First updated 02/24/2003(ver.1-1)
Last updated 11/02/2016(ver.2-3 凡例5 修正)

桐壺

 

【概要】

・明融臨模本「桐壺」帖(東海大学桃園文庫蔵)は全文定家親筆本「桐壺」を臨模した写本であると考えられる。

・引き歌を注記した付箋が9枚貼付されているが、その筆跡は本文筆写とは別の筆跡と見受けられる書体である。また定家の筆跡とも別書体である。

・本行本文中の引き歌付箋箇所には合点(掛け点)がある(97「なくてそ」、114「やみのうつゝには」、113「やへむくらにも」、142「心のやみも」、192「はねをならへ」、207「ともし火を」、203「あくるもしらて」、204「あさまつりことは」)。なお3丁裏7行目の付箋は誤って貼付されたものである。合点もない。

・奥入が存在するが、その筆跡は定家筆ではない。

・和歌の書写様式は、地の文から改行して和歌の冒頭を2字下げて書き出し、上句と下句との間で改行し、下句の頭は地の文の高さから書き(T類)、「和歌の末尾に地の文を直接続けて書く」という形式(A型@ABDF)と「和歌の末尾に地の文を直接続けるのではなく、以下を余白にして、改めて改行して地の文を書く」という形式(C型CEGH)の2種類の型である。

・行頭の隣行に同字が来た場合は別の種類の字母で書き分けられている(65「奈」・6「奈」、167「安」・8「阿」、231「以」・2「伊」、261「之」・2「志」、292「者」・3「波」)計5例。例外、1例(2512「遠」)があるのみ。

 

【凡例】

1.漢字は漢字のまま翻字し、他の変体仮名字母と区別するために太字で表示した。

2.通行の平仮名の字母はそのまま平仮名で翻字した。

3.変体仮名はその字母で翻字した。

4.片仮名はそのまま片仮名で翻字した。

5.仮名や字母の崩し方が複数ある文字については、一般的な字形を基準にして、それより元の漢字に近い字形には「と付記し、また一般的な字形とも異なった別の崩し字形には「と付記した。

6.本行本文は10.5ポイントで表示し、書入注記や付箋等は9ポイントで表示した。

 

「きりつ本」(題箋)

 

「上冷泉殿為和卿御息明融<定家卿字形/御似せ候哉>琴山(印)」(遊紙表貼紙)

 

  伊徒れの御時尓可女御更衣あ満多佐布
  らひ个るな可尓いとやむことなきゝは尓ハ
0001【いとやむことなきゝは】−きハめて上臈の品をいふ無止事と書
  あらぬ可春くれてめきあり个りはしめより
0002【すくれて時めき給ありけり】−桐壺更衣也
0003
【はしめより我はと】−桐壺更衣より前に入内して我こそ寵を得んと思也
  者とあ可りへる御方/\め佐ま志き
0004【御方/\】−弘徽殿の女御抔也
0005
【めさましき】−妬さま也
  もの尓おとしめそねみしほとそれより
0006【おとしめそねみ】−わひ消して妬む心也
0007
【おなしほと】−桐壺の更衣と同し位也
  らうの更衣多ち者満してや春から須
  あ佐ゆふの
徒可へ尓徒遣ても
0008【人の心をのみうこかし】−下臈の更衣嫉妬の心をうごがす也
  のみうこかしうらみをおふ徒もり尓やあり个ん」(1オ・5D)
0009【うらみをおふつもりに】−人の恨をおひぬれハ苦しき事ある習也

 

  伊とあ徒しくな里ゆき物心ほそ遣尓佐と
0010【いとあつしく】−更衣也
0011
【あつしく】−異例かち也
0012
【さとかちなるを】−里住がちにある也
  かちなるをいよ/\あ可春あ者れな尓お
0013【いよ/\あかす】−御門の御こゝろ
  ほしてのそし里をも(もえはゝからせ者す
  
堂めし尓もな里ぬへきてな
  かむたち免うへ
ともあいなくめをそ
0014【かむたちめ】−公卿をいふ也
0015
【うへ人】−殿上人をいふ也
0016
【あいなく】−あぢきなき心也 愛なき也
  者めつゝいと万者ゆきほえなりも
0017【いとまはゆき】−人のそねみてうちもむかはぬ形也
  ろこし尓もかゝることのおこり尓こそ
0018【かゝることの】−好色を愛する事也
0019
【おこりに】−起と驕と両儀也起よし
  み堂れあし可り个れとやう/\あめの志多尓も」(1ウ・5H)
0020【やう/\】−心をつくへし

 

  あちきなのもてなやみくさ尓なりて
0021【あちきなう】−セン方ナキ心也
0022
【くさ】−種
  楊貴妃の堂めしも飛きいて徒へく(く=う)なりゆ
0023【楊】−\<合点> アクル
  く尓・いと者し多なきことおほ可れとか多し
0024【かたしけなき御心はへ】−帝の御気色ひとつを頼むはかり也
  遣な御心者への堂くひなきをたのみ尓て
0025【御】−ミ
  満しらひ・ちゝ能(能$大納言者なくなりて者ゝ
0026【ましらひ】−交の字也
0027
【大納言】−ヂヤウ 津云よみくせ口伝あり
0028
【はゝ北の方】−更衣の母きたの方をいふ事也
  むい尓しへの人のよしある尓て・お
0029【人のよしあるにて】−故ありてたゝならぬ人にてといふ心也
0030
【おやうちくし】−句をきりてよむ也
  うちくし佐しあ多りて能おほえ者那や可な
0031【はなやか】−声花
  御方/\尓もい多うおとらす・な尓ことのきし

きをも」(2オ・5M)
0032【きしき】−儀式

  

てなし給个れと・ゝり多てゝ者可/\しき(き+)うしろ
  みしな个れ者(+
と)あるより本そ
0033【事とある時は】−と晴わさなとある時なるへし
  遣・佐きの尓もちきりや布可ゝり个ん
0034【さきの世にも】−\<合点>
  なくきよらなる堂万のをのこみこ佐へう万れ
0035【きよらなる】−清の字也 ほめたる詞也
0036
【たま】−玉
0037
【たまのをのこみこ】−光源氏也 誕生也
  日ぬ・い徒し可ともとな可らせていそき万い
0038【いつしかと】−御門御心也 いつかと云心也
0039
【まいらせて御覧するに】−源氏の君を御門の御覧する也
  らせて御覧する尓めつら可なるちこの可多ち
  な
り・のみこ者右大臣女御者ら尓てよせ
0040【よせ】−縁也
  越もくう多可ひなき満う个の尓もてか

しつきゝこゆれと」(2ウ・6D)

 

