自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 1/20/2007(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

行 幸

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

みゆき(後書加)」62オ

(白紙)」62ウ
01 とにかくに人めつゝみをせきかねて
  したになかるゝをとなしのたき(大島本付箋01)
02 仁和二年十二月十四日<戊/午>寅四剋行幸芹川野
  為用鷹鷂也式部卿本康<ヤスノ>親王常陸太守
  貞固親王太政大臣藤原朝臣左大臣源朝臣
  右大臣源朝臣大納言藤原朝臣<良世>中納言源朝臣<能有>
  在原朝臣<行平>藤原朝臣<山蔭>已下参議皆扈従
  其狩猟之儀一依承和故事或考旧
  記或付故老口語而行事(この行左端一部、継紙上に補筆される)」63ウ
  乗輿出朱雀門留輿砌上勅召太政大臣(この行右半分、継紙上に補筆される)
  云皇子源朝臣定ー宜賜佩釼太政大臣伝
  勅定ー拝舞輿前帯釼騎馬皇子
  源朝臣正五位下藤原時平特着摺衣
  午三剋亘猟野於淀河辺供朝膳<行/宮>
  <在泉川鴨川/宇治川之会>海人等献鯉鮒 天子命飲
  右衛門督諸葛朝臣奏歌天子和之群臣
  以次歌謳大納言藤原朝臣起舞未二剋
  入猟野放鷂撃鶉如前放隼撃水鳥
  坂上宿祢ム献鹿一太政大臣馬上奏之乗
  輿還幸於左衛門権佐高経別墅供夕膳
  高経献贄勅叙正五位下太政大臣率高経拝舞」(大島本奥入01)64オ