自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 6/23/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

浮舟

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

うき舟(後書加)」123ウ

01 こひしくはきても見よかしちはやふる(この行、切断により右端の末尾一部切れる)
  神のいさむる道ならなくに
02 こひしなむのちはなにせむいける日の
(約1行分空白有り)
03 あかさりしそてのなかにや入にけむ
  わかたましひのなき心ちする(明融本付箋01)
04 しのゝめのほから/\とあけゆけは
  をのかきぬ/\なるそかなしき
05 心にはしたゆく水のわきかへり
  いはて思そいふにまされる」124オ
06 さむしろに衣かたしきこよひもや
  われをまつらむうちのはしひめ(明融本付箋03)
07 いぬかみやとこの山なるいさらかは
  いさとこたへて
08 山しろのこはたのさとに馬はあれと(明融本付箋04)
(約1行分空白有り)
09 うらみてもなきてもいはむ方そなき
  かゝみに見ゆるかけならすして
10 たらちねのおやのいさめしうたゝねは(明融本付箋05)」124ウ
(この行、切断により不明)
11 ゆくふねのあとなき波にましりなは(この行、切断により不明、東山乙本による、大成翻刻)
  たれかは水のあわとたに見む
12 わひぬれは身をうき草のねをたえて
  さそふ水あらはいなむとそ思
13 白雲のたえすたなひく峯にたに
  すめはすみぬるよにこそありけれ
14 こひせしとみたらし河にせしみそき
  神はうけすも(明融本付箋06)
15 道口<律>
  見知のく知た介不の己不尓われは」125オ
  安利とおやに万宇之た戸己己
  呂安比の加せや左支无太知也(明融本奥入01)
16 君にあはむその日はいつそ松の木の
  こけのみたれて物をこそおもへ(明融本付箋07)
17 わかこひはむなしきそらにみちぬらし(明融本付箋08)
(約1行分空白有り)
18 大国には以羊為食物如馬牛
  飼置天臨食物相具屠所歩(この行、切断により左端一部切れる)」125ウ
  行也随歩死期近 以之世間(この行、切断により右端一部切れる)
  人如相待無常喩之
  経云歩々近死地人命亦如此(此$是)
  けふも又午のかひをそふきつなる
  ひつしのあゆみちかつきぬらむ(明融本奥入02)
19<朱>\けさうする人のありさまのいつれとなき
  やまとものかたり在万葉集
   をとめつかの事也(明融本奥入03)」126オ
(空白)」126ウ