自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 3/7/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

若菜下

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

(若菜下)
01 けふのみと春をおもはぬ時たにも
  たつ事やすき花のかけかは(明融本付箋01)
02 ちはやふる神のいかきにはふくすも
  秋にはあへすもみちしにけり(明融本付箋02)
03 もみちせぬ時はの山は吹風の
  をとにや秋をきゝわたる覧(明融本付箋03)
04 <朱>篁ひらの山さへ
05 秋の夜のちよをひと夜になせりとも
  ことはのこりて鳥やなきなむ(明融本付箋04)
06 花のかを風のたよりにたくへてそ
  うくひすさそふしるへにはやる(明融本付箋05)(この行、切断により左端一部切れる)」76ウ
07<ふしまちの月十九日の月な(この行、切断により末尾一字切れる)>
08 毛詩云
  女ハ感陽気春思男 男感陰気
  秋思(明融本奥入02・大島本奥入02)
09 よる方もありといふなるありそうみの(の$に)
  たつしらなみのおなし所に(明融本付箋06)
10 わかこゝろなくさめかねつさらしなや
  をはすて山にてる月を見て(明融本付箋07)
11 こひしなはたかなはたゝし世中の
  つねなき物といひはなすとも(明融本付箋08)
12 まてといふにちらてしとまる物ならは
  なにをさくらに思まさまし(明融本付箋09)」77オ
13 のこりなくちるそめてたきさくら花
  なにかうき世にひさしかるへき(明融本付箋10)
14 ゆふくれは道たと/\し月まちて
  かへれわかせこそのまにも見む(明融本付箋11)
15 いか許こひの山地のしけゝれは
  いりといりぬる人まとふらむ(明融本付箋12)
16 夏の日のあさゆふすゝみある物を
  なとわかこひのひまなかるらむ(明融本付箋13)
17<朱>うきにまきれぬこひしさの
18 冬なから春のとなりのちかけれは
  中かきよりそ花はちりける(明融本付箋14)」77ウ
19 <朱>相符事
  わかなのまき一の名
   もろかつら」78オ
20 史記 周本紀
  楚有養由基<ト云>者善<ヨク>射<ユミイル>者也
  去<サルコト>柳葉百歩<ニシテ>而射<イル>百<モゝタヒ>発<ハナチテ>而
  百<モゝタヒ>中<アツ>之左右観<ミル>者数千人
  皆曰善<ヨク>射<ユミイルト>々々々々(明融本奥入01・大島本奥入01)」78ウ
21 掛冠懸車
  東観漢記<トウクワンカンキニ>曰<ク>王莽<マウカ>居構<キヨセフニ>子宇<シウ>諌<イサム>
  莽<マウヲ>而莽<マウ>殺<チウス>之逢萌<ハウマウ>謂其<ソノ>友<イウ>人<ニ>曰<ク>
  三綱<カウ>絶矣<タヘヌ>不<スハ>去<サラ>禍<ワサハイ>将<マサニ>及<ハムトス>人<ニ>即
  解<トイテ>冠<カウフリヲ>掛<カケテ>東<トウ>門<ニ>而去
  蒙求 逢<ホウ>萌掛冠<ケイクワン>
  後漢<ニ>逢萌字子康<シカウ>北海<ホカイ>人掛<カケテ>冠<カウフリヲ>避<サンヌ>世<ヲ>
  牆<カキノ>東<ニ>」79オ
  懸車
  古文孝<ケウ>経<ニ>曰<ク>七十<ニシテ>老<テ>致仕<チシ>懸<カケテ>其<ソノ>
  所<ノ>仕<ツカフル>之車<ヲ>置<オク>諸廟<ヘウ>永<ク>使<シテ>子孫<シソンヲ>
  監<カンカミテ>而則<モハラ>焉<シム>立<ツル>身<ヲ>之終<オハリ>其<ノ>要然<ヨウセム>也
  漢<ノ>薩<サツ>広徳為<タル事>御史<キヨシ>大夫<フ>凡<スヘテ>十月
  免<ヘンシテ>帰沛<ハイニ>太守<シユヲ>迎<フ>之界上<サカイノホトリニ>沛<ハイ>以為<ス>栄<エイト>
  懸<カケテ>其<ソノ>安車<キヨヲ>伝<ツタフ>子孫<ソンニ><師古<コ>曰<ク>懸<カケテ>其所<ノ>賜/安車<ヲ>以乗栄也>
  <致仕<チシゝテ>懸<カクル>車<マヲ>亦<又>/古法也コセツ也>(明融本奥入03・大島本奥入03)」79ウ