自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 12/31/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

少 女

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

未通女(後書加)」50ウ

01 孫康<ソンカウ>家貧<マツシユウシテ>無油<アフラ>常映雪<ニ>読書<エイシテ文ヲヨム>(この行、継紙上の補筆)
  車胤<シヤイム><字武/子>南平<ヘイ>人好<コノムテ>読書<シヨヲ>無油<アフラ>夏<ノ>月<ニ>則絹<キヌニ>嚢
  盛<モテ>数十<ノ>蛍<ケイ>火<ヲ>照<ス>書<ヲ>(大島本奥入01)
02 秋は猶夕まくれこそたゝならね荻上風萩下露
03 <朱>\落葉俟<マテ>微<ヒ>風<ヲ>以隕<オツ>而<カモ>風之<ノ>力<チカラ>蓋<ケタシ>寡<スクナシ>孟甞<マウシヤウ>
  遭<アフテ>雍門<ヨウモンニ>而泣<ナク>而琴之<ノ>感<ム>已<ニ>未<イマタシ><高士賦序/陸士衡>(大島本奥入02)
04 <更衣呂>
  己呂毛加戸世牟也左支牟多知和加支奴波乃波
  良之乃波良波支乃波奈須利也左支牟多知也(大島本奥入03)
05 霧深き雲井の雁もわかことやはれせす物の悲かる覧
06 をとめこか袖振山のみつ垣のひさしき世より思染てき
07 安名多不止介不之多不止左也伊仁之戸毛波礼伊耳之戸毛加久
  や安利介牟や介不之多不止左也安波礼曽己与之や介不之多不止左や(大島本奥入04)」51オ
08五節にことつけてなおしなとさまかはれる色
 ゆるされて
  雖<トモ>六位<ノ>昇殿<ト>禁<キム>色雑袍<サフハウ>之<ノ>宣旨歟<カ>
  定<テ>有<ヘシ>先例歟可尋勘(大島本奥入05)
09寮試<レウシ>
  寮頭<レウトウ>以下各一員<ヰン>博士<ハカセ>以下各一員参着<ス>試<シ>
  庁<丁ニ>出<ス>貢挙<クコノ>夾<ケウ>名等<ヲ>博士加<クハヘテ>署<シヨヲ>渡<ス>寮<レウニ>々頭見
  了<ミオハテ>下<ス>允<セウ>以下<ニ>以[竹+冊]匣<サクノハコ>三合<ヲ>置<ヲク>試<シ>衆<ノ>座<ノ>前<ニ>又以読<トク>
  書<シヨ>等<ヲ>置頭<カミ>博士秀才<シユサイ><謂之試/博士>并<ナラヒニ>試<シ>衆等<ノ>前<ニ>次第<ニ>
  召<メス>試<コゝロミノ>衆<ヲ>々々把<トテ>巻<ヲ>進出<スゝミイツ>幔<マン>門<ノ>下<トニ>允<セウ>仰<セテ>云<ク>仮<シルシ>に
  試<ノ>衆捐<イウシテ>立仮<ヘンニ>允又仰云敷居<シキヰ>に試<ノ>衆捐<イウシテ>(この行、左端一部継紙上にかかる)」51ウ
  於<テ>敷居<ノ>下<ニ>脱<ヌイテ>沓<クツヲ>着座置<ヲク>帙<チゝ>置<ニ>頭仰云(この行、右半分継紙上にかかる)
  [竹+冊]<サク>衆<ニ>唯<ヰス>之探<サクル>[竹+冊]<サクヲ><三史<シ>之<ノ>間<タ>/今日<ノ>読[竹+冊]也>膝行<シフカウシテ>置<ク>試<ノ>博士<ノ>前<ニ>
  試博士対<ムカイテ>寮頭<レウトウニ>云<ク>史記乃<ノ>本紀乃<ノ>一乃<ノ>巻三乃
  巻世家乃上帙<チゝ>乃五<ノ>巻下帙乃一乃巻伝<テム>乃中乃
  帙乃七乃巻頭仰<テ>云<ク>令読<ヨマシメ>与<ヨ>試衆各披帙<チゝヲヒラキ>把<トテ>
  巻<ヲ>引<テ>音<ヲ>読<ヨム>之頭仰云古々末天試<ノ>博士対<ムカテ>頭<ニ>
  云文<モン>得<タリ>頭云注<シル>せ寮掌<レウシヤウ>捧簡<フタヲサゝケテ>称<ス>注<シル>
  由<ヨシヲ>了試<ノ>衆退出堂監<タウケム>於幔<マンノ>外<ニ>仰<ス>登料<トウクワノ>
  酒肴事<ヲ>(大島本奥入06)」52オ
10 文選豪士賦<カウシフノ>序云落葉俟<マテ>微風<ヒフウヲ>以隕<オツ>而<シカモ>風之<ノ>
  力<チカラ>蓋<ケタシ>寡<スクナシ>孟甞<マウシヤウ>遭<アフテ>雍<ヨウ>門<ニ>而泣<ナク>而琴之<ノ>感<カム>已<ニ>未<イマタシ>
  何者<イカントスレハ>欲<スル>隕<ヲチナムト>葉無所仮<カル>烈風<レツフヲ>将<サニ>墜<オチナムトスル>之泣<ナムタハ>不<ス>
  足<タラ>繁<シケウスルニ>哀<アイ>響<キヤウヲ>也
  注<チウニ>曰<ク>草木遭霜者不可以風過<クルヲマツ>
  又云雍<ヨウ>門周<シウ>以琴見<マミユ>孟甞君<ニ>々々々<ノ>曰<ク>先未<ルニ>鼓<コセサ>
  琴亦能令<メム>文<シテ>悲<シマ>乎対<コタヘ>曰<ク>臣竊<ヒソカ>為<ニ>足下<ソカ>有所
  悲<シフ>千秋万歳後墳墓<フンホ>生<シテ>荊棘<ケイキヨク>游童<イウトウ>牧竪<ホクシユ>
  躑躅<テキチヨクシ>其足<フモト>歌<ウタハム>其上孟甞君之尊貴<ソンキナルハ>亦猶若是
  乎於猶是孟甞喟<クヰ>然<トシ>太息<ソクス>涕<ナミタ>承<ウケテ>睫<マツケ>而未<ス>下<クタラ>雍<ヨウ>門引<テ>
  <墨>\琴而鼓之徐動宮微揮角羽終成曲孟甞君(この行、切断のため左端一部切れる)」52ウ
  (玉鬘巻尾本文1行、削除)
  琴<ヲ>而鼓<セリ>之徐<ヤウヤク>動<ウコカシ>宮微<キウチヲ>
  揮<ウコカシテ>角羽<カクウヲ>終<ツイニ>成<ス>曲<ヲ>孟甞君遂<ツイニ>歔欷<キヨキス>
  歔<悲怨也> 欷<泣余声也>(右三行、後補筆)