自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 12/20/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

松 風

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

松風(後書加)」43オ

01 みなれ木のみなれそなれて
02 ありはてぬいのちまつまのほとはかり
  うきことしけくおもはすもかな
03夜光玉 <書奥>
(約2行分空白)
04 富貴<シテ>不<サル>帰<ラ>故郷如<コトシ>衣<キ>錦夜行<ユクカ><史記>(大島本奥入01)」43ウ
05 おのゝえはくちなは又もすけかへむ(この行、継紙上の後補筆)
  うき世中にかへらすもかな
06 みさこゐるあらいそなみにそてぬれて
  たかためひろふいけるかひそも
07 千世へむといはひそめてしひめまつの
  ねさしそめてしやとはわすれす
08 しらくものたえすたな(な+ひ)くやまにたに
  すめはすみぬる世にこそありけれ(大島本付箋01)
09 たれをかもしる人にせむたかさこの
  まつもむかしのともならなくに(大島本付箋02)」44オ
10 ひさかたの中におひたるさとなれは
  ひかりをのみそたのむへらなる
11 あはちにてあはとはるかにみし月の
12 ふるさとはみしこともあらすおのゝ/えの
  くちしところそこひしかりける
(約2行分空白)
13夜光玉」44ウ
  斉<セイ>威<ヰ>王二十四年与魏<クヰ>王<ト>会<クワイシ>田<カリス>於(振り仮名は、継紙上の後補筆)
  郊<カウ>魏王問<トフテ>曰<イハク>王亦<タ>有<アリ>宝<タカラ>乎<ヤ>威王
  曰<イハク>無<ナシ>有<アルコト>梁<リヤウ>王曰<ク>若<コトキタニモ>寡人<クワシンカ>国小<スコシキナルカ>
  尚<ナヲ>有<アリ>径寸<ケイソン>之珠<タマ>照<テラス>車前後<マヘシリヘ>各<ノ>
  十二<シ>乗<シヨウ>者<モノ>十枚<ハイ>奈何<イカンソ>以<テ>万乗<ハンシヨウ>
  之国而無<ナケムヤト云>宝乎威王曰寡人<カ>
  之所以<ユヘハ>為<スル>宝<タカラト>与<ト>王異<コトナリ>」45オ
  吾<ワカ>臣<シン>有檀子<タンシト云>者<モノ>使<シムレハ>守<マモラ>南城<セイ>則
  楚人<ソヒト>不<ス>敢<アヘ>為<ナサ>冦<コウヲ>東<ノ方>取<トテ>泗上<シシヤウノ>十二
  諸侯<シヨコウ>皆来朝<ライテウセシム>吾臣有盻子<フンシト云>者<モノ>
  使<シムレハ>守<マモラ>高唐<タウ>則趙人<テウヒト>不敢<アヘテ>漁<スナトリセ>於
  河吾吏有黔夫<キムフト云>者使<シムレ>守<ラ>徐<シヨ>
  州則燕人<エンヒト>祭<マツリ>北門趙<テウ>人祭<ル>西門」45ウ
  徒<ウツテ>而従<シタカウ>者七千余<ヨ>家臣有(振り仮名は、継紙上の後補筆)
  種首<シヨウシユト云>者<モノ>使<シムレ>備<ソナヘ>盗賊<タウソク>則<スナハチ>道<ニ>
  不<ス>拾<ヒロハ>遺<ヰ>将<マサニ><トス>以<モテ>照<テラサムト>千里豈<アニ>
  特<タゝ>十二乗<シヨウノミ>哉<ナラムヤ>梁恵<クエイ>王慙<ハチ>
  不<スシテ>懌<ヨロコヒ>而去<サンヌ>(大島本奥入02)
  寡人は諸王のかたみになのる名也」46オ
(白紙)」46ウ