・この尓ほひ尓者ならひへくもあら佐り个れ
  者お
ほ可多のやむことなもひ尓て・この
  を者わ多くし物尓お
本しかし徒き給事かき
  里な
し(+者ゝ)者しめよりをしなへての・うへ徒可へ志
  へきゝは尓ハあら佐りき・お
ほえいとやむことな
  くすめ可し个れと・わ里なく万つ者させあ万り
0041【上すめかし】−シタリカホナル事也
  尓佐るへきあそひのお里/\な尓こと尓も
  へあることの布し/\尓者まつ満うの本らせ
0042【ふし/\】−節々
0043
【まうのほらせ給】−マイリノホル也
  ・ある尓者おほとのこもり春くしてや可て」(3オ・6I)
0044【おほとのこもり】−寝事也
0045
【やかて】−其マヽ宮ツカヱ給也

  

佐布ら者せ多まひなとあな可ち尓おまへさらす
  も
てなさせしほと尓をのつ可らかろき
  尓もえしを・このみこう万れてのち者いと
  こと尓お
本しをきて多れ者・尓もようせす
0046【坊にも】−東宮ヲ申也
  者このみこのゐへきなめりとのみこの女御
  お
ほしう多かへり・より佐き尓万いり
  やむことな
もひなへてならす・みこ多ちな
0047【やむことなき】−か春志らす可よ者ひを/の者へ徒ゝな多ゝるやとのつ遊と/ならな(付箋01
  とも者し万せ者この御方いさめをのミそ」(3ウ・7@)
0048【この御方の御いさめ】−更衣ノ御イサメ也

 

  わつら者しうくるしう日きこえ佐せ
  个る・かしこき可个を者堂のみきこえな
可ら
  お
としめきすをもとめ給人者おほく・わ可身ハ
0049【わか身は】−更衣
  かよ者く者可那きあ里さ万尓て中/\
  日をそしつ本ね者きりつ本あ万多
0050【御】−ミ
  の御方/\を春きさせてひ万なきまへわ
  多里尓御心を徒くしも个尓こと者り
0051【御】−ミ
  とえ多里・万うのほり多万ふ尓もあ万りうち
  しきるお
り/\者うちはしわ多とのゝ古ゝ」(4オ・7E)

  

かしこのみち尓あやしきわさを志徒ゝ・をくり
  む可への
のきぬの春そ堂へ可多くまさな
  こともあり・ある尓者え佐らぬめ多うのとを
  佐しこめこな
多かなをあ者せて者し多
  な
めわつら者せ給時もおほ可り・尓布れてかす
  志らすく累しきことのみ万され者いとい多う
  わひ多るをいとゝあ者れと御覧して・後涼殿
0052【涼】−ラウ
  より佐布らひ給更衣の佐うしをほ可に」(4ウ・7J)
0053【さうし】−ツホネ

 

  う徒させ多まひてうへ徒本ね尓たま者す・その
  満してやらむ
し・このみこみ徒尓な
  里給年御者可万きのことの多て万つりし
  尓お
とらす・くらつ可佐おさめ殿を徒くして
0054【おとらす】−ルケチメナク
0055
【くらつかさ】−内蔵寮
0056
【おさめ殿】−納殿
  いみしうせさせ・それ尓つ个てものそし
  里の
みおほ可れと・このみこのおよすけもてお
0057【およすけ】−オトナヒタル也
  者春る可多ち者へあり可多くめつらしき万て
  え多万ふをえそねみあへ多ま者す・
  こゝろし里給人者かゝる
尓いて」(5オ・8A)

 

  お者するり个りとあ佐ましき万てめをお
  とろかし・そのみやす者可那き
0058【みやす所】−桐壺更衣事
  心地尓わつらひてま可てなんとしをいと万
  佐らにゆるさせ者す・ころ徒ねのあつし
  さ尓なり多万へれ者めな
れてしはし
  よとのみの
多ま者する尓日々尓をもり
  堂ゝ五六日の本とにいとよ者うな
れ者・はゝ
  な
く/\そうして満可てさせ多て万つり多万ふ・」(5ウ・8E)

  

かゝるおり尓もある満しき者ちもこそと徒可日
  してみこを者とゝめ堂て万つりて志のひてそ
  いて・かきりあれ者佐のみもえとゝめさせハす
  ・御覧し多尓をくらぬお
本つ可な佐をいふ
  な
くおもほさる・いと尓本ひやか尓う徒くし遣
  なるのい多うお
もやせていとあ者れと
  日しみな
可ら尓いてゝもきこえやらす
0059【事にいてゝ】−\<合点>
  ある可なき可尓きえいりつゝも御覧
  春累尓きしゆくすゑお
本しめされす」(6オ・8J)

  

よろ徒のことをなく/\ちきりの多ま者すれと
  いらへもえきこえ者す・万みな
ともいとた
  ゆ遣尓ていとゝな
よ/\とわれ可の个しき尓て
  布し多れ者い可佐万尓とお
ほしめし万とハる
  ・てくる万の宣旨
との多ま者せてもいらせ
  てさらにえゆるさせ者す・かきりあらむ
  みち尓もをくれさき多ゝしとちきらせ个るを・
  佐里ともうちすてゝ者えゆきやらしとの
た万

者するを」(6ウ・9A)

  

いといみしと多て万つりて
0060【いみし】−フカキ心
    かき里とてわ可るゝかなしき尓
  伊可万本しき者いの
ちなり个り・いと可く
  堂万へ満し可はといきも堂えつゝきこえ万
  ほし遣な
者ありけなれと・いとくるし
  遣尓堂ゆけな
れハかくな可ら・ともかくもな
0061【たゆけ】−タヘカタキ也
  むを御覧し者てむとおほしめす尓・遣ふ
0062【けふはしむへきいのり】−更衣ノ里ニテノ御祈也
  者しむへきいのりとも佐るへき人/\う个多万

者れる」(7オ・9E)

 

こよ飛よりときこえいそ可せ者わ里なくお
  ほしな
可ら満可てさせ多万ふ・むね(+のミ)徒と布
  堂可りて徒ゆ万とろ万れす・あ可しかねさせ
  ・徒可ひの遊きかふ本ともな
き尓いふせ
0063【いふせさ】−不審也
  さをかきりなくの多ま者せ徒るを・夜中うち
  春くる本と尓な
む堂え者てぬるとてな
  佐者个者・つ可ひもいとあえ(え$
遍)なくてかへり万
0064【あへなくて】−センナキ心歟
  いりぬ・きこしめす御心万とひ・な尓ことも」(7ウ・9J)
0065【御】−ミ

  

