自筆本奥入First updated 7/14/2002(ver.1-1)
Last updated 1/29/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

藤裏葉

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

藤裏葉(後書加)」70オ

01 夏にこそさきかゝりけれふちの花
  松にとのみも思ける哉
02文籍にも家礼
  史記
  漢高祖幸父太公之家以家礼敬之
  高祖雖子君也太公雖父臣也
  <此文不叶歟可勘>
03 春日さすふちのうらはのうらとけて
  きみし△(△#)おもはゝ我もおもはむ
04 安之可支末可支万可支加支和介
  天不己春止於比己(己+須止)多礼可太礼可己乃(可太礼可己乃#)
  天不己春止(この行、継紙上の補筆)」70ウ
  々(△&々)止乎於也尓末宇与己之末宇之△(△#々)(この行、本紙と継紙上に補筆)
  止々呂介留己乃以戸己乃伊戸乃於止
  与女於也尓万宇与己之介良之毛
  安女川知乃可見毛可美毛曽宇之
  多戸和礼波万宇与己之万宇左春
  須加乃祢乃春可名須可奈支己止
  乎和礼波支久和礼波支久宇之可名
(約1行分空白)
05 加波久知乃せ支乃安良可支やせ支
  のあらかきや末もれともはれまもれとも
  伊てゝわれねぬやいてゝわれねぬや
  せきのあらかき」71オ
06かつらをおりし
  晋書云郡説字広基挙<セラル>賢良対策為
  天下第一為<ナル時ニ>雍州刺史武帝於<シテ>東堂会<シテ>送
  帝問説曰卿<ナムチ>才自何如説対曰臣対策
  為天下第一猶<ナヲ・コトシ>桂林一枝崑山片玉
   今以之課試及第之事ニ作来也
07 かすしらすきみかよはひをのは(は+へ)つゝ
  なたゝるやとのつゆとならなむ<伊勢/雅正ニ遣>
08 君かうへしひとむらすゝきむしのねの
  しけきのへともなりにけるかな」71ウ
09うたのほうし 和琴の名也(此行、自筆本は切断により不明、東山乙本による、大成)
10 秋をゝきて時こそありけれきくの花
  うつろふからにいろのまされは
11宇陀法師
  新儀式 四月旬儀
  若有奏絃哥事者近衛府音楽訖内侍
  奉仰出御屏風南辺召大臣々々起座
  跪候御屏風南頭即勅可召堪管絃親王
  公卿等大臣奉仰退還召出居令置草塾
  於御帳東面一許丈大臣先進着草塾」72オ
  次依召移着大臣召書司々々一人
  執和琴出東障子戸献之<謂宇陀法/師也>
  各奏絲竹或召加殿上侍臣能歌者
  預之王卿廻勧盃数曲之後奏見参
  長保二年十一月十五日<小野右府>新宮之後初
  出御南殿曰
  大臣以下管絃人着御前草塾次召
  書司々々女嬬取宇陀法師出自御
  障子戸置草塾前又絲竹之器次々
  取出皆書司女官役之」72ウ
  <或記>
  延久四年宇治殿御命云於南殿御遊之時
  召宇陀法師<和/琴>其詞云<御タナ/ラシ>此詞有故云々
  宇陀法師以檜作之先一条院御時
  内裏焼亡之時焼失云々(大島本奥入01)