろひうとき尓みえ者お
もてふせ尓やハ(ハ=え)む

と」(20オ・49E)
0139【おもてふせ】面目モアルマシキ也

 

  者ゝ可り者ちて・みさ越尓もてつ遣て・み那るゝ
  まゝ尓・も个しう者あらすし可と・多ゝこの尓
  くき可多ひとつなむ
さ免すし・その可み
  (+
ツ)しやう・可うあな可ち尓し多可ひをち多
  る
な免れ(れ$)り・い可てこる者可りのわさしてをとし
  てこの
可多もすこしよろしくもなり・さ可なさも
0140【このかた】物ノ方
  や免むとて・万ことにうしなとも日て多えぬへ
  き个しきならは・可者可り・われ尓し堂可ふ
  らは日こりな
むとふ(ふ=ひ)へ(へ=ヒ)えて・ことさらにな」(20ウ・49J)

 

  さけなく・つれなきさ万越みせて・れいの者ら堂
  ちゑんするに(に=
を)可くおそましく者・いみしきちき
0141【おそましく】ヲソ/\シキ也
  里ふ可くとも堂えて・みし可き里とおも者ゝ可く
  わ里那きもの
う多可ひ者せよ・ゆくさきな可く
  みえむとお
も者ゝ・つらきあ里ともねむして
  な
の免尓日那里て・可ゝる堂尓うせ那者・いと
  あ者れとなむふへき・ひとなみ/\尓もなり・春
  こしお
と那ひむ尓そへて・ならふなくあるへ
  きやうなと・可しこくをしへ堂つる可那と・思給

て」(21オ・50A)

  

われ堂遣くい日(日=ひ)そ(+徒)し尓・春こしうちわらひて・よ
  ろつ
尓み多て那く・个那き本と越みすくして
  可春那るもやと・万つ
可多者いとのと可尓・日な
  されてやましくもあら須・つらき越志のひ
  て・日なお
らむお里越・みつ遣むと・ゝし
  可さねむ・あいな
多のみ者いとくるしくなむある
  へ个れ者・か多み尓そむきぬへき・ゝさみ尓な
むある
0142【かたみに】タカヒニ也
  とね多个尓いふ(+)尓・者ら堂ゝしくな里て・尓く遣な
0143【はらたゝしく】
  るとも越・い日者けまし尓・もえおさ免ぬ」(21ウ・50G)

  

すち尓ておよひ飛とつを・ひきよせてく日てハ(+ン)へ
  りしを・お
とろ/\しく可こちて・可ゝるきすさへ
  つ
きぬれ者いよ/\ましらひをすへき尓もあ
  ら須・者つ可し免める・つ可さくらゐいとゝしく
  な尓ゝつ
遣て可はめ可む・よ越そむきぬへき
  な(+
ン)めりな(+ン)といひをとして・さらは个ふこそ者
  可きりなめれと・この
よひ越可ゝ免てま可てぬ
    て越ゝりてあひみしこと越可そふれ者これ
    日とつ
や者きみ可うき布し」(22オ・50L)

  

えうらみしなと・いか(か=ヒ)れ者さす可尓うちなきて
    うきふし越日とつ
尓可そへきてこやき
0144【うきふしを】女返し
    み可て越わ可るへきお
  なといひしろひ志可と・万こと尓ハ・可ハるへき
  ことゝも
思給へ春な可ら・ころふる万て・せうそこ
0145【せうそこ】書ナラテ物イフヲモ消息ト云
  もつ可者さ須・あく可れ万可りありく尓・里(+)しの
0146【りむしのまつり】十一月午日
  まつりのてう可く尓・布遣ていみしうみそ
  れ布るよこれ可れ万可りあ可るゝ尓て・
  くらせ者な越いゑちと者む可多者・な可り」(22ウ・51D)
0147【又】まだトモ

 

遣り・うちわ堂りの堂ひね(+も)・すさまし可るへく・个
  しき者めるあ堂りは・そゝろさむくやと思給
  られし可は・い可ゝお
もへると・个しきもみ可てら
  ゆき越うち者らひつゝ(+
ま可てゝ)なまわろくつ免く
  者るれとさりともこよひころのうらみはと遣
  那むとお
もふへし耳本の可尓可へ尓そむ遣
  なえ多るきぬともの
あつこえ多るおほいなる
0148【あつこえたる】ワタノ入タル也
  こ尓・うち可けて・ひきあくへきゝ(ゝ=)可多ひら
  なとうちあ遣てこよひ者可りやと・まち个る」(23オ・51I)

  

さ万・され者よとこりする尓さうしみ者な
  し・さるへき女方とも者可りとまりて・おやのいゑ尓
  この
よさりなむ・わ多りぬるとこ堂遍はへり・えむ
  なるう多もよま須遣しき者免るせうそこも

  せていとひ多やこもり尓なさけな可里し可は
0149【ひたやこもり】ヤカテコモリワタル也
  あえ那きちしてさ可なくゆるしな可りしも
  をうとみねとふ可多のやあ里遣むとさ
  しも
へさりしなれとやましきまゝ
  に
しにきるへきつねよりもとゝめ」(23ウ・52@)

  

堂るいろあひしさま・いとあらま本しくて・さす可
  尓わ可みすてゝむ・のち越さへなむ・お
もひや里
  ・うしろみ多りし・さ里とも堂えて・日者那つ

0150【さりともたえて】女房ノ心ニ馬頭思タエマシト思カト思也
  やう者あらしとふ多まへて・と可くいひ
0151【かくいひ侍】男ヨリ云コト
  しを・そむきも勢須と(と$)堂つ年万とはさむと
  も
・可くれしのひ須・可ゝや可し可ら須・いらへつ
  堂ゝあ里し(+
)な可ら者えなむみすく春ましき
0152【たゝありしなから】女房ノカタカラ
  あら多免てのと可尓日なら者なむ・あひみる
  へきなと・い日し越・さりとも
日者那れしと」(24オ・52E)
0153【さりとも】男也

  

思給へし可は・志者しこらさむの尓て・し可あら堂
  免むともい者須・い多くひきて
しあひ
  堂尓・いとい多く日な遣きて者可那くな里
  尓し可は・堂者ふれ尓くゝなむお
ほえ者へりし・
  ひとへ尓・うち堂の
み堂らむ可多者・さ者可り尓
  てあ里ぬへくなむ思給へいてらるゝ・者可那き
  あ多をも・万ことの大事越もいひあ者勢堂
  る尓・可いな
可らす堂つ多ひ免とい者む尓もつ
  き那可らす・多な者多能て尓もおとるましく」(24ウ・52J)

  

その可多もくしてう累さくなしとて・い
  とあ者れといて堂り・中将その堂那者多の
堂ち
  ぬふ可多越のと免て・な
可支ちきり尓そあえまし・
0154【なかきちきりに】第十四段
  个尓その多つ堂ひ免の・尓しき尓はま多(ま多=)しく
  あらし・者可那き者那・もみちといふも
・お里ふしの
  いろあひ・つきなく者可/\し可らぬ者・つゆの者え
  なくきえぬるわさ・さある尓より・可多き
0155【かたき世とはさためかね】カタキ世ト云コトハ上品ヲ定カヌル也
  者・さた免可ね堂るそやと・い日者やし・さて
0156【さて又】第十五段
  おしころ・万可り可よ日し者・も堂ちまさ

り」(25オ・53B)
0157【おなしころ】馬頭

  