ほしめしわ可れすこもりお者しま春みこは
0066【みこは】−源氏君三歳ノ時也
  かくてもいと御覧せ万ほし遣れとかゝる本とに
  佐布らひ・れいな
れ者ま可て
  むとす・な尓こと可あらむともおほし多らす
0067【なにことかあらむ】−御子ノ思心也
  ・佐布らふ人/\のなき満とひうへもみ多
  の
ひ万なくな可れお者し万すをあやしと
  多て万つりへるを・よろしきこと尓多尓かゝ
  累わ可れのかな
し可らぬ者なきわさなるを
  ・ましてあ者れ尓い布可ひな
し・かきりあれハ」(8オ・10A)
0068【ましてあはれに】−死別声ヲノム ナカレモセヌ也

  

れいのさほう尓おさめ多て万つるを・者ゝ
  お
し个ふりに(+)のほりなむとなきこ可れ
  てをくりの女房のくる万尓志多ひのり
  てお
多きといふ尓いとい可めしうそのさ本
0069【おたきといふ所】−御ヲクリノ女房車ニシタヒノリ給テ
  うしたる尓お者しつき多る心地い可者可り可ハ
  あり个むゝな
しきからをる/\お者する
  とお
もふ可いとかひな个れ者はひ尓な
0070【はひになり】−\<合点>
  多万者むを多て万つりていま者なと」(8ウ・10E)

  

飛多ふる尓りなんと佐可しうの多万ひつれ
  とくる万よりもお
ちぬへう万ろひへは
  佐者徒・可しと人/\
てわつらひきこゆ
  ・よりつ可ひあり三位のくら飛をくり
0071【三位】−ミツ
  よし勅使きてその宣命よむなんかな
0072【宣命よむ】−少納言墓所ニテヨムサホウアリ
  きことなり个る・女御と多尓い者せすなりぬる
  かあ可すくちお
しうお本さるれ者い万ひと
  きさみのを多尓とをくらせ
り个り」(9オ・10J)

  

・これ尓つ个てもにくみ給人/\ほかり物思
  志り者佐万可多ちな
とのめて多か里し
  者せのな
多ら可にめやすくにくみか多(か多$)可り
  しことなといまそお
ほしいつる・佐万あしき
  
てなしゆへこそ春けなうそねみ
  志可からのあ者れ尓な
佐遣ありし御心を・
  うへの女房
ともこひしのひあへり・なくて
0073【なくてそとは】−\<合点>ある者ありのすさひ尓にく可り/き/なくてそハこ飛し可りける(付箋02
  そと者かゝるおり尓やとえ多り・者可なく」(9ウ・11@)

  

ころすきて・のちのわさなと尓もこ満(+や)可尓
0074【のちのわさ】−弔ノ事也
  とふら者せ・ほと布る満ゝ尓せむ
  かな
しうお本さるゝ尓御方/\とのゐな
0075【とのゐ】−宿直也
  も堂えて(堂えて$)し者す堂ゝなみ多尓飛ちて
  あ可しくら佐せたまへハ多て万つるさへ
  徒ゆ个き秋也・なきあと万てのむねあ
0076【つゆけき秋也】−\<合点>
  くましかり个るほえかなとそ
0077【弘】−コウ
  徽殿と尓はゆるしなうの多万日个る・」(10オ・11D)

  

多て万つらせ尓もわ可こ飛
  し佐のみお
本しいて徒ゝ志多しき女房
  めのとな
とを徒可者しつゝありさまをきこ
  しめす・わき多ちて尓は可尓者たさむき
0078【野わきたちて】−清濁両説
0079
【はたさむき】−清濁両義清用
  ゆふくれのほと徒ねよりもおほしい徒ること
  お
ほくてゆ个ひの命婦といふをつ可者須・ゆ
0080【ゆけひの命婦】−左衛門女
0081
【命婦】−\<合点>
  布徒くよのお可しき本と尓い多し多てさせ
  てや可てな
可めお者しますかう(う=カ)やうのおりハ」(10ウ・11I)

  

あそひなとせさせし尓ことなのねを
0082【こと】−琴
  かきならし・者可なくきこえいつるの者も
  より者ことな
里しけ者ひか多ちの可个
  尓徒とそひてお
本さるゝ尓(尓$)も・やみのうつゝ尓ハ
0083【やみのうつゝにハ】−\<合点>む者多満のやみのうつゝハ佐多可/なる/尓いくらも万佐らさり个り(付箋03
  とり个り(り$流、流#)・命婦かしこ尓満(+可)て徒きて
  かと飛きいるゝより遣者ひあ者れ・やも

0084【かと】−門
0085
【ひきいるゝ】−車事也
  春みなれと飛とりのかしつき尓と可くつ
0086【人ひとりの御かしつき】−更衣一人ニテツクロイ給シ也
  くろひ堂てゝめや春きほと尓て春くしつる」(11オ・11M)
0087【めやすきほと】−目安程ハ無見苦ホト也<>

 

  ・やみ尓くれて布しゝ徒みへるほとにもた可
  くな
わき尓いとゝあれ多る心地して月影
  者可りそやへむくら尓も佐者らす佐しいり多る
0088【やへむくらにも】−\<合点>とふきやとなれとくるハ/やへむくら尓もさハらさり个り(付箋04
  ミ那み越もて尓おろして者ゝもとみ尓え
0089【とみに】−急
  もの多ま者す・いまゝてと満り可いとうきを
0090【とまり侍】−ナカラウルコト也
  かゝる徒可ひのよもきふの徒ゆわ个いり尓つ
  遣てもいと者徒可しうな
んとて・遣尓え堂ふ万
0091【たふましく】−堪マシキ也
  しくな・万いりて者いとゝくるしうきもゝ
0092【まいりては】−命婦詞
  徒くるやう尓なんと内侍のす个のそうし志」(11ウ・12E)

  

ふ(ふ$ひ)多まへしらぬ心地尓も个尓こそ
  いと志のひかたう个れとてやゝ堂めらひて
  お
ほせこと徒多へきこゆ・志はし者ゆめ可とのみ
0093【しはしは】−勅院
  多とられしをやう/\ひしつ万る尓しもさむ
  へき
く堂へ可多き者・い可尓春へきわさ尓可
  とも
とひあ者すへき多尓なきを志のひて
  者満いり日な
んや・わ可のいとお本つ可な
  徒ゆ个きな
可尓春くしくるしうお本さ
  累ゝを・とく万いりへな
と者可/\しうもの多万

者せ」(12オ・12J)

  

やら春・むせ可へらせつゝか徒者よ者く
  多てまつるらんとお
ほしつゝ万ぬ尓しもあら
  ぬ个しきのくるし佐尓う个多ま者り(+
も)者
  てぬやう尓てな
ん満可てぬるとて・布み多て
0094【御ふみ】−勅書
  万つるめもらぬ尓かくかしこきおほせこと
0095【めも見え侍らぬに】−母君事
  を飛可り尓てなんとて見給・本とへ者春こしう
  ち満きるゝこともやと万ち春くす月日尓そへて
  いと志のひ可多き者わ里な
きわさ尓なん・い者

