自筆本奥入First updated 7/10/2002(ver.1-1)
Last updated 10/24/2006(ver.2-1)
渋谷栄一翻字(C)

  

夕 顔

《翻刻資料》
凡例
1 底本には、大橋寛治氏蔵本『源氏物語 奥入』(複刻日本古典文学館 昭和46年10月)を使用し、自筆本の欠脱は、高野本(日本古典文学影印叢刊19)により、また判読不明箇所等は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」所収の「奥入(第二次)定家自筆本」を参照した。ただし、巻尾本文は省略した。
2 頁数は、池田亀鑑『源氏物語大成』巻七「研究資料篇」に従って、復元した「自筆本奥入」の頁数となっている。
3 青表紙本「源氏物語」の「奥入・付箋」に見られる注記には、その注記番号を付けた。
4 行間書き入れ及び割注等は< >で記した。改行は/で記した。朱書は、その語句の冒頭に<朱>と記した。
5 墨筆による末尾本文の削除符号や朱筆による掛点符号は、それぞれ<墨>\、<朱>\と記した。
6 私による注記や定家自筆本、明融臨模本、大島本等において、奥入また付箋に引用されている注釈は( )で記した。
7 本文の校訂記号は次の通りである。
 $(ミセケチ)・#(抹消)・+(補入)・&(ナゾリ)・=(併記)・△(不明文字)
( )の前の文字と( )内の記号の前の文字は訂正前の本文を表し、記号の後の文字はその訂正後の本文を表す。
8 訓点や送り仮名は< >で記した。但し、返り点、朱点は省略した。
9 作字した文字は[ ]で記した。
10 各丁の終わりには」の印と丁数とその表(オ)裏(ウ)を記した。

<夕顔>(後書加)

01 世中はいつらかさしてわかならむ
  ゆきとまるをそやとゝさたむる
02 打渡すをち方人に物申すわれそのそこに
  しろくさけるはなにの花そも
03 おいぬれはさらぬわかれのありといへは
  いよ/\見まくほしきゝみかな
04 世中にさらぬわかれのなくもかな
  ちよもとなけく人のこのため
05 長恨哥
  七月七日長生殿夜半無<シテ>人私<ヒソカニ>語<シ>時
  在天願作比翼鳥
  天<ノ>長<キ>地<ノ>久<キ>有時<ニ>尽<クルコト>此恨<ウラミハ>綿<メン>々<トシテ>無<ケム>絶<ユル>期<コ>(この行左端、一部継紙にかかる)(大島本奥入02)」11ウ
06 にほとりのおきなかゝはゝたえぬとも(この行、継紙上の後補筆)
  きみにかたらふことつきめやは
07 おもふとていとしも人にむつれけむ
  しかならひてそ見ねはこひしき
08 いはぬまはちとせをすくす心ちして
  松はまことにひさしかりけり(大島本奥入03)
09 貞信公於南殿御後被取<ラレ>釼<タチノ>石付<ツキヲ>給抜<ヌキ>釼<ケムヲ>給
      在大鏡無他所見歟(大島本奥入04)
10 八月九月正長夜千声万声無止時
11 ねぬなはのくるしかるらむきみよりも
  我そますたのいけるかひなき
12 こりすまに又もあたなはたちぬへし
  人にくからぬよにしすまへは」12オ
13 亥<ノ>一剋<ニ>侍<シ>臣名対面<タイメン>起<オコル>自延喜元年
  滝口武士名対面事
  亥一剋 侍臣奏<ソウシテ>之後
  延喜九年五月廿日蔵人源揚<アカル> 宣<オホセテ>云<ク>
  候滝口輩<トモカラ>三ケ<カ>夜<ヤ>以上無<ク>故<ユヘ>不<セスハ>参
  莫<レ>預<アツカル事>着到<ニ>宜<ヨロシク>待<テ>後仰者
14 揚名介 此事源氏第一之難儀也末代人
      非可勘<カムカヘ>知<ヘキ>事<ニ>歟(大島本奥入01)
  △△△△(△△△△#) △△△△(△△△△#)
  △△△△△△△△(△△△△△△△△#)」12ウ