者せ万こと尓・ゆへあ里とみえぬへく・うちよみ者
0158【うちよみ】哥事
  しり可き可いひくつま越と・てつきくちつ
  み那・堂と/\し可ら須みきゝ王多りき・み
  る免も・こともな
し可は・このさ可那越・
0159【こともなく】難ナキ
0160
【このさかな物】サキノ女也

うちと遣多る可多尓て・とき/\可くろへ(+
  本とは・こよなくとまりき・この
うせて
  のちい可ゝ者せむあ者れな可らも
・すきぬる者・可ひ
  な
くて・志者/\万可りなるゝ(+満ゝ)尓は・すこしまハゆく
  えむ尓・このましきことは・免尓つ
可ぬある尓」(25ウ・53G)

 

  うち多のむへく者・みえす・可れ/\尓のみゝせ者へる
  本と尓・しのひて可者せるそあ里遣らし・
  な
のころ本ひ・もしろ可りし・うちより
  ま可て尓・あるうへきあひて・このくる万尓
  あひの里てれハ・大納言のいゑ尓ま可りとま
  らむとする尓・こ能いふやう・こよひまつらむ
  やとなむ・あやしくくるしき(+
とて)この(+の)者多
  よきぬなり个れ者あれ多るくつれよ里
  い遣の
・可个みえて・つき多尓やとるすみ可を」(26オ・53L)
0161【つきたにやとる】<合点>

  

すきむもさす可尓ておりぬ可し・もとよりさる
0162【おり侍ぬ】馬頭車ヨリ
  を可者せる尓やあり遣む・このとこい多く春ゝろ
  きて・可と・ち可支らうの・すのこ多つ
尓・し里可
  けて・と者可り(+
)みる・きくいと越もしろくうつろ
  ひ王多り(+
て)・尓き本へる・もみちのみ堂れなと・あ
  者れとけ尓みえ堂り・布ところな里遣る
布えと
  りいてゝ布きな
らし・よしと・つゝし里う
0163【景】<合点> カゲ
  多ふ本と尓・よくなるわこむ越・志らへとゝのへ堂り
  个る・うる者しく可きあ者勢堂りし本と遣しうハ」(26ウ・54C)

 

あらす可しりちのしらへ者・や者ら可可き
  ならして・すのうちよりきこえ多るも・いま免き
  堂るのこゑなれ者・きよくすめる尓お

  里つきな可らす・おとこい多く免てゝ・すのもと
  尓あゆみきて・尓者能もみちこそ布みわ遣堂る

  あとも那遣れなと・ね多万須・きく越ゝ里て
    ことのねも
)もえならぬやと那可らつれ
0164【ことのねも】カヨフ男
    なをひきやと免遣る
  わろ可免りなといひて・いまひとこゑ・きゝ者やす」(27オ・54I)

  

へきのある(+尓)・のこいそなと・い多くあされ
  かゝれ者(+
)い堂うこゑつくろひて
    こ可らしに布きあ者須免る布え能ねを
0165【こからしに】女返シ
    ひきとゝむへきことのハそなき
  と那ま免き可者すに・ゝくゝなるをもしらて・
  さうのこと越・者んしきてう尓志らへて・いま免
0166【又さうのことを】
  可しく・可いひき堂るつまをと・可と那き尓者あ
  らねと・万者ゆ支ちなむしし・堂ゝとき/\う
  ち可多らふつ可へなとの・あくまてされ者み」(27ウ・55@)

  

すき堂る者・さてもみる可き里は・お可しくもあ
  里ぬへし・時/\尓ても
・さ累ところ尓て・王すれぬよす
  可と思給へむ尓者・堂の
し遣那く・さしすくい多りと
  越可れて・そのよ能尓ことつ
遣てこそ万可り多え
  尓し可このふ多つ
のことをゝもふへあ者する尓わ可
  きときの尓多尓さやう尓もていて多ることは(+
いと)あ
  やしく堂のもし遣那くお
ほえき・いまよりの
  ち者ましてさのみなむ思給へらるへき・御心まゝ
0167【御】
  尓おらはおちぬへき者きのつゆ日ろ者ゝきえ」(28オ・55F)

  

なむ登み(+ゆ)累・まさゝのうへあ者(者=ら)れなとの・えむ
0168【たまさゝのうへ】<合点>
  尓あえ可なる・春き/\しさのみこそお可しくお
  ほさるら免・いまさりともなゝとせあまり可本と尓
  ・お
ほしゝ里者へなむ・な尓可し可いやしきいさ
  め尓て・すき堂者免らむを可せへあや
0169【すき】数寄
  あや(あや)まちして・みむ(のイ)・可多くなゝるをも

多てつへき物也といましむ・中将れいのうなつく・き
0170【中将れいの】第十二段<>
0171
【きみ】源氏
  み春こし可多ゑみて・さ累(事=こと)とはおほすへ可
  めり・いつ
可多につ遣ても王ろく・者し多那可り遣る・」(28ウ・55K)

  

可多り可なとて・うちわらひお者さうす・中将
0172【おはさうす】オハシマス也
  な尓可しは・しれ(+のゝ)・可多り越せむとていとしのひて
  みそ免堂りしの・さても
みつへ可りし遣者ひ
  な
りし可はな可らふへきとしも思給へさ里し
  可とな
れゆくまゝ尓・あ者れとおほえし可は・堂
  え/\わ春れぬもの尓思給へし越・さ者可り尓な

  者うち多の免る个しきも
みえき多のむ尓つ
  遣て者うらめしと思事あらむと・な可ら
  お
ほゆるお里/\もしをみしらぬやう尓て」(29オ・56C)

  

ひさしき・と多えをも・可う多まさ可なるとも
  多ら須・多ゝあさゆふ尓もてつ
个多らむあ里
  さま尓みえて・くるし可りし可は・多の免王多る
  こと那ともありき可し・お
やもなくいと本そ
0173【おやもなく】女ノ有様
  遣尓て・さらは・このこそ者と尓ふれて・お
  へるさま(さま=
けしき)も・らう多遣那りき可うのとけき尓
  お多しくてひさしく万可らさりしころ・このみ
0174【このみ給ふるわたりより】四君方ヨリ
  ふるわ多りよりなさけなくう多てある
  那む・さる多よりありて可すめい者せ堂り个る・」(29ウ・56H)

 

のち尓こそきゝし可・さるうきやあらむと
  もしらす・尓者わすれす那可ら・せうそこなとも
  せて・日さしくし尓・む遣尓日し本れて
  本そ可り遣れ者お
さ那きともあ里し尓・
0175【おさなき物なとも】玉カツラノ内侍ノカミト後ニミエケリ
  わつらひて・なてしこのハ那越ゝ里てをこせ
  りしとて・な
み多くみ堂り・さてそのふみのこと
0176【なみたくみたり】中将
  者ゝとゝひへは・いさやことなる可りき/や
0177【いさや】中将
    可つ可き本あるともお里/\尓あ者れ
0178【山かつの】
    盤可遣よなてしこのつ遊」(30オ・56M)

  

もひいてしまゝ尓万可り堂里し可ハ・れいのうらも
  なき可らいと物思可本尓てあれ多るいゑのつゆ
  し个きをな可免て・むしのね尓き本へる个
  しきむ可しもの可多り免きてお
ほえ
    佐きましるいろ(いろ=
イ)はいつれとわ可ねとも
0179【さきましる】中将返シ
    なをとこ尓()那つ尓しくそな
  と那てしこ越者佐しをきて・万つ
ちりを

