自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 11/4/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

末摘花

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

末摘花(本紙と継紙上に書加)

 伊勘(△△&伊勘 本紙と継紙上の「末摘花」の上に書加)
01 <墨>\琴詩酒友皆抛我雪月花時尤憶君(大島本奥入01)
02 (朱線で「若紫」巻の「くらふの山」と「ちはやふる」云々の間へ移動させる記し有り)伊毛可々度世奈可々度 由支須支
  可祢天也 和可由可波 比知可左の比知
  可左のあめもふらなむしてた
  を左あまやとり可さやとりて
  まからむしてたをさ(大島本奥入02)
03 わか袖は名にたつすゑのまつ山か
  そらより浪のこえぬ日そなき」15オ
04 白雪(白雪$あはゆき)はけふはなふりそ白妙の
  袖まきほさむ人もなき身に(大島本付箋02)
05 紅を色こき花と見しかとも
  人をあくたにうつろひにけり(大島本付箋03)
06 あらたまの年立帰朝より
  またるゝ物はうくひすのこゑ
07 もゝちとりさへつるはるは物ことに
  あらたまれとも我そふりゆく(大島本付箋04)
08 夢とこそ思へけれとおほつかな
  ねぬに見しかはわきそかねつる(大島本付箋05)」15ウ

 書加(この行、継紙上に一部掛る)
09 北窓三友 文集六十二 三友是也
  今日北窓下 自<ラ>問<トフ>何<ソ>所為<スル> 欣然<キムセムトシテ>得三友
  三友<ハ>者為<スル>誰 琴罷<ヤム>輙<スナハチ>挙<キヨス>酒 酒罷輙吟<キム>詩
  三友逓<タカヒ>相引 脩環<シウクワンシテ>無已<ヤム>時 一<タヒ>弾<タムシ>△<カナヘリ>中心
  一詠<シ>暢<ノフ>四支 猶恐<ヲソラク>中有間<ヒマ> 以酔弥<ヒ>縫<ホウ>之(大島本奥入05)」16オ
10 おもはすはおもはすとやはいひはてぬ
  なそ世中のたまたすきなる(大島本付箋01)
11 したにのみこふれはくるし山のはに
  またるゝ月のあらはれはいかに
12ふるき 貂<フルキ>といふけものゝかはの/きぬ也
13 文集秦中吟
  夜深<フケテ>爐<ロ>火尽<ヌ> 霰雪白<シ>紛<フン>々(この行、左端一部、継紙上に掛る)」16ウ
  幼<ワカキ>者<ハ>形不蔽<カクレ> 老者<ハ>体<テイ>無温<アタゝカナルコト>
  悲端<ヒタント>与寒気<キ> 併入<テ>鼻中<ウチ>辛<カラシ>(大島本奥入03)
14 求<メ>子の哥を 春日にてはみかさの山と/うたふ(大島本奥入04)
  <此事猶不叶歟>(頭注)
15 平中か妻哥云々
  我にこそつらさは君かみすれとも
  人にすみつくかほのけしきよ(大島本付箋06)
16 にほはねとほおゑむ梅の花をこそ
  我もおかしとなりてなかむれ(大島本付箋07)
17わかむとほり 王孫をいふ
18夢かとそ見るとうちすして<伊行釈不相叶/可勘之>」17オ
(空白)」17ウ