自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 6/9/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

宿木

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

やとり木(後書加)

01 銷日不如碁(大島本奥入01)
02 <伊行>(頭注)文選歎逝賦
  譬日及之在條恒雖尽而不悟(大島本奥入02)
03<朱>\なにゝかゝれるといとしのひて事もつゝかす(大島本奥入03)
04<朱>\あくるまさきてと(大島本奥入04)」116ウ
05<朱>\あさまたきまたき(き+ゝ)にけり
  <伊行>(頭注)松蘿契夫妻事也
  古詩与君結新婚 兎総附女蘿(この注記は奥入03に当るもの 大島本奥入04)
06 さとはあれて人はふりにしやとなれや
  にはもまかきも秋のゝらなる
07 <伊已下>(頭注)山さとは物わひしかる事こそあれ
  世のうきよりはすみよかりけり
08 わか心なくさめかねつさらしなや」117オ
09 ありはてぬいのちまつまのほと許
  うきことしけくおもはすもかな
10<朱>\こりすまに又もたのまれぬへけれ
11<朱>\さしくみは
12 いなせともいひはなたれすうき物は 伊勢(大島本奥入06)
13 こひをしてねをのみなけはしきたへの
  まくらのしたにあまそつりする
14 うきなからきえせぬ物は身なりけり」117ウ
15 うくも世の思ふ心にかなはぬか
  誰もちとせの松ならなくに
16 こひしさのかきりたにある世なりせは
17 恋わひぬねをたになかむこゑたてゝ
  いつらなるらむをとなしのたき
18 <朱>\李夫人(大島本奥入07)
19<朱>\こかねもとむ
  王昭君事也 たくみは画工也(大島本奥入08)」118オ
20<朱>\仏の方便にてなむかはねのふくろ
  経の文也 むかし観音勢至の
  子にておはしましけるにまゝ
  はゝのためにころされにけれは
  そのおやのかはねをくひにかけ
  たまひてつゐに仏道えたまへる事也(大島本奥入09)
21花ふらせたるたくみ 未勘」118ウ
22 むすひをくかたみのこたになかりせは
23 長恨哥伝
  方士乃竭<ツクシテ>其術<シユツ>以索<モトムルニ>之不至
  又能遊<アソハシメ>神<タマシヒ>馭<ヲサメ>気出天界没<イリ>
  地府以求之又不見又旁<アマネク>求
  四虚上下東極<ニ>絶<ワタリ>天海跨<マタカ>蓬<ホウ>」119オ
  壺<コ>見最<イト>高<タカキ>仙山上多楼閣西廂
  下有洞戸東嚮<ムカ>闖<ヒラケリ>其門署<シ>曰<ヘリ>
  玉妃太真院方士抽簪叮扉有
  雙鬟童女出応<コタフ>門
  于時雲海沈々<シ>洞<トウ>天日晩<クレヌ>瓊<イ>戸<コ>
  重闔悄<セウ>然無声」119ウ
  言訖憫然指碧衣女取金釵
  鈿合各折其半授使者曰為
  我謝<スラク>太上皇謹献是物(大島本奥入10)
24 いかならむいはほのなかにすまはかは
25 おほかたのわか身ひとつのうきからに
  なへてのよをもうらみつる哉」120オ
26 不<アラス>是偏花中愛<スルニハ>菊此花開<ケ>後<ツキテ>更
  無<ケレハナリ>花
27<朱>\なにかしのみこのこの花めてたるゆふ
 へそかし
28 伊勢海<見上>
29 おりつれは袖こそにほへ梅花
  ありとやこゝにうくひすのなく(この行、切断により左端一部切れる)」120ウ
30楊貴妃のかむさしのこと
31 於御前奏人々名事
  親王 其官の御子 無官ハ其名御子
  大臣<おほきおほいまうちきみ ひたりのおほいまうちきみ/みきのおほいまうちきみ>
  大納言以下三位以上 其官姓朝臣
  有兼官人其兼官姓朝臣ヲ申
  四位参議 名朝臣 四位同上 五位ハ名
  殿上六位ハ同五位 地下六位ハ加姓
  太上天皇 東宮同之
  親王以下三位以上ニ申詞 親王<其官のみこ/無官ヲハ 郎のみこ>
  大臣ヲハ其大殿 大納言以下其官或加姓」121オ
  四位ヲハ其官朝臣<不云/姓> 五位ヲハ名朝臣
  六位ヲハ名<有官加申>
  左右大将ヲハひたりみきとは申さす
  さ大将う大将と申(大島本奥入01)」121ウ
(白紙)」122オ