0180【ちりをたに】―\<合点>ちりを多尓春へしとそおもふ/しより/いもと王可ぬるとこ(付箋01

堂尓なとおやのをとる
    うち者らふそても
遣きとこ那つ尓」(30ウ・57E)
0181【うちはらふ】又女房

 

    あらし布きそふもき尓个りと者可
  那遣尓いひな
して・まめ/\しくうらみ多るさま
  も
みえす・なみ多越もらしおとしても・いと者つ
  しく・つ
ゝまし个尓万きら者し可くして・つ
  き越も
し里遣りとみえむ者・わ里那くゝる
  しきものと堂りし可は・や春くてま多と
  堂えをきし本と尓・あとも
那くこそ可き
  个ちてうせ尓し可・よ尓あらは者可那きよ尓そ
0182【又】マダ
  さすらふらむ・あ者れとし本と尓・わつら者し个尓」(31オ・57J)

  

万と者す个志きみえまし可は・可くもあく可ら

さゝ(ゝ$
  らまし・こよなきと多えを可須・さる尓し
  なして・な可くみるやうも
まし・可のなて
  しこの・らう多くし可は・い可て堂つ
ねむ
  と(+
ヒ)ふる越・いまもえこそきゝつ遣者へら
  ね・これこそのへ(ヘ=
ツ)る者可那き堂免しな免れ・
  つれな
くて・つらしと遣るもしらて・あ者れ堂え
  さ里しも
・やく那き可多なり遣り・いまやう/\
  わ春れゆくき者に・可れ者多・えしも者那」(31ウ・58A)

  

れす・おり/\・や里那らぬ・むねこ可るゝ・ゆふへ
  も
あらむとおほえ・これなむ・え多もつ
  しく・多のも
し遣なき可多なり遣る・され者
0183【されはかの】第十四段<>
  ・可のさ可那いてある可多尓・わ春れ可多个
  れと・さしあ多りてみむ尓はわつら者しく・よ(よ$

  よくせ須者・あき堂きことも
あ里なむや・
  ことのねすゝめ个む・可と/\しさも・すき堂
  るつ
ミをも可るへし・このころ(ころ=)もと那きも・う
  多可ひそふへ个れ者・いつ
れと・つゐ尓さ堂」(32オ・58F)

  

めすなりぬるこそ・世中や・堂ゝ可くこそ・とり/\
  尓くらへくるし可るへき・この
さま/\能・よき可
  きりをとり具し・な
ん春(+つ、つ$)へき・くさ者ひ・ませ
  ぬ者・いつ
こ尓可はあらむ・きち上天女をゝも
  ひ可遣むと春れ者本う遣つき・具すし可らむ
0184【くすしからむ】クスムコト
  こそ・わ日し可りぬへ个れとて・み那わらひぬ・
  志きふ可
トコロ)尓そ・个しきあることはあらむ・す
0185【しきふか所にそ】第十五段<>
  こしつゝ・可多りせとせ免らる・しも可志もの(の
  
)尓者・なてうこと可・きこしめし所侍らむといへ」(32ウ・58K)

  

と・のきみ・万免や可尓・をそしとせ免へは
  ・な尓越(+
可)・と里さむと免くら春尓・ま多
0186【なに事をとり】式部 第十六段
  文上・可しこき多免しを
  なむ見給へし・可のむまの
可みの申給へるや
  う尓・お
ほや遣こと越もいひあ者勢・王多くし
  さまの
尓すまふへきをきてをゝもひ
  免くらさむ可多も
・い堂りふ可く・さえのきは
  ・な
ま/\の者可せ・者つ可しくすへてくちあ可す
  へくなむ・らさ里し・それ者・ある者可勢の」(33オ・59B)

  

もと尓・可くもんなとしとて・万可り可よひし
  本と尓・あるしの
むすめとも・おほ可りときゝへ(へ=フ)て・
  者可なきつ
いて尓・い日よりてしを・おやきゝ
  つ遣て・さ可もていてゝ・可布多う多

0187【ふたつの道うたふ越きけ】−\<合点>
ふ越き个となむ・きこえこちし可と・おさ/\
  ・うちと遣てもま可らす・可の
やのこゝろを者ゝ
  可りて・さす可尓可ゝつらひし本と尓・いとあ者れ
  尓うしろみ・ねさめの可多らひ尓も・のさえ
  つ
き・おほや个尓つ可うまつるへき・みち/\しき」(33ウ・59H)

  

こと越ゝしへて・いときよけ尓・せうそこ布み尓
  も
・可んなといふ可き万せ須・むへ/\しくいひま
  者し尓・をのつ可ら・え万可り堂えて・その
  しとしてな
む・わつ可なるこしをれ布み・つく
0188【しとして】
  るなと・ならひし可者・いま尓そのんは
  ・王すれらねと・なつ可しきさいしと・うち多の
  まむ尓は(は$
)・むさいのひと・なまわろならむ布
  るまいなと(なと$
)みえむ尓・者つ可しくなむみえ
  し・まいて・きむ堂ちの多免者可/\しく・し」(34オ・59M)

  

多し(し$た)可なるうしろみは・な尓ゝ可せ佐せ
  者む・者可那しくち越しと・可つ
みつゝも・堂ゝわ
  可尓つき・すくせの
ひく可多(+へ)めれ・者(者$)をのこし
  も
むしさいなハゝへ免るとせ者・の
  こりをい者勢むとて・さて/\お可し可り遣る可那
  と・す可い者えな可ら・ハ那の王多り・越こつ

  きて・可多里那す・さていと日さしく万可らさり
  し尓・もの
ゝ堂より尓堂ちよりて者へれ者・つ年
  のうちと遣ゐ多る可多尓は者へらて・こゝろやま」(34ウ・60D)

  

しきものこし尓てなむ・あいて(+り)・布春ふる
  尓やと・お
こ可ましくも・よきふしなりとも
  思給ふる尓・この
さ可し・者多可ろ/\しきものゑ
  んしすへき尓もあらす・よの堂うり越とりて・う
  らみさり个り・こゑも・者やり可尓ていふやう・ころ・
  布日やうをもき尓多へ可ねて・こくねち(ち=
ツ)の・さ
  うやく越布くして・いとくさき尓よりな
む・え多い
  めん者らぬ・まのあ多りなら須とも・さるへ可らむ
  さうしらは・うけ多まハらむと・いとあハれ尓・むへ/\」(35オ・60I)

  

しくいひ(+リ)・いらへ尓・な尓と可は・堂ゝう遣多ま
  者りぬとて・多ちいて尓・さう/\しくやお
ほえ遣
  む・この
可・うせなむ尓・多ちよりへと・堂可や可尓
  いふを・きゝすくさむもいと越し・志者しや春らふ
  へき尓者多らね者・个尓その尓本ひさへ・者那
  や可尓堂ちそへるも・すへなくて・尓け免をつ可ひて
    佐ゝ可尓の
布るまひしるきゆふくれ尓
0189【さゝかにの】式部
    ひるますくせといふ可あやなさい可なる
  ことつ
个そやと・いひも者てす・者し里いて」(35ウ・61A)

  

ぬる尓をひて
0190【をひて】
    あふこと能よ越しへ多てぬならは
0191【あふことの】女返シ
    ひ累まもな尓可万者ゆ可らまし
  さ春可尓くちとくなとは・ゝつ(つ=
へ)りきと・しつ/\ニ(ニ=登)
  せは・きみ多ちあさましとて・そらとてわ
0192【きみたちあさましと思て】第十七段<>
  らひいつこのさる可あるへきおいら可尓・越尓とこそ
  む可ひゐ多らめむくつ
遣きこととつま者しきを
0193【むくつけき】オソロシキ心也
  して・い者む可多なしと式部を・あ者免・尓くみて・
  すこしよろし可らむせとせめへと・これ」(36オ・61F)