けなを(を$も)」(12ウ・13A)

 

伊可尓と日やりつゝもろとも尓者くゝ万ぬお
  徒可な
さをいま者む可しのか多み尓なすら
  へても
し多満へなとこ満や可尓かゝせ多万へり
    宮木のゝ徒ゆ布きむすふのをと尓
  こ者き可も
とを日こそやれとあれと・え
  多万ひ者て春・いのちな
可佐のいと徒らう
  思給へ志らるゝ尓
者むこと多尓者つ
0096【松のおもはむこと】−\<合点> 北方住セ給アタリノ様也
  かしう思給れ者・もゝしき尓ゆき可ひ
  らむこと者満していと者ゝかりお
本くなん」(13オ・13G)

  

・かしこきおほせことを堂ひ/\う个多万者りな
  らみ徒可ら者えな
多万へ堂徒万しき・わ可
  者い可尓お
もほしゝる尓可万いり多ま者む
  の
みなんお本しいそくめれ者ことはり尓かな
  しう多て万つりとうち/\尓多万ふ(ふ$へ)る
0097【うち/\に】−内/\也
  さ万をそうしへ・ゆゝしきれ者・かくて
0098【ゆゝしき】−イマ/\シキ心也
  お者し万すもい万/\しうか多し个なくなんと
  の
多万ふ・者おほとのこもり尓个り・多て万
  徒りてくはしう(う=
く)ありさ万もそうし」(13ウ・13L)
0099【御】−ミ

 

  ら万本しきを満ちお者しますらむ尓
  遣ぬへしとていそく・く
れ万とふ心のやみも
0100【心のやみも】−北方詞 \<合点>ひとのおやの者や見尓あらねとも/こを思道ぬる(付箋05
  堂へ可多き・か多はしを多尓者るく(く$流)尓きこえ
0101【たへかたき】−カタエハルヽ
0102
【かたはしをたに】−少ナリトモト也
0103
【きこえまほしう侍を】−物語聞マホシキ也
  満本しうを・わ多くし尓もと可尓万可て
0104【わたくしにも】−命婦私ニ也
  多まへころうれしくおも多ゝしき徒い亭
0105【おもたゝしき】−面目シキ心也
  尓て堂ちよりを・かゝるせうそこ尓て
  多て万つる返/\徒れな
きいのち尓も可な
  ・む万れしよりありし尓て故大
0106【むまれし時より】−更衣生シ時也
  納言いま者となる万て堂ゝこの」(14オ・14C)
0107【いまはとなるまて】−又遺言ニハ我ナクナリヌトモ大内ヘ宮ツカヘニマイラセヨト也<>

  

徒可への本いかならすと个させ多て万つれ・
  なりぬとてくちお
しうく徒をるなと・返々
  さめを可れし可者・は可/\しうゝしろみ
  へき(へき$
きましらひ者なか/\なるへき
  思給へな
可ら堂ゝかのゆいこんを堂可へしと
  い多し多てしを尓あ万る万ての御心さしの
  よろ徒尓か多し个な
き尓・けなき者ちをかく
0108【かくし】−隠
  し徒ゝましらひふめりつ(りつ$)るをのそねみ
0109【つゝ】−乍
  布可く徒もりや春可らぬことおほくなりそ日」(14ウ・14H)

  

つ(つ$)る尓よこ佐万なるやう尓て・徒ゐ尓かく
  なりぬれ者かへりて者徒らくな
む・かしこき
  御心さしを思給へられ(られ$
これもわ里な
0110【御】−ミ
  やみ尓なむといひもやらすむせ可へり本と尓
  も布个ぬ・うへも志可な
んわ可御心可らあ
0111【うへもしかなん】−命婦詞
0112
【御】−ミ
  な可ち尓めおとろくほされしも可ゝ
  る満しきな
り个りと者徒ら可り个るのち
0113【人のちきりに】−命婦北方ヘ返答ノ詞也
  きり尓なん・尓いさゝ可もを万遣多累
  者あらしとふを・多ゝこの
のゆへ尓て」(15オ・14M)

  

あ満多佐累ましきのうらみをおひし者て/\
  者かう(かう$
)ゝち春てられてさめむき尓
  いとゝわろうか多くな
尓なり者つ(つ$へ)るも佐き
  の
ゆ可しうなむと・うちし徒ゝし本
  堂れ可ち尓のみお
者しますとか多りて徒き
  せすな
く/\い多う布遣ぬれ者こよひ
  春くさす御返そうせむといそき万いる・
  者い里可多の
そらきよう春みわ多れる尓」(15ウ・15D)

 

いとすゝしくなり(なり$)てく佐むらのむしのこゑ/\
  も
よ本しかほなるもいと堂ち者なれ尓くき
  のも

    春ゝむしの
こゑのかきりを徒くしても
0114【すゝむしの】−ユケイノ命婦
  な可きあ可す布累なみ多盈も
  の
りやらす
0115【のりやらす】−車
    伊とゝしくのねし个きあ佐ちふ尓
0116【いとゝしく】−更衣ノ母
  徒ゆをきそふるくものうへ」(16オ・15H)
0117【くものうへ人】−昇殿シタル人ヲ男女ニカヨハシ云也

  

かこともきこえ徒へくなむとい者せふ・お
  しきをくり
とあるへきお里尓もあらねハ
  ・堂ゝかの可多み尓とてかゝるようも
やとの
  し多万へり个る・さうそく飛とく多りくし
0118【御】(後出)−ミ
  あ遣のてうとめくそへふ・わ可き人/\
  かな
しきこと者佐ら尓もい者春王多りを
  あ佐ゆふ尓な
らひていとさう/\しくうへの
  阿りさ万な
日いてきこゆれ者とく万いり
0119【とくまいりたまはん事】−若宮ノ参給コト也
  多万者んをそゝのかしきこゆれと・かく」(16ウ・15M)

 

いま/\しきそひ多て万つらむもいと
  きゝう可るへし・又見たてまつらて志はしも
  あらむ者いとうしろめ多う日きこ江
  春可/\ともえ万いらせ多て万つり者ぬな
り个り
  命婦者満多お
ほとのこもらせ多ま者佐り
  遣ると(と=
を)あ者れ尓多て万つる・おまへの徒本
  せんさいのいとお
もしろき佐可りなるを御覧
  春るやう尓て志のひや可尓尓くきかきりの
  女房四五人佐ふら者せ御物可多りせさせ」(17オ・16E)

  

