自筆本奥入FirLast updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 12/7/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

明 石

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

明石(後補筆)」35オ

01 浪にのみぬれつる物を吹風の
  たよりうれしきあまのつり舟
02 あさりするよさのあま人ほこる/らし
  浦風ぬるみかすみわたれり
03 ほとふるもおほつかなくはおもほえす
  いひしにたかふと許はしも
04 あは地にてあはとはるかに見し月の
  ちかきこよひは所からかも
05 <墨>\[秋+山]叔<ケイカウ>夜夢伶人教広陵散/<朱>あき人の中にてたに(大島本奥入05)
06 またよゐにうちきてたゝくゝひなかな
  たかゝとさしていれぬなる覧(この行、自筆本は切断により不明、東山乙本による、大成注記)」35ウ
07 伊勢の宇美乃 支与支名支左尓
  之保加比尓 名乃利曽や川末牟
  加比や比呂波牟や 多末や比呂波牟(大島本奥入01)
08 うらなれたるやうらの浦風はふかね
  ともさゝらなみたつ 此哥返やう也
09 思ふにはしのふる事そまけにける
  いろにはいてしと思ひし物を
10 うれしさは昔は袖につゝみけり
  こよひは身にもあまりぬるかな」36オ
11 ありぬやと心見かてらあひ見ねは
  たはふれにくきまてそこひしき
12 あたら夜の月と花とをおなしくは
  あはれしれらむ人に見せはや(大島本付箋01)
13 <久方のつきけのこまをうちはやめきぬらむとのみきみをまつかな>(後補書き入れ)
14 思ふとちいさ見にゆかむ玉津島
  入江のそこにしつむ月影
15 まきのとをやすらひにこそさゝさらめ
  いかにあく(け&く)つる秋の夜ならむ
16 わすれしとちかひし事をあやまたす
  みかさの山の神もことはれ(大島本付箋02)」36ウ
17 日本世紀 <故略之>
  二男蛭児生而体如蛭及三年
  不起其父母之乗葦船而流(大島本奥入02)
  (約4行分空白)
18 わすらるゝ身をはおもはすちかひてし
  人のいのちのおしくもあるかな」37オ
19あき人の中にてたにふることきゝはやす
  文集 琵琶引
  今年歓笑<セウ>復<マタ>明年 秋月春風等閑<ナヲサリカテラニ>渡<タル>
  弟<オトゝ>走<ハシテ>従<カヒ>軍<イクサ>阿<アゝ母也>夷<トシ>死<シシタリ> 暮<ヘ>去<リ>朝<タ>来<テ>顔色<ソク>故<フリヌ>
  門前<セン>零落<レイラクシテ>鞍馬<アンハ>稀<マレナリ> 老大<ニシテ>嫁<トツイテ>作<ナリタリ>商<シヤウ>人<ノ>婦<メ>
  商人重<ヲモウシ>利<ヲノミ>軽<カロクシケレハ>離別<ヘツヲ> 前<サキ>月浮梁<フリヤウ>買<カフテ>茶<チヤ>去<イヌ>
  去<インシヨリ>来<コノカタ>江口<カウコウ>守<マモル>空<キ>船 遶<メク>船月明<ニシ>江水寒<シ>
  夜深<フケ>忽<タチマチニ>夢<ニミル>少年事 夢啼<ナク>粧<ヨソオイ>涙紅<ニシ>闌干<ランカンタリ>
  我聞<タニモ>琵琶已嘆息<タンソクスル> 又聞<テ>此語重<ネテ>[口+即]<シチ/\ス>
  同<ク>是<コレ>天涯<カイニ>淪<リン>落<セル>人<ナレハ> 相<ヒ>悲<シフコト>不<ヘス>必<シモ>曽<ムカシ>相識<レルノミナラム>(この行、継紙上の後補筆)」37ウ
  我従<ヨリ>去年<コソ>辞<シセシ>帝京<テイケイ> 謫居<テキキヨシ>病<ヒシ>臥<セリ>尋陽城<セイ>
  尋陽小<スコシキナル>処<所>無<シ>音楽 終<ヲフルマテニ>歳不聞<キカ>糸<シ>竹<ノ>声
(約2行分空白)
  今夜聞君琵琶語 如<シ>聴<キク>仙楽<カク>耳暫<シハラク>明<ナリ>
  莫<レ>辞<シスルコト>更坐<ヰ>弾<ヒク>一曲 為君翻<カヘシテ>作<ツクラ>琵琶行<カウ>
  感<シ>我此言良<ヤゝ>久<ヒサシク>立<テリ> 却<カヘリ>坐<ヰ>促<スミヤカニシテ>絃々<クエン>転<ウタゝ>急<キウナリ>
  悽<セイ>々<トシ>不<ニス>似向<サキ>前声 満<マン>座重<カサ>聞皆[水+奄]<ヲホフ>泣<タヲ>
  就<コノ>中泣下<クタルコトハ>誰最<モトモ>多<オホキ> 江州司馬<シハ>青衫<セイ><みとりそて>湿<ウルヘリ>(大島本奥入03)」38オ
20まくなき 可尋勘 但凡俗之詞有之云々(大島本奥入04)
21 晋書[秋+山]康伝
  [秋+山]康<ケイカウ>遊<フ>洛西<ラクセイ> 暮<ユフヘ>宿<ス>美陽亭<テイ> 引琴弾<ス>
  夜分<ニシテ>忽<タチマチニ>有<テ>客<カク>詣<イタル> 云<イツテ>称<ス>是<シ>古人<コシム>与康<ト>共<トモ>
  談<タム>音律<イムリツ>辞<コトハ>致<イタス>清弁<ヘンヲ>目<テ>索<トリ>琴弾之而<シカウシテ>
  為<ス>広陵散声<セイ>調絶倫<セツリム>遂<ツイ>以授<サツケ>康<カウニ>
  仍<ヨテ>誓<チカフ>不伝<ツタヘ>人亦不<ス>言<イハ>其姓字(大島本奥入05)」38ウ