  

よりめつらしきハ佐ふらひなむやとてをり・すへて
0194【すへておとこもをむなも】馬頭
  おとこもをむ那も・わろ者(+ワ)わつ可尓・しれる可多の
  を・の
こりなくみせくさむとへるこそ・いと
  お
し遣れ三史五経の)みち/\しき可多越・あきら
0195【三史五経】<合点>
0196
【史】
  可尓さとりあ可さむこそ・あい・な(+可)ら免・なと可者
0197【行】ギヤウ
  とい者む可らに・よ尓ある・おほや遣王多くし
  に
个て・むけ尓・しらすい多らすしもあらむ・わ
  さとならひま年者ねと(+
も)春こしも・可とあらむ
  みゝ尓も免尓もとまること・しねん尓おほ可るへし」(36ウ・61K)

  

さるまゝ尓は・万ん那を・者しり可きて・さるましき
  とちの・ふみ尓・な可者すきて可きすゝめ多る
0198【とち】
  あなう多て・この可多)の多越や可ならまし可はとみ
  え多り・ち尓は・さしも
者さら免と・をのつ可ら
  こ者/\しきこゑ尓よみなされなとしつゝ・ことさ
  らひ堂り・(+
これハ)らうの尓も・おほ可るそ可し・う
  堂よむとお
もへるの・や可てう多尓まつ者れ・
  お
可しき布ること越も・者しめより・とりこみつゝ・す
  さましきお
り/\・よみ可け多るこそものしき」(37オ・62C)

 

  なれ・し(し=コト)せね者・那さけなし・え・せ佐らむ
  ・者し多那可らむ・さるへき・せちゑなと・五月
せち
  に
・いそき万いるあし多・な尓のあやめもしつめられ
  ぬ尓・え那らぬね越・ひき可遣・九日
えん尓・まつ
0199【えならぬ】エナラヌ夕立旦アリ
0200
【ねをひきかけ】菖蒲ノ哥ヲヨミカヘル也
0201
【九日】コヽヌカ
  可多きしのこゝろをめくらし・て(て$)いとまな
  おり尓きくのつゆ越・可こちよせな(+
ン)とやうの・
  き・いと那ミ尓あ者せ・さならても・をのつ可ら・遣尓
  のち尓へハ・お
可しくもあ者れ尓もあへ可り遣る
  の・そのお里尓・つきなく・免尓と万らぬな(+ン)と越・」(37ウ・62H)

  

越し者可ら須よみいて堂る・中/\心越くれてみゆ
  よろつ
尓・なと可はさてもとおほゆる・お
  可ら・とき/\王可ぬ者可りの
尓伝者・よし者み
  なさけ堂ゝさらむな
む・めや春可るへき・すへて
  尓・しれらむこと越も
・しらす可本尓もてなし・い
  者満本し可らむをも
・ひとつ布多つ・布し
  者・すくすへくなむあへ可り个るといふ尓も・きみ
  者・ひと日とりの
あ里さまを・のうち尓
  遣(+
フ)・これ者堂ら須さしすき堂ること那く・も」(38オ・62M)
0202【これは】藤壺ノコト
0203
【たらす】不足

  

のし个る可那とあり可多き尓も・いとゝむねふ多
  可る・いつ
可多尓・より・者つとも那く・者て/\ハ・あやし
  きとも
尓なりてあ可しつ可らうして・个ふ
0204【からうして】ヤウ/\シテ
  者の遣しきもな越れり可くのみ・こもりさ布
  らひ・も・大殿御心・いと越し个れ者万可てへり・
  お
ほ可多の个しき・の遣者ひも・けさや可尓・个多
0205【おほかたのけしき】アフヒノ上
  可く・み多れ堂るましらす・な越これこそは・
  かの人/\の・すて可多くとりいてし・万免ひと尓者・堂
  のまれぬへ个れとお
本す可ら・あまりうる者しき」(38ウ・63E)

 

  あ里さまのとけ可多く者つ可し个尓・しつま
  里へるを・さう/\しくて・中納言のきみ・つ可
  さなとやうのをしな
へ堂らぬわ可とも
0206【人】ウト
  堂者ふれなとの多まひつゝ・あつ万(万#)尓み多
  れへるあ里さまを・みる可ひあ里と
  こえ多り・おとゝも
王多りて・うちとけへれ者・
  へ多てゝお
者しまして・御物可多りきこえ
0207【御き丁】
  越・あつき尓と・尓可みへ者・人/\わらふあ那可まと
0208【あなかま】アナカシカマシ也
  て・个うそく尓より越者須・いとやすら可那る」(39オ・63J)

  

ふる万ひなりや・くらくなる本と尓・こよひな可
0209【なかかみ】<合点> 天一方事
  可み・うちよりはふ多可りて遣りときこゆ・さ可し
  ・れい者いみ可多な
里遣里・二条院尓もお
  しすちにて・いつく尓可・多可へむ・いとなやましき
  尓とて・お
ほとのこもれり・いとあしき事也と・これ
  可れきこゆ・きの可み尓て志多しくつ
可ふまつ
  るの・な
可ゝ者能わ多りなり(り=ル)いゑなむ・このころ
  せきいれて・すゝしき可け尓ときこゆ・いと
  よ可な
り・なやましき尓うしな可らひきいれ」(39ウ・64A)

  

徒へき(き)可らむ越との(+フ)・しのひ/\の可多ゝ可へ
  者・あま多あ里ぬへけ个れと・ひさしく本とへて
  王多りへる尓・可多ふ多遣て・ひき堂可へ・本可さ
  まへとお
ほさむ者・いと越しきなるへし・きの
  可み尓お
ほせ事給へハ・う遣多ま)者りな可ら・し里(里$
  そきて・いよの可みの
あそむ(む=ン)のいゑ尓・つゝしむ
  て・者うなむ万可りうつれるころ尓て・せ者き
  れ者・な免遣なるらむと・し
  堂尓な遣く越きゝ(+
フ)て・その・ち可(可)ゝら(ら$)むなむ(む$ル)」(40オ・64G)

 

  うれし可るへき・と越き堂ひね者・そろ
  しきちすへき越・多ゝそのきの・うしろ尓
  との多まへは・个尓よろしき越まし尓も
とて
  者しらせやる・いとしのひて・ことさら尓古と/\し
  可らぬ越といそきいてへハ・お
とゝ尓もきこ
  え者す・とも
尓もむつましき可きりして
  ・お
者しましぬ(+可ミ)・尓者可尓とわふれともきゝいれ
  す・心殿
日む可し越もて・者らひあ遣さ勢て・可り
0210【心】シン
  そ免のしつらひし多り・者えなと・さ」(40ウ・64L)

  

(るル)可多尓お可しく志なし堂り・ゐいゑ多つ
  し者可きして・せんさいなとと免てうへ堂り・
  春ゝしくて・そこ者可と那き・むしのこゑ/\き
  こえ・本堂るし个くとひま可ひて・お
可しき本と
  人/\わ多殿より・いて多るいつ
み尓のそきゐて・さ
  けのむ・あるしも
もとむこゆるきのいそ
0211【さかなもとむ】<合点>
  きあ里く本と・きみはのとや可尓な可免て・
  可ののしな
尓・とり(+)てゝいひし・このなみならむ
  可しとお
ほしいつ日あ可れる个しき尓・きゝをき」(41オ・65C)