り个り・このころあ遣くれ御覧する
  恨哥亭子院のかゝせ伊勢つらゆき
0120【亭子院】−宇多院ノ御事也 テイジノイン
  尓よ万せへるや万とことの者をもゝろこしの
  う多をも多ゝそのすちをそ満くらこと尓せ
0121【まくらことに】−\<合点>
  させいとこ満や可尓ありさ万(+を)と者せ多万ふ
  あ者れな
りつる志のひや可尓そう春・御返
  御覧すれ者いともかしこき者をきらす
0122【いともかしこき】−北方文章
0123
【所】−トコロ
  かゝるおほせこと尓徒遣てもかきくらすみ多り」(17ウ・16I)

  

心地尓な
    あらき布せきしか个のかれしより
0124【あらき風】−更衣母返し
  こ者き可うへそ志徒きなとやう尓み多
  里可はしきを
さめ佐り个るほとゝ御覧
  しゆるすへしいとかうしも
えしとお
  志ゝ徒むれと佐ら尓え志のひあへさせハす・
  御覧し者しめし年月
さへかきあ
  徒めよろ徒尓お
ほし徒ゝ遣られて
  まも
ほつ可な可りしをかくても月日者」(18オ・17@)

 

  へ尓个りとあさ満しうお本しめさる・故大
  納言のゆいこんあや万多す徒可へのほい布可
  くも
し多りしよろこひ者かひある佐万尓
  とこそ(+
わ多り)つれい布かひなしやとうちの多万者
  せていとあ者れ尓お
ほしやる・かくてもをのつ可ら
  わ可
とおひいて者ゝ佐るへき徒いても
  里な
むいのちな可くとこそねむせめなとの
  多ま者す・かのをくり物御覧せさ春な
0125【なき人のすみか】−\<合点>
  の春み可多つねいて多り个んるしのかむ」(18・17E)

佐しらまし可はとおもほすもいと可ひな
    堂つねゆく万本ろしも
徒て尓ても
0126【たつねゆく】−御門
0127
【まほろし】−方士
  堂万のありかをそこと志るへく
  ゑ尓か个る(个る$
き多る)楊貴妃のか多ち者いみしきゑしと
  いへとも布てかきりあり个れ者伊と尓本ひす
  くなし・大液芙蓉未央柳遣尓かよひ
0128【大液芙蓉未央柳】−\<合点>
0129
【央】−ワウ<> ヤウ<>
  堂里しか多ちをからめい多るよそひ者うる
0130【から】−唐
  わしうこそあり个めあり个め(あり个め$)な徒可しうらう
0131【らうたけなりし】−ホケ/\トシタル也
  た遣なりしをお本しいつる尓とりのいろ」(19オ・17J)

  

尓もね尓もよそふへきそなきあ佐ゆふの
  ことく佐尓ねをならへをか
0132【はねをならへ枝をかさはむ】−\<合点>在天願作比翼鳥/在地願為連理枝(付箋06
  きらせし尓かな者さり个るいのちのほと
  所徒きせ春うらめしき・のをとむしの
ね尓
  つ遣てのみかなしうお
ほさるゝ尓・弘徽殿
  尓者飛佐しく(く$
う)うへのつ本ね尓もまうの本り
0133【うへの御つほねにもまうのほり給はす】−御門へ参給ハヌ也
0134
【御】−ミ
  ハすのおもしろき尓布くる万てあそ
  飛をそし
るいと春さ万しうものしと
  きこしめ春・このころの个しきを多て」(19ウ・18@)
0135【御】−ミ

  

満つる・うへ人女房と者か多者らい多しときゝ
0136【かたはらいたしときゝけり】−笑止ト思也
  个りいとをし多ちかと/\しきものし堂万ふ
0137【をしたちかと/\しき所ものしたまふ御方】−コウキテンノ御心カト/\シキ也
  御方尓て尓もあらすお本し个ちても
0138【事にもあらす】−御門ノ愁歎ヲ事ニモアラス思ケチ給也
  なるへしいりぬ
    のうへもな
み多尓くるゝ
  い可て春むらんあさちふのやとお
ほしめし
  やり徒ゝともしをかゝけくして
きお
0139【ともし火をかゝけつくして】−\<合点>夕殿蛍飛思悄然/秋灯挑尽未能眠(付箋07
  者しま春・右近徒可さのとのゐこゑ
0140【右近のつかさのとのゐ申】−\<合点>
0141
【申】−マウシ
  きこゆる者うし尓なりぬるなるへし・」(20オ・18E)

  

めをおほしてよるのおとゝ尓いらせても
  満とろ万せこと可多し・あし多尓お
きさせ
  とてもあくるもらて
本しいつる尓も
0142【あくるもしらて】−\<合点>堂万す多れあくるもしらすねし/を/ゆめ尓もしと日可けきや(付箋08
  まつりことをこらせ日ぬへ可めり・
0143【あさまつりことは】−\<合点>春宵苦短日高起/従此君王不早朝(付箋09
  ともきこしめさすあ佐可れ日の个しき
  布れさせて・大正しの
のなと者いと
0144【正し】−床子
0145
【おもの】−御膳
  者る可尓お本しめし多れ者はいせん尓佐布
  らふかきり者くるしき个しきを多て
0146【御】−ミ
  万つりな个く・春へてち可う佐布らふかきりハ」(20ウ・18J)

 

  おとこいとわ里なきわさかなといひあ者せつゝ
  な
けく・佐るへきちきりこそはお者し満し个め
  そこらののそし里うらみをも者ゝからせ
  者す・この
御事尓布れ多るをは堂う
  里をもうしな
者せひいま者多かく世中
  の
ことをもおもほしすて堂るやう尓な
  ゆく者いとたい/\しきわさな
りとのみ
0147【たい/\】−退々
  かとの多めし万てひきいて佐ゝめきな个き
0148【さゝめき】−耳言
  个り・月日へてわ可万いり日ぬいとゝ」(21オ・19A)

  

このらすきよら尓およすけへれ者
  いとゆゝしうお
本し多里・あくる春坊
  多満り尓もいと飛きこさ満本しうお
本せ
  とうしろみ春へ起
又世
  遣ひく満しき
り个(り个$)れ者な可/\あやう
  くお
ほし者ゝかりていろ尓もい多させハす
  な
りぬるを佐者可りお本し多れとかきりこそあ
  里个れと(+
の)もきこえ女御御心ちゐた
0149【世の人】−口伝
0150
【御】−ミ
  まひぬ・かのを者くさむく」(21ウ・19F)
0151【をは】−ウハヲ云

  

ほしゝつみてお者すらむ尓多に堂つねゆ
  かむとね可ひひしゝるし尓や徒ゐ尓うせ
  ぬれ者これをかな
しひおほすことかきりな
  ・みこむ徒尓な
給年れ者この多ひ者お
  ほしゝ里てこ飛な給年ころなれむつひ
  きこえつ(つ=
へ)るを多て万つりをくかなしひを
  な
返々多まひ个る・いま者尓のみさふ
  らひ・な
ゝつ尓なへ者布み者しめな
  せさせ尓志らす佐とうかしこく」(22オ・19K)

