自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 4/15/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

鈴虫

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

鈴虫(後書加)

01 十方仏土之中以西方為望九品
  蓮台之間雖下品可足
02 蒼茫霧雨之霽初寒汀鷺立
  重畳煙嵐之断処晩寺僧帰<閑/賦>」83オ
03 三五夜中新月色
04 目蓮初得<テ>道眼<ヲ>見母生所而堕<リ>
  地獄<ニ>砕<クタキ>骨<ヲ>焼<ヤク>膚<ハタエヲ>仍乗<テ>神通<ニ>自行
  地獄<ニ>逢獄卒<ニ>相代と乞<コヒ>請<ウク>母<ヲ>獄卒
  答云善悪<ノ>業<ノ>造<ル>者自<ラ>受<ウク>其<ソノ>果<クワヲ>
  大小利<ノ>注也更<ニ>不<ス>可<ヘカラ>免<ユルス>則閇<トチヌ>鉄城<テツシヤウ>之
  戸<トヲ>成<ス>不<ス>見<エ>目蓮悲<テ>空帰<ル>」83ウ
  但如経文者堕餓鬼中仍七月十五日(この行、切断により右端が一部欠損)
  設盂蘭盆救之明事也(大島本奥入01)
(約4行分空白)
  横笛之同年夏秋也(大島本奥入)」84オ
(白紙)」84ウ