  

へるむ春免なれ者・ゆ可しくて・見ゝとゝめ多ま
  へる尓この
尓しをもて尓そ・の遣者ひする・きぬ
  のをとなひ・者ら/\として・わ可きこゑとも尓く
  可ら須さす可尓志の日て(+
いひえ)わらひなとするを(を$け者ひ)・こと
  さらひ堂り・可うし越あ遣多り遣れと・可み・
  しとむつ可りて・お
ろしつれ者・ともし堂るす
  き可け・さうしの・可みよりも里多るに・やをら
  よりてみゆやとお
ほ勢と・ひまも(も=し)な遣れ者・し
  者しきゝ尓・このち可きもや尓つ
とひゐ多累」(41ウ・65H)

  

なるへし・うちさゝめきいふとも越きゝ
  は・わ可うへなるへし・いとい多う万免多ちて・ま多き
  尓やむことな
きよす可さ多まりへるこそ・さう/\
0212【よすか】<合点> 人ノメヲ云
  し可免れ・されと・さるへきくま尓はよくこそ可く
  れあ里きなれな
といふ尓も・おほ春ことのみ・
0213【おほすことのみ】<合点> 藤ツホノ事
  尓可ゝりへ(+レ)者・万つむねつふれて・可やうのいて
  尓も・の・いひもらさむをきゝつ
遣堂らむ
  とお
ほえ・ことなる遣れ者・きゝさし堂
  まひつ
・しきふひめきみ尓・あさ可本」(42オ・66@)
0214【ひめきみ】<合点> 槿斎院ナリ源氏ニ心ツヨクテヤミニシ人也

  

多て万つり多まひし・う多なとを・すこし本ゝゆ
  可免て・可多るも
きこゆ・くつろき可ましく・
0215【くつろきかましく】<合点> カル/\シクシトケナキ心也
  う多すし可ち尓もある可那(+と)な越みをとり者・し
  なむ可しとお
ほす・可み・いてきて・とうろ可けそへ・
0216【かみ】<合点> 紀伊守
  あ可く可ゝけなとして・く多者可り万いれり
  い可尓そ者・さる可多能・もと那くて者・
0217【とはり長も】<合点>
  免さましきあるしならむとのへ者・な尓よ
  遣むとも・えうけ多ま者らすと・可しこまりて
  佐ふら婦・者しつ可多の
まし尓・可りなるやう尓て・」(42ウ・66E)

  

ほとのこもれ者・人/\(も)しつまりぬ・あ累しの
0218【あるし】<合点> 紀伊守
  ことも・お可し个尓てあり・わら者那る・殿上本と
0219【ことも】
  尓らむしなれ多るもあり・いよのす遣のこも
  あ里・あま多ある尓・いとけ者ひあて者可尓て・
0220【いとけはひあてはかにて】小君故衛門督丶子空蝉ノオト丶($
  十二三者可りなるもあり・いつれ可・いつれなとゝひ多
0221【十二三はかりなる】小君故衛門督ノ子空蝉ノオトヽ
  まふ尓・これ者・こゑもんの可みのすゑのこ尓て・
  いと可な
しくしける越・ゝさ那き本と尓・をく
  れて・あねなるのよす可尓かくてなり・さ
0222【よすか】タヨリ也
  え那とも・つ
きハへりぬへく・个しうはゝへらぬを・

とも」(43オ・66J)

  

思給へ可遣な可ら・す可/\しう者え・ましらひ
  らさ免ると春(+
ニ)・あ者れのや・このあねき
0223【あはれの事や】<合点> 源氏
  みや・まうとの・ゝちのおや・さなむすに・
  に遣那きお
やをもまうけ堂り遣る可那・
  うへ尓もきこしめ志をきて・つ可へ尓・い多し堂
0224【宮つかへに】<合点> 此女ヲ
  てむと・もらしそうせし・いか尓な里尓个むといつ
0225【いつそや】<合点> 御門
  そやの者せし・よこそさ多免なきものな
  と・いとをよすけの
多まふ・布い尓可くて侍也
0226【をよすけのたまふ】<合点> 思ノ外也
  世中といふ・さのみこそ・いまもむ可しも・さ堂」(43ウ・67A)

  

まり多る事侍ね(ね$ラヌ)・尓ついて(ついて$)もすくせ者・う可
  日(日=
ミ)多るなむ・あ者れ尓累なと・きこえ佐す・いよ
  のすけは可しつ
くや・きみとふらむな・い可ゝ
  は・王多くしの志うとこそ者(者$
(+ヘ)める越・すき/\
  しきことゝ・な尓可しより・者し免てうけひき者
  へら須・なむと春・さ里とも万うと多ちの
・つ
0227【さりとも】<合点> 源氏
  き/\しく・いま免き堂る(る$)む尓・おろし堂てむ
  やは・可のす遣は・いとよしあ里て・个しき者
  める越やな
と・もの可多りして(て=つゝ)・いつ可多尓そみ那」(44オ・67F)

  

しもや尓おろしぬる越・えや・万可りお里あ
  へさらむときこゆ・ゑひ春ゝ見て・みな
人/\すのこ尓
  布しつゝ・志つ
まりぬ・きみ者・と遣てもねられ
  者す・い多つらふしとお
ほさ累ゝ尓・免さめて・
  このき堂のさうしのあ那多尓・の遣者ひす
  る越・こ那多や・可くいふの・可くれ堂る可多な
  らむ・あ者れやと御心とゝ免て・やをらお
きて・堂
  ちきゝへ者・あ里つるこのこゑ尓て・もの

0228【ものけ給はる】<合点> ウケ給ルヽ也
  者る・いつく尓お者しますそと・可れ多るこゑの・お可」(44ウ・67L)
0229【いつくに】<合点> 老女房

  

しき尓ていへ者・こゝ尓そ布し多る・万らうとは・
0230【こゝにそ】コ君詞
0231
【まらうとは】女詞 源氏ノコトヲトフ也
  ね堂まひぬる可・い可尓ち可ゝらむと日(日)つる越・さ
  れと・遣と本(本=
を)可り遣りといふ・ね多り个るこゑの・し
  とけな
き・いとよく尓可よひ多れ者・いもうと
0232【いとよくにかよひ】<合点> サキノ十二三ノ子ニ似カヨフ也
0233
【いもうと】<合点> アネヲモイモウトヽ云
  ときゝ・ひさし尓そ・おほとのこもりぬる・
0234【ひさしにそおほとのこもりぬる】<合点> 源氏ノ事
  をと尓きゝつるあ里さま越・堂てまつ
  りつる・け尓こそめて多可里遣れと・みそ可尓いふ・
  ひるならまし可は・のそきてみ多て万つりてま
0235【ひるならましかは】
  しと・ねふ多遣尓いひて・可本ひきいれつるこゑ」(45オ・68C)

  

す・ね多う・とゝめても・とひき遣可しとあちきな
  おほす・まろ者ゝし(ゝし=
こゝ)尓ねらむ・あなくるしと
0236【まろは】<合点> 小君
  て・日可ゝけなとすへし・きみ者・堂ゝこのさう
  しくち・春ち可ひ多る本と尓そ布し多るへき・
  中将
きみ者・いつく尓そ・遣と越きちして・
  おそろしといふなれ者・な遣しのしも
尓・人/\
  布して・いらへ須・しも
尓(尓$や尓)ゆ尓おりて・堂ゝいま
  まいらむとといふ・み那しつまり堂る(多る=
ヌ)遣者ひ
  な
れハ・可遣可ね越み尓ひきあ遣へれ者・あ那」(45ウ・68H)