  

者すれ者あ満り(+尓)おそろしき万て御覧す・
  いま者堂れも/\え尓くみ者し・者ゝきみ
  な
くて多尓らう多うしへとて弘徽殿
  尓もわたらせ給御とも尓者や可てみすの
  いれ多て万つり・いみしきの布あ多可多きな

  里ともて者うちゑ万れぬへきさ満のし
  へれ者え佐し者な
者す・)みこ多ち布
  多この
者ら尓お者し万せとなすらひ
  へき多尓そな
可り个る・御方/\かくれ者す」(22ウ・20B)

  

い万よりな万め可しう者徒かし个尓お者すれハ
  伊とお
可しうゝちと个ぬあそひくさ尓た
  れも/\きこえへり・わさとのかくもんハ
  さる尓てこと布えのね尓もくも
ゐをひゝ
  かし春へてい飛つゝけ者こと/\しうゝ多てそ
0152【こと/\しう】−イト
  な里ぬへきさ満なり个る・そのころ
  こ満うとの
満いれるな可にかしこき佐う尓ん
  あり个るをきこしめしてのうち尓めさむ

こと者」(23オ・20F)

  

宇多のみ可とのいまし免あれ者いみし
0153【宇多のみかと】−\<合点> 寛平法皇
  う志のひてこのみこをこうろくわん尓徒可
0154【こうろくわん】−鴻臚舘
  者し多里・うしろみ多ちて徒可う万つ累
  右大弁のやう尓お
も者せてゐて多て万
0155【ゐて】−将
  徒る尓・相人とろきてあ万多ゝひか多ふき
  あやしふ(ふ=
ウ)く尓のおやとなりて帝王のかみな
  くらゐ尓の
本るへき佐うお者し万すのそ
  な
多尓てれ者み多れうれ布るやあらむ
  お
ほやけのか多めとなりて天下を(を$)多すくる」(23ウ・20K)
0156【天】−アメ

  

尓てれ者その佐う堂可ふへしといふ
  もいと佐えかしこき者可せ尓ていひ可ハ
  し堂るともな
むいと遣うあり个る布
  みな
とつ徒くりか者して个ふあすかへり佐り
  なむとする尓かくあ里可多き尓たいめん
  し堂るよろこひかへりて者かな
しかるへき
  者へをお
もしろく徒くり多る尓・みこもいと
  あ者れな
を徒くり多万へるをかき里
  な
うめてたてまつりていみしきをくり

もを」(24オ・21B)

  

佐ゝ遣多て万つる・おほや遣よりもお本くの
  堂万者す・をの
つ可らひろこりてもら佐せ
  者ねと春宮
ほちおとゝなとい可な
  尓可とお
ほしう多可ひてなんあり个累
  み可とかしこき御心尓や万と佐うをお
本せて(=て)
0157【御】−ミ
0158
【やまとさう】−我国ニツタヘテ人ヲ相スル事也
  おほしより尓个るすちなれ者いまゝてこの
  をみこ尓もな
佐せ多ま者佐り个るを相人
  万ことにかしこかり个りとお
本して無品の(の$
  外尺
イ)のよせなき尓て者多ゝよ者さし」(24ウ・21G)
0159【外尺】−ケ(戚=サヱ)<> クワイセキ<>

  

わ可御世もいと佐多めなきを多ゝ尓てお
0160【人】−ウト
  や遣のうしろみをするなむゆくさきも
  堂のもしけな
め(め$)ることゝおほし佐多めて・
  いよ/\みち/\の佐えをな
ら者さ(さ$)せ・きは
0161【さえ】−才
  こと尓かしこくて堂ゝ尓ハ伊とあ多らし
0162【人】−ウト
  遣れとみことなのう多可ひお
  ぬへく・も
のしへ者春くえうのかしこき
0163【すくえう】−宿曜師事
  みちの尓かむ可へさせ尓もおしさ万尓
  せは源氏尓な
し多て万つるへくお本し」(25オ・21L)
0164【源氏になしたてまつる】−姓ヲ給ハリテ只人ニナリ給事サカノ天皇ノ御時ヨリ始マレリ

 

  をきて多里・年月尓そへてみやす御事
  をお
ほしわするゝお里なし・なくさむやと
  佐るへき人/\(+
を)万いらせへとなすらひ尓お
  さ累ゝ多尓いと可多き可那とうとましうの
  みよろ徒尓お
ほしなりぬる尓・先帝
0165【帝】−タイ
0166
【四の宮】−薄雲ノ女院御事
  の可多ち春くれへるきこえ多可く
  お
者します者ゝ后世尓なくかし徒きゝこ
  え多万ふをうへ尓さ布らふ内侍のす个者
  先帝御時尓てかの
尓も志多」(25ウ・22C)

 

  しう万いりなれ多り个れ者い者遣なくお
  志万しゝより多て万つりいまも本の
  堂て万つりてうせ尓しみやす可多
  ち尓ゝ多万へる三代のみや徒可へ尓徒
0167【三代】−光孝 宇多 醍醐
  多者りぬる尓え多て万つり徒遣ぬを(を=尓)・き
  佐いののひめこそいとようお
本えて
  お
ひいてさせへり个れあ里可多き
  多ち尓な
んとそうし个る尓まこと尓や
  と御心と万りてねむころ尓きこえさせ个り・」(26オ・22G)

  

者ゝきさきあなそろしや春宮女御
  いと佐可なくてきりつ本のかういのあらは尓
0168【いとさかなくて】−御心
  者可なくもてな佐れ尓し多めしもゆゝしう
0169【ゆゝしう】−アシキコト也
  とおほしつゝみて春可/\しうも本し多ゝ
  佐り个る本と尓もうせ日ぬ・本そき
  さ満尓てお
者します尓多ゝわ可みこ(みこ$)多
  ちの
しつら(おしつら$やう)尓きこえむといとねむ
  ころ尓きこえさせさ布らふ人/\御うしろ
0170【さふらふ】−候
  み多ちせうとの兵部卿のみこなとかく」(26ウ・22L)
0171【御せうと】−薄雲ノ女院ノアニ也
0172
【みこ】−宮

  

本そくてお者し万佐むより者・うちすみ
0173【うちすみ】−内住
  せさせ御心もなくさむへくなとお本し
  な
りて万いらせ多て万つりへり・布ちつ本と
  きこゆ・遣尓可多ちありさ万あやしき万て
  そお
ほえへる・これ者き者万佐り
  て日な
しめて多くえおとしめきこえ
  者ねハう遣者りてあ可ぬことな
し・かれハ
0174【うけはりて】−承諾
0175
【かれは】−更衣
  のゆるしきこ江さりし尓御心さしあや
  尓くな
りしそ可し・お本し万きるとは」(27オ・23C)

