自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 4/23/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

夕霧

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

夕霧(後書加)」85オ

  伊行
  <此哥同時人也不可為源氏証哥>
01 かへるさの道やはかはるかはらねと
  とくるにまとふけさのあはゆき
02 夕霧に衣はぬれてくさ枕
  たひねするかもあはぬきみゆへ
03 なき名そと人にはいひてありぬへし
  心のとはゝいかゝこたへむ
04 身をすてゝいにやしにけむ思ふより
  ほかなる物はなみたなりけり」85ウ
05 心にはちへ(△&へ)に思へと人にいは(△&は)ぬ
  わかこひつまを(△&を)見るよしも哉
06 かねてよりつらさを我にならはさて
  にはかにものをおもはする哉
07 あまのかるもにすむゝしのわれからと
08 秋なれは山とよむまてなくしかに
  我おとらめやひとりぬるよは」86オ
09 秋の夜の月のひかりのきよけれは
  をくらの山もこえぬへらなり
10 いかにしていかによからむをの山の
  うへよりおつるをとなしのたき
11 かひすらもいもせはなへてある物を
  うつし人にてわかひとりぬる
12 夏の夜はうらしまのこかはこなれや
  はかなくあけてくやしかるらむ
13 いひたてはたかなかおしきしなのなる
  きそちのはしのふみしたえなは」86ウ
(自筆本87オ・87ウの1丁(現行81丁)は「早蕨」の誤綴のため「早蕨」へ移す)
14無言太子とか
(約5行分空白)
  今案此巻猶横笛鈴虫之
  同秋事歟(大島本奥入)」88オ
  波羅奈王之太子其名休<キウ>魄<ハク>容<カタチ>端正<ハシ>
  生<テ>而十三年不<ス>言<物イハ>人不<ス>聞<カ>声<ヲ>
  諸臣婆羅門道士等誹<ソシリ>謗<ソシル>地<ノ>下<ニ>
  作<テ>城<ヲ>欲<スル>埋<ウツマント>之時大臣伏<フシテ>其<ノ>車<ノ>前<ニ>
  重<カサネテ>悲<ナシフ>此事<ヲ>太子<ノ>云<イハク>我将不<ス>言<イハ>生(生$)<イキテ>
  而欲<ス>埋<ウツマント>将<ニ>言<ハムトスレハ>怖<ヲソル>入<イラム事ヲ>地獄<ニ>自<ラ>全<マタウシテ>身<ヲ>
  不<ス>言(言&言)<物イハ>欲救<スクウテ>魂<タマシヒヲ>脱<マヌカレントス>苦<ニ>謗<ソシラム物ハ>我不言<物イハサラムヲ>者
  皆<ナ>欲生<ムマレント>聾盲<リヤウマウニ>于時国王夫人」88ウ
  行<テ>迎<ムカフ>太子<ヲ>々々<ノ>曰<ク>我昔先<サキノ>身<ニ>為<ナテ>国(この行の振り仮名、継紙上の補筆)
  王<ト>以正道<ヲ>雖<トモ>治<ヲサムト>国<ヲ>有<テ>所過<アヤマツ>堕<テ>地獄<ニ>
  六万余歳苦難<カタシ>忍<シノヒ>我怖<ヲソルゝ>地獄<ヲ>故<ニ>
  巻<マイテ>舌<シタヲ>不<ス>言<ノヲイハ>遂<ツイニ>請<コウ>出家<ヲ>父母聞<キゝテ>之<ヲ>許<ユルス>之
  入<イテ>深<キ>山<ニ>求<トム>道<ヲ>命<イノチ>終<ヲハル>生<ル>兜率天<ニ>
  太子者釈迦如来也(大島本奥入01)」89オ
(白紙)」89ウ
(空白)」90オ