  

堂より者さゝさり遣り・きをさうしくち尓
  者多てゝ・者本のくらき尓みへは・可らひつ
・多
  つともを・ゝき堂れ者・み堂り可者しき
  王遣いり(+
てけ者ひ志徒る入給へ連ハ)へれ者(へれ者$)・堂ゝ日とり・いとさゝや可尓て布
  し多り・な
ま王つら者しけ个れと・うへなるきぬを
  しやる万ても
と免つるへり・中将免しつ
0237【もとめつる人】<合点> 中将君
0238
【中将】<合点> 源氏官中将也
  者なむ・しれぬ日のしるしあるちして
  との越・とも
可くも日王可れす・尓・をそハるゝ
  ちして・やとをひゆれと・可を尓きぬのさ者りて」(46オ・69@)

  

をとにも多て須・うちつ遣尓・ふ可ゝらぬの本とゝ・
  みらむ・者り那れと・ゝしころ日わ多る
  のうちも
・きこえしらせむとてなむ・可ゝる越
  里越まちいて堂るも・さらに・あさく者・あらし
  と・なしへハ(ハ$
と)・いとや者ら可尓のて・お尓可みも
  ・あらたつましき个者ひなれ者・ゝし堂那く・こ
  こ尓(+
の)ともえのゝしらす・ち者多わ日(日=ひ)しくある
  ましきへ者・あさましく・堂可へ尓こ
  そ・めれといふも
・いきのし堂・きえまとへ」(46ウ・69E)

  

る遣しき・いとくるしく・らう多遣なれ者・越可
  志とみて・多可ふへくもあらぬ・のしるへを・
  者須尓も・お
ほ免い可那・すき可ましきさ万
  尓者・よ尓(尓=
も)みえ多てまつらし・おもふ春こし・
  きこゆへきそとて・いとちゐさや可な
れ者・可き
  い堂きて・さうしのもと(+
ニ)いて尓そもと免つる
  堂つ
きあひ堂る・やゝとの尓・あやしくて・
  さくりより多る尓そ・いみしく尓本ひみちて・可
  本尓も・くゆり可ゝるちする尓・お
もひよりぬ・あさ

ましう」(47オ・69J)
0239【あさましう】<合点> 中将

  

こ者・い可なるそと・おもひ万と者るれと・きこえむ
  可多な
し・なみ/\のならはこそ・あらゝ可尓も
0240【なみ/\の人】<合点> 次々人也
  ひき可なくらめ・それ堂尓・のあま多しらむ者・
  い可ゝあらむ・
さ者きて・志多ひ(ひ=イ)き堂れと・ゝう
  も
なくておくなるおまし尓いりぬ・さうし越
  ひき堂てゝあ可む可へ尓・もの
せよとの
  者者・このらむさへしぬ者可り・わ里
0241【この人】<合点> 女中将
  那き尓・な可るゝまてあせ(せせ)尓なりて・いとなやま
  し个那る・いと越し个れと・れいの
いつこよりとうて」(47ウ・70B)
0242【いとをしけれと】<合点> 源氏

  

給事の者尓可あらむ・あ者れしらる(る$流ゝ)者可りなさけ
  なさけしく・のつ(つ=
ツ)く春へ可めれとな越いとあ
  さましき尓うつゝともお
ほえ須こそ可春那ら
  ぬ
からも・おほしく堂し遣る御心者えの本
  ともい可ゝあさく者・ふ多まへさらむ・いと可やう
  なる・き者ゝき者とこそ・へ(+
ル)なれとて・可くを
  し堂ちへるを布可くなさけな
く・うしと
  いり多るさまも・个尓いと越しく・者つ可しき
  个者ひなれ者・そのき者/\を・ま多しらぬうひ」(48オ・70G)
0243【そのきは/\】<合点> 源氏

  

そや・中/\をしなへ堂るつ(つ=ふ)ら尓・なしへる
  なむう多てあり遣る・をの
つ可らきゝ多まふや
  うも
あらむ・あ那可ちなるすき者さらにな
  者ぬを・さるへき尓や・个尓可くあ者められ(れ=
ふ)・多て
  万つるもこと者りなる・万とひを・つ可らもあやし
  きまてなむなと・万め多ちてよろつ
尓のへと・
  いと多くひなきありさまの・いよ/\うちと遣
  きこえむわ日し个れ者・すくよ可尓・
きな
  しと者みえ堂て万つるとも
・さる可多の・いふ可ひ」(48ウ・70L)

  

き尓て・すくしてむとて・つれなくのミもて
  那し堂り・可らの
堂をやき堂る尓・つよき
  越しゐてく者へ堂れ者なよ堂遣の
ちして・
  さす可尓お
るへくもあら須・万ことにやましくて
  あな可ち那る・御心者え越・いふ可多なしと日(+
)・な
  さまなといとあ者れくるしく者あれと・みさら
0244【心くるしく】<合点> 源氏
  まし可は・くち越し可らましと・おほ須なくさめ可
  多く・うしとへれ者なと・可くうと満しき
  しも
・おほすへき・おほえなき佐まなるしも」(49オ・71C)

  

こそ・ちきりあるとは・日堂ま者免・むけ尓
  よ越しらぬやう尓・をほゝれ
む・いとつ
  きとうらみられて・いと可く・うきの本とのさ多
0245【いとかく】<合点> 女
  まらぬ・あ里しな可らの尓て・可ゝる御心者え越
  みまし可は・あるましき・堂のみ尓てみな
  お
・のちせ越も(越も=モヤト)・思給へなくさめましを・
0246【のちせをも】<合点>
  いと可う可りなるうきね能本と越思侍尓・多く
  ひなくお
もふへ万とはるゝ・よしいまは・
0247【みきとなかけそ】―\<合点>
  きと可个
て・へる佐ま・个尓いとこと者り」(49ウ・71I)

  

な里をろ可ならすちきりなくさめことお
  ほ可るへし・と里もなきぬ・人/\越きいてゝ・
  いと・いき多な
可り遣る可那・くる万ひき
0248【いきたなかりける】<合点> ツヨクネラレタル也
  いてよなといふ・可みも・いてきて・なとの可多
  多可へこそ・よふ可く・いそ可せへき可者那といふ
  もあり・きみは・ま多可やうのつ
いてあらむ
  も
・いと可多く(く$し)・さし者えて者・い可て可ふみな
  とも可よ者むことの・いとわ里那き越・お
ほす
  尓・いと・むねい多し・お
くの・中将もいてゝ・いとくるし」(50オ・72@)

  

可れ者ゆるしても・ひきとゝ免多まひつゝ・
  い可て可きこゆへきよ尓しらぬ御心のつらさも・あ
  者れも・あさ可らぬ・
)のいて者・さ万/\めつら可な
  るへき・堂免し可な
とて・うち那き个しき・いと
  なま免き堂り・とりも
し者/\なく尓・あ者多ゝ
  しくて
    つ
れなき越うらみも者てぬしのゝめ尓
0249【つれなきを】源氏
    と里あへぬ万ておとろ可すらむ女身のあ里
  さま越お
もふ尓・いとつきなくま者ゆきち」(50ウ・72F)

  

して・めて多き・もて那しも・な尓ともおほえす
  つ
ね者・いとすく/\しく・きなしとあなつる・いよ
  の可多の
(のミ)やられて・ゆめ尓やみゆらむと・そらおそ
  ろしくつ
ゝまし
    