  

个れとをのつから御心う徒ろひてこよなう(う$く)
  お
ほし(おほし$)なくさむやうなるもあ者れなるわさ
  な
り个り・源氏のきみ者あ多り佐り者ぬ
  を満して志けくわ多らせ給御方者え者ち
  あへ多ま者す・いつれの御方我人尓お
とらむ
  とお
ほい多るや者あるとり/\尓いとめて多け
  れとうちお
となへる尓いとわ可うゝ徒くし
0176【いとわかう】−藤壺
  个尓てせち尓かくれへとをのつ可らも
0177【もり見たてまつる】−源氏
  て万つる・者ゝみやすもか个多尓おほえた」(27ウ・23H)

  

ま者ぬをいとよう尓へりと内侍のすけの
  きこえ个るをわ可き御心地尓いとあ者れと
0178【わかき御心地】−源氏
  きこ江て徒ね尓万いら万ほしく(く=う)な
0179【なつさひ】−ナレムツフ也
  佐ひ多て万つら者やとおほえ・うへも
  かきりなき
もひとち尓てなうとみ
0180【とち】−共
  そあやしくよそへきこ江つ(+へ)遍き心地
  春る・な
めしとお本さてらう多くしへ徒
0181【なめし】−無礼
0182
【らうたく】−イタハル労
  ら徒き満みなとハ伊と(伊と$)ように多里しゆへ
0183【ゆへ】−由
  かよひて給)もに个な可らすなむなと」(28オ・23M)
0184【にけなからす】−ニクカラヌ也<>

  

きこえつけへれ者・おさな心地尓も者可那き
  
みち尓徒个てもさしを・え多て万
  徒る(る=
り)こよなよせきこ江へれ者・弘徽殿
  女御このとも
可そは/\しきゆへ
  うちそへてよりの尓くさも堂ちいてゝも

  しとお
ほし多り・尓多くひなしと多て
  万徒り日・な
多可うお者する可多ち尓も
  尓本者しさ者堂とへむ
くう徒く
  し遣な
るを・飛可るきみときこゆ」(28ウ・24D)

  

布ちつ本ならひほえもとり/\な
  者かゝ(ゝ=
ク)やくときこゆ・このきみのわら
  はす可多いとかへ万うくお
ほせと十二尓て
  御元服志多万ふ・ゐ多ちお
本しいとなみて
0185【ゐたち】−居ツタツツスル也
  かきりあるをそへさせ・ひとゝせ
  の
春宮御元服南殿尓てありしきしき
  よそほしかりしひゝき尓お
とさ(さ$ら)せハす・
  ところ/\のきやうな
とくらつ可佐こく佐うゐん

と」(29オ・24H)
0186【きやう】−饗
0187
【こくさうゐん】−穀倉院

 

  おほやけこと尓徒可う万つれるおろそ可なる
  ことも(+
古)そとゝ里わきおほせことありてきよ
  らを徒くして徒可う万つれり(り=
ル、ル$)・お者し万す
0188【おはします殿】−おハします殿ハ清涼殿
  殿の飛む可しの飛佐し飛む可しむき尓いし
0189【殿】−テン
0190
【いし】−御門ノ御座事 イスト云モノヽコト
  堂てゝん佐の御座・ひきいれの大臣
0191【火んさの御座】−クハン 元服スル人ノ座也 冠者
  御前尓あり・さるの尓て源氏万いり
  徒らゆひ多まへる徒らつきか本の尓本ひ

佐万かへ多万者むしけ大蔵卿」(29ウ・25L)

 

  くらひ(ひ=ウ)と徒可う万つるいときよらなる
0192【御くしをそく】−理髪
  しをそくほとくるし遣なるを・うへは
  みやす(+
ハ)まし可はとおほしい徒る尓
  堂へ可多きを徒よくねむしかへさせ
  かうふりして・やすみ尓万可て多万日て
  そ堂て万つりかへてお
里て(お里て$)者いし多て万つり
  さ万尓み那
み多おとし・み可と者
  多ましてえ志のひあへ者すお
ほし万き
  るゝお
りもありつるむ可しのことゝりし」(30オ・25C)

  

かなしくおほさる・いとかうきひわ(わ=ハ)なる本とハ
0193【きひわ】−イトケナキ心也
  あ遣越とりやとう堂可はしくお本され
0194【あけをとり】−元服シテワルクナルヲ云
  つるを・あさ満しうゝ徒くしけさそひ
  へりひきいれの大臣のみこはら尓堂ゝひと
  里かし徒き
ほむ女春宮よりも
0195【女】−ムスメ 葵上事
0196
【御】−ミ
  しきあるをおほしわつらふあり个る(+ハ)この
  きみ尓堂て万つらむの御心
り个り・
  尓も
御个しき堂万者らせへり(へり$)个れハ」(30ウ・25G)
0197【御】−ミ

 

  佐ら者このお里のうしろみな可めるをそ
  飛布し尓もとも
よ本させ个れ者佐お
  ほし多里・佐布らひ尓満可て人/\
0198【さふらひ】−内殿上事
  本みきなと万いる本と・みこ多ちのさのす
0199【みこたちの御さ】−\<合点>
  ゑ尓源氏徒きへり・おとゝ个しき者み
  きこ江給事あれとの徒ゝまし起本と尓て
  とも
可くも(+え)あへしらひきこ江者す・お万へ
  より内侍せんしう个多満者り徒多へて

とゝ万いり多万ふへき」(31オ・25K)

  

免しあれ者万いりろくのうへの
0200【うへの命婦】−内命婦也
  命婦とりてたまふ志ろきお本うちき尓
  そひとく多りれいの事也御さ可徒きの

  徒いて尓
    伊ときなき者つもとゆひ尓な
可き
0201【いときなき】−御門
  ちきる者むすひこめ徒や
  御心者えありてお
とろ可させ
0202【御】−ミ
    むすひつるも布可きもとゆひ尓」(31ウ・26B)
0203【むすひつる】−おとゝ

  

こきむらさきのしあせす者
  とそうして・な
可はしよりおりてふ多
  うし・ひ多りの徒可佐のむ万くら
0204【人】−ウト
  の堂可春へて堂万者り・み者しの
  もと尓みこ多ちかむ多ちめ徒らねて
  ろくとも志な
/\尓堂万者り・その
  お
まへのおりひつものこものな右大弁
0205【おまへ】−御
  なむう个多万者りて徒可う万つらせ个る」(32オ・26F)

 