うさ越な遣く尓あ可てあくる
0250【身のうさを】女返し
    とり可さねてそねもな可れ遣る
  ことゝあ可くなれ者・さうしくちまて・をくり
  うちも・とも・さ者可し个れ者・ひき堂てゝ・わ可れ(+

  本と・本そくつるせきみえ多り・なをし」(51オ・72J)
0251【へたつるせき】<合点>

  

なときて・み那見の・可うらん尓し者し・うち那
  可免・尓しをもての
・可うしそゝきあ遣て・人/\
  のそくへ可める・すのこの
の本と尓・多て堂るこさ
  うしの可みより・本の可尓みえへるあ里さま越・
  尓しむ・者可りへるすきともあめり・
  あ里阿遣尓て・日可りおさまれる可ら・可本(本
遣歟)个さ
  や可尓みえて・中/\越可しきあ遣本の
・な尓
  そらの
遣しきも・堂ゝみる可らえむ尓も・すこ
0252【えむに】
  くもみゆる个り・しれぬ御心尓者・いとむねい堂」(51ウ・73B)

  

く・ことつてやらむ・よす可堂尓なき越と可へり
  可ち尓て・いてぬ・殿返給ても・とみ尓も・万
  とろ万れ者す・あひみるへき可多那き越・ま
  して・可の
布らむのうち(+を)い可ならむと
0253【かの人】<合点> 空蝉
  くるしく日やり・すくれ多る者な遣れと・免
  や春く・もてつ
个ても・ありつるな可の志な可那・
  くまなくみあつ
免多るい日しことは・个尓と
  お
ほしあ者勢られ个り・この本とは・大殿尓のみ
  お
者します・なをいと可き堂えて・ふらむ」(52オ・73G)
0254【いとかきたえて】<合点> 空蝉

  

いとおしく・御心尓可ゝりてくるしく・おほしわひて
  きの可み越めした里・かの
あ里し・中納言のこ者・え
0255【中納言】右衛門督同人也
0256
【こは】小君
  佐せてむや・らう多遣尓みえし越・ち可くつ可ふ
  尓せむ・うへ尓も・われたて万つらむとの
多まへは・
  いと可しこきお
ほせ(+ル)なり・あねなる尓・の
  多まひみむとすも・むねつ
布れておほせと・
  その
あねきみ者朝臣・おとうとやも多るさも
  ら須・この年ん(年ん$
とせ)者可りそ・可くてものへれと
  お
やのをきてに・多可へ里とおもひな遣きて」(52ウ・73L)

  

ゆ可ぬやう尓なむ・きゝふる・あ者れのや・よろ
  しく・きこえしそ可し・万ことによしやとの
へ者
  遣しう者ゝへらさるへし・もて者那れて・うと/\し
0257【もてはなれて】紀伊守詞
  く(く=ウ)へれ者・よの多とひ尓て・むつら須と
  す・さて五六日あ里てこのこ・ゐて万いれり・こ万や可
  尓・お
可しと者な遣れと・なまめき多るさまし
  て・あてとみえ堂り・めしいれて・いとな
つ可しく可多
  らひ・わら者ち尓・いとめて多くうれしとふ・い
  もうとのきみの
・く者しくとひ・さるへき」(53オ・74D)

  

者いらへきこえなとして・者つ可し个尓しつまり
  堂れ者・うちいて尓く志・されといとよくいひしら勢
  ・かゝることこそ者と・本の
うるも・日の本可なれと・
  お
さなち尓・布可くしも堂とら須・御文をもて
  き堂れ者・あさましき尓・な
み多もいてきぬ
  このこの
もふらむも・者し堂那くて・さす可尓
  ふみをゝも可くし尓・日ろ遣堂り・いとお
ほくて
    みしゆ免越あふよあ里やとな遣くま尓
    免さへあ者てそころも
へ尓遣る」(53ウ・74I)

 

  ぬるよな遣れ者なと・免もをよ者ぬ可き佐
0258【ぬるよなけれは】<合点>恋しさのなにゝ徒个て可な/くさ満ん/多(多$)に(にモ)ミえ春ぬるよな个れハ/レテモアル(付箋02
  まも・き里ふ多可りてえぬ・すくせうちそへり个る
0259【きりふたかりて】目モキリテ
  (+)・おもひつゝ遣て布しへり个る(个る)ま多のひ・
  こきみ免し堂れ者・万いるとて・御返こふ・可ゝる
  御文みるへきもなしときこえよと・のへ者・う
  ちゑみて堂可ふへくも・の
者さりしを・い可ゝ

さ者さむといふ尓・やましく・のこり那くの
  堂ま者勢しらせて遣ると・おもふ尓つらき
  可き里なし・いて越よすけ堂る
は・い者ぬ

そよき」(54オ・75A)

 

  さ者・な万いり)そと・むつ可(+)れて・めす尓者・い可て可とて
  万いりぬ・きの可みすき尓・この
まゝ者ゝ能あ里さ
  まを・あ多らしきもの尓て・つ
いそうしあ里遣
  は・このこ越・もて可しつきてゐてあ里く・きみ
  免しよ勢て・きの
ふまちくらしゝを・なをあひ
  ふましきな
免りと・ゑんしへは・可本うちあ
  可めてゐ多り・いつらとの堂まふ尓・し可/\とすに
  いふ可ひな
や・あさましとて・へり・あこ
  者しらしな
・そのいよの・おき那よりはさき尓」(54ウ・75F)

  

みしそ・されと・堂のもし遣那く・ゝひ本そし
  とて・ふつゝ可な
るうしろみまうけて可くあなつ
0260【ふつゝかなる】<合点> ケスシキ也
  りな免里・さりとも・あこ者・わ可こ尓てを(を$)あれ
  よ・こ(こ=
か)のたのもし人者・ゆくさき・みしかゝりな
  との
へ者・さもやあ里遣むい見し可り遣る
  可な
へる・お可しとおほす・このこ越・万つ者し
  て・うち尓もゐて万いりなとし・わ可
)みく
  し遣殿尓の
堂まひて・さうそくなとも
  せ佐せ・万こと尓おやめきてあつ可ひふみ者」(55オ・75K)

  

年尓あ里・されとこ能こもいと・おさ那し・より
0261【されと】
  本可尓・ちりもせは・可ろ/\しき・さへとりそへむ・
  の
ほえ越・いとつきな可るへくへ者・免て多き
  ことも
・わ可可らこそとて・うちとけ多るいらへ
  もきこえす・本の可な
里し遣者ひあ里さま
  者遣尓那へて尓や者と・いてきこえぬ尓はあ
  らねと・お
可しき佐まを・みえ堂て万つりても・な
  尓ゝ可者・那るへきなと・可へ須なり遣り・きみ
  者お
ほし・をこ多るのまもなく・くるしく」(55ウ・76C)

  

も・こ飛しくも・おほしいつへりし気しき
  なと能・いと越しさも
・者る遣む可多なく・お
  し王多る・可ろ/\しく・者ひまきれ堂ちよ
  り者むも
免し遣可らむところ尓・ひんな
  布る万ひやあら(+
者れ)むと・日との堂免も・いとおしく
  とお
ほし王つらふ・れいのうち尓・可すへころ・
  さるへき可多の・いみ・万ちいて堂まふ・尓者可尓・万
  可て万ねして・の本とよりお
者しまし堂り・
  きの可みお
とろきて・やりの免(+い)本くと・可しこ万り」(56オ・76H)

  

よろこ布・こきみ尓は(は$)日る(日る=ヒル)より・可くなむ・
  れるとの(+
ヒ)ちきれり・あ遣くれまつ者し・ならし
  遣れ者・こよひも・まつ免しいて多り・も・さ
  る
うそこあり遣る尓・おほし多者可りつらむ
  本と者・あさくしも
なされねと・さりとて・う
  ちと遣・个那きあ里さまを・みえ多て万つりて
  も
あちきなく・ゆめのやう尓て・すき尓しなけき
  越やく者へむと・み多れて・なをさて万ち
  つ
遣・きこえ(+さ勢)む・ま者ゆ遣れ者・こきみ可」(56ウ・76M)

  

いてゝいぬる本と尓・いと遣ち可遣れ者・可多者ら
  い多し・なやまし个れ者・しのひて・うち多ゝ可せ
  なとせむ尓・本と者那れてをとて・わ多殿中将
  とい日し可・つ
本年し堂る可くれ尓・うつろひぬ・さ
  るして・とくしつめて
うそこあれとこき
  み者(+
え)多つねあ者須・よろつ・もと免あ里き
  て・わ多殿尓わ遣いりて・可らうして多とりき堂り・
  いとあさましくつ
らしとて・い可尓可ひなしと・
  お
ほさむと・なきぬハ可りいへ者・可く个し可らぬ)」(57オ・77D)

  

者え(者え$)はつ可ふ可・おさ那きの・可ゝる・い日(日=ひ)つ
  堂ふる者・いミしくいむなるをとい日をとし
  て・ちなやまし个れ者・人/\さけすをさへさせ
  てな
むときこえさ勢よ・あやしと・堂れも/\
  みるらむとい日者那ちて・のうち尓は・いと可くし
  な
さ多まりぬるの・お本え那らて・すき尓し
  お
やの遣者ひと万れる布るさと那可ら・堂
  まさ可尓も・万ちつ
遣多て万つらは・お可しうも
  やあらまし・ゝゐて日しらぬ可本尓み遣つ
」(57ウ・77I)
 

い可尓本としらぬやう尓おほすらむと・な可らも
  ・むねい多く・さ春可尓日み多る・とても可くても
  いま者・いふ可ひな
きすくせ个れ者・むしむ尓
  つ
きなくて・やみなむと者て多り・きみは
0262【きみは】源氏
  い可尓・多者可りなさむと・万多・越さ那き越・うし
  ろ免多く万ちふしへる尓・布ようなるよし
  をきこゆれ者・あさましく・めつら可なり遣る
  の本と越・
いと者つ可しくこそなりぬれと
  いと・/\お
しき个しき・と者可りもの者須」(58オ・78A)

 

  ・い堂くうめきてうしとおほし堂り
    者ゝきゝの
をしらてそ能者らの
0263【はゝきゝの】源氏
    あやなく万とひぬる可な
  きこえむ可多こそな遣れと・のへり・もさ
  す可尓万とろ万さり个れ者
    可春那らぬ布せ
や尓おふるうさ尓
0264【かすならぬ】空蝉返し
    ある尓もあら須きゆる者ゝ
  ときこえ堂り・こきみ・いと・/\越しさ尓・ねふ

多くもあらて・万とひあ里く越・あやしと」(58ウ・78F)

 

  みるらむと(+イ)・わ日・れいの人/\者・いき多那き尓・ひ
  と春ゝろ尓・春さましくお
ほしつゝ遣らる
  れと・尓ゝぬさま能・な越・きえす多ちの
0265【人にゝぬ】女ノコト
  本れり个ると・ね多く・可ゝる尓つ遣てこそ・
  とまれと・可つ
者おほしな可ら・めさ満しく
  つ
ら遣れ者・さ者れとおほせとも・さもほし
0266【さはれと】<合点> サラハニテアレトイフ心也
  者つましく・可くれ堂らむ尓・な越ゐてい遣・
  との
へと・いとむつ可し个尓さしこ免られて・
  あま多めれ者・可しこ个尓ときこゆいとお
しと」(59オ・78L)

  

もへり・よしあこ堂尓なすてそとの多万ひて
  ・可多者ら尓布勢へり・わ可くな
つ可しき
  あり佐まを・うれしくめて多しとおもひ堂
  れ者・つ
れなよりは中/\あ者れ尓おほさ
0267【つれなき人】<合点> 空蝉
  るとそ」(59ウ・79@)

 

【奥入01万とのうちなるほとハ
     長恨哥
     楊家有女初長成 養在深宮人未識

伊行注
【奥入02かす可のゝわ可むらさきのすり
     しのふの
み多れ可きりしられす
【奥入03志可りとてとすれ者可ゝりかくすれハ

あないひしらすあふさきるさ尓」(60オ)

 

【奥入04はちすハの尓こり尓し万ぬもて
     な
尓可ハつゆを多万とあさむく
【奥入05観身岸額離根草 論命江頭不繋舟
【奥入06飛きよせ者多ゝ尓ハよらて春駒

     つなひきするそな者多つときく
【奥入07あす可尓やとりハすへしかけも
よく
     みも
日もさむしみ万くさもよし
【奥入08いつら尓可やとりとな
らむあさひこの
     さすやを可への多まさゝのうへ」(60ウ)

 

【奥入09ちりを多尓すへしとそさきしより
     いも
とわ可ぬるとこなつの
【奥入10それを多尓ふことゝてわ可やとを
     きとな
かけそのき可く尓
【奥入11あふさ可のをハ多のみてこし可とも
     へ多つるせきのつらくもある可那
【奥入12こひしきをな尓ゝつ个て可な
くさ万む
     多尓みえすぬるよな
けれハ
     すゝ可いせをのあ万のぬれ
     志本な
れ多りとるらむ(空蝉01 竄入)
     とり可へす尓も可那や世中
     ありしな
可らのわ可とおも者ん(空蝉02 竄入)」(61オ)

 

【奥入13風俗
     たれのかめをな可尓すへてあるし者もや
     さ可那もり尓佐可那もとめ尓こゆるきのいそ尓

わ可めかりあけ尓
【奥入14催馬楽
     我家ハと者り
多れ多るをおほきミき万せ
     むこ尓せ
むみさ可な尓な尓よ个むあハひさ多を可
     かせよ个んあは飛佐多を可かせよ个む

【奥入15二道
     父家居住
せハ孝心可有男家居住せハ
     嫂仕せよといふ事也」(61ウ)

 

【奥入16三史 史記 漢書 後漢書
     五経 毛詩 礼記 左伝 周易 尚書
     三道 紀伝 明経 明法
                已上伊行所注也

【奥入17布多つのみち 両途
     文集 秦中吟
     天下無正声 悦耳即為娯 人間無正色
     悦目即為妹
<カホヨキ> 顔色非相遠<ヒカレル> 貧富則有殊<ナルコト>
     貧為時所<ラル>弃 富為時所<ラル>趁 紅楼富家女」(62オ)

     

金縷繍羅襦 見人不斂手 矯癡二八(二八=十六)
     母兄未開口 已
<><テハ>不須臾 緑窓貧家女
     寂寞二十余 荊釼不直銭 衣上無真珠
     幾廻人欲娉
<ヨハムト> 臨日又踟躊 主人会良媒
     置酒満玉壺 四座且勿飲 聴我歌両途
     富家女易
<ヤスシ>嫁 嫁早軽其夫 貧家女難嫁
     嫁晩孝於姑
<シウトメ> 聞若欲<ナラハ><トラムト>婦 娶<トラムコト>婦意女何」(62ウ)

 

(白紙)」(後見返)