  とんしきくのからひつともなせき万て
0206【とんしき】−ツカミイヽトテキシキノ時シヨシニクメルハヽ也
  春宮御元服のおり尓もかす万佐れり
  な
可/\かきりもなくい可めしうなん・その
  
とゝのさと尓源氏のきみ万可て
  佐せ多万ふさ本う尓めつらしき万ても

  てかし徒きゝこえへり・いときひ者尓て
  お
者し多るをゆゝしうゝ徒くしときこ江
  へり・きみ者春こしすくしへる本と

尓」(32ウ・26J)
0207【女きみはすこしすくし給へるほと】−源氏ハ十二葵ノ上ハ十六ナル事ヲ云

 

  いとわ可うお者すれ者に遣なく者つ可しと
  お
ほい多り・このとゝのほえいとやむ
  ことな
き尓者ゝ宮内ひとつきさいは
  ら尓な
むお者し个れ者い徒可多尓つ个ても
  いと者なや可(いと者なや可$
のあさや可)なる尓・このさへかくお者し
  そひぬれ者・春宮
ほち尓て徒ゐ尓
  世中を志りへきのお
とゝのいきを日ハ
0208【をひ】−ホヒ
  尓もあらすをされへり・こともあ万多」(33オ・27@)

 

  はら/\尓ものし者ら者蔵人
0209【蔵人少将】−ウトノ 後致仕太政大臣
  少将尓ていとわ可うお可しきを・のおとゝ
  の
可者いとよ可らねとえすくし
  者てかし徒き給四尓あ者せへり・
  お
とらすもてかし徒き多る者あら万本
  しきあ者ひとも尓な
ん・源氏
  者うへの徒ね尓めし満つ者せ者やすく
  佐とすミもえし者す・のうち尓は」(33ウ・27D)

  

堂ゝ布ちつ本のありさ満を堂く飛な
  しときこえて佐やうならむをこそ
  めにる
くもお者し遣る可那・お
  いとのゝきみいとお
かし个尓かし徒可れ
  堂ると者ゆれと尓も徒可すお
ほえ
  てお
さなきほとの(+ヒトヘ)こゝろひとつ(ひとつ$)尓かゝりて
  いとくるし起万てそお
者し遣流・おとな
  な
てのち者あ里しやう尓みすの

尓も」(34オ・27H)

  

いれ堂万者春・あそひのお里/\こと布えの
  ね尓きこえ(こえ$
き)かよひほの可なるこゑをな
  佐免尓てすみのミ(のミ$
)こ能ましうおほえ
  五六日佐布らひてお
本いとの尓二三日
  と堂え/\尓満可てへと堂ゝいま者お
  なきほと尓(+
よろ徒)徒みなくおほしなして
  いとな
みかし徒き支こ江御方/\人/\
  世中尓をしな
へ多らぬをえりとゝのへす」(34ウ・27L)

  

里て佐布ら者せ御心尓徒くへき
  あそひをしお
ほな/\お本しい多徒く・
0210【おほな/\】−ワサトカマシキ事
  尓者もとのしけいさをさうし尓て・
0211【しけいさ】−淑景舎
0212
【御】−ミ
  者ゝみやす御方(+/\)の人/\満可てちらす
  佐布らはせ・佐との殿者春りしきた
0213【さとの殿】−二条院
0214【すりしき】−修理職
  くみ徒可さ尓宣旨く多りてになうあら
  堂めつくらせ多万ふ・も
とのこ多ちの多ゝ
  春万ひお
しろきり个(り个$)るを」(35オ・28B)

 

  こゝろ飛ろく志なしてめて多く徒くりの
  志るかゝる尓お
もふやうならむをすへ
  て春満者やとの
みな遣可しうおほし
  わ多る・飛かるきみといふ(+
者こ満うとの
  めてきこえて徒遣多て万つり个るとそい
  飛徒多へ多るとな
む」(35ウ・28E)

 

【奥入01対此如何 芙蓉似面柳如眉
【奥入02在天願作比翼鳥 在地願為連理枝
【奥入03堂万す多れあくるも
しらすねし
     ゆめ尓もしと日可けきや

書加之
【奥入04寛平遺誡
     外蕃之人安所召見<シム><モノ>在簾中見之
     不可直<タヽチニ><ムカフ>耳李環<クワイニ>朕已失<セリ>之慎之」(36オ)

 

【奥入05<古哥也可用此一両首>(小字)
     今更尓とふへき
おもほえす
     やへむくらしてかとさせりてへ
     とふ
きやとなれとくる
     やへむくら尓も
さハらさり个り
【奥入06万(=
マ)くらこと尓 あ个くれのことくさといふ心也
【奥入07か多ミの可むさし
     長恨哥 伝
     指碧衣女取金釵鈿合各折其中
     授使者曰為我謝太上皇謹献是物尋」(36ウ)

 

【奥入08ともしをかゝけつくして 同長恨哥
     夕殿蛍飛思悄然 秋灯挑尽未能眠
【奥入09あさ万つりことハをこ多らせ
     春夜苦<イト><ミシカクシテ>日高<タケテ><オク> 従是<コレヨリ>君王不早朝<アサマツリコトシタマ>
【奥入10右近のつ可さ能とのゐ
     亥一刻左近衛夜行官人初奏時<終子/四刻>
     丑一刻右近衛宿申事至卯一刻
     内竪亥一刻奏宿簡」(37オ)

 

【奥入11延長七年二月十六日当代源氏二人元服垂
     母屋壁代撤昼御座其所立倚子御座孫庇第
     二間有引入左右大臣座其南第一間置円座二枚
     為冠者座<並西面円座前置円座又其/下置理髪具皆盛柳筥>先両大臣被召
     着円座引入訖還着本座次冠者二人退下
     於侍所改衣装此間両大臣給禄於庭前拝
     舞<不着/沓>出仙華門於射場着沓撤禄次冠者二人

入仙華門於庭中拝舞退出参仁和寺帰参先是
     宸儀御侍所倚子親王左右大臣已下同候有盃酒御遊」(37ウ)

 

     両源氏候此座<候四位親王/之次依仰也>深更大臣已下給禄両源
     氏宅各調屯食廿具令分諸陣所々
【奥入12】天慶三年親王元服日屯食事
     内蔵寮十具穀倉院十具已上検校太政大臣仰調之衛府
     五具<督仰/調之>列立南殿版位東其東春興殿西立辛櫃
     十合件等物有宣旨自長楽門出入上卿仰弁官分所々
     史二人勾当其事仰検非違使令分給弁官三大政官二
     左右近三左右兵衛二左右衛門二蔵人所二内記所一薬殿一
     御書所一内竪所一校書殿一作物所一内侍所四
     采女一内教坊一糸所一匣殿一」(38オ)

 

(白紙)」(38ウ)